Making Mushmans 【第九章】 〜一年後の喜び〜

←Making Mushmans を始めから読む
←Making Mushmans 【第八章】はコチラ

Making Mushmans 【第九章】 〜一年後の喜び〜

2009年8月19日

昨日8月18日は一日休み、明けの翌日から 本格的に壁のペンキ塗りが始まった。


ペンキってのはハケで塗る訳だから、一度塗りで完了なのかと思っていたら・・・
そうは行かない

一度塗ったら乾かして、その上から重ね塗り と数回に分けて縫って行く。

店舗入って左側の作業風景なのだが、オイルステインを塗布した上からホワイトのペンキで塗装している。 板を縦に貼った壁は、全て木目を露出させたオイルステイン仕上げにする予定であったが、急遽「木目の割合が多すぎる」って事で、店舗左側の壁は全面ホワイトにする事に決まった。


とにかく無心で塗りまくる

HEADLIGHTのぺインターパンツにペンキが飛び、お決まりのセリフ

「見て見て、これが本物のぺインターパンツ

東吾氏無言でチラッと見るだけ。

私は最近心の中が読めるようになった・・・

「うるせーな、喋ってねーで早く塗れよ」

これが東吾氏の心の中だ













静かに・・・


塗る・・・


ここで、またもや大きな問題が発生
先にオイルステインで着色してあった、【縦に板を貼った部分】が何度重ね塗りしても『ピンク』になってしまう 本当に何回重ね塗りしたか解らない程塗っても『ピンク』に変色する

菊池さん「レディースのお店にすれば?」

とか言って笑ってるけど・・・マジでどぉ〜すんのよ

とにかく最後にもう一回『ホワイト』を厚塗りして、本日は帰宅

この日の夜、壁が『ピンク』になる夢を本当に見てうなされた・・・ 本当だ。


2009年8月20日

夢にうなされ、まともに眠れなかった私は 壁に宿った『ピンクお化け』の事が気になり・・・
まだ夜が明けないうちから店舗へ潜入した。

壁は何色だ?????



はい『ピンク』〜

※画像では白く見えますが、バッチリ変色してくれています※


ど〜すんだよコレ

この後もう一回塗りましたが、数時間後にはピンクちゃんが現れました


本当に『ピンクお化け』が乗り移ったのか、先に塗ったオイルステインがペンキに影響しているのか?
そりゃ、後者の方に決まってますが・・・。

って事で・・・・ 




ペンキのホワイト(ピンク?)はもちろん、オイルステインがしみ込んだ部分まで削ろうって事になって・・・

ベルトサンダーで削ります





気の遠くなる作業・・・

私は『厄払い』だと思って、必死に削る











あれっ この雰囲気・・・

なんか良い感じじゃない




この日、ピンクになり下がった壁を全て削り終える。

木の節目に入り込んだペンキが残り、何とも言えない良い雰囲気を醸し出していた

この風合いは使える
って事になり

この上から水で薄めた『ホワイト』のペンキを軽く塗り。





最終的にはこんな感じに仕上がりました

何とも言えない良い雰囲気

壁に宿ったのは『ピンクお化け』では無く『ピンク女神』だった訳です

今でも左側の壁は、若干『ピンクばんで』います




2009年8月21日

この日は、悪魔の【床】にコンクリートを打つ日です
あの削り続けた日々との決別。
何故か少し寂しい気もしますが。

そんな訳で、店舗内には一日立ち入る事が出来ませんでした。

2009年8月22日



今日は新越谷名物?「阿波踊り」の日

私も越谷には長いこと住んでいましたが、阿波踊りを見るのは初めて

メインストリートも封鎖され、スゲー盛り上がってます

オープンも間近になり、お祭りに見入る時間もありません。
とにかく作業を進めないと






このお祭りの写真を撮りながら、ふと頭をよぎった事を今になって思い出します。

「一年後の、このお祭りの日は 一体どうなっているんだろう」
それは、不安と期待の入り混じった複雑な感情でした。

笑ってこのお祭りの日を迎える事が出来るのか?
それとも・・・。









その一年後・・・
2010年8月22日





お祭りという事もあり、多くのお客様が来店されたこの日。

なんとなく店内もお祭りムードになって。














駐車場にはレジャーシートも登場








お客様からの差し入れで【ビール】が配られ、急遽宴会が始まった




深夜まで続いた、ゲリラ宴会






【第一章】でも書きましたが、人生何が起こるか解りません。

不安で不安で夜も眠れなかった一年前。

しかし、一年後 こんなにも楽しい幸せな時間が待っていたりします。

当然、その逆も起こりうる事なのですが。

ただ一つ言えるのは、自分の望む方向に向かって全力で尽くす事。
その苦労はいつか報われ、幸せな時間を生みだす。

そして忘れてはならない事。

自分の力でこうなった訳では無い、という事。






関わってくれる皆様に、日々感謝。





2010年 夏 最終日。


→ Making Mushmans 【第十章】 へ






コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode