北の国から2016 〜宗谷アタック〜「4」・・本土帰還

Kites rise highest against the wind-not with it.

凧が一番高く上がるのは、風に向かっている時であり、風に流されている時ではない。

〜ウィンストン・チャーチル〜


 

 

事の発端 は コチラから。
 

 

北の国から2016 〜宗谷アタック〜 「1」
出港の時 は コチラから。

 

 

北の国から2016〜宗谷アタック〜「2」

遥かなる大地 は コチラから。
 

北の国から2016 〜宗谷アタック〜 「3」
雨を感じろ。は コチラから。

 

 

 




北の国から2016 〜宗谷アタック〜「4」

本土帰還。


 

 

北海道最終日となる、この日。

朝から雨の予報。

しかし

起きてみると、空は晴天だった。
 

 

昨日の雨による強烈な疲れと、安堵感から飲みすぎた事による酩酊感が残る朝。

最後にひとつやる事があり。


帰るとか、フェリーに乗らないととか。

そういう事よりも、何故か大切な事な気がしていた。

 

 

最後にやらなければならない事は、これだった。。。。。

↓
 

 

 

 

DSCN0626.JPG

30歳代。
 

 

20歳代。
 

 

 

10歳代。

 

 

 

16年前から、変わらぬ場所で佇んでいるトラクター。

 

 

 

 

 

 

今年こそ、もう撤去されているんではないか?と思っていたが、そこにはあった。

変わる事の難しさと、変わらぬ事の難しさ。
変わる事の容易さと、変わらぬ事の容易さ。

それらを全て経験し、歩んできた今までがあったから
少し感傷的になる事なのかもしれない。

迷ったら、またここに来てみよう。
何か落っことしてきてしまったモノが見つかるかもしれない。




DSCN0668.JPG
もちろん、北の国からロケ現場も参拝。

皆で買った"五郎帽"を着用し。

三日目.jpg
結局この日も、気持ちの良い豪雨に打たれ。

エアクリーナーボックスに進入した雨水によって、山深き峠でエンジンは吹けなくなる。
それ程の豪雨だった。
途中雨宿りしてエアクリーナーボックスを分解し、キャブの中に入った水を抜く。
乾燥させている時に、コンビニでランチ。
ずぶ濡れになった男三人、立ったままカップラーメンを啜る。
アドヴェンチャーだと思わないか?


DSCN0716.JPG
そして、遥かなる大地と またの再開を約束し出港。

港を出る時には、さっきまでの驚異的な豪雨も止み、雲の切れ目から夕焼けが俺たちを見送っていた。




DSC_0262.JPG
そして、無事に帰ってきた男達三人。

DSC_0303.JPG
極めて過酷な天候の中、何とか走りきったマシンは。
出発の時とは見違える程に、猛々しい汚れが付着していた。

DSC_0305.JPG
少し、心が通じた気がした。
バイクやクルマ、洋服だってブーツだって、モノ全てにおいて心がある。
その心を感じる事が出来るか否か?それだけだ。
堅牢な物だから、大事に扱わなくても壊れない。
そんなの嘘だ。
堅牢な物程、大切に扱って心が通じるから、だから長持ちするんだよ。
モノに対する敬意と、感謝をもって接するから、彼らはそれに応えてくれる。
そうだろ?

DSC_0284.JPG
男達の友情も同じだ。
堅牢なものほど、大切にしなければならない。

 

 



DSCN0590.JPG

北海道滞在48時間。

総走行距離1,200km。


太陽に照らされ。
雨に打たれ。

風になった。

 

常に、前に向かって走り続ける事。

 

それが俺たちの生き方である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0350.JPG

MUSHMANS Leather

Double Riders Jacket

【CYCLE CHAMP/サイクルチャンプ】

MUSHMANS Original Horse Hide

 

DSC_0330.JPG

INDIANA Style Leather Jacket

【Adventurer/アドヴェンチュラー】

BADALASSI Nappa Lux "MOST"

 

 

 

 

 

 

 

北の国から2016 〜宗谷アタック〜

Fin

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode