待望の新型リリース!! MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE "All Leather Sneakers-Model 2" の詳細をお知らせします!

 皆様こんにちは!!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

本年の年始より販売をスタートさせましたMUSHMANS Footwear×RESPECTABLE "All Leather Sneakers"でございますが、大変嬉しい事に多くの皆様へ浸透してきた感がございます。

中にはオールカラーコンプリートしていただけている御客様もいらっしゃいまして、そのディテールやデザインのみならず、履き心地の良さに関しても高い評価をいただけているのが嬉しいです。

 

そして、この度"All Leather Sneakers"の新型モデルを発表させていただく事となりまして、本日はその詳細をPRさせていただきます。

 

MSS2-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

All Leather Sneakers

Model-2

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

定評のある、スニーカーLast(木型)はそのままに、新たなパターンを作成し作りこまれる"All Leather Sneakers"の第二弾。

グッドイヤーウェルテッド製法とオールレザーに最適なデザインは? それを模索した二つ目のデザインがこちらです。

レザースニーカーの往年の定番的デザインと、その存在感はウェルト形状とも相性が良く、スニーカーとしての軽快感を持ちながらも、所有者の満足度を引き上げる重厚さをも持ち合わせました。

これからは、こちらのモデルとの二本立てでレザースニーカーを展開して行こうと画策しております。

 

 

MSS2-2-630.jpg

新型モデルの初陣という事で、まずは定番のホワイトを採用いたしました。

このマテリアルはModel-1でも採用いたしましたBADALASSI Carlo s.r.l(バダラッシ カルロ社)のミネルバリスシオ"Bianco/ビアンコ"を使用しております。

BADALASSI社では珍しいホワイトのレザーは、MUSHMANS LeatherのLeather Giletで大変好評いただいたカラーと同様です。

後ほどご説明をいたしますが、このホワイトカラーのレザーマテリアルの経年変化は大変味わい深いものでございまして、ホワイトカラーと言えどもBADALASSIらしい素晴らしい経年変化をお楽しみいただけます。

 

 

MSS2-4-630.jpg

 

MSS2-3-630.jpg

基本的な装着感やサイズ感はModel-1と同様になるよう作られておりますが、若干ディテールが変わりますので その分の違いを感じていただく事は出来るかと思います。

もともとバスケットシューズとして認知されたモデルのLowカットヴァージョンをベースとして作られている為、くるぶし周りのホールド感とクッション感を高いものにしております。

その為Model-1よりも若干ハイトが高くなっており、また違った装着感をお楽しみいただけます。

 

 

MSS2-5-630.jpg

 

このModel-2で使用しているLast(木型)は、Model-1で使用しているスニーカー専用Lastと同様の物を使用しております。

という事ですので、基本的なサイズ感はModel-1と変わりません。既にModel-1をお持ちのお客様はコチラのモデルも同様のサイズをお選びいただけます。

 

ワイズの設定としては"D〜E"といった感じで、DワイズとEワイズの丁度中間といった雰囲気となっております。

 

サイズの選び方としては、いつもMUSHMANS Footwearの製品をご利用いただいている方はハーフサイズ上を選ぶ傾向にあります。スニーカーですので、若干余裕のあるサイズで履いていただき 羽根がある程度ビシッと閉まるようにして着用いただくのが良い雰囲気なのかと思います。

私も普段MUSHMANS FootwearのアイテムはUS8.5(26.5cm)を履いておりますが、こちらに関してはUS9(27.0cm)をガッチリ閉めて履いております。

これは好みもございますので一概には何とも言えませんが、サイズ選びの参考にされて下さい。

※あくまでMUSHMANS Footwearのサイズ感と比較した場合の事です。基本的に広く知られているRED WING等サイズ感とは同等とお考えいただいて良いかと思います。※

 

 

MSS2-8-630.jpg

 

MSS2-9-630.jpg

 

MSS2-7-630.jpg

 

スニーカーと言えども、このスニーカーはMUSHMANS Footwearの生産を一貫してお願いしている工場さんの自社ファクトリーブランドとして立ち上げた"RESPECTABLE"とのコラボレーションで生まれたものです。

その為、スニーカーであるにもかかわらずグッドイヤーウェルテッド製法にて作り出されるスニーカー。

即ちオールソール交換を繰り返し行う事ができる、さらにはToeの先芯やヒール芯材、中底の全てにおいてリペアする事が可能な設計となっております、言わば一生物のスニーカーなのです。

 

勿論、アッパー(甲)部分だけに留まらず、インナーライニングや中底といった全てのパーツにレザーを使用しておりますので、最早スニーカーの域を超えそうになっているアイテムです(笑) ※超えそうなだけで、スニーカーである事に間違いはありません。※

アウトソールとシューレース以外は全てレザーマテリアルを使用した、最上級グレードのスニーカーであります。

 

 

MSS2-10-630.jpg

アウトソールに関しては、Model-1同様の"Vibram #9105"を使用。

 

Vibram #9105 は #2021にスリットを入れたようなソールです。

新素材のVibram® Vi-Liteを使用して設計されたこのソール、Vibram® Vi-Liteは、軽さを追求したVibramの新素材で、軽量でありながら耐久性に優れた発泡素材。

スニーカーに最適なアウトソールですね。

 

私自身もModel-1のリリースから、これまでの約8ヵ月間、かなりの頻度でこのスニーカーを履いております。

普通の#2021ですと、これだけの頻度で8ヵ月間履き込みますと目に見えてアウトソールの消耗を感じる頃合です。

しかし、この#9105は#2021程の摩耗を感じません。

この#9105に使用される新素材【Vi-Lite®】の恩恵なのかと思われます。

通常の#2021等のクッションソールに使用されるEVA素材よりも、#9105の素材は硬質なのかと思います。

その硬質が故に耐磨耗性は高いのですが、デメリットとして硬い為ソールの返りが悪いという事になります。

それを解決する為に、屈曲して欲しい部分をめがけて合計7本のスリットを入れ、ソールの返りを良くしております。

このアウトソールは性能的には申し分ありませんが、どうしてもトラディショナルなBootsにはデザイン的に合いません、やはりこのスニーカーに最適なソールであると言えますね。

 

 

コーディネートを御覧いただきましょう。

まずは定番のデニムスタイルです、Bootsと同様の製法にて作り出されるハイブリットなスニーカーとは言えども、デザインとディテールは定番的なものとなっておりますので、コーディネートもすんなりと収まり良くキマリます。

Model-1よりも若干スポーティな雰囲気を持っておりますので、アクティブな印象のコーディネートが完成します。

今回のコーディネート画像では、細めシルエットのデニムを合わせておりますが、かなり太めなシルエットのワークパンツを合わせていただいても、このスニーカーはボリュームがございますのでシルエット負けする事はありません。

シンプルな無地T-shirtsも相性良しです!

 

 

短パンとの相性も抜群です。

画像ではSweat Shortsでコーデしております。

一年間を通して活躍する事間違いナシのスニーカーです!!

 

 

 

 

さて、このスニーカーに使用されているマテリアル"BADALASSI Carlo s.r.l  BIANCO"の経年変化に関して御覧いただきましょう↓

 

DSC_5354.jpg

言わずもがなですが、画像左が本日御紹介している新作Model-2、画像右が従来のModel-1です。

新作Model-2は一ヶ月程履き込んでおりますので若干経年変化が始まった頃合ですが、右のModel-1は8ヵ月程が経過しております。

双方ともに同じマテリアル【BADALASSI Carlo s.r.l  BIANCO/ビアンコ】を使用しており、その経年変化の進行具合が手に取るように解ります。

 

DSC_5357.jpg

 

DSC_5356.jpg

新品時は純白に近い白色からスタートし、一ヶ月程度でオフホワイト系の発色に変化します。

その後6ヵ月程度でアイボリー色に変色し、それ以降は変色の進行が若干遅くなる傾向にございます。

画像を御覧いただきますと、Model-1のToe部分に若干の傷がついているものの、汚れという汚れは付着しておりません。

かなりアイボリー色になってきているのは、汚れではなく植物(ベジタブル)タンニンによる渋が影響してこういった変色となっているのです。

クローム鞣し、顔料吹き付けでの発色される合皮のようなホワイト色とは一線を画し、天然皮革である事を実感いただける経年変化を実現しております。

 

新品時は確かに汚れる事に気を遣う色かもしれませんが、数ヵ月が経過しますとそういった事が気にならなくなるのが、このマテリアルの嬉しいポイントです。

 

DSC_5361.jpg

マテリアルの経年変化とは別の話しになりますが、後方からの画像を御覧いただきますとソールの消耗具合を見ていただけます。

この手のクッションソールを8ヶ月間ガッツリ履き込みますと、私の場合ヒール外側が大きく消耗し始めます。

画像左が8ヵ月経過時点での消耗具合ですが、通常のクッションソールと比べて消耗スピードが半分程度と感じます。

これなら気兼ねなく使えます。とはいえこのスニーカーはオールソール交換が可能なスニーカーですから、もともと気兼ねなく使えるんですけどね(笑)

 

そうそう、シューズのハイトもこの画像で比較していただけます。

Model-1と比べると、Model-2は1インチ弱ハイトが高くなってますね。

さらに履き口にクッション材が多く仕込んでありますので、ホールド感と履き易さもかなり良好です。

 

 

 

MSS2-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

All Leather Sneakers

Model-2

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

 

プライスもModel-1と同様のプライスとなっております。

是非、素晴らしい履き心地と重厚なディテールをお楽しみ下さい。

 

 

さらに↓

Bianco-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

同様のマテリアルを使用する関係で、こちらのModel-1も再生産が可能です。

前回の生産時に買い逃した!という方、これが最後のチャンスかもしれません?

是非この機会にご予約下さいませ!

 

 

 

 

本日よりご予約の受付を開始いたします!

 

新作Model-2 Bianco、従来型Model-1 Bianco 共にご予約受付期間は2019年8月31日(土)20:00までとさせていただきます。
レザーマテリアル調達の関係で、ある程度生産足数が限られております。

状況によっては早期にご予約受付を終了する場合もありますので、予めご了承下さいませ。

今回のアイテムは10月末〜11月中旬の御納品となる予定です。

 

※以下、必ずお読みいただいたうえで御注文をお願いいたします※

MUSHMANSオンラインショップを新規でご利用いただくお客様で御予約いただく場合は、クレジットカード決済をいただくか銀行振込にて全額決済後に正式に御注文受付となります。

いつも御利用いただいているお客様に関しましては、特に御予約時の決済は必要ございませんが、ご都合にお任せさせていただきます。

店頭での御予約受付時も同様に、新規のお客様は全額のお支払いをいただいてから正式に御注文受付とさせていただいております。

いつも御利用いただいているお客様は、その限りではございません。

予めご了承下さいませ。

また、オンラインショップでの御予約、店頭での御予約共にキャンセルに関してはいかなる理由でもお受け致しかねますので、御理解のうえご注文いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 


コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode