MUSHMANS Athletic Wear "FLAT SEAMER Crew Neck T-Shirts" 今期の増産分が入荷しました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

ここ数日、物凄い暑さでしたが、これから数日間は少し落ち着くという事でしたので、今のうちに身体を回復させておきましょうネ!

関東甲信も梅雨入りとなりましたが、これから一か月間梅雨との付き合いが始まります。
昔ながらの梅雨という気候になってもらいたいものですが、すでにこの暑さでもございまして、このまま夏が来てしまいそうで。。。
さて、本日はMUSHMANS Athletic Wear"FLAT SEAMER Crew Neck T-Shirts"今期分の増産が完了いたしましたので、お知らせさせていただこうと思います。
今年で3年目となる、こちらのモデルでございますが、大変好評をいただいておりまして、MUSHMANSに御来店いただくお客様は勿論の事ですが、おそらく日本で三本の指に入る某有名バイクチームや某企業様のユニフォームにと、多くの団体様でもこのボディを使ってくれるようになっております。
着心地の良さと耐久性の高さを両立し、流行に左右されない適切なサイズ感も好評いただいているひとつのファクターなのかと思います。品質の高さの割にお求め易い価格設定というのも、評価いただいておりますね。
20190628_3053863.jpg

 

 

20190628_3053849.jpg

 

40/2(40番双糸)天竺をボディに使用し、適度な厚みと優しい肌触りを実現いたしました。

優しい手触りを追求しつつも経年による劣化を考慮しており、長いシーズン第一線で活躍する事ができるよう配慮したマテリアルを用いております。

40/2(40番双糸)という表記は天竺編をする時点での糸の構成を表したものです。

40番の糸を2本使いで天竺編みする為、編地の仕上がりは20/-(20番単糸)のものと同程度の厚みで仕上がるのですが、20/-(20番単糸)の天竺と比較すると編地のキメが細かく肌触りも気持イイ。さらに経年による劣化も少なく、斜行も少なくなりますので着用時の歪み感が少ないというのがポイントです。

MUSHMANSでの取り扱いブランドで比較的多いのが18/-(18番単糸)のラフィ天竺等といった紡績過程での落ち綿を織り交ぜた編地で、20番より太目の単糸使いによって、カサついたネップ感のあるボッテリとした物が多いです。そういった編地の魅力もございますので好みで使い分けという事になるかと思いますが、MUSHMANS Athletic Wearではマテリアルの高級さ、高級感、といった部分をより表現し、いつもより気持ちよく着用でき、さらに年間通してアンダーウエアとしても活用する事ができるボディを開発したのです。

 

20190628_3053879.jpg

 

また、ディテールに関しても注目していただきたいポイントです。

こういったシンプルなT-Shirtsの場合、デザイン性=ディテールという直結したものとなります。

シンプル過ぎると肌着感が出てしまい、激しすぎるとインナーとして使い勝手が悪いという事にもなってきます。

あくまで、日常の生活に寄り添ったものとする為に表現する部分はしっかりと、必要の無い部分はシンプルに仕上げております。

で、大きな特徴といたしましては、部分的に使用したフラットシーマ四本針の縫製です。

このフラットシーマというのは特殊なミシンを使用した四本針縫製のことで、縫い合わせる生地と生地を読んで字の如くフラット(平らに)にシーム(縫い合わせる)事ができる手法です。この縫製仕様にする事で縫い目のゴロつきを感じさせない、素晴らしい着用感を生んでおります。

この特殊ミシンは現代では希少であり、さらに縫製職人の技術が試される仕様という事にもなります。

 

そういった事でフラットシーマを用いておりますが、縫製箇所全てにこの仕様を用いるとディテール過多な雰囲気に感じるもので(個人的見解ですが)もう少しシンプルに出来ないものかと考えました。

そこで思いついたのが、適所にこのフラットシームを用い、必要の無い箇所には二本針の通常縫製を用いるというハイブリット方式でした。

 

肩部と袖部(アームホール)は動きの出る部分である為、縫製箇所のゴロつき感を無くすべくフラットシームで、それ以外の部分は通常の二本針縫製という二種類のミシンと縫製仕様にする事で、フラットシーマを用いた時の派手さをデザインのポイントとする事が可能となり、ディテール感とシンプルさを両立する事に成功したのです。

 

サイズ感に関してはスタンダードなサイズ感となっており、日頃MUSHMANSをご愛顧いただいているお客様には馴染みのサイズ感覚で設計しております。

 

34 ---身幅45cm/着丈59cm/肩幅41cm/袖丈17cm
36 ---身幅48cm/着丈60cm/肩幅44cm/袖丈19cm
38 ---身幅50cm/着丈65cm/肩幅45cm/袖丈20cm
40 ---身幅52cm/着丈67cm/肩幅46cm/袖丈21cm
42 ---身幅54cm/着丈69cm/肩幅47cm/袖丈21cm

 

 

上記が洗い上がり時の寸法となっておりまして、ワンウォッシュ納品ですので、ご購入いただきまして洗濯していただいても大きく縮むようなことはございません。

※個体によっては若干の寸法差異がございますので、予めご了承下さい。※

 

それでは、ここまで長々と書かせていただきましたので、ここからは画像で各々のカラー、ディテールを御覧下さいませ↓

 

 

20190628_3053850.jpg

 

20190628_3053853.jpg

【OFF WHITE】

ブリーチを強くかけず、糸本来の色も残した爽やかなカラー。

 

20190628_3053876.jpg

天巾は比較的狭く見えるかもしれませんが、一年も着用いただきますと結構広がります。

襟部のフライスも同素材ですし、テスト済みですのでヨレヨレになる事はありませんが

寸法自体は均等に広がる傾向にありますので、新品時はある程度狭い方が良いと思ってます。

 

20190628_3053851.jpg

 

20190628_3053852.jpg

フラットシーム部と二本針レギュラーシーム部です。

このハイブリット方式はデザインのアクセントにもなりますね。

 

 

それでは各カラー同一箇所を掲載します↓

20190628_3053858.jpg

 

20190628_3053862.jpg

【BLACK】

 

20190628_3053859.jpg

 

20190628_3053860.jpg

 

20190628_3053929.jpg

 

 

 

 

20190628_3053854.jpg

 

20190628_3053857.jpg

【MOKU-GRAY】

 

20190628_3053855.jpg

 

20190628_3053933.jpg

 

20190628_3053856.jpg

 

 

コチラが着用感です↓

20190628_3053864.jpg

着用感はこのような感じになります。

画像の人物はサイズ38-Mを着用。

シンプルな構成に、ポイントとなるフラットシーム部分。

さらに縫製糸を浮き立たせる事で、着用時の輪郭がハッキリとしてきます。

こちらMOKU-GRAYは杢糸を使用しており、この三色中最も気持ちの良い着心地です。

 

 

20190628_3053865.jpg

夏が終わったらA-2等のインナーにご使用下さい。

程好い着丈となっておりますので、シャツアウトでもシャツインでも活用可能です。

画像の人物はサイズ38-Mを着用。

A-2も同様サイズ38ですので、着丈のバランスは良好ですね。

 

 

20190628_3053866.jpg

こちらはBLACK。

最もステッチカラーが映えるボディカラーです。

何かと使い勝手の良い一着ですね。

人物はサイズ38-Mを着用しております。

 

 

20190628_3053867.jpg

最近の風潮でもございますが、ワンサイズ大きいサイズを着用していただくと

このような感じになります。

画像の人物はサイズ40-Lを着用。

最近の流行でもある、若干オーバーサイズ気味の着用にも対応できます。

カラーによってはサイズを変えてみるというのも面白いかもしれません。

 

 

20190628_3053863.jpg

Mushmans Athletic Wear

"FLAT SEAMER Crew Neck T-Shirts"

[MSC-005]

 

様々なブランド様の、素晴らしいT-Shirtsと日々触れあい多くの知識を得ました

そしてMUSHMANSらしいボディを開発いたしました。

 

間違って欲しくないのは、MUSHMANSのセレクトしているブランドさんのボディに

不満があって新たにオリジナルボディを製作した訳ではないという事。

それぞれのブランドコンセプトのもと

各ブランド素晴らしいT-Shirtsがラインナップされております。

 

あのブランドに対抗するとかそういった事でなく

今までに無い方向性のボディを開発したのです。

あくまで、私的見解での良いモノ、個人的に欲しかったモノ。

あくまで、皆様の選択肢のひとつとしてお考えいただければと思っております。

 

 

 

※チームや企業様へ※

こちらのボディは、チームや企業様にも大変好評いただいており、チームT-Shirtsとしてや企業用ユニフォームとして使用いただいてる実績がございます。

もちろん、着数が大口になりますと(50枚〜)一着あたりの単価を下げさせていただく事ができますし、チームロゴのプリントや刺繍、企業ロゴのプリントや刺繍も可能です。

もし高品質のT-Shirtsをチームや企業で使用されたいという事であれば、是非御相談下さいませ。

 

 

 

 

そして↓

20180730_2776221.jpg

Mushmans Athletic Wear

"FLAT SEAMER Crew Neck T-Shirts"

[MSC-005-NOVG]

新越谷警備隊T-Shirts 3rd

 

20180730_2776228.jpg

 

20180730_2776225.jpg

 

20180730_2776222.jpg

 

こちらも若干数増産しております!!

詳しくは→コチラ

 

 

 

 


MUSHMANS Original Work Shirts 新色リリースのお知らせです!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

 

粛々と過ぎたゴールデンウィークも終了し、なんだか少し寂しい気分になってきます。

例年とは正反対な連休でありましたが、ご来店いただきました方々とは、いつも以上にジックリとお話する事ができました。

平時に比べると、ご来店のお客様数は若干減っておりますので、静かに考え事をする時間が少し持てている昨今。

昨年末のリニューアルオープン移転準備から、今の今まで全力疾走でしたので、少し頭の中を整理する時間を持てる事も、これまた有意義な時間であると感じております。
 

本当に必要なモノは何なのか?不必要なモノは何なのか?こういった緊急時にこそ見えてくるものもございます。

物質的なモノ以外にも、色々です。
 

いつもより少しだけ静かな日々を送る事で、得るものも沢山あると感じます。

どうか皆様におかれましても、巣ごもりという言葉による圧迫感を跳ねのけて、脳内の回路だけでも壮大な思考の平原に開放してあげて下さいませ。

 

 

さて、コロナ禍という事態において、少なからず我々の分野にも影響が出てきておりまして、本日ご紹介させていただくアイテムも、その影響によって創出されたアイテムでございます。
 

 

物を作るという行為において、様々な物の行き来がある中で、生産背景(例えば工場)といった製造の場が動かなく(動けなく)なってしまうという事態が発生します。

生産背景というものは、多くの製造者によって成立しているものでありまして、これが止まってしまう事で大きな損失が生まれてしまうものであるのは周知の通り。

我々のオリジナルアイテムを製造してくれている先も、一連の騒動の中でポッカリと空白が出来てしまったようでありました。
 
今なら二週間で完成させられる。
 
この連絡が入った背景には、そういった騒動の影響があるのだろうと察する事ができました。
なかなかに難儀な素材と仕様のアイテムが、企画から二週間で完成に至る等という事は今まで無かった事でありましたので、色々な背景を鑑みて、少々時季が外れるものではございましたが、生産するという方向に踏み切りました。



 
DSC_2323.jpg
MUSHMANS
MUSHMANS Original
Utility Work Shirts
Super Heavy Oz HBT Fabric
Khaki Brown
 

Shirtsとして縫製できる限界を超えてしまったヘヴィーオンスファブリックを使用し、挑戦的なワークシャツ。

恐らくこのファブリックを使用してカバーオール等を作ったとしても"ヘヴィー"なという表現をされるであろうファブリックです。

ディテールに関しては奇を衒う事なく、シンプルisベストな作り込みとなっておりまして、じっくりとマテリアルと向き合う事ができるアイテムとなっております。

これから10年以上の時を共に過ごしたとしても、この凛とした生地感が損なわれる事がないよう、完全にオーバースペックな素材と強靭な縫製技術によって生み出されております。

 

縫製工場がシャツ工場からジャケット系の厚物を縫製できる背景へと変更となった事から、縫製の仕様も若干変更されており、さらに経年変化を存分に味わっていただく事ができる、素晴らしい新色でリリースいたします。


 

 

 

1-630.jpg
今回からは、ご購入されるお客様の好みによって完全プレーンな仕様もご用意しております。

 

新品時の風体はまさに"板"と形容しても良いのかもしれません。

工場出荷時にワンウォッシュと仕上げが成されており、前回から縫製背景を変更した事で仕上げの品質も向上しております。

初回生産分に比べると、製品として落ち着いた着心地の良い仕上げが施されております

現段階ではある程度こなれてはおりますものの、恐らく未洗い時はSHIRTS自体が自立する程であった筈です。

画像だけではなかなか伝わらない部分ではございますが、こちらの製品サンプルを御覧いただいたお客様からは「やり過ぎだ(笑)」とのお声もいただいたほどです。

仕上げにより落ち着いた印象になっておりますが、柔軟剤を入れずに普通に洗濯しますとバリバリの板のような風体になる事でしょう。

お好みで洗濯方法を変えて楽しんでみて下さい。

 

 

 

2-630.jpg
 
10-630.jpg

MUSHMANSオリジナルスペックのHBT(ヘリンボーンツイル)ファブリックは、硫化染料にて発色させております。

この硫化染である事で、素晴らしい経年変化が期待できます。

硫化染めは藍染等と同様に、染め上がった後に空気に触れる事で酸化し発色する性質を持っております。

作業に時間を要する為に、近年では反応染などのもっと効率の良い染色方法を採用するケースが増えておりますが、硫化染の"摩擦に若干弱い"という特性を生かして硫化染ならではの経年変化を楽しみたいという場合に採用する染色方法です。
 

またHBT(ヘリンボーンツイル)組織も表情豊かな経年変化をもたらす一つの要因です。

ヘリンボーン=ニシンの骨に似ているという事で名付けられた組織で、日本では杉綾織と呼ばれたりもしております。

タテ糸がヨコ糸の上を2本(3本)、ヨコ糸の下を1本、交差させて織られる織組織。これによってバイアス方向への引っ張り強度と引き裂き強度を高めております。

ミリタリーアイテムにも度々採用されているのを御覧いただくケースが多いと思いますが、そういった堅牢さ故に採用されるわけです。

この綾の切り替わりは、経年変化(色落ち)が進みますとよりハッキリと組織が見えてきます。

新品時よりも豊かな表情をお楽しみいただけるわけです。

 

 

11-630.jpg

コシのあるファブリックなので、腕皺がレザージャケットのように刻まれます。

この皺に対して色落ちが始まりますので、その先は御期待以上の仕上がりになるかと思いますよ!!

 

 

DSC_2339.jpg
 

 

DSC_2340.jpg

前回生産分から裾末端は"空環"の仕様へと変更しました。

ヴィンテージワークウエアによくみられる始末の方法です。

米国のワークエアシーンの成長期にみられた仕様で、大量生産する為に考案された合理的な仕様です。

裏糸に使用しているレインボーステッチも、この仕様にする事でより一層活きてくるという仕組みです。



 

 

 

 

と、これをプレーンで着るのも良いのですが

やはりシンプルなShirtsにはカスタムを施したくなるものです↓

 

FP1-630.jpg

+
DSC_2332.jpg

左胸ポケット上には"New Over Valley Guard"パッチが装着可能。

毎年好評いただいておりますプリントT-Shirts用に、スペインのアーティスト"MANEL LAVEY"によってデザインされた図柄を刺繍ワッペン化したパッチです。

三色使いながら同トーンで構成されており、大変収まりの良い仕上がりとなっております。




 

 

 

 

そして、これだけじゃあ物足りないよね!

っていうお客様、勿論今回もやります!↓

P1-630.jpg

+
+

 

 

 

こういった作業を夜な夜な事務所で行います。

完成している製品に施工する為ミスは許されません、慎重に時間をかけてペイントしております。

一着に要する時間・・・恥ずかしくて言えません(笑) とは言え、初回よりは効率も良くなって参りましたが、嬉しい事に大半のお客様からステンシルカスタムのご依頼をいただきますので、想像を絶する時間まで作業する事になります(笑)
 

全てお客様が決まってから、ご希望に応じて施工しております。

その為、どのお客様分を施工しているか認識しながら作業しております。

このお客様は出来るだけキレイな方が好きだよね。とか、このお客様は少しムラ感を出して粗野な雰囲気にすると喜ぶだろうな。とか、色々と考えながら作業していると時間を忘れてしまいます。
 

あまり集中力の無い人間だと自分では思っておりましたが、呼吸を忘れて没頭している事にふと気が付くと、自分自身がとても楽しんで施工している事を実感する次第でございます。

 

 

DSC_2328.jpg

右チェストポケット上

"NOVG"
 

 

DSC_2329.jpg

右カフス裏

"GUARD"
 

 

DSC_2330.jpg

左カフス裏

"N.O.V.G"
 

 

DSC_2334.jpg

襟裏

"MUSHMANS"
 

 

DSC_2335.jpg

背面

"NOVG"
 

 

DSC_2336.jpg

今回はダークブラウン色とエンジ色の二色使いでのステンシルペイント。

手前味噌ではございますが、なかなか纏まりの良い配色感になったと思います。

 

さて、この合計5箇所のステンシルカスタムは6,000yen+taxのアップチャージで施工いたします。

高いか安いかはご購入者様の感覚でございますので何とも言えませんが、私共としては精一杯のプライス設定であります。

また、先にこのWork Shirtsをご購入いただいたお客様にも、後からステンシルカスタムを施工する事が可能でございます。

ただ、どうしても即日施工する事ができませんので、一度お預かりさせていただき一週間程のお時間をいただければと思います。

全て手作業によるものですので、画像のような滲みや若干の歪みが出ます。

スプレーによるペイントでは無く、ペンキによるペイントですので、かなり新品時はバリっとした仕上がりです。

勿論、洗濯とともにペイントの剥がれが発生し経年変化もお楽しみいただけます。




 

 

 

と、いう事で、今回の作はお好みでカートにカスタム内容を入れていただく形となります↓
 

 

 

【プレーンが欲しい方は↓】

1-630.jpg

こちらのみをカートに入れてご購入下さい。




 
【パッチだけ取り付けて欲しいという方は↓】
FP1-630.jpg

 

この2アイテムをカートに入れてご購入下さい。




 

 

 

 

【やっぱりフルデコレーションでしょ!】

という方は↓

P1-630.jpg


 
さらに
 
この3アイテムをカートに入れてご購入下さい。

 
※ステンシルカスタムに関しましては、施工に時間を要する為即日の出荷ができませんので予めご了承下さい。※
また、ご来店のお客様で、ステンシルカスタムヴァージョンを即日お持ち帰りされたいという場合は、お電話やメールにて予めご予約をいただく事も可能です。但し、当店のポイントカードをお持ちのメンバー様に限らせていただきます。
新規ご来店のお客様は、大変申し訳ありませんが即日お渡しができませんのでご理解の程よろしくお願い申し上げます。




 
DSC_2276.jpg
 
DSC_2278.jpg
プレーン着用はこんな感じ。
ファーストモデルからサイズの変更は一切しておりませんので、ご安心を。
画像の人物はサイズ38を着用。




 
DSC_2281.jpg
 
DSC_2283.jpg
フルデコレーションヴァージョンの着用感はこのようになります。
先の画像と同様、画像の人物はサイズ38を着用しております。





 
DSC_2323.jpg
こういった状況下ではございますが
今回も素晴らしいモノとなりました。
この状況下においても、素晴らしい製品を仕上げていただいた
工場様へ、心より御礼申し上げます。
 
そして、皆様、どうかよろしくお願い申し上げます<m(__)m>




 

 

 

 

 

日本は負けない!

絶対にだ!

全てにおいて一流の国造りを、もう一度!




 

 

 

 


MUSHMANS Original Work Shirts "Limited" Regular Oz Twill "Dark Navy"を限定リリース!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

MUSHMANS新店舗にほど近い大型ショッピングモール"レイクタウン"も、この情勢を受けて当面の間休業としているようで、ここMUSHMANSの周辺はとても静かで過ごし易い状態となっております。

このウイルスの収束までは"欲しがりません勝つまでは"な状況でありますので、この有様も仕方ないと思いますものの、あのモールで働いていた何千名もの従業員さん達は、どうしているのだろう?と他人事ながらもいささか不安になってしまいます。

とにかく、早期収束に向けて、そして収束時までに倒れる事の無いよう、戦いはまだ続きます。

 

先日マスクが無い我々の対策として、バンダナを顔に巻いている姿を掲載いたしましたが、この状況をご覧いただいたお客様よりマスクの差し入れをいただきました。

この現況で、ご自身のストックも先行き不透明である中にも関わらず、こういったお気持ちを頂戴いたしますと、大変励みになるものでございまして、本日は荒みそうな気持ちも一転、とても温かい気持ちになったものでございます。

 

今は何をどうするのが正解なのか?本当に先行きが不透明で難しい状況となっておりますが、こういった気持ちの交流というのを肌で感じられる日々に、まずは感謝なのだと思った次第でございます。

 

 

さて、本日はMUSHMANS  Original Itemの限定新作をご紹介させていただきます!↓

 

1-630.jpg

MUSHMANS Original

Utility Work Shirts

"New Over Valley Guard"

昨年より大変ご好評いただいておりますMUSHMANSオリジナルのユーティリティワークシャツでございますが、今回は試験的にレギュラーオンスのツイルファブリックを使用して製作いたしました!
昨年リリースしたファブリックは、Shirts工場での縫製が困難な程にヘヴィーオンスのヘリンボーンツイルを使用しておりましたが、ここでは一般的なオンスのツイル生地を使用して製作を試みたものでございます。
雑な言い方をしますと『普通』なファブリックではありますが、その『普通』である事も時に必要な要素になったりもします。
例えば、レザージャケットのインナーに着用したい、それも比較的タイトなシルエットのレザージャケットに、という事になりますと、今までのスーパーヘヴィーオンスでは難しいという事にもなってきます。
そういったご要望もございまして、普段はあまりご要望に対してお応えするという事をいたしませんが、私個人的に少しライトな物も欲しいなぁ、といった想いもございました為にトライした訳でございます。
2-630.jpg
前回までは、ステンシルデコレーションの【有り】と【無し】をお選びいただける設定となっておりましたが、今回の作はステンシルデコレーションをする前提で構成しております。
その為、ストック分全てに私自身で施工したステンシルカスタムが施されております。
前作の販売時、殆どのお客様がステンシル有を選ばれておりましたので、ならば一気にやってしまおうという事でもございます。
それにしても、この着数全てにステンシルを施すのは、本当に骨の折れる作業でございました(笑)
4-630.jpg

左胸ポケット上には"New Over Valley Guard"パッチが装着されます。

こちらも長年好評いただいておりますプリントT-Shirts用に、スペインのアーティスト"MANEL LAVEY"によってデザインされた図柄を刺繍ワッペン化したパッチです。

三色使いながら同トーンで構成されており、大変収まりの良い仕上がりとなっております。

 

5-630.jpg

右胸ポケット上には"NOVG"(New Over Valley Guard)の頭文字をステンシル。

ネイビーボディにイエローのペンキステンシルが映えます。

 

9-630.jpg

 

11-630.jpg

背面にも大型NOVGステンシルを!

この大型ステンシルは、ペンキのムラ感をお楽しみいただきたいので、その雰囲気を演出するのが大変(笑)

綺麗にならいくらでもできるのですが、あえて滲ませたり、色ムラを作ったりと、色々と考えながらステンシルを入れます。

スプレーでは無く、ペンキで塗っておりますので、洗濯をして少しずつ退色する感じもお楽しみいただけます。

 

12-630.jpg

襟裏にはMUSHMANSステンシルが入り、襟をスタンドアップした際にチラッと見える仕様です。

 

13-630.jpg

これが個人的には結構好きなポイントなのですが、カフス裏側にもステンシルしております。

カフスを折り返して着用いただいた際にアクセントになるポイントです。

 

6-630.jpg

そして、今作はポケットの仕様を変えてみました。

ポケットにはフラップを取り付け、左胸にはボールペンポケットを採用。

 

7-630.jpg

そして、ポケット全長を延長した事で、昨今のスマートフォンがすっぽりと入る仕様になっております。

 

8-630.jpg

ファブリックに関しては、前述した通りレギュラーオンスのツイルですので、気負う事なく着用いただけますね。

 

 

 

DSC_1382.jpg

という事で着用。

画像の人物はサイズ38を着用しております。

確かに生地は前作に比べライトになりましたが、サイズを変える必要はございません。

比較的密に織り上げられたツイルは、コットン100%でありながらも上品な光沢感を兆します。

今まで重厚の極みとも言えるファブリックを採用しておりましたので、これはこれで新鮮に感じるものでございますね。

 

 

DSC_1386.jpg

背面はこんな感じです。

ネイビーにイエロー文字は、米国の連邦捜査官のような雰囲気を醸します。

 

 

本日より限定リリース!!

いつもより着数が少なめですので

端のサイズは一瞬で無くなってしまう事でしょう。

 

兎にも角にも

お早めに!!!!

 

 

 

 

1-630.jpg

MUSHMANS Original

Utility Work Shirts

"New Over Valley Guard"

 

 


待望の再生産!! MUSHMANS Original Spec "CLASSIC TROUSERS" Cavalry Twill Beige

 皆様こんにちは!!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

大変長らくお待たせいたしました!

6か月以上の長きに渡って欠品状態となっておりました【MUSHMANS Original Spec"CLASSIC TROUSERS"-Beige】ですが、この度再生産を行いまして、フルサイズ補充が完了いたしました!

 

img.jpg

MUSHMANS Original

60's Style

Original Spec

"CLASSIC TROUSERS"

Cavalry Twill Beige

[MSP-001]

 

MSP1-630.jpg

こちらのアイテムに関する詳細は

↓↓↓

コチラ

のページにて詳しく解説しております。

是非一度ご覧になって下さい!

 

とにかく拘りぬいたシルエット、上質なマテリアル、カジュアルシーンは勿論の事、ビジネスのシーンでも活用いただけるアイテムでございます。

癖になるフィット感、だからと言って窮屈に感じない着用感、これは熟練のパタンナーによって構築された型紙であるという事を直感的に感じるものとなっております。

 

1.jpg

 

2.jpg

 

3.jpg

 

 

前回の生産時に間に合わなかったお客様、是非この機会に!

 

 

 

 


MUSHMANS Athletic WearからNewマテリアルを使用したSweatをリリースします!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

 

ロングディスタンスでの開催となりました、SANDALMANカスタムオーダー会も盛況のうちに終了となりまして、激動の10月も月末を迎えました。
 

この時季はバイクに乗るのも良い気候なのですが、結局のところ全く走りに行けずにシーズンオフを迎えてしまいそうです。

まあ、今年はアメリカを思う存分走りましたから、贅沢は言えません。
 

これから本格的な繁忙期を迎える訳ですので、それらの準備に取りかかろうかと思っております。
 

 

さて、本日は既にオンラインショップ上で掲載しておりましたものの、詳細のPRが出来ていなかったアイテムの紹介をさせていただこうと思います。

 

 

MUSHMANS Athletic Wear

2019-20 FW Collection

新たなマテリアルを使用した新作モデルのご紹介。

 

まずはコチラから↓

 

SH-1-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

"REVERSE WEAVE SWEAT SHIRTS"

Open End Yarn

[MSC-009]

Gray/Oatmeal

 

 

2シーズンに渡って、大変好評いただいているMUSHMANS Athletic WearのSWEATでございますが、今年は新たなマテリアルを追加いたしました!

昨シーズンまで使用しておりました[コットン×リヨセル]の優しい着用感も大変魅力的ではありますが、今年はトラディショナルな仕様のマテリアルを採用。

昨年までのマテリアルとは、対極とも言えるものといたしました。

 

まずは、ディテールに関してご説明させていただきまして、マテリアルに関しては最後に記述いたします。


 

 

 

SH-2-630.jpg

Gray
 

 

SH-3-630.jpg

Oatmeal

 

 

ディテールに関しては、昨年までの仕様と同様の[REVERSE WEAVE Type]となります。

往年のアスレチックウエアブランドである米C社のREVERSE WEAVE SWEAT SHIRTSのディテールを踏襲しつつ、スッキリとしたシルエットで構築した一着でございます。

スッキリとしたシルエットと言いましても、単純にタイトなサイズ設定とした訳では無く、無駄と感じる部分を削ぎ落としたのみの洗練されたシルエットをお楽しみいただけます。

 

 

 

SH-5-630.jpg

 

SH-6-630.jpg

定番的なREVERSE WEAVE/リバースウィーブの作り込み。

縦縮みを軽減させるべくボディーの生地方向が横方向になるようにしております。

さらに、横縮みをも防止するべく脇位置にリブを使用。これによって、動き易さも確保し耐久性にも富むという理にかなったディテールとなっているのです。
 

物としての使い勝手に着目したディテールでありながら、サイドリブや横方向の生地使いがデザイン性にも繋がっているという全てにおいて完成度の高いモデルでございます。

各パーツをフラットシーマで接合した、ヴィンテージテイスト溢れるディテールをお楽しみ下さい。

ここまでの構成は昨年までと同様ながら、若干のサイズ感の変更を実施いたしました。
今作は、よりヴィンテージを意識したマテリアルを使用しておりますので、その雰囲気に合わせて 着丈を若干短くしております。
とは言っても、パターン上で1cm程度でございますので、それほど変化に違いを感じないという方もいらっしゃるぐらいの小変更ではございます。


 
SH-4-630.jpg
SH-8-630.jpg
首廻りの天巾に関しても、窮屈過ぎない設定となっておりますので、様々なインナーに対応します。
サーマルやT-Shirts等は勿論の事、薄手のShirtsをインサートして襟を出していただく事も容易な設定となっており、その着こなしの幅は無限大と言えるでしょう。
 
カラーリングに関しても、定番的な杢グレーとオートミールの二色設定となっております。


 
DSC_7088.jpg
着用感を御覧下さいませ。
まずGrayでございますが、我々がご提案するようなカジュアルスタイルを志した方であれば、既に数着持っていても不思議ではない圧倒的定番カラーでございます。
定番カラーであるからこそ、使用頻度が高い為 様々なバリエーションが欲しくなるアイテムでもございますね。
今回仕様しているマテリアルは、昨年までのモデルに比べ重厚感と存在感がございます。
着皺の入り方がそれを物語っており、着応えのある一着です。
画像の人物はサイズ38(M)を着用しております。 往年の定番的コーディネートもそつなくこなせる、絶対に一着は持っておきたいアイテムですね。


 
DSC_7083.jpg
次にオートミールの着用です。
このカラーは土臭さを感じて良いですね。使い込む程に味わい深く変化して行くのが楽しみな一着です。
デニム等との相性も良く、Gray同様定番的なカラーでもありますね。
シルエットを御覧いただきますと解りますが、比較的短めな着丈がトラディショナルな雰囲気を持っており、こちらも長く愛せる物となっております。
画像の人物は38(M)を着用。




 
そして、クルーネックがあれば、やはりコチラも↓
PA1-630.jpg
上記で先にご紹介いたしました、クルーネック同様のREVERSE WEAVE型のパーカも同時リリース!
今作では、フードを後付け仕様、さらにカンガルーポケットも後付け仕様となっております。
個人的に着用時のフードの座りは、後付け仕様の方が好みなのですが、使用するマテリアルによって向き不向きもございます。
今回のマテリアルには後付けがマッチすると考えて、こちらのディテールを採用しました。


 
PA2-630.jpg
Gray

 
PA3-630.jpg
Oatmeal

 
PA4-630.jpg
PA5-630.jpg
比較的しっかりとしたサイズにフードにしておりますので、実際にご使用いただく事が可能です。


 
PA6-630.jpg
PA7-630.jpg
カンガルーポケットは、ポケットセンターを縫製しておりますので、左右貫通ではなく独立しております。
これによって、着用時にポケットがプクっと浮き出してしまわないようになっておりますので、シルエットに影響を与える事なくハンドウォーマーとしてご使用いただけます。


 
PA8-630.jpg
PA9-630.jpg
袖リブと裾リブも、かなりしっかりとした物となっております。
これはクルーネックも同様で、長期間気兼ねなく使えるように配慮しております。


 
DSC_7097.jpg
それでは着用してみましょう。
先ず始めに、レザージャケットのインナーとしてのコーディネートを御覧下さい。
着丈を調整した事によって、ショート丈のレザージャケットを着用いただきましても裾末端の位置が絶妙です。
さらに、後付け仕様のフードは自然に広がりますので、レザージャケットの襟との相性も良いですね。
これからの時季には、フードが付いていると首廻りの冷気も遮断してくれます。
画像の人物はサイズ38(M)を着用。


 
DSC_7090.jpg
良い感じに肩肘張らない感じが好印象なオートミール。
単品で着用いただきますと解り易いのですが、後付け仕様のフードは着用時に一旦肩方向へ広がる感じが好きです。
まさに今時季最高の一枚ですね。
画像の人物はサイズ38(M)を着用しております。



 
そして、今回のマテリアルについてご説明しましょう。
 
商品名にも記載がありますので、洋服に対しての造詣が深い方には一発で解ってしまうのかもしれませんが。。
Open End Yarn(オープン エンド ヤーン)=空紡糸
今回の使用しているマテリアルは、オープンエンド紡績の糸を編み立てたSweat地を使用いたしました。
 
前作のマテリアルはコットン×リヨセルをリング紡績した糸を使用して編み立てられていましたので、その素材感は全く異なるものとなっております。
 
古くからアメリカのカットソーには、基本的にオープンエンドヤーンが使用されてきました。
ヴィンテージで見られる、カラっと乾いたムラ感のある素材感こそオープンエンドヤーンのそれです。
 
一般的にオープンエンド糸とリング糸とでは、リング糸の方が生産コストが高く、糸自体の強度も上であると言われます。
それは紡績方法によるものですが、現在ではオープンエンド紡績機も進化を遂げ、オープンエンド糸=安価な糸という図式ではなくなってきているとも言われております。
 
特にカジュアル界では、オープンエンド糸が醸す豊かな表情が脚光を浴び、様々な新型紡績機も導入されているようです。
このページで紡績方法を詳しく説明するのは、文字ベースとなりますのでちょっと難しいですから、もしもっと掘り下げたいという方がいらっしゃいましたら、ご来店時に分かりやすくご説明しますのでお声がけ下さい(笑)
という事で、オープンエンド糸とリング糸を使用した際の、素材の違いを纏めると以下のようになります。
 
素材の滑らかさ。
オープンエンド糸<リング糸

素材の存在感
オープンエンド糸>リング糸

素材のボリューム感
オープンエンド糸>リング糸

素材のアメリカ感(粗野感)
オープンエンド糸>リング糸

素材の高級感
オープンエンド糸<リング糸

素材の暖かさ
オープンエンド糸>リング糸
※糸に膨らみがあるので、空気の層が作られやすい※

素材のコスト
オープンエンド糸=リング糸
※糸単体で言えばオープンエンド糸<リング糸とも言えますが、編み立てによってはそれに限らず。※


 
という事で、どちらが良いか悪いかという事では無く、製品のコンセプトや求める雰囲気によって使い分けるのが良いと言えるでしょう。
 
今回のアイテムに関しては、アメリカントラディショナルなカットソーを目指して作っておりますので、このオープンエンドヤーンが適していると考えられます。


 
SH-7-630.jpg
さらに、裏起毛をしっかりと施しておりますので、非常に優しく温かい肌触りも魅力なマテリアルです。





 
今回の新素材 オープンエンドヤーンを使用したモデル↓
SH-1-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

"REVERSE WEAVE SWEAT SHIRTS"

Open End Yarn

[MSC-009]

Gray/Oatmeal


 

 

 

 

PA1-630.jpg

 

 

 

そして従来までのリング糸を使用しているモデル↓

Crew1-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

 "REVERSE WEAVE SWEAT SHIRTS"

[MSC-006]


 

 

 

PARKA1-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

 "REVERSE WEAVE SWEAT PARKA"

[MSC-007]


 

 

現在、両方のモデルをストックしております。

オープンエンド糸

リング糸

両方の質感を体感いただける状態です。

 

是非、一度その両方を味わってみて下さい。




 

 

 

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS Athletic Wear 新作アイテムの入荷です!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

SANDALMAN カスタムオーダー会 絶賛開催中のMUSHMANSですが、以前より要望の多かった[MUSHMANS Athletic Wear]の新作アイテムが入荷いたしましたので、ちょっと遅い時間になってしまいましたが早急にUPしなければ!!との思いでPCに向かっている次第でございます。

 

本日から店頭に並べておりましたので、既に完売してしまったサイズやカラーもございます。

工場に少量だけ生地があった為に実現した、希少限定モデルですので、是非お早めに!!

 

それでは御覧下さいませ↓↓

 

CRew Bracelet Length1-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

"REVERSE WEAVE SWEAT SHIRTS"

Bracelet Length Sleeve

[MSC-006C]

 

 昨年末にリリースし、その着心地で大変好評いただいておりますライトウェイトSWEAT Shirts。

この軽快な着用感から、季節の中間に着用できるスリーブレングスも作って欲しい!との御要望が多数上がっておりました。

今回、工場さんへ残布のストック状況を確認したところ、少量ではございますが生産が可能との事でしたので、試しに作ってみた少量限定モデル!

 

構成は基本的に踏襲しておりまして、定番的なREVERSE WEAVE/リバースウィーブの作り込み。

縦縮みを軽減させるべくボディーの生地方向が横方向になるようにしております。

さらに、横縮みをも防止するべく脇位置にリブを使用。これによって、動き易さも確保し耐久性にも富むという理にかなったディテールとなっているのです。

物としての使い勝手に着目したディテールでありながら、サイドリブや横方向の生地使いがデザイン性にも繋がっているという全てにおいて完成度の高いモデルでございます。

各パーツをフラットシーマで接合した、ヴィンテージテイスト溢れるディテールをお楽しみいただけます。

 

こちらのアイテム、裏起毛をせずに裏毛仕様で作っている為、かなり長いシーズンでご使用いただけるようになっております。

そうなってきますと、袖丈がフルレングスではない物も欲しくなる。 これは個人的にもよく解ります。

という事で。↓

 

BK-630.jpg

BLACK

 

OLV-630.jpg

OLIVE

 

PP-630.jpg

PURPLE

 

GY-630.jpg

STONE GRAY

 

今回はBracelet Length Sleeveという事で、8分丈に袖丈を設定しております。

粗野な雰囲気で、よりカジュアルにご使用いただきたい為、袖の始末はロック仕上げにいたしました。

 

時計やブレスレットを付ける方や、この時期からA-2やライダース等のレザージャケットのインナーに使用される方には、フルレングスのリブが少々邪魔に感じるシチュエーションがあったりしますよね。

そういった煩わしさを払拭できるのが、Bracelet Length Sleeve(8分袖)な訳でございます。

 

これは本当に、この時季重宝するディテールです!

 

カラー展開は↓

CRew Bracelet Length2-630.jpg

 

Crew Bracelet Length3-630.jpg

なんとか前回リリースしたカラーを全色ご用意できました!

 

 

 

それでは着用感を御覧いただきましょう↓↓

 

DSC_7017.jpg

まずは、こちらBLACKでございます。

Bracelet Length Sleeve(8分袖)になるだけで、肩の力が抜けると言いますか、なんとも軽快な印象になりますね。

御覧の通り、時計やバングルとの干渉も無く、少し肌寒くなるこの季節の着こなしにベストマッチしますね!

画像の人物はサイズ38(M)を着用しておりまして、こちらは未洗いの状態です。

レザージャケットのインナー等に使用されたりと、もう少しタイトに着こなしたいという方は、タンブラー乾燥していただく事でシュリンクフィットするようになっております。

 

 

DSC_7025.jpg

粗挽きな杢感が印象的なSTONE GRAY、最も着心地が優しいのがこのカラーです。

もともとコットン×リヨセルを使用した編み地ですから、着心地がソフトで気持ちの良いSWEATなのですが、その中でもより柔らかくふんわりとしております。

 

既にこの編み地を使用して3シーズン目になりますが、念のためリヨセルについてご説明しておきますね。↓

リヨセルとは

比較的新しい素材であるこのリヨセルは、レーヨンの代替素材として生まれた繊維です。

もともとレーヨンもシルクの代替繊維でありますが、木材パルプを原料に作られるレーヨンは頗る水に弱い性質を持ちます。

この弱点を克服したリヨセルは、レーヨンと同じようにシルクのような手触りと光沢感を持ちます。

原料に関してもポリエステル等のような化学繊維とは異なり、ユーカリの木材を原料に作られる繊維。

水にも強く、吸湿性にも富んだ素材です。吸湿性に富んでいる事でレーヨンやポリエステルのように静電気が発生しないというのも嬉しいポイントです。

また、繊維強度も強く、ウォッシュ→乾燥を繰り返しても強度が落ち難いのも特徴のひとつです。

 

 

DSC_7028.jpg

こちらはOLIVEです。OLIVE DRABと表記しても良いかもしれない、少々ブラウン色が強めなオリーブ色です。

レザージャケットとの相性が良く、ブラックからブラウン系のレザーまで幅広くコーディネートいただける心強い味方です。

Bracelet Length Sleeve(8分袖)の袖末端の始末をロック仕様にしている事で、カットオフ感が出て粗野なコーデをお楽しみいただけるのも嬉しいですね。

 

 

DSC_7022.jpg

最後にPURPLEの着用です。

こちらはサイズ40(L)を着用してみました。

この若干オーバーサイズ感も、Bracelet Length Sleeve(8分袖)だからこそカッコよく仕上がりますね。

あえてこういったサイズをお選びいただくのもよろしいかと思います。

 

 

 

 

 

CRew Bracelet Length1-630.jpg

 

MUSHMANS Athletic Wear

"REVERSE WEAVE SWEAT SHIRTS"

Bracelet Length Sleeve

[MSC-006C]

 

 

少量、限定生産です!

まさに今時季にピッタリのアイテム!!

 

お早めに。

 

 

 

 

 

SANDALMANカスタムオーダー会開催中!!

SANDALMAN(サンダルマン)カスタムオーダー会

開催日程

2019年10月19日(土)〜10月27日(日) 全8日間

※10月23日(水)は定休日の為、日程には組み込まれておりません。※

 

 

こちらも併せてよろしくお願い申し上げます!

 

 

 

 


MUSHMANS Athletic Wear "FLAT SEAMER Crew Neck T-Shirts" NOVGプリントヴァージョン再入荷しました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

大変長らくお待たせしておりました。

欠品していたカラーとサイズが多数であったこちらのアイテム↓

 

DSC_5469-630.jpg

Mushmans Athletic Wear

"FLAT SEAMER Crew Neck T-Shirts"

[MSC-005-NOVG]

新越谷警備隊T-Shirts 3rd

 

 

 

DSC_5476-630.jpg

【OFF WHITE】

 

 

DSC_5491-630.jpg

【BLACK】

 

 

 

DSC_5482-630.jpg

【MOKU-GRAY】

 

 

サイズ欠け、カラー欠けしておりましたコチラのアイテムが、ようやく補充されました!

今なら全色・全サイズご用意可能です!!

 

昨年のちょうど今頃にリリースしたアイテムでございましたが、フロント面は無地、背面のみの大型プリントという事で大変好評いただいておりました。

 

コチラのアイテムに関してのご説明は⇒ コチラ より御覧いただけます。

 

 

DSC_5446.jpg

【OFF WHITE】

 

 

DSC_5455.jpg

【BLACK】

 

 

DSC_5449.jpg

【MOKU-GRAY】

 

 

プリントも好評いただきましたが、ボディーの良さに定評のあるアイテムです!

 

前回買い逃してしまった方!お早めに!

 

 

 


MUSHMANS Original "CLASSIC TROUSERS"リリースのお知らせ。

 皆様こんにちは!!MUSHMANS代表の藤田です!!!

 

いよいよ今週末から臨時休業となります。

渡米前に出来る限りやり残した事の無いよう進めておりますが、どうしても日程的に厳しい部分もあり、手落ちが無いか心配でならない今日この頃でございます。

 

念のため今回の臨時休業に関してのお知らせを、再度御報告させていただいてから本題に入らさせていただこうと思います。

 

臨時休業のお知らせ

 

この度MUSHMANSは社員・お客様研修の実施に伴いまして下記の日程で

臨時休業をさせていただきます。

 

臨時休業期間

2019年7月6日()〜7月14日() 9日間

 

7月15日(月・海の日)からは通常通り営業いいたします。

 

ONLINE SHOPに関して↓

休業期間中はご注文を承る事は可能でございますが、発送に関しては15日以降となります。
メールでのお問い合わせに関しては、出来る限り休業期間中でも対応いたしますが、お問い合わせの内容によっては、営業再開後のご回答となります。
ご利用いただきますお客様へは大変御迷惑をおかけたしますが、何卒ご了承下さいませ。  
 

今回の臨時休業に関しての詳細は→ コチラ をClick。

 

 

 

それでは本題に入ります!

 

本日はMUSHMANS史上初のオリジナルボトムス。

今まで様々なオリジナルアイテムをリリースして参りましたが、初となるオリジナルのボトムを製作いたしました。

様々なブランド様と別注ではボトムスをリリースしておりましたが、完全オリジナルは今回初です!

それでは御紹介させていただきます。

 

img.jpg

MUSHMANS Original

60's Style

Original Spec

"CLASSIC TROUSERS"

Cavalry Twill Beige

[MSP-001]

 

 長年温めた企画が遂に開花いたしました!

8年程以前から、ベースとなるヴィンテージを買い漁り、見つけたヴィンテージは全て寸法修正をしたりとカスタムを施す。

それを着用して気に入らない部分はさらに修正を入れる。

いつかは製品化をと願いながらも、そんな事をしていたらいつのまにか時は経過しておりました。

今回ようやく私個人的にベストであると思えるシルエットが完成した事で、製品化に踏み切りました。

まさか初めてのオリジナルボトムがブーツカットになろうとは(笑)

世の中の流行とは全くもって逆行するかたちとなりますが、そういった流行に対峙するのがMUSHMANSのスタイルであると言っても良いのかもしれません。

今回のオリジナルモデルが  "良い!!"と感じられる方と  "これは無い・・"と感じられる方、二分されるんじゃないかと思われます。

はっきり申し上げて万人ウケを完全に無視した、完全自己満足モデルの誕生。 それでは以下詳細となります。↓

 

MSP1-630.jpg

米L社が60年代からリリースを始めた"STA-PREST"(通称スタプレ)をソースに、我々が理想とするノンデニムの究極を追い求めた一本です。

シルエットに関してはスタプレ517モデルをベースとしており、ブーツカット仕様となっております。

まさかMUSHMANSでブーツカットが出るとは、驚いた方も多いかもしれません。

当店でのデニムラインナップは基本XXスタイルの無骨なモデルを提案しておりますし、今までブーツカットモデルを店頭でストックした事は殆どありませんでした。

個人的にデニムパンツのブーツカットスタイルには少々抵抗がありまして、過去に一度も所有した事が無いほど毛嫌いしております(笑)

ブーツカットがいけないとか、ダサいとかそういった事では無くて、どうも食指が動かないだけであって、誰しもある好みの問題なのかと思いますが、このスタプレタイプに関してだけはブーツカットに惹かれるという、ちょっと風変わりな嗜好がございました。

 

 

DSC_4766.jpg

実は結構な本数のスタプレを保有しておりますが、私自身のコレクションは全て70年代以降のポリエステルを使用した物です。

過去にどこかの古着屋さんで見つけた、60年代中盤の初期モデルに近いスタプレ?(それは517モデルではありません、517は70年代に入ってからですからね)に使用されていたコットンツイルの比較的重厚な生地感の個体、これが頭から離れずにいました。

このファブリックで517スタイルのスタプレがあったらカッコイイのになぁ。その願いを今回のモデルで実現しております!

あの時に触れた生地感に非常に近いファブリック、それは今回のモデルに使用している"キャバリーツイル"です。

ファブリックの表情を至近距離で御覧いただきますと、上記添付の画像で御覧いただくように2本の強い畝(ウネ)がハッキリと確認できるかと思います。

キャバリーツイルの名称は、第一次大戦時に英国軍士官の騎乗用ボトムにこのファブリックが採用されて事から、こう呼ばれております。

非常に耐磨耗性に優れ、現代ではコート等にも使われる事が多いコットンツイルファブリックです。

 

 

MSP4-630.jpg

フロントはジッパーフライでスライダーはUNIVERSALのロック式を採用。

今回のシルエットではジッパーフライで無いと美しいシルエットが達成できないので、MUSHMANSでは珍しいジッパーフライモデルとなっております。

トップボタンはあえてリベットにはせず、糸止め使用のナット釦を採しております。

 

 

MSP7-630.jpg

トラウザースですがバックポケットはスタプレ同様のパッチポケット、カジュアルトラウザースとしても活用いただけます。

 

 

MSP5-630.jpg

センタープレスは樹脂等を使用して定着させる手法を取っておりません、その為洗濯後にプレスが取れますので、お好みでプレスを入れずに穿いていただく事もできます。

 

 

MSP6-630.jpg

ウエストベルト内側にMUSHMANSラベルを装着し、外面にはブランドロゴが露出しないようになっております。

 

 

 

 

さて、このアイテムの真髄はシルエットにあり。

御覧下さいませ↓

1.jpg

1-2.jpg

深めに設定された股上がクラシックな印象をより一層引き立てます。

追求したのは腰廻りのフィット感と絶妙なブーツカットフレア具合。

腰廻りは、ワタリ幅を何度も修正し日本人の腰周りの寸法にしっかりとフィットするようにいたしました。

腰でしっかりとホールドする事で、ウエストに依存せずにフィットさせる事ができるのが特徴です。

この股上の深さですとウエストがフィットし過ぎる場合、着座の姿勢が取れなくなってしまいます。それを回避する為に腰周りはタイトであってもウエストに余裕が生まれ、無理の無い装着感を生み出しております。

またヒップ廻りもしっかりとフィットさせる事で、絶妙な収まりを感じていただける事でしょう。

 

さらにブーツカットのフレア具合ですが、個人的な好みでパッと見ストレートなのか?ブーツカットなのか?判別し難い程度のフレア感にしております。

これは36インチレングスを購入し、32インチ程度まで裾上げを行った場合のフレア具合を再現できるように狙っております。

日本人の体型に最も合うシルエットになったと思っております。

この股上の深さと絶妙なフレア設定によって、欧米人に比べて短足な日本人でも立ち向かえる仕様です(笑)

 

画像の人物はサイズ32を着用、細めのシルエットですが気持ち良く穿けております。

 

 

 

それではコーディネート例をいくつか↓

2.jpg

2-2.jpg

こういったジャケット+パンツ スタイルにも使える一本です。

キャバリーツイルならではの重厚な生地感が、ツイード等に合わせても負けないオーラを持っております。

チノクロスやウエストポイントとは一線を画す高級感を楽しんでいただける事でしょう。

 

 

 

3.jpg

3-2.jpg

勿論レザージャケットとの相性も抜群です。

あからさまなフレア感が無いのがコーディネートの幅を広げております。

少しだけ落ち着いた、大人なレザーコーディネートを実現いたします。

※着用レザージャケット:限定モデル Rainbow Country×MUSHMANS "BEAR LAKE"(予約受付中)

 

 

 

4.jpg

4-2.jpg

A-2だってこなせてしまうのが素晴らしい。

私が最も好きなA-2の着こなしなのですが、勝手に名付けた"退役軍人風A-2コーデ"という着こなしにマッチします。

着丈の短いA-2ですが、このトラウザースの股上寸法であれば最高にバランスが取れます。

ヒップポケットも若干上付けになっておりますので、リブ直後にヒップポケットが配置され絶妙なバランスを生み出しておりますね。

※着用レザージャケット:限定モデル Rainbow Country×MUSHMANS Type A-2 "RED CORE HORSE MARS"(予約受付中)

 

 

 

5.jpg

5-2.jpg

これからのシーズンではハワイアンシャツでもバッチリ合います。

ハワイアンシャツも基本的にはボックスシルエットとなっており、着丈が短い為このトラウザースとの相性は抜群です。

どうしてもやんちゃなイメージとなるハワイアンシャツですが、こういった洗練されたトラウザースとコーデしていただくだけで、落ち着いたスタイリッシュな印象を醸す事ができるわけです。

※着用ハワイアン: "Hukilau"ROSS SUTHERLAND SUN FASHIONS[SS38103] (販売中)※

 

 

 

 

 

さて、こちらのアイテムですがようやくブログでPRする事ができました・・・。

実は先週末に入荷して、店頭に並んだ瞬間から驚く事に大好評。

なんで大好評な事に驚くんだよ?って感じだと思いますが、良く考えてみて下さい。

世の中のファッションシーン的には「股上が浅い」「テーパードシルエット」のボトムスが人気アイテムとして定着しており、メーカーやブランドでも特にブーツカットのラインナップは隅に追いやられつつある存在となっていますよね。

そこにきての「股上が深い」「ブーツカットシルエット」という完全に時代に逆行したところを追求したモデル。

完全に天邪鬼と言っても良い仕様な訳でございます(笑)

そういったアイテムを、強烈に共感していただけた方が先週末物凄く多かった事、これほど嬉しい事ってありませんよ!

流行というものや、世の中の風潮というよりも、自分の求めたいスタイルがあるって事は尊いものであると思っております。

そして、こういった絶対的に世間のマスには受け入れてもらえない企画を実行できるのが、我々の強みであるとも思っております。

洋服というもので己を表現できるという事。それをバックアップして行ける『洋服屋』を目指して、これからも突き進む原動力をいただけた先週末。

楽しくて仕方ありません(笑)

 

 

img.jpg

 

 

MUSHMANS Original

60's Style

Original Spec

"CLASSIC TROUSERS"

Cavalry Twill Beige

[MSP-001]

 

 

 

 

 

 

オリジナル製品というのは、非常に生産ロット数が多く結構な量の入荷数でございました。

が、しかし、現段階でサイズ28はラスト一本だったり、それ以外も全サイズ数本ずつのストックになってしまいました。

もし、このブログを御覧いただいて「カッコイイじゃん!」って思ってくれた方がいらっしゃいましたら、まずは是非一度ご試着いただければ幸いでございます!!

 

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS Original Work Shirts 再生産分の入荷&新色追加です!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

 

毎週のようにスペシャルアイテムのリリースです(笑)

寝る間も惜しんでの新作アップロードとなっておりましてオンラインショップやブログの更新が遅くなってしまっております、深夜にも関わらずご注文いただく皆様には、本当に力をいただいております。

有難うございます!!
 

 

さて本日は、大変好評いただいている"MUSHMANS Original Work Shirts"の再生産分入荷のお知らせと、新色追加のお知らせをさせていただこうと思います。

 

 

DSC_3752.jpg

 

Shirtsとして縫製できる限界を超えてしまったヘヴィーオンスファブリックを使用し、挑戦的なワークシャツをオリジナルで仕立てました。
恐らくこのファブリックを使用してカバーオール等を作ったとしても、ヘヴィーなという表現をされるであろうファブリックです。
ディテールに関しては奇を衒う事なく、シンプルisベストな作り込みとなっておりまして、じっくりとマテリアルと向き合う事ができるアイテムとなっております。
これから10年以上の時を共に過ごしたとしても、この凛とした生地感が損なわれる事がないよう、完全にオーバースペックな素材と強靭な縫製技術によって生み出されております。
まずは前回生産し一瞬で完売となったカラー【Black】
縫製工場がシャツ工場からジャケット系の厚物を縫製できる背景へと変更となった事から、縫製の仕様も若干変更されております。


 
SH10-630.jpg
新品時の風体はまさに"板"と形容しても良いのかもしれません。
工場出荷時にワンウォッシュと仕上げが成されており、今回縫製背景を変更した事で仕上げの品質も向上しております。
前回生産分に比べると、製品として落ち着いた着心地の良い仕上げが施されております
現段階ではある程度こなれてはおりますものの、恐らく未洗い時はSHIRTS自体が自立する程であった筈です。
画像だけではなかなか伝わらない部分ではございますが、こちらの製品サンプルを御覧いただいたお客様からは「やり過ぎだ(笑)」とのお声もいただいたほどです。
仕上げにより落ち着いた印象になっておりますが、柔軟剤を入れずに普通に洗濯しますとバリバリの板のような風体になる事でしょう。
お好みで洗濯方法を変えて楽しんでみて下さい。

 
SH-630.jpg
 
SH6-630.jpg
MUSHMANSオリジナルスペックのHBT(ヘリンボーンツイル)ファブリックは、硫化染料にて黒色を発色させております。
この硫化染である事で、素晴らしい経年変化が期待できます。
硫化染めは藍染等と同様に、染め上がった後に空気に触れる事で酸化し発色する性質を持っております。
作業に時間を要する為に、近年では反応染などのもっと効率の良い染色方法を採用するケースが増えておりますが、硫化染の"摩擦に若干弱い"という特性を生かして硫化染ならではの経年変化を楽しみたいという場合に採用する染色方法です。
 
またHBT(ヘリンボーンツイル)組織も表情豊かな経年変化をもたらす一つの要因です。
ヘリンボーン=ニシンの骨に似ているという事で名付けられた組織で、日本では杉綾織と呼ばれたりもしております。
タテ糸がヨコ糸の上を2本(3本)、ヨコ糸の下を1本、交差させて織られる織組織。これによってバイアス方向への引っ張り強度と引き裂き強度を高めております。
ミリタリーアイテムにも度々採用されているのを御覧いただくケースが多いと思いますが、そういった堅牢さ故に採用されるわけです。
この綾の切り替わりは、経年変化(色落ち)が進みますとよりハッキリと組織が見えてきます。
新品時よりも豊かな表情をお楽しみいただけるわけです。

 
コシのあるファブリックなので、腕皺がレザージャケットのように刻まれます。
この皺に対して色落ちが始まりますので、その先は御期待以上の仕上がりになるかと思いますよ!!

 
BK1-630.jpg
今回の生産分から、裾末端は"空環"の仕様へと変更しました。
ヴィンテージワークウエアによくみられる始末の方法です。
米国のワークエアシーンの成長期にみられた仕様で、大量生産する為に考案された合理的な仕様です。
裏糸に使用しているレインボーステッチも、この仕様にする事でより一層活きてくるという仕組みです。

 
SH4-630.jpg
左胸ポケット上には"New Over Valley Guard"パッチが装着されます。
昨年夏に好評いただきましたプリントT-Shirts用に、スペインのアーティスト"MANEL LAVEY"によってデザインされた図柄を刺繍ワッペン化したパッチです。
三色使いながら同トーンで構成されており、大変収まりの良い仕上がりとなっております。


 
DSC_3772.jpg
着用いただきますとこのような感じです。
画像の人物はサイズ38(M)を着用。
サイズ感としての方向性はワークシャツらしさを踏襲しておりますので、タイトシルエットではございません。
かと言って闇雲にワイドなシルエットを追いかけている訳でもなく、絶妙なサイズバランスになったと思います。
確かに生地感は新品時バッキバキですので、心して立ち向かっていただく事にはなりますが、5回程着用いただきますと一気に身体に馴染む事を肌で感じていただけるでしょう。
この画像で着用しておりますのは、既に5回程着用し馴染みが出てきた状態です。
このファブリックはレザージャケットのように身体に馴染み易いので、着込む程にフィット感の高まりを感じてください。

 
BK2-630.jpg
そして、前回リリースした半袖バージョン時から開始したステンシルカスタム仕様もオーダーいただけるようになっております。
今回の長袖バージョンではカフス裏にもステンシルを配し、より一層のカスタム感を味わっていただけるようになりました。

 
BK3-630.jpg
前面と背面、カフスと襟裏を合計すると全部で5箇所にステンシルカスタムを施しております。
なかなかに時間のかかるカスタムでございますが、プリントでは成し得る事ができないハンドペイントならではの味わい深さを楽しんでいただけます。
また、時の経過と共にペイントも徐々に剥離する方向となりますので、シャツ自体のエイジングとシンクロするのも、この仕様の面白いところでございます。
確かに、プリントで施工してしまう方がコスト的にも労力的にも適しているかと思います。
しかし、ハンドメイド風プリントではどうしても信憑性の演出ができません。
数時間残業すれば、何着かは完成する。 で、あれば手間を惜しまない事が素晴らしい商品を生み出す事に直結するとの考えから、この手法を選びました。

 
こういった作業を夜な夜な事務所で行っております(笑)
完成している製品に施工する為ミスは許されません、慎重に時間をかけてペイントしております。
一着に要する時間・・・恥ずかしくて言えません(笑)
 
全てお客様が決まってから、ご希望に応じて施工しております。
その為、どのお客様分を施工しているか認識しながら作業しております。
このお客様は出来るだけキレイな方が好きだよね。とか、このお客様は少しムラ感を出して粗野な雰囲気にすると喜ぶだろうな。とか、色々と考えながら作業していると時間を忘れてしまいます。
 
あまり集中力の無い人間だと自分では思っておりましたが、呼吸を忘れて没頭している事にふと気が付くと、自分自身がとても楽しんで施工している事を実感する次第でございます。

 
DSC_3798.jpg
ステンシルカスタム仕様の着用感です。
着用右胸に"NOVG"文字、右カフス裏に"GUARD"と入りましてカフスを折り返すと文字が読めるように入れております。
こういった場所に入れられるのもハンドメイドならではで、プリントでは不可能です。
さらに着用左カフス裏には"N.O.V.G."文字が入りますが、サンプルでは何故かミスってしまい折り返した時に読める方向になっておりません(笑)  自分の物だからと、気が緩んだようです。。
本番ではGUARDと同様の方向になるよう、より一層気を引き締めて臨みます。

 
DSC_3800.jpg
背面には巨大な"NOVG"文字が入り、襟裏には"MUSHMANS"文字が入ります。
襟裏はスタンドアップしないと見えないので、隠れた遊び心を感じて下さい。
 
纏めますと以下の通りです↓
ステンシルペイントの位置
着用時右胸ポケット上・・・【NOVG】※New Over Valley Guard の頭文字。
背面・・・巨大な【NOVG】
襟裏・・・【MUSHMANS】
カフス右・・・【GUARD】
カフス左・・・【N.O.V.G.】
上記5箇所となります。
 
さて、この合計5箇所のステンシルカスタムは6,000yen+taxのアップチャージで施工いたします。
高いか安いかはご購入者様の感覚でございますので何とも言えませんが、私共としては精一杯のプライス設定であります。
また、先にこのWork Shirtsをご購入いただいたお客様にも、後からステンシルカスタムを施工する事が可能でございます。
ただ、どうしても即日施工する事ができませんので、一度お預かりさせていただき一週間程のお時間をいただければと思います。
全て手作業によるものですので、画像のような滲みや若干の歪みが出ます。
スプレーによるペイントでは無く、ペンキによるペイントですので、かなり新品時はバリっとした仕上がりです。
勿論、洗濯とともにペイントの剥がれが発生し経年変化もお楽しみいただけます。
 
※オンラインショップをご利用されるお客様は、カートに入れる際に【デコレーション】の項目を"あり"にしていただく事でオーダーできます。※

 
DSC_3779.jpg
そして、今回の増産時に新色もご用意いたしました!


 
OV1-630.jpg
先に御紹介いたしましたBalckと同様のスペックのファブリックで"Olive Drab"色をご用意いたしました!
ミリタリーUtility Shirtsのようなテイストをお楽しみいただける発色のオリーブドラブは、ワークシャツの定番色と言っても過言ではありません。


 
OV2-630.jpg
 
OV6-630.jpg
こちらのファブリックもBlack同様、Shirtsとしての限界を超えたスーパーヘヴィーオンスファブリック。
さらに硫化染である事で、着用する毎に退色する経年変化を存分に味わっていただく事ができます。



 
OV3-630.jpg
 
OV4-630.jpg
 
OV5-630.jpg
 
OV7-630.jpg
 
OV8-630.jpg
各ディテールはBlackと同様のスペックとなっておりますが、色が変わるだけで雰囲気は一変しますね。


 
DSC_3775.jpg
これから着用を進める事で、さらに味わい深くなる事が容易に想像できるのが楽しい。
まさにレザージャケットのように、じっくりとお付き合いいただけるシャツでございます。
画像の人物はサイズ38(M)を着用。

 
DSC_3795.jpg
勿論Olive Drab色にも、ステンシルカスタムをご用意いたしました。
Black色と同様の箇所となりますが、胸の"NOVG"文字は黒色ペイントとなります。

 
DSC_3796.jpg
背面の巨大"NOVG"文字も黒色ペイントとなり、ミリタリーテイストをより一層演出しております。
黒色ペイントが徐々に剥離していく様子も楽しみですね。

 
DSC_3785.jpg



本日より販売を開始いたします!!

今回は前回生産時よりも数に余裕を持って生産しました。

と言ってもそれなりの数量です。

前回ご購入いただけなかったお客様!
今のうちに!!




 

MUSHMANS Original Work Shirts [Short Sleeve] のリリースです!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

 

このところズーっとなのですが、、多忙の極みとなっておりまして・・。

ブログの更新も一週間ぶりといった有様でございまして、本当に申し訳ありません。
 

 

前回のブログで御紹介いたしました、ADJUSTABLE COSTUMEとのコラボアイテムである苺泥棒のキャスケットも、大変嬉しい事に完売となりまして、ご購入いただきました皆様には心より御礼を申し上げます。
これ御購入いただいた皆様、本当の意味でお洒落だと思うんです。製作側の意図を汲み取っていただけて本当に嬉しいし、個人的に物凄く気に入っているアイテムです。
本当に有難うございます!!


 

 

さて、本日もスペシャルな限定アイテムの御紹介となりまして、毎週毎週申し訳ありません(笑)

 

 

 

SS8-630.jpg

MUSHMANS Original

Work Shirts S/S

"New Over Valley Guard"

Super Heavy Oz HBT Black
 

 

4月の一発目でリリースし、瞬く間にSOLD OUTとなったスーパーヘヴィーオンスHBTファブリックを使用したワークシャツ。

その、ショートスリーブ(半袖)バージョンのリリースです!!

このアイテムで使用しているオリジナルスペックのスーパーヘヴィーオンスHBTファブリックは、シャツ生地としては超ヘヴィーオンスなファブリックであるが故に、一発目に生産したシャツ工場様から「もう二度とこの生地では縫製しない!」と断られてしまいまして・・・。
 

多くのお客様から再生産の要望をいただいておりましたので、生産に協力いただいている小高氏(ADJUSTABLE COSTUME代表)に、どうにか縫製してもらえる工場を探していただいておりました。

 

この度、縫製を任せられる工場様が見つかりまして、前回同様Super Heavy Oz HBTを使用したワークシャツが完成しました。


因みに、シャツ工場では手に負えない生地であるという事で、この製品はジャケット工場で縫製されております。

その為、若干の工賃上昇は避けて通れず、販売価格にも少々影響してしまいました。

 

今回はショートスリーブが仕上がり、この後ロングスリーブが仕上がってくる予定でございます。


 

 

 

SS9-630.jpg

前回のロングスリーブ発売時のブログで「Shirtsとして縫製できる限界のヘヴィーオンスファブリック」と表現しておりましたが、結局のところ限界を超えていたという事になりますね(笑) 工場様には御迷惑をおかけしてしまいました。。

新品時の風体はまさに"板"と形容しても良いのかもしれません。
工場出荷時にワンウォッシュと仕上げが成されておりますので、現段階ではある程度こなれてはおりますものの、恐らく未洗い時はSHIRTS自体が自立する程であった筈です。
画像だけではなかなか伝わらない部分ではございますが、こちらの製品サンプルを御覧いただいたお客様からは「やり過ぎだ(笑)」とのお声もいただいたほどです。


 
SS13-630.jpg
MUSHMANSオリジナルスペックのHBT(ヘリンボーンツイル)ファブリックは、硫化染料にて黒色を発色させております。
この硫化染である事で、素晴らしい経年変化が期待できます。
硫化染めは藍染等と同様に、染め上がった後に空気に触れる事で酸化し発色する性質を持っております。
作業に時間を要する為に、近年では反応染などのもっと効率の良い染色方法を採用するケースが増えておりますが、硫化染の"摩擦に若干弱い"という特性を生かして硫化染ならではの経年変化を楽しみたいという場合に採用する染色方法です。
 
またHBT(ヘリンボーンツイル)組織も表情豊かな経年変化をもたらす一つの要因です。
ヘリンボーン=ニシンの骨に似ているという事で名付けられた組織で、日本では杉綾織と呼ばれたりもしております。
タテ糸がヨコ糸の上を2本(3本)、ヨコ糸の下を1本、交差させて織られる織組織。これによってバイアス方向への引っ張り強度と引き裂き強度を高めております。
ミリタリーアイテムにも度々採用されているのを御覧いただくケースが多いと思いますが、そういった堅牢さ故に採用されるわけです。
この綾の切り替わりは、経年変化(色落ち)が進みますとよりハッキリと組織が見えてきます。
新品時よりも豊かな表情をお楽しみいただけるわけです。


 
全作のロングスリーブと基本的なディテールは共通しており、袖部のみ異なる今回のショートスリーブ(半袖)バージョン。
L/Sと重複する内容もございますが、各部のディテールをご説明させていただきます。↓
SS10-630.jpg
襟形状は、大き過ぎず、かといって小さすぎない絶妙なバランスを目指しました。
剣先に向かって独特のR(曲がり)を持たせたデザインとなっております。
また、チンストラップが無い構造となっておりますのでスッキリと着用いただけます。


 
SS11-630.jpg
左右ポケットに関してはペンポケット等を採用せず、左右対称の至極シンプルな構造といたしました。


 
SS14-630.jpg
袖末端はダブル仕上げとなっておりまして、シャツ自体の立体感を演出しております。


 
通常のSHIRTSボタンよりも一回り大きいサイズの15mm尿素ボタンを採用し、長年の使用でも割れるということは無いかと思います。
また縫製糸とボタンをチャコール色で仕上げましたが、これはファブリックの経年変化と共に全てがバランスされる計算です。
まだ結果が出ていないので何とも言えませんが、新品時でも違和感無い仕上がりになったと思います。


 
SS16-630.jpg
巻縫いチェーンステッチの裏糸にはレインボーステッチを採用しました。
基本的に着用時には見えない部分なのですが、ちょっとした遊び心です。


 
SS12-630.jpg
左胸ポケット上には"New Over Valley Guard"パッチが装着されます。
昨年夏に好評いただきましたプリントT-Shirts用に、スペインのアーティスト"MANEL LAVEY"によってデザインされた図柄を刺繍ワッペン化したパッチです。
三色使いながら同トーンで構成されており、大変収まりの良い仕上がりとなっております。
 
また、こちらの製品のパターン製作や資材調達、生産管理はADJUSTABLE COSTUME 小高企画にて監修いただきました。
様々な人間関係によって可能となる物作り、心よりの感謝を申し上げます。





 
DSC_3617.jpg
それでは着用感を御覧下さい。
画像の人物はサイズ38(M)を着用しております。
サイズ感としての方向性はワークシャツらしさを踏襲しておりますので、タイトシルエットではございません。
かと言って闇雲にワイドなシルエットを追いかけている訳でもなく、絶妙なサイズバランスになったと思います。
確かに生地感は新品時バッキバキですので、心して立ち向かっていただく事にはなりますが、5回程着用いただきますと一気に身体に馴染む事を肌で感じていただけるでしょう。
このファブリックはレザージャケットのように身体に馴染み易いので、着込む程にフィット感の高まりを感じてください。
今回のショートスリーブの特徴的な部分は袖丈にございます。通常の半袖シャツよりも袖丈を短めに設定し男らしい雰囲気を出しました。
ダブル仕上げの袖末端も狙い通りの見え方となっております。
この夏使い倒せる一着が完成しました。




 
そして、今回から新たな挑戦を!!
↓↓
SS1-630.jpg

 
SS2-630.jpg

 
SS3-630.jpg

 
SS5-630.jpg
今回から上記画像のように、デコレーション仕様をご用意いたしました。
と、言いましても、こちらのステンシルデコレーションは、私が一着一着ステンシルペイントを施します。
企画当初はデコレーションをプリントでと考えておりましたが、プリントでペイント感を演出するのは難しい・・・。
このスペシャルなファブリックに対し、粗野な雰囲気とペンキならではの味わい深さ、さらに不安定感を演出したいとの考えから、大変手間の掛かる作業ではございますが、一着一着ステンシルペイントを施す事にいたしました。
 
一着あたりに相当な時間を要しますが、仕上がりの雰囲気や経年変化を一番に考えると、この手法が最も良いと思っております。


 
SS6-630.jpg
ステンシルペイントの位置
着用時右胸ポケット上・・・【NOVG】※New Over Valley Guard の頭文字。
背面・・・巨大な【NOVG】
襟裏・・・【GUARD】
上記3箇所となります。
こちらのステンシルペイントは、御希望のお客様のみに施します。
料金は4,000円+tax のアップチャージとなります。
全て手作業によるものですので、画像のような滲みや若干の歪みが出ます。
スプレーによるペイントでは無く、ペンキによるペイントですので、かなり新品時はバリっとした仕上がりです。
勿論、洗濯とともにペイントの剥がれが発生し経年変化もお楽しみいただけます。
※オンラインショップをご利用されるお客様は、カートに入れる際に【デコレーション】の項目を"あり"にしていただく事でオーダーできます。※


 

SS7-630.jpg

↑ こちらの画像は、ペイント後 7回〜8回程洗濯をしたペイントの状態です。

ある一定まで行くと色落ちも落ち着いてくる印象ですが、使い込む程に剥離して行くのがペンキの面白いところです。

ヴィンテージミリタリーシャツのような、本当の経年変化をお約束します。


 

 

 

DSC_3622.jpg

ペイントが入ると、また違った印象をお楽しみいただけますね。

プリントでは出せないオーラを感じていただける筈です。


 

 

DSC_3624.jpg

襟をスタンドアップしていただくと【GUARD】の文字が見える仕組みとなっております。

こういった箇所はプリントでは不可能ですので、ステンシルペイントならではの遊び心を発揮できますね。


 

 

DSC_3626.jpg

パッチとステンシルペイント。

さらにスペシャルなファブリック。

全てにおいて究極を目指した、一つの答えです。

 

こちらのデコレーション希望の場合、御納品までに一週間ほどのお時間をいただきます。

デコレーション無しの場合は、店頭では即日お渡し出来ますし、オンラインショップを御利用の場合も通常通り即日若しくは翌日に発送できます。


 

 

 

 

 

SS8-630.jpg

MUSHMANS Original

Work Shirts S/S

"New Over Valley Guard"

Super Heavy Oz HBT Black


 

 

 

 

本日リリース!!
 

毎度の事でございますが、今回も極少量です。


是非お見逃し無く!!!





 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/3PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode