Rainbow Country 新作モデル! 店頭に揃っております!!

 皆様こんにちは!!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

先日の水曜日は溜まりに溜まった疲れを癒すべく、近場の温泉に入ろうという事で那須塩原までクルマで走りました。

出発時間も早かった為、時間に余裕があったので、ひとつ峠道をバシッと走りたくなり『日塩もみじライン』に。

少々荒れ気味な路面とタイトなコーナーをいくつかクリアし、そろそろタイヤも温まってきたかな?って事で、気持ち良く立ち上がるべくアクセルペダルを一気に踏み込む!!

ストレート6の咆哮が山々にこだまする!筈が。。。

「ポンッ」という情けない音と共に、アクセルペダルが何の抵抗も無く踏み抜ける・・?

全く加速せず・・?

峠道の序盤、勿論序盤でありますから上りな訳で、アクセルべダルは全く何の抵抗も無いって事は、スロットルバルブが開いていないという訳で、そうするとエンジンは回転数を上げませんから前進しません。

どうしようも無いですから十分に安全を確認してUターン。

クリープと下り坂を利用しながら、トロトロと引き返し、何とか近くのガソリンスタンドまで。。

 

どう考えてもアクセルワイヤーが切れているか、その周辺が壊れてますので、ガソリンスタンドで工具を借りてスロットルへアクセスしてみるも、パーツが欠落してしまっていたので応急処置も出来ずに途方に暮れる。。。

 

いつも車の面倒を見てくれているSHOPさんへ相談の電話をしてみたところ「じゃあ、パーツ持って今から行くから待っててよ!」ってここは那須ですよ。。

私も流石にそこまでしていただくのは気が引けてしまい、一度はご遠慮したものの、確かにレッカーを呼んでも一日が吹っ飛んでしまう。。ここはご厚意に甘えて、恐縮ながらもレスキュー要請。。

2時間かからずに現地にお出ましいただき、ものの数分で修理完了。

 

ガソリンスタンドでエアクリーナーをバラしておいたので、戻してしまうのも時間の無駄という事もあって、エンジンをかけずにレスキューを待った1.5時間程度。車内で待っていたものの、暖房を使えず徐々に冷え込む車内。

さらに、出張修理していただく事に対する申し訳なさで身体は芯まで凍っておりました。

 

その後に入る温泉の温かさよりも、助けてくれた方々の気持ちが温かい事この上ない。

怪しい人物に快く商売道具である工具を貸してくれたガソリンスタンドのおじさん。

たまたま予定が空いていたという事でしたが、往復300kmの距離を飛ばして助けに来てくれたSHOPさん。

感謝しかございません。

 

 

旧い車に乗っていると、度々こういった事が起こります。

こういった事で嫌になってしまうか、こういった事をも愛おしく思えてくるか。

それは、お付き合いするSHOP(主治医)に左右される事なんだと思います。

工場に入れなくても絶対直せる自信とか、たまの休みに好きな車で走る楽しみを理解してくれる気持ちとか、そういった総合的な部分を網羅してくれる本当の意味でのプロショップ。

 

私たちMUSHMANSも、業態は違えどプロショップとしてやっていくには、同様の気持ちと真の知識を持たなくてはならないな。と、この経験で再認識した素晴らしき休日。

 

旧い124型メルセデスに乗りたいんだけど、二の足を踏んでいる方。

勿論旧い車だから、今の車には無いトラブルはございます。

そんな時に、親身になってくれるSHOPがあれば安心感もありますよね。

 

で、ここでそのSHOPへのリンクを貼りたいところですが、色々と考えた末、やめておきます。

その訳は、このページの末端に記載いたしますが、 そのSHOP紹介して欲しいという方には喜んで御紹介いたしますよ!

 

 

 

と、前置き長めになってしまい、最後には不可解な仕舞い方をする本日のブログでございますが(笑)

今日の本題に入ろうかと思います↓

 

 

先日入荷のお知らせをいたしました↓

DSC_9175.jpg

Rainbow Country 2019-20

40’s Horsehide Car Coat

"SPIDER"

BLACK

 

大変好評いただいておりまして、サイズが歯抜けになっておりましたので、本日サイズ36・38・40・42の4サイズを補充いたしました!!

見た目以上に着用感が軽快、パターンの良さから来るこの着心地に悩殺されるお客様が多数いらっしゃいます。

そのうえ、カッコイイときたら、絶対に欲しくなってしまうアイテムである事は間違いありませんね!

今ならサイズが揃っております!

是非、この機会に現物をご覧下さい。

 

 

さらには↓

DSC_3108-630.jpg

Rainbow Country/レインボーカントリー

40's Horsehide Car Coat

"SPIDER"

SEAL BROWN

 

こちらもサイズ36〜42までの4サイズが揃っております!!

カーコート言えばBLACKなんだけど、革の質感も存分に楽しみたい!!というレザーエンスーには、こちらのカラーもお勧めです。

 

 

やはり何度着てみてもカッコイイなぁ。と思えるこちらのアイテムの着用画像はコチラ↓

 

まずはBLACKから

DSC_9320.jpg

 

DSC_9324.jpg

軽快な着用感と上質なマテリアルが相まって、スタイリッシュでいつまでも着ていたくなるCar Coatの決定版。

今期からデザインを一新して、シンプルな中に凝縮された存在感を纏っております。

画像の人物はサイズ38を着用。

コーディネート例として、人物お気に入りのNigel Cabourn TOMMYS PANTを着用。

ハッキリ言って、男のブーツインスタイルは気持ち悪くて好かないのですが、このTOMMYS PANTの土臭さなら許せる(笑)

こういったコーデも十分受け入れてくれる、素晴らしいカーコートです。

 

 

続いてSEAL BROWN↓

DSC_9326.jpg

 

DSC_9329.jpg

SEAL BROWNになると、途端にトゲトゲしさが無くなるのが面白い。

大人なレザージャケットスタイルを楽しむなら、SEAL BROWNもお勧めですね。

画像の人物はサイズ38を着用。

今回、一貫してボトムにはTOMMYS PANTを着用してみました。

こちらのボトム、今季春夏・来季秋冬の展示会に出品されておりませんでしたので、恐らく現在のストックで最後になります。

長らく愛されたTOMMYS PANTもファイナルです! こちらも併せてよろしくお願いいたします。

で、足元はMUSHMANS Footwear Norwegian Front Service Boot 在庫は無いんですけれどもね・・・。

 

 

そして、こちらの好評いただいております新型アイテム↓

DSC_3118-630.jpg

Rainbow Country/レインボーカントリー

Horsehide Double Riders Jacket

"ALL STATE"

 

こちらも歯抜けになっていたサイズの補充が完了!

どちらかと言えば、ストリートファッション向けに構築されたライダースパターンですので、バイク乗りにお勧めというよりはファッションとしてダブルライダースを楽しみたい方にお勧めの一着。

ダブルライダースと言えばバイク乗り専用のアイテムと思っている方、その考えはいまや古い。

このRainbow Countryの新作"ALL STATE"は、重厚なダブルライダースを仰々しく見せずにお洒落に演出してくれる事間違いありません。

 

バイクには乗らないけど、ダブルライダースを着てみたい!

そう思っている方にマストなアイテムでございます。

 

DSC_9315.jpg

 

DSC_9317.jpg

スタイリッシュなダブルライダース。

MUSHMANS Leatherの"CYCLE CHAMP"とは、まさに正反対の着用感です。※どちらが好みかはお客様次第※

新品時からしなやかで着心地良し、アームホールもタイト目ですっきりとしたシルエットをお楽しみいただけます。

だからと言って、女々しいヨーロッパスタイルのダブルライダースとは一線を画す存在感。

スタイリッシュに男らしさを演出するバランスの良さはRainbow Countryならではの技術です。

これでガッツリとバイクに乗ろうと思うと、前身と後身の面積配分から言って辛いかもしれません。

ただ、乗車姿勢を取らずに普通に着用するのであれば、逆にこちらの方が自然な着用感になりますね。

またひとつ、新たな選択肢が増えました。

画像の人物はサイズ38を着用。

こちらも同じくNigel Cabourn TOMMYS PANTでコーディネート。

ちなみにBOOTSはWHITE'Sのエンジニアブーツ"NOMAD"でございます。

 

 

 

という事で、レザー三昧三連発でご紹介させていただきました。

全て今期の新作となりますが、どれを取っても完成度の高さは申し分ない。

検証され尽くしてのリリースでございます!!

 

 

 

 

今週末、レザージャケットを探すなら

是非、新生MUSHMANSにお越し下さいませ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ここからまた冒頭の話に戻り、補足的なお話になるのですが。。

冒頭での私の私生活、そして見舞われたトラブルに対して対応してくれたプロショップ。

そういったお話でございましたが、これ、このまま終わると勘違いされる方がいらっしゃるんじゃないか?と思い最後に書かせていただきたいと思いました。

 

冒頭のお話での終盤にSHOPさんのお話をいたしましたが、こういった言うなれば一線を越えたサービスというのはいつでも誰でも受けられると思われたらSHOPさんに相当な迷惑になるなと思ったので加筆させていただきました。

たまたま時間的余裕があったという事が幸運であったのは勿論ですが、それを含めても今に至るまでの"付き合い"というものが少なからずあるという事をご理解いただく必要があると思います。

ある一定の付き合いというものがあってこそ、親身になれる部分がございます。それは個人間であっても同様です。

 

困ったときにいつでも誰にでも満足されるサービスを施すのがプロショップという考え方は物凄く危ない。

プロだからこそ、その知識や技術を生活の為に使っている。

その知識や技術を、しかるべき対価のもと切り売りするという職種だ。

今はインターネットに繋げば、いくらでも安価な物を探す事ができる。個人輸入代行だったり、中古品だったり、たまたまそれでしか手に入らない物であれば仕方ないのかもしれないが、SHOPを経由して入手出来る物を安いからという理由で何の疑いもなく入手する。

その安価な物を入手して、知識と技術の欲しいところだけをかいつまんで得をしようとする人がとても多いような気がしてならない。

さらに、期待していたサービスを得られなければ文句を言う、それも本人に対してでは無く不特定多数の人間が事情を知らずに閲覧できるような場所でだ。

 

そういった人間は"平等じゃない"とか"贔屓する"とかと揶揄する訳だが、そういった人間に対して同様のサービスを施す事事態が平等じゃないという事になるという事が分らないようだ。

頼むから、どうやって世界が回っているのか、じっくりと考えて欲しいと思う事が多々ある。

 

幸運な事に、当店MUSHMANSではそういった事に出くわすシーンというのは少ないので有難いのですが、方々でそういった事を耳にする機会が増えた。多くの実店舗という業態が疲弊している。

何に重きを置くのか、それは個人が決める事であるのは勿論、選択の自由は広がっているのは良い事だ。

ただ、美味しいところだけをいただこうとしたら、世の中上手く行かないんじゃないか?と思う訳だ。

出したもの以上の見返りは期待するべきじゃない。

 

このBlogはある一定のお客様にしか閲覧されていないとは思うのだけれども、それでも不特定多数の方に閲覧される環境にある。

だから、こうして加筆する必要があると感じたのであります。

 

世知辛い世の中ではございますが、双方一生懸命に関係を構築すれば、有意義な生活が送れるものなのだと、そう思っております。

それは個人間であっても、店対顧客であっても、国対国であってもですよね。

 

上記文章で気分を害された方がいらっしゃいましたら申し訳ありません、もしご意見がございましたら直接お話いたしましょう。

 

 

 

 

 

 

 


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • by -
  • posted at 2020/02/29 11:10 PM
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode