PIKE BROTHERSより新作アイテムの御紹介です!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

大変お待たせいたしております"THE FEW×MUSHMANS Type A-1 BADALASSI” も、生産の佳境に入っておりまして、おそらく今週中には全数が仕上がるものと思われます。

特にサイズ38以下のサイズで御注文いただいておりました皆様の納品が遅れてしまいまして、本当に申し訳ありません。

完全納品まであと少し。

我々も気を引き締めて、最終検品をじっくりと行おうと思います。

入荷し検品完了次第、順次お電話差し上げますので、もう少々の間お待ち下さいませ!!

 

さて、本日は獨PIKE BROTHERSより新作アイテムの入荷がございましたので、PRさせていただきます。

 

まずはコチラ。

pike1942-jkt2-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1905 Hauler Jacket

"steel blue denim"

 

1900年代初頭のサックジャケットをベースに、PIKE BROTHERSのエッセンスを加えたアイテム。

ラペル等のディテールから見ると一見テーラードジャケットのように映るものの、シルエットや使用されるファブリック、パッチポケットの配置等はワークジャケット(和製英語で言うところのカバーオール)の雰囲気。

まさにその通りで、サックジャケットは本格的な量産ワークジャケットが誕生する時代の一歩手前のワークジャケット。

テーラーメイドの文化が残っている1900年代初頭に、働く男達によってオーダーされたジャケットと言っても良いでしょう。

 

pike1942-jkt1-630.jpg

本来ウエストのシェイプ等を考慮しないのがサックジャケットでありまして、寸胴な作りか若干フレア気味になるものですが、このアイテムに関してはウエストのシェイプがある程度効いております。

通常のPIKE BROTHERSアイテムと比較すると、かなりタイトに仕上がっているのも印象的です。

 

pike1942-jkt3-630.jpg

pike1942-jkt6-630.jpg

このアイテムに使用されるデニムファブリックは"Steel Blue"と呼ばれる特別仕様。

縦糸、緯糸ともに染色された糸を使用している事で、通常のデニムとは異なる風合いを見せております。

"Steel Blue"の名の通り、新品の鉄が持つ青味がかった発色が美しい。

またムラ糸を使用している為、デニムファブリック表面の凹凸も楽しんでいただけます。

堅牢でありながらもしなやかなファブリックは、まさに労働者の為のものと言えるでしょう。

表面よりも裏面の方が青味が強く、この経年変化もどうなって行くのか?その過程が楽しみなファブリックですね。

スペックとしては、12oz セルビッジデニムです。

 

pike1942-jkt4-630.jpg

 

pike1942-jkt5-630.jpg

各部のディテールはワークディテール満載です。

コーディネートの幅が広がり、春のアウターとしても重宝しますね。

 

DSC_1821.jpg

中二つのボタンだけを使用し、ラペルを長くとって着用いただきますとカジュアルジャケットのような雰囲気で着用いただけます。

インナーには少々発色の鮮やかなShirtsを着用いただくと、そのコントラストが美しい。

基本的にはワークジャケットなので、かなりカジュアルに使っていただくのも良いです。

スニーカー等と合わせて肩肘張らずにガンガン着用下さいませ!!

画像の人物はサイズMを着用。

いつものPIKE BROTHERSアイテムであればSサイズを着用するところですが、こちらに関してはタイトな為Mサイズになります。

(S) ---身幅 51cm/着丈 67cm/肩幅 43cm/袖丈 65.5cm
(M) ---身幅 53cm/着丈 70cm/肩幅 46cm/袖丈 67cm

いつもならSサイズが日本でいうMサイズなので、今回も同様かと思ってSとMしか入荷させませんでした・・。

今回は普通なサイズ感ですので、Lサイズが必要ですね。

いつも日本のSサイズを着用されるお客様はPIKE BROTHERSのTOPSを諦められておりましたが、このアイテムに関しては問題なくいつものSサイズで着用できます!!

是非この気機会に!!

※こちらの製品はワンウォッシュ納品となっております、表示の寸法もワンウォッシュ後の表記ですので、縮みは殆ど発生しません。※

 

 

続きまして。

pike1905-v2-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1905 HAULER VEST

"Steel Blue Denim"

 

先に御紹介いたしましたジャケットの対となるVESTです。

こちらのジャケット同様にワークベストをベースとして製作されておりますが、ウエストのシェイプが効いておりまして非常にスタイリッシュな仕上がりとなっております。

また、比較的長い着丈によってコーディネートし易いのも特徴です。

 

pike1905-v1-630.jpg

シルエットに関しても、PIKE BROTHERSアイテムとしては非常にタイトです。

いつも着用される日本製アイテムと同様のサイズをお選びいただけるサイズ設定となっておりますので、オンラインショップでご購入されるお客様はご注意下さいませ。

 

pike1905-v3-630.jpg

ジャケットは単衣だったのに対し、こちらのVESTは総ライニング仕様となっております。

シンプルなディテールですが、このシンプルさが好印象です。

ファブリックに関しては、上記ジャケットと同様のファブリックを使用しております。

 

DSC_1818.jpg

Shirts一枚だけだと少し物足りない、そんな時に活用できるVESTです。

このSteel Blueの発色は、様々な色との相性が良く、レイヤーで着用いただく時に重宝するはず!

画像の人物はサイズMを着用、コーディネート例の為にあえてフロントオープンしましたが、普通にボタンが閉るサイズ感です。

ウエスト廻りのシェイプが非常にカッコイイのが特徴で、フロントオープンしていただく際にもそのシェイプが効力を発揮します。

(S)---身幅 49cm/着丈 59cm/肩幅 38cm
(M)---身幅 53cm/着丈 59.5cm/肩幅 40.5cm

※こちらの製品はワンウォッシュ納品となっております、表示の寸法もワンウォッシュ後の表記ですので、縮みは殆ど発生しません。※

 

そして最後は。

pike1942-pant1-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1942 HUNTING PANT

Steel Blue Denim

 

ジャケット、ベストと続いたら勿論ありますワークパンツ!!

シンチバック使用のハンティングパンツと呼ばれるこのモデルは、長年PIKE BROTHERSの軸となるモデルでした。

こちらのモデルに今回のスペシャルデニム"Steel Blue"を使用しております。

比較的スッキリとしたシルエットが特徴で、どのようなシチュエーションでも穿きこなす事が出来るオールラウンダーです。

 

pike1942-pant3-630.jpg

再度ポケットの飾りステッチ、サスペンダー釦、Dリング装着。

 

pike1942-pant6-630.jpg

ワークテイストを演出するシンチバックは、ベルト装着時にも邪魔にならない下付きの仕様が嬉しい。

 

pike1942-pant8-630.jpg

ここでようやく見えてくるセルビッジ。

 

DSC_1812.jpg

爽やかすら感じる発色の"Steel Blue"は、春の装いにもマッチしますね!

ボーダー柄のシャツスニーカーに合わせてコーディネートしてみてはいかがでしょうか?

ロールアップしていただくと、裏生地の色が見えますので色の切り替わりも楽しめます。

29in →A 82cm/B 28.5cm/C 35.5cm/D 30cm/E 22cm/F 82.5cm
30in →A 85cm/B 28.5cm/C 36cm/D 30.5cm/E 22cm/F 82cm
31in →A 88cm/B 28.5cm/C 37cm/D 31.5cm/E 23cm/F 82.5cm
32in →A 91.5cm/B 29cm/C 37cm/D 32.5cm/E 23cm/F 82.5cm
33in →A 94cm/B 29.5cm/C 38cm/D 33.5cm/E 23.5cm/F 81cm

Aウエスト/B前股上/C後股上/Dワタリ幅/E裾幅/Fレングス

こちらの製品はワンウォッシュ納品となっておりますので、上記の寸法表記から縮みは発生しません。

サイズ感はいつものPIKE BROTHERS製品の寸法感ですので、ここでは注意が必要です。

画像の人物はサイズ31を着用しておりますが、いつも日本製のデニムは32を着用しております。

 

 

DSC_1815.jpg

最後に3ピースでのコーディネートです。

全てPIKE BROTHERS製品でコーディネート、しかも3ピースとなりますとコーディネートの芸が無いのであえてこれは最後にしました。

折角共生地でリリースされておりますので、セットアップできるように用意したいところではございますが、この三種をバラバラに使えてこその3ピースだと思います。

そして、時にはセットアップしたりと、この3ピースがあるとかなり様々なシチュエーションで活用出来そうですね!!

 

 

 

是非この機会に現物を御覧下さいませ!!

 

 

 

 

 

 

 


オーバーオール三昧。

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

春物アイテムの入荷が始まり、個人的にも楽しみにしていたアイテムが続々と入荷してきております。

まだ春の立ち上がりですから、通年通して使えるアイテムといった感じですので今時季のような冷え込む夜でも使える万能アイテム!

そんな位置づけのアイテムがガンガン入荷しております。

 

本日は、この時季から春さらに夏に向かってもガンガン使えるアイテム"オーバーオール"の新型を御紹介させていただこうと思います。

コーディネートの可能性が広がるオーバーオールの世界を存分にお楽しみ下さいませ。

 

 

まずはコチラから行きましょう↓

COLIMBO-630.jpg

COLIMBO/コリンボ

OLD MIDSHIPMEN'S BIB OVERALL CUSTOM

[ZU-0201]

 

デッキクルー用スーツのパンツはビブオーバーオールタイプとなっており、一般の艦船に比べ高い飛行甲板上の強風が吹き荒れる環境にも対応できるように設計されておりました。
今回のアイテムは当時一級の断熱材として使用されていたアルパカウールタイプのライニングを取り外し3シーズン着用できるようにCOLIMBO独自のデザインとなっており、本物のデッキパンツだと中々使えるシーズンやシチュエーションが限られてしまうもののこちらは年間通してご使用いただける代物です。

コットングログランはノンコートタイプで厚手ながらしなやかな特性を持っており、ヘヴィーなシーンでも気兼ねなく使えます。

 

そしてこちらはカスタムモデルである為、ボディにペイントが施されているのが特徴です。

ネイビーのデッキオーバーオールはプレーンですとどうしても魚屋さん感が出てしまいますが、ペイントが施されるだけで全く異なる雰囲気を醸し出してくれるものです。

 

 

DSC_1613.jpg

勿論デッキオーバーオールのディテールは踏襲しつつも、ファッション的要素を持たせるべくシルエットは修正が入っております。

ボトムの迫力とボリュームは残しつつも、使い易いシルエットとでも申せば良いでしょうか?

このコットングログランは履き心地も良く、さらに経年変化が期待できるものとなっております。

画像の人物はサイズMを着用。 適度なルーズ感があって真夏でも爽やかに使えそうなところが好印象。

この時期はShirtsを上から羽織っていただくと、季節感もあって良いですよね。

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE All Leather Sneaker'sとも絶妙なマッチングをみせております。

 

 

 

続いてもUSN系のオーバーオール。

やっぱ春は海物が欲しくなるんですよ!

LYBRO2-630.jpg

LYBRO/ライブロ

DECK WADER-COTTON DRILL

[80381350500]

NATURAL

 

WW2におけるUS NAVYのデッキオーバーオールをベースに、こちらはLYBRO by Nigel Cabourn 独自のデザイン性を付加したアイテムです。

先に御紹介したCOLIMBOと同様のコンセプトながら、また違った観点から作られている為 別物となっております。

 

ファブリックのコットンドリルは、別名太綾とも呼ばれる丈夫で耐久性のある生地。コットン100%からなるこの生地は斜めに走る畝が特徴的で、この布の強さを作り出しております。
天然の綿のおかげで柔らかさを失わず、何世紀にわたり多用されており、従来から制服や作業着にも使われているファブリック。

また身頃中心にあるジップは着脱しやすさはもちろんのこと、ロゴ入りの大きめジッパー、フロントのフラップボタンポケット、股下のハトメ、裾のドローリボンなど、拘りを感じるアイテムです。

 

DSC_1602.jpg

かなり男らしいシルエットながら、サイズ42(XXS)の設定があり女性にも好評なアイテムです。

フロントZipで比翼の無い構造は、春らしく軽快な印象がございます。 それに合わせてのナチュラル色のファブリックは相当爽やかな印象になるのかな?と思いつつも、無骨なシルエットやディテールによってバランス良く、程好い重厚感が残っているのがポイントです。

画像の人物はサイズ48(M)を着用、もっとスッキリ着用したいなら46(S)の着用も可能ですが、この雰囲気はこのサイズで穿きこなしたいですね。

只今絶賛予約受付中のAll Leather Sneaker's"Papavero"との相性もバッチリでして、こういったコーディネートにも活用できますね!

 

 

そして色違いもございます↓

LYBRO1-630.jpg

LYBRO/ライブロ

DECK WADER-COTTON DRILL

[80381350500]

WASHED ARMY

 

先に御紹介いたしました"NATURAL"と同ディテールの色違い、このカラーになりますと本来のミリタリーディテールが映えます。

WASHED ARMYというこちらのカラーは、カーキのコットンドリルをロングウォッシュ(長時間洗い)する事によって、よりファブリックの立体感を演出しております。

縫製箇所のパッカリングはヴィンテージと見紛う程のアタリが付いており、ここからの経年変化も楽しみな一本です。

 

DSC_1605.jpg

こういった男らしいディテールとシルエットのデッキオーバーパンツは、レザージャケットとの相性も抜群です。

画像の人物はMUSHMANS Leather "FRIVOLOUS"をコーディネートに使用しております。

今このシーズンの着こなしとしては最適で、これから春へ向かう過程の中でこういった組み合わせはワンセットお持ちになっていた方がよろしいかと思います。

 

 

 

 

 

そうそう↓こちらも再入荷しております。

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1935 MECHANIC BIB 11oz Metal

 

こちらのアイテムについて詳しくは→コチラ で御確認下さい。

 

 

 

 

一歩ずつ、着実に近づく春。

 

マストアイテムの御紹介でした。

 

 

 

 

 

 


使えるレザー用オイルが新入荷しました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

THE FEW×MUSHMANS Type A-1 BADALASSIの入荷によって、連日お引渡しをさせていただいております。

オーダーいただいた皆様には、本当に喜んでいただけているようで、良い仕事してるな俺!って楽しい気分をいただいております。

まだまだ気は抜けません!最後の御納品までしっかりと管理して参ります。

サイズ38〜34のお客様、御納品にお時間をいただきまして申し訳ありません、もうすぐご連絡ができるかと思います。

今しばらくお待ち下さいませm(__)m

 

 

さて、本日はレザーメンテナンスに使用するオイルで、大変良い製品を発見いたしましたので御紹介させていただこうと思います。

FILSON.jpg

FILSON/フィルソン

LEATHER CONDTIONER

 

FILSON/フィルソンは1897年にワシントン州シアトルでゴールドラッシュに挑むための”アウトドア・クロージング・メーカー”として設立され、今日まで質実剛健なアイテムをリリースし、ファンの多いブランドですね。

MUSHMANSでもBAG等、FILSONファンがある一定以上いらっしゃいます。

同社はレザーアイテム等もリリースしており、レザーアイテム用のレザーコンディショナーがリリースされました。

 

レザーアイテムを中心に様々なアイテムを展開する我々としても、レザーメンテナンス時に使用するオイルは非常に重要な位置付けとなっておりまして、私も個人的に様々なオイルを試しております。

そういった中で厳選され、現在の取り扱いラインナップとなっているのですが、久しぶりにラインナップの仲間入りとなりましたのがこちらのアイテムなのです!!

 

いつもレザーメンテナンスの事についてご説明させていただく時は、革によって使い分けて下さいと言っております。

何でも同じオイルを使えば良いという事はなく、革との相性を考えなくてはなりません。

以前もそういった事でご説明しておりますので→こちらを御覧ください。

 

FILSON2.jpg

今回のFILSON LEATHER CONDTIONERは、比較的オイル分の多いスムースレザーに使用いただくオイルです。

メーカーの表記では"天然オイル"と明記されているだけですが、おそらくニーフットオイル(牛脚油)がベースとなったオイルなんじゃないか?と思います。 それにビーワックス(蜜蝋)を独自配合しているという事になるのでしょう。

使用されている成分は人体に使用する化粧品のグレードで作られており、オイル分を手に取ったときの溶け広がり方を見ても非常に上質な事を実感いただける事と思います。

・キメ細かい油分

・適度に含まれる水分

これによって、素晴らしい浸透性を発揮しているのを実感しました。

この浸透性に関しては、既存のマスタングペーストやラナパーにも感じる事ですが、塗布した後の雰囲気が異なります。

・油分に対し蜜蝋の配合具合は先出の製品の中で最も多いかも?

・油膜の強さが保持される。

という事で、しっかり浸透した後にしっかり表面を保護してくれている感じがあります。

因みに、こちらのオイルにはFILSON独自の香料を入れております。塗布した翌日には殆ど香りは消えますが、結構個人的には好みの香りです。

 

そこらへんを総合的に鑑みて判断いたしますと、以下のような用途に最適だと私は感じました。

・BADALASSI系レザーを使用したBOOTSやSHOES。

・WHITE'S等のスタンダードレザーであるオイルドレザー。

・Rios of Mercedes ホースバットレザー。

といった感じに最適です。勿論上記以外には使えないという訳ではなく、最もお勧めできる相性の良いレザーという事です。

BADALASSI系のBOOTSやSHOESと限定したのは、特に財布や鞄またジャケット等で日頃しっかりと使用されている物に関してはそれほど追加で油分を塗布する必要が無いので除外しました。 風雨にさらされる機会の多いブーツやシューズに関しては、油分が抜けやすいのは勿論、保護するという観点からオイルを塗布していただくと良いと感じております。

また、結構悩みの種であったRios of Mercedesのホースバットですが、今回これに最高にマッチしたと感じております。

反対にレザージャケット等に関しては、油膜が強く乾いている分を補おうと多めに塗布しますと若干ベタつく傾向にありますので、個人的にはお勧めいたしません。これに関しては従来通りラナパーマスタングペーストがお勧めです。

 

こちらのオイルを発見した段階で様々な自己所有のブーツでテストをしました。

そのため、今回こちらの商品を御紹介するにあたってビフォーアフターで歴然とした差を御覧いただけるブーツがありません・・(笑)

かろうじて1足使えそうなブーツが残っていたので、これから御紹介しますが、本当はRiosの復活劇を見て欲しかった。。仕方ありません、実は期待していなかったので、こういった形で紹介する事になると思っていなかった部分もございます(笑)

御覧下さい↓↓↓

DSC_1573.jpg

VIBERG

HIKER

2年ほど履いているVIBERG"HIKER" おそらく一度もメンテナンスしていないでしょう。

新品時に比べ油分が抜けた為、発色も薄くなっておりますし、Toeの傷も酷いですね。

明らかにオイルを欲している表情です。

 

DSC_1575.jpg

右足のヒール部分も酷い事になっております・・。

結構気に入って履いてますので、気付かないうちにこんな事になっておりました。

 

DSC_1582.jpg

それでは【FILSON LEATHER CONDTIONER】を塗布して行きましょう。

おっとその前に、必ずブラッシングして埃を落としてから塗布して下さいね。

画像のように、手にとっていただき数秒しますと体温の影響で溶け始めます、そうなったら塗り始めてください。

※室温が20度以下の場合、溶け始めるのに少々時間を要します※

 

DSC_1583.jpg

このように、塗り伸ばして行きます。

独特のココナッツ系の香りが立ち上がりまして、アロマ効果もございます。

ゆったりとした気持ちで塗りこみましょう。

 

DSC_1576.jpg

塗布完了。

画像右が塗布前、画像左が塗布後です。

オイル塗布が完了した直後の画像ですので、まだ浸透しきっていない感じもありますが、かなり発色も戻っておりますので浸透性能の高さを感じますね。

 

DSC_1577.jpg

明らかに生き返った感じです。

 

DSC_1579.jpg

あれだけ傷だらけで乾ききっていたヒール部も、完全復活といったところです。

 

DSC_1586.jpg

こちらの画像は左右ともに塗布完了後、12時間程度経過した時点の画像です。

ビーワックス成分が比較的多い為か?光沢感が持続する傾向にあります。

革表面を触ってみても油膜感を嫌では無い程度に感じますね、この感じは絶妙でしっかり保護をしてくれつつもゴミが寄って来てしまう程では無いので、バランスの良いオイルであると判断できます。

 

DSC_1588.jpg

本当はこちらをビフォーアフターで御覧いただきたかった。。

ご来店いただいているお客様はご存知かもしれませんが、私のFORCE-1は相当履きこんでおり、あえてメンテナンスを施さないで履いた為にToeなんかは乾ききり、すでにオイルを塗布しても革が受け付けない感じになっておりました。

それが、今回このオイルを使用したところ完全に復活!

リオスのホースバットには色々とオイルを試しましたが、これが最も相性良し!!

リオスオーナー、特にホースバットオーナーには絶対に持っていて欲しいオイルです。

 

 

オイルひとつの御紹介でしたが、、結構長くなってしまいました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございますm(__)m

 

 

 

 

 


UES SOCKSが入荷しております!

皆様、こんにちは!

今日は風が強かったですね。 春一番になるのでしょうか?

昨日もここ越谷は暖かかったですが、こうも暖かいと心配なのが、花粉症。。。

この暖かさで敏感な方だと花粉を感じ始めてるみたいですね。

去年検査で花粉症認定されたSGですが、今年の飛散状況に若干ビクビクしてますが、負けずに頑張ろうと思います!!

 

さて、少しずつ春物の入荷が始まりまして、彩りが加わってきたMUSHMANSですが、

本日はリピーターの多いUES SOCKSの入荷のご紹介です。

SOCKSへのつくりも一切妥協しないUES、より丈夫でより履き心地の良さを追求しており、リピーターが多いのも納得のアイテムです!

 

 

 

UES

ムラ糸3本撚りソックス

[SX-0]

 

(ふくらはぎ)のベーシックなソックスで、お色も12色と豊富な色展開も魅力的。
太番手のムラ糸に、さらに2本の糸を撚り合わせた、三子(みこ)撚(よ)りの贅沢なつくりの製品。

1本糸の「単糸」、単糸を2本撚る「双糸」と呼びますが、

三子(みこ)撚(よ)りとは単糸を3本撚ったもので、

単糸と太さは変わらないものの、糸を3本撚ることで強度を上げております。


太い糸に対応できるローゲージのダブルシリンダー編機を使用しているため、

ふくらはぎ部分をリブ編みにすることができ、しっかりとしたフィット感を生み出しています。
素材から編みまで全て国内生産しており、廉価なソックスとは似て非なるもので、特筆すべきは、履き心地と耐久性。
”スウェットシャツを着るような”と表現されることもあるフィット感と、

厚手の生地が生み出すクッション性は、非常にやさしい履き心地です。

綿100%の糸を使用しており、肌触りも抜群。
素材の糸自体、特別に3本の糸を撚糸することで、高い強度を実現。
昔ながらの編み機で大きく編んでから、水洗いの後タンブラー乾燥によりグッと縮めることで、

編み目が詰まったしっかりとした製品に仕上がります。
何足かでローテーションすれば数年は持ちます。

 

ブーツは勿論のこと、スニーカーとも相性抜群です!

 

サイズはSサイズが22.0cm〜24.0cm

Lサイズが25.0cm〜27.0cmとなっております。

 

 

 

アンクレットソックス

[ASX-3]

SIZE:S

SIZE:L

 

上質なリネンを贅沢に使用したくるぶし丈のソックス。

こちらも10色展開と豊富です!
リネンの特性である、強さ、吸汗速乾性、そして独特の肌触りを体感いただけます。
素材としての糸が太くなるため、特殊なローゲージの編機を使用。
土ふまず部分はストレッチを効かせてホールド感を向上させた他、

踵部分の編みの切り替え数を3か所に増やして脱げにくいように編み立てており、

足入れ口はパワーの強い高品質のゴムを採用、

また洗濯を繰り返すことで編み地が締まり、フィット感が増していきます。
太い糸を使用しているため、編み地は厚めでありますが、クッション性に富んでいるのも魅力的です。
リネン素材の清涼感とも相まって、夏場のスニーカーソックスとしてはもちろん、サンダル用としても最適ではないでしょうか。

つま先部分にはUESロゴの刺繍入りとなっております。

 

 

こちらもサイズはSサイズが22.0cm〜24.0cm

Lサイズが25.0cm〜27.0cmとなっております。

アンクレットソックスはSサイズとLサイズで刺繍のお色がS→青、L→赤と違いますので、

サイズ違いでしたら家族分ご購入いただいても、お洗濯の際はどっちが自分のだっけ?!と困ることもございません!笑

 

 

色展開も豊富ですので、ワードロープに新しいお色を加えるのも良し、

ホワイトディのお返しに、

春が近づきますと、卒業や転勤、入学入社など、歓送のシーズンですので、

日頃お世話になった方へのプレゼントにもお薦めなアイテムです。

 

お色、サイズによってはSOLD OUTも出始めておりますので、

お早目にどうぞ!!!

 

足下のオシャレも忘れずに、春を楽しみましょう!

 

 

 


お待たせいたしました! THE FEW×MUSHMANS Type A-1 BADALASSI 入荷が始まりました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

今週の定休日は展示会廻りでしたので、ちょっと気分転換にとバイクで都内をウロウロしておりました。

とにかく圧巻の寒さで、展示会場に入っても震えが止まらない程・・・。

昔は冬でも夏でも関係なくバイクで色々やれましたが、、、ちょっと辛くても我慢しなくちゃいけませんね。

 

そうそう、今年の7月はMUSHMANS MCで"アメリカ横断弾丸ツーリング"も企画しておりまして、着々とツアーの行程も決まってきております。

それに向けて体力面と精神面の強化は必須ですね。

何せ、シカゴ→ロサンゼルス間 大凡3500km超えを6日間で走りきる旅!

あと5ヶ月を切りましたので、そろそろ計画もラストスパートです!!

 

 

 

さて、春にはまだまだ遠い季節ではございますが。↓

DSC_5948-630.jpg

THE FEW×MUSHMANS

Made in JAPAN Trial Model

"Type A-1 THE FEW MFG"

BADALASSI CARLO s.r.l

Nappa Lux ORTENSIA

 

 既にご予約受付は終了しておりますアイテムでございますが、こちらアイテムの入荷が始まりました!!

只今大きいサイズから製作をいたしておりまして、オーダーいただいた順番にご連絡及びオンラインショップでご予約いただいた皆様へは発送を開始しております。

ただ、それほど短時間に大量生産できるものではございません。

本来なら全数の生産が完了したら、一気に送ってもらうのが通例なのですが、私の希望で少しずつ出来上がり次第随時発送を工場様へお願いいたしております。

 

余計に送料が掛かってしまうし、手間が掛かるのに何故そのような事をお願いしたか?と言いますと。

勿論、工場様でも完全な検品が行われて発送されて来ますが、店頭でもさらに検品を実施します。

人間のやる事ですので、やはり検品漏れはございます。

さらに、顧客様に最も近い私達の視点での検品も必要だと思っておりまして、それを落ち着いてしっかりやるには少量毎の入荷が好ましいと判断したからでございます。

 

一気に生産してもらって一気に入荷させた方が、コストも時間も削減できるのは承知しておりますが"可能な限りの手間を惜しまず"をモットーにしておりますので、オーダーいただいている皆様、もしかしますとカスタムサイズをご希望のお客様が完了するまでに一ヶ月程掛かってしまうかもしれません。。が、じっくりと最善を尽くして生産していただいておりますので、もう少々お待ち下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

本日の検品は3着です。

 

 

 

着実に、一着一着。

普通の感覚で言ったら全てにおいて時間の掛けすぎなのかもしれません。

しかし、御納品時期のお約束は1月末〜2月中旬。

少し進行が遅れてしまっております。

 

実は最終サンプル、二回作直しました。

本当に工場様へはご負担をお掛けしております。

 

そして納得の領域へ。

時間も費用も沢山かかりましたが、サンプルを作る毎に

確実に意図するものに近づいていく製品。

その一歩一歩が何とも愛おしいと思えます。

 

オーダーいただいているお客様。

お待たせしてしまい申し訳ありません。

もう少々の間、お待ち下さいませ。

 

 

 

 

※こちらの製品に関しては、既に御注文受付を終了いたしております。追加生産の予定はございませんので予めご了承下さいませ。※

 

 


獨PIKE BROTHERS/パイクブラザーズより、1937 Roamer Pantの補充が完了しました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

明日は降雪の予報となっておりまして、大変ワクワクしております(笑)

雪が積もると、街が静まり返り、落ち着いた気分になりますよね。

お客様商売なので、そんな事を言っている場合では無いのかもしれませんが、結構ガッツリ雪が降ったからといってお客様がいらっしゃらない訳ではありませんので、いつもワクワクして楽しくなってしまうんです(笑)

 

この週末、是非MUSHMANSに遊びにいらして下さいネ!

特に雪が積もっても、東武線は降雪に強いので全然大丈夫ですから!

お車でもMUSHMANSは幹線道路沿いなので、相当な雪が降らない限りは全然大丈夫です!!

 

 

さて、本日はデニム月間である2月でございますし、長らくサイズ欠けしていた定番モデルが補充されましたので、ご案内させていただきます↓

 

1937pike-1-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1937 Roamer Pant

11oz Metal

 

 PIKE BROTHERSラインナップで最もスタンダードモデル的位置づけとなっておりますのが、こちらの1937Roamer Pantです。

同ブランドが得意とする30年代のデザインを現代流、PIKE BROTHERS流にアレンジを加えた、新しい解釈でのワークパンツ。

アメリカらしいディテールを再現しつつも、どこかヨーロッパ的なテイストを捨てきらない、そんな絶妙なアイテムでございます。

1936 CHOPPER PANTよりも若干スッキリしたシルエット、1963 Roamer Pantと比べたらしっかりと無骨なシルエットとなっておりまして、この1937Roamer Pantを軸として、結局のところ1936 CHOPPER Pantと1963 Roamer Pantを所有してしまうという、危ないモデルでもございます。

サイズ設定に関しても、最もスタンダードなモデルだけあって、サイズ27インチから設定があるのも嬉しいポイントです。

女性のお客様にも人気の一本です。

 

1937pike-5-630.jpg

 

1937pike-7-630.jpg

1930年代を意識して作られるこちらのアイテムは、バックルバックが装着されサスペンダー釦が標準装備されております。

 

 

1937pike-2-630.jpg

通常の日本製5ポケットデニムパンツと比べて大柄なヒップポケットは、やや下付きとなっておりまして、絶妙なバランスとなっております。

 

1937pike-8-630.jpg

勿論フロントはボタンフライ、股上の寸法設定も決して深くないので、ワイドシルエットながらスタイリッシュに着用いただく事ができるのです!

 

1937pike-9-630.jpg

 

1937pike-10-630.jpg

ファブリックに関しては、PIKE BROTHERS定番デニム"11oz Metal"を使用しておりますので、年間通して使える勝手の良さと素晴らしい経年変化を存分に味わっていただけます。

新品時はサンフォライズドデニム特有のフラットな雰囲気ですが、勿論店頭販売時は"生/Non Wash"ですのでノリも残っている為そういった雰囲気で陳列されております。

 

しかしながら↓

しっかりと穿きこんでいただきますと、上記の画像のように決してフラットではない凹凸を感じる色落ちをお楽しみいただけます。

※こちらの経年変化は1936 CHOPPER Pantの経年変化画像です。生地は11oz Metal なので同生地です。※

 

 

 

DSC_1397.jpg

さて、気になるシルエットは?と言いますと、こういった感じになります。

画像の人物はサイズ31インチを着用。

(普段の国内ブランドは32を穿いております、PIKEのパンツは国内ブランドの物と比べ少々大きめな作りとなっておりますので、それを踏まえてサイズをお選びください。)

この画像では未洗いの状態で着用しておりますので、かなりウエストに余裕のある状態ですが、1インチ程縮む事になっております。

今までの経験から言いますと、ウエストは比較的しっかりと縮む(1インチ)ものの、シルエットに影響が出る程の縮みは発生しませんので、洗い上がり後のシルエットもこの程度になると思って下さい。

 

エンジニアブーツとの相性が良く、比較的ボリュームのあるエンジニア+#100ソールでコーデすると最高です。

画像ではVestを着用してしまいましたので見えなくなってしまいましたが、サスペンダーで吊っていただいても良いと思います。

勿論ベルトループもありますので、サスペンダーorベルトと気分によって変化させてみてください!

 

シルエットといい、生地感といい、これから暖かくなるシーズンのバイク乗りにも最適です。

無骨なパンツシルエットは、無骨なブーツライダースにもマッチしますし、灼熱地獄のライディングでも全然辛くありません。

反対に冬のバイクには若干寒いものの、結局何穿いたってデニムだと寒いですから、インナー次第なんですよ(笑) 21ozとかあってもちゃんと寒いですからね(笑)

 

 

 

1937pike-1-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1937 Roamer Pant

11oz Metal

 

補充完了!!

 

デニム月間である2月!

揃ってきてますよ!!

 

 

 


外へ向かうブランディング、内に向かうブランディング。

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

2月と言えばデニムパンツ!というお客様が多く、先日も再入荷を果たした"PIKE BROTHERS"1963 Roamer Pantをお求めになられる方に多くご来店いただきました。

有り難い限りでございます。

 

この時季は新作の投入や、定番品番の再生産と様々なデニムが入荷する時季でもございますので、本日はラインナップ刷新によって話題になっている"FULL COUNT"のデニムを御紹介させていただこうと思います。

 

まずはFULL COUNTを語るうえで欠かせないモデルでもある、こちらのモデルを御紹介します↓

0105w-1-630.jpg

FULL COUNT/フルカウント

0105

LOOSE STRAIGHT

 

フルカウントの定番ジーンズの中でも原点とも言うべきジーンズ[0105 LOOSE STRAIGHT]

ジンバブエコットンを100%使用することで、伸縮性や弾力性に富んでおり、13.7ozという適度な生地の厚みはストレスフリーな穿き心地を肌で感じていただけます。

また、ブランド創立当時から積み重ねてきた職人たちの厚い信頼と理解、協力を得て、最適なテンションで織り上げられるデニム生地はジンバブエコットンの魅力を最大限に引きだすことが可能となっております。

夏場にも穿きやすいジーンズとしても支持されているフルカウントのジーンズ。

特性として非常に吸水性が良いため汗などを吸収し放出することでストレスを感じにくく、さらに13.7ozという程度な生地のオンスはしなやかさをも兼ね備えております。

 

0105w-2-630.jpg

 

0105w-3-630.jpg

 

0105w-4-630.jpg

 

0105w-5-630.jpg

 

0105w-6-630.jpg

 

0105w-7-630.jpg

 

0105w-8-630.jpg

従来までの1953 MODELより名称変更しシルエットはかなりワイドになり、ヒップハングを強調するため股上の前後差を大きくしました。ヒップ周りも大きくなりましたが、フロントのもたつきやヒップ下部の余りが気になら ない素晴らしい形となって生まれ変わっているのが特徴です。

 

DSC_1341.jpg

生地はFULL COUNT往年のジンバブエコットン13.7ozという事で、生地については馴染み深いものがございますので割愛させていただきますが、最も変化したシルエットを御覧下さい。

画像の人物はサイズ32を着用。

確かに、、従来までの0105はシルエットの無骨さに欠ける部分がございましたが、リニューアルされたこちらの0105は男らしい無骨なシルエットを醸しております。

 

ただワイドでルーズなシルエットになったという単純な変更とは異なり、往年のデニムパンツの迫力は踏襲しつつも、FULL COUNTのオリジナリティも光ります。

ルーズシルエットに見られる、フロント部分のもたつきは皆無、さらにだらしなく映ってしまいがちなヒップ周りのダレた感じは一切無いという、非常に秀逸なシルエットを生み出しているのです。

 

そうそう、これを待ってたんだ。

デニムパンツ愛好家垂涎のシルエットをお楽しみいただける事と思います。

 

 

 

続いては、こちらもFULL COUNTの代名詞的品番となっているモデル↓

1108w-1-630.jpg

FULL COUNT/フルカウント

1108

NEW STRAIGHT

 

FULL COUNTデニムのラインナップ中、最も人気のあるモデルがこの1108ですね。

適度にスッキリしたシルエットは、旧モデルでも充分に洗練された仕上がりでございまして、私個人的にも大変重宝しているモデルでございましたものの、それをさらに昇華させたモデル"1108 NEW STARAIGHT"

ストレートデニムの新定番として名付けられたこちらのモデルは、前開きが長くなり脱ぎ着が楽になったのと、フロントのもたつきをなくし、よりスッキリとした印象になりました。

 

1108w-2-630.jpg

 

1108w-3-630.jpg

 

1108w-4-630.jpg

 

1108w-5-630.jpg

 

1108w-6-630.jpg

 

1108w-7-630.jpg

 

1108w-8-630.jpg

勿論セルヴィッチやリベット、縫製糸、レザーパッチ。一切の妥協をせず長年愛されているモデルのバージョンアップモデルです。

生地は0105同様、長い歴史を誇るジンバブエコットン13.7ozを使用しており、シーズン問わずご活用いただける生地。

 

DSC_1347.jpg

画像の人物は、サイズ32を着用しております。

なるほど納得、今までの1108も大変着用感の良いモデルでございましたが、新型はさらにグレードアップしております。

腰で感じるフィット感が格別なものとなっておりまして、まさに"洗練された"という言葉がマッチいたします。

着用感というよりも装着感と言った方が良いのか?

パッと見た目はそれほど変わっておりませんが、穿いてみていただくとその違いがハッキリと解っていただける事でしょう。

 

そして、その装着感だけではなく、シルエットもより美しく進化しております。

フロント周りの収まりは、顕著にグレードアップを感じるところ。

これがプロの仕事なんだなぁ〜、って素直に嬉しく進化を感じるポイントでもあります。

 

 

 

 

という事で、生まれ変わりを実行したFULL COUNT。

もうお気付きかと存じますが、見た目で大きく変わったところ、それはヒップポケットのアーキュエイトステッチ。

フルカウントの代名詞とも言えたアーキュエイトステッチを、今回のリニューアルから廃しております。

視覚的にブランドを強調するのではなく、デニムパンツとしての本質を追求する方向へ転換した大きなモデルチェンジです。

 

ブランドとは一体何なのか?

誰が見てもソレであると解る事が全てなのか?

この舵取りというのは、相当の決心が必要だったのではないかと思います。

 

 

"外へ向かうブランディングと内に向かうブランディング"

今回のリニューアルは後者のブランディングなのかと、私自身勝手にそう捉えております。

 

そのロゴマークが入っていれば、その柄が入っていれば、それで最高。

そういった外へ向かうブランディングも、それぞれ個人の趣向によっては素晴らしい物なのでしょう。

アイキャッチだけで、その存在価値を発揮する。

それは物凄い事だと思うし、簡単に成し得られる事でもありません。

 

ただ、そういった物、誰が見ても誰が作った物なのかが解るそれを好まない人種というのも存在します。

 

ただただ物としての品質の高さと、使用した時の満足度を追い求めて作られる物。

作り手の自己満足に近いような物作り。

そして、それが一見するだけでは誰が作った物なのか解らない。

ただ、好き者が見ると、これが何なのか解ってしまうような物。

内に向かうブランディングというものは、まさにそれなのだと思います。

 

どちらが正解かなんて、そんな議論の必要はありません。

それは全て個々の価値観に委ねられる部分であり、人それぞれ様々な価値観があるからこそ"ファッション"が成立するからです。

 

今回のFULL COUNTの方向転換について、私個人の主観では。

ニヤッとしてしまった。

とだけ言っておきましょう。

 

さらに良いものが生まれる前ぶれを感じるリニューアル。

 

どうでしょう?一度体感してみませんか?

 

 

 

 

 

 

 


人気のDenim Pantsが再入荷いたしました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

今夜はここ越谷でも降雪の予報となっております。

あまり多量に降ってしまいますと、色々な面で困ってしまうのですが、、やはり冬というのは雪あってのものでもありますので、うっすら積もる感じになってくれると気分も良いですよね。

なかなか思い通りにはならないものですが、冬を満喫したい今日この頃でございます。

 

さて、お待たせいたしました!!

かなり多くのお客様から「いつになったら補充されるのか??」とお問い合わせが多かったアイテムが再入荷いたしましたので、お知らせさせていただこうと思います↓

 

PK1937-4-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1963 Roamer Pant

11oz Metal

 

 PIKE BROTHERSのスタンダードラインナップにおける5ポケットデニム中、最も細いシルエットがこちらの1963 Roamer Pantです。

適度なテーパードシルエットとなっておりまして、非常にスッキリと穿きこなしていただける事で人気の一本。

このデニムパンツの人気の秘訣はシルエットな訳でございますが『男らしい細さ』がこのデニムパンツの人気を支えていると言えるでしょう。

ナローシルエットとなりますと、比較的女々しい雰囲気が醸される場合がありまして、かなり体型が細めの方には抵抗なく穿きこなしていただけるのでしょうけれども、平均的な男性体型からガッシリ系の体型の方には、どうしてもアンバランスな見え方になってしまいがちです。

 

そこのところを解消している、実に調和の取れたシルエットが見事な一本なのです。

ウエストからヒップ周り、さらにワタリ幅はそれほどタイトシルエットではないというところが、その『男らしい細さ』を演出しているのかと思われます。

数値では表れ難い部分ですが、穿いていただくと御納得いただけける事と思います。

 

20181230_2908920.jpg

本日はシルエットの話から始まりましたので、先に着用画像を掲載しておきましょう。

画像の人物はサイズ31を着用(普段の国内ブランドは32を穿いております、PIKEのパンツは国内ブランドの物と比べ少々大きめな作りとなっておりますので、それを踏まえてサイズをお選びください。)

この画像では未洗いの状態で着用しておりますので、かなりウエストに余裕のある状態ですが、1インチ程縮む事になっております。

今までの経験から言いますと、ウエストは比較的しっかりと縮むものの、シルエットに影響が出る程の縮みは発生しませんので、洗い上がり後のシルエットもこの程度になると思って下さい。

 

御覧いただきます通り、かなりスッキリしたシルエットになっているものの、気持ち悪い感じの細さにはなっておりません。

画像の人物は脚が細い人間ではありませんので、国内の各デニムブランドにおいて最も細いと謳われるナローシルエットのデニムパンツは着用出来ても、ちょっとキモチワルイ感じになります。

このデニムは秀逸で、スッキリとしたシルエットながら窮屈感も感じませんので穿いていて楽でもあります。

 

PK1937-3-630.jpg

 

PK1937-2-630.jpg

 

PK1937-1-630.jpg

バックルバックは無し、大きめなバックポケットが特徴的。

 

PK1937-6-630.jpg

 

PK1937-7-630.jpg

 

PK1937-5-630.jpg

右ベルトループに装着されるDカンを除けば、いたって普通のシンプルな5ポケットデニムのディテールです。

 

使用されるファブリックはPIKE BROTHESの定番デニム【11oz Metal】、11オンスながらしっかりと目の詰まったファブリックですのでそれほど薄さを感じません。

適度な厚みのファブリックですので、1年間通して活用いただけるのが嬉しいですね。

 

本来ならば、私の私物で経年変化を御覧いただきたいところなのですが、こちらを穿き始めたのが10月の末頃からでしたので、現在までで三ヶ月しか経過しておりません。

まだ未洗いの状態ですので、あと三ヶ月ほど経過しましてワンウォッシュいたしましたら、その成果を御報告しようと思います。

 

ちなみに、この11oz Metalは『CHOPPER PANT』と同様のファブリックですので、↑このような経年変化となります。

しっかりと濃淡が出てカッコイイですよね!?

※こちらはリジットで6ヵ月着用し、その後にウォッシュした状態の画像です。※

 

PK1937-4-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1963 Roamer Pant

11oz Metal

 

比較的大量に入荷させておりますものの

PIKE BROTHERS製品に関しては取り扱い店が少ない為、動きが大変早いです。

是非この機会をお見逃し無く!!

 

 

 

 

そうそう、年末に入荷のお知らせをしまして、一瞬で完売したアイテム↓

PK-BLBK1-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1943 CPO Shirt

Blue Black
 

 

PK-OC1-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1947 Salesman Shirt

Ocean Blue

 

 

こちらも再入荷しております!!

 

詳しくは→こちらをClick!!


緊急再入荷のお知らせ!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

 

レザーシーズンの第二幕が近づいてきた今日この頃でございますが、人気アイテムが緊急入荷いたしましたよ!!
 

 

MUSHMANS別注モデルに次ぐ人気を誇るDARK SEALのTypeA-2ですが、店頭ストック分が完売となっておりました。
サイズ38に関しては既に完売となっておりますが、34/36/40の3サイズが再入荷いたしました!!
是非この機会をお見逃し無きよう、よろしくお願いいたします!

 
詳しいご説明は→コチラ をClick!





さらには↓
さらには、A-2ファンに絶大な支持を受けているこちらのモデルも再入荷!!
ROUGHWEARを語る上では欠かせない No.42-1401Pの完全染料仕上げ(アニリン)のLight Brown。
素晴らしい経年変化が魅力の一着です。

 
詳しいご説明は→コチラをClick







A-2を着るに相応しい季節が始まります!!
その前に、是非!!

Nigel Cabournより新作スニーカーが入荷いたしております!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

少々ブログの更新が滞っておりまして。。。この時季は今期冬の仕込みだったり、新しいプロジェクトに向けての打ち合わせだったりで様々な所へ行ったり来たりが続いております。

とにかく風邪引かないようにしないといけません。

 

ちょっとバイクで出かけたいような気持ちもありつつ、寒いからやめとこうかな?とか弱気な感じもあり、そんなこんなで またバッテリー上がっていたりして、なんか面倒で充電してなかったり。

でも家に帰るとギターだけは弾きたかったりで、多分今はスピードを求めてないんだろうなって事でバイクの事は忘れようと思います。

 

さて、春物の入荷が少しずつ始まりまして、といっても"THE 春"な感じではなく、通年使える系のアイテムが結構入荷してきております。

 

という事で、本日はNigel Cabournからの新作スニーカー。

思わずハッとなる、デザインとディテールで、さらには履き心地も申し分無い新作を御紹介いたします。

 

IN1-630.jpg

Nigel Cabourn/ナイジェル・ケーボン

DECK SHOES 40's MIX

[80380062000]

INDIGO

 

BE1-630.jpg

Nigel Cabourn/ナイジェル・ケーボン

DECK SHOES 40's MIX

[80380062000]

IVORY

 

 

IN2-630.jpg

BE2-630.jpg

 

Made by Moonstar

 

「ムーンスター」と聞いて、頭に浮かぶのはスニーカーや上履きではないでしょうか?

上履きで馴染みの方も多いはず!!

140年余りの歴史をもつジャパンブランド「ムーンスター」による生産は、

生ゴムに硫化を加え、熱反応によりソールとアッパーを接着させるという

手間を要するヴァルカナイズ製法によってつくられています。 

 

120℃で70分間、熱と圧力を加えることで、履き心地がよくシルエットも美しい靴が完成します。


ヴァルカナイズ製法は国内では採用しているメーカーも僅かであり、その製法が生み出す、

しなやかで丈夫な仕上がりと美しい風合いが特徴的です。
ムーンスターではソールに使用しているゴムも1種類ではなく、パーツ毎に削れにくいもの、柔軟性が高いもの、

はがれにくいものなど、全て配合を変えて使用しているそうです。

それぞれの箇所に合わせたオリジナルのゴム剤を使用することで、履き心地と丈夫さ、

そして美しいシルエットを併せ持ったスニーカーが出来上がります。


また、履き心地を決める木型(ラスト)はムーンスターの歴史とも言える

26万人分の足形を測定したデーターから作成した木型を使用しています。

 

さすがMade In JAPANです。

 

IN4-630.jpg

BE4-630.jpg

今回の新作は、アウトソールからのゴム質が限りなくアッパーを覆うディテールとなっており、これが絶妙な存在感を演出いたしておりますね。

これ梅雨時季なんかにも重宝するディテールで、ちょっとした水溜りなんか平気そうです。

 

IN8-630.jpg

BE8-630.jpg

そして、このアイテムの特徴である内羽根構造のアッパー。

この雰囲気が何ともミリタリーテイストを演出しており、フロントのロングノーズ感も引き立てており絶妙です。

 

IN6-630.jpg

BE6-630.jpg

今回使用されているアッパーマテリアルは16oz DENIM(INDIGO)とLINEN CANVAS(IVORY)。

共に堅牢であり、経年変化も楽しめるマテリアルですね。

 

IN7-630.jpg

BE7-630.jpg

アウトソールにはグリップ性能と耐久性を兼ね備えたパターン。

クッション性も高く、疲れない。

さらにムーンスター独自のラスト(木型)により、日本人に極めてマッチした装着感をお楽しみいただけます。

 

DSC_1222.jpg

履いてみると、こんな感じになります。

着用感を御覧いただくと、このアウトソールからアッパーにかけてのゴム質のバランスが絶妙だと感じませんか?

ワイドシルエットのミリタリーパンツとの相性も良く、普段あまりスニーカーを履かない方にもご満足いただける事と思います。

 

DSC_1226.jpg

このようにジャケットスタイルでコーデしていただいても、足元がしっかりとしておりますのでアンバランスな感じにならないのも強みですね。

とにかく履き心地が良く、耐久性にも優れております。

そこにデザイン性と存在感が付加された、中々に良く出来たスニーカーです。

 

是非この機会にお試しいただきたいものでございます!!!

 

 

 

 

 


| 1/96PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • THE FEW×MUSHMANS Made in JAPAN Trial Model "Type A-1"のご予約受付に関しまして。
    LISA (12/20)
  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    MUSHMANS Fujita (07/09)
  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    長坂誠 (07/06)
  • 予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (03/23)
  • 予約受付を開始いたします!!
    星野 (03/21)
  • Making Mushmans 【最終章】 〜TAKE OFF !〜
    ショウジ (01/25)
  • 今期別注レザー 【BUSTED SHRINK HORSEHIDE DARK SEAL "VOLCANO"】のメンテナンス方法に関しまして。
    BeOS (10/28)
  • 毎年恒例のCOLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country コラボアイテムの予約受付開始です!
    BeOS (10/15)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (05/18)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    ナナス (05/16)

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode