Mister Freedom New Items 続々入荷中です!!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

この週末、平昌五輪での日本人選手の素晴らしい活躍に胸を高鳴らせ、また新たに入荷したアイテムに胸を高鳴らせておりました。

有意義な週末でしたね。

 

ここのところ新作アイテムラッシュで、何から御紹介するか迷ってしまうところですが、皆様心待ちにしているであろうブランドの新作はいち早く御紹介させていただこうと思います。

今回も胸踊る新作アイテムをどうぞ↓

 

Mister Freedom/ミスターフリーダム

MFSC Made in U.S.A.

NOS 15.5oz. ORGANIC CONE DENIM

CALIFORNIAN LOT.64

[SC41729]

 

DSC_4445-630.jpg

Mister Freedomの新作紹介はなるべく早めに!!という要望が多いので・・

私どもも必死で撮影しております(笑)

 

今シーズンNew ReleaseされるMister Freedomの5ポケットデニムはこちら

CALIFORNIAN LOT.64

洗練されながらも、どこか旧き良き時代のアメリカンデニムのシルエット。

1950年代から60年代のトラディショナルなミドルライズの股上は

男臭さをしっかりと醸しながらも、スタイリッシュさも忘れない

バランスの良い着用感が最も人気の品番でございます。

定番的なストレートデニムながら、若干のテーパードを効かせたモデルです。

 

DSC_4460-630.jpg

今回使用されるデニムファブリックもMister Freedomのお家芸とも言える

NOS(New Old Stock)ファブリック。

しかもコーンミルズ社のデッドストックセルビッジデニムというのもポイント高いですね。

さらに今回はハリの強い15.5ozという比較的ヘヴィーなファブリックを使用し

劇的な経年変化をお約束いたします。

 

1922年からリーバイス社のデニム生地を全面的に生産していたコーンミルズ社。
1922年〜1983年までの501XX等に代表される赤ミミデニムはコーンミルズ社で作られておりました。
力織機で時間をかけて織られる伝統的なファブリックは、大量生産時代の波に飲まれ
1983年にセルビッチデニムの生産を一時中止するという事になります。
2003年にリーバイス社がアメリカ国内の工場を閉鎖するに伴い、このコーンミルズ社も姿を消す事になります。

 

DSC_4449-630.jpg

DSC_4458-630.jpg

1960年代〜70年代に見られる発色の美しいブルーデニムを使用。

この発色のファブリックにバナナイエローとオレンジのステッチ使いがさらに雰囲気を

盛り上げてくれております。アメリカの田舎臭さと温かさを感じる構成です。

 

DSC_4451-630.jpg

DSC_4446-630.jpg

兎に角、バキっとしたハリとコシの強いファブリックですので

着用皺が鮮明に現れるのが面白い。

どこかレザーのような雰囲気を持っておりますので、強いアタリが発生する事となるでしょう。

という事は、色落ちもその皺通りに入り始めますので、、あとはご想像にお任せいたします(笑)

 

ポケットスレーキにも、これまたアメリカの田舎臭いNOSファブリックを使用。

 

全ての構成がカリフォルニアのオレンジ畑を連想してしまうのは私だけでしょうか?

どうでしょう?

 

 

 

 

続いてコチラ↓

DSC_4422-630.jpg

Mister Freedom/ミスターフリーダム

MFSC SURPLUS 5oz CHAMBRAY NIXON SHIRTS

[SC27841]

 

DSC_4120-630.jpg

1940年代〜50年代のROOMY RICHARDのシャンブレーシャツを完全再現したモデル。

2017FWでリリースされたプリントコーデュロイの"NIXON Shirt"と同パターンです。

今回5ozのシャンブレーファブリックを開発し、より再現度合いが高まりました。

 

DSC_4410-630.jpg

DSC_4409-630.jpg

DSC_4411-630.jpg

DSC_4414-630.jpg

DSC_4421-630.jpg

良き時代のワークシャツのディテールを踏襲し、拘りの強さを感じていただける事でしょう。

当時の労働者達に愛された堅牢な作り込みを体感いただけます。

 

DSC_4408-630.jpg

最も特徴的な左右のポケット。

画像向かって左はペン差し付きのパッチポケット。

画像向かって右は二層構造のポケットとなっております。↓

 

この二層構造ポケットは、汗により胸ポケットに仕舞ったタバコが湿気てしまわぬように

二重ポケットにしている、実に考えられたディテールでございます。

現代でも画像のようにスマートフォンとタバコを同時に収納出来るので

"使える"ディテールなんですね!

 

ちゃんと奥まで入れてあげると、このような感じです。

ポケット奥(人体側)・・・i phone X

ポケット手前・・・ガラム・ヌサンタラ マイルド

 

という事で今回御紹介の両方を着用します。

 

このデニムのシルエットと、忠実に再現された同年代のワークシャツ。

それにSTETSONのHatの組み合わせは最高にアメリカを感じさせてくれるものですね。

画像の人物はパンツをサイズ32、ShirtsをサイズMで着用。

パンツの着用皺は、これからのエイジングを予感させますね。

実に楽しみな組み合わせ。

これからの春シーズンにピッタリのアイテムですびっくり

 

近頃、Mister Freedomのアイテムは、一週間以内でのSOLD OUT率が高くなっております。

アイテム画像を御覧いただき、胸に刺さったアナタ指

とにかくお急ぎ下さいエクステンション

 

 

 


NIGEL CABOURN より "JUNGLE FATIGUE TROUSERS - TIGER STRIPE"のリリースです!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

暖かい日があったり、一気に寒くなったりと、少しずつ春に向かっている感がございますね桜

微妙な気候ですのでコーディネートも色々考えなくてはならず、こういった時季は楽しいなぁと改めて感じてしまう今日この頃。

春物アイテムも早い物だと入荷が始まりつつありますが、まだ冬の感覚が残っておりアウターを探しにいらっしゃるお客様も多く見受けられますね。

 

さて、本日も先日のMister Freedomに続き変わったファブリックを使用したアイテムを御紹介します↓

 

DSC_4317-ブログ.jpg

NIGEL CABOURN/ナイジェル・ケーボン

JUNGLE FATIGUE TROUSERS -

TIGER STRIPE

 

NIGEL CABOURNより新作アイテムが入荷しました。

60'sに見られるジャングルファティーグ トラウザースをベースに

ナイジェルらしいアレンジの効いたアイテムでございます。

??単にファティーグ トラウザースをネイビーで作っただけじゃねーかよ!と思ったアナタ・・

早とちりが過ぎますね(笑) よーく御覧下さいませ↓

 

DSC_4343-630.jpg

わかりました? わかりましたよね(笑)

そうタイガーカモ柄なんです。

しかも・・・ジャガード織りで表現されております。

通常のタイガーカモはオリーブ色のベースカラーにブラックのストライプが入る訳ですが

今回NIGEL CABOURNでリリースするこのファブリックは単色使い。

ただし織り柄を入れる事で全く新しいタイガーカモ柄が完成したのです!

これはかなりの拘りを感じるファブリックですし、こんなの初めて見ました!!

 

DSC_4328-630.jpg

パッと見は渋めのネイビーカラーのファブリックでありますので

普通な雰囲気で着用いただけますが、近くでみるとしっかりとタイガーカモ!!

こういった解り難い感じ、最近妙に好感が持てます。

 

DSC_4329-630.jpg

DSC_4335-630.jpg

DSC_4337-630.jpg

DSC_4341-630.jpg

DSC_4342-630.jpg

ディテールに関しては60年代中期に納入されていた2ndがベースになっているかと思います。

ウエストアジャスターがボタンタイプの今では珍しいモデルです。

各部ポケットフラップの傾斜感が個人的に好みですね〜。

 

DSC_4380.jpg

着用してみるとこのような感じです。

画像の人物はサイズ32を着用。

この画像ではタイガーカモ感があまり表現できていないですね。

まあ、この解り難い感じがとても気に入っているのですが。

それにしても着用しているShirtsがキツそうですが・・・

 

さて、画像で着用している件のShirtsですがUESから本日入荷して参りました↓

BD-630.jpg

UES/ウエス

INDIGO OX BD Shirts

[501801]

 

オックスフォードのボタンダウンシャツに求められるディテールに

それぞれUESらしさを加えて完成させた製品です。

シルエットは極めてスリムフィットで

着丈はパンツから出しても入れても使える程度の長さに設定されております。

フィット感を高めながらも、センターBOXプリーツにより、動き易さも考慮しています。

 

BD R-630.jpg

DSC_4435-630.jpg
 ロープ染色されたインディゴの経糸、綿カスの残った緯糸で織布された生地は

デニムカジュアルに非常に馴染みます。

淡いサックスの色合いでジャケットスタイルはもちろんのこと

色落ちしたジーンズとの相性もよく、永く愛用いただけるシャツです。
 縫製はシングルニードル製法と呼ばれる同じ箇所を2回ミシンが走る手間のかかる仕様。

 

縫製糸にテトロンの細い糸を使い、運針間隔を細かくすることで上品な仕上がりになっております。

シャツの肩部分(ヨーク)が背後ろ中心で分割したスプリットヨークを採用しており

フィット感が高いです。両脇裾のマチや、前立て裾の三角止めの縫い仕様は強度が考慮されております。

 

という事で、着用感を↑に戻って確認下さい。

超バツバツです。

人物はサイズ2(M)を着用しておりますが、御覧の通り。危険です。腕もヒタヒタですね(笑)

 

普段UESのワークシャツ[500954]はサイズ2(M)で普通に着用可能ですが・・

こちらのOX Shirtsはこんな感じになってしまいます・・

という事で寸法を確認しましたところ、ワークシャツ[500954]シャンブレーと比較して

バスト寸で一周6cm小さいという事が判明(メーカーHP寸法)

 

という事ですので、普段のワークシャツ[500954]シャンブレーでジャストサイズならば

こちらのINDIGO OX BD Shirts [501801]はワンサイズ上げて御購入下さい。

 

勿論タイトに着用したい方はその限りではございません。

 

 

 

DSC_4317-ブログ.jpg

NIGEL CABOURN/ナイジェル・ケーボン

JUNGLE FATIGUE TROUSERS -

TIGER STRIPE

 

BD-630.jpg

UES/ウエス

INDIGO OX BD Shirts

[501801]

 

 

 

 

このところ、面白いアイテムが結構入荷してます。

即日御紹介できていないのですが・・・

是非、ご来店を!!

 

 

 

 

 


これにて打ち止め!!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

 

先日入荷のお知らせをいたしましてから、僅か24時間のうちに全数完売・・・さらには私が着用していた(個人購入)物も販売する事に至ってしまった超人気作↓
 

 

DSC_3919.jpg

こちら、超少量ですが再入荷いたしました。
再入荷と言っても[サイズ38×1・サイズ40×1]の計2着のみびっくり
 
コチラのアイテムに関して詳しくは→コチラをご覧ください。


 
DSC_3920-630.jpg
DSC_3921-630.jpg
DSC_3922-630.jpg
DSC_3923-630.jpg
DSC_3925-630.jpg
DSC_3928-630.jpg
DSC_3836.jpg
諦めていたアナタエクステンション
メーカーストックもこれにて打ち止め
最後のチャンスですピピピ




 

新たに仲間入りするブランドの御紹介です!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

Crescent Down Works カスタムオーダー受注会には連日多くのお客様にご来店いただきまして、大変盛況のうちに終了となりました。心よりの御礼を申し上げます土下座

これからしっかりとオーダーを集計して、今期冬に間に合うようスケジューリングしていきます。

 

さて、本日はMUSHMANS LINEUPに加わった新たなブランドのアイテムを御紹介させていただきます↓

 

 

leather_00032[1].jpg

Butler Verner Sails/バトラーバーナーセイルズ

 

BAGを中心に様々なアイテムをラインアップする同ブランドは

比較的安価な価格設定ながら、全て信頼性の高い日本国内での生産に拘って作り込まれております。

使用されるマテリアルに関しても、定番的な信頼性の高いマテリアルを使用し

ある意味、普段当店を御愛顧していただいているお客様には物足りない部分を感じる

部分もあるかもしれませんが、実直で定番的なアイテムとしては非常に高い品質

のアイテムラインアップであると感じていただける事と思います。

個々のアイテムの方向性も多岐に渡り、様々な顧客ニーズに応えられる商品力を持っておりますが

今回MUSHMANSでは、MUSHMANSに来店されるお客様にマッチしたアイテムを

同ブランドよりピックアップしてラインアップを開始いたしました。

 

まずはコチラから↓

 

DSC_4008-630.jpg

Butler Verner Sails/バトラーバーナーセイルズ

スクエアショルダーバッグ

[NATURAL/BLACK]

 

適度なサイズ感(15×24×7cm)が魅力のショルダーバッグ。

NATURALには栃木レザー、BLACKには米HORWEEN社のクロムエクセルを使用。

 

1712-1[1].jpg

1712-5[1].jpg

内部構造は、ライニング無しながらポケットが二ヶ所設けられ

ちょっとした外出や、BAG in BAGにも使える万能セカンドバッグです。

 

身長175cmの男性が使用するとこうなります。

ちょっとした外出に身の回り品を入れて使用するには最適なサイズ感です。

 

 

続いてはコチラ↓

DSC_4032-630.jpg

Butler Verner Sails/バトラーバーナーセイルズ

本ヌメ革ショルダー

[BEIGE/BROWN]

 

こちらも適度なサイズ(22×35×13cm)が魅力のショルダーバッグ。

フルベジタブルタンニン鞣しのステアハイドは栃木レザーによるもの。

この粗野な雰囲気は、素材感とディテールの融合によるものでしょう。

 

0918-6[1].jpg

0918-4[1].jpg

ライニングを用いずに作られながらも、フラップを空けずとも内部にアクセスできる

構造は使い勝手が充分に考慮されいる事を感じます。

 

先ほどと同様に、身長175cmの男性が装着するとこのサイズ感。

結構大荷物になってしまった時のセカンドバッグとしても重宝します。

シンプルが故にガンガン使える仕様ですし、素材も堅牢かつエイジングを楽しめる為

永く御愛用いただける事と思います。

 

 

最後はコチラ↓

DSC_4029-630.jpg

Butler Verner Sails/バトラーバーナーセイルズ

口金ワークボストン

[BEIGE/BLACK]

 

国内で織り上げられた4号キャンバスとレザーのコンビネーションが絶妙なマッチングと

なっているコチラのアイテム。・・そこまでは良くある組み合わせとも言えるのですが

このアイテムの開口部にこそ、大いなる魅力を感じる事でしょう。

オールドスタイルのドクターバッグに使用されていた口金が使用されているのですが

昨今ではなかなかお目にかからなくなり、パーツとして流通していない現状

この金属パーツをオリジナルで製作し使用されている事が大きなポイントなのです。

 

0997-9[1].jpg

大開口による使い勝手の良さは勿論、アンティークテイストも同時に醸します。

しかも口金は金属部を露出させないよう配慮されており、これにより荷物を傷つける

ような事もなくなっております。日本製ならではの配慮と言えるでしょう。

サイズも大きすぎず小さすぎない実用性の高いサイズ(30×37×18cm)。

容量の多さからショルダーストラップが装着されているのも高ポイントです。

 

0997-7[1].jpg

全アイテムに言える事ですが、ブランドネームが控えめなところも好印象ですね。

 

使用時はこのような感じになります。

ここでは169cmの女性が持った感じを御覧いただきましょう。

日常の使用は勿論、トラベルバッグとしても活用しそうなサイズです。

勿論キャンバスとレザーのコンビですので堅牢であり、キャンバス地ならではの

経年変化とレザーならではの経年変化をお楽しみいただけます。

どのアイテムも老若男女問わずお楽しみいただけるものと思われます。

 

 

 

 

 

leather_00032[1].jpg

 

MUSHMANSでは様々な鞄を御用意し御提案しております。

マテリアルを極限まで拘った物。

ディテールを極限まで拘った物。

そのどちらも極限まで拘った物。

 

ここまで御紹介いたしました

Butler Verner Sails/バトラーバーナーセイルズ

のBAG Collection。

これらは上記で挙げた極限の拘りをあえて"好い加減"ではなく"良い加減"に抑えたアイテム。

その"良い加減"を極限まで拘って企画製作されたアイテムであると私個人は思います。

プライスの設定に関しても優れたバランス感を感じます。

様々なモノが溢れるこの世の中で、あえてそのアプローチに拘る事もまた難しい。

 

あえて、飛びぬけた拘りを見せ付けない事の拘り。

 

バランス感覚に優れたアイテムも、また優れている物である。

 

 

 

 

 


Mister Freedom 2018 New Model !!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド
 

好評につき開催期間を延長いたしました"Crescent Down Works"カスタムオーダー受注会も今週末で終了となります。
多くの皆様にご来店いただきまして、大変嬉しく思います。
かなり先の御納品となる商品であるにも関わらず、高いテンション感でカスタムオーダーを楽しんでいただくお客様が多く、改めて御来店されるお客様の懐の深さを感じ、洋服の楽しみ方を解っていらっしゃる。。と感じました。
ちょっと上から目線な言い回しになってしまいましたが、これからもこういったDEEPなお客様に楽しんでいただけるMUSHMANSでありたいと思っておりますし、それを実現する為のプレッシャーも改めて感じている次第でございます。
"Crescent Down Works"カスタムオーダー受注会、本日含めて残り3日となっております。
是非この週末もMUSHMANSにお越し下さいませ土下座

 
さて、本日はMister Freedomからの新作アイテムを御紹介いたします。
今回御紹介するアイテムは、面白いです。勿論個人的にも一着購入しましたし、きっと一瞬で完売となるであろうアイテム。
まあ、Mister Freedomアイテムはどれをとっても面白いし、個人的に購入してしまうアイテムの上位ランクなんですけどね(笑)
 
DSC_3919.jpg
まずディテールに関しては、米L社の"3rd"モデルがモチーフとなっており
スタンダードなDENIM JACKETでございます。
着こなしの幅が広く、着用シーズンも長い事で既に3rdモデルがベースとなっているDENIM JACKETは
数着ワードローブに入っているよ、なんて方も多いのではないでしょうか?
身体にフィットしやすい立体裁断によって、スッキリとしたシルエットながら
動きを妨げない往年のディテールは多くのファンを抱えるモデルでもございますね。
このスタンダードモデルにMister Freedomのエッセンスを加えるとどうなるのか?
そりゃ一筋縄では終わらないのがMister Freedomな訳でございます。

 
DSC_3923-630.jpg
DSC_3921-630.jpg
今回のモデル、使用されるファブリックにこそMister Freedomらしさを感じる
スペシャルなアイテムでございます。
 
このファブリックは商品名にもあるように"NOS/New Old Stock"という事で
推測するに70年代のデッドストックセルビッチデニムを使用しております。
これはMister Freedomでは度々用いられるファブリックなのですが
今回は普通のNOSではございません。
 
ブルーデニムの上からブラックカラーがコーティングされているという変り種。
上の画像を御覧いただきますと、角の鋭利な縫製箇所はブラックコーティングが剥げて
一部下地のブルーデニムが顔を覗かせているのが御覧いただけます。
 
即ち
BLACK→BLUE→WHITE
といった段階を経て経年変化して行くという事になるのですね。
最後のWHITEって、どういう事?となる訳ですが
下地は通常のブルーデニムですので、使用されているのは中白の糸です。
最終的にいつものブルーデニム同様に白が見えてくるという事でございます。

NOSファブリック、しかもブラックコーティングならではの
"時空を超えた経年変化"
をお楽しみいただけるという事です。
いや〜、期待大です。


 
DSC_3920-630.jpg
各部縫製糸はブラック系を使用しておりますので
経年変化が進みますと新品時よりもステッチが栄えてきます。
胸ポケットには、いつものMステッチが入っておりますが、現状ですと目立ちません。
ボディーの色落ちが進んで行きますと、ぼんやりとMステッチが立ち上がってくる訳です。
イイですね。

 
DSC_3925-630.jpg
縫製糸の下糸にはエンジの縫製糸を用います。
何とも心憎い演出です。

 
DSC_3922-630.jpg
ポケットフラップ裏にはブラックシャンブレーを。

 
DSC_3928-630.jpg
このパッカリング部分から色落ちが始まる事になりますね。
見ているだけでワクワクしてしまいます。

 
DSC_3836.jpg
しっかりと育てて行きたいので、サイズはなるべくジャストサイズを選びましょう。
限界までサイズをフィットさせる事で、素晴らしい着用皺が入ります。
画像の人物は、今回サイズ36を選びました。
この画像ではインナーにセーターを着用している為、かなりタイトな感じですが
デニムですからテンションをかければ伸びますし、経年変化優先で
普段38なのを36にしております。
勿論、着用サイズは押し付けませんので(笑)好きなサイズをお選び下さい。



 
DSC_3919.jpg


素晴らしい経年変化となる事間違いナシの一着。
今から着用して、春には少々イイ感じの色落ちが始まっていると良いですよねびっくり







 

Built Buck by ATTRACTIONS より新色ENGINEER BOOTSの御紹介です!!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド
 

 

寒さがキツイ関東、先週末もアウター類をお探しのお客様が多く見受けられました。

例年よりも寒さが身に染みる今日この頃でございますので、この時季でもヘヴィーアウターを身体が欲してしまいます。

今週末から【Crescent Down Works/クレセントダウンワークス】のカスタムオーダー受注会 in MUSHMANSも開催されますびっくり

こちらは来冬に向けた受注会でございますが、ことしダウンジャケットやベストと運命の出会いが無かったお客様、是非来冬にむけて貴方だけのオンリーワンのオーダーをき


 
さて、本日はBuilt Buckより爆発的ヒットとなっておりますENGINEER BOOTSの新色がリリースされましたので、ここで御紹介させていただきます。
今回御紹介いたしますモデルは、Solid Brass Buckle(真鍮無垢バックル)限定モデルとなっておりまして、オンラインショップ上でSOLD OUTとなっているサイズの再入荷はございません。
また、近日入荷予定となっているサイズは、文字通り近日中に入荷いたしますので 是非今のうちにオーダーをお願いいたしますエクステンション

 
DSC_3546.jpg
既にMUSHMANSユーザー様の間では、定番的なエンジニアブーツとして認知された同ブランドのエンジニアブーツ。
マテリアルとスタイリングの良さから、多くのブーツエンスーに評価されているアイテムでございます。
 
1940年代〜50年代に見られるシルエットとデザインをソースに、日本人特有の足形状に合わせて開発されたラスト(木型)を使用。
その絶妙なフィット感は、長時間の着用でも疲れにくいエンジニアブーツとの評価をいただいております。
また、マテリアルに使用されるホースバット(馬臀部)レザーはフルベジタブルタンニン鞣しとなっており、一度刻まれた鋭利な皺は貴方の足型を形状記憶します。
ブーツ全般に言える事ですが、誰かが着用した中古品は元オーナー特有の皺が刻まれ、それが原因で靴ズレを引き起こします。
特にこのモデルはソレが顕著に現れますので、新品時からじっくりとお付き合いいただきますと、最高のエイジングをお楽しみいただける事でしょう。
 
そんなスペシャルなエンジニアブーツの新色が登場しましたびっくり

 
DSC_3534.jpg
ヴァンプ部はアニリン(染料)仕上げのブラック。
シャフト部はピグメント(顔料)べったりのホワイトを採用。
センセーショナルな配色ではございますが、ヴィンテージテイストも存分に感じていただけます。

 
DSC_3536.jpg
[VAMP]
下地がブラウンのホースバットにブラックの染料を乗せておりますので
日光の下では、若干下地が透けて見えておりまして、完全な黒ではありませんね。

 
DSC_3542.jpg
左が1.5年着用、右が新品時。
これだけ変化しますので面白いです。

 
DSC_3541.jpg
[SHAFT]
Vampと同スペックのマテリアルに、ピグメント(顔料)にてベタ塗りしたWHITE。
これ絶対年数が経過しますと、カサカサ剥がれてきますので そうなってきたら素晴らしい事に!
絶対イイ感じになりますびっくり お約束しますエクステンション

 
DSC_3537.jpg
DSC_3539.jpg
ここで御紹介しているモデルは、Solid Brass(真鍮無垢)バックル仕様です。
黒×白×金のコントラストをお楽しみ下さい。
このバックル新品時は結構光沢を放っておりますが、勿論無垢材ですのでくすみます。

 
DSC_3530.jpg




自分自身の皺を刻む。
このブーツは、貴方自身を写す鏡のようなものだ。
靴を見れば人となりが解る。
確かにその通りである。
ただし、このブーツに関してだけは 自分を隠す事無く、そのままを表現して欲しい。
キレイに履く必要は一切無い、ノーメンテ、ToeだろうがHeelだろうがガンガンやっつけて欲しい。
飾らない貴方の履き方こそ、このブーツが輝くのだから。






 

Spots Custom Engineer Boots!!

 皆様こんにちは楽しいMUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

今日は関東でも降雪の予報が出ておりますね雪

雪に慣れていない我々はスタッドレスタイヤすら準備しておりません・・。

勿論今日はクルマで出勤するのはやめておきました。電車が止まる程の降雪だったら帰宅する事すら不可能になりそうですびっくり

どうなる事やら、、若干楽しみでもあります(笑)

 

さて、本日は完全受注生産モデルの御紹介。

MUSHMANSでフリーストックとなっているのは、現在2足のみとかなり希少となっておりますモデルを御紹介します↓

 

DSC_3363.jpg

Dappaer's/ダッパーズ

40′s Style Engineer Boots

[Lot1142A]

 

1940年代の"ENDICOTT JOHNSON"のエンジニアブーツのシルエットとディテールをベースに

ラスト(木型)、縫製、マテリアル全てにおいてDapper'sの拘りを見せ付けた

渾身のエンジニアブーツでございます。

 

このエンジニアブーツをさらにヴァージョンアップしたモデルが今回御紹介するアイテム。

1950年代のストア系ブランドのカタログに掲載されていたスタッズカスタムエンジニアブーツ

を忠実に再現した、まさに"特別仕様"な1足です。

 

 

DSC_3365.jpg

3mm厚のフルベジタブルタンニン鞣しのホースバットレザーに美しく装飾されるスタッズ。

しかもこの装飾がスタッズベルトやスタッズカスタムで有名なACE WESTERN BELTに

よるカスタムであるというのも、説得力と信頼性、また信憑性を付加させるポイント。

 

DSC_3366.jpg

 

DSC_3368.jpg

その忠実さとオーラは、デッドストック物を発見してしまったかのような

そんなワクワク感すら感じる仕上がりであり、今後の経年変化も楽しみで仕方が無い。

使用されるひとつひとつのスタッズは、アメリカで最もポピュラーなスタッズメーカー

もしくはデッドストックのスタッズであり、年月の経過と共にスタッズ自体の経年変化も現れます。

ベジタブルタンニンレザーならではの深く刻まれる皺。

そして茶芯ならではの変色。

それらに合わせて、次第にニッケルが剥がれ鈍い光沢を放つスタッズ。

想像するだけで楽しくなります。

 

DSC_3367.jpg

ヒールカウンターに打ち込まれるスタッズ。

これを打ち込める環境は日本にACE WESTERN BELTしか無いのでは?

このヒールが個人的に最も好きなポイントです。

 

DSC_3370.jpg

勿論レザーですし、スタッズですので長い年月の中で脱落する事も100%無いとは言い切れません。

しかし、これだけしっかりと取り付いておりますので、安心感は絶大です。

履き方によっては、生涯一個も脱落しなかったなんて事もあるでしょう。

でも脱落したら、修理すれば良い。

大らかな気持ちでお付き合い下さいませ。このオーラは少しの面倒事も寛大に許せるものです。

 

DSC_3376.jpg

ナローなToeから、クリッピングによって美しく立ち上がるVamp。

そしてこのカスタム。

この角度から見る姿は・・・。

 

完全受注生産によってリリースされる"特別仕様"なこちらのアイテム。

なんだかんだで、残り2足となっております。

US8.5in---1

US9in---1

 

DSC_3382.jpg

Dappaer's/ダッパーズ

40′s Style Engineer Boots

[Lot1142A]

 

 

 

スペシャルな1足を手に入れるのは、貴方だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新作キャスケットの入荷です!!

皆様、こんにちはkyu

年が明け半月ほど経ちましたが、年末年始でアルコール酒摂取する機会が多かったと思います。

この時季ダルさが抜けなかったりする方もいらっしゃるのでは?

インフルエンザもまだまだ流行っているようですし、皆様お気を付けください四葉のクローバー

 

MUSHMANSで少しずつではありますが、新作アイテムが入荷してきております。

本日は、年間通して活躍するファブリックを使用したキャスケットの御紹介です↓

 

 

 

Dapper's

Classical Casquette

[Lot1227B]

 

30's〜40'sのキャスケットをベースにし、腰帯なしのクラシカルなクラウンで絶妙な型、

バランス、生地感全てが整ったClassical Casquette。

 

 

 

INDIGO CORDUROY

細畝コーデュロイが上品な雰囲気を漂わせます。

インディゴ染めなので、経年変化が楽しみですね。

 

 

8oz CHAMBRAY

春らしいシャンブレーが軽快感を演出してくれます蝶

 

 

 

KHAKI CHINO

硫化染めで仕上げているので

使い込んでいった先のヤレ感が楽しみなキャスケットです!

 


天ボタンも金属製を使用するなど当時の雰囲気を壊さないよう

細部まで拘わり抜かれている所がDapper'sらしいですね。

スベリも牛革の柔らかいレザーを使用し、

頭馴染みが良く高級感もあり、今回も雰囲気あるキャスケットに仕上がっています。

 

Dapper'sのType BはTypeAに比べクラウンを少し大きめにして野暮ったさがある型が特徴的で、

左右どちらかにクラウンをずらして被ると古臭い雰囲気を演出してくれますき

 

 

様々なアイテムとも合わせやすい人気のキャスケット。

シーズン毎に完売してしまいますので、

お早目にどうぞ!

 

 

 


欠品が多数出ておりましたRainbow Country ギャリソンベルトが再入荷しました!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

大変長らく欠品状態が続いておりました人気の定番アイテム!

 

Rainbow Country

ギャリソンベルト

各種

 

かなり長い期間定番アイテムとしてラインアップされている

Rainbow Countryのギャリソンベルトコレクション。

海外からのオファーも多く、人気カラーは欠品状態が長く続いておりまして

お探しのお客様には大変長らくお待たせしてしまい申し訳ありませんでした土下座

 

この度、殆どのカラーとサイズが再入荷いたしましたので

お待ちいただいておりました皆様、選ぶ事が可能なうちに是非一本GETして下さいネグッド

 

20170530_2375011[1].jpg

ギャリソンベルト[RCL60010 TAN SINGLE PIN]

 

20170530_2375010[1].jpg

ギャリソンベルト[RCL60010 BROWN SINGLE PIN]

 

20170530_2375009[1].jpg

ギャリソンベルト[RCL60010 BLACK SINGLE PIN]

 

まずはド定番のシングルピンギャリソンベルト。

誰しも一本はお持ちのベルトかと思います。

こちらはお馴染みのジャパンタンナー『栃木レザー』をマテリアルに用い

革厚5mm程度と重厚さが挑戦的でもございます。

使い込む程に柔軟性を得られ、オーナーの身体に馴染むといった

年月と共に成長するレザーマテリアルでございます。

 

このシングルピンはベルト幅39mmと汎用性が高く

様々なボトムのベルトループに対応出来る万能選手です。

 

 

 

 

続いて↓

20170530_2375008[1].jpg

ギャリソンベルト[RCL60001TAN TWIN PIN]

 

20170530_2375006[1].jpg

ギャリソンベルト[RCL60001BROWN TWIN PIN]

 

20170530_2375007[1].jpg

ギャリソンベルト[RCL60001 BLACK TWIN PIN]

 

上記で御紹介しましたシングルピンと同様に『栃木レザー』のマテリアルを使用し

ベルト幅を幅広にしたダブルピン仕様がこちらです。

重厚な5mm厚のレザーと44mmという迫力のベルト幅が、貴方の腰周りを彩ります。

シングルピンに比べ、しっかりとしたホールド感を得る事が出来る為

ベルトとしての重厚な装着感を求める方にも向いております。

 

 

 

そして、これら以上に至高のマテリアルを使用したモデルもございます↓

 

20170530_2375015[1].jpg

ギャリソンベルト[RCL60015 BROWN SINGLE PIN]

 

20170530_2375014[1].jpg

ギャリソンベルト[RCL60015 BLACK SINGLE PIN]

 

1000年近い歴史を誇る英国の老舗タンナー『ベイカー社』の

ベジタブルタンニンUKサドルレザーを贅沢に使用したシングルピンタイプのギャリソンベルト。

革厚は栃木レザーと同程度の5mm厚と表記されるものの、強烈な堅牢さを持つレザーの為

それ以上の厚さを感じてしまう事でしょう。

しかしながら、使用年月の経過と共に身体の形状を記憶するかのように馴染み

新品時に感じた強烈な硬さは残るものの、使用する日常ではそれを感じない

不思議なマテリアルでございます。

UKサドルレザーはベイカー社が厳選した牛革に樫の木を使用した植物鞣しを施す昔ながらの製法で仕上げています。
更に、職人が一枚一枚の革に蝋とワックスを擦り込む手法がこのレザーの特徴。
蝋(ブルーム)が表面に浮き上がる事がありますが、これを指などで擦り込むことで美しい艶が生まれます。
※保管中に緑青が発生する場合がございますが緑青は無害です。緑青が出た場合は拭き取るなどして下さい。

 

ベルト幅39mmで、バックルはソリッドブラスを使用。

どこか気品漂うオーラを放つのは、マテリアルの持つ特性なのでしょう。

 

20170530_2375013[1].jpg

ギャリソンベルト[RCL60014 BROWN TWIN PIN]

 

20170530_2375012[1].jpg

ギャリソンベルト[RCL60014 BLACK TWIN PIN]

 

 

こちらは上記で御紹介しましたシングルタイプと同様のマテリアルを使用した

ベルト幅44mmのダブルピン仕様です。

この幅になりますと、馴染ませるまでは戦い。

しかし馴染んでからは至高の装着感を得られる事でしょう。

レザーファンにはたまらない一本でございます。

 

 

 

 

 

 

 

ようやく出揃いましたエクステンション

本日より店頭とオンラインショップにて販売中です手

 

 

 

 

 

 


2018 素晴らしいスタートが切れました!!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

素晴らしい幕開けとなりました新年の初売りから日数を経て、ようやくMUSHMANSも平常時の雰囲気に移行しつつある今日この頃。

正月三が日から多くの皆様にご来店いただき、こうやって新たな一年のスタートが切れる事に感謝しつつ。

気持ちも新たに、一歩前進したMUSHMANSを感じていただけるよう今年も様々な事にチャレンジ出来そうな、そんなプラスな思考になれる日々でございました。

 

この期間中にご来店いただきました皆様、そしてオンラインショップを御利用いただきました皆様、有難うございます。

そして、いつもブログを御覧いただいている皆様、本年も何卒よろしくお願い申し上げます土下座

 

さて、2018年の一発目。

新たにMUSHMANSに仲間入りした、アメリカのブーツブランドからのアイテムを御紹介いたします↓

 

LUCCHESE/ルケーシ

 

「Lucchse Boots(ルケーシ・ブーツ)」の輝かしい歴史は1883年、イタリア移民としてアメリカの地を踏んだサム・ルケーシがテキサスに工房を設立した事に始まります。

イタリアで800年以上もの靴作りの長い歴史を持つルケーシ一族は高品質で履き心地の良いブーツを追求し続け、現在でも続く不動の地位を築き上げました。

その理念は決して利益だけを追求するのではなく品質管理や素材にこだわり、現在にいたるまで技術や伝統を受け継ぎ、最高のブーツ作りを続ける姿勢に表れています。

絶大な支持の最大の理由は、複雑な人間の足にピッタリとフィットする独自の木型ツイステッド・コーン・ラストがもたらす抜群の履き心地と、厳選された極上素材を手仕事で仕上げることだけが可能にした絶妙のルックスにあります。
Made In USAと刻印されたルケーシブーツがもたらす、かつて経験したことのないフィット感と快適性、そしてスタイリッシュなフォルムは、歴代合衆国大統領や名だたるハリウッドスターからも愛顧を受けるに相応しく、まさにウエスタンブーツの歴史を詰め込んだ一足と言えるでしょう。

 

今回MUSHMANSで取り扱いがスタートするのは、このLUCCHESEブランドの中でも最高峰のコレクションに値するライン。

【LUCCHESE CLASSICS/ルケーシ クラシックス】

800年以上に渡って継承されてきたLUCCHESE一族の靴作りを現在に引継ぎ、一足一足をハンドメイドにて丁寧に製作する、最も贅沢なコレクションです。

その作り込みは、ウエスタンブーツという枠組みに囚われず、美しい伝統工芸品の領域と言っても過言ではありません。

 

 

今回入荷したモデルは、コチラ。

 

DSC_3066-630.jpg

LUCCHESE CLASSICS

GRAYSON

[Suede ESPRESSO]

 

DSC_3104-630.jpg

LUCCHESE CLASSICS

GRAYSON

[Calf Black]

 

DSC_3080-630.jpg

LUCCHESE CLASSICS

GRAYSON

[Calf BROWN]

 

ROPER Toe、ROPER Heelを採用したルケーシが提案する新たなCHELSEA BOOTS。

スタイリッシュなラスト形状と緻密な縫製技術が織り成す独特なオーラ。

そして、高いフィット感は履く者の心を鷲掴みにする事間違い無い1足。

 

DSC_3083-630.jpg

ROPER TOEと言えども、ルケーシのROPER TOEは比較的スッキリした形状。

 

DSC_3090-630.jpg

緻密な縫製技術はイタリア靴文化の流れを感じる部分。

 

 

DSC_3088-630.jpg

 

CHELSEA BOOTSならではのサイドゴア部分

かなり大きい面積でエラスティックゴアを採用している為

全体的に細くみえるシルエットながら着脱感の悪さや装着時のタイト感は感じられない。

 

DSC_3093-630.jpg

ドレスブーツのそれを感じるレザーソールの仕上げ。

このまま履くも良し、ソールセーバーを装着して履くも良し。

 

DSC_3100-630.jpg

スエードは毛足の短い均整の取れた表情を楽しめます。

カジュアルシーンでのコーディネートやツイードのジャケット等との相性も良く

アクティブな大人の休日を演出してくれる事でしょう。

 

 

DSC_3103-630.jpg

キメの細かい美しい銀面はカーフならではの表情です。

オールブラックアウトで製作したブーツは、カジュアルシーンからドレスシーンまで

幅広く立ち回れる1足です。

カジュアルスーツなどに、これをコーディネートした際の完成度は最高です。

 

DSC_3098-630.jpg

上記同様キメの整った美しい表情を魅せるカーフ。

よりレザーとしての楽しみを満喫できるブラウン色は、貴方色に育て上げる1足として

長い期間を共に過ごせる相棒となる事でしょう。

デイリーユースの1足として能力も充分で、カーフならではのしなやかさが

毎日履く事に対する苦を全く感じさせる事はございません。

 

 

 

 

そして、こちらのモデルも。

 

DSC_3119-630.jpg

LUCCHESE CLASSICS

JONAH

[Suede ESPRESSO]

 

DSC_3133-630.jpg

LUCCHESE CLASSICS

JONAH

[Calf BROWN]

 

先に御紹介した"GRAYSON"と同様にRoper Toe、Roper Heelを採用した

サイドジップタイプのブーツです。

サイドジップならではの、タイトに絞り込まれたシャフトとシンプルな構造が

作り込みの美しさを全面に引き立てます。

アメリカ的でありヨーロッパ的でもある、不思議な感覚を持ったこちらのモデル。

様々なブーツを経験した猛者にこそお勧めのモデルでございます。

 

 

DSC_3137-630.jpg

DSC_3135-630.jpg

 

美しいToe形状は"GRAYSON"と共通。

 

DSC_3139-630.jpg

DSC_3140-630.jpg

こういったパーツにも拘りを存分に感じます。

ジッパーパーツの最高峰と言っても過言ではない"riri"製のサイドジップを装着。

テンションの掛かる部位であるからこその配慮。

さらには、装着時に毎回可動させる部位であるからこその配慮であると言えるでしょう。

ストレスフリーな上下動、そして何より美しい光沢感を持ったパーツです。

 

DSC_3141-630.jpg

独特なLast(木型)にこそ、LUCCHESE Bootsの歴史を感じます。

適度なアーチ形状によって、長い時間の着用も気持ち良さすら得られる事でしょう。

積み重ねられた歴史こそが達成するLast形状を是非貴方の足で感じて欲しい。

 

DSC_3132-630.jpg

しなやかでありながらコシを感じるスエードレザー。

汚れたら洗い、汚れたら洗うを繰り返し

味わい深い発色へと誘ってください。

 

DSC_3145-630.jpg

高級紳士靴のそれを感じる面構えと、様々なモーションに対する対応力を持つ

素晴らしいマテリアル。エキゾチックレザーのような派手さは無いものの

シンプルだからこそ映える、レザー愛好家に所有していただきたいマテリアル。

 

 

※サイズに関しまして※

LUCCHESEのサイズは通常のサイズ感よりも小さいサイズ感になっております。

・LUCCHESE 7 D → 通常 6〜 6.5 の方にマッチします。

・LUCCHESE 7 D 7.5 D → 通常 6.5〜 7 の方にマッチします。

・LUCCHESE 7 D 8 D → 通常 7〜 7.5 の方にマッチします。

・LUCCHESE 7 D 8.5 D → 通常 7.5〜 8 の方にマッチします。

・LUCCHESE 7 D 9 D → 通常 8〜 8.5 の方にマッチします。

・LUCCHESE 7 D 9.5 D → 通常 8.5〜 9 の方にマッチします。

・LUCCHESE 7 D 10 D → 通常 9〜 9.5 の方にマッチします。

・LUCCHESE 7 D 10.5 D → 通常 9.5〜 10 の方にマッチします。

サイズに関しまして、ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

基本的にはRios of MercedesのBOOTSと同等のサイズ感、より若干タイトだとお考え下さい。

 

 

 

 

DSC_3156.jpg

遂にスタートしたウエスタンブーツの最高峰ブランド

LUCCHESE CLASSICS

MUSHMANSで高い人気を誇るRios of Mercedesとは同じカテゴリーに属するものの

似て非なる物でございます。

特にRoper Toeはそう感じる部分でございます。

TPOに合わせて使い分けるという事も出来ますね。

個人的にも甲乙付ける事など不可能。

どちらも各々の素晴らしさをビンビン感じる。

 

どうやって履きこなすかは貴方次第。

 

またひとつ、素晴らしいブーツブランドが仲間入りしました。

 

今後もLUCCHESE CLASSICSコレクションが入荷いたします。

是非ご期待下さいませ。

 

 

 

 

 


| 1/87PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • Making Mushmans 【最終章】 〜TAKE OFF !〜
    ショウジ (01/25)
  • 今期別注レザー 【BUSTED SHRINK HORSEHIDE DARK SEAL "VOLCANO"】のメンテナンス方法に関しまして。
    BeOS (10/28)
  • 毎年恒例のCOLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country コラボアイテムの予約受付開始です!
    BeOS (10/15)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (05/18)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    ナナス (05/16)
  • 3/4 SLEEVE SHIRT 第2弾!
    toss (05/14)
  • GWの全イベントを終えて。
    三郷はーふ (05/11)
  • イベント開催のお知らせ!【GW前半企画!!】
    MUSHMANS Fujita (04/22)
  • イベント開催のお知らせ!【GW前半企画!!】
    Akio (04/20)
  • 本日6月20日(土)からの二日間は【ORGUEIL/オルゲイユ】2015-16FW コレクションの内見会開催です!
    camp (06/21)

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode