Tokyo Sandals×MUSHMANS 別注サンダル 極少量の入荷です!!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

本日二度目のBlog Upとなりますが、本日希少な別注モデルが緊急入荷しましたのでお知らせですびっくり

 

 

DSC_2279-630.jpg

Tokyo Sandals×MUSHMANS

MUSHMANS Limited

Double Monk Sandal

"ELEPHANT STONE"

 

MUSHMANSではSANDALMANと並ぶ人気のサンダルブランドであるTokyo Sandals。

日本発ブーツブランド"Rolling dub Trio"が手掛けるサンダルブランド。

今回初のMUSHMANSコラボアイテムを超少量で限定発売する運びとなりました!

毎シーズン最も人気を博しているDOUBLE MONKスタイルのサンダルに

今や幻のレザーマテリアルとなりつつある

ELEPHANT SKIN(象革)

を使用したスペシャルな1足が完成しました。

 

DSC_2287-630.jpg

ELEPHANT SKIN(象革)

1989年のワシントン条約によって、象の捕獲が禁止されて以来輸出入が全面的に禁止されております。

絶滅の恐れがある動物に対して適用されるワシントン条約は絶対的な効力を持っており、これによって流通する象革の量も激減しました。

激減と申しましたのも、産地と種別によっては輸出入が許されている為であり、その一部地域、一部種別の捕獲された象革だけが世に流通している訳です。

アフリカゾウ(学名:Loxodonta africana/商業名:African Elephant)がそれにあたり

ボツワナ、ナミビア、南アフリカ産の輸出入、及びジンバブエ産の日本への直接輸入は可能という事になっております。
その為、今回使用されるマテリアルはボツワナ、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエの何れかで捕獲されたアフリカゾウ(African Elephant)という事になります。
DSC_2280-630.jpg
そのレザー表面の質感は象革特有のものであり、細かく粒状に隆起した銀面は堅牢さを醸す素晴らしい質感です。
実際エレファントスキンは非常に堅牢であり、引き裂き強度にも長けたマテリアルです。
マットな仕上がりとなっておりますが、使用する毎に光沢を持ち始め美しい経年変化をお約束します。
DSC_2284-630.jpg

ウエスタンブーツのでも用いられるマテリアルで、エレファントスキンのブーツは存在感が物凄く、ちょっと普段履くには着こなしテクニックを要するものです。

しかしながら、ことサンダルになりますとバランスの良い存在感となり容易にコーディネートしていただける事でしょう。

 

DSC_2286-630.jpg

勿論、履き心地に関しては従来のTokyo Sandalsのそれでございますので、日本の職人による手仕事で生み出される安定的な装着感をお楽しみいただける事でしょう。

 

DSC_2289-630.jpg

象革特有の発色に合わせて、シルバーパーツも相性良く収まっております。

 

DSC_2288-630.jpg

ソール交換可能なTokyo Sandalsオリジナルソールも、軽く設計されているものの耐磨耗性にも優れております。

長い期間お付き合いいただける仕様となっております。

 

 

 

DSC_2279-630.jpg

Tokyo Sandals×MUSHMANS

MUSHMANS Limited

Double Monk Sandal

"ELEPHANT STONE"

 

 

本日より販売開始エクステンション

希少レザー故に、極少量でのストックです。

二度と無いであろう幻のサンダルを手に入れるのは貴方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


NICKS BOOTS 受注会におけるアイテムについて。

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

本日は2018GW Special Event時にオーダー受付を実施いたしますNICK'S BOOTS "MUSHMANS別注モデル"に関する詳細をお知らせさせていただきます。

 

NICK'S BOOTS

MUSHMANS別注モデル

"Ox Ford"

Horween Chromexcel

OLIVE

 

DSC_1857-630.jpg

2016年の第一回目のNICK'S社訪問時にオーダーをかけていた別注仕様。

納期の問題を抱えていた当時、納期の改善が見込まれなかった為に企画を強制終了させていたモデルがこちらの仕様です。

HNW Lastを使用した3インチハイトのOx Fordは、日本市場用に開発された#2 Toeモデルと#3 Toeモデルをお選びいただけるようにいたしました。※画像は全て#2 Toeです。※

 

DSC_1863-630.jpg

DSC_1858-630.jpg

ベースとなっているHNW Lastは日本人の足に合いやすく、良好なフィット感によりファンの多いLast(木型)です。

今回通常の#3 Toeと併せて日本市場用に開発された#2 Toeを御用意しております。

通常仕様の#3Toeと比べ、#2ToeはToe先端に向かってシャープになっているのが特徴です。

この#2Toeは日本市場用と申し上げましたが、日本人の足にさらに良く馴染むように設計されたという訳では無く、あくまで日本の市場での要望が多かった為に開発されたLast(木型)であり、通常の#3Toeの方が日本人の足にマッチする場合の方が多いと見受けられます。オーダーの際はこのToeの違いについて詳しくご説明いたしますので、お悩みの場合はお問い合わせくださいませ。

 

DSC_1861-630.jpg

DSC_1868-630.jpg

DSC_1865-630.jpg

質実剛健な物作りをモットーとしているNICK'Sならではのディテールは"Ox Ford"であっても踏襲されます。

ヒールカウンターはしっかりと装着され、各部の負荷が掛かる箇所に対するダブルステッチやトリプルステッチと一見して堅牢さをうかがえる仕様になっているところが何ともNICKSらしい安心感。

 

DSC_1870-630.jpg

今回の別注モデルに使用されるマテリアルは、もはや定番とも言えるHorween社のChromexcel レザーカラーはOLIVE/オリーブです。

足馴染と足への追従性が高く、オーナーの足を包み込むフィット感を生み出すマテリアル。

また、オリーブカラーの発色が美しく、プルアップレザーならではの色ムラを楽しんでいただけます。

耐水性に対しても長けており、全天候で存分にお楽しみいただける事でしょう。

 

また、アッパーレザーの縫製糸にはエンジ系のステッチを使用し、美しいステッチワークを感じていただける配色となっております。

 

DSC_1879-630.jpg

中底のレザーライニングにはMUSHMANSとNICK'Sのダブルネーム仕様の証がエンボスされております。

 

DSC_1885-630.jpg

アメリカンワークブーツには珍しい"Dainite Sole/ダイナイト ソール"をアウトソールに用いました。

 

DSC_2185-630.jpg

二年前の別注企画消滅から、度々着用していたこちらのモデル。

上記画像が経年変化後の様子でございます。

普段はMUSHMANSでの取り扱いが無いブーツは履かないのですが、これに関しては何故か履いてしまう。。

いつかこの時が来る。

内心そう思っていたのかもしれません。

 

DSC_2189.jpg

新品当時の強いオリーブ感が薄まり、茶色味を増してきているアッパーレザー。

 

DSC_2192.jpg

深く刻まれた皺と、色ムラ。

深みを増したレザーカラーとエンジステッチのコントラストが、新品時よりもさらに美しく仕上がっております。

オーナーの足に極力フィットさせたサイズを選定する事で、美しい履き皺を得られます。

オーダーの際は測定を行い、ベストマッチするサイズを導き出します。

 

#2 Toe に関しては、御用意できるサイズが限られます。以下が御用意しているサイズですので予め御確認下さい。

Dワイズ---8/8.5/9/9.5

Eワイズ---7/7.5/8/8.5/9/9.5

#3 Toeにつきましては、サイズの限定はございませんので様々なサイズに対応可能です。

 

 

 

【受注受付期間】

2018年4月28日(土)〜5月6日(日)

 

【納期】

2018年秋 10月頃を予定しております。

NICKS BOOTSの納期に関しては、今まで約束が守られた事がございませんでしたが

今回こそはと信じております。

その為短い受注受付期間であり、モデルも限定しております事をお許し下さい。

 

【オーダー方法】

基本的には店舗での採寸を実施しての受注確定とさせていただきます。

遠方のお客様でご希望の際は、お電話かメールにてお問い合わせください。

 

【オーダー時の御予約金に関しまして】

今回の別注NICKS BOOTSに関しましては、オーダー時の御予約金はいただきません。

納期に関しての不安があり、オーダーいただきましたお客様へご迷惑にならないよう

この受注会でのリスクは当社で負うという事にいたしました。

納期が大幅に遅延した際はキャンセルが可能です。

ただし、納期遅延が発生しなかった場合のキャンセルはお受けできませんので

予めご了承いただけますようお願いいたします。

ここはお客様と我々の信頼関係のもとオーダー受付をさせていただこうと思います。

 

DSC_2185-630.jpg

NICK'S BOOTS

MUSHMANS別注モデル

"Ox Ford"

Horween Chromexcel

OLIVE

 

短い期間での受注受付となりますが

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

サンプルは店頭にて展示いたしております。

是非一度ご覧下さいませ。

 

GW SPL.jpg

2018GW Special Event in MUSHMANS

 

開催期間

2018年4月28日()〜5月6日() 9days

※期間中 定休日に当る水曜日がございますが、臨時営業いたします。

また振り替え休業はいたしませんので御安心くださいませ!※

 

EVENT LINEUP

---Rios of Mercedes トランクショー&受注会

---FULL COUNT トランクショー&加工デニム受注会

---Nick's Boots MUSHMANS別注モデル受注会

...and more!

 

詳しくは→コチラをClick

 

 

 

 


Rainbow Country×MUSHMANS Leather Shoulder Bag 本日販売開始です!!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

先日はRainbow Country 2018-19FW Collectionの展示会がございまして、勿論私も行ってきましたびっくり

展示会終了後は毎年恒例!各国を統治する諸先輩大名の方々との会合が催され、例年通りの洗礼を受けて参りました。
業界の大先輩方のパワーは物凄く、良い刺激を沢山いただきました。

大量のアルコールも摂取し、肝臓も大満足です・・(笑) しばらくは休肝したいと思います。

今年も例年通りMUSHMANS店舗にて内見会も開催いたしますので、日程が決まりましたらお知らせさせていただきます。

 

 

さて、そんなRainbow Countryより2018SS別注企画第二弾の登場!!

先日第一弾として登場した別注レザーLeather Pouchはリリースから20時間程度で完売となりまして、記録的な完売スピードでございました。

今シーズンBAGように作り込んだレザーBUSTED SHRINK "DARK SEAL ICE FLOE"の実物すら見る事が出来なかったお客様も多数いらっしゃいますので、是非その発色を店頭で御確認いただきたいと思います。
DSC_2106-630.jpg
昨シーズンからスタートしたレザーショルダーBAG。
その使い勝手の良さから、多くの皆様より好評いただいているアイテムです。
Rainbow Countryではオフシーズンアイテムという位置付けになりますが
その作り込みはレザージャケット同様、一切の妥協を許しません。
そのレザーショルダーBAGに、MUSHMANS別注レザーを用いたのが今回御紹介のアイテム。
DSC_2126-630.jpg
前作同様、特筆すべきポイントはマテリアル(素材)

今回BAG用に作り込んだ、MUSHMANS特別仕様BUSTED SHRINK HORSEHIDE Leatherの新色

DARK SEAL "ICE FLOE"

下地色を濃紺(NAVY)で染め上げ、BUSTED SHRINK加工を施した後に

ダークカラーで表面を手染めした仕様。

※上記画像は日光下で撮影したものです、この画像の色が日の下で見た際に最も近いです※

 

これは、昨年リリースしましたBUSTED SHRINK Dark Seal"VOLCANO"と同様の手法。

BUSTED SHRINK HORSE HIDEに関しては→コチラに詳しく記述がございます。

 

下地には芯通しで染め上げたNAVY色のホースハイド(1.2mm厚レンジ)。

これに、下地色よりも濃いNAVY色の染料によって着色を施します。

一旦通常のNAVY色のホースハイドが仕上がります。

こちらをBusted Shrink加工によって、表情豊かな面へともっていきます。

荒々しい表情が出た上から、ブラックの染料によってハンドフィニッシュ。

仕上げにカゼイン等を用いて光沢を引き出します。

この行程によって、シボの凸部分は限りなくブラック

シボの凹部分にはNAVY色が見え隠れするという訳です。

艶やかな光沢感は、使用が進みますとレザーに馴染んで落ち着いてきますが

擦れる部分などはレザー本来の光沢が増して行きます。

 

今作リリース時にも掲載しましたが。DARK SEAL "ICE FLOE"は深夜の流氷を彷彿とさせる

荒々しくも神秘的な表情を感じていただける、爽やかな印象となっております。

 

DSC_2109-630.jpg

昨シーズンと同様の寸法、ディテールです。

 

DSC_2119-630.jpg

ポーチ同様、Cal熊タグは表面ではなくライニングへ。

レザーマテリアルの表情が豊かな為、なるべく表面はシンプルにという配慮です。

 

DSC_2115-630.jpg

メインジッパーはTALONです。

 

DSC_2117-630.jpg

こちらはCAL mfgボールチェーン。

 

 

DSC_2140-630.jpg

DSC_2142-630.jpg

結構な収納容量を持っておりますので、一泊位なら旅も可能ですね。

上記画像のように、日常の使用にも最適。

ポーチ・ノート・財布・ノートPCといった物を全て入れても余裕がございます。

イイ感じですね〜。

 

DSC_2133.jpg

これからの時季、身の回り品の収納に苦労しますので、このスペックのショルダーBAGは

大変重宝されます!このゴールデンウィークの旅行にも最適かと思われますし

サブ的なBAGとしても最高に使い勝手の良いアイテム。

シンプルでありながらも、存在感を感じるレザーショルダーBAGです。

 

DSC_2106-630.jpg

こちらのアイテムは10個限定での発売となります。

既に生産が完了しておりますので、増産はございません。

予めご了承下さいませ。

 

 

レギュラーカラー↓

Rainbow Country/レインボーカントリー

Leather Shoulder Bag

[RCL60016]

BLACK

 

Leather Shoulder Bag

[RCL60016]

 SEAL BROWN

 

こちらも勿論ございますので、使用シーンに合わせてお選び下さいませ。

 

 

 

 


Rainbow Country×MUSHMANS Leather Pouch 別注アイテムのリリースです!!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

先日の定休日にあたる水曜日は、輸入の関係でトラブルがあり本牧ふ頭へ。。

大量の荷物を立合い検品する必要があった為、非常に困っておりましたが MUSHMANSの愉快な仲間達に相談したところ平日にも関わらず多くの方々が立ち上がってくれたお陰で無事難題を解決できました。

中には有給を取ってまでお手伝いいただいた方も・・。

仲間の大切さ、改めて深く感じました。 本当にありがとうございました。

身体、、ボロボロですね・・・(笑)

 

IMG_6015.jpg

 

 

 

 

さて、本日は昨年爆発的なヒットとなりましたRainbow CountryのSpring Summerアイテムを御紹介しますびっくり

 

DSC_1803-630.jpg

Rainbow Country/レインボーカントリー

Leather Shoulder Pouch

限定発売

BUSTED SHRINK DARK SEAL "ICE FLOE"

[RCL60017MS]

 

使い易いサイズ、適度な容量、納得のマテリアル。

普段使いのアイテムとしての要件を全て満たす事で、昨年より多くの皆様に好評いただいた

Rainbow Countryのオフシーズンアイテム

Leahter Shoulder Pouchの2018年MUSHMANS別注モデルが完成いたしましたエクステンション

このBAGの為に開発したレザーマテリアルを纏っての限定リリースとなります。

 

DSC_1831-630.jpg

特筆すべきポイントであるマテリアル(素材)

今回BAG用に作り込んだ、MUSHMANS特別仕様BUSTED SHRINK HORSEHIDE Leatherの新色

DARK SEAL "ICE FLOE"

下地色を濃紺(NAVY)で染め上げ、BUSTED SHRINK加工を施した後に

ダークカラーで表面を手染めした仕様。

※上記画像は日光下で撮影したものです、この画像の色が日の下で見た際に最も近いです※

 

これは、昨年リリースしましたBUSTED SHRINK Dark Seal"VOLCANO"と同様の手法。

BUSTED SHRINK HORSE HIDEに関しては→コチラに詳しく記述がございます。

 

下地には芯通しで染め上げたNAVY色のホースハイド(1.2mm厚レンジ)。

これに、下地色よりも濃いNAVY色の染料によって着色を施します。

一旦通常のNAVY色のホースハイドが仕上がります。

こちらをBusted Shrink加工によって、表情豊かな面へともっていきます。

荒々しい表情が出た上から、ブラックの染料によってハンドフィニッシュ。

仕上げにカゼイン等を用いて光沢を引き出します。

この行程によって、シボの凸部分は限りなくブラック

シボの凹部分にはNAVY色が見え隠れするという訳です。

艶やかな光沢感は、使用が進みますとレザーに馴染んで落ち着いてきますが

擦れる部分などはレザー本来の光沢が増して行きます。

 

今回のDARK SEAL "ICE FLOE"は深夜の流氷を彷彿とさせる

荒々しくも神秘的な表情を感じていただける、爽やかな印象となっております。

 

 

DSC_1814-630.jpg

昨年の仕様とパターンに変更はありません。

 

DSC_1820-630.jpg

今回は革の表情を存分にお楽しみいただく為に、表面にタグは装着せず

BAG内のインナーライニングに取り付けました。

勿論MUSHMANS TAGも装着されダブルネーム仕様になっております。

 

DSC_1827-630.jpg

2018モデルはメインジッパーをTALONに。

 

DSC_1829-630.jpg

サイドポケットのジッパーには、Rainbow Countryオリジナルのボールチェーン仕様。

"CAL MFG"の刻印が入ります。

 

20170407_2316105[1].jpg

SIZE 縦13cm×横22cm×マチ8cm
容量 2.5ℓ
という小ぶりのサイズでありますが、上記の物が収納できてしまいます。

 

i phone・文庫本・財布・タバコ・ライター

これだけ入れば言う事無しです!

かなり小ぶりなポーチですが、実は結構入ってしまうんです。

かなり使えると思いませんか!?

海外旅行の際にパスポートやチケット等を入れておくのにも使えます。

普段はバッグインバッグとして鞄の中に忍ばせておいて

いざという時にショルダーポーチとして使ってもイイですね。

 

あれだけ入れても、この自然な雰囲気で使えるのが嬉しいですね。

これからの季節、アウター物の着用が無くなると

ちょっとした身の回り品を収納する適度なサイズのBAGが欲しくなるものです。

しかもレザー愛好家としては、素材に拘ったレザーアイテムがワンポイント欲しくなるもの。

そんな要求を全面的に網羅するのがこちらのアイテムです。

 

DSC_1803-630.jpg

Rainbow Country/レインボーカントリー

Leather Shoulder Pouch

限定発売

BUSTED SHRINK DARK SEAL "ICE FLOE"

[RCL60017MS]

 

こちらのアイテムは20個限定での発売となります。

既に生産が完了しておりますので、増産はございません。

予めご了承下さいませ。

 

レギュラーカラー↓↓

Leather Shoulder Pouch[RCL60017]BLACK

 

Leather Shoulder Pouch[RCL60017]SEAL BROWN

 

も入荷しております! 併せてよろしくお願いいたします土下座

 

 

 

 

そして、本日よりスタートしておりますエクステンション

DSC_1117.jpg

Y'2 LEATHER/ワイツーレザー
2018-19 FW Collection Exhibition in MUSHMANS

 


開催日程


2017年4月13日(金)〜4月16日(月)
計4Days

 

DSC_1778.jpg

総数50着以上のレザージャケットが並びます。

壮観です!

 

DSC_1780.jpg

新作ブーツも!

 

 

世間は春ですが、MUSHMANSの週末はそれを感じないでしょう。

 

 

DSC_1787.jpg

ハンドダイ NAVY

物凄い発色になってますね〜

 

DSC_1788.jpg

インディゴ染ホースハイド。

左:新品時

右:一年経過

落ち着いた、良い雰囲気の発色に変化が始まっております。

 

DSC_1793.jpg

新型、インディゴホース使用のカバーオール型。

使い勝手良さそうですね〜!

 

DSC_1795.jpg

こちらもインディゴ染ホースハイドの新型2ndタイプ ジャケット!

 

DSC_1799.jpg

コロメール社のムートンを使用したB-6だってあるんです!

 

DSC_1783.jpg

この週末は

MUSHMANSへ

Goooooooooooo!

 

皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちいたしております土下座

 

 

 


MUSHMANS Athletic Wear 新作アイテムの御紹介です!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

無事新たな年度のスタートを切る事ができました。

昨日も非常に盛り上がったMUSHMANSですが、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます土下座

新年度一発目からオリジナルアイテムの予約受付スタートをさせていただきましたが、好評いただいており大変嬉しく思います。

今月末まで御予約を承っておりますので、是非ご検討下さいませ手

 

さて、本日もオリジナルアイテムのご紹介でございます↓

個人的にかなり期待していたアイテム!待ってました!

DSC_1281-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

REVERSE WEAVE S/S SWEAT SHIRTS

[Gray/Navy]

 

昨年秋よりスタートいたしましたMUSHMANS Athletic Wear Collection。

コットン/リヨセルのマテリアルで大変高評価をいただき

その肌触りの良さ故に虜になってしまったお客様が多数いらっしゃいます。

何を隠そう、私自信がその虜になってしまった人間な訳でございまして・・

そんな中、多くのお客様より『この素材で直に着られるアイテムを作ってくれ』という

要望をいただいておりました。

ならば、ご要望にお応えしてという事でショートスリーブモデルをご用意いたしました!

 

DSC_1268-630.jpg

DSC_1261-630.jpg

 

単純に袖を切り落としただけ、というわけでは無く

ディテールは踏襲しつつも、サイズ感はS/S用に専用設計となっております。

カラーは一発目で製作したGrayとNavyの二色展開。

定番的なカラーでお楽しみ下さいませ。

 

通常コットン100%で作られるのが主流のSWEATでございますが、MUSHMANS Athletic wearの素材は配合が異なります。

コットン85%/リヨセル15%。

実物を触っていただきますと、今まで感じた事のないしっとりとしたシルクのような触感を感じ取っていただける事でしょう。

また、製品洗い済みでストックしている当商品は新品時から適度な毛羽立ち感も出ております。

これらは、このマテリアルに含まれる[リヨセル]が影響しております。

 

比較的新しい素材であるこのリヨセルは、レーヨンの代替素材として生まれた繊維です。

もともとレーヨンもシルクの代替繊維でありますが、木材パルプを原料に作られるレーヨンは頗る水に弱い性質を持ちます。

この弱点を克服したリヨセルは、レーヨンと同じようにシルクのような手触りと光沢感を持ちます。

原料に関してもポリエステル等のような化学繊維とは異なり、ユーカリの木材を原料に作られる繊維。

水にも強く、吸湿性にも富んだ素材です。吸湿性に富んでいる事でレーヨンやポリエステルのように静電気が発生しないというのも嬉しいポイントです。

また、繊維強度も強く、ウォッシュ→乾燥を繰り返しても強度が落ち難いのも特徴のひとつです。

 

DSC_1271-630.jpg

DSC_1262-630.jpg

REVERSE WEAVEのディテールは勿論踏襲しております。

通常縦方向の編地を使用するSWEATですが、着丈の縦縮みを防ぐ為に横方向に編地を使用しております。

ここで問題になるのは身幅の縮みになるのですが、サイドにリブを装着する事によってその問題を解消しているのです。

これがREVERSE WEAVEたる由縁なんですね。

 

DSC_1273-630.jpg

DSC_1265-630.jpg

首廻りのサイズ設定も、広過ぎず狭すぎない設定。

 

DSC_1272-630.jpg

DSC_1263-630.jpg

スリーブは短めの設定。

S/S SWEATといえば 男らしさを存分に発揮できるアイテムです。

やはり袖丈は短いに限ります(笑)

 

DSC_1257.jpg

 

DSC_1247.jpg

こちらが着用感でございます。

シンプルに着こなしていただくのが一番カッコイイはずです。

画像の人物はサイズ38(M)を着用。

とにかく気持良い着心地で、脱ぎたくなくなります。

半袖SWEATっていつ着ればいいの?ってよく質問されますが

そんなに着るシーズンが短いアイテムではないと個人的には思っております。

確かに8月の真夏シーズンだけは外しますが、それ以外は活躍します。

 

特に今時季に、A-2なんかの着丈が短いレザーを着る時なんかはかなり重宝しますよ。

裾がリブで止まりますので、A-2のリブ内に収まるのがポイント。

着丈の長いT-Shirtsなんかですと、A-2のリブからT-Shirtsの裾が覗いてしまいます

それって結構気になるんですよね。

 

安心感のある着用感と、少し肌寒い今時季は主軸なアイテムと言えるでしょう。

 

まあ、とにかく着てみてください。

その着心地には絶対的な自信がございますので!

 

 

DSC_1281-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

REVERSE WEAVE S/S SWEAT SHIRTS

[Gray/Navy]

 

 

 

 


MUSHMANS Footwear 2018SS 新作アイテムの御紹介です!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

本日、4月1日という事で世間は新年度のスタートですねエクステンション

我々MUSHMANSも3月末決算としております為、月末は決算棚卸し休業をいただきまして御迷惑をお掛けいたしました。

昨日の31日は土曜日という事もあり、流石に休業には出来ませんでしたので営業いたしましたが、本日から新たな期をスタートさせます。

元旦と同じような、新たな気持ちで今期をスタートさせていただこうと思いますグッド

 

 

新年度のスタートという事で、気持ちも新たにMUSHMANSオリジナルアイテムのリリース拍手

チャレンジの年ならではの、チャレンジングなレザーを纏った新作です。

一発目から全開でスタートさせていただきますエクステンション

 

 

 

 

 

MUSHMANS Footwear

2018 Spring Summer Collection

"Norwegian Front Shoes" [AWA AI/阿波藍]

&

"Plain Toe Shoes"[AWA AI/阿波藍]

 

昨シーズンよりスタートし大変好評いただいている

MUSHMANS Footwear Collection

の2018年Spring Summer(春夏)アイテムのサンプルが完成いたしました。

今作は昨年リリースいたしました"Norwegian Front Shoes" と"Plain Toe Shoes"

をベースとして、よりプレミアムなマテリアルを使用した特別なモデルが完成しました。

画像を御覧いただきます通りの美しい発色は何なのか??

それを以下で御紹介させていただきます↓

 

【マテリアル/素材】

今回の新作アイテムで使用するマテリアルは、"藍"の本場徳島で生まれた特別なマテリアル。

近年、日本古来の染色技術"藍染"の評価が世界的に高まりつつあるのは周知の事実であり、様々なアイテムに藍染で染色されたマテリアルを使用する事が多くなっております。

我々の提案する服飾カテゴリーでも例外なく、その美しい発色は性別人種問わず評価されており今最も注目されている染色技術

と言っても過言ではありません。

今回MUSHMANS Footwearで使用するレザーマテリアルは、この天然藍によって染色されたステアハイドを使用し、その美しい発色を存分に楽しむ事が出来るマテリアル。

合成インディゴでの染色とは異なり、天然藍染めならではの奥行きを感じる発色と経年変化をお約束します。

 

以前、合成インディゴと本藍についてご説明した事がございましたが、結構前の事ですので再度ご説明いたします。

なるべく簡単にご説明しておりますが、それでも文字数が多くなってしまいました。さらに深堀したい方はご自身で(笑)

 

〕(天然インディゴ)

「藍」とは、ある種の植物の中に含まれている成分が変化して生じた、藍色の色素を含む染料を指します。

また、それを生み出す植物や色を指すこともあります。

藍の色素は、インディゴ(インジゴチン)と呼ばれ、これを繊維に染めつけることで、藍色の染色ができる訳です。

インジゴとは本来はインドで栽培されている藍植物からとれる天然藍(インド藍)のことを指し、「インドからきたもの」というのが本来の意味であるのですが、その中に含まれる色素の物質名ともなっております。

ただし、今回のアイテムで使用するマテリアルはインド藍ではなく、日本古来の[スクモ]から藍を建てた"阿波藍"です。

合成藍(合成インディゴ)

石炭から発生する石炭ガスによって、ガス灯が普及した19世紀末、その残渣であるコールタールを利用できないかと化学者が模索していた中、1856年に合成染料モーブを合成に成功。それをもとにドイツ人のアドルフ・フォン・バイヤーがインディゴを合成することに成功し、1883年その化学構造を確定します。これが、発端となって1887年ドイツにおいて初めて工業的生産に成功しました。

ユダヤ系ドイツ人のリーヴァイ・ストラウス(Levi's社の創業者)によって、世界的に合成インディゴ製品は広められました。

 

E形獲染めと合成藍染めの違い

天然藍(天然インディゴ)と合成藍(合成インディゴ)の物質的な構造式は、同様の分子構造を持ちます。

しかしながら、染料として使用できるようになるまでに辿るプロセスは全く異なります。

天然藍はインディゴの前駆体であるインジカンを含有している植物から抽出され、発酵などのプロセスを経て染料として使用出来る藍液が作り出されます。

対して合成藍は[]の章で述べた通り、科学的に合成する事によって生み出されております。

すなわち、天然藍と合成藍は同じ物質であり、製造のプロセスのみ異なるという事になります。また天然藍に比べ不純物の少ない合成藍は安価に生産できる事から、天然藍が衰退した歴史を持ちます。

 

づ形獲の不純物

上記項目で挙げた"天然藍の不純物"についてですが、合成藍は純度が高いのであれば天然藍は全く必要の無い染料のように思えてしまいます。しかも同様の分子構造を持っているのであれば尚更そう感じてしまうでしょう。

しかし、この"天然藍の不純物"にこそ発色のマジックがあるのです。

安定した単一な成分ではなく、天然藍には複合的な成分が交じり合っている為、様々な色が混在しております。

これによって温かみを感じ、奥深さを感じる事ができるのです。

これは非常に優れた機能を持つ人間の視覚であるからこそ感じられる色であるわけで、自然と天然藍の発色に魅せられるのは複合的な奇跡が折り重なっているからなのです。

という事でございます・・・。

 

 

さて、今回のマテリアルに使用している藍の原料は、阿波(徳島)で生産される[スクモ]を使用しております。

そのスクモを用いて行う染色技法『天然灰汁発酵建て』によって、一枚一枚を丹念に職人の手仕事によって染め上げております。

藍は空気に触れる事によって発色が変化します。その具合を見ながら染色と乾燥を繰り返すのです。

まさに職人の長年培った勘と、手間隙の一切を惜しまない事で生まれる日本が誇る美しいレザーマテリアルなのです。

布地であっても途方も無い回数の染色を繰り返して完成しますので、革となるとそれは相当の労力を必要とします。

革表面に、サラッと藍染料を施した革とは一線を画すものであり、時間をかけて染め上げられているからこその発色。

だからこそ、簡単には色移りもしないし、簡単に発色がフェードしてしまうような事もありません。

藍染ならではの発色を永くお楽しみいただけますし、だからこその経年変化をお楽しみいただけます。

 

そしてこの技法は、革なら何でも染められるという事ではございません。

『天然灰汁発酵建て』を行う為に専用に鞣されたステアハイドを使用しております。

しなやかなで、追従性の高いレザーマテリアルは足に纏った際のフィット感が高く軽快に歩行できるマテリアルです。

 

それでは、以下でディテールに関してのご説明をさせていただきます。

 

DSC_0559-630.jpg

MUSHMANS Footwear

2018 Spring Summer Collection

"Norwegian Front Shoes" [AWA AI/阿波藍]

 

アメリカントラッドなノルウィージャンフロントシューズをMade in Japan で再現した一足がこちらのモデルです。

一般的な日本人の足に最適なラスト(木型)を用い、作り込みの良さと履き心地の良さを追求。

カジュアルスタイルでは勿論の事、ジャケットスタイルなどのスマートカジュアルシーンでも使用いただけるアイテムで、使い倒せる1足を御提案いたします。

 

DSC_0569-630.jpg

スマートさを持ちながらも、コバを張り出させた事によって足元のボリューム感を演出しております。

 

DSC_0563-630.jpg

日本人用に甲高な設計を用いておりますが、それが外見からは判断できないバランスの良い仕上がりです。

繊細な運針数(ミシンピッチ)で製甲しておりますので、所有者の満足度が高いのも魅力のポイント。

 

DSC_0564-630.jpg

最大の特徴である"Norwegian Front"

ノルウェー漁師の陸上靴を起源に持つ形状である事から、そう呼ばれる製法です。

日本では『飾りモカ』や『掬い縫い』と呼ばれており二枚の革を接合している訳ではなく、ワンピースのToeに職人による"手縫い"によってこの表情を生んでおります。

強いテンションで掬い縫いを行いレザー表面を浮き上がらせるのが特徴で、ここまでハッキリと浮き上がらせるには熟練の技が必要とされます。

一本一本のステッチと掬い出されたレザーが躍動している、そんな表現がマッチしているかと思います。

 

DSC_0566-630.jpg

全周に渡ってウェルトが走る、ダブルウェルト仕様。

これによって少々太めのシルエットのボトムを用いてもバランス良く履いていただけます。

さらに、今作はカジュアル要素を強める為にコバの磨き込みを最小限に抑え、マットな仕上がりにしました。

 

DSC_0567-630.jpg

DSC_0568-630.jpg

アウトソールにはゴム材とレザーをコンビネーションさせた、通称"プランテーションソール"仕様です。

米ALDEN等でもよく見られるソール仕様で、カジュアルシューズやカジュアルブーツに用いる事が多いソールです。

爪先の引っかかりを防ぎ、耐磨耗性も上がるTOE側のレザーソールとハイブリッドになっているのが特徴で、その底付けは単純な作業ではありません。

少々苦労したポイントでもありますが、クッション性の向上で長時間履き続けても全く疲れる事がない、スニーカーライクな優しい履き心地を実現しております。

 

 

そして、同時リリースとなるのがコチラ↓

DSC_0573-630.jpg

MUSHMANS Footwear

2018 Spring Summer Collection

"Plain Toe Shoes"[AWA AI/阿波藍]

 

先に御紹介いたしました"Norwegian Front Shoes"と同様のラスト(木型)を使用し、シンプルなプレーントゥシューズを同時リリースいたします。

Toeのステッチ以外は全て共通の仕様となっており、お好みに合わせてお選びいただけるようになっております。

 

 

DSC_0576-630.jpg

Toeのボリュームを抑え、スマートなラストながらストームウェルトとウェルト部のコバをしっかりと張り出させる事で、様々なトラウザースとの相性が良くなっております。

適度なバランスとなっておりますので、夏のカジュアルシーンに良くマッチする事でしょう。

 

DSC_0579-630.jpg

こちらも日本人特有の甲の高さを考慮しつつも、アメリカ靴やイタリア靴のようなシャープな見た目を狙っております。

その為、履き心地は典型的な日本人足に馴染みますが、ボッテリとした野暮ったい印象にはなっておりません。

 

DSC_0580-630.jpg

DSC_0581-630.jpg

DSC_0582-630.jpg

DSC_0567-630.jpg

幅広のストームウェルトを用い、コバもしっかりと存在感がございます。

またミッドソール材のエッジ部分は、あまり磨き過ぎないように粗めな仕上がりにしております。

カジュアルシューズとしては、この位の仕上げが良い雰囲気かと思います。

※サンプル画像のウェルトステッチが若干荒れておりますが、プランテーションソールを実現する為に試行錯誤した事でこうなっております。本製品時は綺麗に纏まりますので御安心下さいませ。※

 

DSC_0583-630.jpg

美しい仕上がりながら、カジュアル感をしっかり演出しております。

太めなトラウザースから、テーパードの効いたDENIM PANTS、さらには夏場のショートパンツとの相性も抜群でしょう。

ゴムソールならではのクッション性を生かして、アクティブに歩きたいというシーンにも最適です。

 

 

 

 

さて、この藍染革を使用したシューズをどう履きこなすか?

発色が美しく、コーディネートが難しいのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そんな事は一切ございません。

合成インディゴではなく、"藍染"であるからの発色の許容というものがございます。

ここではコーディネートの一例を御紹介させていただきます。

 

DSC_1202.jpg

 

DSC_1193.jpg

まずは個人的に最もお勧めしたい、DENIM PANTSとのコーデを。

同色系のコーディネートとなりますが、発色感が異なる為非常に綺麗にマッチします。

いつものDENIM PANTSと、いつものようにコーディネートしていただければOKです。

シルエットに関しても、太めの501XXシルエット(画像上)からモダンな細めシルエット(画像下)

までその許容範囲は広いと思います。

夏に重くなりがちなDENIMコーディネートですが、このShoesを使用する事で

その重さや暑苦しさを払拭できる利点がございますね!

 

続いて↓

DSC_1214.jpg

こういった感じに、ワークなスタイルにも対応可能です。

定番的なワークスタイルのオーバーオールに

"Plain Toe Shoes"[AWA AI/阿波藍]

をコーディネートしてみました。

春夏を意識したナチュラルカラーのファブリックにも大変相性が良いですね。

かなり裾幅の広いボトムですが、存在感負けは一切しておりません。

 

さらに↓

DSC_1020.jpg

このようなジャケットスタイルにも対応できます。

 

 

 

使用するラスト(木型)はジャパニーズフィットを優先しD〜Eワイズ設定です。

幅広・甲高の足にも、確実にフィットするラストです。

サイズ設定は24.0cm(US 6in)〜27.5cm(US 9.5in)までの8サイズ設定と

豊富なサイズ設定となっておりますので、確かな1足を御用意できます。

只今サンプルで26.5cmを御用意しております。

サイズ選びに関しましては、当店スタッフによる採寸も行いますので

サイズでお悩みの場合はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

Price:Norwegian Front 68,000yen+tax/Plain Toe 66,000yen+tax

ファクトリーとの直接取引によって実現するプライスも魅力です。

今までに培った知識を活かす事でメーカーと同様の内容を実現。

そして、ファクトリーと直接的に提携する事によって無駄なコストを削減出来ました。

専用BOXにてお届けいたします。

 

Delivery:2018年6月中旬〜7月中旬

徹底した生産管理と品質管理によって、大幅な納期遅れを防ぐ事をお約束します。

また、品質に関しましても不安要素を徹底的に排除し進めております。

今回のレザーは特別な仕様となっている為、資材の準備に関しての期間が読みきれません。

若干の納期誤差が出る事が予想されますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

 

Order:2018年4月1日より

本日より御予約の受付を開始いたします。

4月30日まではフリーでご予約を承ります。

その後生産数を確定となりましたら予約数が生産数に達した時点で予約受付を終了します。

MUSHMANSを初めて御利用いただくお客様に関しましては、内金として30,000円をお預かりいたします。
過去にお取引のあるお客様は、内金の必要はございません。
オンラインショップでの御予約は、銀行振込・クレジットカード決済・コンビニ決済のいずれかとなります。
銀行振込をご希望の際は、内金の30,000円がお振込された時点で正式に予約受付となります。
オーダーをいただきましても、お振込の確認が取れていない時点では正式に受付が完了しておりません。
予めご了承下さい。その後商品入荷時に残金をお振込いただくか、残金を代金引換にてご請求いたします。
クレジットカード決済コンビニ決済をご希望の場合は、全額前金としてお預かりいたします。
※過去にMUSHMANS ONLINE SHOPを御利用いただいた履歴のあるお客様は代金引換もお選びいただけます。※

 

キャンセルに関しましては、原則受け付けておりません。
当社"特定商取引に基く表記"に準じますが、キャンセルの場合内金のご返金はいたしません。
何卒ご理解下さい。

 

過去に悪質なキャンセルがあったお客様のご予約は承る事が出来ません。

予めご了承下さい。

 

 

また、以下モデルに関しても再生産をいたします。

このタイミングで御予約の受付も可能ですので、併せてよろしくお願いいたします。

 

MUSHMANS FOOTWEAR

"Plain Toe Shoes"

ANNONAY VOCALOU

Black

 

MUSHMANS Footwear

"Norwegian Front Shoes"

ANNONAY VOCALOU

Dark Brown

 

MUSHMANS Footwear

"Norwegian Front Shoes"

ANNONAY VOCALOU

Brown

 

 

 

 

 

MUSHMANS Footwear

2018 Spring Summer Collection

"Norwegian Front Shoes" [AWA AI/阿波藍]

&

"Plain Toe Shoes"[AWA AI/阿波藍]

 

画像のサンプルは一ヶ月程度着用したものです。

これからの変化は随時UPいたします。

お楽しみに!

 

新たなスタート。

愛をもって、藍をもって。

日本の伝統を継承しながら、新たな挑戦に向かう。

戦う男達の勝負靴。

大和の心。

 

 

 

 


MUSHMANS Footwear 2018 Limited Edition "CHUKKA BOOTS CORDOVAN"の予約受付をスタートします!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

最高に春を感じた日中の陽気は、朝から展示会に向かう車中でも充分心地良く感じられ、窓全開でアクセルも全開。

しばらくオーバークール気味だったエンジンも、この陽気でようやく本調子なのかキレの良い排気音を響かせながら、オールクリアになった目黒線を全力疾走。

排気音で感じる春の訪れ、水温計で感じる春の訪れ。

やはり日本の四季というのは素晴らしいものだと、毎年の事ながら改めて感じる次第でございます。

 

さて、予てから春に向けてMUSHMANS Footwearの限定企画を進めておりましたが、ようやくサンプルが仕上がりましたので本日より御予約の受付をスタートしようと思います。

 

 

 

MUSHMANS Footwear

2018 Limited Edition

CHUKKA BOOTS

CORDOVAN Edition
[Ox Blood/Black]

 

 

この春、数量限定で実現する"CORDOVAN/コードバン"を使用した特別仕様。

昨年のリリースで大変好評をいただきまして、新色の要望が最も多かったCHUKKA BOOTSに

スペシャルマテリアルを纏っての限定発売となります。

 

WALLET等の一点物特注では度々使用しておりました、こちらのコードバンですが

こういった量産品でコードバンを使用するのは私の記憶が正しければ初となります。

コードバンというレザーマテリアルは、とにかく美しく万人に喜ばれるマテリアル。

それほどレザーに詳しく無い方であっても、コードバン=高級皮革という認識が根強く

女子供も喜ぶ革といった完全に個人的な固定概念があった為積極的に採用してきませんでした。

コードバンの悪口言っているようですが、ただの天邪鬼です(笑)

まあ、こういった天邪鬼要素と同時にイメージ通りコードバンという革は高価なものです。

今回の限定モデルで使用しておりますコードバンも例に漏れず高価であり

財布等の製作の為に何度も素材を仕入れましたが、毎回"やっぱり高いなぁ"とビクビクします。

さらに追い討ちをかけるのが、その形状でございまして下の画像のようなサイズ感で売買

されておりますので、一枚あたりが極めて小さく歩留まりが悪いのです。

 

まず、この形状に関してのご説明ですが色々なウェブサイトでコードバンに関する説明

を御覧になった方も多いかと思いますので簡単にご説明いたしますと

コードバンというのは馬の臀部の、さらに一部分の綿密な繊維部分の事です。

その形状から"メガネ"とも呼ばれまして、先に御紹介した素材の画像は

その片側(半ケツ)という事です。

即ち、一頭の馬から上記画像の革が二枚しか取れないという事になる訳です。

それはそれは希少な部位であり、希少な素材であるという事が御理解いただけるでしょう。

 

こういった極めて高価、且つ歩留まりの悪さから非常に高級な位置付けとなってしまうコードバン。

ブーツを製作しようとするとどうしてもハイプライスとなってしまい

それならALDENでいいんじゃない?とか思ってしまったりして、中々製品化とはなりませんでした。

 

しかし、今回長らく細々と使用してきてオーダーいただいたお客様からも好評

いただいておりました、このアルゼンチン製コードバンが廃盤になるという事で

何かやり残してしまった寂しさがあった為、今回数量限定でリリースする運びとなりました。

プライスもハイプライスにならないよう、かなり抑えた価格設定となっておりますので

今までコードバンを使用したブーツやシューズを敬遠していたお客様も

お試しいただきやすいかと思います。

 

DSC_0541-630.jpg

DSC_0513-630.jpg

 

DSC_0544-630.jpg

DSC_0518-630.jpg

 

今回のリミテッドエディションで使用するコードバンはコードバンの発祥とされている

アルゼンチンのタンナー"ロシナンテ社"によって鞣されたマテリアルです。

油分の含有が多く、履きこむ程に光沢を増すオイルドコードバンであり

着色に関してもアニリン(染料)で着色されている為に、革の表情が豊かです。

ブラックはそれほどわかりませんが、オックスブラッドの方はコードバン特有の

ピンホールが目立ちやすいといった短所があるものの、ここまで自然なコードバン

はなかなかございませんので、経年変化を楽しみながらじっくりとコードバンを楽しんで

いただけることでしょう。

 

DSC_0543-630.jpg

DSC_0514-630.jpg

DSC_0546-630.jpg

DSC_0522-630.jpg

ラスト(木型)には前作"Norwegian Front Shoes"や"Plain Toe Shoes"に用いた

ラストを使用し、適度なボリューム感を持ったラウンドトゥによる美しいシルエットを実現。

Goodyear Welted製法により、全周に渡って(ヒール部にも)ウェルトを固定。

ストームウェルトを用いる事で防水性と防塵性能を高めるとともに

ブーツ本体の迫力を演出する効果も得られている仕様。

 

DSC_0548-630.jpg

DSC_0524-630.jpg

伝統的なChukka Bootsの仕様から比較すると、高めなヒールリフトとなる。

ここにはジョージブーツの要素を組み込むと共に、ラストとの整合性も考慮した仕様。

足入れしていただくと、しっかりとしたアーチ感を感じられるのもポイントである。

 

DSC_0550-630.jpg

DSC_0527-630.jpg

さらにもう一点ジョージブーツの要素を取り入れたポイントが全域に装着したライニング。

トラディショナルなChukka Bootsの定義は"ライニングを用いない"とされているが

今回の仕様は、あえてライニングを用いた仕様とする。

足入れの良さ、履き心地、強度を考慮した結果である。

 

DSC_0551-630.jpg

DSC_0529-630.jpg

今回は限定モデルという事で、前作で用いたVibram社 #269と異なり

Dainite SoleとHeelを使用しております。

トラディショナルなChukka Bootsの定義からは外れる仕様ではあるものの

使い勝手を考慮した実用ブーツとして製作しております。

 

 

DSC_0553-630.jpg

MUSHMANS Footwear

2018 Limited Edition

CHUKKA BOOTS

CORDOVAN Edition
[Ox Blood]

 

DSC_0532-630.jpg

MUSHMANS Footwear

2018 Limited Edition

CHUKKA BOOTS

CORDOVAN Edition
[Black]

 

 

使用するラスト(木型)はジャパニーズフィットを優先しD〜Eワイズ設定です。

幅広・甲高の足にも、確実にフィットするラストです。

サイズ設定は24.0cm(US 6in)〜27.5cm(US 9.5in)までの8サイズ設定と

豊富なサイズ設定となっておりますので、確かな1足を御用意できます。

只今サンプルで26.5cmを御用意しております。

サイズ選びに関しましては、当店スタッフによる採寸も行いますので

サイズでお悩みの場合はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

Price:89,000yen+tax

ファクトリーとの直接取引によって実現するプライスも魅力です。

今までに培った知識を活かす事でメーカーと同様の内容を実現。

そして、ファクトリーと直接的に提携する事によって無駄なコストを削減出来ました。

専用BOXにてお届けいたします。

 

Delivery:2018年4月中旬頃 予定

徹底した生産管理と品質管理によって、大幅な納期遅れを防ぐ事をお約束します。

また、品質に関しましても不安要素を徹底的に排除し進めております。

 

Order:2018年3月15日より

本日より御予約の受付を開始いたします。

生産数は既に決まっておりますので、予約数が生産数に達した時点で予約受付を終了します。

MUSHMANSを初めて御利用いただくお客様に関しましては、内金として30,000円をお預かりいたします。
過去にお取引のあるお客様は、内金の必要はございません。
オンラインショップでの御予約は、銀行振込・クレジットカード決済・コンビニ決済のいずれかとなります。
銀行振込をご希望の際は、内金の30,000円がお振込された時点で正式に予約受付となります。
オーダーをいただきましても、お振込の確認が取れていない時点では正式に受付が完了しておりません。
予めご了承下さい。その後商品入荷時に残金をお振込いただくか、残金を代金引換にてご請求いたします。
クレジットカード決済コンビニ決済をご希望の場合は、全額前金としてお預かりいたします。
※過去にMUSHMANS ONLINE SHOPを御利用いただいた履歴のあるお客様は代金引換もお選びいただけます。※

 

キャンセルに関しましては、原則受け付けておりません。
当社"特定商取引に基く表記"に準じますが、キャンセルの場合内金のご返金はいたしません。
何卒ご理解下さい。

 

過去に悪質なキャンセルがあったお客様のご予約は承る事が出来ません。

予めご了承下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS Athletic Wear 新作アイテムの御紹介です!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

昨日の降雪は久しぶりにドキドキする降りかたの雪でしたね雪

さすがに帰れないかな?と思っておりましたが、ダイヤ乱れはあったものの結構普通に帰れてしまったのには驚きました。

鉄道会社関係の方々の気合を感じた昨晩。 助かりました、ありがとうございます。

 

さて、楽しみにしていたアイテムがようやく納品されましたびっくり

本日は"MUSHMANS Athletic Wear"の新作アイテムを御紹介させていただこうと思います手

 

DSC_3394-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

2017-18FW

"TRADITIONAL STYLE SWEAT PANTS"

[Gray/Navy]

 

今シーズンよりスタートしたMUSHMANS Athletic Wear Collectionですが

ファーストシーズンからここまで好評いただけるとは正直予想外でございまして

細々と試行錯誤しながらやっていこうかと思っていたものの

結局のところ追加でPARKAを作ってみたり、新色を追加してみたりと

様々なトライをさせていただく事ができました。

御購入いただきました皆様と、フレキシブルに追加生産をしていただいた工場さんに

感謝しかございません。本当にありがとうございます。

 

そして、今冬最終アイテムが完成しましたエクステンション

 

極めてオーソドックスな仕様のSWEAT PANTSです拍手

 

DSC_3411-630.jpg

DSC_3398-630.jpg

前作に続いて、米C社のアイテムをデザインソースに、好評いただいておりますマテリアル

コットン85%/リヨセル15%

の混合コットンを使用いたしております。

既にSWEAT SHIRTSやPARKA等で体感いただいている方も多いのですが

 

一応念のためこの素材に関してのご説明を挟みます↓

 

通常コットン100%で作られるのが主流のSWEATでございますが、こちらは配合が異なります。

コットン85%/リヨセル15%。

実物を触っていただきますと、今まで感じた事のないしっとりとしたシルクのような触感を感じ取っていただける事でしょう。

また、製品洗い済みでストックしている当商品は新品時から適度な毛羽立ち感も出ております。

これらは、このマテリアルに含まれる[リヨセル]が影響しております。

 

比較的新しい素材であるこのリヨセルは、レーヨンの代替素材として生まれた繊維です。

もともとレーヨンもシルクの代替繊維でありますが、木材パルプを原料に作られるレーヨンは頗る水に弱い性質を持ちます。

この弱点を克服したリヨセルは、レーヨンと同じようにシルクのような手触りと光沢感を持ちます。

原料に関してもポリエステル等のような化学繊維とは異なり、ユーカリの木材を原料に作られる繊維。

水にも強く、吸湿性にも富んだ素材です。吸湿性に富んでいる事でレーヨンやポリエステルのように静電気が発生しないというのも嬉しいポイントです。

また、繊維強度も強く、ウォッシュ→乾燥を繰り返しても強度が落ち難いのも特徴のひとつです。

 

 

既に体感いただいている方は、この素材のSWEAT PANTSですから

それはそれは、気持ちの良い履き心地なんだろうと想像がつきますよね??

想像通りにはいきません。

私個人的には、想像していた3倍の気持ち良さを感じました(笑)

脱ぎたくなくなります。というか穿いている感じがありません。・・?

なんと説明すれば良いか解りません。とにかく穿いてみて欲しいです。

 

DSC_3412-630.jpg

DSC_3400-630.jpg

トラディショナルさを追求しましたので、ウエストにゴム紐は入れておりません。

平のツイル紐のみという男らしさです。

ただ、ヒップ廻りをフィットするようにパターンを作っておりますので

紐を結んでいないと完全に下まで落ちてしまうような事はないでしょう。

 

 

DSC_3413-630.jpg

DSC_3402-630.jpg

もちろんサイドにはポケットが付きます。

 

 

DSC_3414-630.jpg

DSC_3403-630.jpg

今回のモデルは80'sに見られるリバースウィーブSWEAT PANTSを元にしている為

股下にはこのようなガゼットが入っております。

このディテールも履き心地の良さを引き出しており、ディテールとしても満足度が高いです。

 

ただ、リバースウィーブモデルを基にしているものの、この編地を使用した場合

シルエットに問題が発生しました。

その為、MUSHMANS Athletic Wearではリバースせずに縦使いしております。

 

 

DSC_3433.jpg

それでは着用です。

画像の人物はサイズMを着用しております。

スッキリとしたシルエットと、肉厚な編地によって街着として活躍するSWEAT PANTS。

このようにBootsとコーデしてもらっても全く違和感を感じません。

 

DSC_3439.jpg

バカっぽく見えないSWEATコーデ。

人物はサイズMを着用。

Grayは一歩間違えると、どこかの激安店を歩いている兄さんや姉さんみたいに

なってしまう可能性をはらみますが、この感じなら180度異なる人種です(笑)

シルエットの問題だったり、素材感だったり、人物だったり

結局のところ、SWEAT PANTSという呼称が同じなだけで

その他全ての構成が異なっている訳なんです。

是非スタイリッシュにSWEAT PANTSを活用していただきたいものです。

 

このコーディネートは一例でございまして、ここまでゴテゴテする必要は

ございません。勿論部屋着としても最高のパフォーマンスを約束します。

 

 

DSC_3394-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

2017-18FW

"TRADITIONAL STYLE SWEAT PANTS"

[Gray/Navy]

 

兎に角、その履き心地に驚愕するでしょう。

これを穿いているが為に、怠惰な休日を過ごしてしまった・・なんてクレームは受け付けません。

でもね、たまには怠惰な一日があっても良いと思うよ。

 

 

 

 

 


MUSHMANS×LUCCHESE Twin Buckle Boots "ASSAULT"リリースです!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド
 

 

年が明けてから物凄い勢いで日数が消費されてしまっております・・冷や汗

今年は変革の一年として大きなプロジェクトを進めておりますが、中々進まない事が多く悩ましくも期待の膨らむ毎日でございます。
 
年末年始も殆ど通常と変わりなく動いておりましたので、そろそろ温泉でも行ってゆっくりしたいところでございますが、なかなかそういった時間の余裕も無く、打ち合わせや展示会と予定が埋まりつつある今日この頃。
ただ、沢山のやるべき事があるというのは実は非常に有意義な事でもございますので、焦ることなくじっくりと進めて行こうと思っております。
 
さて、本日はMUSHMANS別注モデルの新作アイテムが仕上がって参りましたのでお知らせさせていただきますグッド

 
DSC_3258-630.jpg
ちょうど一年前のDenver MarketでオーダーをかけたMUSHMANS別注仕様の
まるまる一年経過しておりますので、ちょっと時間掛かりすぎでしょ・・とも思いますが
素晴らしい仕上がりとなっておりますので、その辺の納期といったところは
ある程度許せてしまうところでございます。
一度生産事例が出来てしまえば、今後皆様からいただくオーダーはこれほど時間は
掛からないかと思いますが、やはり1足1足を手仕事にて製作するという事と
細かい指示をかけてオーダーを掛けますので、通常よりも時間が掛かってしまうのでしょう。


DSC_3260-630.jpg
DSC_3261-630.jpg
LUCCHESEとの初の試みとなるMUSHMANS別注モデルは
ウエスタンブーツの定番型とは異なるものの、LUCCHESEだからこそ成し得る事が出来る
ディテールを随所に盛り込んだスペシャルな仕様。
 
モーターサイクルブーツ、ジョッパーブーツ、ミリタリーブーツ
この要素を全て盛り込みつつも、気高いエレガンスを感じる1足が完成しました。
芸術品とも言える程に、直線と曲線の構成が美しく
工業製品としての質実剛健さをも持ち合わせた、最高のバランス感覚。
これぞLUCCHESE CLASSICSと言える完成度。

 
DSC_3264-630.jpg
DSC_3270-630.jpg
気品と屈強さの融合。
今回採用したToe形状は"SQUARE TOE"
最もLUCCHESEの曲線美を表現できるToe形状であると個人的には思っております。

 
DSC_3267-630.jpg
DSC_3262-630.jpg
Heelには1インチリフトのRoper Heelを採用しました。
程好いリフト感とヒールの存在感を得ております。

 
DSC_3268-630.jpg
アウトソールには、様々な用途を考慮しVibramのハーフソールを装着。
レザーソールでエレガンスを高めようとも考えましたが
ここはあえてラバーアウトソールを装備し、ハードな用途にも対応しております。

 
DSC_3263-630.jpg
DSC_3273-630.jpg
デザイン性の高さと、フィット感の良さの両面をクリアしたTwin Buckle。
ベルトを通すホール1周にステッチを入れるといった細かい配慮が目を惹きます。

 
DSC_3266-630.jpg
LUCCHESE Bootsの美しさを感じるアーチ部の曲線美。
程好いアーチサポート形状は装着感の良さを生み出し、副産物的にこの曲線美を得るのです。

 
DSC_3271-630.jpg
勿論、インナーライニングが全域に渡って装着されております。
このライニングに使用されるマテリアルも、しっかりとしたコシを感じつつもしなやか
さらにもっちりとした程好い厚みを感じ、このバランスが良好な履き心地を得るのでしょう。

 
DSC_3265-630.jpg
このTwin Buckle Boots"ASSAULT"に使用されているマテリアルは
LUCCHESEのレギュラースムースレザーの中で最も高価なオイルドカーフを使用しております。
鞣しから仕上げの段階で、しっかりと加脂されており
カーフのキメ細かさと相まって、最高の光沢感と質感を生み出しております。
これは新品時だけに留まらず、経年変化が進むと発色に深みが増し上質な柔らかさを得られます。
レザー好きにも必ずご納得いただけるレザーマテリアルでございます。
信じられない程に良好なフィット感は、ラスト形状やディテールだけでなくマテリアルも
その要因の一翼を担っております。

DSC_3287.jpg
それでは、実際に人間に装着させて御覧いただきましょう。
ヴァンプからToeの向かう曲線の美しさは、人間の足が入りますとさらに助長されます。
しっかりとした迫力を感じながらも、その気品を感じるのがLUCCHESE。
様々なコーディネートの可能性を感じてしまうブーツです。

 

※サイズに関しまして※

LUCCHESEのサイズは通常のアメリカ製ブーツのサイズ感よりも小さいサイズ感になっております。

・LUCCHESE 7 D → 通常 6〜 6.5 の方にマッチします。

・LUCCHESE 7 D 7.5 D → 通常 6.5〜 7 の方にマッチします。

・LUCCHESE 7 D 8 D → 通常 7〜 7.5 の方にマッチします。

・LUCCHESE 7 D 8.5 D → 通常 7.5〜 8 の方にマッチします。

・LUCCHESE 7 D 9 D → 通常 8〜 8.5 の方にマッチします。

・LUCCHESE 7 D 9.5 D → 通常 8.5〜 9 の方にマッチします。

・LUCCHESE 7 D 10 D → 通常 9〜 9.5 の方にマッチします。

・LUCCHESE 7 D 10.5 D → 通常 9.5〜 10 の方にマッチします。

サイズに関しまして、ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

基本的にはRios of MercedesのBOOTSと同等のサイズ感、より若干タイトだとお考え下さい。



LUCCHESE CLASSICS コレクションはオーダーを承る事が可能です。
現状店頭ストックが無い場合でも1足からオーダーを承ります。
ストックしているサイズは御試着が可能ですので、ご参考にされて下さい。
また採寸も実施いたしますので御安心下さいませ。

Rios of Mercedes×MUSHMANS "CHELSEA"リリースです!!

 皆様こんにちは楽しいMUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

冬らしい気候が続いており、低い気温と乾燥した空気が疲れた身体を苛めておりますね悲しい


寒くなってきた今だからこそ欲しい! そんなアイテム↓

MUSHMANS Leather 2017Model Utility Down Vest【Hangover】ですが・・・。

入荷が遅れておりまして申し訳ありません。

ダウンパックの入荷が遅れたというのが一番の要因なのでございますが、完全な言い訳です。ごめんなさい。

只今絶賛生産中でございまして、早ければ明日からカラー・サイズによっては入荷が開始となります。

多くのお客様に御予約いただいており、大変お待たせしてしまい申し訳ありませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。土下座

 



さて、本日御紹介させていただきますのは、先日リリースいたしましてからかなりのスピード感で完売サイズが出ております【Rios of Mercedes×MUSHMANS "Braid"】と時を同じくしてオーダーしておりましたアイテムの入荷エクステンション

これであとHangoverだけ入荷すれば私の2017年もひと段落というところなのですが。。
 

今年の1月、DENVERでのShowにてオーダーをかけていた別注アイテムの一翼。

 
DSC_2613-630.jpg
Rios of Mercedes初となるサイドゴアブーツをMUSHMANSアレンジでオーダーしたのが
今回紹介いたします"CHELSEA/チェルシー"でございます。
こちら、日本初上陸どころか世界的にも初登場エクステンション
DENVERでのShowでリリースされたこのサイドゴアをベースにしたオーダーは
我々MUSHMANSがファーストオーダーであるとの事でございましたびっくり
サイドゴアブーツは様々なブランドからリリースされており
最近では定番的なカテゴリーに位置付けられ、その存在感も確立されてきております。
そうなってきますと、少しマンネリ化してくるものでございまして
雰囲気的に"尖った"モデルが無いものか?と日々アンテナを張っておりました。
そんな時に、Riosのサイドゴア。。。ならばコレを"尖らせる"しかありません。
※"尖る"の表現はToeの形状ではございませんので悪しからず。※
DSC_2618-630.jpg
折角Riosで作るサイドゴアですから、ウエスタンブーツブランドらしさが欲しい。
ただし、サイドゴアらしい落ち着いた印象から離れたくはない。
そういった観点から、Bug and Winkleを採用しました。
これにより、Riosらしさを持ちつつも、サイドゴアブーツの落ち着きを与えました。
Bug and Winkleのデザインは"Spanish"です。
DSC_2614-630.jpg
マテリアルには"CALF/カーフ"のダークブラウンを採用いたします。
ホースバットのチョコレートと散々迷った挙句、いつもより少々ドレス感のある仕上がりを
目指したかった為"CALF"に決定。
カーフならではのキメ細かい銀面が、このCHELSEAにはベストマッチでございました。
DSC_2617-630.jpg
個人的に、ヴァンプ中央に残るクリッカー痕が超好み。
DSC_2615-630.jpg

Roper Toeの派生型である"MURDOCK Toe"はエンジニアにも採用されておりますが

ナローでロングノーズなシルエットが、最高にセクシーでございます。

Rios of Mercedesらしい流れる造形美は、サイドゴアであっても存分に楽しめる訳ですね。

 

DSC_2616-630.jpg

 

DSC_2620-630.jpg

ヒール形状は"KYLE"、低めのブロックヒールとなっており

MURDOCK Toe仕様のラストにマッチする高さでございます。

 

DSC_2578-630.jpg

アウトソールにはVIBRAM#705 ハーフソールを装着し、実用性とデザイン性を。

 

DSC_2621-630.jpg

今回使用したマテリアル"CALF/カーフ"はMUSHMANS別注仕様では初採用でございますが

今回のLotがそうであったのか、比較的カーフにしては厚口で重厚感がございます。

美しい表情と、しっかりとした履き応えを両面からお楽しみいただける事でしょう。

 

DSC_2622-630.jpg

サイドゴアとなりますと結構ご質問をいただくのですが

この履き口の"ゴア(ゴム)"の部分が伸びてきてしまったから補修できるのか?

勿論交換が可能です。短期間で伸びきってしまうような事は無いのですが

5〜6年ガンガン使うと確かにゴム質が弱ってくるでしょう。

その際は交換してしまえば大丈夫ですので、どうか御安心下さいませ。

また、この交換作業はアメリカへ送るのでは無く日本国内で対応できます。


さあ、実際に着用してみましょう!


トラウザースやスラックス系にもマッチするサイドゴア。
勿論定番のデニムスタイルにはマッチするのは明確ですので
今回は私物のLevis スタプレでコーデしてみました。
70's感のあるレザーテーラード(by Electric Leather)にスタプレ。
これにRios×MUSH【CHELSEA】のコーデは中々良い感じだと思いませんか?
カッコイイっていうのは勿論なのですが、履き心地の良さが抜群に良い。
Riosならではの装着感なのですが、これはサイドゴアであるから達成する
独特のフィット感を感じ、脱ぎたくなくなりますね。

いや〜、Showの時は私のサイズサンプルが無かったので体感できていなかったけど

ここまで良いとは・・
流石Rios、サイドゴアを作ってもここまで完成度が高いのかと、改めてファンになりました。

 

 

※ストックに関しまして※

今回は前回の納期トラブルを避ける為、先行予約の受付は実施いたしませんでした。

その為、オンラインショップにて表記されているサイズが全てとなっておりまして

御納品に関しましては、即納が可能です。

 

※サイズに関しまして※

リオスは通常のサイズ感よりも小さいサイズ感になっております。

・リオス 7 D → 通常 6〜 6.5 の方にマッチします。

・リオス 7.5 D → 通常 6.5〜 7 の方にマッチします。

・リオス 8 D → 通常 7〜 7.5 の方にマッチします。

・リオス 8.5 D → 通常 7.5〜 8 の方にマッチします。

・リオス 9 D → 通常 8〜 8.5 の方にマッチします。

・リオス 9.5 D → 通常 8.5〜 9 の方にマッチします。

・リオス 10 D → 通常 9〜 9.5 の方にマッチします。

・リオス 10.5 D → 通常 9.5〜 10 の方にマッチします。

サイズに関しまして、ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

 

 

 

Rios of Mercedes初のサイドゴアブーツ。

MUSHMANSに入荷です。

 

 

 

 

"世に生を得るは事を成すにあり。"
坂本 龍馬


 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/19PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode