COLIMBOより!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

 

ようやく冬に入った感じがします。
 

空気がキレてきている感じがとても待ち遠しかった。

やっと俺の季節到来といった今日この頃。
 

 

この気候になってくると、バイクに乗るのも大変なのですが、その厳しさがまた最高に楽しいんですよね。

2018年を締めくくるMUSHMANS MCの夜間走行は"12月22日(土) 20:30〜"を予定しております。

参加されたい方、MUSHMANS店舗でお問い合わせくださいませ。

 

 

 

そんな、一気に気温が低下したこの頃、COLIMBOから久しぶりに復活したアウターが入荷して参りました↓

 

630.jpg

COLIMBO/コリンボ

FORESTER COAT

[ZT-0137]

GRAY

 

 

630-2.jpg

COLIMBO/コリンボ

FORESTER COAT

[ZT-0137]

NAVY

 

 

COLIMBOブランドの代表作とも言える"FORESTER COAT"でございますが、ここ数年リリースされておりませんでした。

毎年カムバックのお声をかなりいただいておりましたが、ようやく本年復活する事となりました。

ブランド設立10周年という事でのアーカイブ的なコレクションとなっております。


 

 

zt0137gry-1-630.jpg
 

 

zt0137gry-3-630.jpg
 

 

zt0137gry-4-630.jpg

基本的なアウターシェルはヘヴィーなウールメルトンを使用、さらにライニングとメルトンの間にはウインドプロテクトフィルムをインサートし防寒性能だけでなく、防風性能も向上させております。

二重構造のヨークやデタッチャブルフード、前身頃にはタフなシーンでの使用を想定してヴィンテージオックスファブリックを貼り合わせる等、過剰とも言えるディテールを採用しているのも嬉しいポイントです。


 

 

zt0137gry-6-630.jpg
 

 

zt0137gry-5-630.jpg
 

 

zt0137gry-8-630.jpg
 

肘当てにはゴートスキン(山羊革)を装着し、質実剛健さは最強。

ハンドウォーマーポケットとZipper付きポケットの両方が装着されており、文句の付けどころは無しです。

背面は大型ハンティングポケットとなっており、当初の使い方とは異なるものの、ちょっとした書類位なら余裕で入ってしまう優れものです。


 

 

zt0137gry-9-630.jpg
 

 

zt0137gry-10-630.jpg
 

ライニングにはコットン100%のムラチノクロスを使用し、着用感は軽快です。

内コインポケットの装着など、細かい箇所にも拘りを感じるディテールをお楽しみ下さい。



 

 

 

DSC_0183.jpg

それでは着用感を御覧下さい。

着用カラーはGRAY

画像の人物はサイズMを着用。

同ブランドにしては、ややゆったりとしたサイズ感になっておりますので、いつもCOLIMBOアイテムはワンサイズアップを選ぶという方はご注意下さいね。

こちらのコーディネートは少し細めのテーパードデニムと合わせてみました。

ボトムをスッキリさせてもバランス良く仕上がるところが、流石COLIMBOと言ったところでございます。


 

 

 

DSC_0171.jpg

こちらはより粗野な雰囲気でコーディネートしました。

着用カラーはNAVY

サイズMを着用しております。

太めなシルエットのリブパンツとの相性も抜群で、コーディネートの懐が深い事がうかがい知れる仕様ですね。

"FORESTER COAT"のネーミングにマッチしたコーディネートをお楽しみ下さい!


 
630.jpg
630-2.jpg
作者の思い入れを感じるアイテム。
販売する側とそれを購入される側
この両者が適正であると感じる
プライス設定。
毎年新鮮なコレクション。
 
これを10年間変わらず維持し続ける事の難しさ。
それは中々達成しえない事であるが
このブランドは、確実に顧客満足度の高いプロダクツを生み出しております。

これからも長いお付き合いになりそうです。

10周年おめでとうございます。



そして今週末↓
logo[1].png

Lightning×CLUB HARLEY
INAZUMA FESTIVAL
2018 Winter
12月16日()
9:30〜16:30

お台場特設会場

 

イベント当日MUSHMANS実店舗は臨時休業となります。

 

予めご了承下さいませ。




 

 

 

 

 

 

 

 

 


Two Moonよりサーマルが入荷しております!

皆様、こんにちは!

ここ数年夏が長く、秋を感じられる日が短い中で冬を迎えておりますが、

12月だというのに、ぽかぽか陽気が続いて、今年は季節の節目がなかなか感じられませんね。

せめて入荷のご案内だけでも冬を感じていただけましたらと、本日はTwo Moonのサーマルをご紹介させていただきます。

 

季節ごとにON TIMEで入荷してきますのが、Two Moonでございまして、

この時季にはサーマルがあがってくるので、重めのアウターもほぼ店頭にラインナップされ、冬のアイテムが充実します。

今年はどれにしようかなと、毎日陳列しながら欲望との戦いとなるワケです笑

今年は暖冬と言われておりますが、暖冬が予想される年は雪が多く降るそうです。

皆様、暖冬だからと甘く見ず、冬への備えをしっかり準備しましょう!!

 

 

DSC_9813-630.jpg

Two Moon

L/S サーマル両V Tee[26508NEW]

ブラック/ピンク/アズキ/杢グレー/オートミール

 

26508bk-2-630.jpg

ブラック

 

26508pnk-2-630.jpg

ピンク

 

26508az-2-630.jpg

アズキ

 

26508gry-2-630.jpg

杢グレー

 

26508oat-2-630.jpg

オートミール

 

今年は上記の5色で入荷しております。

お馴染みのオートミールやブラック、杢グレーは

今季は定番色のステッチカラーに戻っています。

個人的には遊び心のあるステッチカラー好きだったんですが…

と申しましても、着心地の良さは変わりませんので、ご安心を!!!

 

上質なオールドサーマルを使用した両V付きロンTee。

古い織機でしか作れないオールド感のある伸縮性と保温性に優れたサーマルです。

サーマルのゴム編みのような構造は伸縮性と復元性に富み、

ストレスの無いフィット感と『洗濯するともとに戻る』耐久性が特徴です。

タイトな身幅ですが、丈は長めに作られています。

しゃがんでも、背中が見えて寒いなんてことはございません!

縫製(フラットシーマ)を生かしたデザインは頑丈さも兼ね備えています。

 

ハニカム構造のサーマル生地は伸縮性に富み、堅牢さを持ち合わせます。
また、生地自体に凹凸があり、部分的に身体に接触する部分とそうでない部分が出来ます。
これによって身体と衣服の間に暖かい空気の層を作り出し、冬季の体温低下を防ぐ事となります。
コットン100%で編みたてられたハニカムサーマルは、肌触りの優しさと安心感を得る事が出来ます。

 

ここMUSHMANSで取扱いのあるサーマルの中では一番優しく柔らかい着心地です。

 

 

脇の部分はガセット仕様なので、

重ね着をした時のムレを防ぎ、使い勝手の良いサーマルです。

 

身幅、アームホールなどタイトなシルエットになっているので、

重ね着、インナーとして着用した時にもたつきにくい仕様となっております。

 

タイトという表現をしますと、窮屈なのでは?と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、

タイトでありながらも伸縮性の高い生地なので窮屈ということはなく、

むしろ着心地の良さにリピーターの多いアイテムに仕上がっています。

 

Two Moon

L/S サーマル両V Tee[26508NEW]

ブラック/ピンク/アズキ/杢グレー/オートミール

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 


Hotなアイテムが入荷しましたよ!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!!

 

一気に冬の様相を呈してきた本日、Hotなアイテムが揃いました!!

このところ、重厚なアイテムを多く御紹介してきておりましたので、本日は機能性に富んだ暖かいアイテムを中心に御紹介しようと思います。

 

DSC_3035-630.jpg

Rainbow Country

All Leather Primaloft Hooded Jacket

[RCL10060]

BLACK

 

昨年からPrimaloft/プリマロフト インサレーションに切り換えた"Rainbow Country/レインボーカントリー"の真冬用レザーアイテムですが、先日も当ブログでご紹介しましたAll Leather Primaloft Vestと並んで、大変好評いただいているのがこちらのタイプ。

今シーズンは肩ヨーク切り替えを廃し、さらに洗練された仕様でリリースされました!!

昨年このプリマロフト インサレーション仕様をご購入いただいたお客様からは、とにかく評判が良いのが嬉しいところで。

オールレザーならではの迫力と満足感を味わえつつも、プリマロフトインサレーションである事で軽量かつ動き易い。というレザーアイテムであるにも関わらず、そのウィークポイントを一切感じない魔法のようなアウターだと、先陣を切ってご購入いただいた方々がほぼ同様のことを仰られているアイテムなのです。

 

DSC_3036-630.jpg

DSC_3039-630.jpg

DSC_3040-630.jpg

ブラックアウトされたステッチとメタルパーツ等、とても重厚な一着に見え、オールレザーならではの迫力を存分に楽しんでいただける事でしょう。

 

DSC_3043-630.jpg

フードは着脱可能なので、アップライトなポジションのバイクなら冬季の使用にも耐えうる仕様です。

 

DSC_9764.jpg

今回の仕様からフラップ付きのパッチポケットになり、ハンドウォーマーにもなっている2WAY仕様へと進化しました。

 

DSC_9761.jpg

それでは着用感を御覧下さいませ。

画像の人物はサイズ38を着用。
毎回着用する度に感じますが、オールレザーのジャケットを着ている感覚がありません。

これには好みがありまして、レザーなんだから重くて重厚な方が良いという方もいらっしゃるでしょう。

そのご意見に関して、私も同感なのですが、このアイテムはそういった観点とはちょっと異なるところから考えていただいた方が良いとも思います。

このプリマロフト インサレーション アイテム用に作り出された、カウハイド(牛革)はしなやかで薄い革厚が特徴。

この薄さまで漉いて使いますので、革の強度が必要となります。

薄くても一定の強度を保つ為に、鞣しはクロームでないといけません。

様々な検証のうえで開発されたレザーマテリアル、こういったアプローチのレザーアイテムも面白いものですよ。

 

 

 

 

そして↓

Rainbow Country

All Leather Primaloft Hooded Jacket

[RCL10060]

NAVY

 

こちら、XLサイズが一着だけストックになっております。

こちらも併せて宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

続きましては↓

sc14021beg-1-630.jpg

SUGAR CANE/シュガーケーン

NYLON/COTTON PRIMALOFT MOUNTAIN PARKA

[SC14201]

BEIGE

 

sc14201nvy-1-630.jpg

SUGAR CANE/シュガーケーン

NYLON/COTTON PRIMALOFT MOUNTAIN PARKA

[SC14201]

NAVY

 

なんとコチラも先に御紹介しましたRainbow Country All Leather Primaloft Jacket同様の、プリマロフトインサレーション仕様のマウンテンPARKAです。

オールドテイスト醸す60/40クロスのアウターシェルや、クラシカルなディテールが魅力の一着。
ここにプリマロフトをインサレーションするという事で、飛躍的に保温性能を引き出しました。
sc14021beg-3-630-1.jpg
sc14021beg-4-630.jpg
フロントは裾のもたつきを抑えるダブルジップ仕様。
ベルクロの付いたフラップポケットはマチ付きなので見た目以上の容量があり、脇にはハンドウォーマーも設けてある。
フードはエラスティックスピンドルで調整可能。
DSC_9756.jpg
それでは着用感を御覧下さい。
マウンテンパーカですので、通常はそれほど保温力を期待できないのですが、こちらは保温力抜群。
おそらく関東であるなら、最も気温が下がる1月末〜2月でも活用できる事でしょう。
60/40アウターシェルは全天候で対応出来るし、使い勝手の良いポケット配置に関してもポイントが高い!
画像の人物はサイズMを着用しており、インナーに厚手のフランネル等も着用可能ですので、これからかなり先の時季まで活躍してくれる事でしょう。

そしてプリマロフト三連発!!↓

sc14203-2-630.jpg

SUGAR CANE/シュガーケーン

NYLON/COTTON PRIMALOFT LONG PARKA

[SC14203]

 

こちらも先で御紹介しましたアイテム同様、プリマロフトインサレーションのアイテムです。

マウンテンパーカ同様の60/40クロスをアウターシェルに採用した、M-51タイプのロングパーカです。

ロングコートタイプであるにも関わらず、60/40クロスとプリマロフトの組み合わせは重さを感じずに暖かいのが特徴。

この仕様は女性のお客様にもお勧めです。

 

sc14203-3-630.jpg

 

sc14203-4-630.jpg

 

sc14203-7-630.jpg

 

sc14203-8-630.jpg

各部の仕様はM-51 PARKAを踏襲しておりますので、一見するとヘヴィーデューティーな仕上がりです!

 

DSC_9760.jpg

着用感はこのような感じです。

ロング丈ですが、ビンテージ物ほど長くありませんのでロング丈が苦手な方でも抵抗無くコーディネートしていただけます。

個人的にはフィッシュテールになっていてくれれば言う事無し!だったのですが、インサレーション仕様ですので難しいところですよね。

その代わり、クオリティーに対して非常にお買い求め易いプライス設定が魅力でもございます。

人物はサイズMを着用。

ガッツリ着込む事も可能ですので、寒い冬には最適なアイテムです。

最後にコチラも↓
zt0146-2-630.jpg
こちらは比較的現代的なマウンテンパーカを再現したアイテム。

先に御紹介した製品には、全てPrimaloftが使用されてきましたが、最後に御紹介するこちらのアイテムはプリマロフトではないハイテク中綿を使用しております。

プリマロフトと比べると、触り心地はプルッとした感じ。

生地への追従性が高く、ライトなアウターシェルとの相性が良いハイテク中綿となっておりまして、プリマロフト同様に軽快かつ暖かい特性を持った中綿です。

 

zt0146-3-630.jpg

 

zt0146-7-630.jpg

 

zt0146-9-630.jpg

 

zt0146-8-630.jpg

インテグラスフードやインナーにウォーターボトル用ポケットを装着する等、本格的なマウンテニアリングに使えてしまいそうなディテールが男心をくすぐるところでございます。

 

DSC_9754.jpg

着用感はこのようになり、軽快でスポーティな雰囲気をお楽しみいただけます。

画像の人物はサイズMを着用。

あえて古っぽい印象のボトムと合わせてコーディネートしていただいてもカッコイイかと思います。

軽快かつ気持ちの良い着用感は好印象で、デイリーユースに最適な一着です。

 

 

 

 

 

こういった高機能インサレーションを使用したアイテムも沢山ございます!!

ただただ懐古主義を貫くではなく、これは良いと思ったモノを積極的に採用する気持ちが大切です。

そうやって良い物が新たに生まれるのも面白いですし、新しい定番も生まれるんだと思います。

 

是非一度体感いただきたいと思っております!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


VESTがBESTな季節です。

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!
 

 

この一週間、劇的な忙しさでブログを作る事すらままならず。。。

忙しいという事は本当にありがたいことでございまして、目の前の事をじっくりとしっかりと取り組んで行かなければならないのですが、先の事も進めていかないといけない訳で、その時間軸が朦朧としてきてしまう今日この頃でございます。

ここ数年の中で今が一番モノゴトを抱えている時なのかもしれません。

こういう時こそ慎重になって進めて行く必要がありそうです。

 

 

さて、そんな忙殺される毎日ですが、季節は進んでおります。

もうシャツ一枚では外出できない寒さになってきている訳で。

 

 

まさに今時季にBESTなVESTが揃っておりますので、ご紹介させていただこうと思います↓

 

 

まず始めに、今期のMUSHMANS別注モデルから御紹介させていただきましょう。

 

クレセント1-630.jpg

MUSHMANS×Crescent Down Works

"Italian Vest"

CORDURA CAMO

 


今年2月に開催したCrescent Down Worksカスタムオーダー受注会時に、大変好評いただきましたMUSHMANS限定ファブリックである"CORDURA/コーデュラ"を使用した別注モデル。

このスペシャルファブリックであるCORDURA CAMOモデルが、S/M/Lの各一着ずつ店頭ストックが実現いたしました!!

 

 

 

クレセント2-630.jpg

アウトドアブランドのアイテムでよく見かける上記ロゴ(MUSHMANSラベル下のタグ)は、この生地を使用している事の証でございます。

このコーデュラはナイロンの7倍もの強度を持ち、過酷な条件下で使用されるアイテムに使用するために生まれた特別な繊維でございます。

引き裂き強度に長けているこの繊維は、繊細でもあるダウンインサートのアイテムに最適なマテリアルと言っていいでしょう。

 

 

クレセント3-630.jpg

混合率
今回の別注ファブリックに採用するのは、上記二色のカモフラージュ柄。
画像では判りにくいかもしれませんが、化学繊維感をあまり感じないマットな質感はコットン70%/コーデュラ30%という混率によるものです。
ヴィンテージダウンアイテムによく使用される60/40クロス、所謂"ロクヨンクロス"は、60%コットン/40%ナイロンの混合で織られるファブリックである事からそう呼ばれます。
コットンとナイロンのコンビネーションにより、マットな質感と強度が保たれさらに雨などに濡れた場合、含まれるコットンが膨張する事で生地の密度が高まり防水効果を得るといった理にかなった構造となっておりますが、今回のコットン70/コーデュラ30は60/40クロスと同様の発想から生まれ、さらに高い堅牢性も持つファブリックなのです。
 
生地構造
さらに一定の間隔で格子状の補強糸が織り込まれているRip Stop/リップストップ構造のファブリックは、より一層引き裂き強度を高める効果を持っておりファブリックのデザイン性にも一役買っている組織でございます。

 
クレセント8-630.jpg
OLIVE&BROWNの落ち着いた発色が魅力的なカモフラージュ柄。
ダウンベストに大変マッチした発色感でございます。

 
クレセント4-630.jpg
インナーライニングには通常よりもヘヴィーデューティーさを求めて、アウターシェルにも使用される事の多い60/40クロスを採用しました。
これにより、若干着心地は硬質なものとなりますが、気兼ねなくガンガン使える仕様となっているのが嬉しい所です。
何故なら、アウターシェルにCORDURAをおごりましたので、どんなシチュエーションでも気を遣う事なく使える仕様にしたかったのです。
ライニングカラーはRUST、一見オレンジに見えるのですがオレンジに若干ブラウン色を混ぜた絶妙な落ち着いた発色です。
カモフラージュ柄に最適な色合わせになったと思います。

 
クレセント5-630.jpg
ジッパーは下からも開けられるダブルジップ仕様になっておりますので、着座時にも着心地良し。
ダウンベストだから、クルマの運転時にも脱ぐ必要がありません。
かなり使える仕様になっております。

 
クレセント6-630.jpg
勿論ハンドウォーマーポケットも付いておりますよ!

 
DSC_9725.jpg
着用感はこのようになります。
画像の人物はサイズMを着用しております。
アウターシェル、インナーライニング共にヘヴィーなファブリックを使用し堅牢な仕上がりとなっておりますが、やはりダウンベスト、軽くて暖かい。
サイズ感は若干アメリカンなシルエットなのですが、Crescent Downを着るなら それなりに着たいという事もありまして、私はあえてこのサイズを選びます。
かなり希少となったMade in USAのダウンアイテム。
楽しめる一着が完成しました!!




 
続いてアメリカ繋がりで↓
filson vest1-630.jpg
アメリカ繋がり、さらに言えばシアトル繋がりです。
FILSONからリリースされている、こちらも質実剛健なダウンベスト。
1897年、ワシントン州シアトルにて、ゴールドラッシュの労働者に向けたウエアを生産する為に設立された「フィルソン」。創設者CLINTON C.FILSONが掲げたコンセプトは「どうせ持つなら最上級のものを」。
上質な天然素材を用い、綿密に計算された設計と正確かつ堅牢な縫製で、一切妥協のない製品を提供。
金の発掘という劣悪な環境下で酷使されながらも、十二分にその性能を発揮するフィルソンのプロダクトは、アメリカのワーカー達から高い信頼を獲得。
森林警備隊や空軍、陸軍といった米政府機関へ装備を供給している事からも、そのクオリティーの高さが伺えます。

 
filson vest4-630.jpg
filson vest5-630.jpg
filson vest9-630.jpg

クラシカルな外観ながら、機能性に富んだフィルソンのダウンベスト。シェル生地にオイルドコットンを採用しており、悪天候にも対応。
上半分はライトな生地、下半分と、ポケットのパッチはヘビーな生地で切替えており、共色ながらも微妙な変化が技アリなデザイン。
合わせはスナップ開閉のストームフラップが付いたジップ仕様。ポケットは、マッキーノベスト等でもお馴染みの、上下ワンパネルのパッチポケットで、左側上部はフラップ付き。
スラッシュタイプのハンドウォーマー、中は起毛させたコットン生地が取り付けられております。
襟もとの内側はぐるっとウールの生地で囲っているので、上までジッパーを閉めれば、保温力が増すのもポイントです。

 
DSC_9736.jpg
この着用感いかがでしょうか、FILSONらしさ全開のディテール感満載のオーラです。
オイルドコットンならではの生地感も楽しめ、こちらも気兼ねなく使える仕様です。
さらにオイルが抜けてきたら足すことが出来るよう、OIL FINISH WAXも付属されているのが嬉しいですね。
サイズは結構大きめなので、画像の人物はサイズSを着用しております。
XS=S/S=M/M=Lといったサイズ感であると思っていただければ良いかと思います。
こちら先に御紹介したCrescent Downとアメリカ繋がり、さらにシアトル繋がりという事でございますが。。
プライスを御覧いただきますと38000円とかなり良心的なプライス。
何故か?製造国がバングラデシュだから。。
ちょっと残念だけど、ここまでの作り込みをMade in USAでやったら、、そう考えると仕方ないのかな?といった感じです。



 
ここからはMand Made in JAPANを!
DSC_9733.jpg
DSC_9729.jpg
DSC_9732.jpg
DSC_9728.jpg
WINE

 
昨年に引き続き、今年はさらに浸透してきているRainbow Countryの"Primaloft/プリマロフト"インサレーションのレザーVESTが続々入荷して参りました!!(その他のカラーは今しばらくお待ち下さい。)
画像の人物は全てのカラーでMサイズを着用しております。
今までの常識を覆す、軽量且つ薄型なのに暖かさはダウンインサレーションと同等かそれ以上。
オールレザーである事から、重量や着心地ではファブリック物のVESTに劣るものであったのは過去の話。
プリマロフトインサレーションになった事で、オールレザーであっても着心地はダウンベストのそれを実現しているのです!!
昨年ご購入いただいたお客様からの絶賛、それを受けて今期は昨年以上にオーダーの多かったアイテムであります。
肩ヨークには存分に経年変化を楽しんでいただくべく、ナチュラルのホースハイドを使用し、着用年数が進む毎に飴色に変化する過程を楽しんでいただけます。
経年変化と使い勝手の良さを両立したスペシャルなアイテムなのです!!

※Primaloft/プリマロフト インサレーションについて。※
プリマロフトはアメリカ軍の要請を受けたALBANY社が開発したダウン(羽毛)に代わる画期的な超微細マイクロファイバー素材です。
プリマロフトは羽毛のように軽くて暖かい保温性と柔軟性を発揮するだけでなく羽毛には無い撥水性をも発揮します。
これまでにない機能性(断熱、防寒テクノロジー)とどんな環境でも使える高い実用性を備えた画期的な人工羽毛として誕生したのです。
1983年にアメリカ陸軍、海軍等の寒冷地用防寒具に採用され現在ではアメリカ全軍のレイヤリングシステム"レベル7"という寒冷地仕様ジャケットのインサレーションとしてまた各国の有名アウトドアメーカーが高級グースダウンに代わる新素材として採用しております。


※Rainbow Country×Primaloft GOLD※
レインボーカントリーでは米国プリマロフト社と正式なライセンス契約を結びこの新素材を使用したレザーウエアを提案します。
近年、供給、品質面が不安定で且つ動物愛護的観点で問題の多いグースダウンの使用を中止し厳格なミルスペックに基き開発されたプリマロフトに切り替わります。
プリマロフトの中でも最高水準の保温性、柔軟性、軽量、撥水性を発揮するプリマロフト"GOLD"インサレーションを採用し、アウター素材の牛革、馬革もプリマロフトの軽量さ柔らかさを損ねない、最高品質の革を作り上げました。
レザー素材の耐摩耗性、経年の風合いと最高水準の保温性、柔軟性、軽量さがベストマッチングした新たなウエアを体感して下さい。

こちらのモデル、例年同様ストック分が完売しますと増産はございません。
今あるうちに是非実物を御覧下さいね!!
きっとビックリする暖かさと着心地の良さを感じていただける筈です!
さて、今回の着用で使用していたボトムですが↓
TM1-630.jpg
MUSHMANSで密かなブームとなっている、こちらのTOMMYS PANT。
この"トミー"は戦時下で英国兵の事を総称して呼ばれていた事から、そう名付けられたもので、英国軍のパンツという事になります。
日本軍のパンツだったらジャップスパンツって事になるんでしょうね。

 
TM8-630.jpg
ブーツイン、そしてゲートルでがっちり固める事を前提としたディテールが特徴のミリタリーパンツ。
さらに使用されるファブリックはナイジェルケーボンが挑戦したヴィンテージファブリックの完全再現。
確かに見た事の無い程のドライ感としなやかさの同居が、このファブリックで実現されているのです。

 
TM6-630.jpg
完全なミリタリーアイテムでありながらも、洒落た雰囲気を演出するあたり、ナイジェルにしかできないテイストなんだと思います。
画像の人物は、全ての画像においてサイズ32を着用しております。
 
着用画像を御覧になって、コレは!と思った方。是非一度ご試着下さい。
絶対にハマリますから(笑)




 
という事で、なかなかブログを更新出来ていなかったので、凝縮させた感じになってしまいましたが。。。
皆様のご来店をお待ちしております!!



 

オールインワンな秋。

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!
 

 

先日御紹介いたしました、MUSHMANS Leatherの新作アイテム MC VEST"BURIAL"

本日MUSHMANS MCのファーストメンバー分が全数仕上がってきました!

同型、同デザインの装束は並べるだけで圧巻の存在感を持っております。

これを着用し走る姿も同様の存在感を放つ事でしょう。
 

11月11日(日)の早朝は恒例の早朝走行です。 AM4:30にとある場所に集合となっておりますので、ご一緒されたい方はご連絡下さい。(笑)
 

 

 

MUSHMANS Leather

MC VEST

"BURIAL"

※MUSHMANS MC PATCHは非売品※




 

 

 

さて、本日は昨年に引き続きリリースされましたHEADLIGHTのオールインワンを御紹介します。

昨年はDENIMファブリックの背面パッチ無しで入荷しておりましたが、やっぱり"生成り"の方も欲しいっすよね!って事で、今回は背面パッチ有りで仕入れいたしました!
 

 

im13841-8-630.jpg

DSC_9653.jpg
昨年発売されたオールインワンと同型、デニムファブリックでは無く9ozのOFF WHITE TWILLを使用しております。
デニムファブリックバージョンはコーディネートし易く、かなりの頻度で着用しておりましたが、やっぱりオールインワンといえばこのOFF WHITE(生成り)なんだよなぁ〜って思うわけです。

 
im13841-4-630.jpg
im13841-2-630.jpg
ディテールに関しては"HEADLIGHT"の実名復刻オールインワンですので、懐中時計ポケット等が装着されておりオールドテイストを存分に感じていただけるものとなっております。

 
こちらのアイテムですが、あの"CHABOTT ENGINEERING"の木村信也氏が『モーターサイクルキャノンボール』に出場した時に、このHEADLIGHTとINDIAN MOTOR CYCLEブランドを展開している東洋エンタープライズより木村氏に提供されたモデルと同様の仕様となっております。
スタートとゴール地点は毎年変わるのでしょうが、2018年はオレゴン州ポートランドからスタートし、ワシントンDCのスカマニアまでの3400マイル(5760km)を走破するといった公道レース、しかも恐ろしいのが1915年のヴィンテージINDIANで参戦しているという点。。。
 
そりゃもう大変な事だというのがご理解いただけるのではないでしょうか?

 
この時は"チーム80"として参戦していた為、背面には80 INDIANのロゴ。
この汚れた雰囲気が最高にカッコイイですね。
ガンガン汚さないと(笑)
※画像 CHABOTT ENGINEERING Blogより※


 
そういった背景を持つこちらのアイテムですが、洋服としての活用も存分に楽しめるアイテムです。↓
DSC_9663.jpg
個人的には、この時季はレザージャケットでコーディネートしていただきたい。
OFF WHITEのオールインワンは、ブラウン系のレザージャケットに良くマッチするんですね。
今回コーディネートして使用しているジャケットは、本日全数入荷となりましたMUSHMANS×Rainbow Country RAGGED HORSEHIDE "WINDWARD"を!
ジャケットのディテールとオールインワンのディテールが良くマッチしており、発色感も申し分無いコーディネートだと思っております。
こうやってコーデしていただくと、クラシカルな雰囲気を醸しますので、いつものレザージャケットを使ってもらっても一味違うスタイルを楽しんでいただけますね。
画像の人物はサイズ38を着用しております。

 
WINDWARDはコチラからご購入いただけます。↓
DSC_4943.jpg



続いて
DSC_9660.jpg
真冬にはこのようなコーディネートもお勧めします。
ここで使用しているのはBuzz Rickson's N-1 DECK JACKET。CapにはLYBROのMACHANIC'S CAP-MIXを使用し、甲板作業員的なコーディネートが完成します。
この粗野なコーデは男心をくすぐりますよね。

 
DSC_9657.jpg
今日全数入荷したって事で、MC VESTも着用してみました!
暖かい日中や春先に、このスタイルでバイクに乗っても気持ち良いですよね。
ハーレーに乗っててINDIANのロゴはおかしいとか、BMWに乗っててINDIANのロゴはおかしい等々と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、そういうのはこの際あんまり気にしなくて良いような気がしますよ個人的には。
それよりハーレー乗ってて、背中にHARLEY-DAVIDSONのロゴがデカデカと入ってる方が恥ずかしいですしね(笑)
まあその辺は個人の趣向ですから、どうしていただいても良いのですが。




 
様々なコーディネートに使えるオールインワン。
是非貴方のワードローブにも一着!



 

 

 

 

 

 

 

 


COLIMBOよりOBSERVER PARKA[ZT-0128]と、カスタムモデル"Kodiac Fire Dept"[ZT-0129]が入荷しました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!

 

中々気温が下がってきませんが、そろそろ一気に冬に突入するのでしょうか?

それでも、日中は比較的暖かいですが日が落ちると冷え込んできております。

バイクなんかに乗ろうものなら、夜は冬の装束でないと厳しい感じになっておりますね。

 

ご来店いただく皆様も、そろそろ冬の装束をという事で現時点では必要の無いヘヴィーアウターを前もって購入されるパターンが増えて参りました。

そして、今シーズンも前評判の高いアイテムが揃いました。

 

前評判と言いましても、メーカー側からは展示会時の画像を入荷前にネット上に掲載するのが規制されているのですが、何故か何が出るかご存知の方が多い・・・?(笑)

今シーズン何が発売されるか知っていてお問い合わせいただくケースが多く、お問い合わせいただくこちらがビックリしてしまう程なのですが、まあインターネットが普及した現代そういった規制も難しいのでしょう。

メーカー側も何が出るのか解らないワクワク感を提供したいという意図なのかと思っておりますので、我々は賛同しますけどね(笑)

 

という経緯がある中での、前評判の高いアイテムが出揃いましたよ!!

 

zt0128-2-630.jpg

COLIMBO/コリンボ

OBSERVER PARKA PLANE

[ZT-0128]

 

 大戦末期、増加する将兵に対し兵站(へいたん)が間に合わない事態が米軍にもみられるようになっておりました。

兵站とは軍の後方支援をする機関や施設等を総称して言うのですが、ここでは軍装備の生産背景を指しております。

そういった事から、米国軍は装備品の納入規定に規制緩和措置をもって対応しておりました。

特に海軍のデッキジャケット等はその他のミリタリークロージングよりも圧倒的に交換サイクルが短かった為、積極的に民間製品を導入しておりました。

 

zt0128-1-630.jpg

ここで御紹介する"OBSERVER PARKA "もそういった背景から生まれたコマーシャルモデルをベースに、COLIMBOならではのアレンジを加えてリリースされているアイテムです。

 

zt0128-10-630.jpg

zt0128-11-630.jpg

堅牢なアウターシェルに、高密度のアルパカモヘアウールパイル。

DEMOTEX-ED仕様の為ラベルが装着され、アルパカもブラウンの仕様になっております。

 

zt0128-3-630.jpg

zt0128-8-630.jpg

アジャスター付きのフードは、勿論フード内部までをアルパカモヘアウールパイルで覆っております。

フードを被ったら勿論暖かいのですが、フードを被らずとも首廻りの保温力を高めております。

 

zt0128-7-630.jpg

N-1 初期のNAVYの仕様と同様の、袖裏までアルパカが装着されている仕様です。

 

zt0128-5-630.jpg

レザー補強パッチがパッチポケット縁に取り付けられており、N-1 PARKAのゴージャス版といったところです。

 

zt0128-4-630.jpg

ボタン等の付属品もナット釦となっていたり、意匠にも拘って作り込まれております!

 

DSC_9599.jpg

着用感はこのようになります↑

COLIMBOらしいサイズ感となっておりまして、デッキジャケットのディテールながらスタイリッシュな仕上がりとなっております。

全体的にはタイト目なシルエットとなっておりますので、ある程度インナーに厚手の物を着用される事を想定するのであれば、ワンサイズ上をご購入いただいても良いかもしれません。

ただ、関東の冬程度であれば薄手のインナーでも対応できてしまう程の品質ですので、スタイリッシュなサイズ感をお求めでしたら画像の人物程度の体型であればサイズ38でも良いかもしれません。

この辺は好みになってくるかな?と思われます。

 

 

そして↓

 

zt0129-2-630.jpg

COLIMBO/コリンボ

OBSERVER PARKA CUSTOM

"Kodiac Fire Dept"

[ZT-0129]

 

zt0129-1-630.jpg

 

zt0129-5-630.jpg

 

zt0129-8-630.jpg

 

zt0129-9-630.jpg

ベースは同様ながらカスタムを施したモデルも存在します。

こちらカスタムモデルの背景はアラスカ。通常のデッキジャケット(N-1等)に比べて高い防寒性能を誇るPARKAタイプはアラスカをはじめとする極寒の基地で重宝されておりました。

カスタムモデルでは、エアステーション隷下(れいか)であったファイアー&レスキュー隊のカスタムを再現しております。

かつてコーディアック基地はエアベースとそのシップヤード、さらにコーストガードのエアステーションが共同利用しておりました。

胸に取り付けられているパッチはそれを示すアラスカンモチーフが刺繍されております。

また、背中にはKODIAC FIRE DEPTを意味する"KDF"の文字がリフレクティブファブリック(反射生地)を用いて装着されているという、かなり凝った仕様となっております。

 

こういったカスタムモデルも、上手に仕上げるのがCOLIMBOらしさですよね!

 

DSC_9602.jpg

着用いただくと、こういった感じです。

ベースモデルは先に御紹介したOBSERVER PARKA PLANEと同様ですので、サイズ感は同じですがカスタムモデルとなると雰囲気も一変します。

たまにはこういった選択肢があっても良いですね。

人物はサイズ38を着用しております。

 

 

昨年(NAVYモデル)もあっという間にSOLD OUTとなりましたので、今シーズンは昨年以上に仕入れております。

にも関わらず、既に在庫僅少。。

今年こそはというお客様、お早めにどうぞ!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 


FRENCH WORKの面白さ。

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!

 

イベントや別注モデル等々が目白押しなのですが、本日は入荷アイテムの情報を!

 

FRENCH-1.jpg

SUGAR CANE Light/シュガーケーン ライト

MOLESKIN FRENCH WORK JACKET

[SC14303]

 

DSC_9526.jpg

本日は御紹介させていただくのは、個人的にヴィンテージも所有しており いつかはオリジナルで作ろうかな?と画策していたアイテム!

しかもSUGAR CANEがやってくれました!!

かねてから個人的に好みなモールスキンファブリックを用いたアイテムですが、その中でもフランス古着はどこか洒落た雰囲気を持っており、なかなかに良い味わいを醸しております。

今回御紹介するアイテムはフランス古着、特にワークジャケットというカテゴリーでは筆頭とも言えるデザインとディテールのアイテムです。

 

VTG.jpg

 

VTG-2.jpg

1950年代近辺でフランスのブルーカラーが着用していたカバーオール型のジャケット、当時も勿論モールスキンファブリックが使用されており、アメリカのワークシーンにおけるデニムファブリックのように、フランスではモールスキンファブリックをワークシーンで多用していた歴史がございます。

こちらのアイテムが私が個人的に所有しているヴィンテージなのですが、今回のSUGAR CANE作フレンチワークジャケットはしっかりとそのデザインとディテールを踏襲しておりますね。

50年以上が経過したヴィンテージは言うまでも無く味わい深いオーラを漂わせておりますが、これを己の着用でエイジングさせたいという衝動に駆られるのは、こういった洋服が好きな人間の性であるといえますね。

 

デッドストック物を探すのも手ですが、中々良いサイズに巡り合う事もありませんし、サイズが合ってもシルエットがやはりヴィンテージ。。

ならば作ってみようと思っても、こういったマニアックなアイテムは生産ロットを組むのに苦労するもので。。

そういった問題を全て解決してくれたのがSUGAR CANE。

このブランドが作れば、品質は保証されたうえにお求め易いプライスになる訳で!!!

プライスを見てみると、やはり、、"19800yen"という事で昨今のL/S Shirtsと変わらないプライスが実現されております。

こうなるからSUGAR CANEは偉大だなぁ・・とつくづく感じてしまいますね。

 

DSC_9534.jpg

問題の着用感でございますが、やはり気持ち良く馴染むパターンにさりげなく変更されている訳で。

大幅に細くとか長くとかではなくて、多少野暮ったさを残しつつ、現代に充分通用するシルエットが最高です。

画像の人物はサイズMを着用しておりまして、インナーにフランネルシャツ等を着用しても楽に着用いただけるサイズです。

 

コーディネートアイテム

Casquette---Dapper's MW TypeGM Casquette[Lot1271]WABASH ROPE STRIPE

 

 

 

これに付随してコチラ↓もいかがでしょう?

sc41784-1-630.jpg

SUGAR CANE Light/シュガーケーン ライト

MOLESKIN WIDE TROUSERS

[SC41784]

 

こちらは先に御紹介したフレンチワークジャケットと同様のファブリックを用いておりますが、ディテールといたしましては41KAHAKI型のワイドシルエットトラウザースです。

折角生地を作りこんでおりますので、ボトムスも欲しいところですよね!

シンプルなワイドトラウザースですので、様々な着こなしにマッチする事は間違いなく。

故にガンガン使用いただけますので、モールスキン特有のエイジングが手に入るという仕組みのアイテムです。

 

DSC_9542.jpg

着用いただきますと、このような感じです。

今回迷いに迷ったのですが、オーバーサイズ気味で着用したいという気持ちから、サイズLを着用しております。

もともとワイドですのでMサイズで着用しても良しですし、、逆にXLサイズまで行ってしまってズ太く穿くってのも考えましたが、とりあえず今回はその間を取ってLサイズです。

短めのレングスと相まって、かなり良い雰囲気が醸されていると思いませんか?

 

コーディネートアイテム

Casquette---Dapper's MW TypeGM Casquette[Lot1271]WABASH ROPE STRIPE

Shirts---SUGAR CANE SOLID TWILL WORK SHIRT[SC27961]OFF WHITE

 

 

 

 

 

本日はモールスキン2アイテムの御紹介でした!

それでは、また!

 

 

 


Dapper'sからの入荷情報です!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!

 

イベント開催直前ですが、個人的に結構待っていたアイテムが入荷したのでお知らせします。

 

オールドアメリカンヴィンテージを物作りのベースとしている"Dapper's/ダッパーズ"ブランドより、今期秋冬アイテムの入荷です。

毎回マニアックな視点から作り出されるアイテム達ですが、今回に例に漏れず面白いアイテムが揃いました。

 

先ずはコチラから行きましょう↓

1273-1-630.jpg

Dapper's/ダッパーズ

Classical Railroader Overalls

Lot.1273

 

1920年代〜30年代のオーバーオールをベースに、Dapper'sらしいアレンジを加えて現代に蘇らせたプロダクツ。

 

1273-4-630.jpg

ビブ部分の片ワンポケットやポケット口の補強、背中心のV字割れなど、古き良き時代のアメリカンワークウエアのディテールを再現しております。

ローバックスタイルで背帯のロゴ入りゴムベルト等も、味わい深い仕上がりとなっております。

 

1273-8-630.jpg

特筆するべきポイントは、やはりこのアイテムに使用されるファブリックです。

実在した"WABASH ROPE STRIPE/ウォバッシュ ロープストライプ"は、Dapper's代表 野尻氏所有のヴィンテージから抽出しDapper'sオリジナルファブリックとして甦らせたものです。

勿論インディゴ染ですので、経年変化も存分に楽しめる一着です。

 

DSC_8886.jpg

着用感はこのような感じ。

画像の人物はサイズ38(M)を着用。

無骨なワイドシルエットと質実剛健なディテールが、このアイテムの真骨頂。

インディゴブルーであるからして、着こなしの幅も広く楽しめそうですね。

画像ではオーバーオールの全体像が解りやすいように、無地のT-Shirtsで合わせましたが、この時期はレザージャケットに合わせて着用いただくのも良い訳で、個人的にはRainbow Country 30's Sports Jacketあたりのスタイルが時代考証的にもマッチして良いんじゃないか?と思います。

オールシーズン活用いただけますので、オーバーオールが始めての方もチャレンジしてみて下さいね!

 

 

そして、これも待っていたアイテム↓

1281-2-630.jpg

Dapper's/ダッパーズ

Native Pattern Blanket

A-1 Style Jacket

Lot1281

 

1930年代のブランケットジャケットをベースにコサックジャケットのディテールを組み合わせたのが、ここで御紹介するアイテムです。

 

1281-1-630.jpg

Dapper's がオリジナルで製作したネイティブ柄のブランケットファブリックは、味わい深い発色とデザインの構成となっておりまして非常に好印象。

ですが、あえてここで記載しておきますが素材はポリエステル100%となっております。

勿論ウール100%に拘る方にはお勧めしませんし、私も比較的こういう類のブランケットはウール100%が好ましいと思っております。

でもポリエステルで作ったDapper's、ちょっと疑いの目でサンプルを試着。 コレいいじゃん。となった訳で、勿論素材に拘るのも必要ですしそれに執着しているのは自分なのですが、何故かこれは許せてしまったのです。

という事で、プライスも大変お買い求め易い設定となっておりまして、手軽にガンガン使えるアイテムであるという事になる訳で。

やはり、これはこれでアリなんじゃないか?と思っている次第でございます。

もう一度言いますが、そりゃ私もWool100%の方が良いと思います。生地のしっかり感とかもWoolの方が安心感がある。

でもポリエステルならウールのチクチクが苦手な方にも着ていただけるし、何より買いやすい。

ああ、結構葛藤してるな俺。って思いながらも発注書に記載した経緯がありまして、そういった視点でのセレクトだという事を皆様にもご理解いただきたいなぁ、と思っております。

 

DSC_8878.jpg

着用感はこのようになります。

画像の人物はサイズ38を着用しております。

伸縮性に富み、温かく、着心地が優しいですね。柄と発色感も素晴らしく王道の5ポケットデニムとの相性も良し!

 

DSC_8896.jpg

さらに先に御紹介いたしましたオーバーオールとコーデしてみても良いですね。

柄&ストライプで結構煩くなってしまいがちなコーディネートですが、ロープウォバッシュはそれほど主張し過ぎる感じもなく、個人的にはかなり好みのエグめコーデです!

 

 

そして、Vestもあるんです!↓

 

1282-2-630.jpg

Dapper's/ダッパーズ

Native Pattern Blanket Vest

[Lot1282]

 

1282-1-630.jpg

上で御紹介したファブリックのVest版です、ビーチベストがベースとなっておりますので大外のパイピング等もこのブランケットに良くマッチしておりますね。

 

DSC_8880.jpg

着用感はこのようになります。

画像の人物はサイズ38を着用。

短めな着丈が非常に良く、コーディネートの可能性をさらに高めてくれるアイテムです。

インナーにWABASHストライプのShirtsを合わせてみましたが、今回のコーデも柄&ストライプとなりますが絶妙なマッチングをみせております。

今時季にマストな組み合わせです!

 

 

それでは、明日からの

SANDALMAN カスタムオーダー受注会

&

ELECTRIC LEATHER STUDIO展示会

 

スタッフ一同、皆様のご来店心よりお待ちいたしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Mister Freedom新作!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!

 

週末からはSANDALMAN受注会ELECTRIC LEATHER STUDIO展示会が開催されますが、新作入荷も立て込んでおりますよ!

 

そんな中でもやはり人気なのがMister Freedomのアイテムでして、ブログの紹介前にSOLD OUTしてしまうアイテムも多数ございます。本日はそんなMister Freedomの現在ストック中アイテムを御紹介いたします。

 

まずはコチラ↓

DSC_8848.jpg

Mister Freedom/ミスターフリーダム

MFSC 〈SURPLUS〉 10oz.GB DENIM CPO SHIRT

"SAND PEBBLES"

[SC27951]

 

こちらのアイテムはオーダーラッシュを予想しておりました通り、かなりのお客様にご購入いただいたアイテムです。

発注数も相当の数でしたので、今のところもストックがございますが、SサイズとMサイズが一着ずつとなりました。

SHIRTSという分類で言いますと、このアイテムは超高プライスにはなるのですが、そのディテールたるや最早SHIRTSの領域を超えておりまして、製作の工程もアウター以上の過程を経て製作されているのです。

画像の人物はサイズMを着用しており、CPOシャツをベースに製作されておりますので、様々な着こなしが可能です。

 

sc27951-9-630.jpg

sc27951-11-630.jpg
sc27951-1-630.jpg

インナーポケットが装着され、表側フロントポケットには補強用のツイル帯を入れる等、随所に重厚なディテールを感じます。

 

sc27951-5-630.jpg

ファブリックに関しては、1950年代にイギリス軍で採用されていたGBデニムを再現し、非常にしっかりとした厚みのある10oz.GBデニム生地を使用しております。
GBデニムのGBはグレートブリテンの略で、イギリス軍のフィールドジャケット生地 をモチーフに開発した生地を指します。
硫化染料でロープ染色しているため、インディゴデニム同様にエイジングにも期待できるファブリックです。

 

sc27951-6-630.jpg
当時、水平のユニフォームを階級章以外で装飾することは禁じられていたので、兵士たちは外観から見えない内側にレインボーカラーのリバティステッチやリバティカフスと呼ばれるパッチを施し、カスタムを楽しんでおりました。
それすらも再現しておりまして、国籍に関係無くいつの世代も制服に施すカスタムはやめられないものなんですね(笑)

 

 

続きまして同様のファブリックを使用したボトムを↓

DSC_8854.jpg

Mister Freedom/ミスターフリーダム

MFSC SURPLUS 10oz.GB DENIM NAVAL CHINOS

"SAND PEBBLES"

[SC41764]

 

スッキリとしたシルエットと妥協無き作り込みで根強い人気となっているNAVAL CHINO方トラウザースを、先に御紹介いたしましたGB DENIMで製作した一本です。

画像の人物はサイズ32を着用しておりまして、カラーリングといいシルエットといい素晴らしい出来栄えとなっております。

 

DSC_8873.jpg

DSC_8869.jpg

先のSHIRTS同様パンツ裾部にはパッチが装着されておりまして、ロールアップしていただく事で顔をのぞかせます。

このアイテムは展示会時にクリストフ氏が着用していた実物を見ましたが、相当イイ感じに経年変化しておりました。

このままの発色も良いのですが、ガッツリ穿き込んで経年変化した姿が完成形です。

 

 

そしてコチラも面白いアイテムです↓

DSC_8859.jpg

Mister Freedom/ミスターフリーダム

MFSC(SPORTS MAN)

NEW OLD STOCK15.5oz ORGANIC CONE DENIM

RANCH BLOUSE,LINED

 

New Old Stock=デッドストックのオーガニックデニムはコーンミルズ社製の希少ファブリック。

ヴィンテージデニムジャケットの名作である米L社の"1st" "2nd" "3rd"それぞののディテールを盛り込んだ、クリストフらしい構成のデニムジャケットです。

画像の人物はサイズ38を着用しております。

 

sc14236-2-630-1.jpg

sc14236-1-630.jpg

sc14236-4-630.jpg

コーンミルズ社のデニムファブリックは、デニムの代名詞とも言える米L社の最盛期に使用されていたファブリックを供給していたカンパニーでございます。 このカンパニーのホワイトオーク工場閉鎖とともにアメリカのセルビッチデニムに終止符が打たれました。

ここで使用されているデニムファブリックはその当時に生産されたもののデッドストックファブリック。

今後大変希少になるファブリックでもございますので、そういった面でも語りつくせるアイテムなのです。

 

sc14236-3-630.jpg

sc14236-7-630.jpg

アウターファブリックも楽しめますが、今回のアイテムはインナーライニングでも楽しんでいただけます。

保温性能という部分でも大変有利なディテールですが、以前一度Shirtsで使用した事のある、プリントフランネルがインナーライニングに採用されているのです。

プリントフランネルらなではの経年変化をお楽しみいただけますよ。

 

 

 

そして最後にヘヴィーアウターを↓

DSC_8861.jpg

Mister Freedom/ミスターフリーダム

MFSC 〈SURPRUS〉"HUDSON"JACKET

[SC14240]

 

Mister Freedomの得意とするヴィンテージアイテムのリメイクが製品化されたモデルと言っても良いでしょう。

Mister FreedomのLA本店に行きますと、まさにヴィンテージをリメイクして作り出されたアイテムが陳列され販売されております。

私も渡米時に一度伺いまして、そのリメイクアイテムを購入した事がありますが、結構なかなかのハイプライスな訳です。

確かにヴィンテージですし、さらにそのヴィンテージを分解してリメイクしておりますので相当時間をかけて作られている感はございます。

それでもヴィンテージがベースになっている事によりシルエットの不満などはございますが、今回のアイテムはそのリメイクをいちから構築したモデルなのです。

ですので、サイズ感もバッチリですし、私がLAで購入したリメイクジャケットよりもはるかに安価に仕上がっております。

ただ、安価と申しましても生地や完成度はこのアイテムの方が数倍良いですね(笑)

 

sc14240-2-630.jpg

 

sc14240-3-630.jpg

1930年代のマッキノーコートやアカデミーコートなどを切った貼ったして作られたようなこの"HUDSON JACKET"。

36ozのヘヴィーメルトンを使用して、着応えは充分です。

 

sc14240-6-630.jpg

各部にNOS(New Old Stock)ファブリックを使用するなど、こだわりも半端じゃございません。

sc14240-7-630.jpg
ジッパーにはTALON Zipperが奢られます。
DSC_8863.jpg
DSC_8867.jpg

このように、ジッパーの開閉とボタンの使用によって様々な着方が可能なのも、このアイテムの面白いところですね。

これだけヘヴィーなら真冬にも充分対応できます!

 

 

 

 

 

Mister Freedom 2018FW

今年も最高の仕上がりです。

 

 

 

 

 

 


欠品しておりました人気アイテム[PIKE BROTHERS"C2 Sweater"全サイズ揃いました!そして新色も!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!
 

 

昨日は来る10月27日(土)から開催します"SANDALMANカスタムオーダー受注会"に向けての資料作りをしておりました。

気が付くとAM3:00まで掛かってしまい・・・。 この時間までやっても昔はそれほど身体的にも問題なかったのですが、加齢のせいか(笑) 少々キツイです。。

しかし、かなり今回の受注会も楽しんでいただける内容になるかと思われます!!
 

今年のMUSHMANS限定レザーは"J&E Sedgwick"社ブライドルレザーを!という、とんでもない企画が立ち上がっております(笑)

今までSedgwick社ブライドルレザーサンダルに使用しているブランドは、ハイブランドでも見た事がありません!

物凄いモノが出来上がりそうで、今からワクワクしております(笑)

是非来週からのSANDALMANカスタムオーダー受注会にお越しくださいネ!!



 

 

さて、本日は大変好評いただき長らく欠品状態となっておりましたアイテムが再入荷いたしましたのでお知らせさせていただきます。

 

C2-1-630.jpg

 メリノウール100%、しかもこのディテールで製作されている割に破格のプライスを叩き出しているPIKE BROTHERSの"C2 Sweater"。ご購入いただいたお客様からはかなりの絶賛をいただいておりまして、長らく欠品も続いておりました。
本日全てのサイズが揃いましたのでお知らせさせていただきます!!
先日御紹介したBlogの記事は→コチラから御覧いただけます。

 
DSC_8037.jpg
メリノウールならではの"温かいけれども蒸れない"特性が、まさに今の時季にマッチしておりまして、日中少し暖かくなってしまい脱ぎたくなるかと思いきや、結局のところ一日中着ていた。というお声をいただきます。
まさにそれがメリノウールの良さ。
電車通勤等で駅までの道のりは寒いのだけれども、電車に乗ってしまうと暑い・・・そんなシチュエーションでも快適に過ごせるのがメリノウール。
さらに比較的薄手でタイトフィットですので、ライダースのインナーに活用いただけますので、冬でもレザーで走りたいライダー達にも大変好評いただいております!!
カッコイイしね。
サイズに関してもPIKE BROTHERSにしては小さめなので、いつも日本ブランド物でSサイズを着用されるならば、こちらもSサイズでOKです!





 
他のカラーは無いのか?
と要望いただいておりましたので、入荷させましたよ!
↓↓↓
PK C2-1-630.jpg


これも使い勝手が良さそうですね!
王道のNAVYカラーが新入荷!もちろんメリノウール100%ですので、完全な色違いでございます!
このカラーリングと雰囲気でしたら、ツイードジャケットのインナーなんかにも活用出来そうです。
後日コーデ例を掲載しますね〜。


 
PK C2-7-630.jpg
PK C2-4-630.jpg




秋深まる。


 

 


| 1/94PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    MUSHMANS Fujita (07/09)
  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    長坂誠 (07/06)
  • 予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (03/23)
  • 予約受付を開始いたします!!
    星野 (03/21)
  • Making Mushmans 【最終章】 〜TAKE OFF !〜
    ショウジ (01/25)
  • 今期別注レザー 【BUSTED SHRINK HORSEHIDE DARK SEAL "VOLCANO"】のメンテナンス方法に関しまして。
    BeOS (10/28)
  • 毎年恒例のCOLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country コラボアイテムの予約受付開始です!
    BeOS (10/15)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (05/18)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    ナナス (05/16)
  • 3/4 SLEEVE SHIRT 第2弾!
    toss (05/14)

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode