オーダー受付 締め切り迫る!! MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE All Leather Sneakers 新作モデル!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

いよいよ2019年も残り少なくなって参りました。

今年は年始に出雲大社から伊勢神宮へと参拝をいたしましたが、つい最近の事だったように感じます。

さらに念願のアメリカ横断へと続く訳ですが、この一年様々なチェレンジをし、本当に一瞬で過ぎていったように感じます。

残り10日とちょっと、できる限りを尽くし走り続けようと思います。

 

さて、オーダー受付の締め切りが迫りましたコチラのモデル↓

 

IMG-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

左 All Leather Sneakers Model-1 "TEMPESTI Fragola×Black"

右 All Leather Sneakers Model-2 "TEMPESTI Fragola×Black"

 

 

私共が着用しているサンプルの経年変化が進むにつれ、オーダーが増えていっております新色ですが、本日 二週間弱履きこんだサンプルの撮影を終えましたので、こちらに掲載させていただく事となりました。

TEMPESTI社 ELBAMATT(エルバマット) Fragolaの、履きこむ程に味わい深い、ディープな発色に変化した様を御覧下さいませ。

と、言いましても、サンプル着用開始から二週間経っていないので、これから先、さらに深い発色にはなって行くと思いますので、それを踏まえたうえで御覧いただければと思っております。

 

まずはModel-1の経年変化から!↓

1-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

Model-1

TEMPESTI ELBAMATT

"Fragola×Black"

 

新品時(履き込み前)↑

12日間経過時↓

 

M2-1.jpg

大きく変化したのはやはりFragola=オレンジ部の発色です。

オイル分を多く含むイタリアンレザーは、新品時はマットでございますが、履きこむ程に光沢が増して行きます。

画像でも判断いただけるかと思いますが、フラットな表情だったマテリアルですが光沢が増し、さらに濃色に変化する事で発色に奥行きを感じていただけるようになっております。

ただ派手なだけではない、上質なマテリアルだからこそ達成する味わい深い発色が美しい。

 

1-5-630.jpg

 

新品時(履き込み前)↑

12日間経過時↓

 

M2-2.jpg

角度を変えて撮影しても、その深く変化した有様を御確認いただける事でしょう。

撮影環境も、新品時と現状でセッティング変更しておりません。

やはり集中的に履き込みますと、たった十数日であっても大きな変化となって表れるのです。

 

 

1-7-630.jpg

 

新品時(履き込み前)↑

12日間経過時↓

 

M2-3.jpg

Fragola(オレンジ)部だけでなく、Black部に関しても変化しているのが解ります。

TEMPESTI社だけでなく、オイルが多く含まれる上質なレザーマテリアルは、黒色部も大きな変化を楽しんでいただけます。

新品時よりも、より黒さに深みが出たと言えば良いでしょうか?

じっくりと見比べてみて下さい。

 

 

 

続いてModel-2も御覧いただきます↓

 

2-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

Model-2

TEMPESTI ELBAMATT

"Fragola×Black"

 

新品時(履き込み前)↑

12日間経過時↓

 

M1-1.jpg

こちらもやはり、Fragola(オレンジ)部の発色に深みが出て来ておりますね。

今掲載して気が付きましたが、アウトソールの汚れを落としてから撮影すればよかった・・・と、ちょっと後悔(笑)

皺が刻まれ、マテリアル全体に光沢感が増しております。

やはり靴というのは、履き込んだ姿がカッコイイものですね。

 

 

2-5-630.jpg

 

新品時(履き込み前)↑

12日間経過時↓

 

M1-3.jpg

こちらもアウトソールが汚れております・・・。申し訳ありません。

ヒール部分は、デニムのスソで常に磨かれておりますので、その変化も早いです。

常に何かが触れる箇所と、そうでない箇所、パーツ毎にコントラストが出て行く過程も楽しんでいただけるポイントでありますね。

 

 

2-7-630.jpg

 

新品時(履き込み前)↑

12日間経過時↓

 

M1-2.jpg

この画像を御覧いただくと、この美しく奥深い経年変化を実感いただける事でしょう。

忘れてならないのが、これが十数日しか経過していないという事。

これから履き込んだ先に、さらに味わい深いスニーカーとなるのは間違いございません。

 

 

DSC_8030.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

Model-1

TEMPESTI ELBAMATT

"Fragola×Black"

 

 

DSC_8022.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

Model-2

TEMPESTI ELBAMATT

"Fragola×Black"

 

納期が2020年3月末〜4月という事を想定して配色を組んでおります。

つまり、暖かくなってきた春先のコーディネートに使ってもらいたいという意図があるのです。

春夏にかけて、シンプルな無地T-Shirtsやワークシャツ等とデニムパンツ、ド定番なカジュアルコーデ時に是非これを履いていただきたい。

きっとご満足いただけると確信しております。

 

IMG-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

左 All Leather Sneakers Model-1 "TEMPESTI Fragola×Black"

右 All Leather Sneakers Model-2 "TEMPESTI Fragola×Black"

 

こちらのアイテムに関しては↓

 

コチラ

 

をClickいただきますと詳細の説明を御覧いただけます!

 

 

 

 

 

さらに↓

All LEATHER Sneakers Model-1"Bianco"

詳細のご説明をしているBlogは→コチラをClick

 

 

All LEATHER Sneakers Model-2"Bianco"

詳細のご説明をしているBlogは→コチラをClick

 

こちらに関しても、同日までオーダー受付を実施しております!

 

Model-1/Model-2共にご予約受付期間は2019年12月23日(月)20:00までとさせていただきます。
レザーマテリアル調達の関係で、ある程度生産足数が限られております。

状況によっては早期にご予約受付を終了する場合もありますので、予めご了承下さいませ。

今回のアイテムは2020年3月末〜4月中旬の御納品となる予定です。

 

 

ご検討中の皆様!

お早めに!!

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE "All Leather Sneakers" 新色のリリースです!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

12月に入りまして、そりゃもう忙しいのなんのってシーズンに突入いたしました!

気に入らない画像を撮り直してみたり、忘れていた要件を思い出してちょっと逸れたりやっていると、結局こんな時間になってしまう訳でございまして。。。

 

予定よりも若干遅れての入荷となっておりました10周年記念モデルのLeather VITO-JACKETの入荷が始まりまして、入荷したサイズ毎に検品→御納品のご連絡or出荷作業と、進めている段階でございます。

大きいサイズから生産しておりますので、未だご連絡が行っていないお客様、もう少しで完成するかと思います。

今しばらくお待ち下さいませ m(__)m

 

さて、本日は予告だけいたしておりました人気のシリーズ新色追加のPRをさせて頂こうと思います。↓↓

 

IMG-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

左 All Leather Sneakers Model-1 "TEMPESTI Fragola×Black"

右 All Leather Sneakers Model-2 "TEMPESTI Fragola×Black"

 

 

 スニーカーといえば、この配色でしょう!

と、私の個人的な好みから、このシリーズを始めた頃から画策していたモデルがとうとう実現しました。

このスニーカーシリーズを始めてから、相当な月日が経過しているような気がしますが、実はちょうど去年の今頃が一発目の企画をした頃でございました。

そうです、初めてリリースしたのが2019年の正月初売りでしたから、まだ一年しか経っていない事になるんですよね。

この一年で何足生産したんだろう?そりゃもう相当な数な訳でございます。

まさかファーストシーズンで1型追加する事になるとは、昨年の今時点では想像もしていなかった事でございました。

 

今回のリリースも、前回同様2モデルを同時リリース↓

 

1-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

Model-1

TEMPESTI ELBAMATT

"Fragola×Black"

 

 

2-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

Model-2

TEMPESTI ELBAMATT

"Fragola×Black"

 

 

"Model-1"と"Model-2"の同時リリースとなります!!

 

今作で使用するイタリアTEMPESTI(テンペスティ)社ELBAMATT(エルバマット)は、トスカーナ地方のタンナーでありMUSHMANSで多用しているBADALASSI社と同様の地にあります、ただ、BADALASSI社が使用しているステアハイドはショルダーと言って牛の胴より上部(頭に向かって)でございますが、このTEMPESTI社のELBAMATTで使用しているステアハイドの部位はシングルバットという胴部。という事ですから革の質感も異なります。

もちろんアニリン100%で染色されているので、経年変化は申し分なく。

新品時は鮮やかな発色であるものの、経年と共に深みのある発色へと変化します。

 

TEMPESTI社のレザーはBADALASSI社のレザーに比べ、その経年変化がマイルドであるとも言えます。

以前別商品の際にご説明いたしましたが、加脂剤の成分によってそういった事になります。

ちょっとマニアックな話しになりますが、加脂に関してはコチラでご説明しておりますので、気になる方は一読下さい→コチラ。

 

今作はそのTEMPESTI社ELBAMATTのFragola(フラゴーラ)というカラーとBlackのコンビネーションカラー。

Blackに関しては発色の説明をするまでもありませんので、Fragolaについてはご説明しましょう。

 

このFragola(フラゴーラ)は、イタリアでは苺を意味する単語です。

ただ、苺となると赤を想像いたしますが、このレザーはどちらかというとオレンジ色の方へ向かっている発色です。

オレンジ色に赤を少量足したと言えば、一番しっくりくるご説明なのかもしれません。

イタリアンレザーらしい、一筋縄ではいかない、複雑な発色が魅力です。

これが、経年変化を進めて行くとより深みのある濃色へと変化する訳なのですが、本日の段階(サンプル納品から一週間程度)ではそれほど大きくは変化しておりませんので、もう少々履き込んだら当ブログでご紹介しようと思っております。

 

それでは、各モデルのパーツ毎に画像を御覧いただきましょう↓

 

1-2-630.jpg

Model-1

正面

 

 

2-2-630.jpg

Model-2

正面

 

 

 

1-3-630.jpg

Model-1

後方

 

 

2-3-630.jpg

Model-2

後方

 

この時点で気が付いた方がいらっしゃったら嬉しいのですが

それぞれのモデルでステッチの配色を変えております。

Model-1はFragola部に反対色の黒ステッチを入れて配色感を出し

Model-2はFragola部に同色のオレンジ系ステッチ、黒部は色々ステッチ

そうする事で、比較的シンプルなModel-1には立体感を

もともと構造が複雑なModel-2はゴチャゴチャし過ぎ無いように

バランスを考慮したものとしております。

 

 

 

1-4-630.jpg

Model-1

側面

 

 

2-4-630.jpg

Model-2

側面

 

こちらのアングルで御覧いただきますと

ステッチの配色感が異なるのがよりお分かりいただけますね。

 

装着感に関しては

着脱がし易い方がModel-1

踵のホールド感が良い方がModel-2

という事になります。

これは、シューズハイトが影響しておりまして

Model-1よりもModel-2の方がハイトが高く、くるぶし廻りの寸法がタイト

即ち、上記のように装着感が異なる訳です。

 

 

 

 

1-5-630.jpg

Model-1

斜め後方

 

 

2-5-630.jpg

Model-2

斜め後方

 

 

1-6-630.jpg

Model-1

シューレース部

 

 

2-6-630.jpg

Model-2

シューレース部

 

ここでは、Model-1がアイレットを用いておりますが

Model-2はアイレットを用いない使用となっております。

 

 

1-7-630.jpg

Model-1

Toe部

 

 

2-7-630.jpg

Model-2

Toe部

 

 

1-8-630.jpg

Model-1

Heel部

 

 

2-8-630.jpg

Model-2

Heel部

 

総ライニング付き仕様となっており、履き口やタンのパーツにはクッション性を確保する為にクッション材を仕込んでおります。

もともとのマテリアルの厚み、ライニングレザーの厚み、さらにクッション材の厚みの合計となりますので、新品時はブーツ以上に硬く感じる方もいらっしゃいます。

しかしながら、数回じっくりと着用いただきますと、全く別物に変貌し軽快な履き心地を楽しんでいただけるようになります。

 

使用するラスト(木型)に関しても、考え抜かれたシェイプとなっており、ブーツやシューズとは異なる軽快な装着感を生んでおります。

ワイズの設定としては"D〜E"といった感じで、DワイズとEワイズの丁度中間といった雰囲気となっております。

 

サイズの選び方としては、いつもMUSHMANS Footwearの製品をご利用いただいている方はハーフサイズ上を選ぶ傾向にあります。スニーカーですので、若干余裕のあるサイズで履いていただき 羽根がある程度ビシッと閉まるようにして着用いただくのが良い雰囲気なのかと思います。

私も普段MUSHMANS FootwearのアイテムはUS8.5(26.5cm)を履いておりますが、こちらに関してはUS9(27.0cm)をガッチリ閉めて履いております。

これは好みもございますので一概には何とも言えませんが、サイズ選びの参考にされて下さい。

※あくまでMUSHMANS Footwearのサイズ感と比較した場合の事です。基本的に広く知られているRED WING等サイズ感とは同等とお考えいただいて良いかと思います。※

 

サイズ設定も豊富に取り揃えております。

23.0cm(US 5 in)〜27.5cm(US 9.5 in) の10サイズ展開となっておりまして、女性のお客様からも大変ご好評をいただいております。

 

 

1-10-630.jpg

Model-1

アウトソール

 

 

2-10-630.jpg

Model-2

アウトソール

 

アウトソールは両モデル共通のソールです。

軽快な装着感には、このアウトソールも一役買っております。

Vibram #09105 は #2021にスリットを入れたようなソールです。

新素材のVibram® Vi-Liteを使用して設計されたこのソール、Vibram® Vi-Liteは、軽さを追求したVibramの新素材で、軽量でありながら耐久性に優れた発泡素材。

スニーカーに最適なアウトソールです。

今回は初めて黒色のアウトソール+黒着色のミッドソールを使用して、精悍な印象にいたしました。

 

 

 

 

スニーカーと言えども、このスニーカーはMUSHMANS Footwearの生産を一貫してお願いしている工場さんが、自社のファクトリーブランドとして立ち上げた"RESPECTABLE"とのコラボレーションで生まれたものです。

その為、スニーカーであるにもかかわらずグッドイヤーウェルテッド製法にて作り出されるスニーカー。

即ちオールソール交換を繰り返し行う事ができる、言わば一生物のスニーカーであります。

マッケイグッドイヤーのような、見た目はグッドイヤーだけど製法はマッケイといった仕様ではなく、純粋にグッドイヤーウェルテッド製法となっております。

 

勿論、アッパー(甲)部分だけに留まらず、インナーライニングや中底といった全てのパーツにレザーを使用しておりますので、最早スニーカーの域を超えそうになっているアイテムです(笑) ※超えそうなだけで、スニーカーである事に間違いはありません。※

アウトソールとシューレース以外は全てレザーマテリアルを使用した、最上級グレードのスニーカーであります。

 

あえて最近の言葉を使わせていただくとすれば"ハイブリットシューズ"といったところでしょうか?

ブーツやレザーシューズに用いられる製法で作りつつ、フォルムと装着感はスニーカーのソレとなっている、今までに無い絶妙なバランス感覚を持ったアイテムであります。

 

 

 

DSC_8030.jpg

Model-1の着用感はこのようになります。

よりスニーカー色の強い配色となっており、濃紺のデニムとの相性が兎に角良いという印象です。

まだまだ変化が進んでいないので、鮮やかな発色でありますが、これが深みを帯びていく事を考えると、レザー好きには垂涎のスニーカーであると言えるでしょう。

 

 

DSC_8022.jpg

こちらはModel-2の着用感。

Model-1に比べ、少々スポーティな印象になるのがModel-2でございまして、その構造の複雑さはブーツ愛好家をも唸らせる仕様となっております。

見れば見るほどに、その作り込みの良さを感じていただけるものとなっておりまして、履いてよし、眺めてよしのアイテムです。

 

 

 

 

 

 

IMG-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

左 All Leather Sneakers Model-1 "TEMPESTI Fragola×Black"

右 All Leather Sneakers Model-2 "TEMPESTI Fragola×Black"

 

 

 

※以下、必ずお読みいただいたうえで御注文をお願いいたします※

MUSHMANSオンラインショップを新規でご利用いただくお客様で御予約いただく場合は、クレジットカード決済をいただくか銀行振込にて全額決済後に正式に御注文受付となります。

いつも御利用いただいているお客様に関しましては、特に御予約時の決済は必要ございませんが、ご都合にお任せさせていただきます。

店頭での御予約受付時も同様に、新規のお客様は全額のお支払いをいただいてから正式に御注文受付とさせていただいております。

いつも御利用いただいているお客様は、その限りではございません。

予めご了承下さいませ。

また、オンラインショップでの御予約、店頭での御予約共にキャンセルに関してはいかなる理由でもお受け致しかねますので、御理解のうえご注文いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

本日よりご予約の受付を開始いたします!

Model-1/Model-2共にご予約受付期間は2019年12月23日(月)20:00までとさせていただきます。
レザーマテリアル調達の関係で、ある程度生産足数が限られております。

状況によっては早期にご予約受付を終了する場合もありますので、予めご了承下さいませ。

今回のアイテムは2020年3月末〜4月中旬の御納品となる予定です。

 

 

さらに↓

All LEATHER Sneakers Model-1"Bianco"

詳細のご説明をしているBlogは→コチラをClick

 

 

MSS2-A-1-630.jpg

All LEATHER Sneakers Model-2"Bianco"

詳細のご説明をしているBlogは→コチラをClick

 

 

こちら、Lightning1月号に掲載された関係で

期間限定で再度御注文受付を実施しております。

御注文期間と納期予定はFragola×Blackと同様になっております。

 

 

 

 

最高級スニーカーを体感せよ!!!

皆様の御注文をお待ちいたしております。

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE All Leather Sneakers ご予約分の納品がスタートしました!

 皆様こんばんは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

表題の通り、MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE All Leather Sneakers 、ご予約をいただいておりましたモデルの納品がスタートしました!

今回は新作のModel-2 Biancoに加えて、Model-1 Biancoの再生産も実施した為、ご予約数も多く、二回に分けての納品となります。

既に今回のLotで仕上がってきたお客様へは、お電話やメールをさせていただいております。

未だご連絡の行っていないお客様、申し訳ありませんが今しばらくお待ち下さい。 予定では今週末にもう一便ございますので、それで全て揃うかと思われます。

 

MSS2-A-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

All Leather Sneakers

Model-2

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

 こちらのModel-2は、新作という事もございまして、店頭在庫分も余裕を持って仕込んでおりました。

が、、本当に有難い事に、予約受付終了後も多くのお問い合わせをいただきまして、その在庫分も殆ど無くなってしまいました。

本日(10/22)現在で販売可能なサイズは→【25.5cm/US7.5in】【26.0cm/US8in】こちらが各一足ずつとなっております。

Model-1同様に好評いただけまして、本当に嬉しい限りです!

 

MSS2-A-2-630.jpg

定評のある、スニーカーLast(木型)はそのままに、新たなパターンを作成し作りこまれる"All Leather Sneakers"の第二弾。

グッドイヤーウェルテッド製法とオールレザーに最適なデザインは? それを模索した二つ目のデザインがこちらです。

レザースニーカーの往年の定番的デザインと、その存在感はウェルト形状とも相性が良く、スニーカーとしての軽快感を持ちながらも、所有者の満足度を引き上げる重厚さをも持ち合わせました。

これからは、こちらのモデルとの二本立てでレザースニーカーを展開して行こうと画策しております。

 

新型モデルの初陣という事で、まずは定番のホワイトを採用いたしました。

このマテリアルはModel-1でも採用いたしましたBADALASSI Carlo s.r.l(バダラッシ カルロ社)のミネルバリスシオ"Bianco/ビアンコ"を使用しております。

BADALASSI社では珍しいホワイトのレザーは、MUSHMANS LeatherのLeather Giletで大変好評いただいたカラーと同様です。

後ほどご説明をいたしますが、このホワイトカラーのレザーマテリアルの経年変化は大変味わい深いものでございまして、ホワイトカラーと言えどもBADALASSIらしい素晴らしい経年変化をお楽しみいただけます。

 

 

MSS2-A-4-630.jpg

 

MSS2-A-3-630.jpg

基本的な装着感やサイズ感はModel-1と同様になるよう作られておりますが、若干ディテールが変わりますので その分の違いを感じていただく事は出来るかと思います。

もともとバスケットシューズとして認知されたモデルのLowカットヴァージョンをベースとして作られている為、くるぶし周りのホールド感を高いものにしております。

その為Model-1よりも若干ハイトが高くなっており、また違った装着感をお楽しみいただけます。

 

 

MSS2-A-5-630.jpg

このModel-2で使用しているLast(木型)は、Model-1で使用しているスニーカー専用Lastと同様の物を使用しております。

という事ですので、基本的なサイズ感はModel-1と変わりません。既にModel-1をお持ちのお客様はコチラのモデルも同様のサイズをお選びいただけます。

 

ワイズの設定としては"D〜E"といった感じで、DワイズとEワイズの丁度中間といった雰囲気となっております。

 

サイズの選び方としては、いつもMUSHMANS Footwearの製品をご利用いただいている方はハーフサイズ上を選ぶ傾向にあります。スニーカーですので、若干余裕のあるサイズで履いていただき 羽根がある程度ビシッと閉まるようにして着用いただくのが良い雰囲気なのかと思います。

私も普段MUSHMANS FootwearのアイテムはUS8.5(26.5cm)を履いておりますが、こちらに関してはUS9(27.0cm)をガッチリ閉めて履いております。

これは好みもございますので一概には何とも言えませんが、サイズ選びの参考にされて下さい。

※あくまでMUSHMANS Footwearのサイズ感と比較した場合の事です。基本的に広く知られているRED WING等サイズ感とは同等とお考えいただいて良いかと思います。※

 

MSS2-A-8-630.jpgMSS2-A-9-630.jpgMSS2-A-7-630.jpg

スニーカーと言えども、このスニーカーはMUSHMANS Footwearの生産を一貫してお願いしている工場さんの自社ファクトリーブランドとして立ち上げた"RESPECTABLE"とのコラボレーションで生まれたものです。

その為、スニーカーであるにもかかわらずグッドイヤーウェルテッド製法にて作り出されるスニーカー。

即ちオールソール交換を繰り返し行う事ができる、さらにはToeの先芯やヒール芯材、中底の全てにおいてリペアする事が可能な設計となっております、言わば一生物のスニーカーなのです。

 

勿論、アッパー(甲)部分だけに留まらず、インナーライニングや中底といった全てのパーツにレザーを使用しておりますので、最早スニーカーの域を超えそうになっているアイテムです(笑) ※超えそうなだけで、スニーカーである事に間違いはありません。※

アウトソールとシューレース以外は全てレザーマテリアルを使用した、最上級グレードのスニーカーであります。

 

 

MSS2-A10-630.jpg

アウトソールに関しては、Model-1同様の"Vibram #9105"を使用。

 

Vibram #9105 は #2021にスリットを入れたようなソールです。

新素材のVibram® Vi-Liteを使用して設計されたこのソール、Vibram® Vi-Liteは、軽さを追求したVibramの新素材で、軽量でありながら耐久性に優れた発泡素材。

スニーカーに最適なアウトソールですね。

 

私自身もModel-1のリリースから、これまでの約8ヵ月間、かなりの頻度でこのスニーカーを履いております。

普通の#2021ですと、これだけの頻度で8ヵ月間履き込みますと目に見えてアウトソールの消耗を感じる頃合です。

しかし、この#9105は#2021程の摩耗を感じません。

この#9105に使用される新素材【Vi-Lite®】の恩恵なのかと思われます。

通常の#2021等のクッションソールに使用されるEVA素材よりも、#9105の素材は硬質なのかと思います。

その硬質が故に耐磨耗性は高いのですが、デメリットとして硬い為ソールの返りが悪いという事になります。

それを解決する為に、屈曲して欲しい部分をめがけて合計7本のスリットを入れ、ソールの返りを良くしております。

このアウトソールは性能的には申し分ありませんが、どうしてもトラディショナルなBootsにはデザイン的に合いません、やはりこのスニーカーに最適なソールであると言えますね。

 

 

 

 

さて、ここまで御覧いただきまして、ご予約いただいたお客様の中にはお気付きになられた方もいらっしゃったかもしれません。

実は、毎日のように履いていたサンプルに不満点が発生した為、急遽量産では改善施しております。

改善点は以下の画像となります。↓

DSC_7055.jpg

1. 履き口のクッション厚を変更

こちらのモデルはModel-1に比べ若干ハイトを高く設定しております、その為Model-1よりも履き口が狭くなる傾向にあり、サンプルに使用したクッション厚ですと装着感が窮屈に感じられました。 これは新品時だけに感じられるものかと思っておりましたが、履き込んで革が柔らかくなっても、その圧迫感が続いた為、量産製品ではクッション材を薄くする事で、履き口の窮屈感を軽減いたしました。

 

2.サイドパターン変更

切替デザインのパターンを変更いたしました。 サンプルでは後方側の切替デザインをステッチのみで行っておりましたが、製品としての立体感の演出にはパーツで切替た方が有意義であるとの結論に達しました為、パーツ点数を増やし実際に切替といたしました。

 

DSC_7057.jpg

3.ヒールカウンターパターン変更

こちらも上記の項目と同様にパーツ点数を増やし切替を増やしております。

デザイン性もさることながら、ヒールの耐久性も向上する事も狙っており、よりグレードの高い仕上がりとなっております。

 

 

と、工場さんへは申し訳無かったのですが、抜き型(金型)を作る直前でパターンの変更をお願いし、柔軟に対応いただきました。

グレーディングは済んでいたのに、受け入れていただけた事、本当に感謝いたしております。

 

 

MSS2-A-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

All Leather Sneakers

Model-2

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

 

製品版のアップグレードもされ

素晴らしい仕上がりとなりました!!

 

これから御納品のお客様

お楽しみに!!!

 

 

 

 

 

 


待望の新型リリース!! MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE "All Leather Sneakers-Model 2" の詳細をお知らせします!

 皆様こんにちは!!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

本年の年始より販売をスタートさせましたMUSHMANS Footwear×RESPECTABLE "All Leather Sneakers"でございますが、大変嬉しい事に多くの皆様へ浸透してきた感がございます。

中にはオールカラーコンプリートしていただけている御客様もいらっしゃいまして、そのディテールやデザインのみならず、履き心地の良さに関しても高い評価をいただけているのが嬉しいです。

 

そして、この度"All Leather Sneakers"の新型モデルを発表させていただく事となりまして、本日はその詳細をPRさせていただきます。

 

MSS2-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

All Leather Sneakers

Model-2

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

定評のある、スニーカーLast(木型)はそのままに、新たなパターンを作成し作りこまれる"All Leather Sneakers"の第二弾。

グッドイヤーウェルテッド製法とオールレザーに最適なデザインは? それを模索した二つ目のデザインがこちらです。

レザースニーカーの往年の定番的デザインと、その存在感はウェルト形状とも相性が良く、スニーカーとしての軽快感を持ちながらも、所有者の満足度を引き上げる重厚さをも持ち合わせました。

これからは、こちらのモデルとの二本立てでレザースニーカーを展開して行こうと画策しております。

 

 

MSS2-2-630.jpg

新型モデルの初陣という事で、まずは定番のホワイトを採用いたしました。

このマテリアルはModel-1でも採用いたしましたBADALASSI Carlo s.r.l(バダラッシ カルロ社)のミネルバリスシオ"Bianco/ビアンコ"を使用しております。

BADALASSI社では珍しいホワイトのレザーは、MUSHMANS LeatherのLeather Giletで大変好評いただいたカラーと同様です。

後ほどご説明をいたしますが、このホワイトカラーのレザーマテリアルの経年変化は大変味わい深いものでございまして、ホワイトカラーと言えどもBADALASSIらしい素晴らしい経年変化をお楽しみいただけます。

 

 

MSS2-4-630.jpg

 

MSS2-3-630.jpg

基本的な装着感やサイズ感はModel-1と同様になるよう作られておりますが、若干ディテールが変わりますので その分の違いを感じていただく事は出来るかと思います。

もともとバスケットシューズとして認知されたモデルのLowカットヴァージョンをベースとして作られている為、くるぶし周りのホールド感とクッション感を高いものにしております。

その為Model-1よりも若干ハイトが高くなっており、また違った装着感をお楽しみいただけます。

 

 

MSS2-5-630.jpg

 

このModel-2で使用しているLast(木型)は、Model-1で使用しているスニーカー専用Lastと同様の物を使用しております。

という事ですので、基本的なサイズ感はModel-1と変わりません。既にModel-1をお持ちのお客様はコチラのモデルも同様のサイズをお選びいただけます。

 

ワイズの設定としては"D〜E"といった感じで、DワイズとEワイズの丁度中間といった雰囲気となっております。

 

サイズの選び方としては、いつもMUSHMANS Footwearの製品をご利用いただいている方はハーフサイズ上を選ぶ傾向にあります。スニーカーですので、若干余裕のあるサイズで履いていただき 羽根がある程度ビシッと閉まるようにして着用いただくのが良い雰囲気なのかと思います。

私も普段MUSHMANS FootwearのアイテムはUS8.5(26.5cm)を履いておりますが、こちらに関してはUS9(27.0cm)をガッチリ閉めて履いております。

これは好みもございますので一概には何とも言えませんが、サイズ選びの参考にされて下さい。

※あくまでMUSHMANS Footwearのサイズ感と比較した場合の事です。基本的に広く知られているRED WING等サイズ感とは同等とお考えいただいて良いかと思います。※

 

 

MSS2-8-630.jpg

 

MSS2-9-630.jpg

 

MSS2-7-630.jpg

 

スニーカーと言えども、このスニーカーはMUSHMANS Footwearの生産を一貫してお願いしている工場さんの自社ファクトリーブランドとして立ち上げた"RESPECTABLE"とのコラボレーションで生まれたものです。

その為、スニーカーであるにもかかわらずグッドイヤーウェルテッド製法にて作り出されるスニーカー。

即ちオールソール交換を繰り返し行う事ができる、さらにはToeの先芯やヒール芯材、中底の全てにおいてリペアする事が可能な設計となっております、言わば一生物のスニーカーなのです。

 

勿論、アッパー(甲)部分だけに留まらず、インナーライニングや中底といった全てのパーツにレザーを使用しておりますので、最早スニーカーの域を超えそうになっているアイテムです(笑) ※超えそうなだけで、スニーカーである事に間違いはありません。※

アウトソールとシューレース以外は全てレザーマテリアルを使用した、最上級グレードのスニーカーであります。

 

 

MSS2-10-630.jpg

アウトソールに関しては、Model-1同様の"Vibram #9105"を使用。

 

Vibram #9105 は #2021にスリットを入れたようなソールです。

新素材のVibram® Vi-Liteを使用して設計されたこのソール、Vibram® Vi-Liteは、軽さを追求したVibramの新素材で、軽量でありながら耐久性に優れた発泡素材。

スニーカーに最適なアウトソールですね。

 

私自身もModel-1のリリースから、これまでの約8ヵ月間、かなりの頻度でこのスニーカーを履いております。

普通の#2021ですと、これだけの頻度で8ヵ月間履き込みますと目に見えてアウトソールの消耗を感じる頃合です。

しかし、この#9105は#2021程の摩耗を感じません。

この#9105に使用される新素材【Vi-Lite®】の恩恵なのかと思われます。

通常の#2021等のクッションソールに使用されるEVA素材よりも、#9105の素材は硬質なのかと思います。

その硬質が故に耐磨耗性は高いのですが、デメリットとして硬い為ソールの返りが悪いという事になります。

それを解決する為に、屈曲して欲しい部分をめがけて合計7本のスリットを入れ、ソールの返りを良くしております。

このアウトソールは性能的には申し分ありませんが、どうしてもトラディショナルなBootsにはデザイン的に合いません、やはりこのスニーカーに最適なソールであると言えますね。

 

 

コーディネートを御覧いただきましょう。

まずは定番のデニムスタイルです、Bootsと同様の製法にて作り出されるハイブリットなスニーカーとは言えども、デザインとディテールは定番的なものとなっておりますので、コーディネートもすんなりと収まり良くキマリます。

Model-1よりも若干スポーティな雰囲気を持っておりますので、アクティブな印象のコーディネートが完成します。

今回のコーディネート画像では、細めシルエットのデニムを合わせておりますが、かなり太めなシルエットのワークパンツを合わせていただいても、このスニーカーはボリュームがございますのでシルエット負けする事はありません。

シンプルな無地T-shirtsも相性良しです!

 

 

短パンとの相性も抜群です。

画像ではSweat Shortsでコーデしております。

一年間を通して活躍する事間違いナシのスニーカーです!!

 

 

 

 

さて、このスニーカーに使用されているマテリアル"BADALASSI Carlo s.r.l  BIANCO"の経年変化に関して御覧いただきましょう↓

 

DSC_5354.jpg

言わずもがなですが、画像左が本日御紹介している新作Model-2、画像右が従来のModel-1です。

新作Model-2は一ヶ月程履き込んでおりますので若干経年変化が始まった頃合ですが、右のModel-1は8ヵ月程が経過しております。

双方ともに同じマテリアル【BADALASSI Carlo s.r.l  BIANCO/ビアンコ】を使用しており、その経年変化の進行具合が手に取るように解ります。

 

DSC_5357.jpg

 

DSC_5356.jpg

新品時は純白に近い白色からスタートし、一ヶ月程度でオフホワイト系の発色に変化します。

その後6ヵ月程度でアイボリー色に変色し、それ以降は変色の進行が若干遅くなる傾向にございます。

画像を御覧いただきますと、Model-1のToe部分に若干の傷がついているものの、汚れという汚れは付着しておりません。

かなりアイボリー色になってきているのは、汚れではなく植物(ベジタブル)タンニンによる渋が影響してこういった変色となっているのです。

クローム鞣し、顔料吹き付けでの発色される合皮のようなホワイト色とは一線を画し、天然皮革である事を実感いただける経年変化を実現しております。

 

新品時は確かに汚れる事に気を遣う色かもしれませんが、数ヵ月が経過しますとそういった事が気にならなくなるのが、このマテリアルの嬉しいポイントです。

 

DSC_5361.jpg

マテリアルの経年変化とは別の話しになりますが、後方からの画像を御覧いただきますとソールの消耗具合を見ていただけます。

この手のクッションソールを8ヶ月間ガッツリ履き込みますと、私の場合ヒール外側が大きく消耗し始めます。

画像左が8ヵ月経過時点での消耗具合ですが、通常のクッションソールと比べて消耗スピードが半分程度と感じます。

これなら気兼ねなく使えます。とはいえこのスニーカーはオールソール交換が可能なスニーカーですから、もともと気兼ねなく使えるんですけどね(笑)

 

そうそう、シューズのハイトもこの画像で比較していただけます。

Model-1と比べると、Model-2は1インチ弱ハイトが高くなってますね。

さらに履き口にクッション材が多く仕込んでありますので、ホールド感と履き易さもかなり良好です。

 

 

 

MSS2-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

All Leather Sneakers

Model-2

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

 

プライスもModel-1と同様のプライスとなっております。

是非、素晴らしい履き心地と重厚なディテールをお楽しみ下さい。

 

 

さらに↓

Bianco-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

同様のマテリアルを使用する関係で、こちらのModel-1も再生産が可能です。

前回の生産時に買い逃した!という方、これが最後のチャンスかもしれません?

是非この機会にご予約下さいませ!

 

 

 

 

本日よりご予約の受付を開始いたします!

 

新作Model-2 Bianco、従来型Model-1 Bianco 共にご予約受付期間は2019年8月31日(土)20:00までとさせていただきます。
レザーマテリアル調達の関係で、ある程度生産足数が限られております。

状況によっては早期にご予約受付を終了する場合もありますので、予めご了承下さいませ。

今回のアイテムは10月末〜11月中旬の御納品となる予定です。

 

※以下、必ずお読みいただいたうえで御注文をお願いいたします※

MUSHMANSオンラインショップを新規でご利用いただくお客様で御予約いただく場合は、クレジットカード決済をいただくか銀行振込にて全額決済後に正式に御注文受付となります。

いつも御利用いただいているお客様に関しましては、特に御予約時の決済は必要ございませんが、ご都合にお任せさせていただきます。

店頭での御予約受付時も同様に、新規のお客様は全額のお支払いをいただいてから正式に御注文受付とさせていただいております。

いつも御利用いただいているお客様は、その限りではございません。

予めご了承下さいませ。

また、オンラインショップでの御予約、店頭での御予約共にキャンセルに関してはいかなる理由でもお受け致しかねますので、御理解のうえご注文いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 


MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE All Leather Sneakers第四弾!"Lattuga"のご予約受付を開始いたします!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

真夏のような気候が続いておりますが、皆様如何お過ごしでしょうか?

我々もどうにか決算処理が完了し、あとは法人税の支払いでフィニッシュ出来そうな段階まできました。

今年は色々と処理が進まず、本当にギリギリになってしまいました。。

 

そんな中、先週の水曜日には今期のMUSHMANS Leather 新作モデルである"Racing Jacket"のテスト走行を兼ねたMUSHMANS MCのツーリングに行って参りました!

数日前までは完全に雨予報であった為、今回は中止だろうな?と思い、水曜日は定休日でもある事から、この日に全ての決算処理を終わらせようと考えておりました。

ところがビックリする事に二日前になると週間予報が一転しての晴れ予報・・!

 

ならば月曜日までには全て終わらせないと。。という事になり、日を跨いでの事務仕事。

 

ツーリングはと言いますと、鶴ヶ島ICで高速を降りて以降、伊豆半島まで殆ど峠道を繋ぐルートという超過酷な行程。

結局680km位かな?をほぼ下道で走りきる、完全スポーツなツーリングでございました。

"Racing Jacket"の修正点も洗い出せたし、680kmを走りきるって数字だけで見ると過酷な気がしますが、思っていたより全然余裕でしたので、7月のアメリカ弾丸アタックも体力的には全く問題無く走りきれるだろうと、そう思っております(笑)

 

MUSHMANS MCの場合600km以上がツーリング、それ以下は午前中に終わらせる朝駆け、という結構しっかりした"部活"になってきたなぁ〜。と、切磋琢磨しライディングテクニックを磨くクラブ員を誇りに想う次第でございます。

 

 

もうちょい頑張れば雲海。

photo by naoya anzai
とりあえず序盤はダム狩。
photo by naoya anzai
さらに追加でダム狩。
photo by naoya anzai
久しぶりに前傾するマシン試乗。
整備不良感がメッチャ怖い。
photo by naoya anzai
ライディングレッスン in 伊豆スカ。
希望される方には走りながらレクチャーします。
photo by naoya anzai
何をしているのかはご想像にお任せします(笑)
地面に置いてあるビニールテープが答えのカギ。
photo by naoya anzai
さて、本題に入りましょう。

MSS1-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

All Leather Sneakers

TEMPESTI ELBAMATT

"Lattuga"

 

 お待たせいたしました!現在大変な人気アイテムとなっておりますAll Leather Sneakersの新色サンプルが完成いたしましたので、本日御紹介させていただきます!!

こちらのスニーカーを既にご使用いただいているお客様からは「新色の発表はまだ?」とか「そろそろ新色考えているんでしょ?」とお問い合わせをいただいておりまして、御期待いただけている事を大変嬉しく思います。

 

今作品に関しましては、大凡8月末頃〜9月中旬の御納品となりますので、夏っぽさと秋っぽさの両方を調和したカラーリングでと考えて企画を進めました。

 

そういった事を視野に入れて企画を始めようと思った瞬間に、脳裏に過ぎったレザーマテリアルが、今回の作品に使用したマテリアル。

 

All Leather Sneakersに使用するのは初となる【TEMPESTI/テンペスティ】社の"ELBAMATT/エルバマット"。

そして何とも美しい発色が見事である"Lattuga/ラットゥーガ"を使用しました。

上質なレザースニーカーに最適な発色、鮮やかながらもナチュラルな発色はイタリアンレザーならではの惚れ惚れとする色合いとなっております。

 

 

ご予約受付期間

本日〜6月23日(日)

生産数40足限定

※生産限界数40足に達した時点で、受付期間を待たずに終了いたします。※

 

御納品予定

2019年8月末〜9月中旬

※資材の調達の関係で前後する場合がございます予めご了承下さい。※

 

 

MSS1-2-630.jpg

まず始めに、このマテリアルに関してのご説明から。

 

伊 TEMPESTI社 ELBAMATT

カラー:Lattuga

BADALASSI社と同様のトスカーナ地方のタンナーであるTEMPESTI社ですが、使用しているステアハイドの部位はシングルバットという胴部。

いつも使用するBADALASSIのMinervaシリーズはショルダーという肩部ですので、革の質感も異なります。

もちろんアニリン100%で染色されているので、経年変化は申し分なく。

新品時は鮮やかな発色であるものの、経年と共に深みのある発色へと変化します。

 

しかも、しっかりと芯のある柔らかさで、腰砕けにならないのが素晴らしい皮革で、ヘヴィーユースするであろうシューズやブーツには向いているマテリアルです。

これはオーナーになっていただいた方だけが体感できる、TEMPESTI "ELBAMATT"に真骨頂なのかもしれません。

 

Luttuga(ラットゥーガ)という色名称は、日本語訳するとレタスを意味する名称です。

なるほど、確かにレタスを感じる新品時の鮮やかさは瑞々しさをも感じてしまう発色です。

もちろんイタリアンレザーならではの経年変化も魅力で、履き込み、時間が経過する事で深みが増しオリーブ系の発色へと変化して行くのもレザー愛好家にはたまらないところでございます。

 

TEMPESTI社のレザーはBADALASSI社のレザーに比べ、その経年変化がマイルドであるとも言えます。

以前別商品の際にご説明いたしましたが、加脂剤の成分によってそういった事になります。

コチラでご説明しておりますので、気になる方は一読下さい→コチラ。

 

MSS1-3-630.jpg

 

 

MSS1-6-630.jpg

今作では、グリーンとホワイトで爽やかなコントラストを目指しました。

アッパー縫製糸、アイレット、シューレース、アウトソールにホワイトを使用する事で、レザーカラーをツートーンにする事なく配色感を演出しております。

これによって、暑い季節にも爽やかにコーディネートしていただけるようになっております。

 

 

MSS1-5-630.jpg

 

MSS1-7-630.jpg

いつもと同様のご説明となってしまいますが、初めて御覧いただくお客様もいらっしゃいますので、製法等も前作同様ご説明させていただこうと思います。

 

スニーカーと言えども、このスニーカーはMUSHMANS Footwearの生産を一貫してお願いしている工場さんが、自社のファクトリーブランドとして立ち上げた"RESPECTABLE"とのコラボレーションで生まれたものです。

その為、スニーカーであるにもかかわらずグッドイヤーウェルテッド製法にて作り出されるスニーカー。

即ちオールソール交換を繰り返し行う事ができる、言わば一生物のスニーカーであります。

マッケイグッドイヤーのような、見た目はグッドイヤーだけど製法はマッケイといった仕様ではなく、純粋にグッドイヤーウェルテッド製法となっております。

 

勿論、アッパー(甲)部分だけに留まらず、インナーライニングや中底といった全てのパーツにレザーを使用しておりますので、最早スニーカーの域を超えそうになっているアイテムです(笑) ※超えそうなだけで、スニーカーである事に間違いはありません。※

アウトソールとシューレース以外は全てレザーマテリアルを使用した、最上級グレードのスニーカーであります。

 

あえて最近の言葉を使わせていただくとすれば"ハイブリットシューズ"といったところでしょうか?

ブーツやレザーシューズに用いられる製法で作りつつ、フォルムと装着感はスニーカーのソレとなっている、今までに無い絶妙なバランス感覚を持ったアイテムであります。

 

MSS1-4-630.jpg

 

MSS1-8-630.jpg

総ライニング付き仕様となっており、履き口やタンのパーツにはクッション性を確保する為にクッション材を仕込んでおります。

もともとのマテリアルの厚み、ライニングレザーの厚み、さらにクッション材の厚みの合計となりますので、新品時はブーツ以上に硬く感じる方もいらっしゃいます。

しかしながら、数回じっくりと着用いただきますと、全く別物に変貌し軽快な履き心地を楽しんでいただけるようになります。

 

使用するラスト(木型)に関しても、考え抜かれたシェイプとなっており、ブーツやシューズとは異なる軽快な装着感を生んでおります。

ワイズの設定としては"D〜E"といった感じで、DワイズとEワイズの丁度中間といった雰囲気となっております。

 

サイズの選び方としては、いつもMUSHMANS Footwearの製品をご利用いただいている方はハーフサイズ上を選ぶ傾向にあります。スニーカーですので、若干余裕のあるサイズで履いていただき 羽根がある程度ビシッと閉まるようにして着用いただくのが良い雰囲気なのかと思います。

私も普段MUSHMANS FootwearのアイテムはUS8.5(26.5cm)を履いておりますが、こちらに関してはUS9(27.0cm)をガッチリ閉めて履いております。

これは好みもございますので一概には何とも言えませんが、サイズ選びの参考にされて下さい。

※あくまでMUSHMANS Footwearのサイズ感と比較した場合の事です。基本的に広く知られているRED WING等サイズ感とは同等とお考えいただいて良いかと思います。※

 

サイズ設定も豊富に取り揃えております。

23.0cm(US 5 in)〜27.5cm(US 9.5 in) の10サイズ展開となっておりまして、女性のお客様からも大変ご好評をいただいております。

 

 

MSS1-10-630.jpg

 

軽快な装着感には、このアウトソールも一役買っております。

Vibram #09105 は #2021にスリットを入れたようなソールです。

新素材のVibram® Vi-Liteを使用して設計されたこのソール、Vibram® Vi-Liteは、軽さを追求したVibramの新素材で、軽量でありながら耐久性に優れた発泡素材。

スニーカーに最適なアウトソールですね。

 

 

 

さて、いつもならばここで、ある程度着用したエイジングサンプルを御覧いただくのですが、つい先日サンプルが仕上がって来たばかりですので、現状履きこめていないです。。

申し訳無い。

これからガンガン履き込みますので、段々と経年変化が進むと思います。

気になる方は、是非店頭でお確かめ下さいませ。

二週間程度履き込んだら、こちらのブログでも御紹介させていただこうと思っておりますので、お楽しみに!!

 

 

それではコーディネート例を御覧いただきましょう。

やっぱり夏はこのスタイル、ハワイアンシャツにデニムパンツ、それらにこのスニーカーを合わせてみて下さい。

世に数多あるスニーカーでのコーディネートとは一線を画すものとなりますね。

足元が鮮やかな発色でポップな印象ではあるものの、イタリアンレザーならではの奥行きのある深い発色の為、チープな印象になるのを防いでくれる作用がございます。

まさに大人のカジュアルコーディネートを楽しんでいただける訳でございます。

 

コーディネートアイテム

Shirts・・・PIKE BROTHERS 1937 Roamer Shirt Short Sleeve Maohu Yellow

 

 

 

こちらのように、白系のボトムとの相性も素晴らしいですね。

大きな可能性を感じる事ができるアイテムになったと、自画自賛(笑)

 

コーディネートアイテム

Shirts・・・SunSurf S/S RAYON HAWAIIAN SHIRT "UKULELE MELODY"[SS38029]

Pants・・・WARE MASTERS PAINTER PANTS[181]WHITE

 

 

 

 

MSS1-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

All Leather Sneakers

TEMPESTI ELBAMATT

"Lattuga"

 

 

 

※以下、必ずお読みいただいたうえで御注文をお願いいたします※

MUSHMANSオンラインショップを新規でご利用いただくお客様で御予約いただく場合は、クレジットカード決済をいただくか銀行振込にて全額決済後に正式に御注文受付となります。

いつも御利用いただいているお客様に関しましては、特に御予約時の決済は必要ございませんが、ご都合にお任せさせていただきます。

店頭での御予約受付時も同様に、新規のお客様は全額のお支払いをいただいてから正式に御注文受付とさせていただいております。

いつも御利用いただいているお客様は、その限りではございません。

予めご了承下さいませ。

また、オンラインショップでの御予約、店頭での御予約共にキャンセルに関してはいかなる理由でもお受け致しかねますので、御理解のうえご注文いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 


MUSHMANS Footwear NEW MODEL の御紹介です!!

  皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

 

 昨日PRさせていただきました"MUSHMANS Footwear Custom Order Exhibition"について、早速午前中から様々なお問い合わせをいただいております!
 

お問い合わせいただけるというのは、皆様からの期待度と比例するものと思っております。

大変嬉しく思っております!! 受注会イベントのスタートまであと数日ですので、しっかりと準備しようと思います。

 




さて、本日はMUSHMANS Footwearの新作を御紹介させていただこうと思います。
 

 

DSC_2827.jpg

MUSHMANS Footwear

New Model

画像左:Norwegian Front Service Boots Tempesti Elbamatt"T.moro"

 
これまで様々な別注モデルやオリジナルモデルを製作し、時にはビックリしてしまうような特殊な配色のモデルや今まで見た事も無いようなモデルも色々と作りこんできました。
 
そして、周期的に訪れる様々な製作意欲に"原点回帰"という題目が私にはございます。
今回発表する2つのモデルは、まさにその"原点回帰"という事になるでしょう。
 
MUSHMANSにご来店いただいた皆様はご存知かもしれませんが、私の個人私物である靴類は数え切れない程の数量となっております。 ここまで数を増やしてしまった自分への言い訳のように聞こえてしまうかもしれませんが、色々な靴と触れ合ってきたから今があるんだと思います。何にせよ靴を企画するうえでは良い靴も悪い靴も、そして良いと言われている靴や悪いと言われている靴だって、何でも触れてみないと見えてこない部分があると思っております。
 
人付き合いと一緒なのかな?とも思います。もともと人好きじゃない私ですが、基本的にはフラットな状態で人付き合いを始める。
相性が良いと感じたらしっかり付き合うし、相性が悪いと感じたら二度と口もききません(笑)
 
様々な方と関わったから、今の自分と今のMUSHMANSがある。靴も人間も経験値という事になるのでしょうか。
このMUSHMANSを立ち上げる以前から、様々なブーツやシューズに触れ、ブーツ好きとしての気持ちや意欲というのは今も変わらず熱いまま。
 
きっとお客様と同じ視点で、今でもアンテナを張って良い物を探しているのだと思います。
 
そして、ここにきて原点に立ち返りたいという気持ちが湧いて来ました。
ここで言う原点というのは、私にとっての原点という事で、皆様にとって原点が必ずしも同じかと言いますと それは異なるものかもしれません。
 
私にとっての原点に立ち返る"靴"
それを今回のモデルに注入しております。

 
plain Toe 1-630.jpg

MUSHMANS Footwear

New Model

 


シンプルなレースアップサービスブーツを、MUSHMAMNS Footwearで最も人気のあるラスト"Japanese Comfort Last"を用いて作り込みました。

今まで様々なレースアップブーツを履きましたが、基本的にWHITE'SかNICKSがあればレースアップブーツはいらない。とまでは断言いたしませんが、それに近い感覚を持っております。

そういった事もあって、最も作りたかったレースアップブーツですが、どうにも手を出せずにいたのも事実です。

 


何故今回あえてこの難局に対峙したのか?と申しますと。

MUSHMANS Footwear製品をお買い上げいただいたお客様で、最初期のLOTをご購入いただいた方々はちょうど二年を経過する時期に入りました。

二年間じっくりと履き込んでいただいた皆様、特に日本人特有の足形状故に舶来ブーツがどうにも合わないという方々からの"Japanese Comfort Last"に対する評価が非常に高く、そろそろ別色をという事で新たに追加購入されるケースが増えてまいりました。
 

 

人の足は千差万別、私自身はWHITE'Sの装着感が最高と思っておりましたが、私の足はそれほど典型的な日本人足ではありません。

勿論ある程度の平均値を出して開発している"Japanese Comfort Last"ですので、自分自身の足に合っていない訳ではありませんが、私以上にその装着感を気に入ってくれている方々がいらっしゃる、しかも結構な人数のお客様が。

という事を改めて感じた事で、このスタンダードな領域に挑戦する気になった訳です。

 

 

 

Plain Toe 2-630.jpg

奇を衒う事無く、スタンダードを一直線でチャレンジするのは勇気が必要でした。

全体の構成とマテリアルとのバランスが重要で、スタンダードであるからデザイン要素をあまり入れたく無いというのもありました。

何度もスケッチを描き直しましたが、結局は自分が最も欲しい物を素直に実現させる方向へと頭を切り換えたら、すんなりとデザインが完成してしまいました。

 

 

 

Plain Toe 3-630.jpg

今回使用するマテリアルはBADALASSIから一旦離れてみようという事で、開発の当初から別のマテリアルを検討しておりました。

ただ、やはりイタリア革特有の新品時マットな状態から、履きこむにつれ光沢が増して行く経年変化は欲しい。


という事もありまして、今年年始にRDTと別注を組む際に試験的に使用してみた、TEMPESTI社のELBAMATTの経年変化動向を注視してみたところ、これが今回のコンセプトにバッチリと当てはまりました。

 

BADALASSI社と同様のトスカーナ地方のタンナーであるTEMPESTI社ですが、使用しているステアハイドの部位はシングルバットという胴部。

いつも使用するBADALASSIのMinervaシリーズはショルダーという肩部ですので、革の質感も異なります。

もちろんアニリン100%で染色されているので、経年変化は申し分なく。

新品時は鮮やかな発色であるものの、経年と共に深みのある発色へと変化します。
 

 

ショルダーと違いシングルバットですので、新品時は中々に手強いマテリアルです。

正直に申し上げますが、エンジニア系のプルオン物ならあまり気にならないかもしれませんが、足首までしっかりホールドするレースアップブーツですと、新品時は歩き心地が頗る良くない。

サンプルが仕上がり、テスト履きを始めた段階では完全に"マテリアル変更"という事しか考えておりませんでした。

しかし、二日目からその様相が一変します。三日目、四日目と別物に変化して行く。 履き続ける事で確実に柔らかく変化してきているのが体感いただけます。

しかも、しっかりと芯のある柔らかさで、腰砕けにならないのが素晴らしい。

これはオーナーになっていただいた方だけが体感できる、TEMPESTI "ELBAMATT"に真骨頂なのかもしれません。

 

 

 

Plain Toe 4-630.jpg

Plain Toe 5-630.jpg

Toeの形状は"Japanese Comfort Last"特有の、スッキリとしたラウンド形状。

今回はあまりウェルト幅(コバ)を広く取らず、全体に落ち着いたものといたしました。

 

 

 

Plain Toe 6-630.jpg

Plain Toe 7-630.jpg

Plain Toe 8-630.jpg

どの角度から御覧いただいても、クセの無い優雅なフォルムが特徴です。

踵から足首に向かうクビレも美しく、ヒールのホールド感も申し分ありません。

 

 

Plain Toe 9-630.jpg

もともと厚めなELBAMATTですので、耐久性の面でインナーラインニングの必要はありませんが、どうしてもオリジナルモデルの場合オーバークオリティを目指したくなるもので、ライニングを標準仕様といたしました。

これにより、本当に新品時は硬くて辛いです(笑) 履き始めは騙された!と思うかもしれません。でも、絶対すぐに良くなりますからご安心下さいネ!

 

 

 

Plain Toe 10-630.jpg

シューレースはハトメ5ホール、フック4個の仕様ですので、しっかりとホールドさせる事ができます。

 

 

 

Plain Toe 11-630.jpg

アウトソールにはVibram#2060を使用しました。

全体の構成として堅牢なものとなっておりますが、このソールによって緩和させております。

クッション性に富み、軽量である、さらにはラストとのバランスが取りやすいソール形状になっておりますので、最適な組み合わせになったと自負しております。

 

 

 

Plain Toe 12-630.jpg

新品時は比較的マット(光沢が少ない)レザーマテリアルですが、新品時がこれだからこそ経年変化が楽しめるとも言えます。

シングルバットならではの深く刻まれる履き皺と、履き込むにつれて自然と光り出すマテリアル。

発色も濃色へと変化して行く様が、何とも言えない優越感に浸れるのです。

 

 

DSC_2864.jpg

こういう事です。

着用開始から2週間、ここまで変化を遂げます。

このELBAMATT"Fieno"は往年のオロラセット(今で言うオロイジナル)の高級版といった発色で、デニムパンツとの相性は抜群です。

このPlain Toeモデルには、何の迷いも無くこの色をチョイスいたしました。

 

 

 

DSC_2844.jpg

それではコーディネート例を御覧いただきましょう。

個人的には、こういったカジュアルなジャケットスタイルに合わせて使いたいというのもあって企画しております。

かなりスタンダードな仕様のブーツですので、DENIM PantsにT-Shirtsやレザージャケット等々といった王道のカジュアルスタイルにも最適です。

とにかく日頃使い倒せるサービスブーツですので、様々なコーディネートでお楽しみ下さいませ!!

 

 

 

DSC_2813.jpg

MUSHMANS Footwear

New Model

 

 

 

 

 






続きまして↓↓

NF 1-630.jpg

MUSHMANS Footwear

New Model

Norwegian Front Service Boots

Tempesti Elbamatt"T.moro"


先に御紹介いたしましたPlain Toeと兄弟モデルとなる"Norwegian Front Service Boots "は、基本的な構成はそのままにフロント部のディテールを変更したモデルです。

ラスティング後(つり込み後)にハンドステッチにてモカを入れているという仕様でございます。

 

 

NF 4-630.jpg

最大の特徴である"Norwegian Front"

ノルウェー漁師の陸上靴を起源に持つ形状である事から、そう呼ばれる製法です。

日本では『飾りモカ』や『掬い縫い』と呼ばれており、二枚の革を接合している訳ではなくワンピースのToeに、職人による"手縫い"によってこの表情を生んでおります。

強いテンションで掬い縫いを行いレザー表面を浮き上がらせるのが特徴で、ここまでハッキリと浮き上がらせるには熟練の技が必要とされます。

一本一本のステッチと掬い出されたレザーが躍動している、という表現がマッチしているかと思います。

 

 

 

NF 3-630.jpg

NF 6-630.jpg

NF 7-630.jpg

Plain Toeモデルにはヒール部にステッチを施しましたが、このNorwegian Frontモデルではそれを廃し差別化を図っております。

"Japanese Comfort Last"のスタイリッシュな曲線美が随所に光るフォルムは、Norwegian Frontのデザインと相まって自然な艶やかさを演出しておりますね。

 

 

 

NF 8-630.jpg

NF 9-630.jpg

この辺の仕様はPlain Toeモデルと同様の構成となっておりますので割愛いたします。

 

 

 

NF 10-630.jpg

アウトソールに関しては、同様のVibram#2060を使用しておりますが、カラーをアッパーマテリアルと合わせる事で落ち着いた印象になっております。

 

 

 

NF 11-630.jpg

新品時でも眺めているだけで満足感に浸ってしまうNorwegian Front Service Bootsです。

熟練の職人により実直に作りこまれているのがヒシヒシと伝わる。

 

 

DSC_2871.jpg

新品時も充分楽しめるフォルムでしたが、やはり履き込みますとより一層美しさを感じてしまいます。

光沢感が増してくる度に、自分の物になって行く感覚を肌で感じ、経年変化とともに愛着が湧く。。これがブーツのあるべき姿なんだと思います。

 

Norwegian Front に採用したのもPlain Toeモデル同様、TEMPESTI社 ELBAMATTですがカラーはデザインに応じて"T.moro"と呼ばれる所謂ダークブラウンでございます。

履き込む程に深い色合いへと変化し、より濃色のブランへと変化する度に、イタリアンレザーの良さを改めて実感してしまう訳です。

 

 

 

DSC_2835.jpg

これもあえてジャケットスタイルでコーディネートしてみました。

おそらくカジュアルでのコーディネートは皆様も用意に想像できる事でしょう。

スタンダードなモデルであるからこそ、幅広い領域で活用いただきたいと思っておりまして、このモデルもまたそれらを達成出来ているのではないかと思っております。

 

 

 

DSC_2814.jpg

MUSHMANS Footwear

New Model

Norwegian Front Service Boots

Tempesti Elbamatt"T.moro"

 

 

 




という事でございまして。

MUSHMANS Footwear 新作モデルを2型御紹介させていただきました。

 

 

こちらのモデルは先日PRさせていただきましたGWスペシャルイベント↓

2019 GW 特別企画

MUSHMANS FOOTWEAR

Custom Order

Exhibition

 

開催日程:2019年4月27日()〜5月6日() 10 days

 

 




こちらのイベント時に先行予約受付を開始いたします!

※こちらのモデルに関しましてはカスタムオーダーの対象外とさせていただきます。※

何故かって?

そりゃ、このブーツ作り出す為に何日も何日も 「どんな革使おうか?」とか

「どんな色がカッコイイだろうか?」とか

考えに考え抜いて作ったからです。

まずは我々が考え抜いた"最適"と思われる仕様で履いていただきたい。

量産いたしますのでプライスもお買い求め易くなっておりますし。

ご賛同いただけますと幸いでございます。

 

 

 




さて、先行オーダーに関してでございます。↓
 

 

 

Plain Toe Model  Price:63,800yen+tax

Norwegian Front Model Price:65,800yen+tax

ファクトリーとの直接取引によって実現するプライスも魅力です。

今までに培った知識を活かす事でメーカーと同様の内容を実現。

そして、ファクトリーと直接的に提携する事によって無駄なコストを削減出来ました。

専用BOXにてお届けいたします。

 


Delivery:2019年8月頃 予定

徹底した生産管理と品質管理によって、大幅な納期遅れを防ぐ事をお約束します。

また、品質に関しましても不安要素を徹底的に排除し進めております。

 


Order:2019年4月27日より

GW イベント開催初日より御予約の受付を開始いたします。

生産数は既に決まっておりますので、予約数が生産数に達した時点で予約受付を終了します。

MUSHMANSを初めて御利用いただくお客様に関しましては、内金として30,000円以上をお預かりいたします。
過去にお取引のあるお客様は、内金の必要はございません。
オンラインショップでの御予約は、銀行振込・クレジットカード決済・コンビニ決済のいずれかとなります。
銀行振込をご希望の際は、内金の30,000円がお振込された時点で正式に予約受付となります。
オーダーをいただきましても、お振込の確認が取れていない時点では正式に受付が完了しておりません。
予めご了承下さい。その後商品入荷時に残金をお振込いただくか、残金を代金引換にてご請求いたします。
クレジットカード決済コンビニ決済をご希望の場合は、全額前金としてお預かりいたします。
※過去にMUSHMANS ONLINE SHOPを御利用いただいた履歴のあるお客様は代金引換もお選びいただけます。※

 


キャンセルに関しましては、原則受け付けておりません。
当社"特定商取引に基く表記"に準じますが、キャンセルの場合内金のご返金はいたしません。
何卒ご理解下さい。

 



過去に悪質なキャンセルがあったお客様のご予約は承る事が出来ません。

予めご了承下さい。






 

 

 

 

 

 

 

DSC_2827.jpg

MUSHMANS Footwear

New Model

画像左:Norwegian Front Service Boots Tempesti Elbamatt"T.moro"



今の時点で我々が出来る限りの力を出し切りました。
私は靴の専門学校を出た訳ではありませんし
業界的な事は解りませんし、あまり解りたいとも思っておりません。
専門用語だったり、工場へ指示する内容については勉強しているつもりですが
はっきり言って工場様はやり難いんじゃないかと思います。
 
でも、そんな中でも熱意をもってヒヤリングしてくれて
私の足りないところを補ってくれる。
そういった関係に心から感謝したい。
 
歴史あるファクトリーでありながら、実績のあるファクトリーでありながら
見下す事なく、実直に我々の意図を汲んでくれる。
そういった姿勢に敬意を表します。

 
「良い物が出来た」
これは我々のセンスや知識、能力では到底達成できない領域なんだと
改めて実感いたします。
良い物が出来る過程には、良い物を作る姿勢がある。
それに対し、常に感謝の気持ちを持ち続ける姿勢を持つ。
それが良い物を世に出し続ける事が出来る秘訣なのかもしれません。









 

 

 


MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE All Leather Sneakers第三弾!"Papavero"のご予約受付を開始いたします!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

先日はここ埼玉でも降雪がありまして、静かな夜を楽しむ事ができました。

翌日は晴れました為、直ぐに積もった雪も溶けまして、それほど大きな混乱もなく冬を満喫できましたね。

その日は雪予報にも関わらず、飲みに行ってしまったりして、やっぱり雪が降ると余計な事をしたくなる性分なようです(笑)

冬生まれだからなんでしょうか??

 

さて、本日は表題の件につきましてPRさせていただこうと思います。

 

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE All Leather Sneakers第三弾!

"Papavero"のご予約受付を開始いたします!!

 

おいおい、この間"Bianco/ビアンコ"(白)のオーダー受付が終わったばかりじゃないですか!?

そういったお声も聞こえて来るのですが、やはりスニーカーといえば春夏アイテムとして重宝するアイテムですし、この年始からスタートを切ったコレクションでもございます為に、一挙に全カラーを披露するというのが難しいという所もございます。

さらに、初の試みという事もあって探り探りな部分もございますので、ご理解いただけますと有り難いです。

 

という事で、今回はこちらのカラーリングでのリリース!!↓

 

papavero-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

BADALASSI Carlo s.r.l

Papavero/パパベロ

 

2019年の初売りに続きリリースいたしました"Bianco/ビアンコ"(白)でございましたが、初売り時の勢いをさらに加速させた形で大変多くのお客様よりご注文をいただきました。

さらに、初回モデルをご購入いただいたお客様方の製品も、良い感じで馴染んできたようで、オールレザーで作り込みもスニーカーの領域を飛び越えてしまっているが為に、当初手強い履き心地であったものの、今ではすっかりスニーカーとして活用出来ているようで、リピーターのお客様も多くいらっしゃいました。

新たな取り組みに対して、ここまで多くの皆様にご賛同いただけますと、企画する我々にとって本当に嬉しい後押しとなります。

ありがとうございます。

 

そして、今回新色を追加する運びとなりました事を御報告すると共に、前回のBiancoではオーダー受付期間がタイトでしたが、今回はオーダー受付期間を少し長めに取って進めさせていただこうと思います。

 

ご予約受付期間

本日〜3月24日(日)

生産数40足限定

※生産限界数40足に達した時点で、受付期間を待たずに終了いたします。※

 

御納品予定

2019年5月末〜6月中旬

※資材の調達の関係で前後する場合がございます予めご了承下さい。※

 

 

papavero6-630.jpg

今作で使用しているのは、BADALASSI ミネルバ リスシオの中でも最も発色がハッキリとしている"Papavero/パパベロ"を使用しております。

非常に美しい発色で、一度SANDALMANの別注で使用した事がありますが、その新品時の発色に留まらず経年変化に関しても大変好評いただいたカラーでございます。

スニーカーであるから許される発色、スニーカーであるからマッチする発色であると言えるでしょう。

 

papavero2-630.jpg

アッパーマテリアル(ライニング以外)は全て赤で仕上げた事により、その仕上がりも纏まりのあるものとなりました。

 

papavero7-630.jpg

実は、アッパーを全て赤にしたかった為、特注でアイレットも赤で着色してしまったという拘りようです!!

当初は白アイレット、縫製糸も白、シューレースも白でという方向でしたが、今作は少しポップな印象から離れたいという意向をRESPECTABLEさんに理解してもらい、それならばオールレッドで!という事で、アイレットを特注する事にいたしました。

 

papavero4-630.jpg

第一弾でリリースしたPapavero&Biancoの印象と、全く別物に仕上がった今回の"Papavero"仕様。

よりスピード感を感じるエッジの効いた印象になりましたね。

流石にアウトソールまで特注赤で製作する事はできませんでした・・・そんな事したら、そりゃもう大変な事になってしまいますし、このプライスも維持できなくなってしまいます。

 

papavero5-630.jpg

 

papavero8-630.jpg

 

再度のご説明となってしまいますが、製法等も前作同様ご説明させていただこうと思います。

 

スニーカーと言えども、このスニーカーはMUSHMANS Footwearの生産を一貫してお願いしている工場さんが、自社のファクトリーブランドとして立ち上げた"RESPECTABLE"とのコラボレーションで生まれたものです。

その為、スニーカーであるにもかかわらずグッドイヤーウェルテッド製法にて作り出されるスニーカー。

即ちオールソール交換を繰り返し行う事ができる、言わば一生物のスニーカーであります。

 

勿論、アッパー(甲)部分だけに留まらず、インナーライニングや中底といった全てのパーツにレザーを使用しておりますので、最早スニーカーの域を超えそうになっているアイテムです(笑) ※超えそうなだけで、スニーカーである事に間違いはありません。※

アウトソールとシューレース以外は全てレザーマテリアルを使用した、最上級グレードのスニーカーであります。

 

あえて最近の言葉を使わせていただくとすれば"ハイブリットシューズ"といったところでしょうか?

ブーツやレザーシューズに用いられる製法で作りつつ、フォルムと装着感はスニーカーのソレとなっている、今までに無い絶妙なバランス感覚を持ったアイテムであります。

 

papavero3-630.jpg

使用するラスト(木型)に関しても、考え抜かれたシェイプとなっており、ブーツやシューズとは異なる軽快な装着感を生んでおります。

ワイズの設定としては"D〜E"といった感じで、DワイズとEワイズの丁度中間といった雰囲気となっております。

 

サイズの選び方としては、いつもMUSHMANS Footwearの製品をご利用いただいている方はハーフサイズ上を選ぶ傾向にあります。スニーカーですので、若干余裕のあるサイズで履いていただき 羽根がある程度ビシッと閉まるようにして着用いただくのが良い雰囲気なのかと思います。

私も普段MUSHMANS FootwearのアイテムはUS8.5(26.5cm)を履いておりますが、こちらに関してはUS9(27.0cm)をガッチリ閉めて履いております。

これは好みもございますので一概には何とも言えませんが、サイズ選びの参考にされて下さい。

※あくまでMUSHMANS Footwearのサイズ感と比較した場合の事です。基本的に広く知られているRED WING等サイズ感とは同等とお考えいただいて良いかと思います。※

 

 

papavero9-630.jpg

 

papavero10-630.jpg

今回も前作同様に、MUSHMANS Logoがヒールカウンターに、RESPECTABLE Logoが中底に入ります。

 

papavero11-630.jpg

軽快な装着感には、このアウトソールも一役買っております。

Vibram #09105 は #2021にスリットを入れたようなソールです。

新素材のVibram® Vi-Liteを使用して設計されたこのソール、Vibram® Vi-Liteは、軽さを追求したVibramの新素材で、軽量でありながら耐久性に優れた発泡素材。

スニーカーに最適なアウトソールですね。

 

 

 

さて、今回のモデルも私の方で少々の期間着用いたしました。

Biancoモデルの受注受付終了後にサンプルが届いたので、大凡2週間程度という事になるでしょうか?

ただ、かなり集中的に履いておりましたので、週末にだけ使用するお客様で言ったら2ヶ月程度の履き込みといったところでしょう。

まずは御覧下さい↓

DSC_1403.jpg

 

DSC_1405.jpg

 

DSC_1407.jpg

 

DSC_1409.jpg

 

DSC_1411.jpg

既に経年変化の兆しが見えてきておりますね。

履きジワというのは勿論なのですが、変色も始まっているのがお解かりいただけますでしょうか?

時間の経過と共に、このPapaveroは深い赤色への進化を辿ります。

ボトム等によって擦れる部分は、若干黒ずんだ赤色へ変化しつつ、やはりBADALASSI レザーであるので時間の経過で茶味が滲み出てくる印象。

ハッキリと鮮やかな発色から、少しずつ朱色の方向へと向かって行くのが特徴です。

さらに着実に光沢感が増してきているのも見てとれますね。

ただのスニーカーには無い、重厚な発色を楽しむ事が可能なのです。

 

先日もこのシリーズのオーナーとなっていただいたお客様にご来店いただいたので、感想等やご要望を伺いましたが、とにかくこのスニーカーは育てられる安心感を感じるとのお声をいただきました。

普通のスニーカーだと、購入時の姿が最も最高な状態、でも履いて行く事で寿命へ進んで行く感じが歯痒いと。。

しかも、大切にし過ぎたり勿体無いからといって大事に仕舞っておいても、久しぶりに箱から出すと。。。加水分解。

でも、このスニーカーは履きこむ程に味わいが増して、新品時よりも断然格好良くなる。

さらにソール交換が出来るから、気兼ねなく履けるし、足に馴染むとスニーカーを履くよりも不思議と楽に感じる。

という事でございました。

 

普段からブーツに慣れ親しんでいる方ですと、スニーカーの儚さを歯痒く感じてしまうものです。

ブーツに比べたら求め易いから、ダメになったら買い換えればイイじゃん。ってそういう事じゃないんですね、気に入っているからこそ大切にしたい、沢山履いて楽しみたい、でも、どうしてもスニーカーには旬がある。

その狭間でやきもきするんです。

私もよくお気持ちが解ります。

今まで同様の事を胸に秘めていた方、是非一度このスニーカーをお試し下さい!

 

 

 

さて、経年変化までを御覧いただいたうえでコーディネートの可能性について掘り下げてみましょうか。↓

まずは王道のカジュアルコーデです。

MUSHMANS AthleticのSweat Parka+デニムパンツ+スニーカーといった、カジュアルコーデの定番アイテムを用いております。

現在絶賛販売中のこのSweatは、裏起毛としていない事でロンTeeのようにかなり長いシーズンに渡って使っていただけます。

これから気温が上がって行っても使えるアイテムですので、それに伴い足元も軽快にしたくなるところですね。

そういった時に、このAll Leather Sneakers"Papavero"の出番!!

明るい発色を足元に持ってくるだけで、非常に軽快な印象になるのです。

定番的なカジュアルコーデにアクセントを。かなり使えるコーディネートですね。

 

 

今度は、少し雰囲気を変えてコーデしてみましょう。

このデーディネート、最近個人的にハマってまして来店いただく皆様は度々このテイストの私を御覧になっているかもしれません。

ジャケット、それも比較的重厚なファブリックを使用したものに対してのスニーカーコーディネートです。

ボトムには以前御紹介いたしましたTOMMYS PANTSを用いまして、このジャケットにはミスマッチとも見えるコーディネート。

しかしながら、全体的に纏まりのある収まりになっているのを感じていただけるのではないでしょうか?

ひとつ言えるのは、このスニーカーの素材感がこの纏まりの良さを演出していると言えると思います。

発色が鮮明であっても、イタリアンレザーが醸すこの重厚さが全体を引き締めているのでしょう。

 

ちなみに、このジャケットに関しては店頭で多くのお問い合わせをいただいております。

これは近日中にどういったアイテムなのか御紹介しようと思っておりますので、是非それまでお待ち下さいね!

 

 

papavero-630.jpg

 

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

BADALASSI Carlo s.r.l

Papavero/パパベロ

 

 

 

 

大変ご好評いただいております

MUSHMANS Footwear

×

RESPECTABLE

All Leather Sneakers

第三弾

Papavero

店頭にもサンプルを展示しております!!

是非一度ご覧下さいませ!!

 

 

 

 

 

そうそう、このスニーカーの件で色々なお客様と今後展開してみたいカラー等のお話をさせていただいております!

このところ結構お問い合わせいただくのですが、あの時話してたアノ色っていつ発売するんですか??っていうお問い合わせ。

確かに色々やってみたいカラーはありまして、こんな色とか あんな色とかお話させていただいておるのですが・・・。

リリースが確定しているカラーはありません!(笑)

ご期待いただけているのは凄く嬉しいです!が、拡大解釈は勘弁して下さい(笑) m(__)m

 

 

 

 

 

 

※以下、必ずお読みいただいたうえで御注文をお願いいたします※

MUSHMANSオンラインショップを新規でご利用いただくお客様で御予約いただく場合は、クレジットカード決済をいただくか銀行振込にて全額決済後に正式に御注文受付となります。

いつも御利用いただいているお客様に関しましては、特に御予約時の決済は必要ございませんが、ご都合にお任せさせていただきます。

店頭での御予約受付時も同様に、新規のお客様は全額のお支払いをいただいてから正式に御注文受付とさせていただいております。

いつも御利用いただいているお客様は、その限りではございません。

予めご了承下さいませ。

また、オンラインショップでの御予約、店頭での御予約共にキャンセルに関してはいかなる理由でもお受け致しかねますので、御理解のうえご注文いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE All Leather Sneakers "Bianco"本日より予約受付を開始します!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

本格的に寒い時季に突入しておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

これからが寒さの本番です!MUSHMANSではこの時季に備えたアウターラインナップを充実させております。

今が旬のアイテム、是非この週末に探しにいらして下さいませ。

 

さて、本日は2019年初売り時に大変ご好評いただきましたアイテムのセカンドヴァージョンを予約受付開始いたしますので、そちらのPRをさせていただこうと思います!

 

Bianco-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

2019年初売りの目玉アイテムとしてリリースいたしました"Papavero×Bianco"の2Toneカラーは、大変ご好評いただきまして限定15足が一瞬で完売となりました。

当日オープン前よりお並びいただきました皆様には、心よりの御礼を申し上げます。

前作の"Papavero×Bianco"2Toneは、全サイズ全て作りこんでからの一斉リリースとなりましたので、サイズによってはご用意が出来なかった物もございました。

今回からはMUSHMANS Footwearのアイテム同様、ある一定の受注受付期間を設けましてから生産に入る方式を取ろうと思います。現実、そういった方法を希望されるお客様も多かったので、ご要望にお応えしようかと思います。

 

Bianco2-630.jpg

今回ご注文受付を開始いたしますカラーはBianco(ビアンコ)です。

初売り限定モデルで使用した白い方の革と同じマテリアルを使用しております。

ご説明は不用かと思いますが、こちらはBADALASSI Carlo s.r.l(バダラッシ カルロ社)のミネルバリスシオを使用しております。

BADALASSI社では珍しいホワイトのレザーは、MUSHMANS LeatherのLeather Giletで大変好評いただいたカラーと同様です。

後ほどご説明をいたしますが、このホワイトカラーのレザーマテリアルの経年変化は大変味わい深いものでございまして、ホワイトカラーと言えどもBADALASSIらしい素晴らしい経年変化をお楽しみいただけます。

 

Bianco3-630.jpg

 

Bianco4-630.jpg

 

Bianco5-630.jpg

 

 

Bianco8-630.jpg

 

再度のご説明となってしまいますが、製法等も前作同様ご説明させていただこうと思います。

 

スニーカーと言えども、このスニーカーはMUSHMANS Footwearの生産を一貫してお願いしている工場さんが、自社のファクトリーブランドとして立ち上げた"RESPECTABLE"とのコラボレーションで生まれたものです。

その為、スニーカーであるにもかかわらずグッドイヤーウェルテッド製法にて作り出されるスニーカー。

即ちオールソール交換を繰り返し行う事ができる、言わば一生物のスニーカーであります。

 

勿論、アッパー(甲)部分だけに留まらず、インナーライニングや中底といった全てのパーツにレザーを使用しておりますので、最早スニーカーの域を超えそうになっているアイテムです(笑) ※超えそうなだけで、スニーカーである事に間違いはありません。※

アウトソールとシューレース以外は全てレザーマテリアルを使用した、最上級グレードのスニーカーであります。

 

Bianco6-630.jpg

 

Bianco7-630.jpg

使用するラスト(木型)に関しても、考え抜かれたシェイプとなっており、ブーツやシューズとは異なる軽快な装着感を生んでおります。

ワイズの設定としては"D〜E"といった感じで、DワイズとEワイズの丁度中間といった雰囲気となっております。

 

サイズの選び方としては、いつもMUSHMANS Footwearの製品をご利用いただいている方はハーフサイズ上を選ぶ傾向にあります。スニーカーですので、若干余裕のあるサイズで履いていただき 羽根がある程度ビシッと閉まるようにして着用いただくのが良い雰囲気なのかと思います。

私も普段MUSHMANS FootwearのアイテムはUS8.5(26.5cm)を履いておりますが、こちらに関してはUS9(27.0cm)をガッチリ閉めて履いております。

これは好みもございますので一概には何とも言えませんが、サイズ選びの参考にされて下さい。

※あくまでMUSHMANS Footwearのサイズ感と比較した場合の事です。基本的に広く知られているRED WING等サイズ感とは同等とお考えいただいて良いかと思います。※

 

 

Bianco9-630.jpg

 

Bianco10-630.jpg

MUSHMANS Logoがヒールカウンターに、RESPECTABLEロゴが中底に入ります。

ウェルトとライニングにライトブラウン、その他がホワイトという非常に調和の取れた配色が好印象ですね。

 

Bianco11-630.jpg

軽快な装着感には、このアウトソールも一役買っております。

Vibram #09105 は #2021にスリットを入れたようなソールです。

新素材のVibram® Vi-Liteを使用して設計されたこのソール、Vibram® Vi-Liteは、軽さを追求したVibramの新素材で、軽量でありながら耐久性に優れた発泡素材。

スニーカーに最適なアウトソールですね。

 

DSC_0977.jpg

冬の軽快な着こなしにもマッチするのが、こちらのカラーですね!

軽快に動きたい休日に最適なコーディネートの提案です。

Rainbow CountryのプリマロフトVESTはオールレザーながら軽量で温かい!

いつも重厚な装いをされる方々に特に好評で、たまに軽快なコーディネートをされる際に重宝いただいておりまして、色違いでご購入される方がいらっしゃる程に着心地が良いのです。

インナーにはMUSHMANS AthleticのSweat Parkaを着用いただくと、さらに軽快かつ温かい。

そういったリラックススタイルに、このレザースニーカーが最高のパフォーマンスを見せてくれるのです。

軽快感のあるスタイリングでも、拘りのレザーは外せない。

そういった本物の皆様に向けたアイテムでございます。

 

DSC_0984.jpg

皺が刻まれ、汚れてくると より良い雰囲気が醸されます。

どうか長くお付き合い下さいね。

 

 

 

さて、このレザースニーカーですが、私の方でサンプルをある程度着用し経年変化の過程を御覧いただけるようにいたしました。

と言いましても、まだまだ本来の経年変化をお見せするには早いのかな?と言った感じではございます。

これから先の経年変化を想像いただきながら、ご参考にしていただけると良いかと思います↓

DSC_0986.jpg

 

DSC_0995.jpg

 

DSC_0993.jpg

 

DSC_0991.jpg

 

DSC_0988.jpg

若干アイボリー感が増したような感じですね。

ホワイト系の色ですが、汚れはあまり気にならないレザーだと思います。

布物や合皮系の白色スニーカーの薄汚れた感じにはならず、良い意味でのエイジングを楽しんでいただける事と思います。

もっと皺が入り、Toeなんかは汚れてくれると味わい深くなるのではないでしょうか?

グッドイヤーウェルテッド製法ならではの、足の形状に変化してくる中底は、履きこむ程に足に馴染みます。

スニーカーなんだけど、不思議と気品が漂う感じは、ストリートでも目を引くことになるんじゃないか?と思います。

是非この機会に体感いただきたい一品です。

 

 

 

 

本日よりご予約の受付を開始いたします!

 

ご予約受付期間は2019年1月31日(木)20:00までとさせていただきます。
レザーマテリアル調達の関係で、ある程度生産足数が限られております。

状況によっては早期にご予約受付を終了する場合もありますので、予めご了承下さいませ。

今回のアイテムは3月末〜4月中旬の御納品となる予定です。

 

※以下、必ずお読みいただいたうえで御注文をお願いいたします※

MUSHMANSオンラインショップを新規でご利用いただくお客様で御予約いただく場合は、クレジットカード決済をいただくか銀行振込にて全額決済後に正式に御注文受付となります。

いつも御利用いただいているお客様に関しましては、特に御予約時の決済は必要ございませんが、ご都合にお任せさせていただきます。

店頭での御予約受付時も同様に、新規のお客様は全額のお支払いをいただいてから正式に御注文受付とさせていただいております。

いつも御利用いただいているお客様は、その限りではございません。

予めご了承下さいませ。

また、オンラインショップでの御予約、店頭での御予約共にキャンセルに関してはいかなる理由でもお受け致しかねますので、御理解のうえご注文いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

 

ちょっと一言だけ言わせてください・・・↓

最近のご時世なのか、オンラインショップでの過剰サービスとも言えると思うのですが、何でもいつでもキャンセル・返品OKのようなサービスを謳っているオンラインショップが増えてきております。

我々の扱うような商品はそういった何でもアリのような事が出来る商品ではありません。

それがあたりまえのように、御予約いただいた商品をキャンセルする方が見受けられるようになり、これも時代なのかと困惑している次第です。

拘り抜いたアイテムを適正価格で提供したいという信念を貫いておりますが、世間の風潮もありそういった事を御理解いただけない方が増えるのは仕方ないのか?寂しい限りでございます。

ある程度そこそこの商品を、結構な利益をいただいて販売するのであれば、何でもいつでも返品OKでやっていけると存じますが、我々が取り扱う商品がそういったコンセプトの商品では無いという事を充分御理解いただけないお客様が見受けられるのが実情です。

企画販売側(私達)とお客様、この双方が充分理解を深めたうえで最高のお取引をさせていただきたいと切に願っております。

どうか、こういった文面に疑問を感じられるようなお客様は御注文をなさらないよう、心よりお願い申し上げます。

 

世の中が物価上昇しているのは、世の中の情勢もあるかとは思います。

ただ、こういった過剰なサービスと思える事がそれを助長しているのではないかと感じております。

無闇なキャンセルや返品といったリスクを考えた時に、商品代にそのリスクヘッジ代が加算される事になるからです。

若しくは販売価格を上げたくない場合は、商品単体の品質を落としてコストを下げる事となるでしょう。

そういった場合、最終的なところで良い物を適正な価格でお渡しできないという悪循環が生まれてくるのだと思います。

何でもアリ、一見は素晴らしいサービスにも見える事が、実は素晴らしい製品を抹殺する引き金になっているのではないかと、今の世の中を私は憂いております。

 

こういった事を、公のページ、さらには商品を広告するようなページで表現する事に対して大変葛藤いたしました。

しかしながら、私共の考えを知っていただくには必要な事であると判断いたしました。

勿論、殆どの御利用いただくお客様が御理解いただけております。それは本当に我々にとっての救いです。

しかしながら、御利用いただくお客様の絶対数が増えるに従って、私達が考えていなかったような発想の方に出会うのも事実。

 

当たり前の事をツラツラと書きやがって、と、ご気分を害された方も多いかと存じます。

それに関しては本当に申し訳ありません。

しかしながら、これがこの時世の現実でもございます。

お許し下さいませ。

 

 

さて、気分を切り換えて!

 

 

DSC_0986.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

 

 

製品サンプルも店頭にございます!!

是非、多くのお客様に御覧いただきたいと思っております。

 

 

 

 

 

この週末はMUSHMANSへGoooooooooooo!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

【1月12日 サイズに関しましての追記】

 

大変好評いただきまして、女性のお客様からもご要望を多数いただいております。

サイズ展開が24.0cmからと、基本的に男性用サイズ展開となっておりましたが

工場様との協議の結果、23.0cmと23.5cmのラスト(木型)も追加で製作いただく事になりました。

つきましては、サイズ展開が23.0cm(US 5in)〜27.5cm(US 9.5in) の10サイズ展開となります。

早急に要望を叶えてくれた工場様には心よりの感謝。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS Footwear より新色BOOTSの予約受付開始のお知らせです。

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!
 

 

この三連休も秋らしくMUSHMANS店内は活気に溢れておりました。

オーダーいただいていたレザージャケットのお引取りにいらっしゃるお客様や、初めてMUSHMANSでレザージャケットをお買い上げいただいたお客様、気になっていた秋物をGETされるお客様が多くいらっしゃったりと、気候は台風の影響があってか少々夏めいたものとなっておりましたが、MUSHMANSの厳選したセレクトアイテムをご堪能いただきました!
 

 

そんな慌しい三日間でございましたが、その中でオーダーいただいていたA-2をお引取りにいらっしゃったお客様からいただいた御言葉。

このところ疲れが抜けてなかったけど、このA-2試着したら疲れが抜けた。と。

結構本気で仰られておりましたので、私もその御言葉をいただいた時には疲れが抜けました(笑)

我々は日頃「単純に衣類を販売しているだけじゃない」と心に秘めて営業しておりますが、改めて単純に良い製品を納めるだけの商売ではなく、実体験をもとに精神的な付加価値を高めていきたいと再確認した次第です。
ありがとうございます。

 

 

 

そして、連休最終日は定期的に開催している早朝ダムツーリングへと、燃え尽きた三連休を過ごしました。

出勤前に400kmのツーリングですので、本日は身体中が筋肉痛ですし眠いです・・。(笑)




 

さて!

本日は待ちに待ったテストサンプルが仕上がって参りましたので、御紹介させていただきます!!
 

 

DSC_8329-630.jpg

MUSHMANS Footwear 2018FW Model

CHUKKA BOOTS

BADALASSI Minerva Liscio

"ORTENSIA"

 

 
勘の良いお客様なら予期されていたかもしれません!

本年THE FEWとのコラボレートによって復刻される【Type A-1 BADALASSI ORTENSIA】と同タンナー、同色によるFootwearのリリースでございます!

数年前にエンジニアブーツやレースアップブーツでBADALASSI社のレザーを用い限定モデルを製作した実績がございますが、かなり久しぶりにこのORTENSIA(オルテンシア)カラーのBootsをリリースいたします。

 

 

DSC_8330-630.jpg

ベースとなるモデルは、昨年リリースいたしまして圧倒的なご支持をいただいたMUSHMANS FootwearオリジナルのCHUKKA BOOTSです。

 

CHUKKA BOOTSの定義に基き、2組のシューレースは裏ハトメ仕様。

アンクル丈は5インチ程度のハイトとなっており、トラディショナルなCHUKKAスタイルをお楽しみいただけます。
 

こちらのモデルはトラディショナルなCHUKKA BOOTSの要素をベースに、ジョージブーツとデザートブーツの要素を三位一体とさせたMUSHMANSの考える現代フル活用できるCHUKKA BOOTSの提案です。

 

 

DSC_8331-630.jpg

 

DSC_8336-630.jpg
DSC_8343-630.jpg
ラスト(木型)は、MUSHMANS Footwearの根幹とも言える定番ラスト"Japanese Comfort Last"を使用。
Norwegian Front Shoe や Plain Toe Shoes といった定評のあるモデルに用いるラストと同様のものとなっております。
サイズ展開も豊富で、サイズ24.0cm(US 6 in)〜27.5cm(US 9.5in)の全8サイズをご用意しております。

 
DSC_8338-630.jpg
適度なボリュームを持つラウンドToeは、ワークブーツのそれとは一線を画す美しい曲線となっております。

Goodyear Welted製法により、全周に渡って(ヒール部にも)ウェルトを固定。

ストームウェルトを用いる事で防水性と防塵性能を高めるとともに、ブーツ本体の迫力を演出する効果も得られている仕様です。

 

 

DSC_8335-630.jpg

 

DSC_8342-630.jpg

伝統的なChukka Bootsの仕様から比較すると、高めなヒールリフトとなります。

ここにはジョージブーツの要素を組み込むと共に、ラストとの整合性も考慮しております。

足入れしていただくと、しっかりとしたアーチ感を感じられるのもポイントです。

 

 

DSC_8345-630.jpg

さらにもう一点ジョージブーツの要素を取り入れたポイントが全域に装着したライニング。

トラディショナルなChukka Bootsの定義は"ライニングを用いない"とされておりますが、MUSHMANS FootwearのCHUKKA BOOTSはあえてライニングを用いた仕様としました。

 

 

DSC_8340-630.jpg

DSC_8341-630.jpg
今作で使用するアウトソールはVibram #700アンバーとQUABAUGヒールの組み合わせ。
トラディショナルなCHUKKA BOOTSの定義では薄いレザーソールを用いるのですが、ここではデザートブーツの要素を取り入れており、気兼ねなくいつでも使える仕様という事でビブラムソールを用いました。
オルテンシアカラーにはVibram社のアンバーカラーが最もマッチすると個人的に思っており、今回も#700という定番的なアウトソールであるものの、アンバーカラーを用いる事で個性的な印象を与えました。

 
DSC_8361-630.jpg
今作で使用するマテリアルは、イタリアBADALASSI社の軸となるMinervaシリーズのLiscio(リスシオ)です。
1.7mm〜1.8mmレンジの革厚は堅牢さと履き心地の良さを両立したマテリアルであり、BADALASSI社のレザーを最も楽しみ尽くせるマテリアルであると言っても過言ではありません。
100%ベジタブルタンニン鞣しによる経年変化は、レザーエンスーを唸らせるものであり、長年に渡って様々な表情へと変化を遂げるレザーです。

 
DSC_8370.jpg
経年変化の例といたしまして、こちらの画像をご覧ください。
画像向かって左は言うまでもなく今作サンプルでございまして、一度も足入れを行っていない新品状態です。
対して画像向かって右は5〜6年前にMUSHMANSのオリジナルラインとして製作したレースアップブーツです。この両者は全く異なる発色になっておりますが、もとは同じ色(ORTENSIA)であったのです。
長年に渡って御使用いただきますと、植物タンニンが影響し右のようなモスグリーンを感じる発色へと変化するのです。
新品状態では鮮やかさが先に立つ発色感でありますが、時の経過とともに深みのある簡単には表現できない発色へと変化します。
新品時からこの発色を狙っても、絶対に達成できない発色。
 
経年変化(時間)がじっくりと作用し、何とも言えない発色へと導かれるのです。
今作のCHUKKA BOOTSが変化した先の事を想像すると。。。
いても立ってもいられなくなりますが、時間を早送りする事は不可能。
少しずつ変化する過程を楽しみながら、是非じっくりとお付き合いいただければ幸いです。
 
後日、このサンプルを履き込んだ画像を掲載する予定です。
少々お時間をいただきますが、お待ち下さいませ。
 

 
DSC_8361-630.jpg

 

 

 






Price:60,000yen+tax

ファクトリーとの直接取引によって実現するプライスも魅力です。

今までに培った知識を活かす事でメーカーと同様の内容を実現。

そして、ファクトリーと直接的に提携する事によって無駄なコストを削減出来ました。

専用BOXにてお届けいたします。

 


Delivery:2018年12月頃 予定

徹底した生産管理と品質管理によって、大幅な納期遅れを防ぐ事をお約束します。

また、品質に関しましても不安要素を徹底的に排除し進めております。

 


Order:2018年10月9日より

本日より御予約の受付を開始いたします。

生産数は既に決まっておりますので、予約数が生産数に達した時点で予約受付を終了します。

MUSHMANSを初めて御利用いただくお客様に関しましては、内金として30,000円以上をお預かりいたします。
過去にお取引のあるお客様は、内金の必要はございません。
オンラインショップでの御予約は、銀行振込・クレジットカード決済・コンビニ決済のいずれかとなります。
銀行振込をご希望の際は、内金の30,000円がお振込された時点で正式に予約受付となります。
オーダーをいただきましても、お振込の確認が取れていない時点では正式に受付が完了しておりません。
予めご了承下さい。その後商品入荷時に残金をお振込いただくか、残金を代金引換にてご請求いたします。
クレジットカード決済コンビニ決済をご希望の場合は、全額前金としてお預かりいたします。
※過去にMUSHMANS ONLINE SHOPを御利用いただいた履歴のあるお客様は代金引換もお選びいただけます。※

 


キャンセルに関しましては、原則受け付けておりません。
当社"特定商取引に基く表記"に準じますが、キャンセルの場合内金のご返金はいたしません。
何卒ご理解下さい。

 



過去に悪質なキャンセルがあったお客様のご予約は承る事が出来ません。

予めご了承下さい。





 

 

 

 


お待たせいたしました!MUSHMANSオリジナル"BOOTS MAN SOCKS"の新型が完成しました!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド
 

 

続々と仕上がっておりますオリジナル企画物!

先日のレザージャケット専用ハンガーも大変好評いただいておりまして、既に100本以上のオーダーをいただきました土下座
本当にありがたい限りでございます土下座



 
そして、皆様から再販の要望が多かったMUSHMANSオリジナルの"BOOTS MAN SOCKS"
今回フルモデルチェンジいたしましてのリリースとなりますので、是非ジックリと御覧下さいませエクステンション
※前作まではBrain Trustネームでリリースしておりましたが、今作からはMUSHMANS Footwearネームで進めて行きます※
 
SOLD OUTとなってから既に一年以上が経過しており、数年前にお買い上げいただいた皆様からはそろそろ新しいのが欲しいという要望を沢山いただいておりました。
この一年間、生産しなかったのもフルモデルチェンジを企てておりまして、そのテストに時間を要したというのが要因でござました。
多くの皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしましたが、この度納得のいくアイテムが完成いたしましたので、PRさせていただこうと思います。

 
DSC_2750-630.jpg

DSC_2753-630.jpg


一年間テストを実施して開発した、新たな素材でのBOOTS MAN SOCKSを発表いたします。
BOOTSを愛する男達に向けた、快適なSOCKSの新定番となるであろう自信作。
ファーストリリースから7年が経過し、様々なデータの蓄積から生まれた
最終進化型と言っても過言ではないスペシャルモデル。
贅の限りを尽くしたマテリアルと極限までシンプルに仕上げた構成。
前作までのBOOTS MAN SOCKSを愛用していただいた皆様の高い要求を超える進化モデル。



まずは今回のモデルの特徴であるマテリアルから御紹介させていただきましょう↓

 
【マテリアル(素材)】
前作からのコンセプトを継承し[オールシーズン(全季節)]・[オールウエザー(全天候)]・[上質な風合い]
上記4項目をより高い次元で実現させる事が至上命題であります。
そこで、今回使用いたしましたマテリアルは"オーストラリアン メリノウール"
何故この時季にウール素材を使用するのか? それは全季節に対応出来るスペシャルなマテリアルであるからです。
ウールと聞きますと、冬季シーズン限定の素材と感じられる方も多いかと思いますが、今回使用しているオーストラリアンメリノウールは"夏だからこそ使いたい素材"なのです。
人と地球に優しい天然繊維であるメリノウールはムレや湿気を自分で調整するエアコン機能を備え、「冬暖かく、夏涼しい」特性を持った繊維です。
メリノウールは繊維の中でも最も高い吸湿性能を誇り、ドライな装着感を長時間楽しんでいただけます。
さらに、防臭抗菌効果も持ち合わせており長時間履き替える事が出来ないシーンで効果を発揮する事でしょう。

洗濯時も通常のコットンSOCKに比べ完全乾燥が早く、洗濯時の煩わしさもございません。
この洗濯時の乾燥の早さは発汗時の乾燥の早さに直結し、実際にそのドライ感を体感していただけるでしょう。
前作までのコットン×リネン素材も比較的乾燥の早い素材でしたが、今回のメリノウールは半分程の時間で乾きます。
 
SOCKS表地は100%メリノウールの糸を使用し、裏地で伸縮性確保の為にポリエステルとポリウレタンを使用します。
その為下記の混率となります。
メリノウール84%
ポリエステル15%
ポリウレタン1%
市場で販売されているメリノウールSOCKSの中でも、メリノウールの含有率が極めて高い仕様になっております。

 
[メリノとは?]
羊毛の生産を目的として飼育されるヒツジの品種にメリノ種という存在があります。
毛質が14μ〜24μと非常に繊細なのが特徴で、今回のSOCKSには20.5μのメリノウールを使用しております。
現在では主にオーストラリアと南アフリカ共和国で飼育されており、今回の製品にはオーストラリアで飼育されているメリノウールを使用します。

 
【マシン(編み機)】
現在では希少価値の高いヴィンテージの編み機を使用しました。
近年の靴下は細めの糸でハイゲージの編みたてを採用する製品がほとんど。
しかしながら、これでは我々の目指すブーツソックスは完成しません。
適度なニードルカウントで履き心地を自然なものにする為に、独自の編み立てを構築しました。
また、パイル編みであるためマテリアルの特徴を前面に活かしたクッション性も実現しました。
初めて履いた瞬間の、足裏のクッション性は驚くべきものだと言っておきます。
メリノウールの質感と相まって、極上の装着感を実現しているのです。

 
【構成】
前作までは"Double[A]Support/ダブルエーサポート"という新開発のArch(土踏まず)とAnkle(足首)にゴムを入れ、フィット感の向上を狙いましたが、今作ではAnkle(足首)のサポートを廃しました。
廃したと言っても、単純に無くしたという事ではなく、今作で使用するメリノウールの特徴である、強いフィット感によるもので、足首部分は局部的に多くゴム入れをせずとも高い次元でのフィット感を生み出す事に成功したからです。
そのためHeel部以上が全てAnkleサポートになったと表現した方が正解なのかもしれません。
より自然なフィット感を得られ、局部的な締め付け感を軽減し、さらには耐久性も向上しております。
Arch(土踏まず)部分はよりしっかりとホールドする事を考え、アーチサポートは従来通りの仕様で構成いたしました。
また、シームレス構造によって縫い目を感じない自然な装着感を実現しております。
DSC_2714-630.jpg
DSC_2718-630.jpg
負荷の掛かる箇所に編地厚を増させ、ブーツ装着に掛かる負担を分散させる構造です。
また、裏面はパイル編にする事でクッション性を確保しております。

 
DSC_2715-630.jpg
DSC_2720-630.jpg
アーチ部分にはゴムを入れる事でさらなるフィット感の向上を実現。
甲側と足裏側での編組織が二分される構造です。
今回からブランドロゴはニッティングによって表現しております。

 
DSC_2716-630.jpgDSC_2721-630.jpg
ブーツのフィット感を得る為の最重要ポイントであるヒール部分も厚みを持たせる構造。
これにより踵の大きい欧米製ブーツでも、しっかりとフィットさせる事が可能です。
また、衝撃を最も受けやすい部分でもありますので、長時間の歩行による疲労にも対応します。

 
DSC_2717-630.jpg
DSC_2723-630.jpg
Ankle(足首)部からCalf(脹脛)部にかけてのリブ網構造によって、高い次元でフィット感を向上させる事に成功しました。
また、このフィット感の耐久性は前作までのBOOTS MAN SOCKSの耐久性を大幅に上回る事がテストで実証されており、自然なフィット感がありながら、嫌なずり下がり感を排除しております。

 
繊細な繊維であるメリノウールを使用している為、上記画像のように履き始めは若干の毛玉が発生します。
着用回数とともに落ち着いてきますので、御安心くださいませ。


 
各タイプ 3色ずつの展開となります。↓
DSC_2712-630.jpg
DSC_2711-630.jpg
DSC_2709-630.jpg

定番的なクルー丈の"Regular Type"です。
BOOTS MAN SOCKSと呼んでおりますが、実はビジネスシーンでも使用するという方も非常に多いです。
週末のオフにBOOTSと合わせて使用するだけでなく、日常も使用いただいているのは本当に嬉しい限りです。
その為、今回カラーリングは比較的落ち着いた発色のものでラインアップいたしました。
BOOTS着用時の御使用は勿論の事、様々なシーンで違和感無く使用いただけるよう配慮しております。
サイズは24.0cm〜28.0cm程度の足に対応しております。
ハイトに関しては、ヒールから最上部までの寸法で27cm程度です。


 
DSC_2724-630.jpg
DSC_2727-630.jpg
DSC_2726-630.jpg

こちらも定番的なタイプのショート丈です。
ブーツは勿論の事、スニーカーなどのShoesでも御使用いただけます。
夏だからShort Typeという訳ではなく、気分やコーディネート、さらに履くBootsやShoesによってお選びいただければ良いかと思います。
サイズは24.0cm〜28.0cm程度の足に対応しております。
ハイトに関しては、ヒールから最上部までの寸法で15cm程度です。




 
何をしていても
何かを感じろ
 
常に進化していく事を求めるならば
常に感じ続けなければならない

感性を邪魔するものは排除し
感性を高めるものを吸収し続けろ

自分は何が欲しいのか?
それだけを考えて進み続ける。
万人は関係ない、自分が納得したか否かだけ。
 
たかが靴下、されど靴下。
末端から天辺まで、納得できないものはいらない。

 
今回も我々が出来る限りのモノを作りました。
皆様にとっても納得できるモノであれば嬉しいです。
ここでは語り尽くせない想いを込めてのリリースです。
是非、一度お試し下さいませ。


 
DSC_2750-630.jpg


DSC_2753-630.jpg

| 1/2PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode