本日よりスタート! ADJUSTABLE COSTUME 2021SS Collection Exhibition スペシャルファブリックのサンプルも到着!

 皆様こんにちは!!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

本日からスタートとなります、こちらのイベント。

 

ADJUSTABLE COSTUME 

2021 Spring&Summer Collection Exhibition

&

Order Jacket+Order Suits 受注会

in

MUSHMANS

 

開催日程:2020年9月18日(金)〜9月22日(祝・火) 5Days

全日11:00 open〜20:00 close

 

 

本日より5日間で開催いたします、こちらのイベント。

明日9月19日(土)・20日(日)の二日間に関しましては、同ブランドの小高氏も来店され、新作SSアイテムのご説明とオーダージャケット&スーツの受注受付を実施いたします。

 

 

R0004082.jpg

 

R0004083.jpg

 

R0004088.jpg

 

R0004090.jpg

 

R0004093.jpg

 

R0004094.jpg

来シーズンの初夏新作モデル達。

生産数が限られる同ブランドですので、この機会にオーダーされる事を強くお勧めいたします。

 

R0004079.jpg

オーダージャケット&スーツもスタンバイ完了。

昨日は予習するべくご来店いただいたお客様もいらっしゃいました!

オーダージャケット&スーツをご希望のお客様は、時間の余裕を持ってご来店下さいませ。

仕様を決めるのには想像以上のお時間を要しますからね(笑)

 

 

 

 

そして、昨日PRさせていただきました、今受注会におけるスペシャルファブリック【SPENCE BRYSON/スペンス ブライソン】のアイリッシュリネンを使用した、特別な3Pスーツのサンプルが先ほど届きました!

プレスをし直して、撮影を行いましたのでまずはコチラを御覧くださいませ!

 

DSC_7397.jpg

 

DSC_7400.jpg

 

DSC_7398.jpg

 

DSC_7403.jpg

 

DSC_7401.jpg

 

DSC_7402.jpg

 

【SPENCE BRYSON/スペンス ブライソン】

スペンスブライソン社は1891年、アイルランド島アルスター地方で創業。

古来よりリネンファブリックが根付いていたこの地方で、130年に渡って世界最高のリネンと称される"アイリッシュリネン"を作り続けており、今では英国王室でも重用され、ファッション界においてもリネンと言えばスペンスブライソンと言われる程になっている。

肉厚であり生地の凹凸感もリネンらしい風合い、それでいて滑らかな質感を持ち、独特な光沢感を発している。

リネンファブリックは様々な国やメーカーで作られているファブリックであるものの、このスペンスブライソンのアイリッシュリネンは他の追随を許さない圧倒的な品質の高さを感じていただける事だろう。

このファブリックで仕立てる事で、その製品は圧倒的な存在感を手に入れるのであるが、着用者には優しいドライな着心地を実現するのもスペンスブライソンのアイリッシュリネンならではのものと言える。

アイルランドの伝統的なリネンを使用しているが、この生地の特性は高温多湿な日本の夏にベストなものでもある。

通気性に優れ、常にドライな着用感。さらにカビや臭いの元となる雑菌の繁殖を抑えるという特性は、今年の梅雨時季のように一ヶ月間雨が降り続けようとも、このスーツを着用しようと思える特性を持っている。

まさに、現代日本の気候に最適な素材なのだ。

いくら文章で書いても、やはりこの生地に関しては、所有した者のみぞ感じる事ができる、羨望のファブリックである。

 

 

DSC_7412.jpg

今回のサンプルに使用したのは、SPENCE BRYSON "TROPICAL" OYSTER 白というよりもアイボリーといった発色のカラーを選びました。

ホワイトリネンのスーツと言っても、ホワイト色を選んでしまいますと、結構キツイ発色となってしまいますので、この位をお勧めいたします。

私は個人的な趣向でこのカラーを選びましたが、SPENCE BRYSON"TROPICAL"シリーズは多くのカラー設定がございます。

ライトグレーやモスグリーン、またベージュ系などで作っても素晴らしい一着が出来上がるものと思います。

 

カラーサンプルはコチラでご覧いただけます。

 

サンプルは3ピースでお作りいたしましたが、これを単体で使っていただく事が出来るのも、このアイリッシュリネンならではのものかと思います。

どうしてもウールの柄物で作りますと、単品毎で使うのが難しいのですが、無地のリネンは表情も豊かですのでカジュアルに転用させる事も可能です。

これはかなり"使える"セットになったと思います。

 

サンプル詳細

Jacket

3B Jacket---Import Fabric SPENCE BRYSON+4,000yen

 

Vest

Summer Vest---Import Fabric SPENCE BRYSON+2,000yen

 

Pant

Classic 2Tuck Trousers---Import Fabric SPENCE BRYSON+4,000yen

 

※詳しくはこちらの記事を御覧くださいませ。※

 

 

ADJUSTABLE COSTUME 

2021 Spring&Summer Collection Exhibition

&

Order Jacket+Order Suits 受注会

in

MUSHMANS

 

開催日程:2020年9月18日(金)〜9月22日(祝・火) 5Days

全日11:00 open〜20:00 close

 

 

 

 

絶賛開催中です!!

 

 


ADJUSTABLE COSTUME 2021SS Collection Exhibition in MUSHMANS 詳細の告知です!

 皆様こんにちは!!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

 

かなり秋めいた気候になっており、過ごし易くなってきた、ここ埼玉県ではございますものの。。

なんとなく夏がいなくなってしまうのは寂しいなぁ、とも思えまして。

今年の夏も色々と楽しかったなぁ、と回想モードに入ってしまったり。
 

夏が去ってしまいますと、今年も残り3ヶ月半という事で、このままだとあっという間にお正月だな。っていうような、少し気持ちが焦ってしまう今日この頃でございます。
 

 

さて、そんな中ではございますものの、昨日の定休日は展示会へ、そして今週末の金曜日からはイベントの開催といった、息つく暇も無い日々を超えていくのが私の使命!

 

最後まで色々と調整が必要となりましたが、今週末からスタートするADJUSTABLE COSTUME とのイベント、こちらにおけます開催内容が固まって参りましたので、本日はPRをさせていただこうと思います。

 

 

 

ADJUSTABLE COSTUME 

2021 Spring&Summer Collection Exhibition

&

Order Jacket+Order Suits 受注会

in

MUSHMANS

 

開催日程:2020年9月18日(金)〜9月22日(祝・火) 5Days

全日11:00 open〜20:00 close

 

 

 

2021春夏モデルのフルラインナップでの展示は勿論実施いたしますが、この新作モデルの展示と同等に期待度が高いのが、ここ最近の定番イベントとなりました【オーダースーツ+オーダージャケット】でございます。

イベント毎に目玉となるファブリックをご用意し、皆様にお楽しみいただけている実感がございまして、我々としてもあの手この手の考えうるスペシャルなファブリックをご用意いたしまして、今回もお楽しみいただこうと思っております。
 

 

昨年の受注会では、William Morrisデザインのファブリックをご用意したり、様々なファブリックをご用意いたしまして多くの皆様にお楽しみいただけました。

まずは、昨年の受注会時にオーダーいただきまして、この春に御納品させていただきました特注アイテムの完成時画像を御覧いただこうと思います。
 

基本的には今回の受注会におきましても、同様のファブリックを調達できておりますので、↓の画像を参考にオーダーをご検討いただいても良いかと思いますよ!


 

 

 

2020SSデリバリーモデルの完成時画像は

↓↓↓

コチラをClick!!

 

オーダーいただきました一部のお客様分を撮影させていただきました。

時間の関係で撮影できなかったお客様分もございますが

オーダーの際のご参考には最適な画像集だと思います。

 




いかがでしたでしょうか?

こういったサマージャケット系ですと、やはり柄物のアイテムが欲しくなるのがファッショニスタ。

それを見越してご用意いたしました『William Morrisデザイン』のファブリックを駆使してオーダーいただいたモデルが多かったですね。

あとは、完成してから評判の良かった『タイダイカモ柄』も良い感じでございました。

こうやって完成してみますと、全てバランスが取れており、さらにオーダーいただいたお客様方の個性が色濃く反映されており、どれも素晴らしい仕上がりでございました。
 

第一回目という事でこのように前例が無く、結構チャレンジングなオーダーだったものの、挑戦してくれたお客様(猛者)方には感謝しかございません。

こうやって、一歩一歩企画が実って行く過程は、まさに参加いただける皆様によって作り上げていただけるものでございます。

本当にありがとうございます。

 

 

という事で、前回の受注会における好評であったファブリックはそのままに、今回もスペシャルなファブリックをご用意して進めて参ります。

以下を御覧くださいませ!

 

 

 

 

さて、今回の受注会では夏物のファブリックを中心にご用意いたしております。

William Morrisデザインファブリックや日本製リネンファブリック、またタイダイカモ柄のファブリックは昨年同様の物をご用意いたしました。

オーダースーツに関しましては、ヴィンテージファブリック(NOSファブリック)もご用意しておりまして、オールシーズン使える生地となっております。
 

また、このスーツに関しましてはご希望によってはツイードやウールフランネル等のオーダーも承る事が可能です。

 



それではひとつずつご説明して参りましょう。

まずはオーダージャケットから↓

 

 


 

 

※こちらをClickいただきますと大きい画像でご覧いただけます。※

 



【Custom Order Jacket】

Type-Price(Basic Price)

・Japan Fabric 3B Jacket-68,800-

・Japan Fabric School Jacket-63,800-

・Japan Fabric School Jacket Pinch Back-63,800-

・Japan Fabric School Jacket Women's-63,800-

 

・Import Fabric 3B Jacket-130,000-

・Import Fabric School Jacket-130,000-

・Import Fabric School Jacket Pinch Back-130,000-

・Import Fabric School Jacket Women's-130,000-

 

 


Size

Women's/34/36/38/40/42(Basic Price)

B体(+10,000-)

 


Fabric

・Japan Made Fabric(Basic Price)

・Wirriam Morris Design(+3,000-)

※↑こちらは Japan Fabricのプライスをベースにいたします。※

 

・Import Fabric "Harrisons"or"Porter&Harding"or"VTG Fabric"(Basic Price)

・SPENCE BRYSON Irish Linen Fabric +4,000-

・FOX BROTHERS Summer Fabric +12,000-




 
続いては単品オーダーが可能な、トラウザースとベストに関して↓

 

※こちらをClickいただきますと大きい画像でご覧いただけます。※

 



【Custom Order Trousers/Shorts/Vest】

Type-Price(Basic Price)

・Japan Fabric Classic 2Tuck Trousers-44,800-

・Japan Fabric Buggy Shorts-38,800-

・Japan Fabric Vest-38,800-

 

・Import Fabric Classic 2Tuck Trousers-68,000-

・Import Fabric Buggy Shorts-62,000-

・Import Fabric Vest-46,800-

 


Size

Botom:28/30/32/34/36

Vest:34/36/38/40/42(Basic Price)

 


Fabric

・Japan Made Fabric(Basic Price)

・Wirriam Morris Design(+3,000-)

※↑こちらは Japan Fabricのプライスをベースにいたします。※

 

・Import Fabric "Harrisons"or"Porter&Harding"or"VTG Fabric"(Basic Price)

・SPENCE BRYSON Irish Linen Fabric +4,000-

・FOX BROTHERS Summer Fabric +12,000-




 
そして、スーツはコチラ↓



 

 

※こちらをClickいただきますと大きい画像でご覧いただけます。※

 



【Custom Order Suits】

Type-Price(Basic Price)

・Import Fabric Single 3B Style 3-P Suits-238,000-

・Import Fabric Buggy Shorts-0000-

・Import Fabric Vest-0000-

※3Pスーツに関しては、基本的にVTGファブリックかインポートファブリックを使用します。※

 


Size

Jacket:34/36/38/42

Botom:28/30/32/34/36

Vest:34/36/38/40/42(Basic Price)

 


Fabric

Japan Made Fabric(Basic Price)

Wirriam Morris Design(+3,000-)

※↑こちらは Japan Fabricのプライスをベースにいたします。※

 

"Harrisons"or"Porter&Harding"or"VTG Fabric"(Basic Price)

SPENCE BRYSON Irish Linen Fabric +10,000-

FOX BROTHERS Summer Fabric +30,000-




 

 

 

と、このように、単品でもオーダー可能ですし、3Pスーツでオーダーいただく事も可能となっております。

ご使用されるシーンによって、カジュアルやスマートカジュアルで多用されるなら単品、パーティー等のドレスシーンでは3Pスーツ、といった選択の幅が広くなっております。
 

 

今回も勿論、ヴィンテージ(NOS)ファブリックをご用意しておりますので、一期一会の出会いを楽しんでいただく事が可能。

このヴィンテージファブリックに関しては、ストック状況が流動的ですのでサンプル画像を掲載する事はできませんが、店頭にお越しいただき、その実物を御覧いただきますと、現行ファブリックには無い味わいを感じる生地との出会いがございます。
 

 

 

また、日本国内製のファブリックや今回の受注会の目玉ファブリックでもある【SPENCE BRYSON/スペンスブライソン】のアイリッシュリネンや、【Harrisons】のサマーファブリック、【FOX BROTHERS】のサマーファブリックもご用意し、カジュアルショップとは思えない、充実した内容のラインアップをお楽しみいただく事が可能です。

 

それでは、それぞれのファブリックの一部を画像に収めましたので、オーダーの際のご参考になされて下さい。↓

 

 



【日本製ファブリック・William Morris ファブリック】

コチラ

 

をClickいただきますと、画像集を御覧いただく事が可能です。




 

 

 

 

 

【インポートファブリック SPENCE BRYSON・Harrisons】

コチラ

 

をClickいただきますと、画像集を御覧いただく事が可能です。




 

 

 

 

 

【インポートファブリック FOX BROTHERS】

コチラ

 

をClickいただきますと、画像集を御覧いただく事が可能です。




 

 

 

 

上記で掲載しているファブリックは、ごく一部のファブリックでございます。

実際店頭では、これ以上のカラーバリエーションからお選びいただく事が可能ですので、是非お時間を作ってご来店下さいませ。

 

私が今までに製作した夏仕様のオーダージャケットやショーツ等はコチラ↓を御覧くださいませ。
 

 

昨年の受注会時に私も個人的にオーダーし、完成後に大変好評いただきましたファブリックです。

プライス例↓

Jacket:School Jacket Japan Fabric 63,800yen

Botom: Buggy Shorts Japan Fabric 38,800yen

一品物のオーダーが、このプライスで可能なのも嬉しいですね。

貴方だけのワンアンドオンリーをオーダーしてください!




 

 

 

以前店頭ストック分も生産いたしましたが、こちらのような仕様でもオーダーが可能。

Jacket:3B Jacket Japan Fabric 68,800yen+William Morris Fabric 3,000yen

Botom: Buggy Shorts Japan Fabric 38,800yen+William Morris Fabric 3,000yen
 

ウィリアム・モリスデザインのファブリックを使い、今までラインアップに無かった柄でオーダーいただく事が可能です。

貴方の個性が光る一着を生み出して下さいね!




 

 

 

 

 

さて、今回の受注会における目玉ファブリック【SPENCE BRYSON/スペンス ブライソン】のアイリッシュリネン。

こちらでサンプルを急遽お作りしておるのですが、このコロナ禍とヨーロッパからの輸入生地という関係で、サンプル完成がギリギリになっております・・・。

明日、このサンプルを掲載する事が出来るか・・・。神のみぞ知るところになっております(笑)

申し訳ありません<m(__)m>

その際に、このSPENCE BRYSON/スペンス ブライソンに関してのご説明もさせていただこうと思っておりますので、こちらも併せてよろしくお願い申し上げます<m(__)m>

工場さんからの速報で届いた画像↓(無理なお願いにもかかわらず、頑張ってくれております。)


来年は東京オリンピックも開催される(ハズ・・・)という事もありまして、そのシーズンにこれを着て出掛けたい。

このオリンピックに関しては、様々な憶測を耳にするようになりました。
もう開催されないという噂が多いのが、非常に寂しい。。
確かに今の現状を考えると、困難な状況にあるのは解ります。 ただ、こういった伝統的な行事に関しては、どうにか前向きな姿勢でいたいものでございます。
どうせもうオリンピックなんて開催されないよ、ってそういう消極的な感じじゃなくて、ああ来年はオリンピックが東京で開催されるんだ!って一人一人が楽しみに思って欲しいな。って。
最終的にどう転ぶかはわかりませんが、折角多くの人が関わって準備した祭典。
結果はどうあっても、この伝統的な祭典に向って前向きに、そして楽しめる人間でありたい。

そんな想いでオーダーしました。

往年のトラディショナルスタイルである、ホワイトリネンの3ピーススーツ。
これまでの日本とこれからの日本に想いを馳せながら、オリンピック会場へ。
と、言いましてもチケットを持っている訳ではありません(笑)が、期間中に何となくこれを着て都内を歩き、帰りに鰻でも食べて帰路につくような、そんな味わい深い一日を過ごしたいが為の一着。

最高級のリネンを纏い、これからの人生理念を思案する。
そんな一着となる事を期待しております。 あ〜、早く着たいな。







 

 

 

 

ADJUSTABLE COSTUME 

2021 Spring&Summer Collection Exhibition

&

Order Jacket+Order Suits 受注会

in

MUSHMANS

 

開催日程:2020年9月18日(金)〜9月22日(祝・火) 5Days

全日11:00 open〜20:00 close


 

 

 

皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちいたしております!!!!!!




 

 

 

 

 

 


今年のネルシャツ part4

 皆様こんにちは!

朝晩の風は既に秋の様相を呈しており、秋が確実に近づいてきているのを感じます。

只今連載中の「今年のネルシャツ」、本日は皆様の大好物、MISTER FREEDOMからのご紹介です!

 

 

MF-3-630.jpg

MISTER FREEDOM【ミスターフリーダム】

MFSC "SURPLUS" 8.25oz INDIGO RED PLAID "DUDE RANCHER"

[SC28486]

 

非常にアメリカを感じさせるフランネルシャツですね。

今期のMISTER FREEDOMのテーマは”TRUCKSTOP”。

アメリカ中西部を走る1950〜70年代のカラフルなトラック運転手達からインスピレーションを受けたテーマで、古きアメリカンスタイルを踏襲しながらもデザイナー、クリストフ・ルアロン氏ならではの味付けを施したアイテムを展開していきます。

 

 

MV5BNmViNzZjZTEtODY4MS00Y2U1LWI1NTgtYjk5M2NiMTMxMzY4L2ltYWdlL2ltYWdlXkEyXkFqcGdeQXVyMjU5OTg5NDc__V1_UY1200_CR8806301200_AL_.jpg

 

County-Truck-Stop.jpg

スモーキーバンデッドやオーバードライブマガジンと同様の世界観です。

 

 

MF-5-630.jpg

 

MF-2-630.jpg

今回ご紹介するDUDE RUNCHERはトラディショナルなウエスタンシャツディテールを踏襲しながらも、フランネル生地で仕上げた一着。
肩には弓なりのヨークが設けられます。

肩に生地を二重にすることで強度を高め、落馬の際の衝撃を吸収するのが目的のウエスタンディテール。

 

 

MF-4-630.jpg

 

1950s-Levis-_Joan_-Plaid.jpg

CHRISTOPHELOIRON@より

 

胸ポケットもウエスタンシャツらしくフラップ付き。

ブランドの頭文字”M”を模っております。

尖ったフラップはヨークのパターンを引き立てます。

一部に使用されている青糸はインディゴ染め。

着用と洗濯を繰り返すことで、経年変化が期待できる嬉しい仕様。

個人的に赤糸と青糸が交差している箇所が視覚効果により紫色に見えるのが非常に好み。

配色パターンは50年代のLevi'sのシャツを参考にしております。

 

 

MF-6-630.jpg

騎乗時に疲弊が想定される肘部には、補強パッチが取り付けられます。

スナップボタンは50年代のRanchcraftやBlue Bellを彷彿とさせる金属製のスナップボタン。

通常ウエスタンシャツですと貝ボタンを使用したものが多いですが、ここでは実用性を考慮し、より堅牢な仕様を採用しました。

白く塗装されておりますので、使用と共に剥離する経年変化をお楽しみいただけます。

 

 

DSC_7204.jpg

 

DSC_7206.jpg

それでは着用してみましょう。

アメリカの田舎を彷彿とさせる土臭いカラーリング。

それにSTETSONのHATの組み合わせは最高にアメリカを感じさせます。

鮮やかな赤と白の発色と部分的に見える青、紫が非常に美しい。

8.25ozのファブリックでございますのでインナーとしても難なく使用していただけます。

画像の人物はMサイズを着用。

 

 

各サイズ少量での入荷です

是非お早めに!

 

 

 


今年のネルシャツ part3

 皆様こんにちは!

連日に渡ってご紹介しております「今年のネルシャツ」

大変ご好評いただきまして、先週末も多数のお客様にご来店いただきました。誠にありがとうございます。

 

早いものでpart3となりました!

本日は当店のヘビーネルの決定版ともいえるUESの先染めヘビーネルシャツをご紹介させていただきます!

 

 

DSC_7045.jpg

UES【ウエス】

先染ヘビーネルシャツ

[502052]

RED/NAVY

 

UESRD-2-630.jpg

 

UESNV-2-630.jpg

毎年大変ご好評いただいているUESの先染めヘビーネルシャツ。

今季末尾52品番では、非常に秋らしいREDと対照的に寒色系のNAVYでの入荷です。

 

 

UESRD-3-630.jpg

UESのヘビーフランネルファブリックは旧式の力織機を使用し織られています。

ゆっくりと時間をかけて織られるため、経糸の開口が大きく取ることが出来、糸に余分なテンションが掛からず、手織りに似た柔らかい手触りと風合いが生まれているのが特徴。

 

染色には直接染料と言う染色技法が使用されております。

HV-01のご紹介の時もご説明致しましたが、媒染を用いずに染料を水に溶かし染色する染色技法。

最もトラディショナルな染色方法で染色堅牢度も低く、日焼け、色落ちが発生します。

しかし、この日焼け、色落ちが我々の求める発色の奥深さ、ナチュラルな経年変化へと繋がるのです。

 

 

UESNV-4-630.jpg

 

UESRD-5-630.jpg

暖色系と寒色系の相反するカラーリング。

太番手の糸が目立つようにチェック柄自体をなるべく大きく取っているのにも注目です。

 

 

 

そして同ファブリックを使用した柄違いverがコチラ↓

 

 

 

DSC_7047.jpg

UES【ウエス】

先染ヘビーネルシャツ

[502051]

GREEN/NAVY

 


UESGR-2-630.jpg

 

UESNNV-2-630.jpg

先ほどの[502052]が4色の糸を使用しているのに対こちらは5色の糸を使用しております。

それに併せてチェック柄のピッチを変更し、多色使いの中にもバランスの取れた一着に仕上がっております。

 

 

UESGR-6-630.jpg

 

UESNNV-3-630.jpg

ファブリックに関しましては前述しておりますので、コチラではディテールの解説をさせていただきます。

各ボタンはネコ目のコロゾボタンを使用しております。

コロゾとは南米産の象牙ヤシの事で、名の通り象牙のように硬いのが特徴。

天然素材ならではの個体差も存在し、擦れや傷による経年変化も楽しむ事ができます。

ポケットは通称”ドングリポケット”。

丸みを帯びた形状は柔らかい印象を演出し、ボディの生地に対し45度傾けて使用しているため立体感が生まれております。

ポケット左上部はペン挿しポケットとして機能します。

 

 

UESGR-5-630.jpg

 

UESNNV-6-630.jpg

”ヘビー”と商品名にはございますが、決して”硬い”と言ったことはございません。

力織機ならではの手織りのような風合いと、打ち込みのバランスを研究し生まれた、経糸3本緯糸2本のファブリックは14.5ozと言う他のネルシャツを圧倒するようなオンス表記であるものの、それを感じさせない優しい着心地を実現しております。

 

そのファブリックを高い職人の技術を要する”巻き縫い”で縫製。

巻き縫いは縫い代を互い違いに噛み合わせながらし始末しており、生地端が隠れるので非常に丈夫。

もし摩耗でほつれる事が起こっても、一気にほどけたりすることがありません。

ファブリック・ボタン等の付属が経年変化を楽しめる仕様なので、それに併せて長年着用いただけるようにと配慮されております。

 

 

DSC_7207.jpg

 

DSC_7209.jpg

 

DSC_7211.jpg

 

DSC_7210.jpg

それでは着用してみましょう。

オーソドックスにジーンズとエンジニアブーツでのスタイリング、これが一番格好良いでしょう。

昨季よりサイズ変更がなされ、より多くの方に愛されるシルエットに生まれ変わりました。

ヘビーでありながらやさしい着心地はいつも通り。

直接染料を使用したファブリックは幾年後の経年変化が非常に楽しみです。

ジーンズの色落ちを楽しむように、気がつけば新品時と全く違う表情になっている、そういった変化をお楽しみいただけます。

画像の人物はサイズ2(M)を着用。

 

 

 

 

ヘビーネルの決定版の登場です

是非ご検討をお願いします!

 

 

 

 


ADJUSTABLE COSTUME 2021SS Collection Exhibition in MUSHMANS 開催のお知らせ。

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

本日は今週末からスタートを切りますイベントの告知をさせていただきます。

 

 

ADJUSTABLE COSTUME 

2021 Spring&Summer Collection Exhibition

&

Order Jacket+Order Suits 受注会

in

MUSHMANS

 

開催日程:2020年9月18日(金)〜9月22日(祝・火) 5Days

全日11:00 open〜20:00 close

 

 

例年の開催時期から若干遅くなりました事で、多くのお客様より「今年の開催は無いの?」とのお問合せをいただきましたコチラのイベントでございますが、こういった状況ではございますものの、楽しみにしていてくれるお客様がいらっしゃるという事や、やはりルーティンは崩したく無いという事もありまして、感染予防対策を講じたうえで開催する事にいたしました。

通常時よりもイベントにご来店されるお客様の数は多くないとは存じますものの、毎シーズン毎にコツコツとこのイベントを実施して、最近ではMUSHMANSでも主力のブランドへと成長したADJUSTABLE COSTUME ブランドの内見会。

世間の風潮に流されて、開催を取りやめる事は簡単ですが、長年続けて来たこの流れをストップさせるのは、我々としては不本意であるからして、世間一般から言わせれば不謹慎なのかもしれませんが、私達は全力で取り組みます。

 

今回の内見会は4連休を含む、全5日間での開催となります。

そのうち9月19日()・20日()の二日間に関しては、同ブランド代表小高氏も店頭に立ち、新作のご紹介やオーダージャケットやスーツの打ち合わせをいたします。

 

今回のイベントにおきましても、例年以上の濃い内容で実施いたしますので、後日詳細をPRさせていただこうと思っております。

 

 

9月の大型連休に合わせた開催日程。

是非、皆様にご覧いただきたいと思っております。

それでは、後日イベント内容のPRをさせていただきます!

 

 

 

 


| 1/425PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode