MUSHMANS Leather 2017FW New Modelの御案内です!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

明日からは夏休みに入る方も多いかと思います拍手旅行やレジャーといったイベントが満載な方々も多いかと思いますが、是非MUSHMANSも忘れないで下さいネ笑

16日水曜日は通常定休ですが、夏休みの方が多そうなので臨時営業させていただきますびっくり

是非皆様ご来店くださいませ手

 

さて、昨日もMUSHMANS Originalアイテムを御紹介いたしましたが、本日も引き続きOriginalアイテムの御紹介をさせていただきます。

今回のアイテムも"挑戦"のキーワードのもと、特別なアイテムが完成いたしました。

御覧下さいませ↓

 

DSC_8433-630.jpg

MUSHMANS Leather 2017-18FW

Utility Leather Down Vest

"Hangover/ハングオーバー"

Special Edition "FUJIOKA DEER"Jones Brown

Regular Leather "Oiled Steer Hide"Black/Brown/Camel

※画像のアイテムはSpecial Edition "FUJIOKA DEER"Jones Brownを使用。※

 

1970年代〜80年代に米"Frost Line"社のダウンベストなどで見られるハイカラー(高い襟)の

ディテールを用い、上質なレザーマテリアルで昇華させたMUSHMANSオリジナルモデル。

あえてウエスタンヨークを用いる事無く、両面一枚革で仕立てられる贅沢な

レザーダウンベストを開発いたしました。

ロッキーマウンテン等で見られるディテールを採用したレザーベストは

Rainbow Country等でも非常に上質なモデルがラインアップされており

あえて我々がその領域でオリジナルモデルを作る必要を感じなかった為

"Frost Line"社のヴィンテージダウンベストに焦点を当てて開発したという経緯。

 

冬のカジュアルアイテムのアイコンとも言えるダウンベストであるが

より落ち着いたデザインと特異性を求めるユーザーに向けたデザインとディテール。

より使いやすく、より強靭である事をモットーに細部のディテールまで拘り抜いた

我々の提案するダウンベストの新たな形をお楽しみいただきたい。

 

DSC_8405-630.jpg

80年代のライトヴィンテージダウンベストは実用性(防寒性能)を最優先して作られたであろう

通常のカラー(襟)の二倍の高さを持つモデルが存在していた。

スタイリッシュさで言えば、そのハイカラーを立てて着用してしまうと"?"な部分もあるが

実際画像のように襟を寝かして着用した場合、首周りのボリューム感といい

非常にスタイリッシュ且つゴージャスなものとなる、と感じられる。

さらにウエスタンヨークを用いない事で、シンプルなデザインとなる為

素材感を存分に楽しんでいただける事となるのも利点である。

はっきり言って、どこにでもありそうなデザインである。

だからこそ素材が生きるし、拘り抜いたディテールが映えるのだ。

 

DSC_8406-630.jpg

DSC_8407-630.jpg

勿論、この襟にもダウンを仕込んであるが為に首周りの暖かさも充分感じていただける。

ダウンベストを着用する季節というのは、勿論極めて寒い時季であるから

この保温性能というのも充分考慮する必要がある。

 

DSC_8409-630.jpg

ウエスタンヨークを用いないデザインであるが為に、襟から下は一枚革を使用。

ダウンパックを留める為のステッチが入るので、一見すると一枚革に見えないが

背面ワンピースである。ここは我々の最も拘ったポイントである。

 

DSC_8411-630.jpg

斜めから御覧いただくと感じていただけるであろう。

充分なボリュームのダウンが贅沢に封入されているのが解る。

これ以上でも、これ以下でも成し得る事の出来ない存在感を味わっていただける事であろう。

 

DSC_8412-630.jpg

80'sのFrost Lineはジッパー&ボタンの仕様であったが

これを採用してしまうとオールレザーダウンベストではディテール過多になる可能性が

高かった為、DOTボタンのみの構成となっている。

 

DSC_8413-630.jpg

ポケットはスタンダードな一層構造で、フラップ等を装着せずシンプルなディテール。

 

DSC_8415-630.jpg

DSC_8414-630.jpg

Frost Line社と同等の高さの襟となっているが、下画像のように折り返して着用できるよう

DOTボタンの取り付け方法を変更。

極めて気温が低く、強い風に見舞われた時はこのように活用出来る。

 

DSC_8424-630.jpg

内部構造も極めて拘りのポイントである。

通常出回っているダウンベストというのは、表地(革)と裏地(ライニング)がツライチとなる構造である。

その為時間の経過と共に裏地(ライニング)が見えてきてしまうという事が起こりうる。

今回我々のダウンベストは、ライニングの先に共地(表と同じ革)を用い

合わさるのが革同士になるよう配慮している。

ライニングの破れや、先に挙げたライニングが表に顔を出してしまうという事を防いでいる。

これによって、様々な難題が発生するがユーザー視点で考えると この仕様が最も良いと判断した。

ライニングの布地は厚手のモールスキン[OLIVE]、保温性の高さ、堅牢さ、を考慮した仕様。

 

 

カラー630.jpg

さあ、大問題なのがプライスである。

新たな方向性でのレザーダウンベストを開発したいとの想い。

さらには今シーズンの"ADVENTURER/アドヴェンチュラー"で使用している上質な

FUJIOKA社のDeer Skinを使用したら、どれだけ素晴らしい物が出来るかと

FUJIOKA Deerについて詳しくは→コチラ

ただただ突き進んだ、あまりコストの事を考えていなかったのが実状である・・・。

先に挙げたが、背面はウエスタンヨークが無い為に一枚革。

勿論前面はフロントボタン部がある為に二枚革であるが、それでも襟下から裾末端までの長さがある。

ADVENTURERの最も大きい部分のパネルなんか比では無い程の大きさなのだ。

これを小判である鹿革から裁断するのは、、、、無駄が多すぎる。

一度はダウンパック用のステッチ部分で接いでしまおうかと思ったものの

そこで妥協するのは俺達の企画じゃないよね。

と、一時考えるのも嫌になったりもしたが、この仕様が"粋"と思ってくれる方に

お求めいただければ良いんじゃないか?との考えに至り、そのまま突き進んだ!

 

そして、Deer Skinでは無くても、このデザインとディテールに惚れた!と思って

いただける方の為に、比較的お求め易いSteer Hideをご用意。

 

さあ、プライスを御案内します。

 

Special Edition "FUJIOKA DEER"Jones Brown仕様

145,000yen+tax

 

Regular Leather "Oiled Steer Hide"Black/Brown/Camel仕様

79,800yen+tax

 

我々のオリジナルモデルは、少しでもお求め易く提供したいとの想いがあります。

出来る限りのコストは削ったものの、FUJIOKA Deer仕様 このプライスが限界でした。

ただ、物凄い贅沢な仕様となっております。実物、本当に素晴らしいです。

手前味噌で申し訳ありませんが、サンプルを開梱した当店SG氏が震えていた程です。

この特別仕様を御理解いただける方が少しでもいらっしゃれば幸せです。

生産着数も"FUJIOKA Deer仕様"は極少量の

【3着限定】

それしか作れないなら止めろや、、と言われてしまいそうですが

そう言わずに。

解ってくれとは言わないが、きっと解ってくれる方がいてくれるのではないか・・?

淡い期待をもちつつも。。

でも、ダウンベストにしては高プライスになってしまった事はお詫び申し上げます。

 

そして、現実的なプライスの設定が可能な"Oiled Steer Hide"

Deer Skinに比べ原材料費が抑えられ、さらに判も大きいから可能なのです。

こちらはクロム鞣しによる、極力Deer Skinに近づけたしなやかなマテリアル。

BADALASSI社のマテリアルのように、オイル分を多く含ませたしっとりとした手触りが

特徴で厚みもしっかりとしたものです。

製品サンプルが間に合いませんでしたが、革サンプルはご用意しております。

上記画像に掲載したカラー3色をご用意いたしました。

こちらのマテリアルは限定着数を設けませんので、ダウンパックがご用意出来る限り

御予約を承りますので、併せてよろしくお願いいたします。

 

DSC_8667.jpg

着用感は上記画像のようになります。

画像の人物はサイズ38(M)を着用。

 

比較的タイトに設定したサイズ感とシンプルなデザイン。

数十年後の事を考慮した、こだわりのディテール。

どこにでもありそうなダウンベストであるが、並べて見れば決定的な違いを感じていただける。

本当にもう、出来る限りを尽くした贅沢な仕様だ。

カジュアルだけれども、落ち着いたカジュアルを楽しむ大人の為のダウンベスト。

Hangover(二日酔い)な朝でも、手にとっていただける紳士な一着。

 

 

DSC_8671.jpg

シンプルだからこそ

素材に拘る。

素材に拘るからこそ

シンプルになる。

 

 

我々はメーカーじゃないから、だから変な事が出来る。

いつもカスタマーが近くで支えてくれるから

突き進む自信をもらえる。

ただ、今回ばかりは甘くない。

いつもそう思っていての、今年で8年。

これからは、そう上手くはいかない。

解ってる。

だから、やる。

辛いけど、楽しいからね(笑)

 

 

 

※御予約に関しまして※

Deer Skin仕様は限定3着でのご注文受付となります。

Oiled Steer Hide仕様はダウンパックがある限りご注文を受け付けます。

(オーダーいただくサイズバランスによっては予定数を下回る可能性がございます。)

本日8月10日より御予約の受付を開始いたします。

予定生産数に御予約数が達し次第、御予約受付を終了いたします。

サンプルもご用意しておりますので、お気軽にご来店いただき御覧下さいませ。

Oiled Steer Hide仕様のサンプルはございませんが、革サンプルがございます。

遠方のお客様へはサンプルの発送も承ります。

ご希望のお客様はお電話若しくはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

画像では伝わりきらない魅力を秘めたアイテムです。

是非実物を御覧下さいませ

 

 

※サイズスペック※

36(S)---身幅 52cm/前着丈 59.5cm/後着丈 63cm/肩幅 38cm
38(M)---身幅 54cm/前着丈 61.5cm/後着丈 65cm/肩幅 40cm
40(L)---身幅 56cm/前着丈 63.5cm/後着丈 67cm/肩幅 42cm
42(XL)---身幅 58cm/前着丈 65.5cm/後着丈 69cm/肩幅 44cm

比較的タイトなサイズ設定となっております。

サイズに関して御不明な点も、お気軽にお問い合わせください。

 

 

DSC_8433-630.jpg

MUSHMANS Leather 2017-18FW

Utility Leather Down Vest

"Hangover/ハングオーバー"

Special Edition "FUJIOKA DEER"Jones Brown

Regular Leather "Oiled Steer Hide"Black/Brown/Camel

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 今期別注レザー 【BUSTED SHRINK HORSEHIDE DARK SEAL "VOLCANO"】のメンテナンス方法に関しまして。
    BeOS (10/28)
  • 毎年恒例のCOLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country コラボアイテムの予約受付開始です!
    BeOS (10/15)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (05/18)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    ナナス (05/16)
  • 3/4 SLEEVE SHIRT 第2弾!
    toss (05/14)
  • GWの全イベントを終えて。
    三郷はーふ (05/11)
  • イベント開催のお知らせ!【GW前半企画!!】
    MUSHMANS Fujita (04/22)
  • イベント開催のお知らせ!【GW前半企画!!】
    Akio (04/20)
  • 本日6月20日(土)からの二日間は【ORGUEIL/オルゲイユ】2015-16FW コレクションの内見会開催です!
    camp (06/21)
  • 二週間経過!
    MUSHMANS Fujita (05/08)

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode