ADJUSTABLE COSTUME×MUSHMANS 別注 "Strawberry Thief Black Edition" Waistcoatのリリースです!!

 皆様こんにちは!!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

この週末は生憎の天候となってしまいましたが、新作アイテムの発表やアイテムの入荷がございまして、足元の悪い中にも関わらずご来店いただいたお客様方、ありがとうございました!

 

さて、本日は新作アイテム入荷のお知らせをさせていただきます!!

 

 

Vest1-630.jpg

 

ADJUSTABLE COSTUME×MUSHMANS

Waistcoat[AV-036-MS]

"Strawberry Thief" Limited Edition BLACK

 

大変好評いただいております[Strawberry Thief/苺泥棒]シリーズの、MUSHMANS限定カラー"BLACK Edition"ファブリックを使用したアイテム。

今回はWaistcoat(Gillet)のご紹介です。 数々のアイテムをリリースして参りましたが、この平織ファブリックを使用する"BLACK Edition"はこちらのアイテムで最後となります。

※このファブリックでは無く、シャツに使用したライトオンスファブリックでTieを最後に製作する予定ですが。※

こちらのファブリックでは上はキャスケットから始まりまして、ジャケット・バギーショーツ・オーバーオール・バギーパンツそして今回のベスト。 結局のところ5つのアイテム(シャツも含めると7アイテムという事になりますが)をリリースするに至りました。

 

こういった試みで、アイテム数がこれだけになるという事は、今までに前例の無いヒット作であると言っても過言ではありません。

多くのお客様に評価していただき、さらにご購入いただいたお客様方が活用してくれているのを目の当たりにすると、本当に嬉しく思いますし、私自身大変やりがいを感じております。

 

 

Vest3-630.jpg

今回のアイテムはWaiscoatという事で所謂ベストと呼ばれる物でございます。

ラペルの無い至極シンプルなデザインを採用しており、この総柄ファブリックには最適なモデルと言えるでしょう。

柄合わせをしておりますので判別しにくいかもしれませんが、ポケットが上下左右に計4箇所配置されております。

 

Vest2-630.jpg

ウエストのシェイプを作る為に、前身頃にダーツが設けられておりますので、ここで若干柄が狂いますが これもひとつのデザインになっております。

 

Vest4-630.jpg

ボタンは3B JACKETやバギーショーツ・パンツ等に使用した皮付きナットボタンを使用。

全モデル共通性を持たせておりますので、今回のWaistcoatも同様です。

 

Vest5-630.jpg

 

Vest6-630.jpg

背面身頃にはグレーのコットンツイルを採用。

勿論シンチバック仕様になっております。

 

Vest7-630.jpg

ライニングはストライプのコットンファブリックを使用し、オールシーズン着用いただけるものとなっております。

 

 

 

 

さて、今回もこのファブリックに関しての説明をするべきか悩みましたが、これを御覧いただいているお客様の殆どがご存知だと思いますので割愛させていただきます。

もし初めて御覧になる方がいらっしゃいましたら→ コチラ に記述がございますので、是非御覧下さいませ。

 

 

 

DSC_7775.jpg

それでは着用してみましょう。

画像の人物はサイズ38を着用しております。

今回はシーズン的にも秋冬でございます為、このようにシャツとトラウザーズでコーデしてみました。が、このWaistcoatは非常にコーディネートの幅が広いので、例えば夏季半袖T-Shirtsに前開けで羽織っていただくという、かなりラフな着こなしも面白いんじゃないかと思います。

ジャケットの総柄は手が出しにくかったお客様も、このWaistcoatであれば始め易いのではないか?とも思います。

 

 

こうなってきますと、やっぱり2ピース位はやってみたくなりますよね。

3ピースやキャスケットまで使って4ピースなんて猛者も今後現れるかもしれませんが、私個人的には2ピースまでが"普通"に街に馴染むコーディネートかと思います。

まあ"普通"を求めている方はMUSHMANSのHPなんか御覧になっていないと思いますが(笑)

 

 

DSC_7778.jpg

という事で2ピースコーディネートです。

想像していたよりも落ち着いた印象になっていると感じられた方も多いかと思います。

この3B JACKETとの相性は素晴らしく、あくまでカジュアルでありながらも気品を感じるシルエットが魅力です。

と、言う事でこの"3B JACKET"をこのタイミングで追加生産いたしました。

前回の生産時、あっという間に私のサイズである38が完売してしまいましたので、私自身買えていなかったからです(笑)

自分が欲しいから企画したのに・・・と悔しい想いをしたので、今回は既に押さえております。

画像の人物はサイズ38を着用。

ボトム・・・Sugar Cane Fiction Romance 8.5oz MOUNTAIN CLOTH WORK PANTS

シューズ・・・MUSHMANS Foot Wear Norwegian Front Shoes

 

 

 

ADJUSTABLE COSTUME×MUSHMANS

Waistcoat[AJ-088-MS]

"Strawberry Thief" Limited Edition BLACK

 

 

こちらが追加生産につき再入荷となっております!

前回お買い逃しのお客様、今がチャンスです!!

 

 

 

DSC_7781-630.jpg

ADJUSTABLE COSTUME×MUSHMANS

Waistcoat[AJ-088-MS]

"Strawberry Thief" Limited Edition BLACK

↑ジャケット

 

 

ADJUSTABLE COSTUME×MUSHMANS

Waistcoat[AV-036-MS]

"Strawberry Thief" Limited Edition BLACK

↑ベスト

 

 

是非、この機会をお見逃し無く!!!!!

 

 

 

 

 

 

 


COLIMBO FAIRBANKS THERMAL TURTLENECK

皆様、こんにちは!

 

本日はタートルネックでは珍しいサーマル地でリリースされましたCOLIMBOのアイテムのご紹介です。

 

1.jpg

COLIMBO

FAIRBANKS THERMAL TURTLENECK

[ZT-0426]

BLACK/GRAY

 

zt0426-bk2-630.jpg.jpg

BLACK

 

zt0426-gry2-630.jpg.jpg

GRAY

 

昨年も人気を博していたCOLIMBOのタートルネック。

ナイジェルのタートルネックは厚手なので、それはそれでいいんだけど、

もう少し薄手ならA-2など少しタイトに着たい革ジャンのインナーに着れるといいんだけど…というお声も多く、

多くのお客様から使い分けができる!!とご好評いただいておりました。

 

zt0426-gry3-630.jpg.jpg

しっかりとしたサーマル地を使い、着回しの良いタートルネックを仕立てています。

生地も当店で取り扱いのございますタートルネックの中でも一番薄い生地なので、

レイヤードした際、ごわつきもございません。

 

2.jpg

面白いのが、こちらの生地 表と裏で異なる組織の生地を使用してまして、

表はフライス編みになっていますが、裏はワッフル地になっており、
柔軟性、保温性、吸汗性に優れた生地となっています。

フライス編みはゴム編みの一種で、最も一般的な編み方である天竺編みと比べると、

横方向へ一層伸縮性に富んでおり、リブ編みとも呼ばれます。

 

zt0426-gry4-630.jpg.jpg

zt0426-gry-5-630.jpg.jpg

 

コットン100%なので、ニットが苦手な方もこちらなら心配ございません。
インナーとしてもちろん、サイドにスリットがはいっているので、

アウターとしても合わせやすいアイテムとなっております。

 

 

画像の人物はMサイズで着用しております。

シンプルなタートルネックなので、今回はチノパンであわせましたが、デニムとも合うので着回し抜群です!

 

Pants・・・SUGAR CANE 8.5oz.MOUNTAIN CLOTH WORK PANTS

Sneakers・・・MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE "All Leather Sneakers" Bianco

 

 

 

続きまして、ネルシャツとの組み合わせですが、

レイヤードしてもネルシャツのサイズ感に影響することなく、スッキリ着こなせます。

 

Shirts・・・TOPAZ Worker's Shirts ”FOREST GUARD”

Pants・・・SUGAR CANE 8.5oz.MOUNTAIN CLOTH WORK PANTS

Sneakers・・・MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE "All Leather Sneakers" Bianco

 

 

しかもお値段もサーマル価格!!

今年はXLサイズまでご用意がございます。

 

先週も1月並みの気温と寒い日が増えてまいりました。

今週末もまた寒くなるようです。

首元を温めてあげると、随分体感温度が違うモノですよね。

 

先週末でサイズによってはSOLD OUTがございますので、お早めに!

 

 

 

 


MUSHMANS Leather "ADVENTURER/アドヴェンチュラー" 世界一醜いカラーリングを施した 限定アイテム予約受付開始のお知らせ!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

このところ、冷え込みが急激なのもございまして、アウターを探しにいらっしゃるお客様が増えて参りました。

もう少し秋物を楽しみたいところではありますが、シャツ一枚だけで出歩くのは少々辛い季節になってきましたね。

まあ、レザージャケットシーズンとしては、まさに今といったところでもございますので、それはそれで楽しい季節ではございますが。

 

さて、本日はMUSHMANS Leatherのスポット生産アイテムをご紹介させていただこうと思います。

 

当ブログの表題に『世界一醜いカラーリングを施した』と記載されておりますので、そこに目が行ったという方も多いでしょう。

それに関しても、詳しくご説明しておりますので、是非御覧下さいませ。

 

 

Brab DB-2.jpg

今回は、このレザーマテリアルからお話させていただこうと思います。

 

表情豊かで、独特の発色となっているこちらのマテリアルは、ここのところ毎年使用しておりましたDeer Skin(鹿革)。

今シーズンに関しては、このDeer Skin(鹿革)を使用した企画を進めていなかったのですが、来シーズンの為にと試作した素材が大変素晴らしい仕上がりとなりましたので、今回急遽製品化する運びとなりました。

 

『Deer Skinの選定』

MUSHMANS Leatherではお馴染みの鹿革タンナーである"藤岡勇吉本店"が鞣した鹿革を使用しております。

日本の鹿革といえば藤岡勇吉本店、日本最古の鹿革タンナーでもあり、常に最上の素材を提供していただいております。

この藤岡勇吉本店の鹿革の中でも、最も厚みのある原皮を厳選して鞣しているのは、昨年のスペシャルモデル『Norfolk Jacket』に使用した素材と同様。

この鹿革は1.7mm〜2.2mmレンジという、Deer Skinとしては最も厚い部類に入る素材を使用しております。同じ鹿革でもELK Leather(エルクレザー/ヘラジカ)であれば実現する厚さでございますが、エルクですと革の表情はDeer Skinのように滑らかなではありません。

エルクレザー並みに重厚でありながら、Deer Skinのキメ細かく滑らかな表情を持ち合わせる、素晴らしいマテリアルです。

 

鞣しに関しては、勿論、植物タンニン鞣し(フルベジタブルタンニン鞣し)となっており、素晴らしい経年変化をお約束いたします。

新品時の光沢感の少ないマットな状態からは、想像もできないような光沢感が、着用する度に増して行く楽しみを体感して下さい。

また、ベジタブルタンニン鞣しだからこそ、深く刻まれる皺も魅力の一つで、貴方だけの一着が完成するものです。

 

 

『特殊な染色と着色/世界一醜い色』

このレザーのカラー名称に使用している『Drab Dark Brown/ドラブ・ダークブラウン』は"世界一醜い色"と言われているカラーです(笑)

レザーの発色を決める際に参考とする為、日頃様々なカラーをサンプリングしておりますが、ふと目に止ったのがこのカラーでした。

PANTONE® 488C /ドラブ・ダークブラウン

 

そして、このカラーが世界一醜い色として認定されたという記事。

これはオーストラリア政府がいかにタバコの売上を減らせるか、というプロジェクトを進めるにあたり、1,000人以上の喫煙者を対象に「タバコのパッケージに使われていたら嫌な色」の聞き取り調査を実施。

その結果、このPANTONE® 448Cが「タール」「泥」「死」を連想させるとして、ワースト1位、即ち"世界一醜い色"として認定されたという事でした。

当初この448Cをオーストラリア政府は「オリーブ・グリーン」と名付けましたが、オーストラリア国内のオリーブ協会が猛反発。

これを受けて『Drab Dark Brown/ドラブ・ダークブラウン』と改名されたそうです。

確かに、オリーブグリーンというよりもブラウン色が強く、若干中からオリーブ色が兆している感じですしね。

 

 

パッケージ画像がエグ過ぎて、パッケージカラーにまで目が行かない・・(笑)

 

このPANTONE® 448Cを見た瞬間、これはレザーカラーとして奥深い色になりそう!と感じました。

そして、この448Cが世界一醜い色として認定されているという事を知り、より一層このカラーをレザーに落とし込んでみたいという願望が湧いてきます。

世界一醜い色は、いかなるシチュエーションでも醜いのか?

それは挑戦してみなくては答えが出ない事でございます。

 

ブラウン色の中に兆すオリーブ色をどのように表現するのか?

白色の紙に着色するのではなく、革という素材に対して着色する訳ですし、厚塗りのピグメントで着色してしまっては本当に醜い結果になりかねません。

 

そして、気が付いたのが『今年のレザーで同じような事やったじゃん』という事。

今期レインボーカントリーとの別注で製作した『RED CORE HORSE HIDE "MARS"』は、まさに限りなく黒いダークシールブラウンの中に兆す"赤"を狙いました。 これは実に味わい深い発色となり大成功だったと感じております。

これにヒントを得て着色すれば良いんだ!しかも昨年オリーブ色のレザーを作ったから、調色のレシピが既にある!

 

という事で、世界一醜い色を実現すべく作られたレザーがコチラ↓

Drab DB-3.jpg

ベース色にオリーブドラブを染色したDeer Skinを用い、そこにオーバーカラーリングでブラウン色を。

レザーで再現するPANTONE® 448Cがここに完成いたしました。

私の個人的見解ですが、この発色が『世界一醜い』かと問われれば、レザーに対するカラーとしては「寧ろ素晴らしい色」であると感じる訳でございます。

あとは皆様が、このカラーをどう感じるか?という所だけであると思います。

 

 

さて、こうやって仕上がった特別なDeer Skinでございますが、このマテリアルで何を作るか?という事になってきます。

 

それがコチラです↓

 

DSC_7372-630.jpg

MUSHMANS Leather

Adventurer/アドヴェンチュラー

FUJIOKA Deer

Olive Core 

Drab Dark Brown

Pantone® 448C

 

昨シーズンモデルが最後という事で、今期は製作の予定が無かったMUSHMANS Leatherのフラッグシップモデル『ADVENTURER/アドヴェンチュラー』でございます。

昨年最後と言っておきながら、何故今年リリースするんだ?と思われてしまいますが、これには事情がございます。

昨年の時点ではTHE FEWの復活が予定されており、その復活第一シーズンの企画に『CRUSEDERS』が組み込まれておりました。

このADVENTURERもCRUSEDERSも、インディジョーンズが着ていたジャケットをベースとしている為、同じようなモデルがいくつもあってはならないという観点から、今年MUSHMANS Leatherではラインアップしないという事になっておりました。

しかしながら、THE FEWの継続的復活の話しも潰えてしまったという事もあり、ADVENTURERの生産を要望されるお客様が多かったのも事実。

ならば、この土臭く、男らしい、新たなマテリアルをADVENTURERに採用しようという事になった次第でございます。

 

 

DSC_7388-630.jpg

男たるもの、一度や二度は興奮の中で鑑賞した事があるであろう『Indiana Jones』シリーズの劇中で使用されているレザージャケット。

あのジャケットの雰囲気を踏襲しながらも、素材感・ディテール・シルエットに拘って作りこんだのが、このADVENTURERでございます。

 

DSC_7391-630.jpg

シンプルな構造のスポーツジャケット型で、一見するとA-2と見紛える風体を持っているものの、コックピットに収まるパイロットよりも、さらに動く事を想定したディテールとなっているのが特徴。

背面で言えば、大きくスリットが入り、惜しげも無く大胆に裁断されたバックパネルが特徴的です。

 

 

DSC_7396-630.jpg

大柄な襟は、男らしく紳士的な印象を与える要素となっており、前面の雰囲気を盛り上げてくれます。

 

 

DSC_7394-630.jpg

A-2と似て非なるディテールなのが、このフラップ付きパッチポケットですが、ハンドウォーマーとして使用可能な構造となっており、より実用的なものとなっております。

 

 

DSC_7418-630.jpg

シンプルな構造故に、マテリアルが映えると言っても良いでしょう。

所によって、荒々しいシボ部分が使用され、大変表情豊かなものとなっております。

 

 

 

 

それでは着用感を御覧いただきましょう。

画像の人物はサイズ38を着用。 このパターンはMUSHMANS Leatherのオリジナルパターンとなっておりまして、劇中で使用されているジャケットと比べると、かなりスッキリとしたシルエットになっております。

とは言いましても、あまり綺麗なタイトシルエットにしてしまいますと、Indiana Jonesの雰囲気を消してしまいかねませんので、劇的に細いシルエットという事にはなっておりませんので、御安心下さいませ。

適度に日本人の体格に寄り添うシルエットですので、とても着用感が良くフィットするとパターンです。

 

革自体の厚みがしっかりとありますので、ジャケット自体を持つと「結構重いな」といった印象ではございますが、とにかくしなやかなDeer Skinですので、着用すると不思議と重さを感じません。

新品時から軽快に着用できる、まさにスポーツジャケットとしての性能を併せ持ったジャケットとなっております。

さらに、近年Deer Skinのアイテムをご購入いただいたお客様から「Deer Skinは革ジャンの中で最も温かい。」という御声をいただく事がかなり多いです。

私自身も感じていた事ですが、ふっくらとしたこのDeer Skinは本当に温かく、様々なDeer Skinを今まで使用してきましたが、その中でも最も温かく感じます。

 

引き裂き強度に長け、しなやかで動き易い、さらに体温調整ができるジャケット。

これこそが、真の冒険者に贈られるジャケットなのではないか?と思います。

 

そして、注目して欲しいのが『世界一醜い色』を採用しているという事。

レザーに対しても、このPANTONE® 448Cが醜い色であるというのか?

それは、お客様ご自身の目で御確認いただけたらと思います。

 

DSC_7372-630.jpg

MUSHMANS Leather

Adventurer/アドヴェンチュラー

FUJIOKA Deer

Olive Core 

Drab Dark Brown

Pantone® 448C

 

 

本日よりご予約の受付を開始します。

納期は2020年2月末〜3月を予定。

限定着数は8着程度。

オーダーいただくサイズバランスによっては

予約受付を早期に終了する可能性がございます。

 

 

 

 

 

 


PIKE BROTHERSよりC2 SWEATER 新色が登場!!

皆様、こんにちは!

先週気が付いたのですが、テレビ朝日の”世界の街道をゆく”で、私たちが7月にアメリカを走った道や訪れた場所が放映されておりました(ルート66の特集ではございません)、昨日はオートマンを取り上げており、オートマンに着く前に有名な峠道があるのですが、ガードレールなしの道・・・代表の後に乗り、悲鳴を上げながらカメラ撮影してたんですが、そのテレビ放送では曲がり切れず落下して朽ちている車が映ってまして、無事で良かったと心底思いました!! 

自分が行った場所をテレビで見るなんて、国内なら何とも思わないのでしょうが、異国だとめちゃくちゃテンション上がりますね!

 

昨年PIKE BROTHERSより1943 C2 SWEATER OLIVE DRAB&NAVYがリリースされ、大変ご好評いただいておりましたが、今季はBLACKも加わりましたので、ご紹介させていただきます。

 

PIKE BROTHERS

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1943 C2 SWEATER Merino Wool

OLIVE DRAB/NAVY/BLACK

 

昨年とご紹介が重複しますが、今一度ご説明を。

ヴィンテージ市場では中々お目にかかる事のできない[Type C-2 Vest]をリプロダクトしたのが、こちらのアイテム。

Vestって書いてあるけど・・?とお思いになるかと思いますが、

米陸軍航空隊に納入されていた正式名称が"C-2 VEST"となっておりまして、

袖付きニットベストという事になっているものです。

現代で言うところのカーディガン的存在なのですが、これをリプロダクトしているPIKE BROTHERS的にも

"C-2 VEST"と記載して混乱を招くよりは"C-2 SWEATER"と記載してしまった方が解りやすいよね?って事なんだろうと思います。

 

C2-1-630.jpg

OLIVE DRAB

 

 

PK C2-1-630.jpg

NAVY

 

 

c2-bk2-630.jpg

c2-bk1-630.jpg

新色BLACK

 

1943年近辺で正式に採用されたC-2は、A-2等のインナーに用いる為に開発されたモデルで、

ヴィンテージでも比較的タイトとなっておりレザージャケットのインナーとして最高のパフォーマンスを発揮します。

ウール製品の為、70年以上が経過した現代では中々オリジナルを見つける事は難しく、

もしオリジナルを発見できてもガンガン実用するには強度的に難しいと言えるでしょう。

寒い時季にもA-2をじっくり着込みたい、そう思って最適なインナーは何なのか?探し尽くすと

必ずC-2に辿りつくものの、ヴィンテージは手に入らないし、リプロダクツされている物は結構簡易的な作り込みで、

アクリルウールだったりで魅力的な一着が見つからない・・・

そんなところ、PIKE BROTHERSでリプロダクツされているC-2を発見!!

 

 

 

c2-bk6-630.jpg

何が良いって、このC-2に用いられるマテリアル!!

なんとMerino Wool(メリノウール)100%というところ!!

先月ブログでORGUIEL Turtleneck Sweater(BROWN/GRAY)をご紹介しましたが、

MUSHMANSオリジナルソックスでも使用されている、

このメリノウールはインナーに使用する場合に最高のパフォーマンスを約束します。

メリノウールはムレや湿気を自分で調整するエアコン機能を備え、「冬暖かく、夏涼しい」特性を持った繊維です。

メリノウールは繊維の中でも最も高い吸湿性能を誇り、ドライな着用感を長時間楽しんでいただけます。

さらに、防臭抗菌効果も持ち合わせており長期間着替える事が出来ないシーンでも効果を発揮する事でしょう。

ハイゲージで編み立てられたこのメリノウールは、

厚みが出過ぎないという事もありA-2の冬季着用に最も適した素材なんですね!!

しかも、メリノウール100%にしてはお買い求め易いプライスも魅力。

 


PIKE BROTHERSオリジナルネーム、コントラクトラベル装着。

 

Zipperには棒TALON。

 

c2-bk3-630.jpg

C-2の象徴でもある片ポケ。

 

 

 

 

 

 

DSC_8037.jpg

Shirtsに合わせていただければ、普通にカーディガンとして使えます。

画像の人物はサイズMを着用。

いつも大きめなサイズ感のPIKE BROTHERSアイテムですがこちらのC-2に関して言えば日本ブランドのサイズ感と変わりません。

普段の日本製アイテムと同等のサイズ感とお考えくださいませ。

 

 

こちらは新色のBLACKを着用。

サイズは同じくMサイズを着用しております。

ここでは、インナーにS/S T-Shirtsで着用してもらいましたが、まったくチクチク感が無いようです!

メリノウールならではの、羊毛一本一本の細さと柔らかさから、通常のウールと比べると肌へ感じさせるチクチクとした違和感が全く無いものとなるのです。

これは個人差があると思いますが、比較的ウールのチクチクに弱いという方でも、これに関しては大丈夫という場合が多いのが事実です。

フロントZipのSWEATを着るような感覚で着用いただくのも良いですね。

 

 

新色のBLACKは、黒系のライダースとも相性抜群!

バイク乗りにも愛される一着となる事間違いありません。

 

 

サイズ欠けしておりましたOLIVE DRABNAVYのお色も補充されております!!

BLACKは早くもサイズによっては欠品が出ておりますので、ご検討の方はお早めに!

また欠品しているサイズに関しても、次回入荷分のご予約が可能です!

 

 

 

 

 

 

 


今シーズンのMister Freedomが揃いました! Part.3(Leather Jacket編)

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

今シーズンのMister Freedomアイテムの情報も、今回で3回目となりました。

当ブログを御覧になってご来店いただく皆様、オンラインショップでご購入いただきます皆様、本当にありがとうございます。

 

さて、本日はLeather Jacket編という事で、コレクション中今期最も話題となっているアイテムのご紹介です!!

 

 

MF1-630.jpg

長い事Mister Freedom"Sortsman"コレクションにラインアップされている、こちらのCAMPUS JACKETでございますが、今年非常に面白いマテリアルを纏い、かなりシブい一着が仕上がりました!
1930年代のコサックジャケットがベースとなっているこちらのCAMPUS JACKETは、アメリカ製レザージャケットならではの荒々しいディテールを楽しむ事ができるジャケットです。
最も面白いポイントとしては、日本の物作りでは中々に実行に移すのが難しい、ライニングを取り付けないレザー一重の構造。
ライニングが付いていないレザージャケットなんて普通に着られるの?
そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際に着用してみると意外と普通の着用感だったりします。
これは、レザーマテリアルが比較的しなやかである事で、袖裏のライニング滑りに依存しなくとも動けるという所があるのかと思われます。
さらに、ライニングが装着されていない事の恩恵すら感じてしまうから面白く、いつもよりジャストサイズで着用いただいてもライニングがパンクしてしまう事を想定しなくても良いという利点がございます。
このデザインこのディテールですので、出来るだけジャストに、シャツ感覚で羽織っていただけるとカッコイイと思っております。
どちらにせよ着丈が短い設定でございますので、インナーに厚手の物を着る事も無いかと思います。
新品時 半袖T-Shirtsをインナーに着用し、フロントボタンが閉まればギリギリでも良いんじゃないか?と感じます。
このライニングの付いていないジャケット、ジャストサイズが欲しくなる一着です。
MF2-630.jpg
さて、今回特筆すべきポイントであるマテリアルでございますが、ただのブラックではございません。
ナチュラルカウハイドの表面にブラックコーティングされております。
MUSHMANS LeatherのCYCLE CHAMP等でも同様の手法で着色をいたしますが、今回のCAMPUS JACKETのように完全ナチュラルの下地を使用した事はありません。
色が剥げてきた時に、全く異なる発色のレザーが顔を出すという事になりますので、ここまで大胆になれないという所もあるのです。
こういったチャレンジングな着色を行うのも、Mister Freedomの面白いところで、この大胆さに惹かれるお客様も多いかと思います。
MF3-630.jpg
大振りなナットボタンが、デザインとして非常に効いておりますね。
MF4-630.jpg
MF5-630.jpg
カフス裏にはコーデュロイが貼られており、袖口からチラッと見える異素材が雰囲気を盛り上げます。
また、こうなっている事は実用的でもあり、頻繁に接触するパーツだからこそ、こういった配慮が嬉しいですね。
MF6-630.jpg
スラッシュポケットの両サイドには三角レザーパッチで補強。
個人的に、このデザイン構成は定番的であり安心感もございます。
MF8-630.jpg
MF7-630.jpg
基本的に、見える部分のボタンはナットボタンを使用しておりますが、ボタン裏の力ボタンにはアンティークのガラスボタンが使用されており、これもまた雰囲気良し!
MF9-630.jpg
サイドベルトのバックルにはNOS(New Old Stock)のパーツが奢られるのもMFらしさ。
MF10-630.jpg
襟裏にもコーデュロイを使用し、スタンドアップさせた時のコントラストが非常に良いです。
DSC_7554.jpg
最も重要である着用感を御覧いただきましょう。
まずはサイズ38を着用している画像です。
しなやかなカウハイドのマテリアルが着心地良し、ただ基本的にいつも38を着用する私ですが、インナーに薄手の物を着用しておりますと、少々余裕を感じる程でございます。
この辺は好みとなりますから、強制はいたしませんがワンサイズ下を頑張って伸ばす!的な着方もアリなんじゃないかな?と思う訳です。
折角ライニングが付いていないディテールですしね。
という事でワンサイズ小さい方を着用してみましょう↓
DSC_7560.jpg
という事でワンサイズ下げて着用してみました。
画像の人物はサイズ36を着用しております。
ちょっと画像だと判別しにくいですが、背面のフィット感が出て、アーム廻りもスッキリしました、さらに着丈が短くなっておりますのが御覧いただけるかと思います。
着用感も、それほど大幅にタイトでキツくなったという印象も受けません、これはしなやかなカウハイドによるものも影響しているのかと思います。
こういったレザージャケットですので、特にブラックという事もあり、インナーにそれほど多くの物を着ない方がカッコイイとも思えます。
是非、いつものサイズのワインサイズ下もご試着いただく等をしていただきまして、お客様にとって最適なサイズをお選び下さいませ。
MF1-630.jpg
大変希少な一着です。
是非現物を御覧下さいませ。

<< | 2/392PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode