COLIMBOより新作アイテム入荷のお知らせ!

 皆様こんにちは、MUSHMANS代表の藤田です。
 

 

今年はMUSHMANS Athletic WearコレクションでT-Shirtsを作る予定です。

生地から作りこんでいるので、入荷が遅れているのですがサンプルは随分前に上がってきました。

極めてシンプルで使い勝手の良いT-Shirtsを目指して、ディテールの修正やサイズ感の修正などとかなり拘って作りこんでおります。

全体的にT-Shirtsラインナップのストックが少なくなりつつありますが、もう少々お待ち下さいね!

 



さて、本日はCOLIMBO/コリンボからの新作アイテムを御紹介させていただきます。

DSC_4439.jpg

COLIMBO/コリンボ

SAW MILL RIVER SAROUEL PANTS

[ZT-0204]

BLACK

 


今回もコリンボらしいアイテムが入荷いたしました。

サルエルと呼ばれる、深めの股上と窄まった裾が特徴のパンツ。

これにジョドファースタイルを掛け合わせる事によって完成する今作は、COLIMBOが得意とするアクティブアウトドアプロダクツであり、実用性とファッション性の両面を高い次元で両立させております。
 

 

サルエル=もともとイスラム教徒の民族衣装。

ジョドファー=JODHPUR ジョッパースタイルの意。
 

 

DSC_4442.jpg

実用性の高いマチ付きパッチポケット。
 

 

DSC_4443.jpg

膝部分はプリーツになっておりますので、動き易い。
 

 

DSC_4445.jpg

こちらのファブリックはBLACKチノクロスを使用しております。

しかもコットン98%・PU(ポリウレタン)2%となっておりまして

ストレッチCHINOなのです。という事は最高に動き易いという事ですね!

パッと見はコットン100%に見えますので、PU混の安っぽさは感じません。
 

 

ウエストはスピンドル内蔵&ベルトループ付きですので

アクティブに使いたいときはスピンドル、しっかり着こなしたい時はベルトと

用途の幅が広い"使える"パンツなのですね。
 

 

DSC_4444.jpg

裾末端は窄めたり、フリーにしたりと着こなし方でアジャストできます。
 

 

DSC_4446.jpg

このパンツは8分丈でありますので、自転車を多用する方にもお勧め。

股下もマチが付いておりますので、そういった用途もガンガンこなせます。
 

 

DSC_4451.jpg

それでは実際に穿いてみましょう。

軽快なアウトドアスタイルでのコーディネートはいかがでしょうか?

画像の人物はサイズMを着用。

比較的スッキリとしたシルエットですので様々なコーディネートにマッチします。
 

 

今回のコーデで使用しているアイテム、上から順に

VEST:COLIMBO/コリンボ Sniper's Vest[ZT-0110]CHARCOAL





続きまして、同モデルのファブリック違いを御紹介します↓
DSC_4426.jpg

先に御紹介いたしましたモデルと同型で、ファブリックが異なるのがこちらのモデルです。
同様にコットン98%・PU(ポリウレタン)2%のストレッチインディゴファブリックを使用しておりますので、色落ちを楽しみつつアクティブに使えるパンツです。
 
DSC_4430.jpg
各部のディテールは先に御紹介したものと同様なので省略いたします。
 
DSC_4431.jpg
 
DSC_4435.jpg
 
DSC_4437.jpg
 
DSC_4434.jpg
 
DSC_4454.jpg
こちらも実際にコーディネートしてみましょう。
画像の人物はサイズMを着用。

ハイテク素材とローテク素材の組み合わせで
なかなかに雰囲気の良いスタイルが完成します。
夏のフェススタイルにバッチリハマりそうですね。
 
今回のコーデで使用しているアイテム、上から順に

このコーデで使用しているEXCELSIOR DRY TEEはCOOLMAX素材を用いた
ハイテクなT-Shirtsです。灼熱の中でも涼しく過ごせる画期的なT-Shirtsですよ!






日常に使い尽くせるアイテムを!

 

 

 

 


夏到来を前に揃えたい"夏シャツ"特集! No.04

 皆様こんにちは、MUSHMANS代表の藤田です。

 

先日の東北ツーリングが終わってから旅に出たくて仕方がありません。

ちょっと感覚が麻痺しておりまして、青森くらいなら日帰りで行ってこようかな?とか、結構本気で考えてます(笑)

そんな旅に同行したい方なんか絶対いないと思いますが、トライしてみても良いと思った方はお声掛け下さい。連れて行きます(笑)

 

さて、久しぶりに夏っぽい陽気となった関東ですので、ちょっと夏なアイテムを御紹介しようと思います。

 

夏到来を前に揃えたい"夏シャツ"特集という事で、既に3回UPいたしておりますが 本日はNo.4です。

過去のブログはコチラ↓から。

夏到来を前に揃えたい"夏シャツ"特集! No.01

夏到来を前に揃えたい"夏シャツ"特集! No.02

夏到来を前に揃えたい"夏シャツ"特集! No.03

 

本日はシャツとトラウザースを1アイテムずつ紹介いたします。

 

DSC_4389.jpg

WORK HOUSE/ワークハウス

KINGSTON SHIRT-HISTORICAL PATTERN SHIRT

[80363410002]

 

WEAR MASTERS by Attractions/ウエアマスターズ

Summer Trousers

[411]

 

MUSHMANS Footwear

2018SS "Plain Toe Shoes"

阿波藍/AWA AI

 

夏のトラディショナルカジュアル。

おさえるところは、しっかりとおさえた

落ち着いた、夏のカジュアルスタイルの提案です。

 

TOPSから御紹介します。

DSC_4403.jpg

WORK HOUSE/ワークハウス

KINGSTON SHIRT-HISTORICAL PATTERN SHIRT

[80363410002]

 

毎コレクション、コアなファンを唸らせるアイテムの数々。

今作もハックニー・ユニオン・ワークハウスらしい独特のオーラを纏ってリリースされております。

注視すればするほどに味わい深いプロダクツ、英国のブランドならではの日本ブランドとは味付けが異なる魅惑のアイテム。

 

DSC_4404.jpg

大きく開かれる開襟襟

 

DSC_4405.jpg

兎にも角にもこのプロダクツはこのファブリックが主役です。

肉厚のリネン100%ファブリックは、独特のタッチで描かれたデザインが特徴。

一見ハワイアンシャツにも見える雰囲気ですが

こうやって切り取った画像を御覧いただくと、全く異なるデザインです。

 

DSC_4407.jpg

全体的にリラックスしたシルエットは、夏の装いにピッタリですね。

 

画像の人物はサイズMを着用しております。

 

 

続いてボトムです↓

DSC_4394.jpg

WEAR MASTERS by Attractions/ウエアマスターズ

Summer Trousers

[411]

 

"ラギッド&コンフォート"

「爽快な夏」にフォーカスしたリネントラウザース。

ムラ感の強いクラシカルな表情を持つ、麻100%のヘヴィーリネンキャンバスファブリックを用いる事で、見た目 履き心地ともに夏を感じる爽やかさを演出しております。

 

DSC_4395.jpg

ユリア(尿素)ボタンのフロントフライ仕様。

 

DSC_4397.jpg

DSC_4398.jpg

DSC_4396.jpg

画像だけでも爽快感を感じてしまう構成。

 

DSC_4399.jpg

こうやって透かしてみると、その涼しさがご理解いただける事でしょう。

 

画像の人物はサイズ34を着用。

通常32を着用しておりますが、当商品は少々小さめな上がりになっております。

Aウエスト/B前股上/C後股上/Dワタリ幅/E裾幅/Fレングス

30in →A 75cm/B 34cm/C 37cm/D 33cm/E 23cm/F 79.5cm
32in →A 80.5cm/B 35cm/C 38cm/D 34cm/E 23.5cm/F 79.5cm
34in →A 86cm/B 36cm/C 38cm/D 35cm/E 24.5cm/F 79.5cm
36in →A 90.5cm/B 37cm/C 40cm/D 36cm/E 25.5cm/F 79.5cm

御覧の通りの寸法で、ワンウォッシュすると1.0cm程度縮みます。

ご注意下さいませ。

 

 

オールドテイストのトラディショナルトラウザース

だからこそ、ホワイトが良く似合うのです。

 

 

そして、足元は↓

DSC_0573-630.jpg

MUSHMANS Footwear

2018SS "Plain Toe Shoes"

阿波藍/AWA AI

 

詳しくは→ コチラ のブログで御紹介しております。

 

7月入荷予定です!!

もう少し、お待ち下さいませ!!

 

 

DSC_4389.jpg

WORK HOUSE/ワークハウス

KINGSTON SHIRT-HISTORICAL PATTERN SHIRT

[80363410002]

 

WEAR MASTERS by Attractions/ウエアマスターズ

Summer Trousers

[411]

 

MUSHMANS Footwear

2018SS "Plain Toe Shoes"

阿波藍/AWA AI

 

どうでしょう。

どこか古き良き時代の日本の夏をも感じさせるコーディネート。

お楽しみ下さい。

 

 

 


WAREHOUSE/ウエアハウス からDDシリーズのデニムが揃いました!

 皆様こんにちは、MUSHMANS代表の藤田です。

 

昨晩のルマン24時間耐久レース、TOYOTAの初制覇の興奮が冷めやらぬうちに今朝をむかえました。

しかし大阪で発生した大地震の速報・・あまり多くの情報が入っていないようですので心配です。

甚大な被害が広がらない事を祈るばかりでございます。

 

このところ、涼しい日が連日続いておりまして、先日予約受付を開始した RAGGED HORSE HIDE(ラグドホースハイド)のA-2をガンガン着用出来る気候となっております。

そして、既にイイ感じの経年変化が始まっております!

現在店頭にて展示中ですので気になるお客様、是非一度ご覧下さいませ!!

 

 

さて、本日はWAREHOUSEから"DDシリーズ"のDENIM PANTSが3型入荷して参りましたので、こちらでPRさせていただこうと思います。

まず始めにこの"DDシリーズ"のご説明です。

 

WAREHOUSE DD SERIES

もともとWAREHOUSEのリリースするプロダクツは、実在するヴィンテージを解析し忠実に復刻するラインナップとなっておりまして、かなりマニアックな目線から見ても物凄い拘りと良い意味での変態さすら感じるアイテムラインナップとなっております。

最早ファッションアイテムというよりも、ひとつひとつが"作品"というレベルに達しているコレクションですが、そのラインナップの中でもさらに高みへ向かうシリーズが今回御紹介しております"DD SERIES"なのでございます。

それは、実在するヴィンテージアイテムの個体差ともいえる歪んだ縫製や特殊なディテールに着目して復刻するという、ミクロ視点での物作り。

ウエアハウスが特にヴィンテージの再現率を高めたと公言する程のアイテムラインナップなのです。

その作り込みは、見て納得、触って納得、着用して納得のスペシャルな作り込み。

ヴィンテージアイテムに対しての執着が無くとも、このプロダクツの存在感は絶対に感じていただける事と思います。

 

DSC_4344.jpg

WAREHOUSE/ウエアハウス

DD SERIES

 

それでは、年代別に1アイテムずつ紹介して参りましょう↓

 

1004-1.jpg

WAREHOUSE/ウエアハウス

DD SERIES

[DD-1004]

1937 Model

 

1004-5.jpg

ベルトを巻いて穿くという現代的な穿き方を提案・確立するため、それまで存在していたサスペンダーボタンを省略し、ベルトループとバックルバックのみ備わる1937年モデル。

そんな当時の丁寧な縫製と荒々しい雰囲気を兼ね備えた’30年代を象徴する一本を再現しております。

極端な太さを感じさせないワイドストレートで、背面の太もも部分にゆとりのあるドレープが生まれるのが特徴的なモデルです。

 

1004-3.jpg

戦前の旧きよき時代感を象徴するバックルバック。

当時と同タイプの二本爪バックルを装飾まで忠実に再現しております。

 

1004-2.jpg

サスペンダーボタン時代の名残りでコインポケットの位置が高いのが特徴。

また歪な縫製仕様が当時らしさを醸し出します。

 

1004-4.jpg

13.5オンスのオリジナル生地(バナーデニム)を使用。

穿きこむ程に雰囲気のよい色落ちを生み出します。

このファブリックはテネシー州、テキサス州、アリゾナ州で栽培されたコットンをブレンドし、当時らしい自然なムラ糸を再現。

その糸を使い希少な旧式力織機G3が生み出すデニムは、まさにヴィンテージ同様の色落ちを生み出すのです。

そのためDD-1001XXはウエアハウスの定番モデルLot.1001のクラシカルモデルとして位置づけられます。

 

1004-6.jpg

オリジナルバラックバッグが付属する特典付きです。

 

DSC_4365.jpg

DSC_4369.jpg

今回御紹介のモデルは、全てワンウォッシュでの納品となりますので、ご購入されるその日に丈上げを実施しお持ち帰りが可能です。

1937年のモデルらしい、男らしさを感じるシルエットが気分を盛り上げます。

昨今までは細身シルエットのデニムが流行していたようですが、そんな中でもMUSHMANSのお客様はこういった男のストレートを好まれておりました。

やはりデニムといったら、このシルエットに回帰する訳です。

13.5オンスながら穿き応え充分なデニムファブリックは、後の荒々しい経年変化を約束する極上の肌触り。

画像の人物はサイズ32を着用、穿きこむ事でウエストは馴染みますので31でも問題ありません。

ただ、このサイズ感がシルエット的にも好きな感じですね。※個人的に※

 

 

 

 

続きまして、年代は進みます↓

1003SXX-1.jpg

WAREHOUSE/ウエアハウス

DD SERIES

[DD-1003SXX]

1943 Model

 

第二次世界大戦の統制により簡素化されて生まれた通称「大戦モデル」は、その後のジーンズのファッション化へ大きな影響を与えたモデルと言えます。

大戦時ならではの「歪さ」が最も良く顕れており、ウエアハウスの「DDシリーズ」を形容したようなモデルと言えるでしょう。

左右非対称になったバックポケット、センターセットながら、やや斜めに付けられたベルトループ。

 

1003SXX-5.jpg

フロント持ち出し下生地はオーバーロック処理がされない仕様など、ジーンズを裏返しても当時に遜色ない仕様が再現されているのです。

1003SXX-4.jpg

また、ポケットの袋布にはヘリンボーンツイルが代用され、それにともないバラックバッグも同素材を使用するなど、ミリタリーやPXなどを強く意識したパッケージになっております。

 

今回のLIMITED MODELは数量限定にてオリジナルペンキステッチを採用しているのが嬉しいポイント!

全てにおいて忠実な限定モデルとなっております。

 

DSC_4372.jpg

DSC_4375.jpg

腰まわりにゆとりがありながらも、テーパードしているモダンなシルエットも、実際にヴィンテージで存在していた奇跡的な一本を再現したモデル。

私も展示会時にその実物を目の当たりにしたのですが、見事な状態で保存された大戦モデルに胸踊りつつも、このモデルがいかに忠実に再現されているかも同時に目の当たりにしたのでございます。。。

多くを語らずとも、このモデルは素晴らしい作品なのであります。

画像の人物はサイズ32を着用、DD-1004同様サイズ31でもいける感じですが シルエットを考えて32かな?

6番×6番(14.5 Oz)メンフィスコットン単一綿の仕様となっており、相当な穿き応えのある生地が挑戦的。

これは早々にGETして、暑い時季からガンガン穿いてしまいたいですね!

※こちらのモデルは限定モデルの為、ペンキステッチ仕様が完売しますとペンキステッチ無しのモデルへ切り替わります。※

 

 

 

 

最後は王道のコチラを↓

1001XX-1.jpg

WAREHOUSE/ウエアハウス

DD SERIES

[DD-1001XX]

1947 Model

 

1001XX-4.jpg

大戦時の物資統制が終わり、ジーンズが隆盛を極める’50年代へと向かうモデルを忠実に再現しております。

淘汰されたディテールと復活するディテールがあり、無骨なワークウエアから洗練されたファッションウエアへと昇華するターニングポイントと位置付けられている年ともいわれており、最もデニムパンツの象徴的なモデルと言っても過言ではありません。

膝下から真っ直ぐに落ちた王道のストレートシルエットが特徴で、腰まわりにもゆとりがあるため、クラシカルでワイドな佇まいを醸し出す、男ならば確実に一本はおさえておかなければならない普遍的な定番モデルです。

 

1001XX-2.jpg

DD-1004と比べるとやや下に配置されたコインポケット。年代を追うごとに下がるのが特徴。

 

1001XX-3.jpg

巻き縫い部分は9/32インチ幅で縫製されるため、穿きこむことでヴィンテージと同様のアタリを生み出すという計算しつくされた縫製仕様。

一本針のミシンにて細かいピッチで縫製しているステッチ。エッジに沿い丁寧に縫製された時代観も再現しているという拘りよう。

二本針のミシンで縫製される飾りステッチは緩やかなカーブが特徴。イエロー綿糸を使っているのも再現率高しです。

 

1001XX-5.jpg

 

もちろんこちらもオリジナルバラックバッグが付属します。

 

DSC_4361.jpg

DSC_4363.jpg

ジーンズがワークウエアからファッションへと昇華する年と位置付けられている1947年。

無骨さと洗練されたシルエットが同居するバランスがヴィンテージジーンズ好きの中でも高く評価されているモデル。

シルエットの特徴は股上が深く、裾にかけて緩やかにテーパードする形状。

体型を選ばないパターンだけにヴィンテージ市場でも珍重される一本な訳ですが、やはり着用時の安心感を最も感じるモデルです。

生地はDD-1004と同様の13.5oz バナーデニムを使用しており、穿き応えはバッチリです。

画像の人物は例によってサイズ32を着用、シルエットの好みによっては31を選べる感じです。

 

 

 

DSC_4344.jpg

ヴィンテージ復刻の最強モデル。

 

ファッショナブルであるデニムもまた良い。

面白い着眼点のデニムも良いよね。

そして、ヴィンテージを追求したデニム。

これもまた、欲しくなってしまう訳でございまして。

 

 


Los Angels より 。

 皆様こんにちは、MUSHMANS代表の藤田です。
 

 

 入梅し季節は確実に夏へと向かっております。

気持ちの良かったカラッと晴れた夏日が終わり、日本特有のジメっとした夏日に切り替わってくる時季でございますね。
 

 

本日はLAより、待ちに待ったアイテムが入荷して参りましたのでお知らせさせていただきます。

昨年の9月から10月にかけて受注会を実施いたしましたLAの老舗サンダルブランド"SANDALMAN/サンダルマン"

約9ヶ月間の期間を要しまして、ようやく第一弾の入荷が始まりました。

そして、MUSHMANSが特別オーダーをかけていた別注仕様が全品納品となりましたので、本日はしっかりとご案内させていただこうと思います。
 

最高に良いタイミングで入荷が始まりました。

 

おそらくSANDALMANのパトリックとスコットはこのブログを見ていないだろうと思いますが(笑)

素晴らしい仕上がりで納品してくれた事に、心からのお礼を申し上げたいと思います。

おもいっきり日本語ですが。"ありがとう!!"
 

かなり余裕を持って早めにオーダーいたしましたが、やはりヒヤヒヤさせられるのがSANDALMAN(笑)

ただ、ギリギリ間に合わせてくれるのもSANDALMAN(笑)
良い意味で、好い加減なSANDALMAN。
 
いつまでも元気にサンダルを作り続けてくれる事を願わずにはいられません。
さて、このSANDALMANにつきまして初見のお客様は、私が渡米し取り扱いを始めた際のブログに詳しく記載しておりますので、是非過去のBlogを御覧いただければと思います。→ コチラをClick!!

 
このように、大量入荷しております。
殆どが皆様からオーダーいただいたカスタムオーダー品です。
この後も入荷がございますので、大変な数のオーダーをいただいておりました。
 
そして、ひとつひとつが異なる仕様。しかもかなり細かい指示をしておりますので
作る方は大変だっただろうと、改めて感謝の気持ちが湧いてきます。
※ちょっと"海の家"っぽくなってしまいましたね(笑)※

 
そして、MUSHMANS別注モデル!!
なんと6バリエーションと豊富なラインナップとなっております!!
が・・・
1モデルにつき、数足というかなりの少量生産ですので、予めご了承下さいませ。
それでは、御覧下さい!!

 
DSC_4004.jpg
サンダルマン特有の軽快な履き心地に、より経年変化をお楽しみいただける上質なマテリアルを使用したMUSHMANSだけのスペシャルエディションをご用意いたしました。
各モデル毎に極少量の限定リリースとなりますので、是非この機会をお見逃し無く!!
それでは、モデル毎に御紹介させていただきます。


 
DSC_3970-630.jpg
 
MUSHMANSでは様々なアイテムに使用しているマテリアル"BADALASSI CARLO"社のMinerva Liscio(ミネルバ リスシオ)を使用し、SANDALMAN定番型のBeach Wideを製作いたしました。
 
DSC_3971-630.jpg
BADALASSIレザー特有の美しい発色と経年変化、肌馴染みの良さを存分に感じていただける特別な1足です。
スタンダードな#501型ですので、安心感のある履き心地はそのままに、街で映えるオルテンシアブルー。
経年変化が進みますと、グリーン系の発色へと導かれ深みと味わい深い発色をお楽しみいただけます。
 
DSC_3973-630.jpg
オルテンシアに似合う配色は、やはりベージュ系色とのコントラストです。
アッパーステッチには生成り系のステッチを使用し、クッションソールにはFawn(ベージュ)を使用しミッドソールにはAlmond、アウトソールにもベージュ系を使用して全体の統一感を演出しました。
 
DSC_3975-630.jpg
フットベッドヒール部にはSANDALMANロゴとMUSHMANSロゴのダブルネーム仕様です。
 
DSC_3976-630.jpg
広めなアッパー部は、より高い装着感を生み出しております。
 
DSC_3978-630.jpg
アウトソールにはVibram#1321(CAMEL)を使用し、存在感のある重厚な仕上がり。
悪路での走破性も格段に向上するソールですが、しなやかで扱い易いというのが特徴です。


 
続いてはコチラ↓
DSC_3953-630.jpg
 先に御紹介いたしましたアイテムと同型の#501 Beach Wideを使用し、スタンダードなブラック仕様を製作いたしました。
 
DSC_3941-630.jpg
Nero(ネロ)はイタリア語でBlackを示すカラーネームです。
新品時はマットな印象を受けるレザーマテリアルでございますが、穿きこまれて行きますと格段に光沢が増して行き、より一層黒さが際立つマテリアルです。
レザー愛好家はブラウン系を選ばれるケースが多いですが、BADALASSIの場合はこのブラックでも充分経年変化をお楽しみいただけます。
 
DSC_3942-630.jpg
素材感を存分にお楽しみいただく為に、極めてシンプルな構成で製作しております。
その為長きに渡って活用いただく事ができるようになっております。
クッションソールにはBrown、アウトソールにはBLACKで印象を引き締めます。
 
DSC_3944-630.jpg
勿論、こちらにもSANDALMANとMUSHMANSのコラボレートの証である2ブランド刻印が入ります。
 
DSC_3945-630.jpg
アッパーレザーにはブラウンのステッチを施す事で、サンダル自体に立体感を演出します。
 

DSC_3951-630.jpg

アウトソールにはVibram社 PYRAMID SOLEと定番的な組み合わせとなっております。

極めて軽量な為、軽快に御使用いただけるソールでございます。


 

 

 

そして、コチラ↓

DSC_3991-630.jpg

発色美しいPapavero(レッド)と付属パーツ及びステッチをブラックに統一し、さらにはアウトソールにRipple Sole(シャークソール)を使用した、スパルタンな1足です。
 
DSC_3993-630.jpg
このPapaveroは新品時の鮮やかなレッドから、経年変化が進みますと赤黒く深い発色へと進んで行きます。
また光沢も大幅に増す事で、より濃色の赤色をお楽しみいただけるマテリアル。
夏だからこそ、少し遊んだ発色を楽しむ事が出来る訳でございます。
 
DSC_3994-630.jpg
ちょっと画像では解り難くなってしまいましたが、ソールの存在感もしっかりありますので 太目のボトムと合わせていただいても負けてしまうような事もございません。
 
DSC_3995-630.jpg
他モデル同様に、MUSHMANSとSANDALMANのダブルネーム仕様となっております。
 
DSC_3996-630.jpg
アッパーはブラックステッチがアクセントとなってシャープな印象を。
合わせて鼻緒のナイロン部分も同様にブラックカラーをチョイスしております。
 
DSC_3998-630.jpg
存在感が素晴らしいRIPPLE SOLEは、SANDAL MANで使用可能なアウトソールの中で最も重量がありますが、この存在感を得られるのであれば少々の履き心地の重さは我慢できるかな?って感じの存在感でございます。
 
ここまでは#501 Beach Wideをベースとしたカスタムモデルでした。

 
ここからは他のモデル↓
DSC_3985-630.jpg
MUSHMANSにてBADALASSIレザーを使用した際に最も人気のあるカラーがこちらのCognac(コニャック)でございます。
大幅な経年変化が楽しめるこのカラーは、とにかく飴色へと変色が進むレザーです。
特にフットベッド等の常に触れる部分の変化は著しく、レザー愛好家垂涎のレザーです。
 
DSC_3986-630.jpg
この#3は複雑に入り組んでいるように見える編み込み型のサンダルですが、実は単純な構造であるため装着感も良く人気のモデルです。適度なホールド感と軽快感をお楽しみ下さい。
 
DSC_3987-630.jpg
こちらのカラーには付属パーツにベージュ系が良く似合います。
CUSHION SOLEにNatural、MID SOLEにAlmondを、アウトソールにはVibram PYRAMID SOLEのCoffeeを使用。
全体的にバランスの良い配色となっております。
 
DSC_3988-630.jpg
DSC_3989-630.jpg
太い帯と細い帯の組み合わせで構成されており、勿論裏貼りもしっかりとされておりますので装着感も良好です。
ステッチカラーをベージュにしておりますので、アクセントも効いておりまして高級感も高い次元で演出されております。
 
DSC_3990-630.jpg
軽量Vibram PYRAMID SOLEによって、日常でハードユースしていただける仕様となっているもの嬉しいポイントですね。


 
さらに↓
DSC_3979-630.jpg
こちらのカラー、Cognac(コニャック)と人気を二分するカラーと言っても過言ではない人気色。
オリーブ色にも見えますが、BADALASSI社的にはグレーの発色なのがこちらです。
ベジタブルタンニンレザーならではの、茶色味が強く浮き出してくる経年変化が特徴で、このカラーは最終的にブラウン系の色合いへと変化します。 
一度このレザーを使用しますと、虜になってしまうお客様が多いカラーです。
 
DSC_3980-630.jpg
独特な発色感はシンプル構造のサンダルとの相性が良いと判断しましたので、素材感が生きる"Toe Loop"を採用しました。
 
DSC_3981-630.jpg
経年変化と共に向かうブラウン色を見越して、ソールパーツはブラウン系を選択しました。
日差しのキツイ夏シーズンを一度越えていただくと、かなりシブい印象へと変化している事でしょう。
 
DSC_3983-630.jpg
DSC_3984-630.jpg
ステッチカラーにはエンジ色を選択。 この配色はMUSHMANS Leather ItemsのWALLET等に準じたステッチカラーとなっておりまして、美しい配色感を楽しんでいただけます。
 
DSC_3982-630.jpg
Vibram PYRAMID SOLE "Chocolate"を使用して、全体の調和を図っております。


 
最後はコチラを御紹介して終了となります。↓
DSC_3957-630.jpg
爽やかな印象と味わい深い発色が人気のBiancoを、造作が美しいWeaveと組み合わせたモデルです。
使い勝手が良く、ソックスを履いたままでも着用可能なWeaveは様々なお客様から支持されているモデル。
 
DSC_3958-630.jpg
全体的にホールド感の高いモデルですので、長時間の歩行が苦にならず 編み込みの雰囲気も細かすぎず粗すぎないバランスの良いデザインとなっております。
このデザインに合わせるBiancoは、新品時は透明感のあるオフホワイト色でございますが、経年変化とともにアイボリー色へと変化してきます。
汚れ・・?そんなものを気にしていてはいけません。
ガンガン履いて気兼ねなく使ってみてください、味わい深い変色は革好きの貴方なら思わずニヤリとしてしまう変化となる事でしょう。
 
DSC_3960-630.jpg
ソール関係もベージュ系に纏めておりますので、変化が進めば進むほどに調和が取れてくる事でしょう。
 
DSC_3963-630.jpg
DSC_3964-630.jpg
この編み込みバランスが計算され尽くされており、適度なストレッチ感とホールド感を両局面で実現しております。
長きに渡って愛されるモデルは、簡単に作られているように見えて テクノロジーが詰め込まれているものなのです。





 
DSC_4005.jpg
ここまで御紹介させていただきました6モデルが
今回MUSHMANSでストックされる別注アイテムとなります。

このブログを製作するのに少々時間を要してしまいまして
土曜日の営業と平行して準備いたしましたので
既に完売となってしまったサイズが出ております。
 
かなり少量でのご用意でございます為
オンラインショップ上でサイズが掲載されていない
若しくは、SOLD OUTの表記となっている場合は
次回の入荷予定はございませんので、予めご了承下さいませ。
 
サイズに関して不明点や、商品に対するお問い合わせは
メール若しくはお電話でお気軽にお問い合わせくださいませ。


 
本当に細かく指示書を作りましたので
製作は大変だったと思います。
これを実現してくれた事に感謝しかございません。
そして、来年も変わらずお付き合いしていただければと願っております。




 

PIKE BROTHERSより 新作アイテム入荷のお知らせ!!

 皆様こんにちは、MUSHMANS代表の藤田です。

 

月曜日から昨日水曜日まで2泊3日で"MUSHMANS MC東北アタックツーリング"を敢行して参りました。

過酷な3日間でございましたが、心身ともに健康になって帰ってこられたような気がします。

MUSHMANS MCの愉快な仲間達との珍道中(笑)、面白ネタは尽きる事無く。

最高の仲間との、極限のロングツーリングは最高でした。

土産話は沢山ございますので、週末は是非遊びにいらして下さいませ!

今回はスケールが違います(笑)

 

一般的に生活を営むうえで不必要とされる事に対してここまで熱くなるという事が、この歳になってもまだまだ出来ている事に感動。

そして、それをやらせてもらえている現状に感謝。

さらに、それを共有できる仲間に感慨無量である。

 

今回の旅の最北端。

竜飛崎での一枚。

今回は3日間を通して天候に恵まれ、美しい東北六県を肌で感じました。

 

さて、夢のような三日間から生還しまして店舗に戻って参りましたので、本日からガンガン行こうと思います。

と、、待ちに待っておりましたアイテムが入荷しているではございませんか!!

これは即御紹介しなければいけませんネ!!

 

先日、取り扱い再開のご案内をいたしました"PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ"ですが、存在は知っていたけれども売られている所が無かった為手に入れられていなかったお客様や、既にお持ちで新品が再度欲しくなっていたお客様など、大変多くのファンがいらっしゃったのだと、再入荷させて良かったなぁと感じております。

 

 

 

 

そして、今回新作の入荷です!

DSC_3802-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1908"Miner Pants"14oz Hemp Denim

 

1800年代のゴールドラッシュ時に隆起したオーバーオールは

1900年代初頭になるとデニムパンツとして受け入れられるようになります。

デニム創生時代とも言える1900年代初頭のデザインを取りいれ

PIKE BROTHERS的な味付けを行ったのが、ここで御紹介するアイテムです。

 

DSC_3804-630.jpg

DSC_3810-630.jpg

DSC_3812-630.jpg

DSC_3805-630.jpg

その時代の典型的なディテールであった

ダブルニー/シングルヒップポケット/ハンマーループ/サスペンダー釦

そして、コットン50%/麻50%の混率で織り上げられた粗野なファブリック。

その全てを再現しております。

 

DSC_3809-630.jpg

この荒々しいファブリックの経年変化は、将来的にどうなって行くのか?

まず間違いなく期待を上回るであろう事は容易に予想できますが

今から楽しみで仕方ないファブリックでございます。

 

着用感はこのようになります。

画像の人物はサイズ31を着用。

勿論ノンウォッシュ(未洗い)状態で穿き始めました。

右側一箇所のヒップポケットが中々にオールドなテイストを醸し雰囲気良し。

無骨なライダース等と合わせていただいても良さそうですね。

 

綿麻50%/50%のファブリックは14ozと言えどもガッシリしております。

ですが、麻の混率も多い為 カラッとした雰囲気が気持ち良いです。

これもオールシーズン活用出来そうですね。

 

このザラついた感じは、経年変化も同様にザラついた雰囲気に

変色が出る事でしょう。

楽しみです。

 

 

サイズに関して

今回御紹介しておりますアイテムはCHOPPER PANT・ROAMER PANT同様

ファブリックに防縮加工が施されておりますので

洗濯時、自然乾燥ではウエスト/レングス共に2.5cm程度の縮みとなります。

その為、リジットから着用いただいてもそれほどユルいといった印象にはなりません。

PIKE BROTHERSが勧める、リジットスタートを是非お楽しみ下さい。

裾上げに関しても縮みを考慮したうえで作業いたしますので、お申し付け下さいませ。

 

 

よーし!今月も走り抜けるぞー!!

 

 


今年も入荷しております!

皆様、こんにちは。

本日から、代表藤田はMUSHMANS MC 東北アタックツーリングで不在ですが、MUSHMANSは元気いっぱいに営業しておりますので、皆様のご来店お待ちしております!!

 

1週間前の予報では雨でしたが、MC達の日頃の行いのおかげで(笑)、本日初日は見事晴れ!

帰還予定の水曜まで天候がもちますように。

誰一人、怪我なく帰還できますように。

 

さて本日も暑いですが、昨夏のリリースで好評がございましたTwo Moonより、ポロTが入荷してまいりましたので、

ご紹介させていただきます。

 

 

DSC_3719-630.jpg

 

Two Moon

Polo Tee[20187]

(コロラドレッド/オフホワイト/ピーコックグリーン)

 

20187rd-630.jpg

コロラドレッド

 

20187wh-630.jpg

オフホワイト

 

20187grn-630.jpg

ピーコックグリーン

 

 

 

希少なジンバブエコットンを使用し、シンプルなポロTeeを製作。

 

アフリカ産ジンバブエコットンは無農薬で栽培され、手摘みで収穫されます。
手摘みのコットンは傷が少なく、長い繊維と短い繊維を選別しないでそのまま糸を作れるので、

コットンの持つ自然な風合い、ムラ感のある表情が特徴的です。


素材の質感を生かすためにディテールはシンプルに。。

 

 

DSC_3731-630.jpg

 

ポロシャツには珍しく、台襟が採用。
襟、前立ても全て同素材で成り立つよう台襟を付け、襟や前立ての構造を工夫しています。

前立ては生地を二重にしているので、高い強度を保ちます。


全てのボタンを留めて着用してもサマになるポロTee。

ですが、オープンで着用しても開き方がキレイに見えるは台襟があるからですね。

 

また襟が小ぶりなので、フロントをオープンにしても

スッキリ着用いただけます。

 

 

DSC_3728-630.jpg

よくあるポロシャツに見受けられますサイドベンツやロングテールも廃し

シンプルに仕上げておりますが、

アクセントに左サイドに閂止めとして

赤ステッチで補強しています。

 

今夏は鮮やかながらも落ち着いた色合いの3色の展開。

色褪せたデニムやショートパンツなどと合わせてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 


STETSON より入荷です!

 皆様こんにちは、MUSHMANS代表の藤田です。

 

まず始めに。こちらのブログですが、従来の絵文字機能が終了したようです。

まあ、無いなら無いで全く困らないのですが、文章中に絵文字が無いとちょっと不機嫌な印象も受けられるかもしれませんし、全く気にならないかもしれません。

今まで使用しておりましたので、先にお断りをと思いましてのご挨拶です。

文章中の喜怒哀楽やニュアンスを絵文字に頼ってしまうのは文章力の低下に繋がるものもございますので、個人的には良い機会かと思います。無くなってくれれば使えないわけですからね。

 

それでは、本日はアメリカより入荷しましたアイテムの御紹介です。

 

DSC_3704-630.jpg

STETSON/ステットソン

Retro Genuine Panama Hat

 

MUSHMANSでも定番のハットブランドとして定着しました米"STETSON/ステットソン"社のパナマフェドラハットが入荷して参りました。ただ、こちらはMade in MEXICOとなりますので比較的お買い求め易い価格帯のアイテムです。

Made in MEXICOながらハットブランドの老舗らしくその作り込みはしっかりとしておりますので、手にしていただきますと良質さを感じていただける事と思います。

 

 

STETSONとは。

1830年、「John B. Stetson(ジョン・ビー・ステットソン)」は、ニュージャージー州でハット作りを営む家系に生まれ、ハット作りの基礎を自然に学んでいきます。南北戦争の軍に志願するも健康上の問題で参加できず、フロンティアを目指し西へ向かうことが、彼の人生に大きな切欠を生み出します。雨風の過酷な環境の中での旅を実体験することで、如何に快適に過ごせるかを考え、撥水性のあるハットを作り出します。そのハットをカウボーイが高価な値段で購入したことが、全ての始まりになりました。1865年、東へ戻り、ハットメーカーがひしめくフィラデルフィアでJohn B. Stetson Company(1865−1970)を設立。南北戦争も終焉を向かえ、西へと広がる大きなビジネスのうねりをいち早く察知したステットソンは、丈夫で長持ちするウエスタンハットを西へ送り込み、瞬く間にアメリカン・ウエストのアイコンとして認知されていきます。現在でもウエスタンハットの代名詞的ブランドとしてカウボーイ達から絶大なる支持を得ているステットソン・ハットは、テキサス州を拠点にMade In U.S.Aのクオリティーハットを製作し続けています。

 

DSC_3705-630.jpg

DSC_3709-630.jpg

シンプルなCenter Dentのフェドラハットですので、様々な夏のコーディネートにマッチします。

 

DSC_3706-630.jpg

DSC_3708-630.jpg

細幅のリボンとなっており、かなりカジュアルな装いにもマッチするのが嬉しいところですね。

マテリアルにはトキヤ草を使用した本格的なパナマハットですので、麦わらのハットとは一線を画す風格を感じていただける事でしょう。

この肌触りの良さはトキヤ草で編まれている事から生まれるもので、密度が高く繊細な印象を受けつつも充分な強度を持っている為耐久性にも優れております。

外観の高級感も満足度が高く、長くご愛用いただくに相応しいものとなっておりますね。

是非、この夏の相棒にひとつご用意くださいませ。

 

DSC_3597-630.jpg

着用感はこのようになります。

画像の人物はサイズLを着用しております。

スタンダードなワークスタイルでもマッチしますし、サマージャケット等のコーデにも

活用出来るトラディショナルなアイテムでございます。

 

サイズ

M・・・56.5cm

L・・・58cm

XL・・・61cm

※若干の個体差がございますので、予めご了承下さいませ。※

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


待望の再始動!!PIKE BROTHERS!!DENIM PANTS 2型入荷です!!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

月日の経過というのは早いもので、4年なんていうのは物凄いスピードで経過してしまうものでございます。

何故突然そんな事を言い出したのかと申しますと、あのブランドが帰ってきたからです。

 

そう、今から遡る事4年程前にMUSHMANSで一世を風靡したドイツのブランド。

 

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

 

時というのは儚く流れて行くもので、そのスピードと状況の変化は著しいものがございます。

刻一刻と状況が変化し、こうやって日々"モノゴト"を続けるという事だけでも神のご加護であると感じる事が多くあります。

 

人々に認められていても、それでも続ける事が困難になってしまうという事は、これまた多くある事象でありまして。

このPIKE BROTHERSも数年前に一世を風靡しながらも、取り扱いが困難になってしまうという事態になりました。

ドイツ本国でブランドが無くなった訳ではありません、それ以外の要因でそうなってしまったのです。

 

この度、このPIKE BROTHERSブランドの再始動を実現でき、私個人的にも大変嬉しく感じております。

数年前とは少々状況が異なるものの、数年のブランクの間に新たなアイテムも多く生まれております。

まず手始めに、これから御紹介いたします2型の定番デニムと新作デニムを御紹介いたします。

 

少し懐かしく感じる方も多いでしょう。

今でもご愛用いただいているお客様のPIKE DENIMを時折拝見いたしますが、物凄い経年変化を遂げております。

いざ再始動。

どうかジックリと御覧下さいませ。

 

 

 

DSC_3614-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1936"CHOPPER PANTS"

11oz METAL

 

DSC_3618-630.jpg

DSC_3622-630.jpg

 

こちら、既に所有されている方も多いでしょう。

過去何百本販売したか定かではない程の、超人気アイテムとなった1936"CHOPPER PANTS"の再入荷でございます。

コストと労力を省みず、他に類を見ないファブリック。
11oz セルビッジDENIMを使用したワークパンツです。
スッキリとしたシルエットながら、しっかりと裾幅のある男らしいシルエットと頑ななまでに作りこまれたディテール。
様々なモノと出会い、様々なモノを使ってきたからこそ、このアイテムの素晴らしさを感じる。
そんな逸品でございます。
Chopper=キコリ
という事で、右サイドにはルーラーポケットが装着されていたりと、背景もしっかりと演出しております。
縫製糸に関しても、かなり太番手のステッチワーク。
亜鉛仕上げのシンチバックのバックルとボタン。
ポケット・ループ・シームエンドには、へヴィーバータック仕様と細かい部分も抜かりなしです

 

DSC_3615-630.jpg

DSC_3616-630.jpg

DSC_3619-630.jpg

DSC_3620-630.jpg

 

既に数年ご愛用いただいている方からは、そろそろ今の色落ちしたアイテムは保存しておいて新品を穿き始めたいというご要望も多くいただいておりました。 遂にその時が来ましたよエクステンション

 

DSC_3623.jpg

Die House mindestens 4-6 Monatetragen,ohne sie zu waschen.(ドイツ語)
''洗濯することなく、少なくとも4〜6ヵ月の間は このデニムを着用せよ。''

 

おお嬉しい このタグも健在ですね。

当時皆様こぞってリジット状態から穿きはじめ、誰が最初に洗うのか

牽制し合っていた記憶が甦ります(笑)

こういう楽しみ方って、いつの時代も変わらないものです。

 

 

 

私の私物もかなり良い感じに経年変化しております↓

DSC_3625.jpg

DSC_3629-630.jpg

DSC_3628.jpg

11oz METAL ファブリックは独特の色落ちを楽しんでいただけます。

少々グリーンがかった退色が特徴的。

これから暑い時季なのですが、この時季が一番色落ちする時季です。

この秋に良いアタリが出ていて欲しいという貴方は、是非今から穿きはじめるべきです。

 

DSC_3580.jpg

DSC_3584.jpg

昔からMUSHMANSをご愛顧いただいておりますお客様はご存知かと思いますが

初めて御覧いただくお客様もいらっしゃいますので

着用画像を御覧いただきましょう!!!!

画像の人物はサイズ31を着用。

既に数年着用してきたCHOPPER PANTSのシルエットは美しいの一言。

多くのファンが付き、多くの方々から御支持をいただいたシルエットです。

比較的広い裾幅はパイプドステムとなっており、膝からテーパー無しの

男らしいシルエットを実現します。

ただ、裾幅が広いといってもヒップ廻りのシルエットはスッキリしておりますので

ただただ太いという印象のパンツではございません。

非常にバランスの良いシルエットなのです。

 

懐かしいブログを発見しました↓

コチラ

穿きはじめから半年が経過した時の状況を報告しております。

ブログ最下部には仲むつまじいご夫婦の姿が。

今では可愛いお子様も仲間入りし、幸せに過ごされております。

時の流れは美しく経過しております。

 

 

 

 

続いてはMUSHMANS初登場のモデルを御紹介いたします↓

DSC_3601-630.jpg

1937"ROMER PANTS"

14oz BLUE BLACK

 

DSC_3603-630.jpgDSC_3608-630.jpgDSC_3610-630.jpgDSC_3612-630.jpg

1930年代に見られる5ポケットデニムパンツの特徴を

PIKE BROTHERSならではの視点で再現したモデルがこちら。

30年代と言っても、比較的スッキリしたシルエットで作りこまれているのが特徴。

 

深めの股上にバックルバック仕様となっております。

 

DSC_3606-630.jpgDSC_3607-630.jpg

特に特徴的なのが、このファブリックの発色ですね。

ブルーブラックと呼んでいるこのカラーは、名称通り極めて黒いインディゴ色となっており

はっきり言ってこの先どのような経年変化となるのか?

私共にとっても未知数なファブリックを使用しております。

この感じですので、新品時はインディゴが手に付着する程の色落ちとなる事でしょう。

Mister FreedomのMID NIGHT DENIMみたいな、そんな感じでしょうか?

裏返して見てみると、かなり茶色味の強い糸を使用している事がわかります。

経年変化の方向性も、CHOPPER PANTSのグリーン系とは異なり

こちらはブラウン系の色落ちをお楽しみいただく事になるでしょう。

 

DSC_3572.jpg

DSC_3575.jpg

着用いたしますとこのような感じです。

画像の人物はサイズ31を着用。もちろんリジットで穿き始めます。

シルエットに関して言えば、いたってスタンダードなストレートデニム。

男らしさを残しつつ比較的スッキリとしたシルエットです。

こちらも14ozのスタンダードなファブリックでございますので

真夏でも着用いただける生地感です、御安心くださいませ。

 

 

 

 

サイズに関して

今回御紹介しておりますCHOPPER PANT・ROAMER PANTともに

ファブリックに防縮加工が施されておりますので

洗濯時、自然乾燥ではウエスト/レングス共に2.5cm程度の縮みとなります。

その為、リジットから着用いただいてもそれほどユルいといった印象にはなりません。

PIKE BROTHERSが勧める、リジットスタートを是非お楽しみ下さい。

裾上げに関しても縮みを考慮したうえで作業いたしますので、お申し付け下さいませ。

 

 

 

 

最後に入荷してから相当の月日が経ってしまったブランドのアイテム。

それだけ空白の期間が長かったのであるけれども

しっかり愛用してくれいているお客様が多かったアイテム。

それというのが、ある意味本物なのかと思う訳で。

 

またジックリと、このブランドと付き合っていきたいと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


夏到来を前に揃えたい"夏シャツ"特集! No.03

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド
 

 

MUSHMANS MC 東北アタックツーリングまで一週間を切りまして、天候の心配が尽きない今日この頃でございます。

少しずつ着実に準備して参りましたが肝心のバイクが・・最後の最後で持病のオイル漏れが再発してしまい、只今緊急入院中でございます・・・

どうにかならないものかと、、ちょっとした悩みでもございます笑
 

 

そろそろ入梅の声も聞こえてきまして、朝晩の冷え込みも少なくなって参りました。

まさに夏に向かう準備の最終段階に入った感もございます。
 

今年はどんな夏になるんだろう?とワクワクしつつ、新作夏物の御紹介をさせていただきます。

 

"夏シャツ"特集という事で、No.01No.02をお届けいたしましたが、本日も続編でございます。

今回御紹介するのは、昨年からスタートしましたWear Mastersの新たな方向性のレーベル【ART traction/アート トラクション】からの新作Shirtsを使用して御紹介させていただきます。

 

 

DSC_3507.jpg

ART traction/アート トラクション

L/S Rayon Shirts

"DRIFTWOOD"

 


TwoMoon/トゥームーン

Westpoint Work Pants

 
感性に響くデザイン、圧倒的な存在感を演出する構成と配色ながら、とてつもなく落ち着いた印象を感じてしまう洗練されたデザインシャツの世界を構築するARTtractionのラインアップ。
今年も同様に、その不思議な世界観を見事に演出しております。
まず御紹介する、こちらの"DRIFTWOOD"はまさに流れを感じるデザインが存在感を放出しております。
だからと言って高圧的な見え方にならないところが、このコレクションの面白いところでございます。
こちらの素材はレーヨンフジエット、経糸に細くて強いレーヨンフィラメント、緯糸にはなじみの良いレーヨンスパン糸を掛け合わせた織物です。シルクのようなしなやかさを持ちながら、肉厚でしっかりとしたオリジナルファブリック。
Two Moonの定番パンツ"Westpoint Work Pants"の均整の取れたシルエットを上手く利用し、落ち着いた柄シャツコーデを達成しましょう。Shoesもシンプル且つ軽快なPlain Toe Shoesを着用し、一歩上質な雰囲気を演出してみて下さい。
※画像の人物はシャツをサイズM、パンツをサイズ31で着用。※


 
DSC_3510.jpg

ART traction/アート トラクション

S/S Rayon Shirts

"SPIDER WEB"

 


FULLCOUNT/フルカウント

1953Model

0105W

 


このスパイダーウェブ柄、その柄の大きさといい、配置感覚といい、極めてバランスの取れたデザインが個人的にとても気に入っている柄でございます。また発色も絶妙で、薄桃色と小豆色のコントラストが美しいです。

若干"和"を感じる部分がございますが、これはレーヨン縮緬(チリメン)によるもので、撚りの無い経糸と、強い撚りをかけた緯糸で織った生地をそう呼びます。表面に現れる凹凸状のシボがこの織物の特徴で、日本発祥の生地とも言われております。

しっかりとした着応えをも感じられますが、生地自体に凹凸がある為肌に張り付かない為、多湿な日本の気候にもマッチします。

夏でも穿けるDENIM PANTSの決定版、FULLCOUNTの定番パンツ0105Wとサンダルマンのサンダルでのコーディネートは、夏の定番スタイルですね!

※画像の人物はシャツをサイズM、パンツをサイズ32で着用。※


 

 

 

 

DSC_3516.jpg

ART traction/アート トラクション

L/S Rayon Shirts

"SPIDER WEB"

 


FULLCOUNT/フルカウント

WWII MODEL(LIMITED EDITION)

【25TH ANNIVERSARY ITEM】[1100EX_17]

 


こちらは先に御紹介したモデルのLong Sleeveモデルです。

ロングスリーブになるだけで雰囲気が一変するのが面白いところですね。今時季はまさに活用いただけるシーズンでございますが、夏が過ぎ秋の到来とともに、レザージャケットのインナーに用いてもかなり良い雰囲気で着用いただける事と思います。

ボトムにはFULLCOUNTの限定、大戦モデルを用いてワイドシルエットを楽しみましょう。

※画像の人物はシャツをサイズM、パンツをサイズ32で着用。※


 

DSC_3503.jpg

ART traction/アート トラクション

S/S Rayon Shirts

"WAVE"
 

 

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

CHOPPER PANT[PB1-003]

INDIGO

※近日再入荷予定※
 

 

最後に御紹介いたしますのは、発色豊かな"WAVE"文字通りの波をイメージしつつ、作者の波動をも感じるデザインをお楽しみ下さい。 多色使いながらコーディネートし易い発色のカラーを使用し、落ち着いた印象をも感じる事ができるデザインですね。

人間のマインドに作用し活力を生むような錯覚さえ感じてしまうデザインというのは、ありそうで無かったものです。

活動的になれる夏だからこそ纏いたいそんなシャツでございます。

素材には最上部で紹介したデザインの物と同様の素材を使用しております。

また、ボトムには近日再入荷予定となっているドイツのブランドPIKE BROTHERSのデニムを着用。

荒々しく経年変化が進んだボトムとの相性が良いコーディネートでございます。

※画像の人物はシャツをサイズM、パンツをサイズ31で着用。※




 

 

 

 

 

大人な柄シャツ。

揃っております!




 

 

 

 

 

 

 

 


週末の出来事。

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド
 

 

週末は早朝ツーリングを企画いたしまして、AM3:00頃からMUSHMANS MCの面々と走りに行って参りましたバイク

それにしても早い出発時間なのでございますが、MUSHMANS店舗の開店時間までには大凡300kmの行程を走破しなくてはならない為の出発時間。 この時間に付き合ってくれる仲間がいる事も嬉しいですね手


埼玉県の奥地にあるダム3つを制覇し帰ってまいりました笑

気の置けない仲間達との無言の駆け引きは、バイクツーリングならではの面白さがあります。

今後は定期的にダム狩り早朝ツーリングを実施しようと思っております。

MUSHMANSの開店時間11:00までに帰ってこれる範囲内のダム制覇を目指しましょうエクステンション
 
黒部ダム位までだったら帰ってこられるかな?? 何事もチャレンジなのでやってみましょう太陽

 
S__42475525.jpg
S__42475524.jpg
下久保ダムで朝日を拝む。

 
S__42483714.jpg
合角ダムでひと休み。

 
S__42483723.jpg
S__42483721.jpg
浦山ダムで完全に明るくなりました(笑)
ハットトリック達成。

 
"人類と自然の対峙"を感じるダム。
ゾクゾクする感覚に陥るのが昔から好きです。

ここから帰路について、10時にはMUSHMANSに戻れます。
11時には店頭に立って営業出来ますので、一日が物凄く長い訳です。
終盤フラフラになりましたが、楽しかったのでその辛さも乗り切れます!
来月はどこのダムを狩るのか、そして駆るのか? 超早朝ツーリングを体感してみたい方はご連絡下さい(笑)



 
そうそう。

私の着ていたのが、ファーストサンプルの未完成モデルでしたので
最近、完成型が着たくて新品をおろしました。
まだバイクに2度程しか乗れていない、ほぼ新品の状態ですが
週末のツーリングで中々に良い味が醸されてきました。
ヘタに水に漬けたりしてエイジングさせるより、ちょっと過酷なツーリングで
着用するだけでイイ感じに変化します。
※走る機会がないならばお付き合いいたします(笑)

 
只今欠品中のサイズも予約を受け付けておりますので、是非ご検討中のお客様が
いらっしゃいましたら、この機会によろしくお願いいたします。
サンプルのお貸し出しも可能ですので、ご希望の際はお申し付け下さいませ!

 
バイク乗りの皆様、ライダースを下ろすなら少し暑い今時季が最適です。
最も経年変化するのがこの季節ですよエクステンション


 

 

 

 


| 1/91PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode