MUSHMANS Leather より Leather Shirts Jacket 【FRIVOLOUS/フリボラス】  Paisley Emboss Horse Hide version のリリースです!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

なかなか素晴らしい忙しさの今日この頃でございますが、元気に営業しております我々MUSHMANS。

本日は、ちょっと普通ではないアイテムを御紹介しようと思っておりまして、このアイテムを御覧いただきますと『確かに元気にやってんなコイツら(笑)』と感じていただけるであろうと思われるわけで。

 

さて、そういった事で今回もギラついたアイテムが登場しますよびっくり  と言いたいところですが、思いのほか纏まりの良いアイテムとなってしまった新企画を御紹介します↓

 

DSC_1656-630.jpg

MUSHMANS Leather

Leather Shirts Jacket

【FRIVOLOUS/フリボラス】

"Paisley Emboss Horse Hide version"

 

ずっと以前からやってみたかった企画を実現させてみましたエクステンション

Emboss=型押し

上質なホースハイドに勿体無いと言われてしまいそうでございますが

この"FRIVOLOUS"にだけは許されるのではないか?と私は個人的に思っておりまして

この度の実現となった訳でございます。

 

通常の"FRIVOLOUS"に関して詳しくは→コチラをご覧ください。

通常の"FRIVOLOUS"は多彩なカラーバリエーションをお楽しみいただけます。

カラーに関して詳しくは→コチラをご覧ください。

 

DSC_1647-630.jpg

DSC_1660-630.jpg

初見ではシボの多い革だなぁ、位にしか感じないのですが・・

じっくり御覧いただきますとPaisley(ペイズリー)柄がギッシリと入ったマテリアル。

通常使用しているAグレードのホースハイドに型押ししてしまったという

スペシャルエディションでございます。

 

DSC_1654-630.jpg

DSC_1673-630.jpg

企画段階では、こんなレザージャケットを評価してくれる方は少ないだろう

そう思って、自己の欲求を満たす為だけに企画したのでございますが

これが中々纏まりの良い仕上がりとなりました為に、既に御賛同いただけるお客様が多数。

そんな筈じゃなかったのに・・・。というのが率直な私の感想でございます。

 

当初は私個人用のスペシャルモデルという事でおりましたので価格の設定を

しておりませんでしたが、現実的にオーダーいただくお客様が多くなって参りましたので

今回しっかりとプライスを算出し、カラーバリエーションも確定いたしました。

 

※カラーバリエーション※

通常ですと、お客様のご希望に合わせたカラーも承っており、スタンダードカラーは

全4色となっておりますが、こちらのペイズリー柄仕様に関しましては掲載しております

Paisley Hand Deying Brown

Paisley Hand Deying Black

この2色展開とさせていただきます。

 

※プライス※

基本的にコチラ"Paisley Hand Deying"はFRIVOLOUSのみの設定といたしますが

・DAREDEVIL

・WIRED

・SCHWARZ PANZER

・Tennessean

にもご希望がありましたら対応いたします。

Tennesseanには合いそうですが、その他のモデルは・・・?いかがでしょうか?

SCHWARZ PANZERに関しましては、このマテリアルを使用しても良い事は無いかと

思いますので、もしどうしてもという御客様はお電話でお話させていただきます。

全てのモデル ベースプライス+20,000yen+tax となります。

 

DSC_1650-630.jpg

DSC_1667-630.jpg

既にお気付きのお客様も多いかと思いますが

Paisley Hand Deying Brown

に関しましては、片ポケット仕様となっておりまして、ウエストのアジャスターベルトも

装着していないカスタムモデルとなっております。

Brownの場合はペイズリー柄を引き立てる為に、このような仕様にしてみました。

Paisley Hand Deying Blackに関しては通常の仕様です。

この程度のカスタムであれば、チャージアップ無しでオーダーが可能ですので

ご希望をお伝え下さいませ。

 

DSC_1659-630.jpg

DSC_1675-630.jpg

 

DSC_1648-630.jpg

DSC_1664-630.jpg

 

DSC_1658-630.jpg

DSC_1670-630.jpg

 

さて着用してみましょう。

一見すると、シボ多めのホースハイドでありながら

よーく御覧いただくとペイズリー柄というのが面白い。

勿論いつものスペックのレザーに型押ししておりますので、経年変化は

素晴らしい事になります。ただ新品時は熱と圧力をかけております関係で

カリッとした感じの仕上がりになっております。

ただ、数日着用しますといつもの感じに戻ってきますので御安心を。

画像の人物はサイズ38を着用。

 

もう普通じゃ満足出来ない!って方。

是非こちらのマテリアルをお試し下さいませ。

因みに、あまり多くマテリアルを用意しておりませんので

今シーズンのオーダーは"4着程度"とさせていただきますので予めご了承下さい。

 

因みにSCHWARZ PANZERでオーダーが二着入りましたら、その時点で終了となります(笑)

 

 

 

DSC_1656-630.jpg

MUSHMANS Leather

Leather Shirts Jacket

【FRIVOLOUS/フリボラス】

"Paisley Emboss Horse Hide version"

 

 

 

保守的な姿勢をぶっ壊す。

そんな一着の登場です。

 

 

 


MUSHMANS Original Athletic Wear "REVERSE WEAVE SWEAT SHIRTS"のリリースです!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

週末は生憎の天候となってしまいましたが皆様いかがお過ごしでございましたでしょうか?

衆院選挙でしたので、朝イチで投票してから出勤しましたが物凄い雨でしたね。

今日も全国的に暴風となっております、どうかお気をつけ下さいませ。

 

さてさて、本日はかねてから企画しておりましたMUSHMANS Original Athletic Wearの第一弾のリリースびっくり

シンプルでありながらマテリアルに拘った、日常に寄り添った"使える"アイテムを実直に開発して行こうという企画。

奇を衒う事無く、定番的に使い続けられるデザインと品質を目指し取り組んで参ろうと思っております。

 

それでは御覧いただきましょう↓

DSC_1152-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

2017FW

"REVERSE WEAVE SWEAT SHIRTS"

MSC-001

[Gray/Navy]

 

DSC_1174-630.jpg

DSC_1159-630.jpg

とあるブランドさんと共同開発した今回の"REVERSE WEAVE SWEAT SHIRTS"は往年のアスレチックウエアブランドである米C社のREVERSE WEAVE SWEAT SHIRTSのディテールを踏襲しつつ、スッキリとしたシルエットで構築した一着でございます。

スッキリとしたシルエットと言いましても、単純にタイトなサイズ設定とした訳では無く、無駄と感じる部分を削ぎ落としたのみの洗練されたシルエットをお楽しみいただけます。

 

DSC_1178-630.jpg

DSC_1162-630.jpg

ディテールに関しても前述した通り、定番的なREVERSE WEAVE/リバースウィーブの作り込み。

縦縮みを軽減させるべくボディーの生地方向が横方向になるようにしております。

さらに、横縮みをも防止するべく脇位置にリブを使用。これによって、動き易さも確保し耐久性にも富むという理にかなったディテールとなっているのです。

物としての使い勝手に着目したディテールでありながら、サイドリブや横方向の生地使いがデザイン性にも繋がっているという全てにおいて完成度の高いモデルでございます。

各パーツをフラットシーマで接合した、ヴィンテージテイスト溢れるディテールをお楽しみ下さい。

 

DSC_1180-630.jpg

DSC_1164-630.jpg

Grayには同色系のステッチを用い、Navyには白系のステッチを用いております。

 

ここまでは通常のREVERSE WEAVE SWEATですが、今回のオリジナルモデルのマテリアルこそ特筆すべきポイントであります。

 

DSC_1175-630.jpg

DSC_1187-630.jpg

通常コットン100%で作られるのが主流のSWEATでございますが、こちらは配合が異なります。

コットン85%/リヨセル15%。

実物を触っていただきますと、今まで感じた事のないしっとりとしたシルクのような触感を感じ取っていただける事でしょう。

また、製品洗い済みでストックしている当商品は新品時から適度な毛羽立ち感も出ております。

これらは、このマテリアルに含まれる[リヨセル]が影響しております。

 

比較的新しい素材であるこのリヨセルは、レーヨンの代替素材として生まれた繊維です。

もともとレーヨンもシルクの代替繊維でありますが、木材パルプを原料に作られるレーヨンは頗る水に弱い性質を持ちます。

この弱点を克服したリヨセルは、レーヨンと同じようにシルクのような手触りと光沢感を持ちます。

原料に関してもポリエステル等のような化学繊維とは異なり、ユーカリの木材を原料に作られる繊維。

水にも強く、吸湿性にも富んだ素材です。吸湿性に富んでいる事でレーヨンやポリエステルのように静電気が発生しないというのも嬉しいポイントです。

また、繊維強度も強く、ウォッシュ→乾燥を繰り返しても強度が落ち難いのも特徴のひとつです。

 

DSC_1269.jpg

DSC_1273.jpg

デメリットとしては毛羽が立ち易いという部分なのですが、SWEATという事になりますとこの適度な毛羽感が逆に製品としての雰囲気を盛り上げてくれておりますので、個人的にアスレチックウエアを作るには良い事尽くめなマテリアルであると思っております。

ボディー・リブ共に、この配合のマテリアルを使用いたしました。

 

DSC_1268.jpg

DSC_1271.jpg

こちらが一ヶ月間寝具として使い続け、何度も洗ったサンプル。

基本的にタンブラー乾燥はお勧めしておりませんが、テストの為洗濯の都度タンブラー乾燥をかけました。

何度もタンブラー乾燥されているので、若干生地感が硬い印象になってきている気がしますが、その程度です。

繊維の強度と、しなやかさを実証しております。

新品時(ワンウォッシュ)にみられた、ボディの毛羽立ちと裏起毛の毛玉は着込む程に無くなってきております。

 

 

DSC_1274.jpg

一点お詫びでございますが・・・。

工場さんにお願いしておりました品質表示、、なんと綿100%の品質表示を取り付けられてしまいまして・・。

上から 綿85%/リヨセル15% の表記を貼り付けております。

もしかしますと、洗濯時に剥がれてしまうかもしれません。

肝心のところでミスが出てしまいました、申し訳ありません。間違いなく 綿85/リオセル15の配合となっておりますので御安心下さいませ。

 

 

DSC_1213.jpg

 

DSC_1221.jpg

着用感はこのような感じです。

画像の人物はサイズ38(M)を着用。

適度なフィット感で、無駄な余りがありません。

このフィットならレザージャケットのインナー等にも適しておりますね。

Grayはオーソドックスな着こなしが可能となり

Navyはステッチが効いてシャープな印象で着用いただけますね。

これといって目立つアイテムではありませんが、着用時のしっくり来る感じは

狙い通りのアイテムとなりました。

 

DSC_1152-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

2017FW

"REVERSE WEAVE SWEAT SHIRTS"

MSC-001

[Gray/Navy]

 

完成度の高いアイテムとなりました。

今後カラー違いでもリリースしようと思っておりますが

次回生産のタイミングは未定です。

一番着たいシーズンでの納品は、このロットを逃すと厳しいかもしれません。

かなり多めに生産したものの、中々アップできず・・

こちらで御紹介する前から店頭にいらしたお客様に御購入いただいておりますので

サイズによってはかなり少なくなってきてしまいました。

 

是非この機会によろしくお願いいたしますエクステンション

 

今後も

MUSHMANS Athletic Wear をリリース予定です。

併せてよろしくお願いいたします土下座

 

 

 


毎年恒例のCOLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country コラボアイテムの予約受付開始です!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

ようやく待ちに待ったサンプルがアップされましたびっくり

毎年恒例となりました【COLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country】の三社合同別注アイテム。

今年で3年目となりますこちらの企画でございますが、毎回超少量生産にも関わらず認知いただけているようで、今年も早い段階から「何を作るの?やっぱG-1系?」と多くのお問い合わせをいただいておりました。

お問い合わせいただいた皆様へは、企画が決まった段階でお知らせさせていただいておりましたが、ようやくサンプルが完成いたしましたので、本日より御予約の受付をスタートいたします。

 

DSC_0636-630.jpg

COLIMBO×MUSHMANS

Leather Material by Rainbow Country

Type A-1

BUSTED SHRINK HORSEHIDE

DARK SEAL "VOLCANO"

 

今シーズン絶大な反響をいただきました、Rainbow Countryとの共同開発レザー

BUSTED SHRINK HORSEHIDE "DARK SEAL VOLCANO"

Rainbow Country製品での別注モデルは、限定着数30着に御予約数が到達し

店頭に並ぶ事無くSOLD OUTとなりましたが

そのRaibow Countryとの別注で使用したマテリアルを使用し

COLIMBOとのコラボレーションを実施するのが毎シーズン恒例となっている企画。

その2017年モデルは"A-1"

 

DSC_0609-630.jpg

DSC_0610-630.jpg

現代でも人気の高い"Type A-2"の原型となったのが、こちらの"Type A-1"

 

米陸軍航空隊が[短い着丈・軽量・機能的]なレザー飛行服の開発を開始したのが1923年。

実に94年も前の話でありました。日本は大正12年にあたり関東大震災がおきた年です。

第一回 ル・マン24時間耐久レースが行われた年でもあり、長い年月の経過を感じますね。

 

プロジェクトの始動から2年を経て、1925年にレザー飛行服第一号が完成。

それが"A-1"でございました。

Aは米陸軍航空隊の夏季用飛行服につけられたコードであり

1はその第一号であることを意味しております。

その2年後1927年にA-1は制式採用され、1944年9月29日に旧式である事を理由に廃止されます。

 

 

DSC_0613-630.jpg

DSC_0614-630.jpg

DSC_0619-630.jpg

DSC_0618-630.jpg

ヨーロッパ列強の空軍力にはるかに遅れを取っていたアメリカ陸軍航空隊。

第一次世界大戦後、前代未聞の予算を立て航空兵力の開発を推し進めた。

技術の革新に伴い、次第に飛行高度は増してくる。例え夏であっても

オープンコクピットに座るパイロット達は防寒の為に、フライングスーツの

インナーにセーター等を着込んでいた。そこで陸軍の試験設計部では保温性を高めるために

ニットの襟を装着し、フライングスーツのインナーにも着用可能なジャケットを

前提として開発に取り掛かった。

今回の別注モデルで使用しているニットはWool100%のブラウン×オリーブのMIXタイプ。

通常のA-2リブよりも編の密度が詰まっており、硬質な印象となっている。

 

DSC_0615-630.jpg

A-2と最も異なるディテールとなっているのが、フロントの開閉がボタンであるという事。

ジッパーというものが登場するのが、1928年であるという事から必然的にボタン仕様となります。

このモデルではダークブラウンのナット釦を使用し、全体の印象を引き締めます。

 

DSC_0622-630.jpg

当時のA-1ジャケットの仕様を規定した書類にはケープレザー(羊)を使用と記されるが

今回のモデルではホースハイド(馬革)を使用します。

2017年モデルとしてRaibow Countryと共同開発した

BUSTED SHRINK HORSEHIDE

DARK SEAL VOLCANO

 

Busted Shrinkという名称通り革自体をシュリンク(縮める)加工を施し、さらに表面のシボを強調させる特殊な加工を施します。

その為、従来の革よりも新品時は若干厚さを感じるものの、着込むほどに繊維がほぐれ ベジタブルタンニンレザー特有の経年変化をお楽しみいただきます。

Busted/バステッド=壊れる 潰れる等を意味しますが、スラングでは「醜い」といった意味を持ちます。

 

DSC_0658-630.jpg

荒々しく、豊かな表情を楽しめる"Busted Shrink Leather"は 発色の面白さも魅力のひとつです。

深く刻まれるシボの中に、下地の色が顔を出しているのが画像でお解かりいただけますでしょうか?

限りなくブラックに近い表面ですが、深いシボの中には赤味を帯びたブラウンが顔を出しております。

これは何層にも及ぶ染色過程によって生まれる、味わい深い発色であり Busted Shirink Leatherだからこそ実現する発色なのでございます。

 

DSC_0617-630.jpg

下地にはナチュラルに近いオレンジ色のホースハイド(1.2mm厚レンジ)。

これに、赤味の強いブラウンの染料によって着色を施します。

一旦通常のレッドブラウン色のホースハイドが仕上がります。

こちらをBusted Shrink加工によって、表情豊かな面へともっていきます。

荒々しい表情が出た上から、ブラックの染料によってハンドフィニッシュ。

仕上げにカゼイン等を用いて光沢を引き出します。

この行程によって、シボの凸部分は限りなくブラック

シボの凹部分にはレッドブラウン色が見え隠れするという訳です。

艶やかな光沢感は、着用が進みますとレザーに馴染んで落ち着いてきますが

擦れる部分などはレザー本来の光沢が増して行きます。

 

DARK SEAL VOLCANO/ダークシール ボルケーノ

ダークシール色のベースに、まさにVOLCANO(火山)から噴出するマグマを彷彿とさせる

荒々しくも美しいカラーが誕生いたしました。

 

 

DSC_0646-630.jpg

ライニングにはコットン100%のツイルファブリックを使用。

サンプルはサイズ38で製作いたしました。

MUSHMANSラベルはパッチポケット内に装着されます。

 

DSC_0680.jpg

太陽光の下で御覧いただきますと、各パーツ毎に発色感が異なる事を感じていただけるでしょう。

手仕事によって染め上げられるレザーマテリアルは、このようなムラをお楽しみいただけます。

工業的にベタ塗りされたレザーよりも、味わい深い仕上がりとなりますね。

 

DSC_0692.jpg

それでは実際に着用してみましょう。

COLIMBOオリジナルのA-1パターンは秀逸のひと言。

絶妙なサイズ感に仕上がっておりますので、着用感が頗る良いのが魅力です。

戦闘服としての強さを感じさせつつも、ファッションとして取り入れられる

スタイリッシュさを持ち合わせており、納得の一着でございます。

画像の人物はサイズ38を着用、インナーにはShirtsを着ております。

 

DSC_0698.jpg

バックシルエットも美しく、すっきりとしたボディ廻りとなっております。

 

DSC_0712.jpg

A-2と同じようなシーズンで使用いただくアイテムですが

襟にウールニットが付いている事で、少し暑い時季には着用出来ないという不便な部分もあります。

ただ、そういった不便があっても、この襟部分のウールニットがカッコイイ。

それがA-1の魅力。

 

ヘヴィーなレザーマテリアルでありながら、ボタン留め。

新品時は着脱に一苦労いたしますし、そのうちボタンを止めている糸が切れてしまい

ボタンの付け直しが必要になるという不便な側面もございます。

ただ、そういった不便があっても、このボタンフライがカッコイイ。

それがA-1の魅力。

 

この不便さを飲み込み、総じてカッコイイ!と思えた貴方に向けた一着。

 

DSC_0708.jpg

COLIMBO×MUSHMANS

Leather Material by Rainbow Country

Type A-1

BUSTED SHRINK HORSEHIDE

DARK SEAL "VOLCANO"

 

 

限定着数

 

10着

 

※既に生産するサイズとそれぞれの着数が決まっております※

サイズ34---1着

サイズ36---2着

サイズ38---3着

サイズ40---3着

サイズ42---1着

TTL 10着

 

本日より御予約受付をスタートいたします。

それぞれのサイズ、生産予定数に達した時点で受付を終了いたします。

デリバリーは10月下旬〜11月中旬の間になるかと思われます。

 

希少な限定モデルです、どうかお早めに!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Utility Leather Down Vest【Hangover/ハングオーバー】 Oiled Steer Hide仕様のサンプル完成!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

9月も後半ですね、今年もあと三ヶ月びっくり 大丈夫か?って程に一瞬で過ぎ去る一年。

昨年も時の経過が早いなぁ〜、と思ってましたが・・・今年は昨年の三分の一程度の時間で過ぎ去った気がします。

こうやって、歳を重ねる毎に"持ち時間"というものが早く無くなってしまうか?怖いです。

 

若者達よ、今もし時間を持て余しているならば、それは財産を持て余していることになる。

ただ消費するでなく、運用するからこそ財産は生きる。

今しか出来ない事と経験値に対して時間を投資すべし!

時間という財産が、手からこぼれ落ち始めてからでは遅い。

与えられし"持ち時間"は無限ではない。という事を少しでも胸にしまって"今"を生きて欲しいです。

そこそこ若い俺がそう感じている位で、このブログを見ている若者達とはそれほど年齢差は無い筈。

結構近い将来、これを感じる事になると思うよ。

気をつけな笑

 

SANDALMANカスタムオーダー受注会も佳境に入っておりまして、想像以上に多量のオーダーが入っております。

正直に申し上げますと、この数のオーダーはかなり我々にとってプレッシャーになる数量です笑

ちゃんと仕上がってくるのか!? スリル満点の受注会。NICKS BOOTSの二の舞にならぬよう、日頃のコミュニケーションが大切になってきそうです・・・ 頑張ります。

 

 

 

本日は、サンプル製作の要望が多かったアイテムをサンプルアップいたしましたので、お知らせさせていただきますエクステンション

 

DSC_0172-630.jpg

MUSHMANS Leather 2017

Utility Leather Down Vest

【Hangover/ハングオーバー】

Oiled Steer Hide

[BLACK/BROWN/CAMEL]

 

衝撃的な現定着数とプライスながら、一瞬にしてSOLDとなったDeer Skinヴァージョンですが

現実的なプライスと安定した生産量で、サンプルを見たいというお声の多かった

Oiled Steer Hide ヴァージョンのサンプルが上がって参りました!

 

 

Hangoverのディテール等 詳しくは→コチラのページで御覧下さい。

 

DSC_0166-630.jpg

先行してオーダーをかけていたダウンパックが二着分であった為

Deer Skinヴァージョンのサンプルで1setを使ってしまった事で

Steer HideヴァージョンではBlackしかサンプルが製作できませんでした土下座

 

ただ、このサンプルを御覧いただければ その雰囲気は確かめていただける筈です!

 

DSC_0184-630.jpg

シンプルなディテールだからこそ、味わい深いものがございます。

 

DSC_0185-630.jpg

BLACKは縫製糸もBLACK、ボタンもBLACKとなり

洗練された仕上がりとなっております。

 

DSC_0189-630.jpg

ライニングにはDeer Skinヴァージョン同様のOLIVEモールスキンを使用しております。

BLACKとの相性も良いですね。

 

DSC_0199-630.jpg

サンプルはサイズ38で御用意しております。

 

DSC_0203-630.jpg

Oiled Steer Hideならではの、ヌメっとした肌触りを感じてください。

Deer Skinの肌触りには敵わないかもしれませんが、オイル感を感じる上質な肌触りです。

 

DSC_0215.jpg

着用感はこのようになります。

サンプルを着用しておりますので、サイズは38です。

比較的タイトなサイズ設定となっておりますが変則的なサイズグレーディングとしており

様々な体型のお客様にマッチするようになっております。

 

サイズスペック

36---身幅 52cm/前着丈 59.5cm/後着丈 63cm/肩幅 38cm
38---身幅 54cm/前着丈 61.5cm/後着丈 65cm/肩幅 40cm
40---身幅 56.5cm/前着丈 63.5cm/後着丈 67cm/肩幅 42cm
42---身幅 59cm/前着丈 64.5cm/後着丈 68cm/肩幅 44cm

 

ベースサイズの38がタイトな為、36に小さくなる分はバスト寸法を一周4cm縮めております。

反対にサイズ40になる分はバスト寸を一周5cm大きくなるように

グレーディングしております、またサイズ42に関してはサイズ40と

着丈が殆ど変わらないようにしておりますので、大きめな方も安心です。

 

DSC_0172-630.jpg

DSC_0166-630.jpg

MUSHMANS Leather 2017

Utility Leather Down Vest

【Hangover/ハングオーバー】

Oiled Steer Hide

[BLACK/BROWN/CAMEL]

 

絶賛御予約受付中!

御納品タイミングは12月初旬頃の予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

Sandalman+Web-1.jpg

SANDALMAN(サンダルマン)カスタムオーダー受注会

絶賛開催中!!

 

10月1日(日)までとなっております。

皆様のご来店を心よりお待ちいたしております土下座

 

 

 

 

 

 


SANDALMAN/サンダルマン受注会の詳細です!!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

いよいよ明後日からスタートとなりますイベント。

 

Sandalman+Web-1.jpg

SANDALMAN(サンダルマン)カスタムオーダー受注会

 

開催日時

2017年9月23日(土・秋分の日)〜10月1日() 全9日間

 

 

 

今回受注会は初の試みとなりますので、詳細を纏めるのに少々お時間が掛かってしまいましたが

ある程度形になりましたので、ここでPRさせていただきます。

 

今回の受注会では、MUSHMANS別注モデルのオーダーも可能です。

以下にラインナップとプライスを掲載いたしますので、ご覧くださいませびっくり

 

 

LINE UP

 

001-a-630.jpg

The Smarachee Thong

ベースプライス:28,000+tax

MUSHMANS別注BADALASSI仕様:35,000+tax

 

 

002-a-630.jpg

#501 Beach Wide

ベースプライス:21,000+tax

MUSHMANS別注BADALASSI仕様:28,000+tax

 

 

003-a-630.jpg

Lace Buckle Shoe

ベースプライス:34,800+tax

MUSHMANS別注BADALASSI仕様:47,000+tax

 

 

004-a-630.jpg

Slipper

ベースプライス:32,800+tax

MUSHMANS別注BADALASSI仕様:42,000+tax

 

 

006-a-630.jpg

Double Buckle

ベースプライス:32,800+tax

MUSHMANS別注BADALASSI仕様:42,500+tax

 

 

007-a-630.jpg

Weave

ベースプライス:27,000+tax

MUSHMANS別注BADALASSI仕様:35,000+tax

 

 

008-a-630.jpg

#3

ベースプライス:27,000+tax

MUSHMANS別注BADALASSI仕様:35,000+tax

 

 

009-a-630.jpg

Vercro Strap Sandal

ベースプライス:36,000+tax

MUSHMANS別注BADALASSI仕様:45,500+tax

 

010-a-630.jpg

Toe Loop Slide

ベースプライス:27,000+tax

MUSHMANS別注BADALASSI仕様:35,000+tax

 

 

011-a-630.jpg

Toe Loop

ベースプライス:25,000+tax

MUSHMANS別注BADALASSI仕様:32,000+tax

 

 

012-a-630.jpg

#301 Narrow Strap

ベースプライス:19,000+tax

MUSHMANS別注BADALASSI仕様:26,000+tax

 

 

 

 

 

 

上記全11型からお選びいただきます。

ベースプライスというのが、通常仕様のベースとなるプライス。

MUSHMANS別注BADALASSI仕様というのが、受注会限定のスペシャルモデル。

 

MUSHMANS別注BADALASSI仕様は今回の受注会期間中のみオーダー受付可能となります。

しかも今回は6色のカラー展開でオーダー可能です!!↓

 

 

papavero-500.jpg

Papavero/パパベロ(赤)

 

ortensia-500.jpg

Ortensia/オルテンシア(青)

 

nero-500.jpg

Nero/ネロ(黒)

 

grigio-500.jpg

Grigio/グリージオ(灰緑)

 

Cognac-500.jpg

Cognac/コニャック(薄茶)

 

bianco-500.jpg

Bianco/ビアンコ(白)

 

全てBADALASSI社のステアハイドを使用します。

単色でもツートーンでもプライスは変わりません。

 

 

 

 

 

通常仕様でオーダーするか?

MUSHMANS仕様でオーダーするか?
まずはどちらかを決めてください。

 

それが決まりましたら↓こちらの項目へ・・・

 

18SS SANDALMAN 仕様書-1.jpg

18SS SANDALMAN 仕様書-2.jpg

 

18SS SANDALMAN 仕様書-3.jpg

 

18SS SANDALMAN 仕様書-4.jpg

上記の項目を決めて行きます。

赤字で+○○○○円となっている物はオプションチャージです。

 ベースプライス、若しくはMUSHMANS別注BADALASSI仕様のプライスに足して行きます。

 

 

DSC_6468-630.jpg

MUSHMANS別注BADALASSI仕様には、全てMUSHMANS刻印が捺されます。

 

 

サイズ展開

Women's 6in

Women'S 7in

Men's 6in

Men's 7in

Men's 8in

Men's 9in

Men'S 10in

上記サイズ展開となります。

通常ブーツ等で着用されるサイズと同等でお選びいただけます。

ハーフサイズでお悩みの場合はワンサイズ上をお選び下さい。

通常8 1/2in→9in

その他ご不明な点はお問い合わせくださいませ。

 

オンラインショップでの受注について

今回初の試みという事もございまして、オンラインショップに掲載はしておりますが

ネット上でのオーダー受付は実施いたしておりません。

大変ご面倒をおかけいたしますが、遠方のお客様で通販をご希望の際は

お電話若しくはメールでの御対応とさせていただきます。

TEL:048-972-5419

Mail: info@mushmans.com

大変お手数ですが、上記まで御連絡をお願いいたします。

 

納期について

今回の受注会でオーダーいただきましたアイテムは

2018年6月末〜7月上旬の入荷予定です。

状況によっては、前後する事も予想されます。予めご了承下さいませ。

 

 

SANDALMAN(サンダルマン)カスタムオーダー受注会

 

開催日時

2017年9月23日(土・秋分の日)〜10月1日() 全9日間

 

受注会期間中は全ラインナップのサンプルを御用意いたしております。

また、MUSHMANS別注仕様のレザーサンプルも御用意しておりますので

是非御覧になって下さいませ。

 

 

 

皆様のご来店を、スタッフ一同心よりお待ちいたしております土下座

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


8th Anniversary Limited Item リリースです!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

先週末より長きに渡って多くの方々から、MUSHMANSの八周年記念を祝っていただきましたエクステンション

こうやって続けられるのも、全てはご来店いただく皆様の支えあってこそ。

にも関わらず、こういった様々なかたちでお祝いいただける事の幸せを噛み締めております。

本当に皆様ありがとうございます土下座

そして、この一週間アルコールを多量に摂取し過ぎましたので、当分の間は禁酒します笑

これは宣言です。当分は誘わないで下さい。フリとかじゃないですからね、本当に。笑

 

_DSC9708.JPG

 

DSC_9495.jpg

 

DSC_9496.jpg

 

DSC_9505.jpg

 

DSC_9653.jpg

 

DSC_9655.jpg

 

DSC_9660.jpg

 

DSC_9679.jpg

 

IMG_5423.JPG

 

IMG_5462.JPG

最高の一週間でした。

そして最高にHangoverな一週間をありがとうございます土下座

 

 

さて、こうやって皆様と大いに遊んだ訳でありまして、肝心な8周年記念モデルの発表が遅れてしまっておりました。

これからリリースいたしますアイテムは、はっきり申し上げまして商売的要素全く無しの、完全"自己満足"モデル。

今までのMUSHMANSのあり方がそうであった通り、我々の視点で"欲しい!"と感じた物を正直に打ち出して行く姿勢。

その姿勢の最たる所、周りから見たら『とうとうアタマがおかしくなったか・・』と思われても仕方がない、そんなアイテムを御紹介させていただこうと思います。

これから先、我々MUSHMANSの打ち出す"コトとモノ"が通り一遍の洋服屋とは一線を画す"コトとモノ"でありたい。

そんな意気込みを感じていただき、鼻で笑っていただけたら幸いでございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7583-630.jpg

ESP×MUSHMANS

8th Anniversary

MUSHMANS Original Limited Model

"EX-335"

 

願えば実現出来るものもある。

ただそれは、願うだけでは不可能であり。

人と人の繋がりによって実現する。

 

今回のモデルは、その要素"願いと繋がり"によって実現へと向かった特別なモデル。

 

日本を代表するギターメーカーであり

世界的にも最高峰に君臨するESPとのコラボレーションによって誕生したMUSHMANS限定モデル。

音楽業界の既成概念に囚われず、MUSHMANSらしさを追求した一本がここに完成しました。

 

 

DSC_7624-630.jpg

 

DSC_7633-630.jpg

 

DSC_7607-630.jpg

 

DSC_7618-630.jpg

 

DSC_7593-630.jpg

 

・ボディに空洞部分を持つセミアコギターの代表とも言える[Gibson社ES-335]とロックギターの雄[Gibson社エクスプローラー]を掛け合わせました。

 

・外観で特徴的な部分は、エクスプローラータイプのヘッド(通称バナナヘッド)と、セミアコギターの象徴ともいえるfホールをあえて廃止し、ダイアモンド型のホールを採用。

本体を分割して御覧いただくと、左半分はGibson ES-335 "トリニ・ロペス"モデル。右半分はB.B.Kingの"ルシール"となっており様々な要素を組み合わせた仕様となっております。

また、コントロール関係(フロントボリューム、リアボリューム、トーン、ジャック)を直線的に配置する事により、エクスプローラーの特徴を取り込みました。

 

・製造工程は非常に手が込んでいて、トップ、バック共にアーチ形状になっており、このアーチ形状を生み出す際に熱やプレスで曲げるといった事は一切せずに、全て削り出しにて生み出されております。

したがって、よく見かける合板などは一切使用せず、全て単板にて製作されているのがポイントです。

 

 

 

DSC_7599-630.jpg

 

DSC_7664-630.jpg

 

DSC_7636-630.jpg

・材質はボディートップ&バックはハードメイプル、センターブロック&ネックはマホガニー、指板はエボニーを採用。

この材質の組み合わせにより、ふくよかながらも輪郭のしっかりしたサウンドを生みだします。

指板エボニーの質感を優先するのと、ボディーのグロスブラックとの調和を優先しポジションマークをあえて廃しました。

黒光りする指板の存在感を味わっていただけます。

プレイヤーに必要なサイドポジションマークは残しておりますので、問題無くプレイいただける事でしょう。

 

DSC_7591-630.jpg

 

DSC_7590-630.jpg

・フロントピックアップはセイモアダンカン社製のSP-90を採用。シングルコイルながらハムバッカーにも匹敵するパワーと甘さ、そしてシングル構造特有の抜けの良さを両立させた素晴らしいピックアップです。

歴史的に見ても、P-90ピックアップを搭載したセミアコギターは名器と呼ばれるモデルが多く存在します。

 

・リアピックアップはセイモアダンカン社製のSH-55を採用。別名セス・ラヴァーモデル。このセス・ラヴァーというのは人名で、1950年代初頭にあのギブソンレスポールなどに搭載されていたPAFと呼ばれるハムバッカーピックアップを手掛けた職人です。そのセス・ラヴァー氏とセイモアダンカン社が共同で開発したモデルで、現在ではほとんど樹脂を使っているスペーサー部分を当時と同じ木製にしたり、今では当たり前のポッティング(共振によるハウリングを軽減する効果がある)をせずに、当時のトーンに拘ったピックアップです。

 

 

 

DSC_7638-630.jpg

 

DSC_7656-630.jpg

 

・専用ハードケースは、エクスプローラーヘッドの為、通常の335用では入らないという事で、このモデル専用の特注ハードケースを制作しました。

 

 


<実際演奏したうえでの感想>
まず、構えた時のバランスが非常に良く、大柄なボディサイズを意識せずにプレイ出来ました。

指板面のポジションマークが無いという点も、サイドポジションマークがあるのでしばらく弾いて慣れれば全く問題ありませんでした。
サウンドに関しては想像以上にバリエーションが多く、多様なジャンルにも対応出来ると思います。

具体的には、フロントで少しトーンを絞るといわゆるジャズトーン。

センターでトーン全開にするとクリアなカッティングやアルペジオ。

リアはパワーで押し切る感じは一切無く、表現力が高く解像度の高いイメージゆえに歪ませた場合にも音が潰れる事無く、気持ちよくドライブしてくれます。
セミアコギターで心配されるハウリングに関しても過剰に歪ませなければ全く起きませんでした。
あえて弱点を挙げるとすれば、全体的にオーセンティックなビンテージトーンを得意としている反面、モダンなサウンドメイクは苦手と思われます。出来ればデジタルな周辺機器は使用せずに、アナログな環境で・・・

さらに欲を言えば真空管アンプでプレイして頂ければ悦に入れる一本です。

 

また、ご自宅でプレイする際の騒音問題にも対応しております。

アコースティックギターでは想像以上に鳴りが大きすぎ、深夜のプレイは気が引けますし迷惑です。

勿論、アンプに繋いでエレキギターを鳴らすのも問題がございますね。音量を極限まで絞ったり、ヘッドホンを装着するのもROCKじゃない・・

だからといって、通常のソリッドボディーのエレキギターを生鳴りだけで弾いているのはつまらない・・・。

日本の住宅事情に最もマッチするのが、このセミアコースティックギターであると言えるでしょう。

近隣から苦情が出る程の鳴りではないものの、ホロウボディー特有の表現性の高い生鳴りは、深夜寝静まった書斎で鳴らすに最適な音量を実現します。

たまにはスタジオでアンプに繋ぎ、大音響で本領を発揮させていただくのもお忘れなく。

 

初めてギターを手にする方にも、ベテランのプレイヤーにもご満足いただける事でしょう。

 

 

 

 

さて、今回は着用画像ではなく、動画にて試奏の様子を御覧いただきます↓

 

 

いかがでしたでしょうか?

動画ではBOSS Loop Stationを使用し、演奏した音を録音し重ね、ループする機材を使用しております。

クリーンからドライブサウンド、フロントピックアップとセンター、リアピックアップまで全てを使用しプレイしております。

贅を尽くした究極の一本、あとは貴方自身でお楽しみ下さいませ。

 

 

販売に関しまして

 

こちらのアイテムは

限定5本

でのリリースとなります。

後の増産はございませんので、予めご了承下さい。

プライスも極限まで絞込みました、二度と無い価格設定となっております。

 

納品時の調整、その後のアフターフォローに関しましては

全て越谷の老舗楽器店"大野楽器"様で対応いただけます。

洋服屋でギターを買うのは不安・・確かにそうです。

そんな不安は一切無く、同店で購入したギター同様のサービスを受けられます。

 

オンラインショップで御購入いただくお客様へも

同様に納品前調整を実施してからお送りさせていただきます。

弦高の希望等がございましたら、お申し込み時にお伝え下さいませ。

 

 

DSC_7659-630.jpg

ESP×MUSHMANS

8th Anniversary

MUSHMANS Original Limited Model

"EX-335"

 

 

 

様々な想いを詰め込んだ一本。

何故、こんな事をするのか?

触って頂ければ感じていただける筈

だから、多くを語る必要はない。

 

そして、これに関わってくれた方々へ、深い感謝を。

 

是非、店頭でお確かめ下さいませ。

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS Leather Leather Shirts Jacket "FRIVOLOUS/フリボラス"ご注文受付再開です!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

夏休み楽しんでおりますかー?? そろそろ終わりが近くなってきましたね。

MUSHMANSにも御来店いただきまして有難うございます土下座

今年はかなり遠方からのお客様も多く、やはり休まず営業してよかったなぁ〜と思っている次第でございます。

本日水曜日も通常なら定休ですが、休まず営業しますので是非是非ご来店くださいませ手

 

さて、本日はコチラ↓

 

イメージ.jpg

MUSHMANS Original Leather Collection

Leather Shirts Jacket

【FRIVOLOUS/フリボラス】

 

今年の始めにリリースいたしまして、大変好評いただきました

"FRIVOLOUS"

しばらくの間、レザーマテリアルの入荷が滞っておりましてオーダー受付を休止して

おりましたが、ようやくマテリアルの目処が立ちましたので

本日よりオーダー受付を再開いたします。

ただし、ご存知の通り こちらのアイテムは一人の職人による一貫した生産

裁断から着色、縫製に至るまで全てを一人の職人が行いますので

今シーズン分でオーダー受付が可能なのは

【8着】

までという事になりますので、予めご了承下さいませ土下座

 

FRIVOLOUSについて詳しくは→コチラ

 

以下画像、オーダーいただきました皆様の個性豊なカラーリングを一部掲載させていただきました。

比較的特別色でのオーダーも多くいただきまして

FRIVOLOUSの新たな可能性を感じられるバリエーションとなっております。

是非オーダーの際の参考にされて下さいませ。

 

BEIGE.jpg

レギュラーカラー【BEIGE】

所謂無色のナチュラルカラーです。圧倒的に経年変化を楽しむにはこのカラーが最適です。

数年後の飴色への変色が楽しみな一着ですね。

こちら2-TONEカラーに見えますのは、オイルの入れ方を調整してそう見せます。

色の発色が濃い部分はオイルを多めに、薄い部分はそのまま使用します。

ベースカラーは同色ですが、ジャケットの立体感を演出できます。

レギュラーカラーですのでプライスは通常プライスとなります。

145,000yen+tax

 

BROWN.jpg

レギュラーカラー【BROWN】

上記BEIGEだと経年変化の過程での汚れが気になるという方に

ライトブラウン色で染色を施したカラーです。

あえて配色(2-TONE)せずに、シンプルに仕上げたモデルを製作しました。

染色してあっても、勿論経年変化は楽しめます。

BEIGEとまた違った印象になり、落ち着いた一着の完成です。

145,000yen+tax

 

HD BLACK ONE.jpg

特別色【Hand dyeing BLACK】

お馴染みの手染めブラック一色で製作しました。

あえてトーンを変えずにシブい一着の完成です。

職人による手染めですので、新品時から風合い豊かなムラを感じますが

着込む事でさらに荒々しい色ムラを楽しむ事が可能です。

ベースとなるカラーは上記で御紹介したレギュラーカラー【BROWN】

このマテリアルにブラックの染料を入れて着色します。

黒くなりすぎないところもポイントです。

シンプルな一着を目指す方に最適なカラーです。

155,000yen+tax

 

HD BLACK.jpg

特別色【Hand dyeing BLACK×BLACK】

上記で挙げた手染めによるブラックとレギュラーカラーのブラックを組み合わせた配色。

画像を御覧いただきますと解るように、濃色のブラック部分がレギュラーのブラックです。

新品時はそれほど離れた発色ではありませんが、年数と着用回数が進みますと

手染め部分は芯色のブラウンが出てきます、逆にレギュラーのブラックは芯までブラック

その為、より濃色のブラックへと変化して行きます。

おそらく2シーズン程着用いただきますと、はっきりとした2-TONEカラーへと変貌します。

155,000yen+tax

 

HD NAVY.jpg

特注色【Hand dyeing NAVY】

ベースカラーにBEIGEを使用しインディゴブルーに染め上げます。

インディゴデニムのそれのように、芯色が薄色である為着込む程に色ムラが発生。

デニムですと芯色が出て退色して行きますが

レザーとなると、退色する部分と逆に濃色になる部分が出てきます。

デニム以上に経年変化をお楽しみいただけるカラーです。

画像を御覧いただきますと2-TONEのような配色となっておりますが

こちらは染料の濃度をパーツ毎に変更し、同色の2-TONEを演出しています。

お好みで全パーツを同濃度で染め上げる事も可能です。

165,000yen+tax

 

HD RED.jpg

特注色【Hand dyeing RED】

顔料を一切用いずに鮮やかな発色のREDを表現しました。

通常ここまで発色の良いREDは顔料を用いる場合が多いですが、FRIVOLOUSらしさ

を追求し染料のみでチャレンジしました。

正直ここまでしっかり発色できると思っておりませんでしたので

特異なカラーではありますが、個人的に気に入っているカラーです。

ここからの経年変化が非常に気になる一着。

165,000yen+tax

 

HD WHITE.jpg

特注色【Hand dyeing WHITE】

驚愕のカラー手染めによりWHITEにチャレンジしました。

ホワイトの場合は一切顔料を使用しないというのは不可能な為、染料と顔料のコンビネーション

で発色させております。お客様のオーダーは"白すぎない白"というトリッキーなオーダー。

勿論経年変化も楽しみたいという、贅沢な要望の全てを具現化しました。

ベース色にBEIGEを使用し、薄っすらとベースカラーが見える程度に着色。

白い革ジャンとなりますと、極めてROCKな気がしますが

今回チャレンジした手染め白は、落ち着いた絶妙な発色に成功したので

結構普通にも対応できるカラーです。

もう普通じゃ物足りない貴方に向けた、スペシャルな仕様をお楽しみいただけます。

165,000yen+tax

 

レギュラーカラー【BLACK】

前回のオーダー受付時は、皆様個性溢れるオーダーをいただきまして

レギュラーカラーブラックのオーダーが一着も入りませんでした(笑)

これは予想していなかった事でしたが、こういった現象も

MUSHMANSのお客様らしくてイイな、、とも思いました。

選べるならば存分に自分らしさを演出する、本来のファッションの根底とも言える事。

と・・言う事でサンプルが無いのもいけませんのでブラック仕様を自分用に製作いたしました。

普通ならば、このカラーが最もオーダー着数が多いはずの単色ブラックです。

145,000yen+tax

 

結構ガンガン着用しております。

バイクに乗る時も、飲みに行く時も、暑くても着たりします。

皺の入り方、結構エグイでしょ?このレザー本当に凄いんです。

現在、MUSHMANS Leather CollectionでELECTRIC LEATHERと組んで開発している

モデルは全てこのスペックのホースハイドを使用しております。

ホースハイドもグレードが存在し

このシリーズで使用しているグレードは最上グレードのマテリアルなのです。

その為入荷しない時は6ヶ月以上も待たされます。

ですので今回ようやく入荷の目処が立った為オーダー受付が可能となった訳です。

この皺の入り方、水で濡らしたりは一切してません。

着るだけで貴方の身体の形状を記憶するのです。

 

そこらへんのヤツと一緒にしないでくださいネ(笑)

 

 

 

イメージ.jpg

MUSHMANS Original Leather Collection

Leather Shirts Jacket

【FRIVOLOUS/フリボラス】

 

 

 

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS Leather 2017FW New Modelの御案内です!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

明日からは夏休みに入る方も多いかと思います拍手旅行やレジャーといったイベントが満載な方々も多いかと思いますが、是非MUSHMANSも忘れないで下さいネ笑

16日水曜日は通常定休ですが、夏休みの方が多そうなので臨時営業させていただきますびっくり

是非皆様ご来店くださいませ手

 

さて、昨日もMUSHMANS Originalアイテムを御紹介いたしましたが、本日も引き続きOriginalアイテムの御紹介をさせていただきます。

今回のアイテムも"挑戦"のキーワードのもと、特別なアイテムが完成いたしました。

御覧下さいませ↓

 

DSC_8433-630.jpg

MUSHMANS Leather 2017-18FW

Utility Leather Down Vest

"Hangover/ハングオーバー"

Special Edition "FUJIOKA DEER"Jones Brown

Regular Leather "Oiled Steer Hide"Black/Brown/Camel

※画像のアイテムはSpecial Edition "FUJIOKA DEER"Jones Brownを使用。※

 

1970年代〜80年代に米"Frost Line"社のダウンベストなどで見られるハイカラー(高い襟)の

ディテールを用い、上質なレザーマテリアルで昇華させたMUSHMANSオリジナルモデル。

あえてウエスタンヨークを用いる事無く、両面一枚革で仕立てられる贅沢な

レザーダウンベストを開発いたしました。

ロッキーマウンテン等で見られるディテールを採用したレザーベストは

Rainbow Country等でも非常に上質なモデルがラインアップされており

あえて我々がその領域でオリジナルモデルを作る必要を感じなかった為

"Frost Line"社のヴィンテージダウンベストに焦点を当てて開発したという経緯。

 

冬のカジュアルアイテムのアイコンとも言えるダウンベストであるが

より落ち着いたデザインと特異性を求めるユーザーに向けたデザインとディテール。

より使いやすく、より強靭である事をモットーに細部のディテールまで拘り抜いた

我々の提案するダウンベストの新たな形をお楽しみいただきたい。

 

DSC_8405-630.jpg

80年代のライトヴィンテージダウンベストは実用性(防寒性能)を最優先して作られたであろう

通常のカラー(襟)の二倍の高さを持つモデルが存在していた。

スタイリッシュさで言えば、そのハイカラーを立てて着用してしまうと"?"な部分もあるが

実際画像のように襟を寝かして着用した場合、首周りのボリューム感といい

非常にスタイリッシュ且つゴージャスなものとなる、と感じられる。

さらにウエスタンヨークを用いない事で、シンプルなデザインとなる為

素材感を存分に楽しんでいただける事となるのも利点である。

はっきり言って、どこにでもありそうなデザインである。

だからこそ素材が生きるし、拘り抜いたディテールが映えるのだ。

 

DSC_8406-630.jpg

DSC_8407-630.jpg

勿論、この襟にもダウンを仕込んであるが為に首周りの暖かさも充分感じていただける。

ダウンベストを着用する季節というのは、勿論極めて寒い時季であるから

この保温性能というのも充分考慮する必要がある。

 

DSC_8409-630.jpg

ウエスタンヨークを用いないデザインであるが為に、襟から下は一枚革を使用。

ダウンパックを留める為のステッチが入るので、一見すると一枚革に見えないが

背面ワンピースである。ここは我々の最も拘ったポイントである。

 

DSC_8411-630.jpg

斜めから御覧いただくと感じていただけるであろう。

充分なボリュームのダウンが贅沢に封入されているのが解る。

これ以上でも、これ以下でも成し得る事の出来ない存在感を味わっていただける事であろう。

 

DSC_8412-630.jpg

80'sのFrost Lineはジッパー&ボタンの仕様であったが

これを採用してしまうとオールレザーダウンベストではディテール過多になる可能性が

高かった為、DOTボタンのみの構成となっている。

 

DSC_8413-630.jpg

ポケットはスタンダードな一層構造で、フラップ等を装着せずシンプルなディテール。

 

DSC_8415-630.jpg

DSC_8414-630.jpg

Frost Line社と同等の高さの襟となっているが、下画像のように折り返して着用できるよう

DOTボタンの取り付け方法を変更。

極めて気温が低く、強い風に見舞われた時はこのように活用出来る。

 

DSC_8424-630.jpg

内部構造も極めて拘りのポイントである。

通常出回っているダウンベストというのは、表地(革)と裏地(ライニング)がツライチとなる構造である。

その為時間の経過と共に裏地(ライニング)が見えてきてしまうという事が起こりうる。

今回我々のダウンベストは、ライニングの先に共地(表と同じ革)を用い

合わさるのが革同士になるよう配慮している。

ライニングの破れや、先に挙げたライニングが表に顔を出してしまうという事を防いでいる。

これによって、様々な難題が発生するがユーザー視点で考えると この仕様が最も良いと判断した。

ライニングの布地は厚手のモールスキン[OLIVE]、保温性の高さ、堅牢さ、を考慮した仕様。

 

 

カラー630.jpg

さあ、大問題なのがプライスである。

新たな方向性でのレザーダウンベストを開発したいとの想い。

さらには今シーズンの"ADVENTURER/アドヴェンチュラー"で使用している上質な

FUJIOKA社のDeer Skinを使用したら、どれだけ素晴らしい物が出来るかと

FUJIOKA Deerについて詳しくは→コチラ

ただただ突き進んだ、あまりコストの事を考えていなかったのが実状である・・・。

先に挙げたが、背面はウエスタンヨークが無い為に一枚革。

勿論前面はフロントボタン部がある為に二枚革であるが、それでも襟下から裾末端までの長さがある。

ADVENTURERの最も大きい部分のパネルなんか比では無い程の大きさなのだ。

これを小判である鹿革から裁断するのは、、、、無駄が多すぎる。

一度はダウンパック用のステッチ部分で接いでしまおうかと思ったものの

そこで妥協するのは俺達の企画じゃないよね。

と、一時考えるのも嫌になったりもしたが、この仕様が"粋"と思ってくれる方に

お求めいただければ良いんじゃないか?との考えに至り、そのまま突き進んだ!

 

そして、Deer Skinでは無くても、このデザインとディテールに惚れた!と思って

いただける方の為に、比較的お求め易いSteer Hideをご用意。

 

さあ、プライスを御案内します。

 

Special Edition "FUJIOKA DEER"Jones Brown仕様

145,000yen+tax

 

Regular Leather "Oiled Steer Hide"Black/Brown/Camel仕様

79,800yen+tax

 

我々のオリジナルモデルは、少しでもお求め易く提供したいとの想いがあります。

出来る限りのコストは削ったものの、FUJIOKA Deer仕様 このプライスが限界でした。

ただ、物凄い贅沢な仕様となっております。実物、本当に素晴らしいです。

手前味噌で申し訳ありませんが、サンプルを開梱した当店SG氏が震えていた程です。

この特別仕様を御理解いただける方が少しでもいらっしゃれば幸せです。

生産着数も"FUJIOKA Deer仕様"は極少量の

【3着限定】

それしか作れないなら止めろや、、と言われてしまいそうですが

そう言わずに。

解ってくれとは言わないが、きっと解ってくれる方がいてくれるのではないか・・?

淡い期待をもちつつも。。

でも、ダウンベストにしては高プライスになってしまった事はお詫び申し上げます。

 

そして、現実的なプライスの設定が可能な"Oiled Steer Hide"

Deer Skinに比べ原材料費が抑えられ、さらに判も大きいから可能なのです。

こちらはクロム鞣しによる、極力Deer Skinに近づけたしなやかなマテリアル。

BADALASSI社のマテリアルのように、オイル分を多く含ませたしっとりとした手触りが

特徴で厚みもしっかりとしたものです。

製品サンプルが間に合いませんでしたが、革サンプルはご用意しております。

上記画像に掲載したカラー3色をご用意いたしました。

こちらのマテリアルは限定着数を設けませんので、ダウンパックがご用意出来る限り

御予約を承りますので、併せてよろしくお願いいたします。

 

DSC_8667.jpg

着用感は上記画像のようになります。

画像の人物はサイズ38(M)を着用。

 

比較的タイトに設定したサイズ感とシンプルなデザイン。

数十年後の事を考慮した、こだわりのディテール。

どこにでもありそうなダウンベストであるが、並べて見れば決定的な違いを感じていただける。

本当にもう、出来る限りを尽くした贅沢な仕様だ。

カジュアルだけれども、落ち着いたカジュアルを楽しむ大人の為のダウンベスト。

Hangover(二日酔い)な朝でも、手にとっていただける紳士な一着。

 

 

DSC_8671.jpg

シンプルだからこそ

素材に拘る。

素材に拘るからこそ

シンプルになる。

 

 

我々はメーカーじゃないから、だから変な事が出来る。

いつもカスタマーが近くで支えてくれるから

突き進む自信をもらえる。

ただ、今回ばかりは甘くない。

いつもそう思っていての、今年で8年。

これからは、そう上手くはいかない。

解ってる。

だから、やる。

辛いけど、楽しいからね(笑)

 

 

 

※御予約に関しまして※

Deer Skin仕様は限定3着でのご注文受付となります。

Oiled Steer Hide仕様はダウンパックがある限りご注文を受け付けます。

(オーダーいただくサイズバランスによっては予定数を下回る可能性がございます。)

本日8月10日より御予約の受付を開始いたします。

予定生産数に御予約数が達し次第、御予約受付を終了いたします。

サンプルもご用意しておりますので、お気軽にご来店いただき御覧下さいませ。

Oiled Steer Hide仕様のサンプルはございませんが、革サンプルがございます。

遠方のお客様へはサンプルの発送も承ります。

ご希望のお客様はお電話若しくはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

画像では伝わりきらない魅力を秘めたアイテムです。

是非実物を御覧下さいませ

 

 

※サイズスペック※

36(S)---身幅 52cm/前着丈 59.5cm/後着丈 63cm/肩幅 38cm
38(M)---身幅 54cm/前着丈 61.5cm/後着丈 65cm/肩幅 40cm
40(L)---身幅 56cm/前着丈 63.5cm/後着丈 67cm/肩幅 42cm
42(XL)---身幅 58cm/前着丈 65.5cm/後着丈 69cm/肩幅 44cm

比較的タイトなサイズ設定となっております。

サイズに関して御不明な点も、お気軽にお問い合わせください。

 

 

DSC_8433-630.jpg

MUSHMANS Leather 2017-18FW

Utility Leather Down Vest

"Hangover/ハングオーバー"

Special Edition "FUJIOKA DEER"Jones Brown

Regular Leather "Oiled Steer Hide"Black/Brown/Camel

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS Footwear 2017FW 新作モデルの御紹介です!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

御予約いただいております皆様には、大変長らくお待たせいたしております。

MUSHMANS Footwear 2017MS Model

"Norwegian Front Shoes"

Dark Brown/Brown

ですが、当初のお約束通りの入荷で進行いたしております。

8月に入りまして、あと一週間〜10日で全数入荷となります。

楽しみにしていただいているお声をいただき、嬉しい限りでございます。

納品まであと少し、検品の時が一番ハラハラドキドキするものですが、私自身も楽しみでなりません楽しい

 

そして、"MUSHMANS Footwear"を御贔屓にしていただいているお客様からは

「そろそろ秋冬モデルの発表しないと間に合わないでしょ?」

と、少々プレッシャーをいただいておりまして笑

仰られる通りでございまして、秋冬モデルのサンプル完成を心待ちにしておりました。

 

今回は秋冬モデルという事もあり、MUSHMANS Footwear初の"BOOTS"を企画。

さらには、長年要望を出していた完全新作のレザーを使用した企画。

はっきり言ってトリッキーなマテリアルであるが為に

一発でサンプルが仕上がるかが危惧されていた"MUSHMANS Footwear"の第四弾

2017FW Model を本日御紹介させていただきます。

 

DSC_8323-630.jpg

MUSHMANS Footwear

2017 Fall&Winter

Chukka Boots

BADALASSI ERA

Tabacco

 

2017年秋冬モデルでリリースするMUSHMANS Footwearのニューラインアップ。

基本的な構成はChukka Boots/チャッカブーツであるものの

伝統的なジョージブーツとデザートブーツの要素を組み合わせた

MUSHMANS Footwearの提案する、新たなブーツスタイルである。

 

【Chukka Boots】

このブーツの起源には諸説あるが、最も有力な起源説は

19世紀末にポロ競技で用いられたブーツ

であると言われております、ただしポロ競技ではジョッパーブーツを装着する事が

基本となっているため、選手が試合後に履き変えていたカジュアルブーツが

次第にChukka Bootsと呼ばれるようになったとの説もある。

Chukka/チャッカという呼称はポロ競技における競技時間の単位であり

1チャッカは7分30秒とされている。

After Chukka Bootsという事になるのだろうか?

 

このChukka Bootsを世に広めたのは、ポロ競技にも精通する

英国のメンズファッションアイコン"ウィンザー公"であった。

氏が愛用したChukka Bootsは洒落者達の間で広く浸透して行ったのである。

 

それでは、各ディテールのポイントを紹介しましょう。

DSC_8326-630.jpg

Chukka Bootsの定義通り、2組の紐穴(裏ハトメ仕様)

アンクル丈5インチ程度のハイトとなる。

 

DSC_8336-630.jpg

DSC_8347-630.jpg

DSC_8341-630.jpg

ラスト(木型)には前作"Norwegian Front Shoes"や"Plain Toe Shoes"に用いた

ラストを使用し、適度なボリューム感を持ったラウンドトゥによる美しいシルエットを実現。

Goodyear Welted製法により、全周に渡って(ヒール部にも)ウェルトを固定。

ストームウェルトを用いる事で防水性と防塵性能を高めるとともに

ブーツ本体の迫力を演出する効果も得られている仕様。

 

DSC_8345-630.jpg

DSC_8346-630.jpg

伝統的なChukka Bootsの仕様から比較すると、高めなヒールリフトとなる。

ここにはジョージブーツの要素を組み込むと共に、ラストとの整合性も考慮した仕様。

足入れしていただくと、しっかりとしたアーチ感を感じられるのもポイントである。

 

DSC_8357-630.jpg

さらにもう一点ジョージブーツの要素を取り入れたポイントが全域に装着したライニング。

トラディショナルなChukka Bootsの定義は"ライニングを用いない"とされているが

今回の仕様は、あえてライニングを用いた仕様とする。

足入れの良さ、履き心地、強度を考慮し

さらには、今回のブーツでの"チャレンジング"な要素を実現する為に採用している。

チャレンジングな要素に関しては後述。

 

DSC_8351-630.jpg

アウトソールにはVibram #269ウエスタンソールとQUABAUGヒールの組み合わせ。

ここにはデザートブーツの要素を組み込む。

トラディショナルなChukkaブーツの定義では薄いレザーソールをアウトソールに用いるが

どのような天候でも、どのようなシーンでも気兼ねなく使える1足であって欲しいという観点から

この仕様に変更、ただし#269ソールは比較的ゴム面が薄い為、全体の印象は引き締まる。

 

チャッカブーツ・ジョージブーツ・デザートブーツの

"欲しい"部分を取り入れて構成されるニューモデルは

最も特徴的なポイントがマテリアルであると言えるだろう。

このマテリアルを用いる為に、全てのディテールは構成されたと言っても過言ではない

ここで紹介するマテリアルは、製品となって紹介するのは我々が一番最初かもしれない。

 

 

DSC_8343-630.jpg

マテリアル

今回このブーツに使用するマテリアルは、MUSHMANSでもお馴染みのタンナー

BADALASSI CALRO社の新作レザーマテリアル。

"ERA/エラ"

 

MUSHMANS FootwearのTirolean Shoesや、MUSHMANS Original Leather Item

使用される"MINERVA/ミネルバ"シリーズは、同社がラインナップするマテリアル

の中で最も厚く1.7mm〜1.8mmレンジであった。

この厚みがBADALASSI社のバケッタ製法で加脂できる限界の厚さであったからだ。

 

この度、新たなマテリアルとしてラインナップに加わったこちらの

"ERA/エラ"は、その限界厚を遥かに超える2.5mm〜2.6mm厚レンジのマテリアル。

古の製法を守り続けるタンナーであっても、進化を止めない

長年に渡って、その限界値を超える為の研究を行い遂に発表となったマテリアルなのだ。

 

1mm弱厚くなったからといって、そんなに大騒ぎする事じゃないだろうと思う方も

いるかもしれないが、レザーマテリアルの1.0mmというのは

製品として仕上がった時には、完全に別物になると言っていいだろう。

 

一枚革でもベルトを作る事が出来るスペックの革が欲しい。

それは、我々が取引を始めた当初から要望を出していたマテリアルであった。

 

2013年2月。

実に4年半前のBADALASSI社との対話時に、持ち込まれていたテストサンプル。

まさにこの画像が当時目の当たりにしていた"ERA/エラ"の試作品である。

それにしても若いな俺、、、と思ってしまう程に、長い時間が経っていた。

こういう企画的な話は高い確立で頓挫し消滅するものであって、この当時も中々難しいといった

事を言っていたと思うので、私自身も極厚BADALASSIの企画は消滅したのかと思っていた。

といっても、三ヶ月に一度は思い出し、あの企画はどうなったのかな?と想いを馳せる事もあった。

 

今回、このマテリアルが完成したとの連絡が入った時に直感的に頭に浮かんだもの。

それが今秋リリースとなる"Chukka Boots"なのである。

 

DSC_8357-630.jpg

MINERVAシリーズとはバケッタ製法のアプローチが異なるのは勿論。

原皮(牛)の種類すらも専用の品種を用いて作られる特別なマテリアルである。

厚口の牛革と言えば基本的に流通するのはベンズ(臀部付近)なのであるが

このERA/エラはショルダー(背中〜肩付近)であるからエラい。

ベンズに比べショルダーとなると厚口の原皮を用意するだけで大変な事であった筈で

ショルダーでなければ得られないしなやかさが重要で

仮にベンズでERAが出来上がったとしたら、こういったブーツに用いる事は

出来なかったであろうと思うのである。

 

そして、前述したチャレンジングな部分というのがこの部分である。

厚さ2.6mmレンジの革厚となると、基本的にライニングを必要としない

と、言うかライニングを張った状態で吊り込むのは至難の業と言えるだろう。

羽根部分でなくともライニングを使用すると3.0mmを超える厚みとなり

相当な技術力でなければToeの美しいラウンド形状を表現する事は出来ないのである。

しかも100%タンニン鞣しのマテリアルは、クローム鞣しのマテリアルに比べて

吊り込みの技術を要求されるのである。

アッパーの縫製に関しても至難だ、羽根などの重なり合う箇所は6.0mmを超えるからだ。

勿論、要所は漉きを入れるにしても全てにおいて職人の技が必要とされる構成なのである。

 

上記画像の履き口の断面を御覧いただきたい。

相当な厚みを感じていただけるだろう。

 

DSC_8356-630.jpg

全てにおいて挑戦である。

 

マテリアルの開発には相当な時間がかかり、でも今ここにある。

その現実が感慨深い。

そのマテリアルを用いて、物事を企画する事ができる境遇があるという事が奇跡。

我々は4年もあれば無くなってしまう事の方が可能性的に高い零細企業であるにもかかわらずだ。

そして、企画意欲という源泉が全く枯れる事なく湧いている自分がいる。

その現実が感慨深い。

さらに、こんな過酷な要求に応えてくれる受け口があるという事。

靴作りが出来ない私ですら、大変な要求をしてしまったと反省する程の仕事

それを、苦労話すらせず誇らしげに納品してくれた。

あえて語らないからこそ、その大変さと技術力を感じるのだ。

だからこそ、俺はここで大いに語る必要があると思っている。

その現実に感謝しかない。

 

DSC_8544-630.jpg

 

MUSHMANS Footwear

2017 Fall&Winter

Chukka Boots

BADALASSI ERA

Tabacco

 

このブーツに最も適していると、私個人が判断したカラー"Tabacco/タバコ"一色のみで展開。

他のカラーが良いとか、そいうった要望には応えません(笑)

このデザインは、この味わいは、このカラーでしか実現されない。

今は、現時点では、そう思っているから一色展開。

モデル、マテリアル共に強い思い入れがあるからこそ、我儘なかたちですがリリースさせて下さい。

 

 

サンプルアップされてから、しばらく履いております。

このブーツもまた見下げた時のシルエットが惚れ惚れする。

 

DSC_8557.jpg

極めて厚いマテリアルだからこその皺。

重厚感漂う履きジワは、この"ERA"特有のものだろう。

 

DSC_8576.jpg

絶妙なバランスだと思っている。

ラスト・デザイン・パターン・ディテール・マテリアル。

その全てが思い通りとなった。

だだし、あくまでそれらは個人的な思い込み。

万人に認めて欲しいとは最近本当に思わなくなってきた、時間の経過と共に

やるべき事が明確になってきたのかもしれない。

 

DSC_8596.jpg

そう言いつつも、少しでも多くの方に"欲しい"と思ってもらいたい

だから必要以上に語る。

それ以上に、時間を掛けて開発してくれたタンナーさんと、本当に苦労をしてくれた工場さん。

この方々の為にも少しでも多くのお客様から支持されたい

そういった気持ちもあるし、これが俺のできる仕事であり義務だとも思っている。

だから、長すぎて全部読まれていないかもしれないと思いながらも、語る。

それで、気持ちがおさまる(笑)

 

I want to be adored.

 

 

 

 

使用するラスト(木型)はジャパニーズフィットを優先しD〜Eワイズ設定です。

幅広・甲高の足にも、確実にフィットするラストです。

サイズ設定は24.0cm(US 6in)〜27.5cm(US 9.5in)までの8サイズ設定と

豊富なサイズ設定となっておりますので、確かな1足を御用意できます。

只今サンプルで26.5cmを御用意しております。

サイズ選びに関しましては、当店スタッフによる採寸も行いますので

サイズでお悩みの場合はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

 

Price:60,000yen+tax

ファクトリーとの直接取引によって実現するプライスも魅力です。

今までに培った知識を活かす事でメーカーと同様の内容を実現。

そして、ファクトリーと直接的に提携する事によって無駄なコストを削減出来ました。

専用BOXにてお届けいたします。

 

Delivery:2017年11月頃 予定

徹底した生産管理と品質管理によって、大幅な納期遅れを防ぐ事をお約束します。

また、品質に関しましても不安要素を徹底的に排除し進めております。

 

Order:2017年8月8日より

本日より御予約の受付を開始いたします。

生産数は既に決まっておりますので、予約数が生産数に達した時点で予約受付を終了します。

MUSHMANSを初めて御利用いただくお客様に関しましては、内金として30,000円をお預かりいたします。
過去にお取引のあるお客様は、内金の必要はございません。
オンラインショップでの御予約は、銀行振込・クレジットカード決済・コンビニ決済のいずれかとなります。
銀行振込をご希望の際は、内金の30,000円がお振込された時点で正式に予約受付となります。
オーダーをいただきましても、お振込の確認が取れていない時点では正式に受付が完了しておりません。
予めご了承下さい。その後商品入荷時に残金をお振込いただくか、残金を代金引換にてご請求いたします。
クレジットカード決済コンビニ決済をご希望の場合は、全額前金としてお預かりいたします。
※過去にMUSHMANS ONLINE SHOPを御利用いただいた履歴のあるお客様は代金引換もお選びいただけます。※

 

キャンセルに関しましては、原則受け付けておりません。
当社"特定商取引に基く表記"に準じますが、キャンセルの場合内金のご返金はいたしません。
何卒ご理解下さい。

 

過去に悪質なキャンセルがあったお客様のご予約は承る事が出来ません。

予めご了承下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突き詰めた先に見えてくる物事の正解とは何か?

まだまだ出そうで出ない答えは

まだまだ先まで行かないと見えないのか?

 

刹那的でもあり、永劫的でもあり、常に蜃気楼のように目に映る物事の答え。

我々はただひたすら、それを見つめて歩き続ける。

 

 

Roma non fu fatta in un giorno.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Rainbow Country×MUSHMANS "Leather Book Cover"リリースです!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

7月も終盤となりまして、8月が見えてきましたね。

8月に入りますとすぐに立秋がやってきます。今年は8月7日と設定されておりますので、暦のうえでは秋が到来するという事になります秋

と、言いましても ここからが夏本番なのですがね。

 

気分だけは秋を迎えようという事で、本日は『読書の秋』アイテムの御紹介でございます。

 

DSC_7859-630.jpg

Rainbow Country×MUSHMANS

Leather Book Cover

WOODLAND CAMO

 

今シーズンMUSHMANS別注モデル"ショルダーBAG" "ショルダーポーチにて使用いたしました

Cowhide(牛革) WOODLAND CAMOレザー。

多くの皆様に好評をいただきまして、全てのモデルが完売となりました。

御購入いただきました皆様、本当にありがとうございます土下座

 

BAGの生産時に裁断を行い、BAGを作るには使えないけど何かに使えそうな革が

出ておりまして、ならばBOOK COVERを製作しようという事に!

前回のBADALASSIレザー仕様と同様のコンセプトでの限定生産です。

 

DSC_78591-630.jpg

DSC_7895-630.jpg

ホースハイドに比べしなやかな為、文庫本サイズのブックカバーには最適なマテリアル。

遊び心溢れるWOODLAND CAMOは、こういったアイテムにもマッチするものです。

 

DSC_7892-630.jpg

背表紙部分を帯びに通し、それ以降はフリーになる構造の為

様々な頁数の文庫本に対応が可能、600頁ほどの本も問題無くご使用いただけます。

また読み進んだ頁に、この部分を挟み込んでいただければ栞(しおり)として使えます。

DSC_7888-630.jpg

これが使い勝手の良いポイントで、さっと閉じて中断できるので

電車内等でのシチュエーションで重宝する構造です。

 

今回のモデルは、全面ライニング付きといたしました。

当初ライニングにも本革を用いサンプルを製作しましたが、本革を使用しますと

仕上がりの厚みが出過ぎまして、使い勝手に支障をきたします。

その為ダークブラウンの合成皮革を用意し、全面に貼り付け縫製しております。

手間を要する仕様となりましたが、そのおかげで完成度の高い物となりました。

 

ステッチにはエンジを使用し、アクセントとなっております。

 

DSC_78591-630.jpg

DSC_7869-630.jpg

表面にはRainbow Countryの"California熊タグ"を

その裏には"MUSHMANS刻印"となっておりましてダブルネーム仕様です。

こちらのアイテムはMUSHMANSのみでの販売となります。

 

 

 

DSC_7859-630.jpg

Rainbow Country×MUSHMANS

Leather Book Cover

WOODLAND CAMO

 

 

このアイテムを使いたいが為に読書をする。

そんなのもアリなんじゃないか?

このブックカバーが、貴方の苦手意識を払拭いたします。

 

 

 

専用BOXに入れての御納品となりますので、いつもお世話になっているあの方へ

ささやかなギフトとしても御利用いただけます。

ご希望のお客様へはプレゼントラッピングもいたします。

オンラインショップで御購入のお客様でラッピングをご希望の際は備考欄にその旨御記載下さい。

 

 

 

 

 


| 1/18PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 今期別注レザー 【BUSTED SHRINK HORSEHIDE DARK SEAL "VOLCANO"】のメンテナンス方法に関しまして。
    BeOS (10/28)
  • 毎年恒例のCOLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country コラボアイテムの予約受付開始です!
    BeOS (10/15)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (05/18)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    ナナス (05/16)
  • 3/4 SLEEVE SHIRT 第2弾!
    toss (05/14)
  • GWの全イベントを終えて。
    三郷はーふ (05/11)
  • イベント開催のお知らせ!【GW前半企画!!】
    MUSHMANS Fujita (04/22)
  • イベント開催のお知らせ!【GW前半企画!!】
    Akio (04/20)
  • 本日6月20日(土)からの二日間は【ORGUEIL/オルゲイユ】2015-16FW コレクションの内見会開催です!
    camp (06/21)
  • 二週間経過!
    MUSHMANS Fujita (05/08)

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode