MUSHMANS Footwear 2020 Custom Order 受付を4月23日(木)より開始いたします。 告知-1

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

かねてから予定しておりましたMUSHMANS Footwearのカスタムオーダー受注会でございますが、この状況でもございまして先延ばしとしておりました。

しかしながら、御来店いただくお客様やお電話、メールで受注会の開催はいつからなのか?といったご質問が多く、スタンバイは完了しておりましたので、この際長期間に渡って受注期間を設けたらどうだろうか?と考えまして、今週からスタートを切る事に決定いたしました。

 

とは言え、こういった状況でございますので、ご来店が難しいという方もいらっしゃるかと存じます。

その為、受注受付期間をある程度定めない方向で進めて行こうかと考えております。

 

IMG.jpg

MUSHMANS Footwear

2020

Custom Order Exhibition

【カスタムオーダー受注受付開始!】

 

日程:2020年4月23日(木)〜緊急事態宣言解除より1ヵ月間

 

現段階では5月6日までを緊急事態宣言の発令期間と設定されておりますが、COVID-19の蔓延状況によってはこの限りではございません。その為この緊急事態宣言の発令期間が延長される事も考えられますので、受注受付終了日程に関しても設定せずに受付を実施しようという事でございます。

晴て、緊急事態宣言が解除された日より一ヶ月後を受注受付締切日と設定させて頂こうという試みでございます。

 

 

本日はこのカスタムオーダー受注受付開始に伴い、まずはMUSHMANS Footwearの生産を一手に担う工場での生産の様子からご覧いただこうと思います。

ですので、表題を【告知-1】としておりまして、続く【告知-2】におきましてオーダー可能モデルのご紹介や、素材に関してのご案内をさせていただこうと思っております。

 

 

 

昨年、大変ご好評いただきましたMUSHMANS Footwear カスタムオーダー受注会、これをさらにアップデートした形で2020年のカスタムオーダー受注会を開催すべく進めて参りました。

 

MUSHMANS新店舗リニューアルオープンの準備期間中という、極めて心身共に疲弊している最中、リニューアルオープンまであと4日というタイミングで私は始発に乗り秋田へ向かいました。

 

その時のブログが→コチラ

 

美しい雪景色の中に、我々が日頃お世話になっている工場がありました。

工場長に出迎えられ、想像以上に規模の大きい工場を目の当たりにします。

そして、案内されるショールームには、夢のように大きな可能性が陳列されておりました。

 

1-630.jpg

 

新作モデルの打ち合わせや、受注会の受付方法のすり合わせを行い、新たに組み込むマテリアルの相談。

あっという間に午前中を使い切った。

ランチを挟んで午後から工場の視察。

 

日本でも指折りの靴工場である。

まず驚く事は、靴工場にありがちな雑然とした雰囲気が全く無く、整然とした工場内。

さらに、広い工場でありながら底冷えする感じが全く無く、雪国秋田の工場とは思えない環境。シンナー臭さも気にならないのも不思議で、これに関して聞くと、先代の社長が大掛かりな設備投資を行い、床暖房化と空気循環システムの完備を各セクションにしているようだ。

職人さんに最高の環境を整備し、最高のパフォーマンスを発揮してもらおうという配慮。これも最上の靴を手にする顧客に対してのサービスだと言う。

顧客満足をロジックの再頂点に置いた考え方、これだけの規模の工場となると、中々解っていても実現し難い部分だと思うのだが、先代から引き継がれる精神が強く感じられる。

B品の確立が極めて低く、さらに納期に関しても大幅な遅延が無い。

この工場に一歩踏み入れた時に"なるほど"と感じるものがある。

 

ここからは、許される範囲で各セクションの様子を撮影したものを掲載。

基本的に靴を作るうえでの順番で掲載するが、途中あまりに集中したばかりに撮影を忘れたセクションもあり・・。

これから掲載されるセクションが靴作りの全ての工程では無いという事だけ理解いただきたい。

 

2-630.jpg

アッパーの縫製を行うセクション。特に目に付いたのがこの作業風景。

ドレスシューズやブーツに用いられるメダリオンであるが、モデルによってはひとつひとつ手打ちで作られている。

抜型で一発穴開けなのかと思っていたが、オーダー品の場合は手作業となるらしい。

カスタムオーダーを得意とする工場ならではの、手間のかかる工程であるが、素晴らしい手際の良さで見ていて気持ちが良い。

 

3-630.jpg

縫製が完了し、ラスティング(吊り込み)を待つアッパー。

これ、見覚えあるモデルでしょう? この日運良く(と言うよりもご配慮いただき)MUSHMANS Footwear All Leather Sneakerの生産がラインに乗っていた。

 

4-630.jpg

製甲(アッパーの縫製)が完了し、いよいよラスト(木型)を用いて吊り込みを行う作業。

芯材が入れ込まれ、中底とアッパーがドッキングするセクションだ。

 

5-630.jpg

トゥラスターを用い、ラストの形状とアッパーのトゥ(爪先)が合うように圧力をかける。

 

6-630.jpg

ラスターによってラストに巻き込まれたアッパーであるが、最終的な微調整はやはり手仕事。

 

7-630.jpg

中底とアッパーを完全にドッキングする作業を行う。

これは機械を使用せず、全て手仕事にて行われている事に驚く。

とても有名な某米国製の量産ワークブーツ工場では、ここまで丁寧な吊り込みは行っていない、同じグッドイヤーウェルテッド製法でもMUSHMANS Footwearのシューズやブーツと履き心地が全く異なるのは、こういった手間を掛けるか否かで別物になるという事が解る。

 

8-630.jpg

中底とアッパーのドッキングが完了しウェルトとリブを結合させる作業。

これはウェルトを縫い付ける専用のミシンが用いられるのだが・・・。

中底下にはコルクを敷き詰める、クッション性の向上を得ると同時に、履き込む程にオーナーの足裏形状に合うようになっている。

これをご覧いただくとお解りいただけるだろう、中古靴があなたの足に合わない理由が。

 

9-630.jpg

ウェルトが装着されると、ウェルトと本底をドッキングする作業【出し縫い】が行われる。

上記画像はMUSHMANS Footwear All Leather Sneakerの作業風景である為、アウトソールは縫っていない。

例えばビブラム#269などはミッドソールと共にゴムソールごと一緒に出し縫いしてしまうのだが、このスニーカーに使用するクッションソールはこのミッドソール材に圧着で取り付ける為、ここではミッドソールとウェルトのみをドッキングしている。

 

10-630.jpg

MUSHMANS Footwear All Leather Sneakerはこの先のセクションには入っていなかったので、ここからは別のアイテムでご覧いただく。これもMUSHMANSで取り扱いのある有名ブランドのブーツだ。

出し縫いセクションでアウトソールが取り付けられた後、このセクションでコバ面を整える。

高速回転する研磨材に押し付けて削るのだが、その靴の特性によって研磨剤の番手を変え、仕上がり感を調整する。

職人さんの手加減で調整するという事になる訳で、コバ面だけでなく神経までも削るセクションだ。

 

11-630.jpg

ヒールリフトの付く靴は、ここでも手仕事で組み上げられる。

一本一本のネイル(釘)を丁寧に打ち込む緻密な作業は、完成間近となった靴でもあり慎重かつ大胆に行う必要がある。

失敗は許されない。

 

12-630.jpg

ここが靴の製造という意味では最終セクション。

仕上げを行うセクションだ。ドレスシューズのようにToeの光沢やパティーヌのようなグラデーションを演出する事で、オーダーする顧客の要望に近づける重要セクション。

特別な溶剤を使う訳ではなく、一般的に販売されているクリームやワックスを使用しておりながら、非常に手際良く美しい光沢を与えている。これも職人技である。

 

 

 

 

 

以上がMUSHMANS Footwearのシューズやブーツが生み出される工場の様子だ。

ご覧いただくとお解りいただける通り、ファクトリーメイドと言えど職人による手仕事の多さに驚く事であろう。

どうしても工場での製造と聞くと、イコールで"マシンメイド"と捉えてしまいがちなのであるが、実際にこうやって工場内を視察させていただくと、その感覚に誤りがある事に気が付く。

基本的な工程は、マシンでは無く人間の手によるものなのだ。

そして、こうやって各セクションで分業している事で、その分野のスペシャリストが生まれる。

その融合によって、素晴らしい一足が完成するという事を目の当たりにする事ができた。

 

MUSHMANS Footwearが求める"靴"は、道具であり装飾品。

その配分は50/50であると考えている。

 

道具であるという事は、使い切れる性能とそれなりの価格である事が求められる。

履き込む程に湧く愛着、これは履き心地が良く無ければ生まれない、そして長く付き合える堅牢さを併せ持つ事も同時に求められるだろう。

重要な事であるのは、日々気兼ねなく使う事、それにはそれ相応の価格設定でなければ道具としては成立しないと考える。

 

さらに、足元を飾る装飾という部分で、細部にまで気遣いと拘りを感じる作り込みが必要だ。

素材にも高い品質を求め、その素材を操れる職人技が求められる。それこそが技術なのである。

 

 

 

Img-2.jpg

足元を固めろ。

さもなければ・・・。

 

MUSHMANS Footwear

 

足元を掬われる事のない人生を、貴方に。

 

 

 

 

 

 

明後日からMUSHMANS Footwearカスタムオーダー受注受付を開始します。

明後日はカスタムオーダーの内容を当ブログにてPRさせていただきます。

 

 

 

 

 

IMG.jpg

MUSHMANS Footwear

2020

Custom Order Exhibition

【カスタムオーダー受注受付開始!】

 

日程:2020年4月23日(木)〜緊急事態宣言解除より1ヵ月間

 

 

 

MUSHMANS Footwear カスタムオーダー受注会【告知-2】へ→

 

 

 

 

 

 

 

Y'2 LEATHER 2020FW Collection

EXHIBITION

in

MUSHMANS

 

只今 Y'2 LEATHER 2020 FW Collection

新作アイテムを中心にMUSHMANS店頭で展示中です。

 

今月27日(月)までの展示です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode