Bilt Buckより Lot.444 HORSE BUTT ENGINEER BOOTSが入荷して参りました!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

今週末開催されます"稲妻フェスティバル"の準備に追われ、ここ数週間休みがとれていない状態です。。

年末年始に向けて、少し休息しておきたいところなのですが、、難しそうです。

 

さて、本日は毎年好評いただいておりますBilt Buckのエンジニアブーツが補充されましたので、入荷のご案内と共にその経年変化に迫ってみようかと思います。

私が個人的に購入してもうすぐ2年が経過するBilt BuckのLot.444、普段履きからバイクに乗る時にもガンガン履いたので、かなり経年変化が進んでおります。

 

 

それでは御覧下さいませ↓↓

 

DSC_0188.jpg

Bilt Buck by Attractions/ビルトバック

ENGINEER BOOTS HORSE BUTT

Lot.444

 

美しいシルエットと上質なマテリアル、さらに良心的なプライス設定によって多くのユーザーから賞賛の声が絶えないモデル、欠品していたサイズが補充されましたのでお知らせさせていただくと同時に、気になる経年変化状況を御覧いただこうと思います。

↑で掲載している画像は、向かって右が新品時、左が2年弱履き込んだ経年変化した物です。

 

もともと美しいシルエットの当アイテムでありますが、履きこむ事でさらにToeが落ち込み始め、よりヴィンテージを醸す雰囲気に変化して行きます。

 

マテリアルに使用されるHORSE BUTTが、このシルエットと相まって素晴らしい経年変化を遂げる。

この変化こそが、このBilt Buck Lot.444が愛されるひとつの所以と言えるでしょう。

 

DSC_0193.jpg

このマテリアルはHORSE BUTTと呼ばれる、繊維質が強固で堅牢である馬の臀部を使用しております。

一般的に馬の臀部の革を使用となりますと、コードバンを使用していると考えられるかもしれませんが、このアイテムにはコードバン層を磨き込んで顔料処理したドレスシューズ等に用いる所謂"コードバン"を使用している物ではありません。

あくまで馬の臀部およびその周辺の、革厚がしっかりとした部位を使用しているという事です。

その為、雨濡れや傷に強く一般的なコードバンとは異なり 取り扱う上で神経質になる必要は一切ございません。

 

さらに、ベジタブルタンニンで鞣されている為、履きジワがしっかりと刻まれその形状を記憶します。

上記画像を御覧いただきますと、シャフト部はレザージャケットの腕皺のように皺が刻まれているのがお解かりいただけるものと思います。

 

また、ピグメント(顔料)による着色ではなく、アニリン(染料)によって着色されている為その発色も変化しているのが見て取れます。

時間の経過と共に、表面に染色処理された染料は革内部へ入り込んで行きます、さらにベジタブルタンニンの渋が浮き出して来ることによってブラックカラーから徐々にブラウン色に変化する訳です。

2年も経過しますと、かなり大きな変化となっております。

これは好みがあるかと思いますが、新品時の黒色をある程度維持していきたいのであれば、黒色シュークリーム等を用いてメンテナンスの度に補色して行くと黒色が保たれますので、これは好みによってメンテナンスの方法を変えてみてください。

※画像の経年変化サンプルは一度も補色する事無く、無色のシュークリームを使用してメンテナンスを行っております。※

 

DSC_0198.jpg

もともと前傾気味に組み上げられているシャフトですが、履きこむ事でさらに前傾傾斜がついてきます。

さらに皺が深く入る為、シャフト高が低くなっているように見えますね。

パンツの裾で擦れるシャフト部分はヴァンプと比べて、より退色しているのがわかります。

 

DSC_0202.jpg

完全にオーナーの足型を形状記憶している為、新品時とは様変わりしたヴァンプ形状。

Toe形状もより落ち込み、よりヴィンテージ感のある形状へと変化を遂げました。

 

ミッドソール部のコバ色も、新品時は黒色で着色されておりましたが、あえて補色する事なく履き続けている為ブラウン色に変色しております。

 

DSC_0204.jpg

ここまで寄ってみると、本当にこの二つが同じ物だったのか?と疑念が湧いてします程異なっております。

これに関しては、履きはじめた当初のブログがございますので是非一度ご覧になってみて下さい→コチラ

ね・・・新品時はしっかり黒かったでしょ?

※過去のブログではAttractionsブランドで掲載しておりますが、現在はレザー系アイテムをBilt Buckブランドでリリースしております。 商品としては今回御紹介している物と全く同じものです。※

 

シャフト部にはあえてシュークリームやオイルを塗布しておりません。

その為乾いた印象になっておりまして、荒々しい経年変化をお楽しみいただけます。

 

 

 

 

DSC_0188.jpg

Bilt Buck by Attractions/ビルトバック

ENGINEER BOOTS HORSE BUTT

Lot.444

 

 

 

じっくりと時間をかけて変化するブーツ。

このじっくりと付き合う時間が楽しい。

確かに既に変化している物の方がカッコイイかもしれません。

でも、自分で履きこんで

いつの間にか格好良くなっているから愛着が湧く。

 

是非はじめから結果を欲しがらず

じっくりと結果を出していただきたい。

その掛かる時間こそが、このアイテムの価値なのです。

 

様々な思い出が刻まれた結果が

あなたの出した結果ですから。

 

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS Leather "CYCLE CHAMP"の経年変化。

 皆様こんにちは、MUSHMANS代表の藤田です。

 

毎日暑い日が続きますが、季節感の無いブログで申し訳ありません。

と言いましても例年の事でございますので、逆にこちらの方が安心するという方も多いのかな?

 

第二回目となる"経年変化"シリーズですが、今回はMUSHMANS Leather "CYCLE CHAMP"の経年変化を御覧いただきます。

こちらのアイテムは本気でバイクに乗るという方が比較的多いアイテムでして、その経年変化も様々でございます。

今回はそんな中でも、最もライディング時に活用いただいているお客様の"CYCLE CHAMP"をお借りいたしまして撮影させていただきました。

CYCLE CHAMP初年度にご購入いただいておりますので、現状で1年6ヶ月程度経過しているCYCLE CHAMP。

その猛々しい経年変化状況を御覧下さいませ。↓

 

 

 

DSC_4770.jpg

 

DSC_4771.jpg

 

DSC_4766.jpg

 

DSC_4765.jpg

 

DSC_4759.jpg

 

DSC_4760.jpg

 

DSC_4761.jpg

 

DSC_4763.jpg

 

DSC_4757.jpg

 

DSC_4767.jpg

 

DSC_4768.jpg

 

DSC_4774.jpg

 

DSC_4756.jpg

 

DSC_4762.jpg

 

リアルバイカーならではの、リアルな経年変化。

最後に私のファイナルサンプルも御覧いただきますが

こちらのオーナーは着込み方が違います。

 

連続するバイクライディングで使用されておりますので

ボディー全体が満遍なく揉まれており、荒々しいシボが発生しております。

このCYCLE CHAMPのホースハイドは通常よりもかなり厚めの革である為に

画像で御覧いただいても厚ぼったい雰囲気の経年変化を感じていただける事でしょう。

 

こちらは最終のテストサンプルで製作した一着。

ファーストテストサンプルは風雨にさらされ物凄い経年変化となっておりますが(詳しくはコチラより)

こちらは着用数ヶ月のまだまだ新品です。

それでも比較的イイ感じになってきたなぁ〜と思っていたのですが

前出の画像を見てしまうと全然まだまだといった感じです。

 

そしてこちらは昨日の様子。

過酷な早朝400kmツーリング直後のCYCLE CHAMP。
朝3:00にスタートしMUSHMANS開店前までに帰ってくる、苦行ツーリング(笑)
真夏日にもライダースでガンガンやるから、素晴らしいエイジングとなる訳で。
皆様も是非やってみて下さいネ(笑)
先月の東北アタックツーリングでは
5名のライダーが全員"CYCLE CHAMP"を着用!!
厳つい光景でした(笑)
そして上空にも注意が必要です。

 

 

 

 

何年も何年も共に過ごせるライダース。

使い込むほどに朽ちること無く、自分の第二の皮膚になるのが真のライダースだ。

ライダースの名を冠すからには、企画する側も実直に取り組まなくてはならない。

 

 

 

MUSHMANS Leather

Double Riders Jacket

【CYCLE CHAMP】

MUSHMANS Original Horse Hide

只今欠品中のサイズも、今期生産分で補充します。
御予約も承っておりますので、是非お申し付け下さいませ。
Special Thanks
Mr. Anzai

 

 

 

 

 

 

 


Rainbow Country×MUSHMANS 2018-19別注モデルの経年変化。

 皆様こんにちは、MUSHMANS代表の藤田です。

 

好評いただいております今期の別注モデル

 

DSC_4159-630.jpg

MUSHMANS×Rainbow Country

Type A-2 各種

RAGGED LEATHER(ラグドレザー)

HAND DYED RUSSET BROWN

"STEED"

 

DSC_4204-630.jpg

MUSHMANS×Rainbow Country

WIND WARD/30's Single Riders/Stand Collar Riders/Car Coat

RAGGED LEATHER(ラグドレザー)

HAND DYED RUSSET BROWN

"STEED"

 

でございますが、来店される大半のお客様に

画像より実物は物凄くイイ!!

との感想をいただくのが気になります(笑)

 

我々MUSHMANSは何とかブログの画像あっても実物の品質を伝えられるよう

撮影機材からテクニックまで、日夜研究しているのですが・・・

まだまだその成果が出ていないんだなぁ〜・・と

とても有り難い御意見として受け止めている次第でございます。

 

実際に来店いただけるお客様は、その品質を目の当たりにしていただけるのですが

こういったご意見が多いと、ちょっと焦ってしまうのも事実で

兎にも角にも撮影技術の向上を目指さないといけないなぁ、、と

その技術向上と、お買物されるお客様の参考になるよう、当ブログに新たなカテゴリー

 

"経年変化"

 

を追加いたしました。

 

このカテゴリーでは、あまり長ったらしく文章で構成するのではなく

レザーアイテムやデニム系アイテムを中心に、その経年変化を

画像中心に掲載して行こうと思います。

 

もし、この経年変化カテゴリーに掲載して欲しいアイテムがございましたら

是非リクエストを入れていただけると幸いでございます。

※現在販売中のアイテムに限ります、またご希望に添う事が出来ない場合もございます。※

 

という事で、このカテゴリーの一発目は

MUSHMANS×Rainbow Country

Type A-2 各種

RAGGED LEATHER(ラグドレザー)

HAND DYED RUSSET BROWN

"STEED"

 

着用二週間とまだまだ着込みも甘いのですが、既に雰囲気は良くなってきております。

実際のところ、車での通勤時と涼しい日のみの着用でして

強制的に経年変化させるような手法は施しておりません。

それでもここまでイイ感じの味わいが醸されておりますので、是非御覧下さいませ!↓

 

 

DSC_4495.jpg

 

DSC_4497.jpg

 

DSC_4498.jpg

 

DSC_4499.jpg

 

DSC_4500.jpg

 

DSC_4502.jpg

 

DSC_4504.jpg

 

DSC_4505.jpg

 

DSC_4516.jpg

 

 

 

次回はCYCLE CHAMPを掲載しようと思います。

所有のお客様で「我こそは!」という方がいらっしゃいましたら

是非撮影させて下さい!

 

 


| 1/1PAGES |

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode