MUSHMANS Leather "CYCLE CHAMP" 2018年生産分が仕上がりました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

 

この三連休、しっかりと気温も低下いたしまして、皆様本格的に冬の装束を探されている感じになってきましたね!

少し暖かい日が多かったので、レザージャケットが中々活躍しておりませんでしたが、この位の気温になってきますとヘヴィーなレザージャケットに袖を通したくなるもので、私も営業時間中にレザーを着用している時間が長くなって参りました。

 

 

さて、本日はMUSHMANS Leather "CYCLE CHAMP"の2018年生産分が入荷いたしましたので、お知らせさせていただきます。

 

C.jpg

MUSHMANS Leather 2018

Double Riders Jacket

【CYCLE CHAMP】

MUSHMANS Original Horse Hide

 


今年で3シーズン目に突入したMUSHMANS Leather の人気アイテム"CYCLE CHAMP"が全サイズ生産完了いたしました。

しかしながら、3シーズン目に入ってもその人気は衰える事なく、既にご予約分とこの連休の店頭販売分さらにオンラインショップ販売によって残り3着となってしまいました。

今シーズンの生産は終了となりましたので、11月25日現在のMUSHMANS店頭ストック状況は・・↓

サイズ36/1

サイズ38/SOLD OUT

サイズ40/1

サイズ42/1

という状況になっておりますので、三着のみとなっております。 ご検討いただいておりましたお客様、この冬に着用いただくなら今を逃してしまうと来シーズンになってしまいます! お早めに!!

 

 

 

さて、CYCLE CHAMPも3シーズン目という事もありますので、再度このアイテムについて掘り下げてご説明させていただこうと思います。

 

 

"CYCLE CHAMP"は1950年代に、米Harley Davidson社が同社ユーザーに向けてリリースしていたレザージャケットシリーズのダブルライダース型モデルに名付けた名称。

MUSHMANS Leatherが着目したのは、このCYCLE CHAMPシリーズの2ndモデル。

1945年に発売された1stモデルの後継デザインとなっており、エルヴィス・プレスリーがHD社のカタログに登場し、その際に着用していたダブルライダースジャケットが、この2ndモデルです。

 

 

"エルヴィス・プレスリー" 1950年代当時の写真。


 

 

 

C1.jpg

この2ndモデルの特徴は、1stモデルに比べ若干着丈が長くなり、Dポケットはそのままに各部ジッパー付きポケットが追加されている事。 これは1stモデルのウィークポイントを洗い出し、より使えるライダースジャケットに正常進化していると言って良いでしょう。

50年代のレザージャケットには、そういった使い勝手の良さが反映されているモデルが多く、この50年代に多く使われるようになったディテールは70年経とうとしている現代にも継承され続けております。

襟ボアは着脱可能となっており、上記画像が襟ボアを取り外した状態です。


 

 

C2.jpg

 

C3.jpg

 

C4.jpg

 

C5.jpg

左右共に追加されたジッパー付きスラッシュポケット、ジッパー付き胸ポケットといったディテールは、もともと1stモデルには付属していないディテールでありました。

この必要不可欠なディテールが追加された2ndモデルは、今日のライダースジャケットの基礎となっていると言っても過言ではありません。


 

C6.jpg
また、2ndモデルから使用される特徴的な4連スタッズも再現しておりますので、ひと目でCYCLE CHAMPの2ndモデルである事が判別できるディテールです。


 
C-2.jpg
レザーマテリアルにはベジタブルタンニン100%のホースハイド(馬革)を使用しております。
当時の雰囲気を醸し出すべく、このホースハイドは原皮のセレクションから始まり全てにおいてMUSHMANS Leatherオリジナルの処方にて鞣され、着色までが行われております。
革厚は1.4mm程度となっており、かなり重厚なマテリアルです。
100%ベジタブルタンニンならではの、しっかりとしたボリューム感と深く刻まれる皺は、このディテールと相まって荒々しい表情を生み出します。
発色に関してはMUSHMANSでは珍しいピグメント(顔料)による着色を施す事によって、当時のCYCLE CHAMPの雰囲気をより一層引き出す仕上がりとなりました。勿論茶芯となっております。
塗膜により発色している為、その顔料が剥がれ落ちた部分は下地の茶色が顔を出す事になりますので、その経年変化は物凄い表情となります。
因みにヴィンテージは下地を茶色に染色せず白色のまま顔料のブラックで塗られている為、実物は白芯が出ている状態となっております。 ここはヴィンテージを踏襲せずに、MUSHMANSが考えるヴィンテージテイストを付加しております。


 
着用と経年によって、その雰囲気は一変します。
こちらの画像は当店のお客様により、2年間しっかりと着用いただいた経年変化サンプルです。
こういった経年変化が楽しめるレザーアイテムを、水で濡らしてみたりして無理矢理経年変化させる方もいらっしゃいますが、普通に着用して変化した姿が最も美しく、そして猛々しいものになると私達は考えます。
この着用サンプルは当社の理念をご理解いただいたお客様により、大切に育てられた一着です。
その為、このレザーマテリアルが持つポテンシャルを最大限引き出された経年変化を実現しており、無理矢理経年変化させられてしまったレザージャケットとは一線を画す、生き生きとした表情となっております。
※様々な考え方があるとは思いますが、当社ではレザージャケットを無理に濡らす事で変化させる事は一切お勧めしておりません。レザーが持つ風合い(オイル感と銀面の滑らかさ)を殺してしまいかねません。濡らしてしまっても乾ききる前にオイルを塗布すれば問題ないと言いますが、それは一般的な使用に基いた考え方であって、強制的に濡らす(シャワーを浴びる等)事は想定外の事です。
勿論リアルバイカーが降雨の中を走りきった事で濡れてしまうとか、そういった事であればライフスタイルでありますし、そのジャケットに刻まれる歴史であると思いますので全く否定はいたしません。それこそが真の経年変化であるとも思えます。
高価なジャケットを長く愛していただくには、強制的な経年変化は必要ありません。
長くじっくりとお付き合いいただければ、ふと気が付いた時に素晴らしい経年変化が達成されているのです。※
まさに、この経年変化がそれを物語っているでしょう。
この経年変化サンプルについては→コチラをクリックいただきますと詳細を御覧いただけます。


 
このCYCLE CHAMPは、リアルバイカーにもライディング時に御使用いただけるよう、企画者自ら数千kmに及ぶ実走テストを実施してパターンを作成しておりますので、バイク乗りのお客様にも大変好評いただいております。
が、基本的にはファッションを楽しむ為に企画しているアイテムです、大半のお客様はバイクに乗られていない方です。
よく、このCYCLE CHAMPをお気に召していただけたお客様が「バイク乗らないんですけど、普通に着ててもおかしくないですか?」とご質問されます。
確かに我々も、実走テストを繰り返し・・といった表現をしておりますので、バイクに乗らないとダメなのかなって思ってしまうのかもしれません。
はっきり言って、バイクに乗れるようテストしたのは私の自己満足です(笑)  MUSHMANSはバイク用品店ではありませんので、もともとは普通にファッションとして着用して欲しいという事から開発を進めております。
ライダーじゃないとライダース着たらいけない、そんな考え方はナンセンスですよ(笑)
だって、みんなA-2着てるじゃないですか、A-2着られている方の何パーセントがパイロットなのか? ですよね(笑)


 
という事で着用です。
昨今は女性にも大人気のダブルライダースですが、このCYCLE CHAMPは男の為の装束です。
女性のお客様がおきに召していただける要素は皆無で、完全に男らしい要素が凝縮されております。
男らしさ、その中にも気品を漂わせる事こそ、真の洒落者なのだと思っております。
画像の人物はサイズ38を着用。
襟ボアは着脱可能となっておりますが、この時季は襟ボアが付いているだけで体感温度は格段に高くなります。



 
ダブルが欲しい。
着てみたら似合わないからやっぱりだめだ。
笑わせんな、その心意気が似合わぬ要因。
ダブルを着るなら、男として腹を括れ。
ダブルライダースを着る人生。
腹を括った男たちの死装束。



C.jpg

 

 

 

 

 


Hotなアイテムが入荷しましたよ!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!!

 

一気に冬の様相を呈してきた本日、Hotなアイテムが揃いました!!

このところ、重厚なアイテムを多く御紹介してきておりましたので、本日は機能性に富んだ暖かいアイテムを中心に御紹介しようと思います。

 

DSC_3035-630.jpg

Rainbow Country

All Leather Primaloft Hooded Jacket

[RCL10060]

BLACK

 

昨年からPrimaloft/プリマロフト インサレーションに切り換えた"Rainbow Country/レインボーカントリー"の真冬用レザーアイテムですが、先日も当ブログでご紹介しましたAll Leather Primaloft Vestと並んで、大変好評いただいているのがこちらのタイプ。

今シーズンは肩ヨーク切り替えを廃し、さらに洗練された仕様でリリースされました!!

昨年このプリマロフト インサレーション仕様をご購入いただいたお客様からは、とにかく評判が良いのが嬉しいところで。

オールレザーならではの迫力と満足感を味わえつつも、プリマロフトインサレーションである事で軽量かつ動き易い。というレザーアイテムであるにも関わらず、そのウィークポイントを一切感じない魔法のようなアウターだと、先陣を切ってご購入いただいた方々がほぼ同様のことを仰られているアイテムなのです。

 

DSC_3036-630.jpg

DSC_3039-630.jpg

DSC_3040-630.jpg

ブラックアウトされたステッチとメタルパーツ等、とても重厚な一着に見え、オールレザーならではの迫力を存分に楽しんでいただける事でしょう。

 

DSC_3043-630.jpg

フードは着脱可能なので、アップライトなポジションのバイクなら冬季の使用にも耐えうる仕様です。

 

DSC_9764.jpg

今回の仕様からフラップ付きのパッチポケットになり、ハンドウォーマーにもなっている2WAY仕様へと進化しました。

 

DSC_9761.jpg

それでは着用感を御覧下さいませ。

画像の人物はサイズ38を着用。
毎回着用する度に感じますが、オールレザーのジャケットを着ている感覚がありません。

これには好みがありまして、レザーなんだから重くて重厚な方が良いという方もいらっしゃるでしょう。

そのご意見に関して、私も同感なのですが、このアイテムはそういった観点とはちょっと異なるところから考えていただいた方が良いとも思います。

このプリマロフト インサレーション アイテム用に作り出された、カウハイド(牛革)はしなやかで薄い革厚が特徴。

この薄さまで漉いて使いますので、革の強度が必要となります。

薄くても一定の強度を保つ為に、鞣しはクロームでないといけません。

様々な検証のうえで開発されたレザーマテリアル、こういったアプローチのレザーアイテムも面白いものですよ。

 

 

 

 

そして↓

Rainbow Country

All Leather Primaloft Hooded Jacket

[RCL10060]

NAVY

 

こちら、XLサイズが一着だけストックになっております。

こちらも併せて宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

続きましては↓

sc14021beg-1-630.jpg

SUGAR CANE/シュガーケーン

NYLON/COTTON PRIMALOFT MOUNTAIN PARKA

[SC14201]

BEIGE

 

sc14201nvy-1-630.jpg

SUGAR CANE/シュガーケーン

NYLON/COTTON PRIMALOFT MOUNTAIN PARKA

[SC14201]

NAVY

 

なんとコチラも先に御紹介しましたRainbow Country All Leather Primaloft Jacket同様の、プリマロフトインサレーション仕様のマウンテンPARKAです。

オールドテイスト醸す60/40クロスのアウターシェルや、クラシカルなディテールが魅力の一着。
ここにプリマロフトをインサレーションするという事で、飛躍的に保温性能を引き出しました。
sc14021beg-3-630-1.jpg
sc14021beg-4-630.jpg
フロントは裾のもたつきを抑えるダブルジップ仕様。
ベルクロの付いたフラップポケットはマチ付きなので見た目以上の容量があり、脇にはハンドウォーマーも設けてある。
フードはエラスティックスピンドルで調整可能。
DSC_9756.jpg
それでは着用感を御覧下さい。
マウンテンパーカですので、通常はそれほど保温力を期待できないのですが、こちらは保温力抜群。
おそらく関東であるなら、最も気温が下がる1月末〜2月でも活用できる事でしょう。
60/40アウターシェルは全天候で対応出来るし、使い勝手の良いポケット配置に関してもポイントが高い!
画像の人物はサイズMを着用しており、インナーに厚手のフランネル等も着用可能ですので、これからかなり先の時季まで活躍してくれる事でしょう。

そしてプリマロフト三連発!!↓

sc14203-2-630.jpg

SUGAR CANE/シュガーケーン

NYLON/COTTON PRIMALOFT LONG PARKA

[SC14203]

 

こちらも先で御紹介しましたアイテム同様、プリマロフトインサレーションのアイテムです。

マウンテンパーカ同様の60/40クロスをアウターシェルに採用した、M-51タイプのロングパーカです。

ロングコートタイプであるにも関わらず、60/40クロスとプリマロフトの組み合わせは重さを感じずに暖かいのが特徴。

この仕様は女性のお客様にもお勧めです。

 

sc14203-3-630.jpg

 

sc14203-4-630.jpg

 

sc14203-7-630.jpg

 

sc14203-8-630.jpg

各部の仕様はM-51 PARKAを踏襲しておりますので、一見するとヘヴィーデューティーな仕上がりです!

 

DSC_9760.jpg

着用感はこのような感じです。

ロング丈ですが、ビンテージ物ほど長くありませんのでロング丈が苦手な方でも抵抗無くコーディネートしていただけます。

個人的にはフィッシュテールになっていてくれれば言う事無し!だったのですが、インサレーション仕様ですので難しいところですよね。

その代わり、クオリティーに対して非常にお買い求め易いプライス設定が魅力でもございます。

人物はサイズMを着用。

ガッツリ着込む事も可能ですので、寒い冬には最適なアイテムです。

最後にコチラも↓
zt0146-2-630.jpg
こちらは比較的現代的なマウンテンパーカを再現したアイテム。

先に御紹介した製品には、全てPrimaloftが使用されてきましたが、最後に御紹介するこちらのアイテムはプリマロフトではないハイテク中綿を使用しております。

プリマロフトと比べると、触り心地はプルッとした感じ。

生地への追従性が高く、ライトなアウターシェルとの相性が良いハイテク中綿となっておりまして、プリマロフト同様に軽快かつ暖かい特性を持った中綿です。

 

zt0146-3-630.jpg

 

zt0146-7-630.jpg

 

zt0146-9-630.jpg

 

zt0146-8-630.jpg

インテグラスフードやインナーにウォーターボトル用ポケットを装着する等、本格的なマウンテニアリングに使えてしまいそうなディテールが男心をくすぐるところでございます。

 

DSC_9754.jpg

着用感はこのようになり、軽快でスポーティな雰囲気をお楽しみいただけます。

画像の人物はサイズMを着用。

あえて古っぽい印象のボトムと合わせてコーディネートしていただいてもカッコイイかと思います。

軽快かつ気持ちの良い着用感は好印象で、デイリーユースに最適な一着です。

 

 

 

 

 

こういった高機能インサレーションを使用したアイテムも沢山ございます!!

ただただ懐古主義を貫くではなく、これは良いと思ったモノを積極的に採用する気持ちが大切です。

そうやって良い物が新たに生まれるのも面白いですし、新しい定番も生まれるんだと思います。

 

是非一度体感いただきたいと思っております!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


VESTがBESTな季節です。

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!
 

 

この一週間、劇的な忙しさでブログを作る事すらままならず。。。

忙しいという事は本当にありがたいことでございまして、目の前の事をじっくりとしっかりと取り組んで行かなければならないのですが、先の事も進めていかないといけない訳で、その時間軸が朦朧としてきてしまう今日この頃でございます。

ここ数年の中で今が一番モノゴトを抱えている時なのかもしれません。

こういう時こそ慎重になって進めて行く必要がありそうです。

 

 

さて、そんな忙殺される毎日ですが、季節は進んでおります。

もうシャツ一枚では外出できない寒さになってきている訳で。

 

 

まさに今時季にBESTなVESTが揃っておりますので、ご紹介させていただこうと思います↓

 

 

まず始めに、今期のMUSHMANS別注モデルから御紹介させていただきましょう。

 

クレセント1-630.jpg

MUSHMANS×Crescent Down Works

"Italian Vest"

CORDURA CAMO

 


今年2月に開催したCrescent Down Worksカスタムオーダー受注会時に、大変好評いただきましたMUSHMANS限定ファブリックである"CORDURA/コーデュラ"を使用した別注モデル。

このスペシャルファブリックであるCORDURA CAMOモデルが、S/M/Lの各一着ずつ店頭ストックが実現いたしました!!

 

 

 

クレセント2-630.jpg

アウトドアブランドのアイテムでよく見かける上記ロゴ(MUSHMANSラベル下のタグ)は、この生地を使用している事の証でございます。

このコーデュラはナイロンの7倍もの強度を持ち、過酷な条件下で使用されるアイテムに使用するために生まれた特別な繊維でございます。

引き裂き強度に長けているこの繊維は、繊細でもあるダウンインサートのアイテムに最適なマテリアルと言っていいでしょう。

 

 

クレセント3-630.jpg

混合率
今回の別注ファブリックに採用するのは、上記二色のカモフラージュ柄。
画像では判りにくいかもしれませんが、化学繊維感をあまり感じないマットな質感はコットン70%/コーデュラ30%という混率によるものです。
ヴィンテージダウンアイテムによく使用される60/40クロス、所謂"ロクヨンクロス"は、60%コットン/40%ナイロンの混合で織られるファブリックである事からそう呼ばれます。
コットンとナイロンのコンビネーションにより、マットな質感と強度が保たれさらに雨などに濡れた場合、含まれるコットンが膨張する事で生地の密度が高まり防水効果を得るといった理にかなった構造となっておりますが、今回のコットン70/コーデュラ30は60/40クロスと同様の発想から生まれ、さらに高い堅牢性も持つファブリックなのです。
 
生地構造
さらに一定の間隔で格子状の補強糸が織り込まれているRip Stop/リップストップ構造のファブリックは、より一層引き裂き強度を高める効果を持っておりファブリックのデザイン性にも一役買っている組織でございます。

 
クレセント8-630.jpg
OLIVE&BROWNの落ち着いた発色が魅力的なカモフラージュ柄。
ダウンベストに大変マッチした発色感でございます。

 
クレセント4-630.jpg
インナーライニングには通常よりもヘヴィーデューティーさを求めて、アウターシェルにも使用される事の多い60/40クロスを採用しました。
これにより、若干着心地は硬質なものとなりますが、気兼ねなくガンガン使える仕様となっているのが嬉しい所です。
何故なら、アウターシェルにCORDURAをおごりましたので、どんなシチュエーションでも気を遣う事なく使える仕様にしたかったのです。
ライニングカラーはRUST、一見オレンジに見えるのですがオレンジに若干ブラウン色を混ぜた絶妙な落ち着いた発色です。
カモフラージュ柄に最適な色合わせになったと思います。

 
クレセント5-630.jpg
ジッパーは下からも開けられるダブルジップ仕様になっておりますので、着座時にも着心地良し。
ダウンベストだから、クルマの運転時にも脱ぐ必要がありません。
かなり使える仕様になっております。

 
クレセント6-630.jpg
勿論ハンドウォーマーポケットも付いておりますよ!

 
DSC_9725.jpg
着用感はこのようになります。
画像の人物はサイズMを着用しております。
アウターシェル、インナーライニング共にヘヴィーなファブリックを使用し堅牢な仕上がりとなっておりますが、やはりダウンベスト、軽くて暖かい。
サイズ感は若干アメリカンなシルエットなのですが、Crescent Downを着るなら それなりに着たいという事もありまして、私はあえてこのサイズを選びます。
かなり希少となったMade in USAのダウンアイテム。
楽しめる一着が完成しました!!




 
続いてアメリカ繋がりで↓
filson vest1-630.jpg
アメリカ繋がり、さらに言えばシアトル繋がりです。
FILSONからリリースされている、こちらも質実剛健なダウンベスト。
1897年、ワシントン州シアトルにて、ゴールドラッシュの労働者に向けたウエアを生産する為に設立された「フィルソン」。創設者CLINTON C.FILSONが掲げたコンセプトは「どうせ持つなら最上級のものを」。
上質な天然素材を用い、綿密に計算された設計と正確かつ堅牢な縫製で、一切妥協のない製品を提供。
金の発掘という劣悪な環境下で酷使されながらも、十二分にその性能を発揮するフィルソンのプロダクトは、アメリカのワーカー達から高い信頼を獲得。
森林警備隊や空軍、陸軍といった米政府機関へ装備を供給している事からも、そのクオリティーの高さが伺えます。

 
filson vest4-630.jpg
filson vest5-630.jpg
filson vest9-630.jpg

クラシカルな外観ながら、機能性に富んだフィルソンのダウンベスト。シェル生地にオイルドコットンを採用しており、悪天候にも対応。
上半分はライトな生地、下半分と、ポケットのパッチはヘビーな生地で切替えており、共色ながらも微妙な変化が技アリなデザイン。
合わせはスナップ開閉のストームフラップが付いたジップ仕様。ポケットは、マッキーノベスト等でもお馴染みの、上下ワンパネルのパッチポケットで、左側上部はフラップ付き。
スラッシュタイプのハンドウォーマー、中は起毛させたコットン生地が取り付けられております。
襟もとの内側はぐるっとウールの生地で囲っているので、上までジッパーを閉めれば、保温力が増すのもポイントです。

 
DSC_9736.jpg
この着用感いかがでしょうか、FILSONらしさ全開のディテール感満載のオーラです。
オイルドコットンならではの生地感も楽しめ、こちらも気兼ねなく使える仕様です。
さらにオイルが抜けてきたら足すことが出来るよう、OIL FINISH WAXも付属されているのが嬉しいですね。
サイズは結構大きめなので、画像の人物はサイズSを着用しております。
XS=S/S=M/M=Lといったサイズ感であると思っていただければ良いかと思います。
こちら先に御紹介したCrescent Downとアメリカ繋がり、さらにシアトル繋がりという事でございますが。。
プライスを御覧いただきますと38000円とかなり良心的なプライス。
何故か?製造国がバングラデシュだから。。
ちょっと残念だけど、ここまでの作り込みをMade in USAでやったら、、そう考えると仕方ないのかな?といった感じです。



 
ここからはMand Made in JAPANを!
DSC_9733.jpg
DSC_9729.jpg
DSC_9732.jpg
DSC_9728.jpg
WINE

 
昨年に引き続き、今年はさらに浸透してきているRainbow Countryの"Primaloft/プリマロフト"インサレーションのレザーVESTが続々入荷して参りました!!(その他のカラーは今しばらくお待ち下さい。)
画像の人物は全てのカラーでMサイズを着用しております。
今までの常識を覆す、軽量且つ薄型なのに暖かさはダウンインサレーションと同等かそれ以上。
オールレザーである事から、重量や着心地ではファブリック物のVESTに劣るものであったのは過去の話。
プリマロフトインサレーションになった事で、オールレザーであっても着心地はダウンベストのそれを実現しているのです!!
昨年ご購入いただいたお客様からの絶賛、それを受けて今期は昨年以上にオーダーの多かったアイテムであります。
肩ヨークには存分に経年変化を楽しんでいただくべく、ナチュラルのホースハイドを使用し、着用年数が進む毎に飴色に変化する過程を楽しんでいただけます。
経年変化と使い勝手の良さを両立したスペシャルなアイテムなのです!!

※Primaloft/プリマロフト インサレーションについて。※
プリマロフトはアメリカ軍の要請を受けたALBANY社が開発したダウン(羽毛)に代わる画期的な超微細マイクロファイバー素材です。
プリマロフトは羽毛のように軽くて暖かい保温性と柔軟性を発揮するだけでなく羽毛には無い撥水性をも発揮します。
これまでにない機能性(断熱、防寒テクノロジー)とどんな環境でも使える高い実用性を備えた画期的な人工羽毛として誕生したのです。
1983年にアメリカ陸軍、海軍等の寒冷地用防寒具に採用され現在ではアメリカ全軍のレイヤリングシステム"レベル7"という寒冷地仕様ジャケットのインサレーションとしてまた各国の有名アウトドアメーカーが高級グースダウンに代わる新素材として採用しております。


※Rainbow Country×Primaloft GOLD※
レインボーカントリーでは米国プリマロフト社と正式なライセンス契約を結びこの新素材を使用したレザーウエアを提案します。
近年、供給、品質面が不安定で且つ動物愛護的観点で問題の多いグースダウンの使用を中止し厳格なミルスペックに基き開発されたプリマロフトに切り替わります。
プリマロフトの中でも最高水準の保温性、柔軟性、軽量、撥水性を発揮するプリマロフト"GOLD"インサレーションを採用し、アウター素材の牛革、馬革もプリマロフトの軽量さ柔らかさを損ねない、最高品質の革を作り上げました。
レザー素材の耐摩耗性、経年の風合いと最高水準の保温性、柔軟性、軽量さがベストマッチングした新たなウエアを体感して下さい。

こちらのモデル、例年同様ストック分が完売しますと増産はございません。
今あるうちに是非実物を御覧下さいね!!
きっとビックリする暖かさと着心地の良さを感じていただける筈です!
さて、今回の着用で使用していたボトムですが↓
TM1-630.jpg
MUSHMANSで密かなブームとなっている、こちらのTOMMYS PANT。
この"トミー"は戦時下で英国兵の事を総称して呼ばれていた事から、そう名付けられたもので、英国軍のパンツという事になります。
日本軍のパンツだったらジャップスパンツって事になるんでしょうね。

 
TM8-630.jpg
ブーツイン、そしてゲートルでがっちり固める事を前提としたディテールが特徴のミリタリーパンツ。
さらに使用されるファブリックはナイジェルケーボンが挑戦したヴィンテージファブリックの完全再現。
確かに見た事の無い程のドライ感としなやかさの同居が、このファブリックで実現されているのです。

 
TM6-630.jpg
完全なミリタリーアイテムでありながらも、洒落た雰囲気を演出するあたり、ナイジェルにしかできないテイストなんだと思います。
画像の人物は、全ての画像においてサイズ32を着用しております。
 
着用画像を御覧になって、コレは!と思った方。是非一度ご試着下さい。
絶対にハマリますから(笑)




 
という事で、なかなかブログを更新出来ていなかったので、凝縮させた感じになってしまいましたが。。。
皆様のご来店をお待ちしております!!



 

Rainbow Country×MUSHMANS WIND WARD入荷しております!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!

 

昨日の11月とは思えない気候から一変、昨日・今日は秋という冬の始まりを感じる陽気となりました。

 

週末早朝はMUSHMANS MCの朝練?が実施されまして、7台7名のライダーが集まりまして早朝からガッツリと走行して参りました(笑)

この夏から秋にかけて、かなりの回数をこなしましたので阿吽の呼吸も出てきました。

ココで行くのか行かないのか? 無言の会話が中々面白いです(笑) バイク用インカムってここ数年でかなり流行ってますが、走行中に無線で会話するより、そういった物を用いずに阿吽の呼吸を養う方が面白いですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日御紹介させていただくのは、今年で3シーズン目となるRainbow Countryとのダブルネームアイテム"WIND WARD"です。

2016年に初めてMUSHMANSがRainbow Countryへ専用モデル別注をしたアイテムも、3シーズン目に突入し変わらずご愛顧いただけているのは本当に嬉しい限り。

このWIND WARDモデルを大変気に入ってくれたお客様の中には、全ての仕様で所有されている方もいらっしゃる程。

 

今期リリースのモデルでこのWIND WARDは生産終了とする事になっておりますので、是非ラストイヤーモデルを御覧いただきたく御紹介させていただきます。

また、このWIND WARDについても再度ご説明させていただこうと思っております↓

 

Rainbow Country×MUSHMANS

2018 RAGGED HORSEHIDE "RUSSET BROWN"

1950's Sports Jacket

WIND WARD

 

こちらのモデルはデザイン、パターンから新たに製作したMUSHMANS限定モデル。

生産はRainbow Countryで実施しておりますが、MUSHMANSでしかご購入いただく事ができないスペシャルモデルとなっております。

まずはベースとなったモデルから御紹介させていただこうと思います。

 

DSC_8459.JPG

Montgomery Ward

WIND WARD

Sports Jacket

 

1950年代にアメリカにおける3大ストアブランド[MONTGOMERY WARD/モンゴメリーワード]社が展開していたレザージャケットブランド【WIND WARD/ウインドワード】がリリースしていたSports Jacketをリプロダクツしたのがこちらのモデルです。


 戦後のアメリカの繁栄は産業と消費によって支えられ、モータリゼーションの進歩それらと共にメールオーダービジネスから、今で言う郊外型のショッピングモールビジネスに移行すると"MONTGOMERY WARD社"はメールオーダービジネス時代のライル"Sears Roebuck社"や"JCPenny社"の後塵を帰すかたちとなり、30年代には"Sears Roebuck社"からの買収・合併の申し出があるもそれらを断り、独自路線を貫いた過去を持ちます。

こと、同社レザージャケットブランドとして存在した【WIND WARD/ウィンドワード】は独特の雰囲気を纏ったモデルが多く存在します。
シンプルの中にも、ちょっとクセのある そんなデザインが今だから革新的に感じる部分もある。

画像のヴィンテージは、まさにスポーツジャケットの体を成しており動きやすさと実用性に富んでいるディテール、この素っ気無いデザインこそが今回のモデルアップの最大の見せ場と言っていいでしょう。
50年代特有の、実用的なディテールと、それでも30年代から40年代の緻密な意匠の名残が残る過渡期ともいえる服飾生産背景を この一着から感じていだけると思います。

 

以下では、Rainbow Countryが製作したモデルとヴィンテージを比較しながら、その再現度合、さらには昇華させた部分を御覧いただこうと思います。

 

DSC_8459.JPG

【Vintage Sample】

 

DSC_4705.jpg

【MUSHMANS WIND WARD】

特徴的なポイントは踏襲し、サイズ感やシルエット等は現代のファッションシーンにマッチするようリファインしております。

良い部分は完全再現をしつつ、さらに格好良く着こなせる仕様になっております。

 

 

 

DSC_8476.JPG

【Vintage Sample】

 

DSC_4723.jpg

【MUSHMANS WIND WARD】

50'sのレザージャケットは身幅が広く、着丈が短いBOXシルエット。
さらにアームホールも太く仕上がっておりますので、日本人の平均体型で着用すると「借りてきた」感がどうしても出てしまいます。

RAINBOW COUNTRYの優れたパタンナーによって再現されたこちらのモデル。
ウエスト周りのシェイプと、着丈の修正。またアームホールの修正によって洗練されたパターンが仕上がりました。
あまり追い込んでタイトに作ってしまうと雰囲気が損なわれますので、50'sのテイストはそのままに現代の日本人が自然に着用出来るサイズ感になっております。

 

 

DSC_8478.JPG

【Vintage Sample】

 

DSC_4706.jpg

【MUSHMANS WIND WARD】

このヴィンテージの特徴となりますと、まず始めにカラー(襟)が挙げられるでしょう。
よくあるスポーツジャケットの襟付けは、ボディーの表裏のパーツに挟まれるかたちで取り付けられます。
しかしながら、今回のモデルはボディーのパーツと割り縫いによって接合されます。
これによって襟先のポイントから胸元までが、美しいアール(曲線)で構成されます。

もちろんそれらも忠実に再現されております。
イタリアンカラーのような襟の見栄えになりますので、落ち着いた雰囲気をもって着用いただける事でしょう。着用時の襟の落ち着き方は秀逸です。

 

 

 

DSC_8464.JPG

【Vintage Sample】

 

DSC_4709.jpg

【MUSHMANS WIND WARD】

続いて特徴的なのが、ハンドウォーマー部に施される装飾です。
この膨らんだ装飾は、別パーツを取り付けている訳では無く革の中に芯材を埋め込み、そのキワを縫製する事によって生まれます。

勿論これも忠実に、、というかヴィンテージ以上の仕上がりとなりました。
50'sのヴィンテージですから、少なくとも60年以上は経過しており、新品時は製品版と同様にしっかりとした輪郭があったのでしょうか?

 

 

 

DSC_8471.JPG

【Vintage Sample】

 

DSC_4715.jpg

【MUSHMANS WIND WARD】

ライニングのダメージが大きかった今回のサンプル。
一見するとアイボリーのような?ベージュのような色のライニングが装着されております。
縫合の内側を見るとシャンパンゴールド色が残っておりますので、恐らく日焼けと長年の使用によって退色し、現在の色のようになったのでしょう。

新品時のカラーが恐らく製品版で採用したシャンパンゴールドだったのかと思います。
この辺も忠実に再現しております。
薄でのサテン地ですので、活用出来るシーズンが非常に長いのが嬉しいところです。
気温20℃前後から気持ち良く着用いただけますので、デニムジャケット(Gジャン)の着用レンジと同様です。

インナーとの滑りも良いですから、冬場に厚手のセーター等を着用いただいても苦にならないのも特徴ですね。

 

 

 

 

DSC_8468.JPG

【Vintage Sample】

 

DSC_4713.jpg

【MUSHMANS WIND WARD】

付属パーツに関しても同様に再現をしており、やや引き手が長くなり、先端の形状が丸くなったモデルの棒TALONが使用されております。
素材はSOLID BRASS1950年代〜70年代に使用されていたモデルでして、今では現存する数も少なくなって参りました。

勿論、デットストックの棒TALONを使用しておりまして、SOLID BRASSの物です。

このジャケットを製作する為だけに予め大量購入したのですが、今期でこのデッドストックTALONも使い切りますので終わりになってしまいます。

 

 

 

DSC_8469.JPG

【Vintage Sample】

 

DSC_4707.jpg

【MUSHMANS WIND WARD】

Vintage同様、5連チェーンジッパーを採用します。
ヴィンテージのポケットの全幅が狭く、確実に使い物にならなかった為MUSHMANSモデルでは数cm全幅を広げております。

 

 

 

 

DSC_8470.JPG

【Vintage Sample】

 

DSC_4710.jpg

【MUSHMANS WIND WARD】

切り替えになっているカフの仕様ですが、ヴィンテージは袖幅が広すぎる為雰囲気を壊す事なく自然なテーパーをかけて仕上げております。 勿論細すぎることはありませんので、大きめのダイバーズWATCHを使用されている方でも問題なく使っていただける事でしょう。

 

 

 

このように、ヴィンテージのリプロダクツという観点から徹底的に再現したディテールをお楽しみいただけるのと同時に、美しいパターンへと昇華させておりますので、着こなしの幅も広いスポーツジャケットとなっております!

 

 

使用しておりますマテリアルに関しては、今期のMUSHMANS 別注レザーである

RAGGED HORSE HIDE "RUSSET BROWN"です。

このマテリアルに関しては、以前から何度かご説明しておりますのでここでは割愛させていただきますが、このレザーマテリアルに関する過去のBlogは→ 【RAGGED1】 【RAGGED2】 【RAGGED3】  をそれぞれクリックいただきますと詳細を御覧いただけます。

 


続いてはコーディネートに関してを紐解いてみましょう。↓

 

DSC_9686.jpg

定番的なデニムでのコーディネートです。

インナーにはUESのヘヴィーネルを着用しておりますが、ライニングが滑りますので全く違和感無く着用していただけるのが嬉しいポイントです。

気兼ねなく、様々なシチュエーションで使えるのがスポーツジャケットですので、その要件は完全に満たしております。

画像の人物はサイズ38を着用。

 

DSC_9678.jpg

続いて少しドレッシーな雰囲気にしてみました。

ボトムスにはコーデュロイのトラウザースを着用しております。この襟形状ですのでキレイ目スタイリングにも対応できるのもポイントです。

画像の人物はサイズ38を着用。

 

 

DSC_9682.jpg

反対に思いっきりカジュアルダウンしたシチュエーションでも活用いただけます!

カモフラージュ柄のカーゴパンツに、PARKAの組み合わせでコーデいただいてもすんなり対応できるのがこのジャケットの特徴です。

ガンガン使えるからこそ、素晴らしい経年変化を得られるのです!

画像の人物はサイズ38を着用。

 

DSC_9663.jpg

先日も御紹介しましたが、こういった少し変り種のコーデにも活用いただけます。

オールインワンの上にサラッと羽織るレザージャケット。

是非挑戦していただきたいコーディネートです!

 

 

 

という事で、店頭ストック分の製作も実現しました!

現在サイズ36・38・40の3着が店頭在庫となっております。

ただ、38に関しては少々訳有りなのでご購入をご希望のお客様は

一度お電話でお問い合わせいただければと思います。

 

 

DSC_4705.jpg

 

Rainbow Country×MUSHMANS

2018 RAGGED HORSEHIDE "RUSSET BROWN"

1950's Sports Jacket

WIND WARD

 

 

 

 

 

50年以上の時を経て

現代に蘇るレザージャケット。

そのファイナルエディションを是非お楽しみ下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 


 


オールインワンな秋。

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!
 

 

先日御紹介いたしました、MUSHMANS Leatherの新作アイテム MC VEST"BURIAL"

本日MUSHMANS MCのファーストメンバー分が全数仕上がってきました!

同型、同デザインの装束は並べるだけで圧巻の存在感を持っております。

これを着用し走る姿も同様の存在感を放つ事でしょう。
 

11月11日(日)の早朝は恒例の早朝走行です。 AM4:30にとある場所に集合となっておりますので、ご一緒されたい方はご連絡下さい。(笑)
 

 

 

MUSHMANS Leather

MC VEST

"BURIAL"

※MUSHMANS MC PATCHは非売品※




 

 

 

さて、本日は昨年に引き続きリリースされましたHEADLIGHTのオールインワンを御紹介します。

昨年はDENIMファブリックの背面パッチ無しで入荷しておりましたが、やっぱり"生成り"の方も欲しいっすよね!って事で、今回は背面パッチ有りで仕入れいたしました!
 

 

im13841-8-630.jpg

DSC_9653.jpg
昨年発売されたオールインワンと同型、デニムファブリックでは無く9ozのOFF WHITE TWILLを使用しております。
デニムファブリックバージョンはコーディネートし易く、かなりの頻度で着用しておりましたが、やっぱりオールインワンといえばこのOFF WHITE(生成り)なんだよなぁ〜って思うわけです。

 
im13841-4-630.jpg
im13841-2-630.jpg
ディテールに関しては"HEADLIGHT"の実名復刻オールインワンですので、懐中時計ポケット等が装着されておりオールドテイストを存分に感じていただけるものとなっております。

 
こちらのアイテムですが、あの"CHABOTT ENGINEERING"の木村信也氏が『モーターサイクルキャノンボール』に出場した時に、このHEADLIGHTとINDIAN MOTOR CYCLEブランドを展開している東洋エンタープライズより木村氏に提供されたモデルと同様の仕様となっております。
スタートとゴール地点は毎年変わるのでしょうが、2018年はオレゴン州ポートランドからスタートし、ワシントンDCのスカマニアまでの3400マイル(5760km)を走破するといった公道レース、しかも恐ろしいのが1915年のヴィンテージINDIANで参戦しているという点。。。
 
そりゃもう大変な事だというのがご理解いただけるのではないでしょうか?

 
この時は"チーム80"として参戦していた為、背面には80 INDIANのロゴ。
この汚れた雰囲気が最高にカッコイイですね。
ガンガン汚さないと(笑)
※画像 CHABOTT ENGINEERING Blogより※


 
そういった背景を持つこちらのアイテムですが、洋服としての活用も存分に楽しめるアイテムです。↓
DSC_9663.jpg
個人的には、この時季はレザージャケットでコーディネートしていただきたい。
OFF WHITEのオールインワンは、ブラウン系のレザージャケットに良くマッチするんですね。
今回コーディネートして使用しているジャケットは、本日全数入荷となりましたMUSHMANS×Rainbow Country RAGGED HORSEHIDE "WINDWARD"を!
ジャケットのディテールとオールインワンのディテールが良くマッチしており、発色感も申し分無いコーディネートだと思っております。
こうやってコーデしていただくと、クラシカルな雰囲気を醸しますので、いつものレザージャケットを使ってもらっても一味違うスタイルを楽しんでいただけますね。
画像の人物はサイズ38を着用しております。

 
WINDWARDはコチラからご購入いただけます。↓
DSC_4943.jpg



続いて
DSC_9660.jpg
真冬にはこのようなコーディネートもお勧めします。
ここで使用しているのはBuzz Rickson's N-1 DECK JACKET。CapにはLYBROのMACHANIC'S CAP-MIXを使用し、甲板作業員的なコーディネートが完成します。
この粗野なコーデは男心をくすぐりますよね。

 
DSC_9657.jpg
今日全数入荷したって事で、MC VESTも着用してみました!
暖かい日中や春先に、このスタイルでバイクに乗っても気持ち良いですよね。
ハーレーに乗っててINDIANのロゴはおかしいとか、BMWに乗っててINDIANのロゴはおかしい等々と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、そういうのはこの際あんまり気にしなくて良いような気がしますよ個人的には。
それよりハーレー乗ってて、背中にHARLEY-DAVIDSONのロゴがデカデカと入ってる方が恥ずかしいですしね(笑)
まあその辺は個人の趣向ですから、どうしていただいても良いのですが。




 
様々なコーディネートに使えるオールインワン。
是非貴方のワードローブにも一着!



 

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/361PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    MUSHMANS Fujita (07/09)
  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    長坂誠 (07/06)
  • 予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (03/23)
  • 予約受付を開始いたします!!
    星野 (03/21)
  • Making Mushmans 【最終章】 〜TAKE OFF !〜
    ショウジ (01/25)
  • 今期別注レザー 【BUSTED SHRINK HORSEHIDE DARK SEAL "VOLCANO"】のメンテナンス方法に関しまして。
    BeOS (10/28)
  • 毎年恒例のCOLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country コラボアイテムの予約受付開始です!
    BeOS (10/15)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (05/18)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    ナナス (05/16)
  • 3/4 SLEEVE SHIRT 第2弾!
    toss (05/14)

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode