Trujillo's×MUSHMANS Leather "Rio Grande Leather Jacket"の初期経年変化とコーディネート!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

梅雨真っ盛りの天候が続いておりましたが、ようやく梅雨明けが見えてきた感じですね??

これから夏に向かうのが楽しみでなりませんね!!

 

 

という事ではございますが、本日は"夏"なアイテムの御紹介ではありません(笑)

まあ、MUSHMANSではいつもの事といった感じなのかもしませんが。

 

DSC_4440-630.jpg

 

こちらの製品に関しての詳細は→ コチラ をClick!

 

本日は大変高い評価をいただいておりますTrujillo'sとのコラボアイテム"Rio Grande Leather Jacket"に関してまして、ご来店いただいたお客様よりご要望いただいております【初期経年変化】と【コーディネート例】に関しまして掲載させていただこうと思います。

経年変化と言いましても、この時季です(笑)

私が店内でできるだけ着用し、通勤時の車内で着用している程度。

この梅雨空ですので、雨に最初から濡れてしまうのも忍びないですし、それほど着込めている状況ではありませんが、それでも着実に経年変化は始まっておりますので、まずはその変化から御覧いただこうと思います。↓

 

 

なるべく大きな画像で御覧いただきたいので、サムネイルでの表示となっております。

大きな画像を御覧いただく場合は、画像をクリックいただきますと最大化いたしますので、是非御覧下さいませ。

 

あくまで初期の経年変化ですので、目覚しい変化というのはございませんが、やはり仕上げでオイルフィニッシュをしただけあって全体の光沢感が上がってきているのが御覧いただけるかと思います。

発色に関しても若干変化が始まっておりまして、これから深い色合いへと変化する兆しが見えてきておりますね。

こういったレザーマテリアルは変化が確実に見られますので、着用する度にテンションが上がります。

 

 

ベジタブルタンニン鞣しのホースハイド、腕皺も深く刻まれます。

これもオイルフィニッシュの影響が出ており、一旦刻まれた皺は消え去る事無く時を刻みます。

着用感もしなやかで、軽快に着用できるのが魅力のひとつですね。

 

 

ボトム部分も味わい深くなってきております。

これから着用が進みますと、今回の主役でもあるブランケットもウネリが出てくることでしょう。

そうなりますとレザーの表情と相まって、粗野で温もりのある雰囲気をお楽しみいただけます。

 

 

主にクルマの乗車時に使用しておりますので、背面は中々の風格を纏っております。

さらに年月が経過し、ブランケットが若干毛羽立ってきますと、それはもう素晴らしい風格を得る事になるでしょう。

 

 

手織で一枚ずつ織り上げられるブランケットと、極限まで素の状態に近い状態で仕上げたマテリアル。

この両者と、時というエッセンス。

これらが三位一体となり、唯一無二のアイテムが完成するのです。

手に入れたオーナーのみが味わうことを許された、至高の瞬間まで。

是非、添い遂げていただきたいと思っております。

 

 

 

 

そして、着用に関しても御覧いただきましょう↓

 

DSC_4870.jpg

ここのところの悪天候で、しっかりと太陽光を浴びて着用画像を撮影する事ができませんでした。

その為、製品が持つ本来の味わい深さが表現しきれていないのですが、着用時の雰囲気だけでも御覧いただけたらと思います。

 

 

 

DSC_4929.jpg

 

DSC_4925.jpg

通常のレザージャケットと比較しても、なかなかにインパクトのある仕様ではございます。

が、しかし、一本一本の毛糸を織機で織り上げるという、旧くからの手法で作り出されるブランケットは、温かみを感じ 人々の日常に溶け込みます。 電子的に制御された織機では成し得る事のできない、独特のオーラを感じますね。

だからこそ、様々なコーディネートにマッチする利点を持っております。

ここで御紹介するのは、今月の初旬にリリースしたMUSHMANS Original "Classic Trousers"とのコーディネート。

米国中部の土臭さを感じるコーディネートが完成します。

画像の人物はサイズ38を着用、インナーにはPIKE BROTHERSの新作アイテム"1963 Saw Tooth Shirt Mojave Blue"を着用。

秋口から活用できるコーディネートです!

 

 

 

DSC_4946.jpg

 

DSC_4943.jpg

続きましてはDENIM PANTSとのコーディネートです。

比較的ワイドシルエットなワークパンツ仕様のデニムでも、バッチリとコーディネートを楽しんでいただく事が可能です。

まだまだジャケットの経年変化が進んでおりませんが、もっとヤレてくると全体のバランスも良くなってくる事でしょう。

この時季ですのでガンガン着用するっていうのはまだ難しいところもありますが、タイミングを見つけて着用し早い段階で皆様にその変化をお見せできたらと思います。

 

 

 

 

さて、併せてPRですが↓

 

MSP1-630.jpg

MUSHMANS

Original Spec "CLASSIC TROUSERS"

Cavalry Twill Beige

[MSP-001]

 

こちら、初のオリジナルボトムという事で、かなりの本数を用意しておりましが・・

既にサイズ30が2本、サイズ32が3本。

それ以外のサイズは完売となっております。

 

次回の生産は未定となっておりますので

ご検討中のお客様はお早めに!

 

 

 

 

 

 

 

それでは、また!

 

 

 

 

 


コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode