VESTがBESTな季節です。

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!
 

 

この一週間、劇的な忙しさでブログを作る事すらままならず。。。

忙しいという事は本当にありがたいことでございまして、目の前の事をじっくりとしっかりと取り組んで行かなければならないのですが、先の事も進めていかないといけない訳で、その時間軸が朦朧としてきてしまう今日この頃でございます。

ここ数年の中で今が一番モノゴトを抱えている時なのかもしれません。

こういう時こそ慎重になって進めて行く必要がありそうです。

 

 

さて、そんな忙殺される毎日ですが、季節は進んでおります。

もうシャツ一枚では外出できない寒さになってきている訳で。

 

 

まさに今時季にBESTなVESTが揃っておりますので、ご紹介させていただこうと思います↓

 

 

まず始めに、今期のMUSHMANS別注モデルから御紹介させていただきましょう。

 

クレセント1-630.jpg

MUSHMANS×Crescent Down Works

"Italian Vest"

CORDURA CAMO

 


今年2月に開催したCrescent Down Worksカスタムオーダー受注会時に、大変好評いただきましたMUSHMANS限定ファブリックである"CORDURA/コーデュラ"を使用した別注モデル。

このスペシャルファブリックであるCORDURA CAMOモデルが、S/M/Lの各一着ずつ店頭ストックが実現いたしました!!

 

 

 

クレセント2-630.jpg

アウトドアブランドのアイテムでよく見かける上記ロゴ(MUSHMANSラベル下のタグ)は、この生地を使用している事の証でございます。

このコーデュラはナイロンの7倍もの強度を持ち、過酷な条件下で使用されるアイテムに使用するために生まれた特別な繊維でございます。

引き裂き強度に長けているこの繊維は、繊細でもあるダウンインサートのアイテムに最適なマテリアルと言っていいでしょう。

 

 

クレセント3-630.jpg

混合率
今回の別注ファブリックに採用するのは、上記二色のカモフラージュ柄。
画像では判りにくいかもしれませんが、化学繊維感をあまり感じないマットな質感はコットン70%/コーデュラ30%という混率によるものです。
ヴィンテージダウンアイテムによく使用される60/40クロス、所謂"ロクヨンクロス"は、60%コットン/40%ナイロンの混合で織られるファブリックである事からそう呼ばれます。
コットンとナイロンのコンビネーションにより、マットな質感と強度が保たれさらに雨などに濡れた場合、含まれるコットンが膨張する事で生地の密度が高まり防水効果を得るといった理にかなった構造となっておりますが、今回のコットン70/コーデュラ30は60/40クロスと同様の発想から生まれ、さらに高い堅牢性も持つファブリックなのです。
 
生地構造
さらに一定の間隔で格子状の補強糸が織り込まれているRip Stop/リップストップ構造のファブリックは、より一層引き裂き強度を高める効果を持っておりファブリックのデザイン性にも一役買っている組織でございます。

 
クレセント8-630.jpg
OLIVE&BROWNの落ち着いた発色が魅力的なカモフラージュ柄。
ダウンベストに大変マッチした発色感でございます。

 
クレセント4-630.jpg
インナーライニングには通常よりもヘヴィーデューティーさを求めて、アウターシェルにも使用される事の多い60/40クロスを採用しました。
これにより、若干着心地は硬質なものとなりますが、気兼ねなくガンガン使える仕様となっているのが嬉しい所です。
何故なら、アウターシェルにCORDURAをおごりましたので、どんなシチュエーションでも気を遣う事なく使える仕様にしたかったのです。
ライニングカラーはRUST、一見オレンジに見えるのですがオレンジに若干ブラウン色を混ぜた絶妙な落ち着いた発色です。
カモフラージュ柄に最適な色合わせになったと思います。

 
クレセント5-630.jpg
ジッパーは下からも開けられるダブルジップ仕様になっておりますので、着座時にも着心地良し。
ダウンベストだから、クルマの運転時にも脱ぐ必要がありません。
かなり使える仕様になっております。

 
クレセント6-630.jpg
勿論ハンドウォーマーポケットも付いておりますよ!

 
DSC_9725.jpg
着用感はこのようになります。
画像の人物はサイズMを着用しております。
アウターシェル、インナーライニング共にヘヴィーなファブリックを使用し堅牢な仕上がりとなっておりますが、やはりダウンベスト、軽くて暖かい。
サイズ感は若干アメリカンなシルエットなのですが、Crescent Downを着るなら それなりに着たいという事もありまして、私はあえてこのサイズを選びます。
かなり希少となったMade in USAのダウンアイテム。
楽しめる一着が完成しました!!




 
続いてアメリカ繋がりで↓
filson vest1-630.jpg
アメリカ繋がり、さらに言えばシアトル繋がりです。
FILSONからリリースされている、こちらも質実剛健なダウンベスト。
1897年、ワシントン州シアトルにて、ゴールドラッシュの労働者に向けたウエアを生産する為に設立された「フィルソン」。創設者CLINTON C.FILSONが掲げたコンセプトは「どうせ持つなら最上級のものを」。
上質な天然素材を用い、綿密に計算された設計と正確かつ堅牢な縫製で、一切妥協のない製品を提供。
金の発掘という劣悪な環境下で酷使されながらも、十二分にその性能を発揮するフィルソンのプロダクトは、アメリカのワーカー達から高い信頼を獲得。
森林警備隊や空軍、陸軍といった米政府機関へ装備を供給している事からも、そのクオリティーの高さが伺えます。

 
filson vest4-630.jpg
filson vest5-630.jpg
filson vest9-630.jpg

クラシカルな外観ながら、機能性に富んだフィルソンのダウンベスト。シェル生地にオイルドコットンを採用しており、悪天候にも対応。
上半分はライトな生地、下半分と、ポケットのパッチはヘビーな生地で切替えており、共色ながらも微妙な変化が技アリなデザイン。
合わせはスナップ開閉のストームフラップが付いたジップ仕様。ポケットは、マッキーノベスト等でもお馴染みの、上下ワンパネルのパッチポケットで、左側上部はフラップ付き。
スラッシュタイプのハンドウォーマー、中は起毛させたコットン生地が取り付けられております。
襟もとの内側はぐるっとウールの生地で囲っているので、上までジッパーを閉めれば、保温力が増すのもポイントです。

 
DSC_9736.jpg
この着用感いかがでしょうか、FILSONらしさ全開のディテール感満載のオーラです。
オイルドコットンならではの生地感も楽しめ、こちらも気兼ねなく使える仕様です。
さらにオイルが抜けてきたら足すことが出来るよう、OIL FINISH WAXも付属されているのが嬉しいですね。
サイズは結構大きめなので、画像の人物はサイズSを着用しております。
XS=S/S=M/M=Lといったサイズ感であると思っていただければ良いかと思います。
こちら先に御紹介したCrescent Downとアメリカ繋がり、さらにシアトル繋がりという事でございますが。。
プライスを御覧いただきますと38000円とかなり良心的なプライス。
何故か?製造国がバングラデシュだから。。
ちょっと残念だけど、ここまでの作り込みをMade in USAでやったら、、そう考えると仕方ないのかな?といった感じです。



 
ここからはMand Made in JAPANを!
DSC_9733.jpg
DSC_9729.jpg
DSC_9732.jpg
DSC_9728.jpg
WINE

 
昨年に引き続き、今年はさらに浸透してきているRainbow Countryの"Primaloft/プリマロフト"インサレーションのレザーVESTが続々入荷して参りました!!(その他のカラーは今しばらくお待ち下さい。)
画像の人物は全てのカラーでMサイズを着用しております。
今までの常識を覆す、軽量且つ薄型なのに暖かさはダウンインサレーションと同等かそれ以上。
オールレザーである事から、重量や着心地ではファブリック物のVESTに劣るものであったのは過去の話。
プリマロフトインサレーションになった事で、オールレザーであっても着心地はダウンベストのそれを実現しているのです!!
昨年ご購入いただいたお客様からの絶賛、それを受けて今期は昨年以上にオーダーの多かったアイテムであります。
肩ヨークには存分に経年変化を楽しんでいただくべく、ナチュラルのホースハイドを使用し、着用年数が進む毎に飴色に変化する過程を楽しんでいただけます。
経年変化と使い勝手の良さを両立したスペシャルなアイテムなのです!!

※Primaloft/プリマロフト インサレーションについて。※
プリマロフトはアメリカ軍の要請を受けたALBANY社が開発したダウン(羽毛)に代わる画期的な超微細マイクロファイバー素材です。
プリマロフトは羽毛のように軽くて暖かい保温性と柔軟性を発揮するだけでなく羽毛には無い撥水性をも発揮します。
これまでにない機能性(断熱、防寒テクノロジー)とどんな環境でも使える高い実用性を備えた画期的な人工羽毛として誕生したのです。
1983年にアメリカ陸軍、海軍等の寒冷地用防寒具に採用され現在ではアメリカ全軍のレイヤリングシステム"レベル7"という寒冷地仕様ジャケットのインサレーションとしてまた各国の有名アウトドアメーカーが高級グースダウンに代わる新素材として採用しております。


※Rainbow Country×Primaloft GOLD※
レインボーカントリーでは米国プリマロフト社と正式なライセンス契約を結びこの新素材を使用したレザーウエアを提案します。
近年、供給、品質面が不安定で且つ動物愛護的観点で問題の多いグースダウンの使用を中止し厳格なミルスペックに基き開発されたプリマロフトに切り替わります。
プリマロフトの中でも最高水準の保温性、柔軟性、軽量、撥水性を発揮するプリマロフト"GOLD"インサレーションを採用し、アウター素材の牛革、馬革もプリマロフトの軽量さ柔らかさを損ねない、最高品質の革を作り上げました。
レザー素材の耐摩耗性、経年の風合いと最高水準の保温性、柔軟性、軽量さがベストマッチングした新たなウエアを体感して下さい。

こちらのモデル、例年同様ストック分が完売しますと増産はございません。
今あるうちに是非実物を御覧下さいね!!
きっとビックリする暖かさと着心地の良さを感じていただける筈です!
さて、今回の着用で使用していたボトムですが↓
TM1-630.jpg
MUSHMANSで密かなブームとなっている、こちらのTOMMYS PANT。
この"トミー"は戦時下で英国兵の事を総称して呼ばれていた事から、そう名付けられたもので、英国軍のパンツという事になります。
日本軍のパンツだったらジャップスパンツって事になるんでしょうね。

 
TM8-630.jpg
ブーツイン、そしてゲートルでがっちり固める事を前提としたディテールが特徴のミリタリーパンツ。
さらに使用されるファブリックはナイジェルケーボンが挑戦したヴィンテージファブリックの完全再現。
確かに見た事の無い程のドライ感としなやかさの同居が、このファブリックで実現されているのです。

 
TM6-630.jpg
完全なミリタリーアイテムでありながらも、洒落た雰囲気を演出するあたり、ナイジェルにしかできないテイストなんだと思います。
画像の人物は、全ての画像においてサイズ32を着用しております。
 
着用画像を御覧になって、コレは!と思った方。是非一度ご試着下さい。
絶対にハマリますから(笑)




 
という事で、なかなかブログを更新出来ていなかったので、凝縮させた感じになってしまいましたが。。。
皆様のご来店をお待ちしております!!



 

コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    MUSHMANS Fujita (07/09)
  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    長坂誠 (07/06)
  • 予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (03/23)
  • 予約受付を開始いたします!!
    星野 (03/21)
  • Making Mushmans 【最終章】 〜TAKE OFF !〜
    ショウジ (01/25)
  • 今期別注レザー 【BUSTED SHRINK HORSEHIDE DARK SEAL "VOLCANO"】のメンテナンス方法に関しまして。
    BeOS (10/28)
  • 毎年恒例のCOLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country コラボアイテムの予約受付開始です!
    BeOS (10/15)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (05/18)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    ナナス (05/16)
  • 3/4 SLEEVE SHIRT 第2弾!
    toss (05/14)

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode