THE FEW×MUSHMANS"THE FEW MFG Type A-1" MUSHMANS Special Color 【BADALASSI Ortensia】に関しまして。

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

 

ロングディスタンスでのイベント開催や、新作アイテムのサンプル仕上がり、生産管理、そしてMUSHMANS Leather"RACING JACKET"の開発テスト、新たなイベントの取り組み等々。 脳内が滅茶苦茶になってしまいそうな程に、めまぐるしい今日この頃。
 

 

猪突猛進、視野が前方のみとなっておりますので、ちょっと落ち着く為に最近を振り返ってみます。↓
 

 

R0000270.JPG

4月9日、Y'2 LEATHER内見会直前ではありましたが、MUSHMANS Leather "RACING JACKET"の第一回テスト走行の為に伊豆・箱根・富士山方面へ。

十年以上ぶりの単独ツーリング、一人だと休憩も取らないし停車しても直ちに出発だから、予定よりも物凄く早い段階でMUSHMANSに帰着しておりました(笑)
 

R0000272.JPG
普段はあまり気にする事の無い景色ですが、一人だと見入ってしまいます。
たまには一人で走るのも良いですが、仲間を慮って先頭を走り続けるプレッシャーが無いのも寂しいところでして(笑)
一人だとビックリするようなペースになってしまう事もあり、今後単独で峠に行くのは自粛しようと思った次第です(笑)

 
R0000310.JPG
4月15日、営業終了後に"米国横断路六十六走破計画"実行部隊と決起大会。
あと三ヶ月に迫ったルート66の旅に想いを馳せます。
我々にとっても一大作戦ですので、まだまだ調整が必要です。

 
R0000377.JPG
4月17日、いつの間にか今年が始まってから四ヶ月が経過してしまい、今年に入ってから始めての靖国神社参拝。
色々な意味で身も心も引き締めました。
 
R0000388.JPG
そして同日、ERIC CLAPTON東京公演。
また伝説を目の当たりにして、様々な想いが込み上げてくるものです。
長く続ける事の素晴らしさ、歳を重ねる事の強さ、人を感動させる事の尊さに触れました。

 
まだまだ他にもあるのですが、まあまあ私のプライベートを知ったところで、、(笑) って感じでしょうからね。
 
兎に角、前へ!
という事で、長い前置きはこの辺にしておこうと思います。


 
さて、本日のブログでございますが、表題を御覧になって「今更どうした?」と思った方も多いかもしれません。
かなり前にオーダー受付を終了し、ご注文いただきました皆様に行き渡った筈のアイテムでございますが。。。
DSC_5948-630.jpg

製品に関して詳しくは→コチラ


こちらのアイテム、限定着数に達した為オーダー受付を数ヶ月前に終了いたしまして、既にオーダーいただいた皆様には御納品が完了しているアイテムでございます。
 
ここでPRさせていただく事に関して、大変抵抗があったのですが、放っておく事も出来ないので掲載する事といたしました。

 
どうしたのかと申しますと。。。
サイズ34・サイズ40 それぞれ一着ずつがキャンセルとなりました為、現在店頭ストックとなっております。。。

 
こちらのアイテム、完全受注生産となっておりました為キャンセル不可という事で御予約を受け付けておりました。
が、こちらのサイズをオーダーいただいたお客様が入荷の御連絡時から音信不通となってしまい、一ヶ月以上が経過いたしました為にキャンセルという事で取り扱いさせていただく事となった経緯がございます。
 
御注文を締め切ってからも、多くのお客様よりお問い合わせをいただきまして、御注文を承る事が出来ない旨をその都度お伝えしておりました。
お断りしておきながらストックになっている。 という事に対してお問い合わせいただいた皆様は疑問を感じるのは当然かと思われ、いち企業としては大変お恥ずかしい話ながら、ストックとなりました原因もここで正直に御報告しようと思った次第です。

 
こういった、不可解なキャンセルというのは年に一度あるか無いかといった事象でございますが、一つのモデルで2着もこういった事になった事は、やはり数が増えるとその分リスクも増えるという事なのかと思います。両サイズとも通販をご希望のお客様でございました。
何度もメールやお電話でやり取りをして、ご注文をいただきましたが、このような事になってしまうというのは非常に残念です。
何らかののっぴきならない理由があってそうなったのだと、そう思っております。
ただ、連絡だけは欲しかった。というのが本音です。
 
当初は私自身も理解の出来ない出来事に憤りを感じておりましたが、理解が出来ない事が起きるのも世の中であると理解に及び、憤りが消えて行きました。
良い事もあれば、同じだけ嫌な事があったっておかしくない。
幸せな事に、99%のお客様が良き理解者である事を忘れてはいけません。
 
オーダー締め切り後にお問い合わせをいただき残念ながらお断りいたしましたお客様には、非常に不愉快なお話であるとは存じております。 本当に申し訳ありません。
 
しかしながら、一着一着、大変な労力を費やして職人様に作っていただいた製品です。
このまま寝かしておく事はできません。
そして、弊社といたしましても、大変なコストを掛けて作りこんでおり、販売せずに宙に浮かせておく事もできません。
どうか御理解をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

 
ちょうど、このA-1をきっかけに懇意にしていただけるようになったお客様とお食事を共にした時に忠告された事を思い出します。
「始めてのお客様からは全額いただいてから注文を受けなさい!」と。
確かに忠告された通りなのは私としても理解しているのです、しかしながらこういった事になってしまうなら、本当に真剣にオーダーをしたいというお客様に御迷惑をおかけしますので、今後はそうするべきなのかもしれません。
ただ、物も渡せて無いのに十数万円をお預かりする事に対して非常に抵抗があります。 御購入されるお客様の負担を考えるとどうしても出来ないでおります。
この男気なのか何だか解らない気持ち、懲りずにこれからも続けていきたいとは思っております。
我々の限界までは(笑)
だからどうか、心無い御注文、ご予約だけはしないでいただきたい。

 
DSC_6018-630.jpg
と、いう事でございまして。
サイズ34・サイズ40
それぞれ一着ずつ、現在ストックとなっております。
もしサイズが合うお客様がいらっしゃいましたら、是非m(__)m


大変見苦しいブログを掲載する事に至ってしまい、本当に申し訳ありません。
今後このような事を御報告するに至らないよう、色々と思案してみようと思います。
ただ、我々のスタンスを今すぐに変えようとは思っておりませんので、是非今まで通り様々な要望をお申し付け下さいませ。

そして、笑ってやって下さい。(笑)  m(__)m






 

MUSHMANS×Rios of Mercedes "DEVIL SPIDER"入荷いたしました!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!

 

新たな元号も発表されまして、残り一ヶ月となった平成をじっくりと生きようと思う次第でございます。

 

昨日リリースいたしました"New Over Valley GUARD"Work Shirtsも大変好評いただきまして、嬉しい限りでございます。

発売から1日で完売という事になってしまいました。

ここまで好評なのと、未だに多くのお客様からお問い合わせをいただいております現状がございますので、増産をしようと画策しましたのものの、超ヘヴィーオンスのファブリック・・・工場さんから嫌われてしまったようで、もう縫えないと言われてしまいました。。。

たしかに、このファブリックだと仕方ないのか。

もしかしますと、幻のモデルになってしまうかも? 何か進展がありましたら御報告させていただきますね!!

 

 

 

 

 

さて、ようやく。ようやく入荷して参りました。ご注文いただいておりました皆様、本当にお待たせいたしました。

 

DSC_5271-630.jpg

MUSHMANS×Rios of Mercedes

Roper Boots

"DEVIL SPIDER"

SM OST×Blushed Goat

 

MUSHMANS×Rios of Mercedesの別注企画は今作で9作目と、思い返してみると様々な企画を立ち上げたなぁと非常に感慨深いものがございます。

Rios of Mercedesらしさをしっかりと踏襲しつつも、MUSHMANSらしさを付加して多くのお客様方に好評いただいております。

それぞれ個性的なモデル、基本的には限定モデルという事でその希少価値も担保できるよう毎回少量での生産。

時に再販を希望されるご連絡をいただくものの、需要があるから必ず供給するという小売業の摂理に反し、あえて再生産というのは随時実行しない方向で進めております。

どうか、そういったオーナー様になった方々への配慮があるという事をご理解いただけましたら幸いでございます。

 

長く続きましたFORCEシリーズ【FORCE-1】【FORCE-2】【FORCE-3】【FORCE-4】は、一旦完結とさせていただきまして、新たなシリーズの展開をスタートいたします。

今作のDEVIL SPIDERはシリーズの処女作という事でリリースさせていただきますが、この後DEVIL SPIDERシリーズが継続するか否かは、我々企画側のアイディア次第という所でもございますので、FORCEシリーズのように続くかどうかは、今の時点では何とも言えないところでございます。

 

DSC_5233-630.jpg

今回の作品は、ヴァンプ(甲革)にスムースオーストリッチ(以下SM・OST)のパッチワーク、シャフトにBLUSHED GOATのスパイダーステッチを使用しております。

 

DSC_5236-630.jpg

まず、ヴァンプに使用しているSM・OSTについてご説明いたします。

名称の【SM=スムース】【OST=オーストリッチ】という事です。

オーストリッチレザーと聞きますと、最初に連想するのが『ボツボツの柄』だと思います。

オーストリッチ=駝鳥は羽毛を抜いた部位の丸い突起"クイルマーク"と呼ばれる部分が『ボツボツの柄』であり、これが印象深いものであります。

今回のモデルに使用しているのは、このクイルマークの部分を極力使用しないように裁断したオーストリッチ革をパッチワークで縫合しているマテリアル。

ですのでスムース(滑らか)オーストリッチという事になります。

 

オーストリッチレザーは、高級財布や高級ハンドバッグのイメージが強く、ブーツに使用した場合に耐久性は担保できるのか?

という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。 どうぞご安心くださいませ。 オーストリッチレザーは軽く柔らかい特性を持っているものの、その繊維構造は密で同等の厚みの牛革や馬革とその強度を比較すると十数倍の強度を持っております。

濡れたタオルを絞るようなテンションをオーストリッチレザーにかけたとしても、全く問題の無いレベルの強度を持っております。

 

軽量且つ柔軟、しかも強い。

ワークブーツであるローパーブーツに使用するには最適な革であるとも言えるでしょう。

 

DSC_5247-630.jpg

SM・OSTの表情は独特で、シボ感とスジ感を持った表情を楽しめます。

しかも、一枚一枚パッチワークによって縫合されておりますので、ステッチの切り替わりで革の表情も切り替わる事になるのです。

これがパッチワークの醍醐味でもあり、こういった作り込みをオーダーでやってくれるRios of Mercedesの対応力は素晴らしいものであると感じております。 ※納期が読めないのが辛いところですが・・。※

ブラックのマテリアルにレッドのステッチが良く映えており、他を圧倒する存在感をお楽しみ下さい。

 

DSC_5246-630.jpg

続きましてシャフトに使用しておりますBLUSHED GOATについてご説明いたします。

素材としてはGOAT SKIN(ゴートスキン/山羊革)となっておりまして、ゴートスキン特有のスジばんだ表情がございます。

キッドスキンやカーフ等に比べて厚めのマテリアルですので、型崩れしにくいのも特徴です。

このGOAT SKINですが名称の前に"BLUSHED/ブラッシュド"が付いております、これについてもご説明します。

もともとワインレッド(赤に近い)に芯まで染められたGOAT SKINに、ピグメントにてブラック着色されているレザーです。

製品完成後これをBLUSHED、即ちブラシの付いたグラインダーで擦り付ける事で、絶妙に芯色を発色させる工程を踏んでおります。

その為、所によっては限りなく赤く、所によってはダークなブラックチェリーカラーとなっているのです。

これは穿きこむ程に芯色が出てきて赤っぽく変化してきます。

そこにきての黒糸ステッチでのスパイダー柄です。

新品時よりも数年間履き込んでいただく事で、よりスパイダーステッチが強調されてくる仕組みとなっているのです。

 

DSC_5234-630.jpg

 

DSC_5235-630.jpg

こちらのモデルは新品時よりも履き込んだ後に結果が出るデザインだと思っております。

気兼ねなくガンガン履いていただき、革が乾いてきたらパッチワークステッチもろともオイルを塗布してしまって良いでしょう。

そうしますと段々と赤色ステッチがくすみ、若干バックグラウンドのブラック色に同調してきます。

だからと言って完全にステッチが黒くなってしまう事もありませんので、馴染みながらも強烈な印象は健在です。

シャフトに関しては新品時には比較的落ち着いた印象ですが、履き込む程に発色の良い赤色方向へ変色。

最終的にはブラックステッチでデザインされたスパイダーウェブが浮き出て来る訳で。

新品時にヴァンプに目が行くところですが、数年後はシャフトの方に目が行くブーツに変身する事になるのです。

数年後の印象は新品時のヴァンプが派手でシャフトが地味という印象から、完全に逆転するだろうという目論みでデザインしております。

 

想像してみて下さい。

楽しみで仕方ありませんネ(笑)

これからの経年変化はオーナー様のみが味わえる楽しみですし、経年変化の様子を見た後になって「欲しい!」という事になっても、時既に遅し、ストックは無くなっている事でしょう。

スケッチの段階からご予約をいただいた方も多く、先見の明を持ったお客様方には感謝しかございません。

 

 

 

それでは着用感を御覧下さい↑

個人的な好みとしては、太めのボトムをロールアップして若干シャフトがチラッと見える位がカッコイイかと思います。

この時季ならばアウターにはライダース系のジャケットを羽織っていただいても良いでしょう。

これから先、気温が上昇してきたらシンプルなT-Shirtsのみでコーデしていただいても良いですし、様々なコーディネートで貴方の個性を発揮して下さい。

コーディネートボトム・・・PIKE BROTHERS 1937Romer Pant

コーディネートジャケット・・・MUSHMANS Leather2019 "RACING JACKET"

 

 

 

※ストックに関しまして※

オンラインショップにて表記されているサイズが全てとなっておりまして

御納品に関しましては、即納が可能です。

但し、完売のサイズは再生産の予定はございません、予めご了承下さいませ。

 

※サイズに関しまして※

リオスは通常のサイズ感よりも小さいサイズ感になっております。
・リオス 5.5 D → 通常 4.5〜 5(22.5cm〜23.0cm) の方にマッチします。

・リオス 6 D → 通常 5〜5.5(23.0cm〜23.5cm) の方にマッチします。

・リオス 6.5 D → 通常 5.5〜6(23.5cm〜24.0cm) の方にマッチします。

・リオス 7 D → 通常 6〜 6.5(24.0cm〜24.5cm)の方にマッチします。

・リオス 7.5 D → 通常 6.5〜 7(24.5〜25.0cm)の方にマッチします。

・リオス 8 D → 通常 7〜 7.5 (25.0cm〜25.5cm)の方にマッチします。

・リオス 8.5 D → 通常 7.5〜 8(25.5cm〜26.0cm) の方にマッチします。

・リオス 9 D → 通常 8〜 8.5(26.0cm〜26.5cm)の方にマッチします。

・リオス 9.5 D → 通常 8.5〜 9(26.5cm〜27.0cm)の方にマッチします。

・リオス 10 D → 通常 9〜 9.5(27.0cm〜27.5cm) の方にマッチします。

・リオス 10.5 D → 通常 9.5〜 10(27.5cm〜28.0cm) の方にマッチします。

・リオス 11 D → 通常 10〜 10.5(28cm〜28.5cm) の方にマッチします。

サイズに関しまして、ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

MUSHMANS×Rios of Mercedes

Roper Boots

"DEVIL SPIDER"

SM OST×Blushed Goat

 

 

 

デザイン性の高さ。

作り込みの良さ。

履き心地の良さ。

全く納期が読めないブランドですが

この素晴らしい靴を履いてしまうと

文句を付け難いのがニクいところ。

 

未だRiosを知らない貴方。

 

そろそろ、その時が来たようですよ。

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS Original Works Shirts のリリースです!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

4月1日という事で新たな期を迎えまして、気持ちも新たに進んで行こうと思います。
 

これから十数時間後には新しい元号も発表されますね、新たな時代を如何に生きるか、一ヶ月間をかけて思案して行こうと思います。

 


さて、新たな期のスタートと共に新作アイテムが入荷して参りました!
 

昨年秋から仕込んでおりましたスペシャルなアイテムでして、意図した通りの仕上がりに私自身もテンションが上がっております。

 

それでは御覧下さいませ↓
 

 

SH10-630.jpg

MUSHMANS Original

Super Heavy Oz HBT Fabric

Shirtsとして縫製できる限界のヘヴィーオンスファブリックを使用した、挑戦的なワークシャツをオリジナルで仕立てました。
恐らくこのファブリックを使用してカバーオール等を作ったとしても、ヘヴィーなという表現をされるであろうファブリックです。
ディテールに関しては奇を衒う事なく、シンプルisベストな作り込みとなっておりまして、じっくりとマテリアルと向き合う事ができるアイテムとなっております。
これから10年以上の時を共に過ごしたとしても、この凛とした生地感が損なわれる事がないよう、完全にオーバースペックな素材と強靭な縫製技術によって生み出されております。

 
SH-630.jpg
新品時の風体はまさに"板"と形容しても良いのかもしれません。
工場出荷時にワンウォッシュと仕上げが成されておりますので、現段階ではある程度こなれてはおりますものの、恐らく未洗い時はSHIRTS自体が自立する程であった筈です。
画像だけではなかなか伝わらない部分ではございますが、こちらの製品サンプルを御覧いただいたお客様からは「やり過ぎだ(笑)」とのお声もいただいたほどです。

 
SH6-630.jpg
MUSHMANSオリジナルスペックのHBT(ヘリンボーンツイル)ファブリックは、硫化染料にて黒色を発色させております。
この硫化染である事で、素晴らしい経年変化が期待できます。
硫化染めは藍染等と同様に、染め上がった後に空気に触れる事で酸化し発色する性質を持っております。
作業に時間を要する為に、近年では反応染などのもっと効率の良い染色方法を採用するケースが増えておりますが、硫化染の"摩擦に若干弱い"という特性を生かして硫化染ならではの経年変化を楽しみたいという場合に採用する染色方法です。
 
またHBT(ヘリンボーンツイル)組織も表情豊かな経年変化をもたらす一つの要因です。
ヘリンボーン=ニシンの骨に似ているという事で名付けられた組織で、日本では杉綾織と呼ばれたりもしております。
タテ糸がヨコ糸の上を2本(3本)、ヨコ糸の下を1本、交差させて織られる織組織。これによってバイアス方向への引っ張り強度と引き裂き強度を高めております。
ミリタリーアイテムにも度々採用されているのを御覧いただくケースが多いと思いますが、そういった堅牢さ故に採用されるわけです。
この綾の切り替わりは、経年変化(色落ち)が進みますとよりハッキリと組織が見えてきます。
新品時よりも豊かな表情をお楽しみいただけるわけです。


 
それでは各部のディテールを解説します。↓
SH2-630.jpg
襟形状は、大き過ぎず、かといって小さすぎない絶妙なバランスを目指しました。
剣先に向かって独特のR(曲がり)を持たせたデザインとなっております。
また、チンストラップが無い構造となっておりますのでスッキリと着用いただけます。

 
SH3-630.jpg
左右ポケットに関してはペンポケット等を採用せず、左右対称の至極シンプルな構造といたしました。

 
SH5-630.jpg
通常のSHIRTSボタンよりも一回り大きいサイズの15mm尿素ボタンを採用し、長年の使用でも割れるということは無いかと思います。
また縫製糸とボタンをチャコール色で仕上げましたが、これはファブリックの経年変化と共に全てがバランスされる計算です。
まだ結果が出ていないので何とも言えませんが、新品時でも違和感無い仕上がりになったと思います。

 
SH9-630.jpg
巻縫いチェーンステッチの裏糸にはレインボーステッチを採用しました。
基本的に着用時には見えない部分なのですが、ちょっとした遊び心です。

 
SH4-630.jpg
左胸ポケット上には"New Over Valley Guard"パッチが装着されます。
昨年夏に好評いただきましたプリントT-Shirts用に、スペインのアーティスト"MANEL LAVEY"によってデザインされた図柄を刺繍ワッペン化したパッチです。
三色使いながら同トーンで構成されており、大変収まりの良い仕上がりとなっております。
 
また、こちらの製品のパターン製作や資材調達、生産管理はADJUSTABLE COSTUME 小高企画にて監修いただきました。
様々な人間関係によって可能となる物作り、心よりの感謝を申し上げます。




 
私自身でサンプルが納品されてから何日間か連続で着用しました。
5日目あたりからShirtsとして機能し始めましたが、それまではDENIMジャケットを着用しているような感覚。。(笑)
結構本気で対峙していただく必要があると思います(笑)
 
新品時↓
SH-630.jpg


5日間着用↓
SH10-630.jpg
皺の入り方や、アタリの付き方を御覧いただきますと、如何にこのファブリックがヘヴィーオンスかが理解いただけるかと思います。

 
コシのあるファブリックなので、腕皺がレザージャケットのように刻まれます。
この皺に対して色落ちが始まりますので、その先は御期待以上の仕上がりになるかと思いますよ!!

 
着用いただきますとこのような感じです。
サイズ感としての方向性はワークシャツらしさを踏襲しておりますので、タイトシルエットではございません。
かと言って闇雲にワイドなシルエットを追いかけている訳でもなく、絶妙なサイズバランスになったと思います。
確かに生地感は新品時バッキバキですので、心して立ち向かっていただく事にはなりますが、5回程着用いただきますと一気に身体に馴染む事を肌で感じていただけるでしょう。
この画像で着用しておりますのは、既に5回程着用し馴染みが出てきた状態です。
このファブリックはレザージャケットのように身体に馴染み易いので、着込む程にフィット感の高まりを感じてください。

 
"New Over Valley Guard"パッチも程好いアクセントとなっております。
これをベースとして、さらに様々なパッチを取り付けてデコレーションするのも楽しみのひとつかもしれません。
しっかりとしたファブリックですので、ちょっとバイクに乗る時なんかも重宝していただけるかと思います。
数十年に渡って気兼ね無く使っていただけるシャツです、時にはリペアして、時を刻んで下さい。

 
只今より販売を開始いたしますが、驚愕の極少量生産です。
お早めに!!!

 
SH10-630.jpg

MUSHMANS Original

Super Heavy Oz HBT Fabric



時に信じられないような
恐ろしい事や不可解な事
それが起きるのが世の中。
 
新たな時代がどうあって欲しいか?
・・・? どうあって欲しい?

それは新たな時代をどう生きるか
自分自身が導くものだ。
どうあって欲しい?
人任せにすんな。
 
そうじゃないか?

新たな時代をどうするか。
主観的に考える。
そうでなければ、何も変わらねえからよ。


新たな時代を生き抜く強靭さ
それはシャツにも求められる訳で。。。





 

2019Model MUSHMANS Leather "RACING JACKET"

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

 

MUSHMANS Leather 2019年モデルの新作サンプルが仕上がりました。
 

詳細は後日UPいたしますが、今まで数々のライダースジャケットを開発してきているだけに、一発目からまずまずの仕上がりです。

只今サンプルを店頭にて展示しておりますので、いち早く御覧になりたいというお客様、是非店頭にお立ち寄り下さいませ。


 

 

DSC_2533-630.jpg

詳しくは後日PRいたしますが、今回のモデルは3シーズンご使用いただけるモデルでもあり、デリバリーを8月〜9月に照準を絞って進めているモデルです。
モーターサイクリストであれば夏にも活用できるモデルです。
その為、通常よりも早期に受付を終了し生産に入ろうと思っております。
 
シンプル is ベストの決定版とも言えるデザインですが、とにかくマテリアルが映える事といったら・・もう。


勿論実走テストを実施し、さらに修正点を洗い出します。
今回は2回に渡って実走テストを行おうと思っております。



 
お楽しみに!!!




 

Dapper'sへ別注したスペシャルアイテムの御紹介です!!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

 

本日はDapper'sへ別注依頼をかけていたスペシャルなアイテムが入荷いたしましたので、こちらをPRさせていただこうと思います!

何にしても素晴らしい仕上がりとなっております!

それでは御覧下さいませ↓

 

Blog A.jpg

Dapper's×MUSHMANS

Studs Custom

Leather Mini Shoulder Bag

左:Brass/右:Nickel

 

 絶妙なサイズ感で人気の高いDapper'sの"Leather Mini Shoulder Bag" MUSHMANSの御客様にも大変好評いただいておりまして、多くの皆様にご愛用いただいております。

これは1940年代のメールバッグをベースに、軽快に使用いただけるようDapper'sが小型にリサイズしてリリースしているモデルでございます。

今回のMUSHMANS特別企画は、このショルダーバッグをスタッズでカスタムしようというスペシャル企画です!

 

SV1-630.jpg

Dapper's×MUSHMANS

Studs Custom

Leather Mini Shoulder Bag

"Nickel"

 

縦 20cm×横 33cm×奥行き 12cm×帯全長 110cm と、比較的コンパクトなBagですが、日常使用には絶妙な収納力を持っておりまして使い勝手は最高。

パラフィン加工されたステアハイドのショルダーレザーは、しなやか且つ堅牢なマテリアルです。

このパラフィン加工によって、雨濡れにも強くなっておりますので、気兼ねなく日常でご使用いただける事でしょう。

この絶妙なBagにひとつひとつを手作業にて打ち込むスタッズ。

絶対に大量生産する事が出来ない、極限まで手間を掛けた特別なBAGとなりました。

 

SV2-630.jpg

これ、Dapper'sのスタッフ小松さんによる力作で、非常に丁寧に作りこまれております。

ブラックとレッドのジュエルと配置、リフレクターの案は私の発案。

1940年代〜50年代に使用されていたリフレクタータイプのオーバーレイを再現しておりまして、この反射材も当時物を忠実に再現したアメリカ製のリフレクターです。

1930年代後半に開発されたリフレクターは、以降バイカーアイテム等に使用されるようになりました。

暗所で光を当てると真っ白に光る仕様のリフレクター、当時物と同じ仕様のリフレクターは現在では非常に少なくなっております。

 

SV3-630.jpg

センターにはレッドジュエルを配し、人類の中心である太陽をイメージしました。

いつも使うBAG、だからこそパワーが必要です。

 

SV4-630.jpg

規則正しく、寸分の狂いも無く、美しく打ち込まれるスタッズ。

これは見てるだけで惚れ惚れとします。

 

SV5-630.jpg

仕事の丁寧さは、スタッズ裏面を御覧いただくと解ります。

ツメの先端を打ち込み後に折り返し革に埋め込む、これによって引っかかりがなく怪我をする心配もありません。

さらにスタッズが脱落してしまう事も防いでおります。

これは機械で打ち込まれた物には無い仕上がりで、一個一個を手間隙を惜しまず打ち込んでくれた証拠なのです。

有り難いです。

 

内部2-630.jpg

 

内部1-630.jpg

 

内部3-630.jpg

 

内部4-630.jpg

 

内部構造や付属のパーツなどは従来の仕様と同様です。

スマホ、手帳、煙草、文庫本、コンパクトデジカメ この辺りを全て入れていただいて調度良いサイズ。

さらに、ライニングも取り付けられており本体以外にポケットも二ヶ所と、ユーザーに寄り添った仕様も好感が持てます。

メタルパーツも堅牢な物が使われておりますので、長年に渡って御愛用いただけますし、比較的シンプルな構造ですから修理も容易です。

 

 

 

BR1-630.jpg

Dapper's×MUSHMANS

Studs Custom

Leather Mini Shoulder Bag

"Brass"

 

こちらは、先に御紹介いたしました物と同様の仕様で、スタッズの素材がBrass(真鍮)になっているモデルです。

スタッズの素材以外は全て同じですので、色の好みでお選び下さい。

 

BR2-630.jpg

 

BR3-630.jpg

 

BR4-630.jpg

新品時はかなり光っているBrassも、使用と共に経年変化します。

勿論磨いていただければ光沢はもとに戻ります。

Nickelと迷うところですよね。

 

 

それでは装着感を御覧ください↓

DSC_1953.jpg

Dapper's×MUSHMANS

Studs Custom

Leather Mini Shoulder Bag

"Nickel"

 

DSC_1955.jpg

Dapper's×MUSHMANS

Studs Custom

Leather Mini Shoulder Bag

"Brass"

 

画像の人物は身長175cm、大きすぎず小さすぎないサイズ感となっております。

女性が使用しても良いサイズだと思います。

まだまだ新品ですのでハリがあり箱型に見える本体ですが、使い込む事で落ち着いてきます。

じっくりと馴染ませていただければと思います。

 

DSC_1966.jpg

Dapper's×MUSHMANS

Studs Custom

Leather Mini Shoulder Bag

"Nickel"

 

DSC_1963.jpg

Dapper's×MUSHMANS

Studs Custom

Leather Mini Shoulder Bag

"Brass"

 

この仕込まれたリフレクターが非常に良い表情となっておりまして、何とも言えない発色が狙い通り!

ヴィンテージ感もしっかりと演出されており、最高にカッコイイです。

しかも、夜間の使用ではしっかりと機能を発揮しますので、安全でもある訳です。

リフレクターが無かった時代のバイカーなどは、これの変わりに白色のレザーを仕込んだりして夜間の安全を確保しておりました。

白黒の2Toneになっているライダースをヴィンテージで見かけると思いますが、それも夜間の視認性を上げる為だったと言われておりますが、やはりリフレクターは安心感がありますね。

 

DSC_1998.jpg

という事で、このリフレクターがどれだけ有効かを実験してみました。

街灯の無い暗所にて、かなり弱めにフラッシュを発光させて撮影してみました。

フラッシュが弱い為、人物は闇に溶け込んでしてまっておりますが、リフレクターだけはしっかりと発光しておりますね。

バイク乗りは勿論ですが、自転車を使う方や夜道を歩く際にも安全です。

 

 

 

Blog A.jpg

Dapper's×MUSHMANS

Studs Custom

Leather Mini Shoulder Bag

左:Brass/右:Nickel

 

本日より販売を開始します!!

 

極少量限定、再生産はいたしません!

その限定数はと言いますと↓

Nickel---3個

Brass---2個

合計5個の超希少アイテムです!!

 

 

お早めに!!!!!!!!!!!

 

 

 

 


MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE All Leather Sneakers第三弾!"Papavero"のご予約受付を開始いたします!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

先日はここ埼玉でも降雪がありまして、静かな夜を楽しむ事ができました。

翌日は晴れました為、直ぐに積もった雪も溶けまして、それほど大きな混乱もなく冬を満喫できましたね。

その日は雪予報にも関わらず、飲みに行ってしまったりして、やっぱり雪が降ると余計な事をしたくなる性分なようです(笑)

冬生まれだからなんでしょうか??

 

さて、本日は表題の件につきましてPRさせていただこうと思います。

 

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE All Leather Sneakers第三弾!

"Papavero"のご予約受付を開始いたします!!

 

おいおい、この間"Bianco/ビアンコ"(白)のオーダー受付が終わったばかりじゃないですか!?

そういったお声も聞こえて来るのですが、やはりスニーカーといえば春夏アイテムとして重宝するアイテムですし、この年始からスタートを切ったコレクションでもございます為に、一挙に全カラーを披露するというのが難しいという所もございます。

さらに、初の試みという事もあって探り探りな部分もございますので、ご理解いただけますと有り難いです。

 

という事で、今回はこちらのカラーリングでのリリース!!↓

 

papavero-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

BADALASSI Carlo s.r.l

Papavero/パパベロ

 

2019年の初売りに続きリリースいたしました"Bianco/ビアンコ"(白)でございましたが、初売り時の勢いをさらに加速させた形で大変多くのお客様よりご注文をいただきました。

さらに、初回モデルをご購入いただいたお客様方の製品も、良い感じで馴染んできたようで、オールレザーで作り込みもスニーカーの領域を飛び越えてしまっているが為に、当初手強い履き心地であったものの、今ではすっかりスニーカーとして活用出来ているようで、リピーターのお客様も多くいらっしゃいました。

新たな取り組みに対して、ここまで多くの皆様にご賛同いただけますと、企画する我々にとって本当に嬉しい後押しとなります。

ありがとうございます。

 

そして、今回新色を追加する運びとなりました事を御報告すると共に、前回のBiancoではオーダー受付期間がタイトでしたが、今回はオーダー受付期間を少し長めに取って進めさせていただこうと思います。

 

ご予約受付期間

本日〜3月24日(日)

生産数40足限定

※生産限界数40足に達した時点で、受付期間を待たずに終了いたします。※

 

御納品予定

2019年5月末〜6月中旬

※資材の調達の関係で前後する場合がございます予めご了承下さい。※

 

 

papavero6-630.jpg

今作で使用しているのは、BADALASSI ミネルバ リスシオの中でも最も発色がハッキリとしている"Papavero/パパベロ"を使用しております。

非常に美しい発色で、一度SANDALMANの別注で使用した事がありますが、その新品時の発色に留まらず経年変化に関しても大変好評いただいたカラーでございます。

スニーカーであるから許される発色、スニーカーであるからマッチする発色であると言えるでしょう。

 

papavero2-630.jpg

アッパーマテリアル(ライニング以外)は全て赤で仕上げた事により、その仕上がりも纏まりのあるものとなりました。

 

papavero7-630.jpg

実は、アッパーを全て赤にしたかった為、特注でアイレットも赤で着色してしまったという拘りようです!!

当初は白アイレット、縫製糸も白、シューレースも白でという方向でしたが、今作は少しポップな印象から離れたいという意向をRESPECTABLEさんに理解してもらい、それならばオールレッドで!という事で、アイレットを特注する事にいたしました。

 

papavero4-630.jpg

第一弾でリリースしたPapavero&Biancoの印象と、全く別物に仕上がった今回の"Papavero"仕様。

よりスピード感を感じるエッジの効いた印象になりましたね。

流石にアウトソールまで特注赤で製作する事はできませんでした・・・そんな事したら、そりゃもう大変な事になってしまいますし、このプライスも維持できなくなってしまいます。

 

papavero5-630.jpg

 

papavero8-630.jpg

 

再度のご説明となってしまいますが、製法等も前作同様ご説明させていただこうと思います。

 

スニーカーと言えども、このスニーカーはMUSHMANS Footwearの生産を一貫してお願いしている工場さんが、自社のファクトリーブランドとして立ち上げた"RESPECTABLE"とのコラボレーションで生まれたものです。

その為、スニーカーであるにもかかわらずグッドイヤーウェルテッド製法にて作り出されるスニーカー。

即ちオールソール交換を繰り返し行う事ができる、言わば一生物のスニーカーであります。

 

勿論、アッパー(甲)部分だけに留まらず、インナーライニングや中底といった全てのパーツにレザーを使用しておりますので、最早スニーカーの域を超えそうになっているアイテムです(笑) ※超えそうなだけで、スニーカーである事に間違いはありません。※

アウトソールとシューレース以外は全てレザーマテリアルを使用した、最上級グレードのスニーカーであります。

 

あえて最近の言葉を使わせていただくとすれば"ハイブリットシューズ"といったところでしょうか?

ブーツやレザーシューズに用いられる製法で作りつつ、フォルムと装着感はスニーカーのソレとなっている、今までに無い絶妙なバランス感覚を持ったアイテムであります。

 

papavero3-630.jpg

使用するラスト(木型)に関しても、考え抜かれたシェイプとなっており、ブーツやシューズとは異なる軽快な装着感を生んでおります。

ワイズの設定としては"D〜E"といった感じで、DワイズとEワイズの丁度中間といった雰囲気となっております。

 

サイズの選び方としては、いつもMUSHMANS Footwearの製品をご利用いただいている方はハーフサイズ上を選ぶ傾向にあります。スニーカーですので、若干余裕のあるサイズで履いていただき 羽根がある程度ビシッと閉まるようにして着用いただくのが良い雰囲気なのかと思います。

私も普段MUSHMANS FootwearのアイテムはUS8.5(26.5cm)を履いておりますが、こちらに関してはUS9(27.0cm)をガッチリ閉めて履いております。

これは好みもございますので一概には何とも言えませんが、サイズ選びの参考にされて下さい。

※あくまでMUSHMANS Footwearのサイズ感と比較した場合の事です。基本的に広く知られているRED WING等サイズ感とは同等とお考えいただいて良いかと思います。※

 

 

papavero9-630.jpg

 

papavero10-630.jpg

今回も前作同様に、MUSHMANS Logoがヒールカウンターに、RESPECTABLE Logoが中底に入ります。

 

papavero11-630.jpg

軽快な装着感には、このアウトソールも一役買っております。

Vibram #09105 は #2021にスリットを入れたようなソールです。

新素材のVibram® Vi-Liteを使用して設計されたこのソール、Vibram® Vi-Liteは、軽さを追求したVibramの新素材で、軽量でありながら耐久性に優れた発泡素材。

スニーカーに最適なアウトソールですね。

 

 

 

さて、今回のモデルも私の方で少々の期間着用いたしました。

Biancoモデルの受注受付終了後にサンプルが届いたので、大凡2週間程度という事になるでしょうか?

ただ、かなり集中的に履いておりましたので、週末にだけ使用するお客様で言ったら2ヶ月程度の履き込みといったところでしょう。

まずは御覧下さい↓

DSC_1403.jpg

 

DSC_1405.jpg

 

DSC_1407.jpg

 

DSC_1409.jpg

 

DSC_1411.jpg

既に経年変化の兆しが見えてきておりますね。

履きジワというのは勿論なのですが、変色も始まっているのがお解かりいただけますでしょうか?

時間の経過と共に、このPapaveroは深い赤色への進化を辿ります。

ボトム等によって擦れる部分は、若干黒ずんだ赤色へ変化しつつ、やはりBADALASSI レザーであるので時間の経過で茶味が滲み出てくる印象。

ハッキリと鮮やかな発色から、少しずつ朱色の方向へと向かって行くのが特徴です。

さらに着実に光沢感が増してきているのも見てとれますね。

ただのスニーカーには無い、重厚な発色を楽しむ事が可能なのです。

 

先日もこのシリーズのオーナーとなっていただいたお客様にご来店いただいたので、感想等やご要望を伺いましたが、とにかくこのスニーカーは育てられる安心感を感じるとのお声をいただきました。

普通のスニーカーだと、購入時の姿が最も最高な状態、でも履いて行く事で寿命へ進んで行く感じが歯痒いと。。

しかも、大切にし過ぎたり勿体無いからといって大事に仕舞っておいても、久しぶりに箱から出すと。。。加水分解。

でも、このスニーカーは履きこむ程に味わいが増して、新品時よりも断然格好良くなる。

さらにソール交換が出来るから、気兼ねなく履けるし、足に馴染むとスニーカーを履くよりも不思議と楽に感じる。

という事でございました。

 

普段からブーツに慣れ親しんでいる方ですと、スニーカーの儚さを歯痒く感じてしまうものです。

ブーツに比べたら求め易いから、ダメになったら買い換えればイイじゃん。ってそういう事じゃないんですね、気に入っているからこそ大切にしたい、沢山履いて楽しみたい、でも、どうしてもスニーカーには旬がある。

その狭間でやきもきするんです。

私もよくお気持ちが解ります。

今まで同様の事を胸に秘めていた方、是非一度このスニーカーをお試し下さい!

 

 

 

さて、経年変化までを御覧いただいたうえでコーディネートの可能性について掘り下げてみましょうか。↓

まずは王道のカジュアルコーデです。

MUSHMANS AthleticのSweat Parka+デニムパンツ+スニーカーといった、カジュアルコーデの定番アイテムを用いております。

現在絶賛販売中のこのSweatは、裏起毛としていない事でロンTeeのようにかなり長いシーズンに渡って使っていただけます。

これから気温が上がって行っても使えるアイテムですので、それに伴い足元も軽快にしたくなるところですね。

そういった時に、このAll Leather Sneakers"Papavero"の出番!!

明るい発色を足元に持ってくるだけで、非常に軽快な印象になるのです。

定番的なカジュアルコーデにアクセントを。かなり使えるコーディネートですね。

 

 

今度は、少し雰囲気を変えてコーデしてみましょう。

このデーディネート、最近個人的にハマってまして来店いただく皆様は度々このテイストの私を御覧になっているかもしれません。

ジャケット、それも比較的重厚なファブリックを使用したものに対してのスニーカーコーディネートです。

ボトムには以前御紹介いたしましたTOMMYS PANTSを用いまして、このジャケットにはミスマッチとも見えるコーディネート。

しかしながら、全体的に纏まりのある収まりになっているのを感じていただけるのではないでしょうか?

ひとつ言えるのは、このスニーカーの素材感がこの纏まりの良さを演出していると言えると思います。

発色が鮮明であっても、イタリアンレザーが醸すこの重厚さが全体を引き締めているのでしょう。

 

ちなみに、このジャケットに関しては店頭で多くのお問い合わせをいただいております。

これは近日中にどういったアイテムなのか御紹介しようと思っておりますので、是非それまでお待ち下さいね!

 

 

papavero-630.jpg

 

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

BADALASSI Carlo s.r.l

Papavero/パパベロ

 

 

 

 

大変ご好評いただいております

MUSHMANS Footwear

×

RESPECTABLE

All Leather Sneakers

第三弾

Papavero

店頭にもサンプルを展示しております!!

是非一度ご覧下さいませ!!

 

 

 

 

 

そうそう、このスニーカーの件で色々なお客様と今後展開してみたいカラー等のお話をさせていただいております!

このところ結構お問い合わせいただくのですが、あの時話してたアノ色っていつ発売するんですか??っていうお問い合わせ。

確かに色々やってみたいカラーはありまして、こんな色とか あんな色とかお話させていただいておるのですが・・・。

リリースが確定しているカラーはありません!(笑)

ご期待いただけているのは凄く嬉しいです!が、拡大解釈は勘弁して下さい(笑) m(__)m

 

 

 

 

 

 

※以下、必ずお読みいただいたうえで御注文をお願いいたします※

MUSHMANSオンラインショップを新規でご利用いただくお客様で御予約いただく場合は、クレジットカード決済をいただくか銀行振込にて全額決済後に正式に御注文受付となります。

いつも御利用いただいているお客様に関しましては、特に御予約時の決済は必要ございませんが、ご都合にお任せさせていただきます。

店頭での御予約受付時も同様に、新規のお客様は全額のお支払いをいただいてから正式に御注文受付とさせていただいております。

いつも御利用いただいているお客様は、その限りではございません。

予めご了承下さいませ。

また、オンラインショップでの御予約、店頭での御予約共にキャンセルに関してはいかなる理由でもお受け致しかねますので、御理解のうえご注文いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS Leather "CYCLE CHAMP"2019年生産分の予約受付を開始いたしました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

極寒の季節を迎えましたが、MUSHMANSではレザーアイテムのお問い合わせが増えてきております。

と、言いましても、年間通して多い案件なのですが。有り難い事に。

 

その中でも、毎年殆ど店頭ストックとならない(サイズ36と38に関しては)為、今時点で予約を入れられる方が多いのが"CYCLE CHAMP"です。

様々なダブルライダースジャケットを経験したお客様から、特に支持をいただいておりますこちらのモデル。

2019年シーズンはある程度細かいサイクルで生産をしたいなぁ、と考えておりまして、このタイミングからオーダー受付を本格化させる事にいたしました。

 

画像も新たに撮影いたしましたので、再度この機会にご検討下さいませ!!

 

DSC_1273-630.jpg

MUSHMANS Leather

Double Riders Jacket

"CYCLE CHAMP"

 

米HD(Harley Davidson)社は1903年に設立されたモーターサイクルメーカーでありますが、そのモーターサイクリストに向けた装具に関しての歴史も長く、1910年代から様々なモーターサイクルアクセサリーを発売しておりました。

1938年のカタログではDポケットスタイルのダブルライダースジャケットが掲載され、後の"CYCLE CHAMP"の原型が完成し、1947年より"CYCLE CHAMP"の名が冠されシリーズ化されて行きます。

モーターサイクルメーカーであるHD社が企てるレザージャケットCYCLE CHAMPシリーズは、高い品質とデザイン性で多くのHD乗りを魅了したシリーズでした。

戦後間もない40年代後半から50年代後半、HD社の輝かしい功績を下支えした"CYCLE CHAMP"シリーズと様々なレザープロダクトは、60年代を迎えるとマスプロダクツ方向へシフトしてしまいます。

今尚光続ける60年代中期以前のHD社レザープロダクツは、ヴィンテージ市場でも高値で取引されており、これから更に状態の良いアイテムが減少して行く事になるでしょう。

 

DSC_1244-630.jpg

MUSHMANS Leatherにおいてリプロダクトされるこちらのモデルは、1947年に初めてカタログ掲載されたDポケット"CYCLE CHAMP"をFirst Seasonモデルとするならば、2nd Seasonモデルにあたる1954年リリースの"CYCLE CHAMP"です。

 

初代(First Season)モデルでもマイナーチェンジを繰り返し、この次世代(2nd Season)においても少なくとも2度のマイナーチェンジが行われております。MUSHMANSリプロダクトモデルは2nd Seasonのマイナーチェンジ後にあたる2ndタイプです。

 

 

MUSHMANSで保有しているヴィンテージは、恐らく2nd seasonモデルの初期型と後期方の過渡期のモデルであると思われます。

丸型のジッパースライダーが使用されておりますが、各付属メタルパーツはニッケルシルバーが用いられている為、そういった見解となっております。

 

 

DSC_1276-630.jpg

1956年〜58年の二年間に渡って販売されたこのCYCLE CHAMP 2nd seasonの2ndモデルは、シリーズ中最も洗練されたシルエットとなっており、最も現代に通用するパターンが用いられております。

素晴らしいレザーアイテムの数々も、この辺りの年代で絶頂を迎える事となります。

 

 

DSC_1245-630.jpg

MUSHMANS Leatherでは完全コピーするという事よりも、よりそれらを昇華させる事を優先して考えている為「こうあって欲しかった」というポイントに関しては、あえて当時物を追及せずに変更をかけております。

例えばサイズ感や各パーツの配置バランスは勿論の事、ディテールすらも手を加えており、ウエストベルトに至ってはヴィンテージは背面に挟み込まれた作りであったものを、ウエスト一周巻きの仕様へと変更し、ベルトの着脱を可能にしております。

 

MUSHMANSで保有するヴィンテージは大胆にも、いつかのオーナーがウエストベルトを切ってしまっております。

確かにコーディネートによっては邪魔になる事もございます。

そういった見解を反映させてMUSHMANS Leatherではリプロダクトしているのです。

 

DSC_1247-630.jpg

DSC_1246-630.jpg

贅沢なリアルシープムートンボアは着脱可能。これはヴィンテージと同じ仕様です。

冬季に関してはこの襟ボアが有ると無いとでは、体感温度が全く別次元になってきます。

しかしながら、春先に着用するには邪魔になりますので着脱可能なのはあるべき姿です。

 

DSC_1249-630.jpg

 

DSC_1250-630.jpg

スクエアZipperと4連スポッツは2nd season 2nd Modelの特徴とも言えるパーツです。

4連スポッツに関しては日本国内では流通量が極めて乏しい為、非常に苦労して手に入れたパーツでもあります。

 

DSC_1251-630.jpg

レザーマテリアルに関しては、当時のヴィンテージがそうであったように、厚手のホースハイド(馬革)を使用しております。

こちらのモデルでは100%ベジタブルタンニン鞣し、北米原皮のマスタングハイドを使用し重厚感は究極です。

所によって荒々しい表情を魅せる馬革特有の不安定さを表現しており、上級グレードの厚口レザーながらあえてピグメント(顔料)によって着色を施しております。

その為、着用し擦れることによって顔料が剥離し下地に使用される薄茶色が顔を出すようになっております。

長年使用いただく事で、様々な表情を演出する素晴らしいレザーマテリアルです。

 

DSC_1278-630.jpg

ライニングにはあえてコットンキルティングをボディーに使用し、袖裏にはナイロンライニングを装着しております。

着用時の安心感はここから来るものでしょう。

 

 

さて、このMUSHMANS Leather "CYCLE CHAMP"の拘りポイントは、デザインやディテールそしてマテリアルは勿論でありますが、それだけに留まりません。

もう一つの拘りポイント、それは実際にライダースとしての機能に他なりません。

開発当初から実際にモーターサイクリストとしての観点から、長距離走行による過酷な状況下での試験運用を実施し開発テストを行っております。

また、MUSHMANS MC(MUSHMANS内でのモーターサイクルクラブ)の正式メンバー全員がCYCLE CHAMPを着用してくれており、共に過酷な状況下を経験し、その中で製品に対してのヒアリングを行い年々マイナーチェンジを実施しております。

即ち、現段階で仕上がったMUSHMANS "CYCLE CHAMP"は、所有するオーナー様方と共に作り上げたモデルであると言っても過言ではありません。

一般的なタウンユースとは一線を画す状況下に置かれるライダースは、そういった状況下から必要に駆られて備わったディテールというものが存在します。

だからこそ"カッコイイ"と単純に思える訳でありますが、これはA-2等に見られるミリタリーアイテムと共通する部分であり、極限の命のやり取りから育まれたディテールやシルエットなのであろうと思います。

 

ライダースであるならば、モーターサイクリストの要求するディテールでなければならない。

だからこそ、タウンユースでもその存在感を発揮するのだと思っております。

一見すると無駄と思えるような仕様であったり、雑な纏まりと感じる所にも理由があったりするのです。

 

 

 

 

 

男子たるもの、一生に一度はダブルライダースに憧れます。

それは確実だと思っています。

 

その憧れが現実となった時

その憧れを満たすライダースとは何なのか?

それをひたすら追求した

MUSHMANS Leatherのひとつの答えがここにあります。

 

男として生きて行く過程の中で

このライダースを着る一日が

貴方にとって

ひとつのプライドであって欲しい。

 

 

 

 

 

 

DSC_1273-630.jpg

MUSHMANS Leather

Double Riders Jacket

"CYCLE CHAMP"

 

 

※ご予約に関して※

2019年1月28日現在、現段階でご予約いただきましたお客様へは、その都度予定納期のご案内をさせていただきます。

納期に対して御納得いただきましてから、正式なご予約手続きのご案内をさせていただきます。

オンラインショップでお申し込みのお客様は、対象のサイズをカートに入れていただき通常のお買い物と同様のお手続きをお願いいたします。 お申し込みの確認後当店よりご連絡させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE All Leather Sneakers "Bianco"本日より予約受付を開始します!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

本格的に寒い時季に突入しておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

これからが寒さの本番です!MUSHMANSではこの時季に備えたアウターラインナップを充実させております。

今が旬のアイテム、是非この週末に探しにいらして下さいませ。

 

さて、本日は2019年初売り時に大変ご好評いただきましたアイテムのセカンドヴァージョンを予約受付開始いたしますので、そちらのPRをさせていただこうと思います!

 

Bianco-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

2019年初売りの目玉アイテムとしてリリースいたしました"Papavero×Bianco"の2Toneカラーは、大変ご好評いただきまして限定15足が一瞬で完売となりました。

当日オープン前よりお並びいただきました皆様には、心よりの御礼を申し上げます。

前作の"Papavero×Bianco"2Toneは、全サイズ全て作りこんでからの一斉リリースとなりましたので、サイズによってはご用意が出来なかった物もございました。

今回からはMUSHMANS Footwearのアイテム同様、ある一定の受注受付期間を設けましてから生産に入る方式を取ろうと思います。現実、そういった方法を希望されるお客様も多かったので、ご要望にお応えしようかと思います。

 

Bianco2-630.jpg

今回ご注文受付を開始いたしますカラーはBianco(ビアンコ)です。

初売り限定モデルで使用した白い方の革と同じマテリアルを使用しております。

ご説明は不用かと思いますが、こちらはBADALASSI Carlo s.r.l(バダラッシ カルロ社)のミネルバリスシオを使用しております。

BADALASSI社では珍しいホワイトのレザーは、MUSHMANS LeatherのLeather Giletで大変好評いただいたカラーと同様です。

後ほどご説明をいたしますが、このホワイトカラーのレザーマテリアルの経年変化は大変味わい深いものでございまして、ホワイトカラーと言えどもBADALASSIらしい素晴らしい経年変化をお楽しみいただけます。

 

Bianco3-630.jpg

 

Bianco4-630.jpg

 

Bianco5-630.jpg

 

 

Bianco8-630.jpg

 

再度のご説明となってしまいますが、製法等も前作同様ご説明させていただこうと思います。

 

スニーカーと言えども、このスニーカーはMUSHMANS Footwearの生産を一貫してお願いしている工場さんが、自社のファクトリーブランドとして立ち上げた"RESPECTABLE"とのコラボレーションで生まれたものです。

その為、スニーカーであるにもかかわらずグッドイヤーウェルテッド製法にて作り出されるスニーカー。

即ちオールソール交換を繰り返し行う事ができる、言わば一生物のスニーカーであります。

 

勿論、アッパー(甲)部分だけに留まらず、インナーライニングや中底といった全てのパーツにレザーを使用しておりますので、最早スニーカーの域を超えそうになっているアイテムです(笑) ※超えそうなだけで、スニーカーである事に間違いはありません。※

アウトソールとシューレース以外は全てレザーマテリアルを使用した、最上級グレードのスニーカーであります。

 

Bianco6-630.jpg

 

Bianco7-630.jpg

使用するラスト(木型)に関しても、考え抜かれたシェイプとなっており、ブーツやシューズとは異なる軽快な装着感を生んでおります。

ワイズの設定としては"D〜E"といった感じで、DワイズとEワイズの丁度中間といった雰囲気となっております。

 

サイズの選び方としては、いつもMUSHMANS Footwearの製品をご利用いただいている方はハーフサイズ上を選ぶ傾向にあります。スニーカーですので、若干余裕のあるサイズで履いていただき 羽根がある程度ビシッと閉まるようにして着用いただくのが良い雰囲気なのかと思います。

私も普段MUSHMANS FootwearのアイテムはUS8.5(26.5cm)を履いておりますが、こちらに関してはUS9(27.0cm)をガッチリ閉めて履いております。

これは好みもございますので一概には何とも言えませんが、サイズ選びの参考にされて下さい。

※あくまでMUSHMANS Footwearのサイズ感と比較した場合の事です。基本的に広く知られているRED WING等サイズ感とは同等とお考えいただいて良いかと思います。※

 

 

Bianco9-630.jpg

 

Bianco10-630.jpg

MUSHMANS Logoがヒールカウンターに、RESPECTABLEロゴが中底に入ります。

ウェルトとライニングにライトブラウン、その他がホワイトという非常に調和の取れた配色が好印象ですね。

 

Bianco11-630.jpg

軽快な装着感には、このアウトソールも一役買っております。

Vibram #09105 は #2021にスリットを入れたようなソールです。

新素材のVibram® Vi-Liteを使用して設計されたこのソール、Vibram® Vi-Liteは、軽さを追求したVibramの新素材で、軽量でありながら耐久性に優れた発泡素材。

スニーカーに最適なアウトソールですね。

 

DSC_0977.jpg

冬の軽快な着こなしにもマッチするのが、こちらのカラーですね!

軽快に動きたい休日に最適なコーディネートの提案です。

Rainbow CountryのプリマロフトVESTはオールレザーながら軽量で温かい!

いつも重厚な装いをされる方々に特に好評で、たまに軽快なコーディネートをされる際に重宝いただいておりまして、色違いでご購入される方がいらっしゃる程に着心地が良いのです。

インナーにはMUSHMANS AthleticのSweat Parkaを着用いただくと、さらに軽快かつ温かい。

そういったリラックススタイルに、このレザースニーカーが最高のパフォーマンスを見せてくれるのです。

軽快感のあるスタイリングでも、拘りのレザーは外せない。

そういった本物の皆様に向けたアイテムでございます。

 

DSC_0984.jpg

皺が刻まれ、汚れてくると より良い雰囲気が醸されます。

どうか長くお付き合い下さいね。

 

 

 

さて、このレザースニーカーですが、私の方でサンプルをある程度着用し経年変化の過程を御覧いただけるようにいたしました。

と言いましても、まだまだ本来の経年変化をお見せするには早いのかな?と言った感じではございます。

これから先の経年変化を想像いただきながら、ご参考にしていただけると良いかと思います↓

DSC_0986.jpg

 

DSC_0995.jpg

 

DSC_0993.jpg

 

DSC_0991.jpg

 

DSC_0988.jpg

若干アイボリー感が増したような感じですね。

ホワイト系の色ですが、汚れはあまり気にならないレザーだと思います。

布物や合皮系の白色スニーカーの薄汚れた感じにはならず、良い意味でのエイジングを楽しんでいただける事と思います。

もっと皺が入り、Toeなんかは汚れてくれると味わい深くなるのではないでしょうか?

グッドイヤーウェルテッド製法ならではの、足の形状に変化してくる中底は、履きこむ程に足に馴染みます。

スニーカーなんだけど、不思議と気品が漂う感じは、ストリートでも目を引くことになるんじゃないか?と思います。

是非この機会に体感いただきたい一品です。

 

 

 

 

本日よりご予約の受付を開始いたします!

 

ご予約受付期間は2019年1月31日(木)20:00までとさせていただきます。
レザーマテリアル調達の関係で、ある程度生産足数が限られております。

状況によっては早期にご予約受付を終了する場合もありますので、予めご了承下さいませ。

今回のアイテムは3月末〜4月中旬の御納品となる予定です。

 

※以下、必ずお読みいただいたうえで御注文をお願いいたします※

MUSHMANSオンラインショップを新規でご利用いただくお客様で御予約いただく場合は、クレジットカード決済をいただくか銀行振込にて全額決済後に正式に御注文受付となります。

いつも御利用いただいているお客様に関しましては、特に御予約時の決済は必要ございませんが、ご都合にお任せさせていただきます。

店頭での御予約受付時も同様に、新規のお客様は全額のお支払いをいただいてから正式に御注文受付とさせていただいております。

いつも御利用いただいているお客様は、その限りではございません。

予めご了承下さいませ。

また、オンラインショップでの御予約、店頭での御予約共にキャンセルに関してはいかなる理由でもお受け致しかねますので、御理解のうえご注文いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

 

ちょっと一言だけ言わせてください・・・↓

最近のご時世なのか、オンラインショップでの過剰サービスとも言えると思うのですが、何でもいつでもキャンセル・返品OKのようなサービスを謳っているオンラインショップが増えてきております。

我々の扱うような商品はそういった何でもアリのような事が出来る商品ではありません。

それがあたりまえのように、御予約いただいた商品をキャンセルする方が見受けられるようになり、これも時代なのかと困惑している次第です。

拘り抜いたアイテムを適正価格で提供したいという信念を貫いておりますが、世間の風潮もありそういった事を御理解いただけない方が増えるのは仕方ないのか?寂しい限りでございます。

ある程度そこそこの商品を、結構な利益をいただいて販売するのであれば、何でもいつでも返品OKでやっていけると存じますが、我々が取り扱う商品がそういったコンセプトの商品では無いという事を充分御理解いただけないお客様が見受けられるのが実情です。

企画販売側(私達)とお客様、この双方が充分理解を深めたうえで最高のお取引をさせていただきたいと切に願っております。

どうか、こういった文面に疑問を感じられるようなお客様は御注文をなさらないよう、心よりお願い申し上げます。

 

世の中が物価上昇しているのは、世の中の情勢もあるかとは思います。

ただ、こういった過剰なサービスと思える事がそれを助長しているのではないかと感じております。

無闇なキャンセルや返品といったリスクを考えた時に、商品代にそのリスクヘッジ代が加算される事になるからです。

若しくは販売価格を上げたくない場合は、商品単体の品質を落としてコストを下げる事となるでしょう。

そういった場合、最終的なところで良い物を適正な価格でお渡しできないという悪循環が生まれてくるのだと思います。

何でもアリ、一見は素晴らしいサービスにも見える事が、実は素晴らしい製品を抹殺する引き金になっているのではないかと、今の世の中を私は憂いております。

 

こういった事を、公のページ、さらには商品を広告するようなページで表現する事に対して大変葛藤いたしました。

しかしながら、私共の考えを知っていただくには必要な事であると判断いたしました。

勿論、殆どの御利用いただくお客様が御理解いただけております。それは本当に我々にとっての救いです。

しかしながら、御利用いただくお客様の絶対数が増えるに従って、私達が考えていなかったような発想の方に出会うのも事実。

 

当たり前の事をツラツラと書きやがって、と、ご気分を害された方も多いかと存じます。

それに関しては本当に申し訳ありません。

しかしながら、これがこの時世の現実でもございます。

お許し下さいませ。

 

 

さて、気分を切り換えて!

 

 

DSC_0986.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

 

 

製品サンプルも店頭にございます!!

是非、多くのお客様に御覧いただきたいと思っております。

 

 

 

 

 

この週末はMUSHMANSへGoooooooooooo!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

【1月12日 サイズに関しましての追記】

 

大変好評いただきまして、女性のお客様からもご要望を多数いただいております。

サイズ展開が24.0cmからと、基本的に男性用サイズ展開となっておりましたが

工場様との協議の結果、23.0cmと23.5cmのラスト(木型)も追加で製作いただく事になりました。

つきましては、サイズ展開が23.0cm(US 5in)〜27.5cm(US 9.5in) の10サイズ展開となります。

早急に要望を叶えてくれた工場様には心よりの感謝。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS×Trujillo's 2019Chimayo Vestに関しまして。

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

1月2日からスタートした"MUSHMANS 初売り2019"大変ご好評いただきまして、多くの皆様にご来店いただきました。

2日の営業終了後(厳密には終了前から)は、MUSHMANS常連さんや最近お付き合いが始まったお客様一丸となって、大変楽しい宴が行われました。(もちろん3日も宴が行われましたけどね 笑)

大変素晴らしい一年のスタートとなった事は確実で、今年一年も元気に営業できそうです!!

ご来店いただきました皆様、オンラインショップをご利用いただきました皆様には、心よりの御礼を申し上げます。

ありがとうございます。

 

 

さて、初売り初日オープン前からお並びいただき、オープン時は大変混雑しまして申し訳ありませんでした。

今年の目玉アイテムはスニーカーとブーツがございました関係で、試着をする必要がありましてご対応に時間がかかる事をすっかりと忘れておりました・・・

本当だったらお並びいただいている段階で、オープン前からお一人ずつ入店いただき、採寸を行って整理券をお渡しする位の段取りを組んでおくべきだったと思います。

来年以降の課題とさせていただきます。

混雑の中快くお待ちいただきましたお客様、本当に申し訳ありませんでした。

 

 

さて、そういった混雑の中、特に一瞬で完売となってしまった↓

 

MUSHMANS×Trujillo's

Chimayo Vest 2019

"Intricate Stripe"

 

こちらのアイテム、大変好評いただきましてオープンから数時間で完売となってしまいました。

折角ご来店いただいたのに実物すら御覧いただく事ができなかったお客様も多く、さらにはオンラインショップでの在庫移動が滞ってしまいました関係で、完売しているにも関わらずご購入手続きが可能な状態になっておりました・・・。

本当に申し訳ありません。

 

と、いう事でございまして、大変異例な対応ではございますが、こちらの限定モデルを一時的にオーダー受付をいたしまして増産させていただく事となりました。

オープン時にお並びいただいたにも関わらずご購入いただけなかったお客様や、オンラインショップでの不手際によって御迷惑をおかけしたお客様分、そして私自身も個人的に購入したかったのに叶いませんでしたので、そういった様々な関係から異例の対応です。本来でしたらこういった事は絶対にいたしませんが、今回だけは許してください。

 

以下の期間限定でオーダー受付を本日より開始いたします↓

 

オーダー受付締め切り

 

2019年1月15日(火)

 

とさせていただきます。

※御納品は1.5ヵ月〜2ヵ月程度となります。※

 

お買い求めができなかったお客様、是非この機会にご利用下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品に関する詳細は→コチラで御覧いただけます!

 

 

 

オンラインショップでのご購入に際しまして御迷惑をお掛けいたしましたお客様、本当に申し訳ありませんでした。

 

 

 


MUSHMANS Athletic Wear より 新作 Sweatアイテムのリリースです!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!

 

昨日、、といっても日が変わってしまいましたので一昨日となりますが、年内最後の新作紹介と申しましてPIKE BROTHERSの新作アイテムを御紹介いたしました。

が、、間に合わないと思っていた"MUSHMANS Athletic Wear"の新作アイテムが急遽入荷いたしましたのでお知らせさせていただきます!!これが本当に年内入荷アイテムの最後となります!

 

工場さんも、年末年始に間に合うよう頑張ってくれました。。 ありがとうございます。

 

という事で、このご好意を無駄にしない為に、深夜までかかってしまいましたが何とか御紹介ブログの掲載に至りました。

 

昨年大変好評いただきましたシリーズにマイナーチェンジを加え、さらに新色を追加してのリリースです!!

実は同じように見えて、かなり色々な箇所をカスタムしております。

是非最後までお付き合い下さいませ。

 

 

まずはSweat Shirtsから御紹介いたします。↓

 

Crew1-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

 "REVERSE WEAVE SWEAT SHIRTS"

[MSC-006]

 

大変長らくお待たせいたしました。

昨シーズンご購入いただきましたお客様や、昨シーズン惜しくも買い逃してしまったお客様から、再販の要望が相次いでおりましたMUSHMANS Athletic WearのSweatシリーズ。

今シーズンは昨年のモデルをさらにブラッシュアップしてリニューアルを実施。

好評だったマテリアル"Lyocell/リヨセル"混であることは引継ぎつつも、要所要所でディテールに変更を施し、さらに新色も追加いたしました。

 

往年のアスレチックウエアブランドである米C社のREVERSE WEAVE SWEAT SHIRTSのディテールを踏襲しつつ、スッキリとしたシルエットで構築した一着でございます。

スッキリとしたシルエットと言いましても、単純にタイトなサイズ設定とした訳では無く、無駄と感じる部分を削ぎ落としたのみの洗練されたシルエットをお楽しみいただけます。

 

定番的なREVERSE WEAVE/リバースウィーブの作り込み。

縦縮みを軽減させるべくボディーの生地方向が横方向になるようにしております。

さらに、横縮みをも防止するべく脇位置にリブを使用。これによって、動き易さも確保し耐久性にも富むという理にかなったディテールとなっているのです。

物としての使い勝手に着目したディテールでありながら、サイドリブや横方向の生地使いがデザイン性にも繋がっているという全てにおいて完成度の高いモデルでございます。

各パーツをフラットシーマで接合した、ヴィンテージテイスト溢れるディテールをお楽しみ下さい。

Crew2-630.jpg
Crew3-630.jpg
昨年からの変更点といたしましては、襟ぐりの前下がりを若干強めにしております。
首廻りが若干苦しいというお声を反映させての変更です。
さらに裾リブを少々内側に傾斜させて取り付けるよう変更をかけておりまして、より腰周りのフィット感を向上させております。
こういった皆様からのご意見や要望をうかがい、より良いアイテムへ進化させる事は大変重要な事だと思っておりますし、こういった機動力が我々の強みであるとも思っております。
今後も是非様々なご意見をお願いいたします。
CrewPP-630.jpg
CrewOL-630.jpg
CrewSG-630.jpg
CrewBK-630.jpg
カラーリングも一新いたしました。
ただし、Blackだけは昨年からの継続カラーです。
編地屋さんに新色(発色感の良いカラー)を要望しておりましたところ、今年実現してくれました。
実は使い勝手のよいPurple(パープル)や、レザーアイテムのインナーに重宝するOlive(オリーブ)。
粗い杢感が楽しめるごま塩カラーStone Gray(ストーングレー)も表情豊かで面白いですよね。
昨年同様のLyocell(リヨセル)混なのですが、初めての方もいらっしゃいますので再度ご説明させていただきますね↓

コットン85%/リヨセル15%。

実物を触っていただきますと、今まで感じた事のないしっとりとしたシルクのような触感を感じ取っていただける事でしょう。

これらは、このマテリアルに含まれる[リヨセル]が影響しております。

 

比較的新しい素材であるこのリヨセルは、レーヨンの代替素材として生まれた繊維です。

もともとレーヨンもシルクの代替繊維でありますが、木材パルプを原料に作られるレーヨンは頗る水に弱い性質を持ちます。

この弱点を克服したリヨセルは、レーヨンと同じようにシルクのような手触りと光沢感を持ちます。

原料に関してもポリエステル等のような化学繊維とは異なり、ユーカリの木材を原料に作られる繊維。

水にも強く、吸湿性にも富んだ素材です。吸湿性に富んでいる事でレーヨンやポリエステルのように静電気が発生しないというのも嬉しいポイントです。

また、繊維強度も強く、ウォッシュ→乾燥を繰り返しても強度が落ち難いのも特徴のひとつです。

 

という事になっておりますが、昨年と異なる部分もございます。↓

DSC_0640.jpg

御覧いただくとお解かりかと思いますが、今年のモデルは裏起毛にせず裏毛仕様にしております。

これは、より長いシーズンに渡って着用いただきたいという事から。

起毛してしまうとどうしても冬物の感が出てしまうもので、それならば裏毛で作れば春先にも着用いただけるよねって事でそうしました。

裏毛だからって、あのリヨセル特有の優しい着心地は変わりませんのでご安心を!

 

さらに、今期は製品を未洗いでご納品いたします。

サイズ感がもう少しルーズな方が良いってお声もありましたし、逆にこのフィット感が好きっていうお声もいただいておりました。

サイズの好みは人それぞれ。

昨年までは製品洗い後タンブラーで仕上げておりましたので、極限まで縮んだ状態でお渡ししておりました。

今期は未洗いでお渡しする事で、あまりタイトに着たくないという方は"天日干し"を。

逆にタイトなフィット感を好む方は"タンブラー乾燥"をといった感じに、お客様ご自身で好きな仕上げができるようにしてあります。

 

DSC_0616.jpg

それでは気になる着用感をご覧いただきましょう。

画像の人物はサイズ38/Mを着用しておりますが、こちらは製品洗い後に天日干しで仕上げた物を着用。

普通にハンガーがけで干してしまったが為に、若干着丈が伸びてしまっております(笑)

洗い上がり後は、Sweat自体が結構な重さになってしまいますので、ハンガーにかけて時間をかけて乾燥させますと、その自重で着丈が伸びてしまう傾向にあります。

天日干しの際は、ボディの中心を物干し竿にかけるような感じに干していただくと自重で伸びてしまうような事がございませんので、参考にしてみて下さいね。

 

さて、カラーに関してはこのパープルが個人的に最もお気に入り。

ステッチカラーも薄紫カラーで若干飛ばしておりますので、ステッチワークがボディーの印象を引き締めます。

Lyocell混ならではのソフトで温かみのある着心地と相まって、リラックスした気持ちになるアイテムです。

 

DSC_0607.jpg

続きまして、Oliveの着用です。

サイズは先のカラーと同様の38/Mを着用。

こちらに使用している縫製糸も、ボディー色から若干離れたベージュ系にしております。

メリハリが効いていて引き締まる印象になっております。

この時季のマストカラーとも言えるオリーブは、レザージャケット等のインナーにも適しておりますね!

 

DSC_0613.jpg

こちらも個人的にかなりお気に入りの”Stone Gray" 極めて粗い”粗杢”といった感じのカラーです。

リバースウィーブの場合、ボディーは横方向に編み地を使用しますので、この霜降りが縦に入るのがまた良い。

スリーブと逆方向に霜降るので、製品のコントラストが効きますね!

サイズは先にご紹介したカラー同様の38/Mを着用しております。

 

DSC_0609.jpg

最後に昨年から継続のブラックです。

ただしディテールの変更を行っておりますのでこれもまた新鮮。

サイズは38/Mを着用しております。

 

 

といった感じで、Sweat Shirtsのご紹介でした。

 

そして今期は立て続けにSweat Parkaもリリースします!↓

 

PARKA1-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

 "REVERSE WEAVE SWEAT PARKA"

[MSC-007]

 

昨シーズンは時間差でリリースしておりましたが、今シーズンは一気にリリースいたします。

先にご紹介いたしましたSweat Shirtsと同様のディテールとファブリックを使用したParkaタイプです。

今年はカンガルーポケットを廃しましての登場で、昨年モデルはフードが小さ過ぎるとのお声を頂いたので大型化しました。

個人的にフードはあまり被らないだろうから小さめで良いかな?と思っていたのですが、結構活用されている方が多いようでここはモディファイ。

逆にカンガルーポケットは必要無いという意見も多かったですし、個人的にも一度も使わなかったのでちょっと邪魔だなぁ・・と思っていたので排除しました。

 

PARKA2-630.jpg

 

PARKA3-630.jpg

 

カラーリング、ディテール共にSweat Shirtsと共通です。

基本的にサイズ感も共通しているので、サイズもSweat Shirtsと同様のサイズをお選び下さい。

 

DSC_0635.jpg

Parkaになると、また雰囲気も全然異なりますのでコーディネートによって切り替えてみて下さい。

フードが装着されている事によって、首回りの暖かさも増します。

画像の人物はサイズ38/Mを着用。

 

DSC_0618.jpg

フードが大型化されているので、首回りにボリュームが出てアクセントになりますね!

 

DSC_0624.jpg

この時期最も重宝するインナーはParkaですよね!?

春先のアウター的使用も可能ですし、この時期一着ご用意いただくと良いかと思います。

 

DSC_0622.jpg

カンガルーポケットがなくなると、非常にスッキリしますし、インナーとしても使い勝手が良くなりました。

 

 

そして、Sweat Pantsも同時リリース!

 

Pants1-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

 "TRADITIONAL SWEAT PANTS"

[MSC-008]

 

勿論Sweat Pantsも同時にリリース!

お正月の部屋着としても最高のパフォーマンスをみせますし、そのまま外出したってカッコイイシルエットとなっております。

 

Pants2sg-630.jpg

 

Pants2bk-630.jpg

昨シーズンのモデルなヴィンテージテイストを踏襲するべく、ウエストはゴムを入れずドローコードのみ。

しかも薄めの平紐を使用して、ヴィンテージを完全に再現しておりました。

が、しかし。

確かにヴィンテージ感があってカッコイイものの、使い勝手の面で言うと・・ちょっと使い辛い。

という事で今期モデルはウエストゴム仕様で、ドローコードも太めの物に変更しました。

 

カラー展開は、Stone GrayとBlackの二色展開。

パープルのパンツを穿きこなす自信がありませんでした(笑)

 

Pants4-630.jpg

勿論サイドポケットが付いてますので、外出時にも困りません。

 

DSC_0637.jpg

シルエットはスッキリとしたものとなっており、ダサいヤンキー兄ちゃんシルエットにはなりませんのでご安心を。

洗練されていて非常に良い印象を与えるシルエットですよ。

画像の人物はサイズMを着用しております。

 

DSC_0639.jpg

ブラックはよりスポーティーな印象になります。

ブーツでコーディネートしていただいても良い感じですよね!

 

 

 

 

 

 

 

ああ、やっと終わった。

と思ったらこんな時間。。

新聞配達バイクのサウンドが響いております。

 

やはり年末。

時間が足りない。。

 

という事で、MUSHMANSは年内休まず営業しております!!

是非、2018年の締めくくりをしにいらして下さいね!!

 

 

 

 


| 1/23PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 大ヒットの予感! PIKE BROTHERS新作Pantsの入荷です!!
    MUSHMANS Fujita (04/18)
  • 大ヒットの予感! PIKE BROTHERS新作Pantsの入荷です!!
    滝内俊昭 (04/17)
  • THE FEW×MUSHMANS Made in JAPAN Trial Model "Type A-1"のご予約受付に関しまして。
    LISA (12/20)
  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    MUSHMANS Fujita (07/09)
  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    長坂誠 (07/06)
  • 予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (03/23)
  • 予約受付を開始いたします!!
    星野 (03/21)
  • Making Mushmans 【最終章】 〜TAKE OFF !〜
    ショウジ (01/25)
  • 今期別注レザー 【BUSTED SHRINK HORSEHIDE DARK SEAL "VOLCANO"】のメンテナンス方法に関しまして。
    BeOS (10/28)
  • 毎年恒例のCOLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country コラボアイテムの予約受付開始です!
    BeOS (10/15)

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode