Mister Freedomより、待望のNOSファブリックを使用したアイテムの登場です!!

 皆様こんにちは、MUSHMANS代表の藤田です!
 

 

8月が終わりました。

少し寂しい気分になります。
 

特に8月といっても我々には大型連休は存在しませんが、廻りの雰囲気がバケーションモードだったりするので、ちょっとそれらに便乗して8月はなんか浮かれた感じで過ごせるのが好きでした。(笑)

毎年そうです。
 

 

今度の9月5日でMUSHMANSも丸9年が経ち、そこから10年目に突入します。

いつもこの時期はソワソワしてます。

あれから9年経った今でも、何故かソワソワするんです。

あの時もワクワクしつつ、ソワソワしてました。

今でもその呪縛から逃れられない位、強烈なものだったのだと思います。

 

 

そんなソワソワした9月の上旬ですが、まだまだ結構暑い日が続きます。

それは例年の事ですが、既に秋物アイテムが入荷開始しておりまして、8月中はあまりにも暑いので御紹介を自粛しておりました。

本日からは9月という事で、本格的に秋物アイテムの紹介を始めて行きますよ!!!!!!!!
 

 

それではMUSHMANSの秋、初陣を飾るのがコチラ↓のアイテム!

 

Mister Freedom[ミスターフリーダム]より皆様お待ちかねの"NOSファブリック"を使用したアイテムを御紹介します。

 

 

DSC_6404-630.jpg

Mister Freedom/ミスターフリーダム

MFSC Made in U.S.A

NOS COATED BLACK DENIM

CONTINENTAL SPORTSCOAT

[SC14237]

 

MFSC Made in U.S.A

NOS COATED BLACK DENIM

CONTINENTAL TROUSERS

[SC41762]

 

今期春、衝撃的なリリースから半年の時を経て、同ファブリックを使用したコレクションがリリースされます!!

 

今回は、このファブリックを始めて御覧いただく方の為に

ファブリックからご説明を始めましょう。↓

DSC_6414.jpg

 

このファブリックは商品名にもあるように"NOS/New Old Stock"という事で
推測するに70年代のデッドストックセルビッチデニムを使用しております。
これはMister Freedomでは度々用いられるファブリックなのですが
今回は普通のNOSではございません。
 
ブルーデニムの上からブラックカラーがコーティングされているという変り種。
上の画像を御覧いただきますと、角の鋭利な縫製箇所はブラックコーティングが剥げて
一部下地のブルーデニムが顔を覗かせているのが御覧いただけます。
即ち
BLACK→BLUE→WHITE
といった段階を経て経年変化して行くという事になるのですね。
最後のWHITEって、どういう事?となる訳ですが
下地は通常のブルーデニムですので、使用されているのは中白の糸です。
最終的にいつものブルーデニム同様に白が見えてくるという事でございます。

NOSファブリック、しかもブラックコーティングならではの
"時空を超えた経年変化"
をお楽しみいただけるという事なのです。
今期春にリリースされたのは、同ファブリックを使用したデニムジャケットでございました。
勿論私も例外無く私物購入した訳なのですが、即ストックは完売となりました。
比較的イイ感じに色落ちが始まった頃(ブラックが落ち始めた頃)、来店いただいた顧客様から「どーしても売ってくれ」という要望をいただきまして、人の良すぎる私は快く(定価で)お譲りしてしまった為、その後の経年変化が解らずにおります。
ただ、多くのお客様にご購入いただいたので、こちらを着用して来店いただくお客様が多く、その経年変化を拝見させていただくに・・売らなきゃよかった・・とつくづく後悔するエイジングを魅せているのです。安斉さん・・。
そんなスペシャルな"NOS"ファブリックを使用したコチラ↓のジャケット。
DSC_6409.jpg
50年代のフレンチワークジャケットのディテールが随所に見られます。
テーラード風ですがSPORTS COATと名乗る通り、様々な用途に使用されてきたジャケットであると言えるでしょう。
アメリカ的な雰囲気とヨーロッパ的な上品さを併せ持った、非常にバランスが取れた一着。
このパターンにこのファブリックを載せてくるあたりが、クリストフ・ルアロン氏が率いるMister Freedomらしさと言って良いでしょう。
DSC_6410.jpg
前身頃に装着される大型のパッチポケットがアクセントとなっております。
これはポケットのフチ部分が擦れますので、その辺りから色落ちが始まります。
そうなってきますと素晴らしいコントラストが醸され始める事になるのです。
後の経年を考慮したモデル選定は、我々の一歩先を行くブランドの真骨頂とも言える部分ですね。
DSC_6413.jpg
さらに、裏地に使用されるファブリックもNOSファブリックでございますので、全てにおいてスペシャルです。
ちょっとパリッとした着こなしも可能ですし、着崩すことも容易なアイテムです。
これを手にする貴方次第で、様々な可能性を秘めたジャケットなのでございます。
さらに、同ファブリックを使用したトラウザースもラインナップされております!↓
DSC_6417.jpg

Mister Freedom/ミスターフリーダム

MFSC Made in U.S.A

NOS COATED BLACK DENIM

CONTINENTAL TROUSERS

[SC41762]

 

DSC_6418.jpg

こちらも先に御紹介したジャケット同様の年代設定になっておりまして、50年代〜60年代のスッキリしたシルエットが魅力のトラウザースでございます。

現代でも充分通用するファッショナブルなパターンでありながら、どこか無骨なオーラを持ち合わせた魅力的な一本。

 

DSC_6419.jpg

 

DSC_6420.jpg

このNOSファブリックに、バックシンチにもフランス製NOSバックルを用い、さらにジャケット同様のNOSファブリックの裏地をも使用しているのです。

まさに時空を超えて作りこまれた特別なアイテムです。

 

 

ジャケットに比べてボトムの方が経年変化スピードが速いので、個人的には2本持っておきたいところ。

・・で、ございますが、そう贅沢言っているとお客様方に怒られてしまいそうですので、一本に留めておきましょう。

皆様も、なるべく一本に留めておいて下さいネ(笑)

 

こちらも単品で様々なコーディネートを完成させてくれます。

セミドレッシーな着用も可能ですし、カジュアルダウンして着崩しても良いですね。

 

DSC_6431.jpg

さて、セットアップで着用してみましょうか!

画像の人物はジャケットをサイズ36をあえて着てみました。

実際に実用的に使うとなると、サイズ38が良いですね。

トラウザースはサイズ32を着用しております。

着飾り過ぎておらず、それでもカッチリとした雰囲気を演出してくれます。

先に申し上げたように、それぞれ単品で使っていただいても良いですし

このようにセットアップでも使えるという万能ぶり。

さらに言えば、経年変化をも存分に楽しめる。

これはMister Freedomならではの、服飾を限界まで楽しむ事ができるアイテム。

 

 

NOSだからこその楽しさ。

NOSだからこその希少性。

NOSだからこそのロマン。

 

全てを感じて着てほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    MUSHMANS Fujita (07/09)
  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    長坂誠 (07/06)
  • 予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (03/23)
  • 予約受付を開始いたします!!
    星野 (03/21)
  • Making Mushmans 【最終章】 〜TAKE OFF !〜
    ショウジ (01/25)
  • 今期別注レザー 【BUSTED SHRINK HORSEHIDE DARK SEAL "VOLCANO"】のメンテナンス方法に関しまして。
    BeOS (10/28)
  • 毎年恒例のCOLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country コラボアイテムの予約受付開始です!
    BeOS (10/15)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (05/18)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    ナナス (05/16)
  • 3/4 SLEEVE SHIRT 第2弾!
    toss (05/14)

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode