緊急事態にも使える?メッシュベルト!

 皆様こんにちは、MUSHMANS代表の藤田です!

 

 東日本は台風が接近しておりまして、今回の台風も大雨をもたらす可能性が高いという事でとても心配でございます。

私は台風の進路とは反対の西日本に明日から出張となりますが、帰ってこられるかが心配なところでございます。

今回の出張は少し足を伸ばして、呉と広島に出向こうと思っております。

 

さて、最近はMUSHMANS MCの活動が非常に活発になっておりまして、一週間から二週間に一度は何処かの峠を走っているのがライフワークになってきております(笑)

結構タイトな峠道を走っておりますと、ガードレールの無い箇所でオーバーランしたら崖から転落するようなところも未だに結構あります。

バイクに乗る人間というのは危機管理能力に長けておりますので、そういったシチュエーションではいつも最悪の事態を想定して走ります。

先行しているライダーがここで転倒したら、車輌に接触して崖に落ちるからもっとイン側からコーナーに入ろうとか、後を走っているライダーが近づき過ぎている場合、次のコーナーでパニックブレーキにならないように、あえて立ち上がりで差をつけておく等々。。

私が先導する事が多いのですが、ごくたまに想定していたよりコーナー奥でのRが強くオーバースピード気味に進入してしまった際は、後続の皆がバックミラーに写るまでヒヤヒヤしていたり。

そんな時は、嫌な想定が頭をよぎり転落したバイクをどうやって引き上げようか?とかそんな事を一瞬の中で考えてしまう訳です。

ですので、結構ハードなツーリングの後は身体以上に精神的な疲労が多かったりします。

 

本日ご紹介のアイテムは、そんなツーリングシーンでも活用できそうなアイテム。

現時点では全く意味不明かもしれませんが、後々解ってきますので最後まで読んでください。

 

DSC_5642.jpg

COLIMBO/コリンボ

Cherry Creek Mesh Belt

ZT-0700

[Brown/Gray/Black]

 

 今年のような暑い夏には必須のメッシュベルトの登場です。

レザー愛好家の多いMUSHMANSでは、夏でもレザーベルトを装着される方が多いのですが、ショートパンツ等を穿いて大汗をかいてしまうようなシチュエーションでは、レザーベルトが汗で濡れてしまい、それが原因でレザーがガビガビになってしまい最終的にひび割れの原因に繋がってしまうものです。

今回ご紹介しておりますメッシュベルトは一部にレザーを使用しつつも、基本的な構成は化学繊維を用いたメッシュ構造。

その為、汗も気にならず涼しく使っていただけるベルトでございます。

 

DSC_5651.jpg

[Brown]

 

DSC_5654.jpg

[Gray]

 

DSC_5655.jpg

[Black]

 

カラー展開は上記の3カラー展開となっており、コーディネートされるシューズやブーツによってカラーをお選びいただけます。

シンセティックテープとシンセティックスピンドルを編み上げたベルトですので、レザーとは異なった雰囲気を楽しんでいただけるのは勿論ですが、構造的に適度な伸縮性を持っている為 装着時の軽快感も良好です。

またバックル部にはイタリア産のバケッタレザーを使用しており、ただの化繊メッシュベルトで終わらせないのもCOLIMBOらしい拘りを感じますね。

さらに、ここで使用されるバックルは馬具にも使用されるもので、特に"腹帯"に使用されるバックルであるという事。

この腹帯は乗馬の際に馬体と鞍を装着する時に用いるもので、可哀想な程に物凄い力で締め上げます。

ここでガッチリと固定されていないと、鞍が動いてしまい上手くコントロールできないのは勿論ですが、馬体(特に背)に鞍傷が出来てしまうので、さらに可哀想な結果となってしまいます。

その為、このバックルには相当な強度が求められる訳で、人間の腰に巻き付ける程度であればかなりオーバースペックなバックルであるという事でもございます(笑)

 

DSC_5665.jpg

Brown装着例

 

DSC_5664.jpg

Gray装着例

 

DSC_5671.jpg

Black装着例

 

年間通して使用いただけるのですが

特に夏のコーディネートにお勧めのアイテムです。

 

さらにサイズ展開が3サイズあるというメッシュベルトでは珍しい仕様。

Size "S"---29〜31in

Size "M"---32in〜35in

Size "L"---36in〜

といった感じのサイズとなっておりますが、ベルト先端を長く使いたいなど

好みによってサイズをお選びいただけます。
勿論、編み込み部であればバックルピンはどこでも刺せます。

 

このベルト、かなりの引っ張り強度がございます。

シンセティックのテープとスピンドルの組み合わせで、さらにバックルも強靭なので尚更でございます。

 

もしもツーリング中にモーターサイクルが転落しても、このベルトを着用しているライダーが数人居れば、車体(トップブリッジ部やスイングアーム)に括り付けて引っ張り上げる事ができるでしょう。

さらに化繊テープですから車体に傷が付きにくい!(まあ崖から転落してますから、既にボロボロでしょうけど 笑)

 

 

DSC_5642.jpg

COLIMBO/コリンボ

Cherry Creek Mesh Belt

ZT-0700

[Brown/Gray/Black]

 

ファッショナブル且つ快適。

さらに緊急事態でも役に立つベルト。

そういった、オーバースペックにこそ魅力を感じる。

それが男というものです。

 

 

 

 

 


真の夏が到来しました!

 皆様こんにちは、MUSHMANS代表の藤田です。

 

8月に入り日本列島は継続して殺人的な暑さに見舞われておりますね。

最近は朝テレビを付けますと、どこかの連盟の会長があーだこーだと、コメンテーター躍起になってしたり顔。。。

おまえら、もっと他に伝えることはねーのか?と、ここのところイライラするも、ならばテレビジョンを付けなきゃ良いだけの話だったなぁ、、と稚拙なコメンテーター以上に己の稚拙さに愕然とした真夏の朝。。

 

さて、これだけ暑くなり夏を感じるようになりますと、本格的に柄シャツ系統の販売数が増えて参りました。

MUSHMANSのストックもかなり減少して参りましたので、是非お早めにお選び下さいませ。

 

そして、本日はMUSHMANSでの人気ブランド"PIKE BROTHERS"より、この夏に(夏に限らずですが・・)重宝するアイテムの入荷がございましたのでお知らせさせていただきます。

 

 

DSC_5495-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1935 MECHANIC BIB 11oz Metal

 

DSC_5498-630.jpg

この夏、重宝する事間違いナシのオーバーオールがPIKE BROTHERSより入荷いたしました。

オーバーオールらしいワイドなシルエットと、ウエストラインの美しさに定評のあるオーバーオール。

11oz Metal のデニムファブリックは、MUSHMANSがラインナップするPIKE BROTHERSアイテム中最も人気の高い"1936 CHOPPER PANTS"と同様のファブリックを用いて製作されているアイテムです。

故に経年変化に関しても皆様からの満足度が最も高く、年間通して活用いただけるのは実証済み!

このファブリックの経年変化についてご説明している記事は→コチラ を御覧下さい。

 

 

DSC_5505-630.jpg

DSC_5507-630.jpg

ハンマーループとスケールポケットが配置され、ディテールに関しても言う事ナシな仕様です。

 

DSC_5497-630.jpg

BIBのポケットに装着されるボタンはPIKE BROTHERSのブランドロゴでもあるクラウンモチーフ。

これが結構アクセントになっていて良いですね!

 

DSC_5502-630.jpg

DSC_5503-630.jpg

ハイバックの背面にも、同様のモチーフが刺繍されておりまして、このワンポイントもPIKE BROTHERSらしさです。

 

 

 

細かいディテールは、基本中の基本とも言えるセオリー通りの作り込みですので安心感がございます。

特筆すべきポイントは、このシルエットにあると言えるでしょう。↓

DSC_5635.jpg

画像の人物はサイズ32を着用。

通常のPIKE製品はサイズ31を着用しておりますので、いつもよりワンサイズアップがお勧め。

画像はリジットの状態で着用しておりますので、ファブリックがバリバリという事もあり本来のシルエットには到達しておりません。

これをリジットのまま何回が穿いていただきますと、次第に糊が取れてきて落ち着きます。

そうしますと現状よりスッキリとしたシルエットになりますので、少々の我慢が必要ですね。

 

※コーディネートアイテム(上から)※

Cap・・・LYBRO【ライブロ】[80361366010]Washed Blue

T-Shirts・・・MUSHMANS Athletic【マッシュマンズ アスレチック】 新越谷警備隊Tee

Boots・・・WHITE'S【ホワイツ】 NOMAD

 

DSC_5637.jpg

このオーバーオールのポイントであるウエストライン。

この角度だと、そのウエストの絞られ方を確認いただける事と思います。

背面クラウン刺繍からヒップにかけてのカーブが個人的に非常に美しいと思っております。

男らしさと、繊細さの同居をお楽しみください。

また、こちらはサイズ28からラインナップされておりますので、女性のお客様にもお勧めです。

 

DSC_5639.jpg

ローバックの良さもありますが、このハイバックがオーバーオールの魅力。

夏のバイクライディングにも活用いただける事と思います。

 

 

DSC_5495-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1935 MECHANIC BIB 11oz Metal

 

 

まだまだこれからが夏です。

この酷暑を存分に楽しむためにも、是非オーバーオールを!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS 新越谷警備隊T-Shirts 第三弾のリリースです!

 皆様こんにちは、MUSHMANS代表の藤田です!

 

P7297455.JPG

 

先日は社員研修と称しましてFuji Rock 2018に行って参りました!

毎年社員研修と称して臨時休業をいただき、ああいったフェスに行くという理由をよく尋ねられます。

小売店の命とも言える週末の営業にも関わらず、比較的大きい売上を捨ててでも行くという事。

そして、ご来店を予定いただいていたお客様にも御迷惑をかけてでも行くという事。

私自身が相当の"好き者"であり"怠け者"と認識されているようでございますが(笑) 、まあそういった側面もあるかもしれませんがそれだけでは無いのです。
 

 

我々は"洋服を売る"という職業でございますが、私自身単に"洋服を売る"だけの仕事には興味がありません。

生活の中でもエンターテイメント性の高い"モノとコト"を洋服に付加し、それを提供していると思っております。

それには、様々なエンターテイメントに日常的に触れる機会が無ければなりません。

そして、それは中々願っても叶うことでも無い訳です。

ああいった日本でもトップレベルのエンターテイメントに年に一度でも、スタッフ全員で触れるという事。

そして、お客様をも巻き込んで楽しむという事。
 

 

店舗を休業させるには前もって業務に支障をきたさぬよう準備も必要ですし、これによって前後で歪が出てしまう事もございます。

そういったマイナスを負ってでも、得るプラスの多さを毎年感じている訳です。

真面目ぶって自己啓発本読んでるよりは、何千倍もの得るモノがあるという事です。

 

以前にもこういった内容で"言い訳"(笑) させていただきましたが、ここ最近もよく尋ねられますので再度私共の認識を表現させていただきました。

 

 

臨時休業前日に、来店を予定いただいていたお客様からご連絡があったりと、本当に御迷惑をお掛けして大変申し訳なく思っております。

ただ、こういった事を我々がしなくなったら、きっとその時は"ただ生地や革で洋服や靴の形をした物"を血眼で売っている、その辺の洋服屋と同じになってしまいます。

そうなった時はMUSHMANSが無くなる時だとも思っております。

 

どうかご理解いただきまして、今後も温かく見守っていただけますと幸いでございます。

 

 

 

それにしても、ボブ・ディランのステージは神々しかった。

あれを、日の落ちた始めた苗場で観る事ができた幸せを感じます。

24時間寝ずに遊んだ訳ですが、ただただ笑い続けていた一日でした。

 

 

ちょっとその様子を↓

P7297373.JPG

P7297414.JPG

悪巧み?
 

 

P7297432.JPG

久々の"CHA AHENG" 相変わらずです(笑)

40代も後半に差し掛かってます(笑)
 
P7297504.JPG
すぐメンチ切る足立区出身。
50代半ばに差しかかろうとしております(笑)
 
P7297616.JPG
先輩ダイバーの曲芸。
数年間に及ぶ修行の成果で美しさをも手に入れました。
 
P7297710.JPG
新人ダイバーのデビュー曲芸。
まだまだ荒削りですがパワーはあります、これから頑張ってもらいましょう。
 
P7298153.JPG
一日遊びつくしたおじさんとおばさん。
また来年も!!





 

さて、ちょっと言い訳がましい文章が長くなってしまいましたが、本日の本題に入ろうかと思います。↓

 

DSC_5469-630.jpg

MUSHMANS×LEVIATHAN

Mushmans Athletic Wear

"FLAT SEAMER Crew Neck T-Shirts"

[MSC-005-NOVG]

新越谷警備隊T-Shirts 3rd

 

 
2010年6月に"New Over Valley Guard (新 越 谷 警備隊)"のスタンププリントからスタートした、完全悪ノリ企画のT-Shirtsデザイン。

あれから実に8年が経過した新越谷警備隊T-Shirtsの第三弾を本日リリースいたします!
 

 

↓[新越谷警備隊T-Shirts 1st Model]

2010年6月9日にリリースされたモデル。

HIGH LIGHTさんのオリジナルブランド[AGRY]のT-Shirtsボディを使用し

1930年代のアンティークスタンプでデザインしたモデルでした。

当時のブログがありました→コチラをClick

 

 

 


そして↓[新越谷警備隊T-Shirts 2nd Model]

 

こちらは1stモデルが全てハンドプリントであった為に量産が難しく

さらにボディの数も限られていた為に、1stモデルのリリースから3ヶ月後に企画。

Two Moonとのコラボとなっており、デザインもTwo Moonさんにお願いしておりました。

こちらのデザインは息が長く、確認できただけでも6モデルのボディにこのデザインを

使用していた形跡がございます。

当時のブログがありました→コチラをClick

 


そして、最後にリリースした新越谷警備隊T-Shirtsから4年の歳月を経て

本日新たなデザインで甦ります。

 

 

あれは8年前、もうその記憶は断片的ではあるものの、確かMUSHMANSの飲み会時のこと

今では考えられないような、荒々しい酒の飲み方をしていた最中だったと思う。

"新越谷警備隊"

を組織しようって話から、T-Shirtsを作る事になったような・・?

そりゃ、完全な悪ノリで誰かが言い始めたコトだったんだけど

何故か皆、"新越谷警備隊"の語呂が気に入っちゃって(笑)

※第二弾のリリースブログで、その経緯についてのサワリを言及しております。※

 


そんな、少々荒々しかった時代のMUSHMANSで始まった企画だったから

そういった意味を込めたニューデザイン。
 

こちらが今作の新越谷警備隊T-Shirtsのデザインです↓

vulture mushmans-630.jpg

今回の第三弾では新越谷警備隊のロゴマークという設定でデザインを起こしました。

VULTURE(ヴァルチャ)=ハゲワシ(コンドル)が新越谷警備隊のキャラクターとして採用されております。

このVULTUREはハゲワシ(コンドル)を示す単語である他に、詐欺師だったり弱者に対し無慈悲な人を示す単語でもあります。

この忌み嫌われる猛禽をあえてキャラクターにした意味というものがございます。

このハゲワシというのは、イメージだけで思い描くと非常に凶暴な生き物と捉えられている場合が多いのですが、実は他の動物を殺傷する事が殆ど無い動物。 彼らは動物の死骸のみを食料としており、しかもその死骸肉1kgを1分で食べきるという早さ。

これによって死骸となった有機物の分解と再利用を助けている為、生態系の維持に不可欠な存在なのです。
 

 

そうです。

この世に必要の無い生物は存在していないのです。

それが死肉を貪る生物であっても、詐欺師であってもです。
 

 

 

 

実は結構深い意味を持った今回のデザイン。

デザインを担当したのは、スペインのアートデザイン会社である【LEVIATHAN】の代表デザイナー"Manel Lavey"氏によるもの。

彼とは4年前にMUSHMANS 5th Anniversaryのデザインで初めて仕事をして以来の付き合いであり、現在進行系で様々な企画での関わりを持っております。

彼の描く世界観に私自身も魅せられてしまい、私自身が彼のアートデザインのファンでもございます。
 

現状の日本では誰しもが知っているデザイナーとは言えませんが、スペインをはじめヨーロッパでは知られた存在であり、著名なミュージシャンのライブポスターやロックフェス、カスタムショー等のポスターデザインを担当しております。
 

 

【LEVIATHAN】"Manel Lavery"氏の作品には精巧なディテールと想像力に満ちたシナリオが溢れています。
しかし、彼の生み出すキャラクターから漂うダークな世界観は、我々を嫌悪と魅力に溢れる影の世界へと導きます
作品に引き込まれていくその旅路の中で、我々はその作品の表面上で知らされる内容以上に、深層心理に秘められた心の闇を
白日の下にさらされることになるでしょう…。

そしてそこには、【LEVIATHAN】作り上げた魅惑的な造物主(Manel Lavery)の、力強さが垣間見えることでしょう。

 

 

 

極一部ですが、LEVIATHANによるデザインのアーカイブです↓

【Foo Fighters】

ポーランド公演ポスター
 

 

 

【Azkena Rock Fes】

ポスター

※スペインのロックフェス※
 

 

 

【MUSE】

横浜アリーナ公演ポスター
 

 

 

【MUSHMANS】

5th Anniversary T-Shirtsデザイン
 

 

 

【MUSHMANS LEATHER】

ブランドロゴ、ラベルロゴ デザイン
 

 

 

【MUSHMANS MC】

カラーズデザイン

※MUSHMANSモーターサイクルクラブ用ロゴ※

 

 

 

上記はほんの一部ですので、LEVIATHAN"Manel Lavery"の作品はHPでも御覧いただけます。

コチラ→LEVIATHAN Co 公式ホームページ でじっくりとお楽しみ下さい。


 

 

 

それでは、新越谷警備隊の経緯とデザインに関して簡単な説明が終わりましたので

今回のT-Shirtsをご紹介いたしましょう。

 

DSC_5476-630.jpg

[OFF WHITE]
 

 

DSC_5491-630.jpg

[BLACK]
 

 

DSC_5482-630.jpg

[MOKU-GRAY]
 
 先日リリースいたしました、MUSHMANS Athletic WearのFlat Seamer Crew Neck T-Shirtsをベースボディに使用し、背面のみに三色シルクスクリーンプリントを施しました。
かなり大判プリントとなっておりますので、迫力のある仕上がりとなっております。
T-Shirts ボディに関しましては→コチラで詳しく説明しております。

 

 

 

DSC_5478-630.jpg

DSC_5480-630.jpg

[OFF WHITE]
 

 

DSC_5492-630.jpg

DSC_5493-630.jpg

[BLACK]
 

 

DSC_5482-630.jpg

DSC_5484-630.jpg

[MOKU-GRAY]
 

 

昔ながらのシルクスクリーン方式を採用し、ハーフラバープリントを施しております。

シルクスクリーンプリントとは、色毎に版下を製作し、それぞれの色毎(版下毎)に刷っていくプリント方式のことです。

最近のインクジェット式プリント等と比べると、コスト面でも作業効率の面でも劣るのがシルクスクリーンプリント。

しかもプリントする為の機材も巨大な為、比較的大きい規模のプリント工場でないと採用できません。

しかしながら、一色ずつ刷っている事での不安定感が味わい深く、インクの滲み感などはインクジェットプリントでは達成できない独特のオーラを生み出します。


 

 

DSC_5446.jpg

[OFF WHITE]
 

 

DSC_5455.jpg

[BLACK]
 

 

DSC_5449.jpg

[MOKU-GRAY]
 

 

前面にはワンポイントでのプリント等も一切ございませんので、シャツ等を羽織った際には無地T-Shirtsに見える仕様にしております。

人体が着用した際の背面のプリントを御覧いただきますと、そのボリュームを感じていただける事でしょう。

プリントの発色に関しましても、比較的落ち着いたトーンに抑えてありますので超大判プリントでありつつも、プリントが主張し過ぎるという事がございませんので、自然にコーディネートしていただけますね。

ここのところ、プリントT-Shirtsから離れておりまして、MUSHMANSのセレクトT-Shirtsラインナップにも殆どありませんでした。 しかし、この異常に暑い夏の影響もあってかプリントT-Shirtsを着たいという気運が高まってきているのは事実。

勿論、プリントだけではなくボディにも拘りを感じていただける事と思いますので、是非お試し下さいませ。



 

 

 

DSC_5469-630.jpg

MUSHMANS×LEVIATHAN

Mushmans Athletic Wear

"FLAT SEAMER Crew Neck T-Shirts"

[MSC-005-NOVG]

新越谷警備隊T-Shirts 3rd

 





これで貴方も新越谷警備隊の一員です。




 

 

 

 

 

 

 


7月29日(日) 臨時休業のお知らせ。

前々から告知させていただいておりますが

 

明日

 

2018年7月29日()

 

社員研修 in Fuji Rock 2018 の為

『臨時休業』

とさせていただきます。

 

翌7月30日(月)からは通常通り営業いたします。

 

毎年の行事ではございますが、今年も日曜日の臨時休業となります。

大変御迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承下さいますよう よろしくお願い申し上げます土下座

 

 

尚、ONLINE SHOPとメールでのお問い合わせに関しましては、お受付は可能でございますが

商品発送業務及びお問い合わせに対するご返信は7月30日(月)以降の対応となります

予めご了承下さいませ。

 

日頃、MUSHMANSを御愛顧いただきまして まことに有難うございます。

 

MUSHMANS Co.,Ltd.

 


MUSHMANS Athletic Wear より 新作 Crew Neck T-Shirtsをリリースします!

 皆様こんにちは、MUSHMANS代表の藤田です。

 

ようやく、ようやく仕上がって参りました!

MUSHMANS Athletic Wearの新作アイテム!

数回に渡るサンプル製作の末に完成した、これからMUSHMANS Athletic Wearの定番的アイテムとなるであろうシンプルなクルーネックT-Shirtsのリリースでございます。

 

 

 

シンプルな中に拘りを凝縮した、これぞ定番な半袖Tシャツです。

※勿論ボディはMUSHMANS Athletic Wearオリジナル!※

それでは早速ご紹介いたします。↓

 

DSC_5418-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

Flat Seamer Crew Neck T-Shirts

[OFF WHITE/BLACK/MOKU-GRAY]

 

DSC_5352-630.jpg

40/2(40番双糸)天竺をボディに使用し、適度な厚みと優しい肌触りを実現いたしました。

優しい手触りを追求しつつも経年による劣化を考慮しており、長いシーズン第一線で活躍する事ができるよう配慮したマテリアルを用いております。

40/2(40番双糸)という表記は天竺編をする時点での糸の構成を表したものです。

40番の糸を2本使いで天竺編みする為、編地の仕上がりは20/-(20番単糸)のものと同程度の厚みで仕上がるのですが、20/-(20番単糸)の天竺と比較すると編地のキメが細かく肌触りも気持イイ。さらに経年による劣化も少なく、斜行も少なくなりますので着用時の歪み感が少ないというのがポイントです。

MUSHMANSでの取り扱いブランドで比較的多いのが18/-(18番単糸)のラフィ天竺等といった紡績過程での落ち綿を織り交ぜた編地で、20番より太目の単糸使いによって、カサついたネップ感のあるボッテリとした物が多いです。そういった編地の魅力もございますので好みで使い分けという事になるかと思いますが、MUSHMANS Athletic Wearではマテリアルの高級さ、高級感、といった部分をより表現し、いつもより気持ちよく着用でき、さらに年間通してアンダーウエアとしても活用する事ができるボディを開発したのです。

 

DSC_5351-630.jpg

また、ディテールに関しても注目していただきたいポイントです。

こういったシンプルなT-Shirtsの場合、デザイン性=ディテールという直結したものとなります。

シンプル過ぎると肌着感が出てしまい、激しすぎるとインナーとして使い勝手が悪いという事にもなってきます。

あくまで、日常の生活に寄り添ったものとする為に表現する部分はしっかりと、必要の無い部分はシンプルに仕上げております。

で、大きな特徴といたしましては、部分的に使用したフラットシーマ四本針の縫製です。

このフラットシーマというのは特殊なミシンを使用した四本針縫製のことで、縫い合わせる生地と生地を読んで字の如くフラット(平らに)にシーム(縫い合わせる)事ができる手法です。この縫製仕様にする事で縫い目のゴロつきを感じさせない、素晴らしい着用感を生んでおります。

この特殊ミシンは現代では希少であり、さらに縫製職人の技術が試される仕様という事にもなります。

 

そういった事でフラットシーマを用いておりますが、縫製箇所全てにこの仕様を用いるとディテール過多な雰囲気に感じるもので(個人的見解ですが)もう少しシンプルに出来ないものかと考えました。

そこで思いついたのが、適所にこのフラットシームを用い、必要の無い箇所には二本針の通常縫製を用いるというハイブリット方式でした。

 

肩部と袖部(アームホール)は動きの出る部分である為、縫製箇所のゴロつき感を無くすべくフラットシームで、それ以外の部分は通常の二本針縫製という二種類のミシンと縫製仕様にする事で、フラットシーマを用いた時の派手さをデザインのポイントとする事が可能となり、ディテール感とシンプルさを両立する事に成功したのです。

 

サイズ感に関してはスタンダードなサイズ感となっており、日頃MUSHMANSをご愛顧いただいているお客様には馴染みのサイズ感覚で設計しております。

34 ---身幅45cm/着丈59cm/肩幅41cm/袖丈17cm
36 ---身幅48cm/着丈60cm/肩幅44cm/袖丈19cm
38 ---身幅50cm/着丈65cm/肩幅45cm/袖丈20cm
40 ---身幅52cm/着丈67cm/肩幅46cm/袖丈21cm
42 ---身幅54cm/着丈69cm/肩幅47cm/袖丈21cm

上記が洗い上がり時の寸法となっておりまして、ワンウォッシュ納品ですので、ご購入いただきまして洗濯していただいても大きく縮むようなことはございません。

※個体によっては若干の寸法差異がございますので、予めご了承下さい。※

 

それでは、ここまで長々と書かせていただきましたので、ここからは画像で各々のカラー、ディテールを御覧下さいませ↓

 

DSC_5370-630.jpg

DSC_5380-630.jpg

【OFF WHITE】

ブリーチを強くかけず、糸本来の色も残した爽やかなカラー。

 

DSC_5373-630.jpg

天巾は比較的狭く見えるかもしれませんが、一年も着用いただきますと結構広がります。

襟部のフライスも同素材ですし、テスト済みですのでヨレヨレになる事はありませんが

寸法自体は均等に広がる傾向にありますので、新品時はある程度狭い方が良いと思ってます。

また、今作からMUSHMANS Athletic Wearのラベルが新しくなりました。

 

DSC_5375-630.jpg

DSC_5376-630.jpg

 

フラットシーム部と二本針レギュラーシーム部です。

このハイブリット方式はデザインのアクセントにもなりますね。

 

それでは各カラー同一箇所を掲載します↓

DSC_5397-630.jpg

DSC_5403-630.jpg

【BLACK】

 

DSC_5398-630.jpg

DSC_5399-630.jpg

DSC_5400-630.jpg

DSC_5401-630.jpg

 

 

DSC_5383-630.jpg

DSC_5392-630.jpg

【MOKU-GRAY】

 

DSC_5385-630.jpg

DSC_5386-630.jpg

DSC_5389-630.jpg

DSC_5391-630.jpg

 

 

 

それでは着用してみましょう↓

DSC_5329.jpg

着用感はこのような感じになります。

画像の人物はサイズ38-Mを着用。

シンプルな構成に、ポイントとなるフラットシーム部分。

さらに縫製糸を浮き立たせる事で、着用時の輪郭がハッキリとしてきます。

こちらMOKU-GRAYは杢糸を使用しており、この三色中最も気持ちの良い着心地です。

 

DSC_5335.jpg

夏が終わったらA-2等のインナーにご使用下さい。

程好い着丈となっておりますので、シャツアウトでもシャツインでも活用可能です。

画像の人物はサイズ38-Mを着用。

A-2も同様サイズ38ですので、着丈のバランスは良好ですね。

 

DSC_5339.jpg

こちらはBLACK。

最もステッチカラーが映えるボディカラーです。

何かと使い勝手の良い一着ですね。

人物はサイズ38-Mを着用しております。

 

DSC_5342.jpg

最近の風潮でもございますが、ワンサイズ大きいサイズを着用していただくと

このような感じになります。

画像の人物はサイズ40-Lを着用。

最近の流行でもある、若干オーバーサイズ気味の着用にも対応できます。

カラーによってはサイズを変えてみるというのも面白いかもしれません。

 

 

DSC_5418-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

Flat Seamer Crew Neck T-Shirts

[OFF WHITE/BLACK/MOKU-GRAY]

 

MUSHMANS Athletic WearでのT-Shirtsオリジナルボディ製作は初の試みとなります!

様々なブランド様の、素晴らしいT-Shirtsと日々触れあい多くの知識を得ました

そしてMUSHMANSらしいボディを開発いたしました。

 

間違って欲しくないのは、MUSHMANSのセレクトしているブランドさんのボディに

不満があって新たにオリジナルボディを製作した訳ではないという事。

それぞれのブランドコンセプトのもと

各ブランド素晴らしいT-Shirtsがラインナップされております。

 

あのブランドに対抗するとかそういった事でなく

今までに無い方向性のボディを開発したのです。

あくまで、私的見解での良いモノ、個人的に欲しかったモノ。

あくまで、皆様の選択肢のひとつとしてお考えいただければと思っております。

 

 

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 


<< | 2/351PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    MUSHMANS Fujita (07/09)
  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    長坂誠 (07/06)
  • 予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (03/23)
  • 予約受付を開始いたします!!
    星野 (03/21)
  • Making Mushmans 【最終章】 〜TAKE OFF !〜
    ショウジ (01/25)
  • 今期別注レザー 【BUSTED SHRINK HORSEHIDE DARK SEAL "VOLCANO"】のメンテナンス方法に関しまして。
    BeOS (10/28)
  • 毎年恒例のCOLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country コラボアイテムの予約受付開始です!
    BeOS (10/15)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (05/18)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    ナナス (05/16)
  • 3/4 SLEEVE SHIRT 第2弾!
    toss (05/14)

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode