外へ向かうブランディング、内に向かうブランディング。

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

2月と言えばデニムパンツ!というお客様が多く、先日も再入荷を果たした"PIKE BROTHERS"1963 Roamer Pantをお求めになられる方に多くご来店いただきました。

有り難い限りでございます。

 

この時季は新作の投入や、定番品番の再生産と様々なデニムが入荷する時季でもございますので、本日はラインナップ刷新によって話題になっている"FULL COUNT"のデニムを御紹介させていただこうと思います。

 

まずはFULL COUNTを語るうえで欠かせないモデルでもある、こちらのモデルを御紹介します↓

0105w-1-630.jpg

FULL COUNT/フルカウント

0105

LOOSE STRAIGHT

 

フルカウントの定番ジーンズの中でも原点とも言うべきジーンズ[0105 LOOSE STRAIGHT]

ジンバブエコットンを100%使用することで、伸縮性や弾力性に富んでおり、13.7ozという適度な生地の厚みはストレスフリーな穿き心地を肌で感じていただけます。

また、ブランド創立当時から積み重ねてきた職人たちの厚い信頼と理解、協力を得て、最適なテンションで織り上げられるデニム生地はジンバブエコットンの魅力を最大限に引きだすことが可能となっております。

夏場にも穿きやすいジーンズとしても支持されているフルカウントのジーンズ。

特性として非常に吸水性が良いため汗などを吸収し放出することでストレスを感じにくく、さらに13.7ozという程度な生地のオンスはしなやかさをも兼ね備えております。

 

0105w-2-630.jpg

 

0105w-3-630.jpg

 

0105w-4-630.jpg

 

0105w-5-630.jpg

 

0105w-6-630.jpg

 

0105w-7-630.jpg

 

0105w-8-630.jpg

従来までの1953 MODELより名称変更しシルエットはかなりワイドになり、ヒップハングを強調するため股上の前後差を大きくしました。ヒップ周りも大きくなりましたが、フロントのもたつきやヒップ下部の余りが気になら ない素晴らしい形となって生まれ変わっているのが特徴です。

 

DSC_1341.jpg

生地はFULL COUNT往年のジンバブエコットン13.7ozという事で、生地については馴染み深いものがございますので割愛させていただきますが、最も変化したシルエットを御覧下さい。

画像の人物はサイズ32を着用。

確かに、、従来までの0105はシルエットの無骨さに欠ける部分がございましたが、リニューアルされたこちらの0105は男らしい無骨なシルエットを醸しております。

 

ただワイドでルーズなシルエットになったという単純な変更とは異なり、往年のデニムパンツの迫力は踏襲しつつも、FULL COUNTのオリジナリティも光ります。

ルーズシルエットに見られる、フロント部分のもたつきは皆無、さらにだらしなく映ってしまいがちなヒップ周りのダレた感じは一切無いという、非常に秀逸なシルエットを生み出しているのです。

 

そうそう、これを待ってたんだ。

デニムパンツ愛好家垂涎のシルエットをお楽しみいただける事と思います。

 

 

 

続いては、こちらもFULL COUNTの代名詞的品番となっているモデル↓

1108w-1-630.jpg

FULL COUNT/フルカウント

1108

NEW STRAIGHT

 

FULL COUNTデニムのラインナップ中、最も人気のあるモデルがこの1108ですね。

適度にスッキリしたシルエットは、旧モデルでも充分に洗練された仕上がりでございまして、私個人的にも大変重宝しているモデルでございましたものの、それをさらに昇華させたモデル"1108 NEW STARAIGHT"

ストレートデニムの新定番として名付けられたこちらのモデルは、前開きが長くなり脱ぎ着が楽になったのと、フロントのもたつきをなくし、よりスッキリとした印象になりました。

 

1108w-2-630.jpg

 

1108w-3-630.jpg

 

1108w-4-630.jpg

 

1108w-5-630.jpg

 

1108w-6-630.jpg

 

1108w-7-630.jpg

 

1108w-8-630.jpg

勿論セルヴィッチやリベット、縫製糸、レザーパッチ。一切の妥協をせず長年愛されているモデルのバージョンアップモデルです。

生地は0105同様、長い歴史を誇るジンバブエコットン13.7ozを使用しており、シーズン問わずご活用いただける生地。

 

DSC_1347.jpg

画像の人物は、サイズ32を着用しております。

なるほど納得、今までの1108も大変着用感の良いモデルでございましたが、新型はさらにグレードアップしております。

腰で感じるフィット感が格別なものとなっておりまして、まさに"洗練された"という言葉がマッチいたします。

着用感というよりも装着感と言った方が良いのか?

パッと見た目はそれほど変わっておりませんが、穿いてみていただくとその違いがハッキリと解っていただける事でしょう。

 

そして、その装着感だけではなく、シルエットもより美しく進化しております。

フロント周りの収まりは、顕著にグレードアップを感じるところ。

これがプロの仕事なんだなぁ〜、って素直に嬉しく進化を感じるポイントでもあります。

 

 

 

 

という事で、生まれ変わりを実行したFULL COUNT。

もうお気付きかと存じますが、見た目で大きく変わったところ、それはヒップポケットのアーキュエイトステッチ。

フルカウントの代名詞とも言えたアーキュエイトステッチを、今回のリニューアルから廃しております。

視覚的にブランドを強調するのではなく、デニムパンツとしての本質を追求する方向へ転換した大きなモデルチェンジです。

 

ブランドとは一体何なのか?

誰が見てもソレであると解る事が全てなのか?

この舵取りというのは、相当の決心が必要だったのではないかと思います。

 

 

"外へ向かうブランディングと内に向かうブランディング"

今回のリニューアルは後者のブランディングなのかと、私自身勝手にそう捉えております。

 

そのロゴマークが入っていれば、その柄が入っていれば、それで最高。

そういった外へ向かうブランディングも、それぞれ個人の趣向によっては素晴らしい物なのでしょう。

アイキャッチだけで、その存在価値を発揮する。

それは物凄い事だと思うし、簡単に成し得られる事でもありません。

 

ただ、そういった物、誰が見ても誰が作った物なのかが解るそれを好まない人種というのも存在します。

 

ただただ物としての品質の高さと、使用した時の満足度を追い求めて作られる物。

作り手の自己満足に近いような物作り。

そして、それが一見するだけでは誰が作った物なのか解らない。

ただ、好き者が見ると、これが何なのか解ってしまうような物。

内に向かうブランディングというものは、まさにそれなのだと思います。

 

どちらが正解かなんて、そんな議論の必要はありません。

それは全て個々の価値観に委ねられる部分であり、人それぞれ様々な価値観があるからこそ"ファッション"が成立するからです。

 

今回のFULL COUNTの方向転換について、私個人の主観では。

ニヤッとしてしまった。

とだけ言っておきましょう。

 

さらに良いものが生まれる前ぶれを感じるリニューアル。

 

どうでしょう?一度体感してみませんか?

 

 

 

 

 

 

 


人気のDenim Pantsが再入荷いたしました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

今夜はここ越谷でも降雪の予報となっております。

あまり多量に降ってしまいますと、色々な面で困ってしまうのですが、、やはり冬というのは雪あってのものでもありますので、うっすら積もる感じになってくれると気分も良いですよね。

なかなか思い通りにはならないものですが、冬を満喫したい今日この頃でございます。

 

さて、お待たせいたしました!!

かなり多くのお客様から「いつになったら補充されるのか??」とお問い合わせが多かったアイテムが再入荷いたしましたので、お知らせさせていただこうと思います↓

 

PK1937-4-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1963 Roamer Pant

11oz Metal

 

 PIKE BROTHERSのスタンダードラインナップにおける5ポケットデニム中、最も細いシルエットがこちらの1963 Roamer Pantです。

適度なテーパードシルエットとなっておりまして、非常にスッキリと穿きこなしていただける事で人気の一本。

このデニムパンツの人気の秘訣はシルエットな訳でございますが『男らしい細さ』がこのデニムパンツの人気を支えていると言えるでしょう。

ナローシルエットとなりますと、比較的女々しい雰囲気が醸される場合がありまして、かなり体型が細めの方には抵抗なく穿きこなしていただけるのでしょうけれども、平均的な男性体型からガッシリ系の体型の方には、どうしてもアンバランスな見え方になってしまいがちです。

 

そこのところを解消している、実に調和の取れたシルエットが見事な一本なのです。

ウエストからヒップ周り、さらにワタリ幅はそれほどタイトシルエットではないというところが、その『男らしい細さ』を演出しているのかと思われます。

数値では表れ難い部分ですが、穿いていただくと御納得いただけける事と思います。

 

20181230_2908920.jpg

本日はシルエットの話から始まりましたので、先に着用画像を掲載しておきましょう。

画像の人物はサイズ31を着用(普段の国内ブランドは32を穿いております、PIKEのパンツは国内ブランドの物と比べ少々大きめな作りとなっておりますので、それを踏まえてサイズをお選びください。)

この画像では未洗いの状態で着用しておりますので、かなりウエストに余裕のある状態ですが、1インチ程縮む事になっております。

今までの経験から言いますと、ウエストは比較的しっかりと縮むものの、シルエットに影響が出る程の縮みは発生しませんので、洗い上がり後のシルエットもこの程度になると思って下さい。

 

御覧いただきます通り、かなりスッキリしたシルエットになっているものの、気持ち悪い感じの細さにはなっておりません。

画像の人物は脚が細い人間ではありませんので、国内の各デニムブランドにおいて最も細いと謳われるナローシルエットのデニムパンツは着用出来ても、ちょっとキモチワルイ感じになります。

このデニムは秀逸で、スッキリとしたシルエットながら窮屈感も感じませんので穿いていて楽でもあります。

 

PK1937-3-630.jpg

 

PK1937-2-630.jpg

 

PK1937-1-630.jpg

バックルバックは無し、大きめなバックポケットが特徴的。

 

PK1937-6-630.jpg

 

PK1937-7-630.jpg

 

PK1937-5-630.jpg

右ベルトループに装着されるDカンを除けば、いたって普通のシンプルな5ポケットデニムのディテールです。

 

使用されるファブリックはPIKE BROTHESの定番デニム【11oz Metal】、11オンスながらしっかりと目の詰まったファブリックですのでそれほど薄さを感じません。

適度な厚みのファブリックですので、1年間通して活用いただけるのが嬉しいですね。

 

本来ならば、私の私物で経年変化を御覧いただきたいところなのですが、こちらを穿き始めたのが10月の末頃からでしたので、現在までで三ヶ月しか経過しておりません。

まだ未洗いの状態ですので、あと三ヶ月ほど経過しましてワンウォッシュいたしましたら、その成果を御報告しようと思います。

 

ちなみに、この11oz Metalは『CHOPPER PANT』と同様のファブリックですので、↑このような経年変化となります。

しっかりと濃淡が出てカッコイイですよね!?

※こちらはリジットで6ヵ月着用し、その後にウォッシュした状態の画像です。※

 

PK1937-4-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1963 Roamer Pant

11oz Metal

 

比較的大量に入荷させておりますものの

PIKE BROTHERS製品に関しては取り扱い店が少ない為、動きが大変早いです。

是非この機会をお見逃し無く!!

 

 

 

 

そうそう、年末に入荷のお知らせをしまして、一瞬で完売したアイテム↓

PK-BLBK1-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1943 CPO Shirt

Blue Black
 

 

PK-OC1-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1947 Salesman Shirt

Ocean Blue

 

 

こちらも再入荷しております!!

 

詳しくは→こちらをClick!!


ご予約締め切りまで、あと三日です!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

残すところ本日を含めますと、あと"三日"となりました!

Bianco-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

 

 

こちらのアイテムに関しての詳細は → コチラをClick!!

 

 

 

ご予約受付締め切りまで、あと三日となりました!!

 

多くの皆様にご注文いただきまして、本当に嬉しい限りです。

今までスニーカーに興味が無かった方も、今までスニーカーしか履いていなかった方も、両面のアプローチからこのアイテムを気に入っていただけたようで。

ちょっと心配なのが、アウトソールをこんなに確保できるのか?? といった嬉しくも恐ろしい悩みだったりします(笑)

 

 

兎にも角にも、31日で受付終了!!

店頭ストックの予定はございませんので、予めご了承下さいませ。

 

 

 


MUSHMANS Leather "CYCLE CHAMP"2019年生産分の予約受付を開始いたしました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

極寒の季節を迎えましたが、MUSHMANSではレザーアイテムのお問い合わせが増えてきております。

と、言いましても、年間通して多い案件なのですが。有り難い事に。

 

その中でも、毎年殆ど店頭ストックとならない(サイズ36と38に関しては)為、今時点で予約を入れられる方が多いのが"CYCLE CHAMP"です。

様々なダブルライダースジャケットを経験したお客様から、特に支持をいただいておりますこちらのモデル。

2019年シーズンはある程度細かいサイクルで生産をしたいなぁ、と考えておりまして、このタイミングからオーダー受付を本格化させる事にいたしました。

 

画像も新たに撮影いたしましたので、再度この機会にご検討下さいませ!!

 

DSC_1273-630.jpg

MUSHMANS Leather

Double Riders Jacket

"CYCLE CHAMP"

 

米HD(Harley Davidson)社は1903年に設立されたモーターサイクルメーカーでありますが、そのモーターサイクリストに向けた装具に関しての歴史も長く、1910年代から様々なモーターサイクルアクセサリーを発売しておりました。

1938年のカタログではDポケットスタイルのダブルライダースジャケットが掲載され、後の"CYCLE CHAMP"の原型が完成し、1947年より"CYCLE CHAMP"の名が冠されシリーズ化されて行きます。

モーターサイクルメーカーであるHD社が企てるレザージャケットCYCLE CHAMPシリーズは、高い品質とデザイン性で多くのHD乗りを魅了したシリーズでした。

戦後間もない40年代後半から50年代後半、HD社の輝かしい功績を下支えした"CYCLE CHAMP"シリーズと様々なレザープロダクトは、60年代を迎えるとマスプロダクツ方向へシフトしてしまいます。

今尚光続ける60年代中期以前のHD社レザープロダクツは、ヴィンテージ市場でも高値で取引されており、これから更に状態の良いアイテムが減少して行く事になるでしょう。

 

DSC_1244-630.jpg

MUSHMANS Leatherにおいてリプロダクトされるこちらのモデルは、1947年に初めてカタログ掲載されたDポケット"CYCLE CHAMP"をFirst Seasonモデルとするならば、2nd Seasonモデルにあたる1954年リリースの"CYCLE CHAMP"です。

 

初代(First Season)モデルでもマイナーチェンジを繰り返し、この次世代(2nd Season)においても少なくとも2度のマイナーチェンジが行われております。MUSHMANSリプロダクトモデルは2nd Seasonのマイナーチェンジ後にあたる2ndタイプです。

 

 

MUSHMANSで保有しているヴィンテージは、恐らく2nd seasonモデルの初期型と後期方の過渡期のモデルであると思われます。

丸型のジッパースライダーが使用されておりますが、各付属メタルパーツはニッケルシルバーが用いられている為、そういった見解となっております。

 

 

DSC_1276-630.jpg

1956年〜58年の二年間に渡って販売されたこのCYCLE CHAMP 2nd seasonの2ndモデルは、シリーズ中最も洗練されたシルエットとなっており、最も現代に通用するパターンが用いられております。

素晴らしいレザーアイテムの数々も、この辺りの年代で絶頂を迎える事となります。

 

 

DSC_1245-630.jpg

MUSHMANS Leatherでは完全コピーするという事よりも、よりそれらを昇華させる事を優先して考えている為「こうあって欲しかった」というポイントに関しては、あえて当時物を追及せずに変更をかけております。

例えばサイズ感や各パーツの配置バランスは勿論の事、ディテールすらも手を加えており、ウエストベルトに至ってはヴィンテージは背面に挟み込まれた作りであったものを、ウエスト一周巻きの仕様へと変更し、ベルトの着脱を可能にしております。

 

MUSHMANSで保有するヴィンテージは大胆にも、いつかのオーナーがウエストベルトを切ってしまっております。

確かにコーディネートによっては邪魔になる事もございます。

そういった見解を反映させてMUSHMANS Leatherではリプロダクトしているのです。

 

DSC_1247-630.jpg

DSC_1246-630.jpg

贅沢なリアルシープムートンボアは着脱可能。これはヴィンテージと同じ仕様です。

冬季に関してはこの襟ボアが有ると無いとでは、体感温度が全く別次元になってきます。

しかしながら、春先に着用するには邪魔になりますので着脱可能なのはあるべき姿です。

 

DSC_1249-630.jpg

 

DSC_1250-630.jpg

スクエアZipperと4連スポッツは2nd season 2nd Modelの特徴とも言えるパーツです。

4連スポッツに関しては日本国内では流通量が極めて乏しい為、非常に苦労して手に入れたパーツでもあります。

 

DSC_1251-630.jpg

レザーマテリアルに関しては、当時のヴィンテージがそうであったように、厚手のホースハイド(馬革)を使用しております。

こちらのモデルでは100%ベジタブルタンニン鞣し、北米原皮のマスタングハイドを使用し重厚感は究極です。

所によって荒々しい表情を魅せる馬革特有の不安定さを表現しており、上級グレードの厚口レザーながらあえてピグメント(顔料)によって着色を施しております。

その為、着用し擦れることによって顔料が剥離し下地に使用される薄茶色が顔を出すようになっております。

長年使用いただく事で、様々な表情を演出する素晴らしいレザーマテリアルです。

 

DSC_1278-630.jpg

ライニングにはあえてコットンキルティングをボディーに使用し、袖裏にはナイロンライニングを装着しております。

着用時の安心感はここから来るものでしょう。

 

 

さて、このMUSHMANS Leather "CYCLE CHAMP"の拘りポイントは、デザインやディテールそしてマテリアルは勿論でありますが、それだけに留まりません。

もう一つの拘りポイント、それは実際にライダースとしての機能に他なりません。

開発当初から実際にモーターサイクリストとしての観点から、長距離走行による過酷な状況下での試験運用を実施し開発テストを行っております。

また、MUSHMANS MC(MUSHMANS内でのモーターサイクルクラブ)の正式メンバー全員がCYCLE CHAMPを着用してくれており、共に過酷な状況下を経験し、その中で製品に対してのヒアリングを行い年々マイナーチェンジを実施しております。

即ち、現段階で仕上がったMUSHMANS "CYCLE CHAMP"は、所有するオーナー様方と共に作り上げたモデルであると言っても過言ではありません。

一般的なタウンユースとは一線を画す状況下に置かれるライダースは、そういった状況下から必要に駆られて備わったディテールというものが存在します。

だからこそ"カッコイイ"と単純に思える訳でありますが、これはA-2等に見られるミリタリーアイテムと共通する部分であり、極限の命のやり取りから育まれたディテールやシルエットなのであろうと思います。

 

ライダースであるならば、モーターサイクリストの要求するディテールでなければならない。

だからこそ、タウンユースでもその存在感を発揮するのだと思っております。

一見すると無駄と思えるような仕様であったり、雑な纏まりと感じる所にも理由があったりするのです。

 

 

 

 

 

男子たるもの、一生に一度はダブルライダースに憧れます。

それは確実だと思っています。

 

その憧れが現実となった時

その憧れを満たすライダースとは何なのか?

それをひたすら追求した

MUSHMANS Leatherのひとつの答えがここにあります。

 

男として生きて行く過程の中で

このライダースを着る一日が

貴方にとって

ひとつのプライドであって欲しい。

 

 

 

 

 

 

DSC_1273-630.jpg

MUSHMANS Leather

Double Riders Jacket

"CYCLE CHAMP"

 

 

※ご予約に関して※

2019年1月28日現在、現段階でご予約いただきましたお客様へは、その都度予定納期のご案内をさせていただきます。

納期に対して御納得いただきましてから、正式なご予約手続きのご案内をさせていただきます。

オンラインショップでお申し込みのお客様は、対象のサイズをカートに入れていただき通常のお買い物と同様のお手続きをお願いいたします。 お申し込みの確認後当店よりご連絡させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


緊急再入荷のお知らせ!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

 

レザーシーズンの第二幕が近づいてきた今日この頃でございますが、人気アイテムが緊急入荷いたしましたよ!!
 

 

MUSHMANS別注モデルに次ぐ人気を誇るDARK SEALのTypeA-2ですが、店頭ストック分が完売となっておりました。
サイズ38に関しては既に完売となっておりますが、34/36/40の3サイズが再入荷いたしました!!
是非この機会をお見逃し無きよう、よろしくお願いいたします!

 
詳しいご説明は→コチラ をClick!





さらには↓
さらには、A-2ファンに絶大な支持を受けているこちらのモデルも再入荷!!
ROUGHWEARを語る上では欠かせない No.42-1401Pの完全染料仕上げ(アニリン)のLight Brown。
素晴らしい経年変化が魅力の一着です。

 
詳しいご説明は→コチラをClick







A-2を着るに相応しい季節が始まります!!
その前に、是非!!

<< | 2/367PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • THE FEW×MUSHMANS Made in JAPAN Trial Model "Type A-1"のご予約受付に関しまして。
    LISA (12/20)
  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    MUSHMANS Fujita (07/09)
  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    長坂誠 (07/06)
  • 予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (03/23)
  • 予約受付を開始いたします!!
    星野 (03/21)
  • Making Mushmans 【最終章】 〜TAKE OFF !〜
    ショウジ (01/25)
  • 今期別注レザー 【BUSTED SHRINK HORSEHIDE DARK SEAL "VOLCANO"】のメンテナンス方法に関しまして。
    BeOS (10/28)
  • 毎年恒例のCOLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country コラボアイテムの予約受付開始です!
    BeOS (10/15)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (05/18)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    ナナス (05/16)

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode