秋冬コーデに最適な人気アイテムが入荷いたしました!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド
 

 

週末は好天に恵まれまして気持ちの良い休日になりましたね晴れ

秋晴れというには少々気温が高かったですが、日に日に空気が乾いてきております。

今シーズンのレザージャケットも納品が始まりつつありまして、夜なんかはレザーで出かけたくなりますね男
 

さて、季節が変わる段階に入りまして、そろそろ秋から冬にかけて"使える"インナーも増えてきました。
本日は、ここ数年大変人気の高まっているアイテムを御紹介させていただこうと思います。

 
まず始めに、こちらから行きましょう!
DSC_9755.jpg
Nigel Cabourn/ナイジェルケーボン
HIGH NECK JERSEY (SOLID)
[80350020028]
英国空軍・海軍に採用されていたタートルネックセーターをベースにしながらも
ウールを用いずにビッグワッフル素材を使用したモデルです。
昨年まではロールネック使用でありましたが、今シーズンは使い勝手の良い
ミドルハイネック仕様へと変更されております。
 
DSC_9756.jpg
コットン製となる事で、自宅での洗濯も気兼ねなく行えますし
虫食い等の心配もいらない事から、ここ数年愛用者がふえているシリーズです。
 
DSC_9757.jpg
適度な高さとなったミドルハイネック。
胸元のブロードアローは150年前に開発されたハンドルミシンで刺繍しており
一点一点異なる表情がお洒落。
 
DSC_9758.jpg
ビッグワッフルと申しましても、巷で出会えるビッグワッフルの編地とは一線を画す存在感。
それもその筈、ナイジェル・ケーボンのオリジナル編地となるこちらの素材は
使用する一本の糸をどのように設計するか?という点からアプローチが始まります。
ワッフル組織は適度に空気を含む為優れた保温性、保湿性と伸縮性があり着やすいのが特徴です。
しかしながら良く伸縮することから縮みが弱くなり伸びきってしまうという点がネガなポイント
それを補うために糸そのものの性質と編地組織のバランスを入念に計算する事で
長く着用しても伸びにくい素材となっているのです。
 
また袖リブは針抜きリブを用い、ヴィンテージアンダーウエアの雰囲気を演出。
 
DSC_9761.jpg
裾はスリットを配し、動き易さも実現。
 
DSC_9763.jpg
袖のラベルも雰囲気良いですよね。
一回洗ったら取りたくなりそうだけど(笑)

 
DSC_9785.jpg
着用いただくと、このような雰囲気です。
昨シーズンのモデルからディテール変更が入りましたが
サイズ感に変化はございません。
画像の人物はサイズ46を着用しております。
画像のように、SWEAT感覚で一枚着用していただいても良し
冬が深まって参りましたら、インナーとして御使用いただく事も可能です。
着心地が良いので、デイリーで着用いただけますよね。

 
続きましては色違い↓
DSC_9766.jpg
Nigel Cabourn/ナイジェルケーボン
HIGH NECK JERSEY (HORIZONTAL STRIPE)
[80350020027]
先に御紹介いたしました"SOLID"と同様の素材を用い
ボーダー柄にしたモデルでございます。
基本的な構造は全く同一の物でございます。
 
DSC_9769.jpg
SOLIDも良いですが、この発色感であればボーダーも良いですね。
 
DSC_9772.jpg
 
DSC_9773.jpg
一点SOLIDと異なるポイントが袖口の仕様。
ボーダーモデルの方はリブ仕様ではございません。
 
DSC_9774.jpg
 
DSC_9775.jpg
 
DSC_9789.jpg
いかがでしょうこの感じ。
今季モデルは個人的にボーダーをオススメします!
このように一枚で着用いただくと、秋の装いを完璧に演出いただけます。
 
DSC_9794.jpg
さらにはレザージャケットのインナーとして使用いただいても
アクセントとなりレザージャケットが引き立つ事もポイントです。
これは、この冬活躍する事間違いナシですねエクステンション

 
続きましてはブランドが変わりまして↓
DSC_9738.jpg
Jackman/ジャックマン
Waffle Midneck
[JM7653]
Jackmanより定番としてリリースされている、コットンサーマル生地を使用したアイテムです。
メリヤス工場を背景とするブランドならではの、特殊な編み機で編んだ
ふんわりとボリュームのあるビッグワッフル素材を使用したミドルネック。
フラットシーマと3本針を使い分け縫製されており、ディテールもご満足いただけます。

昨年も大変好評いただいたシリーズでございます。
DSC_9740.jpg
ミドルネック仕様の為、インナーにShirts等を合わせていただく事も可能。
温かさと着心地の良さは自信を持ってお約束いたします。
 
DSC_9747.jpg
針抜きリブを用いたミドルネック。
伸び方向を考え切り換えられた肩周りのディテールが秀逸です。
 
DSC_9749.jpg
袖リブ、裾リブにも針抜きリブを用います。
テンション感のそれほど強くない裾リブですので、自然な雰囲気で着用可能です。
 
DSC_9751.jpg
柔らかいけどコシのある、こちらも拘り抜かれたビッグワッフル。
この凹凸が空気の層を作り出し、体温の低下を防ぐ訳です。

 
DSC_9779.jpg
着用いただきますと、このような感じです。
画像の人物はMサイズを着用。
程好いフィット感ですので、一枚で着用いただいてもインナーとして使っても
どちらでも完全に役割を果たしてくれる事でしょう。




 
秋が深まる前に、必要な一着を。
皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。


 

8th Anniversary Limited Item リリースです!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

先週末より長きに渡って多くの方々から、MUSHMANSの八周年記念を祝っていただきましたエクステンション

こうやって続けられるのも、全てはご来店いただく皆様の支えあってこそ。

にも関わらず、こういった様々なかたちでお祝いいただける事の幸せを噛み締めております。

本当に皆様ありがとうございます土下座

そして、この一週間アルコールを多量に摂取し過ぎましたので、当分の間は禁酒します笑

これは宣言です。当分は誘わないで下さい。フリとかじゃないですからね、本当に。笑

 

_DSC9708.JPG

 

DSC_9495.jpg

 

DSC_9496.jpg

 

DSC_9505.jpg

 

DSC_9653.jpg

 

DSC_9655.jpg

 

DSC_9660.jpg

 

DSC_9679.jpg

 

IMG_5423.JPG

 

IMG_5462.JPG

最高の一週間でした。

そして最高にHangoverな一週間をありがとうございます土下座

 

 

さて、こうやって皆様と大いに遊んだ訳でありまして、肝心な8周年記念モデルの発表が遅れてしまっておりました。

これからリリースいたしますアイテムは、はっきり申し上げまして商売的要素全く無しの、完全"自己満足"モデル。

今までのMUSHMANSのあり方がそうであった通り、我々の視点で"欲しい!"と感じた物を正直に打ち出して行く姿勢。

その姿勢の最たる所、周りから見たら『とうとうアタマがおかしくなったか・・』と思われても仕方がない、そんなアイテムを御紹介させていただこうと思います。

これから先、我々MUSHMANSの打ち出す"コトとモノ"が通り一遍の洋服屋とは一線を画す"コトとモノ"でありたい。

そんな意気込みを感じていただき、鼻で笑っていただけたら幸いでございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7583-630.jpg

ESP×MUSHMANS

8th Anniversary

MUSHMANS Original Limited Model

"EX-335"

 

願えば実現出来るものもある。

ただそれは、願うだけでは不可能であり。

人と人の繋がりによって実現する。

 

今回のモデルは、その要素"願いと繋がり"によって実現へと向かった特別なモデル。

 

日本を代表するギターメーカーであり

世界的にも最高峰に君臨するESPとのコラボレーションによって誕生したMUSHMANS限定モデル。

音楽業界の既成概念に囚われず、MUSHMANSらしさを追求した一本がここに完成しました。

 

 

DSC_7624-630.jpg

 

DSC_7633-630.jpg

 

DSC_7607-630.jpg

 

DSC_7618-630.jpg

 

DSC_7593-630.jpg

 

・ボディに空洞部分を持つセミアコギターの代表とも言える[Gibson社ES-335]とロックギターの雄[Gibson社エクスプローラー]を掛け合わせました。

 

・外観で特徴的な部分は、エクスプローラータイプのヘッド(通称バナナヘッド)と、セミアコギターの象徴ともいえるfホールをあえて廃止し、ダイアモンド型のホールを採用。

本体を分割して御覧いただくと、左半分はGibson ES-335 "トリニ・ロペス"モデル。右半分はB.B.Kingの"ルシール"となっており様々な要素を組み合わせた仕様となっております。

また、コントロール関係(フロントボリューム、リアボリューム、トーン、ジャック)を直線的に配置する事により、エクスプローラーの特徴を取り込みました。

 

・製造工程は非常に手が込んでいて、トップ、バック共にアーチ形状になっており、このアーチ形状を生み出す際に熱やプレスで曲げるといった事は一切せずに、全て削り出しにて生み出されております。

したがって、よく見かける合板などは一切使用せず、全て単板にて製作されているのがポイントです。

 

 

 

DSC_7599-630.jpg

 

DSC_7664-630.jpg

 

DSC_7636-630.jpg

・材質はボディートップ&バックはハードメイプル、センターブロック&ネックはマホガニー、指板はエボニーを採用。

この材質の組み合わせにより、ふくよかながらも輪郭のしっかりしたサウンドを生みだします。

指板エボニーの質感を優先するのと、ボディーのグロスブラックとの調和を優先しポジションマークをあえて廃しました。

黒光りする指板の存在感を味わっていただけます。

プレイヤーに必要なサイドポジションマークは残しておりますので、問題無くプレイいただける事でしょう。

 

DSC_7591-630.jpg

 

DSC_7590-630.jpg

・フロントピックアップはセイモアダンカン社製のSP-90を採用。シングルコイルながらハムバッカーにも匹敵するパワーと甘さ、そしてシングル構造特有の抜けの良さを両立させた素晴らしいピックアップです。

歴史的に見ても、P-90ピックアップを搭載したセミアコギターは名器と呼ばれるモデルが多く存在します。

 

・リアピックアップはセイモアダンカン社製のSH-55を採用。別名セス・ラヴァーモデル。このセス・ラヴァーというのは人名で、1950年代初頭にあのギブソンレスポールなどに搭載されていたPAFと呼ばれるハムバッカーピックアップを手掛けた職人です。そのセス・ラヴァー氏とセイモアダンカン社が共同で開発したモデルで、現在ではほとんど樹脂を使っているスペーサー部分を当時と同じ木製にしたり、今では当たり前のポッティング(共振によるハウリングを軽減する効果がある)をせずに、当時のトーンに拘ったピックアップです。

 

 

 

DSC_7638-630.jpg

 

DSC_7656-630.jpg

 

・専用ハードケースは、エクスプローラーヘッドの為、通常の335用では入らないという事で、このモデル専用の特注ハードケースを制作しました。

 

 


<実際演奏したうえでの感想>
まず、構えた時のバランスが非常に良く、大柄なボディサイズを意識せずにプレイ出来ました。

指板面のポジションマークが無いという点も、サイドポジションマークがあるのでしばらく弾いて慣れれば全く問題ありませんでした。
サウンドに関しては想像以上にバリエーションが多く、多様なジャンルにも対応出来ると思います。

具体的には、フロントで少しトーンを絞るといわゆるジャズトーン。

センターでトーン全開にするとクリアなカッティングやアルペジオ。

リアはパワーで押し切る感じは一切無く、表現力が高く解像度の高いイメージゆえに歪ませた場合にも音が潰れる事無く、気持ちよくドライブしてくれます。
セミアコギターで心配されるハウリングに関しても過剰に歪ませなければ全く起きませんでした。
あえて弱点を挙げるとすれば、全体的にオーセンティックなビンテージトーンを得意としている反面、モダンなサウンドメイクは苦手と思われます。出来ればデジタルな周辺機器は使用せずに、アナログな環境で・・・

さらに欲を言えば真空管アンプでプレイして頂ければ悦に入れる一本です。

 

また、ご自宅でプレイする際の騒音問題にも対応しております。

アコースティックギターでは想像以上に鳴りが大きすぎ、深夜のプレイは気が引けますし迷惑です。

勿論、アンプに繋いでエレキギターを鳴らすのも問題がございますね。音量を極限まで絞ったり、ヘッドホンを装着するのもROCKじゃない・・

だからといって、通常のソリッドボディーのエレキギターを生鳴りだけで弾いているのはつまらない・・・。

日本の住宅事情に最もマッチするのが、このセミアコースティックギターであると言えるでしょう。

近隣から苦情が出る程の鳴りではないものの、ホロウボディー特有の表現性の高い生鳴りは、深夜寝静まった書斎で鳴らすに最適な音量を実現します。

たまにはスタジオでアンプに繋ぎ、大音響で本領を発揮させていただくのもお忘れなく。

 

初めてギターを手にする方にも、ベテランのプレイヤーにもご満足いただける事でしょう。

 

 

 

 

さて、今回は着用画像ではなく、動画にて試奏の様子を御覧いただきます↓

 

 

いかがでしたでしょうか?

動画ではBOSS Loop Stationを使用し、演奏した音を録音し重ね、ループする機材を使用しております。

クリーンからドライブサウンド、フロントピックアップとセンター、リアピックアップまで全てを使用しプレイしております。

贅を尽くした究極の一本、あとは貴方自身でお楽しみ下さいませ。

 

 

販売に関しまして

 

こちらのアイテムは

限定5本

でのリリースとなります。

後の増産はございませんので、予めご了承下さい。

プライスも極限まで絞込みました、二度と無い価格設定となっております。

 

納品時の調整、その後のアフターフォローに関しましては

全て越谷の老舗楽器店"大野楽器"様で対応いただけます。

洋服屋でギターを買うのは不安・・確かにそうです。

そんな不安は一切無く、同店で購入したギター同様のサービスを受けられます。

 

オンラインショップで御購入いただくお客様へも

同様に納品前調整を実施してからお送りさせていただきます。

弦高の希望等がございましたら、お申し込み時にお伝え下さいませ。

 

 

DSC_7659-630.jpg

ESP×MUSHMANS

8th Anniversary

MUSHMANS Original Limited Model

"EX-335"

 

 

 

様々な想いを詰め込んだ一本。

何故、こんな事をするのか?

触って頂ければ感じていただける筈

だから、多くを語る必要はない。

 

そして、これに関わってくれた方々へ、深い感謝を。

 

是非、店頭でお確かめ下さいませ。

 

 

 

 

 

 


8th Anniversary.

皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

本日、MUSHMANSは8回目の誕生日を迎えました。

日頃ご来店いただき御愛顧いただいております皆様。

また、遠方からMUSHMANSオンラインショップを御愛顧いただいております皆様。

関係者の方々へ、心よりの感謝を申し上げます。

本当に有難うございます。

 

期待と不安を抱えながら走り出したあの日から一瞬で過ぎ去った8年間。

一瞬と言えども、様々な事があった8年間。

 

少し話しを逸らせますが・・

先日、いつも御愛顧いただいているお客様より8周年のお祝いをいただきました。

日頃愛飲しているスコッチウイスキー

LAGAVULIN/ラガヴーリン

の200周年記念ボトルでした。

この200周年記念ボトル、8年熟成という稀なボトル。

1887年に世界初のウイスキーライターのアルフレッド・バーナードが

ラガヴーリン蒸留所を訪れ、8年熟成のサンプルをテイスティングした際に絶賛した事にちなみ

200周年記念で特別にボトリングされたという物。

オフィシャルで流通しているのは16年熟成物。

ラガヴーリン特有の舌触りのまろやかさ、芳醇な味わいは16年の熟成が必要とされており

本来8年物は世に出されないものです。

 

8周年だから8年熟成。

 

そして試飲。

 

色素は透明に近い琥珀色。

すっきりとした飲みやすい口当たり

その後湧き上がるように立ち上がる、パンチ力に驚きつつ

若さを彷彿とさせる鋭利なクセが口の中に広がります。

ただ、これから先8年を要して丸みを帯びるであろう期待を感じつつ

爽やかな余韻を残して去っていく。

 

スコッチによるご指導ご鞭撻は始めていただきました。

 

長いようで、まだまだ未熟な年月の経過。

オーク樽の色素こそ、ほんのりとしか定着していない様は

我々の”色”が、まだまだ定着していないということを暗示し。

味わいの薄さからの癖や、若さゆえの味わいの鋭利さは

我々のトゲを暗示しているように感じます。

若さゆえの面白さと、若さゆえの軽薄さ

そして期待。

 

8年とは、こういうものだ。

 

そう無言で祝言をいただいたような気がしました。

考えすぎかもしれませんが、私はそう感じております(笑)

 

我々はこれからも走り続けなければなりません。

少しずつ”色”を纏い、許容範囲も広げていかなければならない。

そして、深い味わいを発せられるよう、様々な経験値が必要であります。

丸くなり過ぎず、時に切れ味よく、時にマイルドに。

そんな9年目を迎えようと考えつつ、今夜もまた祭りの開催です。

 

 

皆様への感謝を常に感じ、8年前のこの日を忘れることなく。

これから先も進んで行く所存でございます。

これからも、宜しくお願い申し上げます。

 

MUSHMANS Co.,Ltd.

Ryohei Fujita

 

 

 

DSCN2292.JPG

 

 

 

 

 


最も高い人気を誇るUESネルシャツの入荷です!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

8月末から秋の風が吹くようになりましたね秋

そして9月が到来、毎年ですがこの時季になりますとMUSHMANSの出店準備を思い出します。

8月末に内装工事が終了し引き渡され、9月5日のオープンまでの間に様々な事をこなしていたあの頃。

あれからもう8年も経過するというのに、未だに昨日の事のように鮮明に思い出します。

 

弟と二人ワクワクしながらも不安な日々を過ごしたあの頃ですが、未だに変わらずワクワクしたり不安を感じたりと 中々安定しないものだなぁ・・とそれほど進歩していない自分を想ってみたり。

でも、よくよく考えてみれば、あの頃よりも大幅に視野は広がっているような気がしたり。

しかしながら、反対に狭まってしまった視野もあるんじゃないか?と、自己分析。

こういった事を考え出すと、夜も寝られない状態になってしまうもので(笑)

ただ、やはりあの頃の新鮮な気持ちを想い返し、これからの進む道に想いを馳せるという事は必要な事だとも思いますから・・

周年記念日までは、今までやってきた事を今一度振り返りつつ、これからの道程の地図を作ってみようかな?と。

ちょっとだけ、スローな日々を過ごしてみようと思ったりなんかして。

 

とか考えながらも、昨日なんかは太い取引先の営業さんと打ち合わせ、ちょっとアルコールが入ると白熱してきちゃってさ(笑)

午前まで熱い議論になっちゃったりなんかして。

ちょっとアタマがデカクなってきてんじゃないか?と反省してみたりなんかして。

語るよりも、世に出て冒険するべきなんだろうと思う訳で。

だから、次回のアメリカ出張は5泊10日なんていう奇妙なスケジュールが完成したりもした秋の冒頭。金木犀。

 

 

本日は秋の風物詩『フランネルシャツ』の御紹介をさせていただきます。

 

毎シーズン、カジュアルアイテムの代名詞との位置付けとなる『フランネルシャツ』でございますが、本年度はちょっとじっくりこの『フランネルシャツ』と付き合いたいと思っておりまして、ただ闇雲にラインアップするのではなく実直に自分が欲するフランネルシャツを店頭に並べたいと考えております。

定番的なアイテムだからこそ、ブランド買いな雰囲気ではなく 物としての完成度の高さとプライスのバランスだったり。

我々が提案したい着こなしにマッチする発色やシルエット、またはディテールだったりを突き詰めて考えたラインアップで御紹介させていただこうと思っております。

 

そういった中で先行して入荷いたしました『フランネルシャツ』、今シーズンははかなり篩いにかけましたのでジャブジャブ入荷したりしませんので御理解ください。

 

まずはコチラ↓

DSC_9334.jpg

UES/ウエス

先染ヘビーネルシャツ

[501752]

RED/BLUE

 

定番的なCHECK柄のフランネルシャツでございますが

発色のバランスといい、シルエットといい、プライスといい

日本製フランネルシャツのキング的存在なんじゃないか?

と個人的には思っているアイテムです。

直接染料を使用した先染めのファブリックであるが為に

その経年変化の面白さと言ったらトップレベルな訳でございます。

?直接染料ってなんだよ?って事になる訳ですが

文字通り直接染料を水に溶かして綿を染める手法のことでございます。

原始的な染め方であるという事になりますね。

化学物質を用いた反応染料とは異なり、染色堅牢度が低く

発色の鮮明さも他の染料よりも劣る部分がございます。

 

なんだ・・劣るのかと残念がる必要はございません。

 

これは考え方や好みになるかと思いますが

最新鋭の技術が投入されたバキバキなレーシングタイプのモーターサイクルと

原始的で単純な機械式のモーターサイクル。この違い。

どちらも良いのですが、味わい深い"テイスト"という視点から選定するとしたら

どちらを選びますか?

 

皆まで言わずともご理解いただけますよね。

 

フランネルシャツに求めるテイスト。

それは懐古的な風合いな訳であります。

 

DSC_9336.jpg

DSC_9335.jpg

 

 

そして、同ファブリックを使用した色柄違いがコチラ↓

DSC_9338.jpg

UES/ウエス

先染ヘビーネルシャツ

[501753]

PINK/ORANGE/SAX

 

こちらは優しく大人な雰囲気を醸すCHECK柄の配合となっておりますね。

淡い色使いがバタ臭くない洗練された雰囲気すら醸すカラーリング

世代を問わず愛していただけるのが魅力でございます。

先に染料についてお話しましたが、ここではディテールについて。

 

UESのフランネルシャツは商品名通りヘヴィーなネルシャツなのですが

硬いファブリックではありません。

力織機を用いて織られる事で、独特の風合いをお楽しみいただけるのが特徴。

タテ糸とヨコ糸の打ち込みバランスを研究し

ファブリック自体が"動く"よう設計されている為に

14.5ozと怯んでしまうようなオンス表記であるものの

それを全く感じないレベルの着心地を実現しているのです。

 

そんな厚手のファブリックを熟練の技術を要する"巻き縫い"で縫製。

チェーンステッチによって、接合するファブリック同士を文字通り

巻き込むように縫い合わせる手法。

古のワークシャツの縫製方法と同様、堅牢なディテール。

長年愛用しても、一切パンクしない信頼出来るフランネルであります。

 

DSC_9341.jpg

DSC_9340.jpg

DSC_9339.jpg

 

 

この力織機で織られたファブリックのインディゴ染料バージョンがコチラ↓

DSC_9346.jpg

UES/ウエス

インディゴストライプへヴィーネルシャツ

[501656]

 

デニム同様のインディゴ染料によって染色されたファブリック。

経年変化は言わずもがな。

新品時インナーにホワイト系のT-Shirtsやサーマルは避けて下さい。

秋の初旬、少し暑さも残り汗ばむ時季は移染するのはまず間違いありません(笑)

タテ糸とヨコ糸で染濃度の異なる糸を使用している為に

シャンブレーシャツのように色ムラを感じていただけるのも面白いです。

 

DSC_9347.jpg

 

 

 

最後に↓

DSC_9352.jpg

UES/ウエス

インディゴヘビーネルシャツ

[501655]

近日入荷予定。

こちらは、上記で挙げましたモデルのストライプ無しのファブリック。

ただただひたすらに経年変化を楽しむには、コチラのモデルも良いですね。

 

DSC_9353.jpg

 

 

さて、一気に着用感を御覧いただきましょう。

画像の人物は全ての画像において【サイズ2(M)】を着用。

ボトムはAttractions Lot100、オーソドックスなXXモデルです。

 

DSC_9318.jpg

 

DSC_9322.jpg

 

DSC_9301.jpg

 

DSC_9305.jpg

 

DSC_9314.jpg

 

DSC_9325.jpg

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

フランネルシャツ入荷の初陣でありながら、王将の登場でございます。

ファン垂涎の経年変化は、今年も裏切る事がございません。

まだUESのフランネルを着た事が無いと言う方は

今シーズンではトライしてみて下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS ONLINE SHOP クレジットカード決済の仕様変更に関しまして。

 クレジットカード決済/コンビニ決済の仕様変更に関しまして。

 

 

 平素はMUSHMANS ONLINE SHOPを御愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、当オンラインショップにおけるクレジットカード決済/コンビニ決済の仕様変更を行い、より皆様にお買物のし易い環境へとバージョンアップいたしました。

下記にクレジットカード決済とコンビニ決済に関して仕様変更した内容をお知らせいたします。

 

 

従来まではクレジットカード決済で御利用いただけるブランド数が少なく、お支払い回数に関しましても1括支払いのみとなっておりましたが、この度の仕様変更に伴い利用可能ブランドが増え、さらにお支払い回数に関しても自由度が高くなりました。

 

 

 

 

 

 

利用可能クレジットカードブランド

[JCB/VISA/Master/Diners/AMERICAN EXPRESS/UC/SAISON/AEON/MUFG CARD/DC/UFJ/NICOS/TOP]

 

 

お支払い回数は下記よりお選びいただけます
1回/2回/3回/5回/6回/10回/12回/15回/18回/20回/24回/リボ
※ダイナースカードの分割払い・セゾンカードの3回以上の分割払い

アメリカン・エキスプレスカードでの2回払い、リボ払い(リボ専用カードは除く)は選択できません。

上記以外にもご利用のクレジットカードによっては選択できない回数があります。

 

 

コンビニ決済利用可能店舗

[セブンイレブン/ローソン/ファミリーマート/サークルK/サンクス/ミニストップ/セイコーマート]

お近くのコンビニをご指定下さいませ。

 

 

 

 

 

ご注意

 

当店のクレジットカード決済はクロネコwebコレクトを使用しております。
必ずご注文完了ページにある【購入完了まであと少し】のリンクボタンを押し、
カード決済の情報入力画面にお進みください。

尚、クレジットカード決済以外にもコンビニ前払い決済がご利用頂けます。

 

カートからクレジット決済/コンビニ決済をお選びいただきますと・・・

↓↓↓

必ず、5秒お待ちいただくか"購入まであと少し"をクリックして下さい。

そうしますと・・・

↓↓↓

こちらの画面に移行します。

プライバシーポリシーを御確認いただきましたら

"同意してお支払い手続きへ"をクリックすると・・・

↓↓↓

クレジットカード決済/コンビニ決済をお選びいただけます。

ご希望の決済方法をクリックしていただけましたら・・・

↓↓↓

あとは御案内に従って最後まで操作を続けて下さいませ。

 

 

 

当店は高価格帯の商品が多い割りに、決済可能ブランドが少なく、クレジットカード決済時に一括払いしか選べないという事で多くのお客様から仕様変更の要望をいただいておりました。

大変長らくお待たせしてしまいましたが、ようやくご要望にお応えできる環境となりました。

御不明な点がございましたら、何なりとお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

今後ともより一層の御愛顧を賜れますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

MUSHMANS Co.,Ltd.

Ryohei Fujita

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/324PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode