外へ向かうブランディング、内に向かうブランディング。

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

2月と言えばデニムパンツ!というお客様が多く、先日も再入荷を果たした"PIKE BROTHERS"1963 Roamer Pantをお求めになられる方に多くご来店いただきました。

有り難い限りでございます。

 

この時季は新作の投入や、定番品番の再生産と様々なデニムが入荷する時季でもございますので、本日はラインナップ刷新によって話題になっている"FULL COUNT"のデニムを御紹介させていただこうと思います。

 

まずはFULL COUNTを語るうえで欠かせないモデルでもある、こちらのモデルを御紹介します↓

0105w-1-630.jpg

FULL COUNT/フルカウント

0105

LOOSE STRAIGHT

 

フルカウントの定番ジーンズの中でも原点とも言うべきジーンズ[0105 LOOSE STRAIGHT]

ジンバブエコットンを100%使用することで、伸縮性や弾力性に富んでおり、13.7ozという適度な生地の厚みはストレスフリーな穿き心地を肌で感じていただけます。

また、ブランド創立当時から積み重ねてきた職人たちの厚い信頼と理解、協力を得て、最適なテンションで織り上げられるデニム生地はジンバブエコットンの魅力を最大限に引きだすことが可能となっております。

夏場にも穿きやすいジーンズとしても支持されているフルカウントのジーンズ。

特性として非常に吸水性が良いため汗などを吸収し放出することでストレスを感じにくく、さらに13.7ozという程度な生地のオンスはしなやかさをも兼ね備えております。

 

0105w-2-630.jpg

 

0105w-3-630.jpg

 

0105w-4-630.jpg

 

0105w-5-630.jpg

 

0105w-6-630.jpg

 

0105w-7-630.jpg

 

0105w-8-630.jpg

従来までの1953 MODELより名称変更しシルエットはかなりワイドになり、ヒップハングを強調するため股上の前後差を大きくしました。ヒップ周りも大きくなりましたが、フロントのもたつきやヒップ下部の余りが気になら ない素晴らしい形となって生まれ変わっているのが特徴です。

 

DSC_1341.jpg

生地はFULL COUNT往年のジンバブエコットン13.7ozという事で、生地については馴染み深いものがございますので割愛させていただきますが、最も変化したシルエットを御覧下さい。

画像の人物はサイズ32を着用。

確かに、、従来までの0105はシルエットの無骨さに欠ける部分がございましたが、リニューアルされたこちらの0105は男らしい無骨なシルエットを醸しております。

 

ただワイドでルーズなシルエットになったという単純な変更とは異なり、往年のデニムパンツの迫力は踏襲しつつも、FULL COUNTのオリジナリティも光ります。

ルーズシルエットに見られる、フロント部分のもたつきは皆無、さらにだらしなく映ってしまいがちなヒップ周りのダレた感じは一切無いという、非常に秀逸なシルエットを生み出しているのです。

 

そうそう、これを待ってたんだ。

デニムパンツ愛好家垂涎のシルエットをお楽しみいただける事と思います。

 

 

 

続いては、こちらもFULL COUNTの代名詞的品番となっているモデル↓

1108w-1-630.jpg

FULL COUNT/フルカウント

1108

NEW STRAIGHT

 

FULL COUNTデニムのラインナップ中、最も人気のあるモデルがこの1108ですね。

適度にスッキリしたシルエットは、旧モデルでも充分に洗練された仕上がりでございまして、私個人的にも大変重宝しているモデルでございましたものの、それをさらに昇華させたモデル"1108 NEW STARAIGHT"

ストレートデニムの新定番として名付けられたこちらのモデルは、前開きが長くなり脱ぎ着が楽になったのと、フロントのもたつきをなくし、よりスッキリとした印象になりました。

 

1108w-2-630.jpg

 

1108w-3-630.jpg

 

1108w-4-630.jpg

 

1108w-5-630.jpg

 

1108w-6-630.jpg

 

1108w-7-630.jpg

 

1108w-8-630.jpg

勿論セルヴィッチやリベット、縫製糸、レザーパッチ。一切の妥協をせず長年愛されているモデルのバージョンアップモデルです。

生地は0105同様、長い歴史を誇るジンバブエコットン13.7ozを使用しており、シーズン問わずご活用いただける生地。

 

DSC_1347.jpg

画像の人物は、サイズ32を着用しております。

なるほど納得、今までの1108も大変着用感の良いモデルでございましたが、新型はさらにグレードアップしております。

腰で感じるフィット感が格別なものとなっておりまして、まさに"洗練された"という言葉がマッチいたします。

着用感というよりも装着感と言った方が良いのか?

パッと見た目はそれほど変わっておりませんが、穿いてみていただくとその違いがハッキリと解っていただける事でしょう。

 

そして、その装着感だけではなく、シルエットもより美しく進化しております。

フロント周りの収まりは、顕著にグレードアップを感じるところ。

これがプロの仕事なんだなぁ〜、って素直に嬉しく進化を感じるポイントでもあります。

 

 

 

 

という事で、生まれ変わりを実行したFULL COUNT。

もうお気付きかと存じますが、見た目で大きく変わったところ、それはヒップポケットのアーキュエイトステッチ。

フルカウントの代名詞とも言えたアーキュエイトステッチを、今回のリニューアルから廃しております。

視覚的にブランドを強調するのではなく、デニムパンツとしての本質を追求する方向へ転換した大きなモデルチェンジです。

 

ブランドとは一体何なのか?

誰が見てもソレであると解る事が全てなのか?

この舵取りというのは、相当の決心が必要だったのではないかと思います。

 

 

"外へ向かうブランディングと内に向かうブランディング"

今回のリニューアルは後者のブランディングなのかと、私自身勝手にそう捉えております。

 

そのロゴマークが入っていれば、その柄が入っていれば、それで最高。

そういった外へ向かうブランディングも、それぞれ個人の趣向によっては素晴らしい物なのでしょう。

アイキャッチだけで、その存在価値を発揮する。

それは物凄い事だと思うし、簡単に成し得られる事でもありません。

 

ただ、そういった物、誰が見ても誰が作った物なのかが解るそれを好まない人種というのも存在します。

 

ただただ物としての品質の高さと、使用した時の満足度を追い求めて作られる物。

作り手の自己満足に近いような物作り。

そして、それが一見するだけでは誰が作った物なのか解らない。

ただ、好き者が見ると、これが何なのか解ってしまうような物。

内に向かうブランディングというものは、まさにそれなのだと思います。

 

どちらが正解かなんて、そんな議論の必要はありません。

それは全て個々の価値観に委ねられる部分であり、人それぞれ様々な価値観があるからこそ"ファッション"が成立するからです。

 

今回のFULL COUNTの方向転換について、私個人の主観では。

ニヤッとしてしまった。

とだけ言っておきましょう。

 

さらに良いものが生まれる前ぶれを感じるリニューアル。

 

どうでしょう?一度体感してみませんか?

 

 

 

 

 

 

 


人気のDenim Pantsが再入荷いたしました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

今夜はここ越谷でも降雪の予報となっております。

あまり多量に降ってしまいますと、色々な面で困ってしまうのですが、、やはり冬というのは雪あってのものでもありますので、うっすら積もる感じになってくれると気分も良いですよね。

なかなか思い通りにはならないものですが、冬を満喫したい今日この頃でございます。

 

さて、お待たせいたしました!!

かなり多くのお客様から「いつになったら補充されるのか??」とお問い合わせが多かったアイテムが再入荷いたしましたので、お知らせさせていただこうと思います↓

 

PK1937-4-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1963 Roamer Pant

11oz Metal

 

 PIKE BROTHERSのスタンダードラインナップにおける5ポケットデニム中、最も細いシルエットがこちらの1963 Roamer Pantです。

適度なテーパードシルエットとなっておりまして、非常にスッキリと穿きこなしていただける事で人気の一本。

このデニムパンツの人気の秘訣はシルエットな訳でございますが『男らしい細さ』がこのデニムパンツの人気を支えていると言えるでしょう。

ナローシルエットとなりますと、比較的女々しい雰囲気が醸される場合がありまして、かなり体型が細めの方には抵抗なく穿きこなしていただけるのでしょうけれども、平均的な男性体型からガッシリ系の体型の方には、どうしてもアンバランスな見え方になってしまいがちです。

 

そこのところを解消している、実に調和の取れたシルエットが見事な一本なのです。

ウエストからヒップ周り、さらにワタリ幅はそれほどタイトシルエットではないというところが、その『男らしい細さ』を演出しているのかと思われます。

数値では表れ難い部分ですが、穿いていただくと御納得いただけける事と思います。

 

20181230_2908920.jpg

本日はシルエットの話から始まりましたので、先に着用画像を掲載しておきましょう。

画像の人物はサイズ31を着用(普段の国内ブランドは32を穿いております、PIKEのパンツは国内ブランドの物と比べ少々大きめな作りとなっておりますので、それを踏まえてサイズをお選びください。)

この画像では未洗いの状態で着用しておりますので、かなりウエストに余裕のある状態ですが、1インチ程縮む事になっております。

今までの経験から言いますと、ウエストは比較的しっかりと縮むものの、シルエットに影響が出る程の縮みは発生しませんので、洗い上がり後のシルエットもこの程度になると思って下さい。

 

御覧いただきます通り、かなりスッキリしたシルエットになっているものの、気持ち悪い感じの細さにはなっておりません。

画像の人物は脚が細い人間ではありませんので、国内の各デニムブランドにおいて最も細いと謳われるナローシルエットのデニムパンツは着用出来ても、ちょっとキモチワルイ感じになります。

このデニムは秀逸で、スッキリとしたシルエットながら窮屈感も感じませんので穿いていて楽でもあります。

 

PK1937-3-630.jpg

 

PK1937-2-630.jpg

 

PK1937-1-630.jpg

バックルバックは無し、大きめなバックポケットが特徴的。

 

PK1937-6-630.jpg

 

PK1937-7-630.jpg

 

PK1937-5-630.jpg

右ベルトループに装着されるDカンを除けば、いたって普通のシンプルな5ポケットデニムのディテールです。

 

使用されるファブリックはPIKE BROTHESの定番デニム【11oz Metal】、11オンスながらしっかりと目の詰まったファブリックですのでそれほど薄さを感じません。

適度な厚みのファブリックですので、1年間通して活用いただけるのが嬉しいですね。

 

本来ならば、私の私物で経年変化を御覧いただきたいところなのですが、こちらを穿き始めたのが10月の末頃からでしたので、現在までで三ヶ月しか経過しておりません。

まだ未洗いの状態ですので、あと三ヶ月ほど経過しましてワンウォッシュいたしましたら、その成果を御報告しようと思います。

 

ちなみに、この11oz Metalは『CHOPPER PANT』と同様のファブリックですので、↑このような経年変化となります。

しっかりと濃淡が出てカッコイイですよね!?

※こちらはリジットで6ヵ月着用し、その後にウォッシュした状態の画像です。※

 

PK1937-4-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1963 Roamer Pant

11oz Metal

 

比較的大量に入荷させておりますものの

PIKE BROTHERS製品に関しては取り扱い店が少ない為、動きが大変早いです。

是非この機会をお見逃し無く!!

 

 

 

 

そうそう、年末に入荷のお知らせをしまして、一瞬で完売したアイテム↓

PK-BLBK1-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1943 CPO Shirt

Blue Black
 

 

PK-OC1-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1947 Salesman Shirt

Ocean Blue

 

 

こちらも再入荷しております!!

 

詳しくは→こちらをClick!!


緊急再入荷のお知らせ!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

 

レザーシーズンの第二幕が近づいてきた今日この頃でございますが、人気アイテムが緊急入荷いたしましたよ!!
 

 

MUSHMANS別注モデルに次ぐ人気を誇るDARK SEALのTypeA-2ですが、店頭ストック分が完売となっておりました。
サイズ38に関しては既に完売となっておりますが、34/36/40の3サイズが再入荷いたしました!!
是非この機会をお見逃し無きよう、よろしくお願いいたします!

 
詳しいご説明は→コチラ をClick!





さらには↓
さらには、A-2ファンに絶大な支持を受けているこちらのモデルも再入荷!!
ROUGHWEARを語る上では欠かせない No.42-1401Pの完全染料仕上げ(アニリン)のLight Brown。
素晴らしい経年変化が魅力の一着です。

 
詳しいご説明は→コチラをClick







A-2を着るに相応しい季節が始まります!!
その前に、是非!!

Nigel Cabournより新作スニーカーが入荷いたしております!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

少々ブログの更新が滞っておりまして。。。この時季は今期冬の仕込みだったり、新しいプロジェクトに向けての打ち合わせだったりで様々な所へ行ったり来たりが続いております。

とにかく風邪引かないようにしないといけません。

 

ちょっとバイクで出かけたいような気持ちもありつつ、寒いからやめとこうかな?とか弱気な感じもあり、そんなこんなで またバッテリー上がっていたりして、なんか面倒で充電してなかったり。

でも家に帰るとギターだけは弾きたかったりで、多分今はスピードを求めてないんだろうなって事でバイクの事は忘れようと思います。

 

さて、春物の入荷が少しずつ始まりまして、といっても"THE 春"な感じではなく、通年使える系のアイテムが結構入荷してきております。

 

という事で、本日はNigel Cabournからの新作スニーカー。

思わずハッとなる、デザインとディテールで、さらには履き心地も申し分無い新作を御紹介いたします。

 

IN1-630.jpg

Nigel Cabourn/ナイジェル・ケーボン

DECK SHOES 40's MIX

[80380062000]

INDIGO

 

BE1-630.jpg

Nigel Cabourn/ナイジェル・ケーボン

DECK SHOES 40's MIX

[80380062000]

IVORY

 

 

IN2-630.jpg

BE2-630.jpg

 

Made by Moonstar

 

「ムーンスター」と聞いて、頭に浮かぶのはスニーカーや上履きではないでしょうか?

上履きで馴染みの方も多いはず!!

140年余りの歴史をもつジャパンブランド「ムーンスター」による生産は、

生ゴムに硫化を加え、熱反応によりソールとアッパーを接着させるという

手間を要するヴァルカナイズ製法によってつくられています。 

 

120℃で70分間、熱と圧力を加えることで、履き心地がよくシルエットも美しい靴が完成します。


ヴァルカナイズ製法は国内では採用しているメーカーも僅かであり、その製法が生み出す、

しなやかで丈夫な仕上がりと美しい風合いが特徴的です。
ムーンスターではソールに使用しているゴムも1種類ではなく、パーツ毎に削れにくいもの、柔軟性が高いもの、

はがれにくいものなど、全て配合を変えて使用しているそうです。

それぞれの箇所に合わせたオリジナルのゴム剤を使用することで、履き心地と丈夫さ、

そして美しいシルエットを併せ持ったスニーカーが出来上がります。


また、履き心地を決める木型(ラスト)はムーンスターの歴史とも言える

26万人分の足形を測定したデーターから作成した木型を使用しています。

 

さすがMade In JAPANです。

 

IN4-630.jpg

BE4-630.jpg

今回の新作は、アウトソールからのゴム質が限りなくアッパーを覆うディテールとなっており、これが絶妙な存在感を演出いたしておりますね。

これ梅雨時季なんかにも重宝するディテールで、ちょっとした水溜りなんか平気そうです。

 

IN8-630.jpg

BE8-630.jpg

そして、このアイテムの特徴である内羽根構造のアッパー。

この雰囲気が何ともミリタリーテイストを演出しており、フロントのロングノーズ感も引き立てており絶妙です。

 

IN6-630.jpg

BE6-630.jpg

今回使用されているアッパーマテリアルは16oz DENIM(INDIGO)とLINEN CANVAS(IVORY)。

共に堅牢であり、経年変化も楽しめるマテリアルですね。

 

IN7-630.jpg

BE7-630.jpg

アウトソールにはグリップ性能と耐久性を兼ね備えたパターン。

クッション性も高く、疲れない。

さらにムーンスター独自のラスト(木型)により、日本人に極めてマッチした装着感をお楽しみいただけます。

 

DSC_1222.jpg

履いてみると、こんな感じになります。

着用感を御覧いただくと、このアウトソールからアッパーにかけてのゴム質のバランスが絶妙だと感じませんか?

ワイドシルエットのミリタリーパンツとの相性も良く、普段あまりスニーカーを履かない方にもご満足いただける事と思います。

 

DSC_1226.jpg

このようにジャケットスタイルでコーデしていただいても、足元がしっかりとしておりますのでアンバランスな感じにならないのも強みですね。

とにかく履き心地が良く、耐久性にも優れております。

そこにデザイン性と存在感が付加された、中々に良く出来たスニーカーです。

 

是非この機会にお試しいただきたいものでございます!!!

 

 

 

 

 


後付けパーカーが入荷しております!

皆様、こんにちは!

20日は暦の上では最も寒いと言われる大寒でしたが、皆様体調など崩されてませんか?

首元が温かいと寒さが違う気がして、この時季はタートルネックの出番が多いのですが、先日お客様から「どんだけタートル持ってんですか?」と突っ込まれてしまい、何かアイテムを購入しようか悩んでたところ、Two Moonより、後付けパーカが入荷してまいりまして、「後付けならただのパーカーより温かそうじゃん!」と、早速手に取ったSGです。笑

是非是非、皆様にもご紹介させていただきます!

 

 

Two Moon

後付けパーカ[10244]

デザートブルー/チャコール

 

デザートブルー

 

 

チャコール

 

 

Two Moonは1992年のブランド設立から、吊り編みスウェットやTシャツ等を

作り続けるクオリティの高いブランドです。
過度なデザインをする事無く、素材、縫製に拘った普遍的なベーシックアイテムをリリースしています。

 

今季は新しいスウェット素材に注目していて、ビンテージスウェットを意識して開発した素材。
三層からなるスウェット組織の表目に太い空紡糸を使い、

裏のループ目も表目の縦筋がはっきり出るよう工夫されています。
乾いた風合いが特徴で、表面は少し硬く感じるぐらい目が立ってしっかりとした質感です。

数値の上では定番の丸胴スウェットよりも厚いはずですが、

空紡糸を使用してるため着用感は軽快さが感じられ、退色したかの様な風合いが魅力的なんですね。

 

 

 

首周りに余裕をもたせた広めの天巾に軽くラフ感のある細めの襟リブ。

生地を2枚合わせしたボリュームのあるフードと

襟リブのボリュームに合わせた大きめのVがこのアイテムの特徴です。

後付けと申しますと、飾りになりがちですが、

きちんと機能するよう2重にしたり、パターンや接合部の縫製に工夫が凝らされています。

この2枚合わせのボリュームが温かさを感じさせ、SGは購入のポイントとなりました!

 

またドローコードが付いているので、絞ることも可能。

 

 

カンガルーポケットが配置されているので、

煙草などちょっとしたモノを入れられ、使い勝手は良好です!

 

 

 

しかも2トーンカラーなので、単調にならず、一枚で着てもサマになります!

 

 

 

 

身幅、アームホールなどタイトなシルエットになっているので、

インナーとして着用した時にジャケットの中でもたつき感がないのも特徴的です。

 

 

定番の吊り編みとは違うしっかりとした厚みのある新たなスウェット生地を使用した後付けパーカー。
着用してみるとふっくらとしていて軽く、見た目の印象の硬い感じは全くありません。
配色も非常に良く、上品で子供っぽくならないこの雰囲気です。
新たにトゥームーンが提案するスウェットパーカーを是非お試しください。

 

 


定番的なレザージャケットを。

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

このところ天候が良い事もございまして、非常に空気が乾燥しておりますね。

MUSHMANS店内でも空気の乾燥にはある程度気を遣っているのですが、どんなに加湿器を使っても30%代の湿度になってしまいます。

そうなってきますと風邪を引きやすいって事になるのですが、それ以外にも注意が必要になってきます。

先日は店内に置いてあるヴィンテージGibsonハミングバードのTOP材にクラックが入りました・・・、超ショックです。

これもおそらく空気の乾燥が原因です。

勿論木材の乾燥し過ぎっていうのもこういったクラック等の原因となるのですが、レザーだってそういった事になります。

ご購入から3年以上が経過したレザージャケット、今一度レザーの状況を確認していただきたいと、この時季は特にそう思います。

比較的頻繁に着用いただいている物であれば、それほど大きな心配はございませんが、MUSHMANSのHPを御覧いただいている皆様は結構な量の着数を保有されている方も多いかと思います。

久しぶりに着用しようとワードローブから出してみたら、新品時の質感を失っている・・。

そういった事になる前に、一度状況をチェックしていただくか、不安な方はMUSHMANSにお持ち込み下さい。

他店ご購入の商品でも、メンテナンスの方法や使用するべきオイル等のご相談を承りますので。

 

MUSHMANSでは様々なオイルやメンテナンスグッズをご用意しておりますが、基本となり比較的簡単にメンテナンスを完了できるのが以下の3アイテムです↓

 

ラナパー250-630.jpg

Renapur/ラナパー

レザートリートメント

250ml

 

ラナパー-630.jpg

Renapur/ラナパー

レザートリートメント

100ml

 

ビーズワックス(蜜ロウ)とホホバ油(ツゲ科の常緑小木、ホホバの種子からとった油分)を配合し、天然素材100%で作った保革、艶出し・撥水効果のあるレザー用トリートメント。
薄く塗るだけで成分がレザーに染み込み、レザー本来の風合いを甦らせ老化を防ぐ効果が得られます。
ネイティブアメリカンはホホバオイルを『砂漠からの黄金の液体』と呼び、ホホバの種から採ったオイルを食用油・傷の治療・肌の乾燥防止・髪の手入れ・ヤケドや湿疹の治療などに使用していたという、古くから人類に愛用されているオイルがベースとなっております。
また、油分による撥水効果が得られるメリットがあります。

革以外のスポーツ用品、合成皮革、ビニール、金属、木製家具にも使用する事が出来ます。これは有機溶剤を含まない天然成分100%である証拠です。

 

 

 

マスタングペースト.jpg

MUSTANG PASTE OIL

100ml

 

マスタングペーストは純度100%天然のホースオイルを使っています。レザー用に適したこのオイルのベースとなるホースファット(馬脂)は、品種や部位までこだわって厳選し、さらにその脂に含まれるレザーケアに有効な成分も壊さないように手作業で抽出・精製した、本格的なレザーメンテナンス専用のオイルです。
この専用のホースオイルは、革へ塗布した瞬間から染み込んでいく様子が視認できるほどの浸透力で、革質の劣化防止に役立つ有効成分(油分の他ビタミンやミネラルなど)を革内部の隅々まで供給します。

 

 

 

 

マスタングPW.jpg

MUSTANG P WATER

35ml

 

先に御紹介したマスタングペーストよりも倍以上のスピードで、さらに革の奥の奥深くまで油分を供給させます。仕上げの拭き取り作業が必要ない程に浸透します。
油分がほとんどを占める高浸透性のマスタングペーストでも、オイルアップを一度に多く塗布した場合などに、革種によっては凹部に若干白い蜜蝋が残ってしまうケースがまれに発生していました。それが気になるユーザーは塗布後にきめ細やかな拭き取り作業を必要としました。
しかしこのP・ウォーターは無色で純度100%のホースリキッドOILなので、凹部が白くならずにオイルUPが出来るようになりました。
よって、このP・ウォーターは特にスタッズやカービングTYPEレザーアイテム、エキゾチックレザー(うろこ系爬虫類などの新種レザー)や、表面のシボが深いバッファローやゴートスキンなど凸凹の深い革に対しても、ベストなオイルUPメンテナンスが可能です。また、グレージング仕上げ(ガラスフィニッシュタイプ)でも“水さえ浸透すれば”このオイルはしっかり浸透します。
天然の動物性OILでP・ウォーター以上の浸透性を誇る保革油はないと言えるでしょう。

 

 

と、この3種類をレザーの種類というよりは、レザーの仕上げによって使い分けていただいております。

またメンテナンス後の風合いの好みによって使い分けていただいてもおりますので、よく解らないなぁっていうお客様は是非一度ご相談にいらしてみて下さいませ。

 

 

 

 

 

さて、近頃気がかりだったメンテナンスの事もお話できましたので、ここからは最近何故か?お問い合わせの多いモデルをご紹介します↓

 

1.jpg

Rainbow Country/レインボーカントリー

30's Horsehide Single Riders Jacket

[RCL10013H]

BLACK

 

 

5.jpg

Rainbow Country/レインボーカントリー

30's Horsehide Single Riders Jacket

[RCL10013H]

SEAL BROWN

 

3.jpg

 

7.jpg

 

2.jpg

 

4.jpg

 

6.jpg

1930'sの「SEARS ROEBUCK社/シアーズローバック社」が抱えていたブランド[HERCULES/ヘラクレス]のシンプルかつ上質なライダースをベースに、昨今の日本人体型を考慮し新たにパターンを起こし、スタイリッシュに30'sスタイルを楽しめるスポーツジャケットです。
マテリアルには1.2mm厚の、上質なフルベジタブルタンニンなめしのホースハイド(馬革)を使用し、シンプルながらも他を圧倒する風格を纏っております。
このレザーは昨今の[ホースハイド=硬い]というイメージとは一線を画す仕上がりとなっており、非常にしなやかでありながら、コシの有るレザー。
ライニングには厚手のウールメルトンを使用し、袖裏にはフランネルといった構成に関してもヴィンテージテイストを存分に楽しめると共に、ウインターシーズンの保温性を高め長年の使用にも耐えうる強靭さを纏っております。
ボタンもクラシックな雰囲気抜群の御椀形ナットを別注にて製作し、フロントファスナーはオートロック式ファスナーを採用。

デザイン、ディテール共にオールドレザージャケットを堪能していただけます。

 

 

「何故かお問い合わせが多い」と申しましたが、ちょっと失礼な言い回しでしたので補足しておきましょう。

こちらのモデルはRainbow Countryの定番的モデルであり、実はA-2等よりも古い型式のモデルなのです。

確か10年以上はこのモデルを継続してリリースしておりましたので、近頃は行き渡った感がありオーダーいただく数もそれほど多くはありませんでした。

このところGジャン型のレザージャケットが流行?だったのですが、そろそろやはり定番的なモデルに戻りたくなってきているお客様が多く、シンプルに【革ジャン=襟付・シングル・前Zip】とい図式に返り咲いている気がします。

Rainbow Countryの定番モデルはいつでも購入できると思いきや、突然ラインナップから消してしまう事があります(笑)

実は数年前から狙っていたっていうアナタ。 今がその時なのかもしれませんよ!

 

 

DSC_1081.jpg

着用感も御覧いただきましょう。

これぞ【THE LEATHER JACKET】といった、シンプルなものでございますが、だからこその楽しみ方がございます。

コーディネートのし易さという所もそうですが、経年変化が活きるディテールでもあります。

革ジャン+SWEATの王道コーデでも、どこか上品さが垣間見られるのは1930年代のレザージャケット特有のものなのかもしれません。

 

 

DSC_1084.jpg

変わってSEAL BROWNを着用。

BLACKと比べますと、大人しい印象にしてくれます。

Chinoトラウザース等と合わせていただきますと、スマートカジュアルな雰囲気に持って行く事も容易ですね。

やっぱり、その時その時で気持ちが移り変わるものですが【襟付・シングル・前Zip】は革ジャンの基本なんですよね。

両カラーともに、人物はサイズ38を着用しております。

 

 

 

さあ、そろそろレザージャケットシーズンの第二幕が幕開けとなる時季に入ってきます。

ご検討中のお客様、どうぞお早めに。

 

 

 

 

 


COLIMBOより久々の生産![TRAPPER'S CARRYALL]の入荷です。

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

冬真っ盛りといった気候となっており、インフルエンザも流行しているようですので、いつも以上に体調管理には気を付けたいところですね。

一月生まれの私も着実に歳を重ねておりまして、先日誕生日を皆様にお祝いいただきまして、楽しい夜を三日連続で過ごしました。

歳を重ねる毎に身体能力が低下しているのは実感できますが、歳を重ねた事で得た経験値と知恵を使って今まで以上に健やかに生きて行けるんではないか?思えるようになりまして、ここ数年 歳を重ねる事に悲観的であったものの、全くそういった事を考えなくなりました。

これも生きる知恵なのか?

これからも楽しく歳を重ねて行けそうです。

そうそう、私本年年男です、猪突猛進、突っ込みますのでよろしくお願いいたします。

 

 

さて、本日は最近入荷した人気アイテムを御紹介させていただきます↓

 

1.jpg

COLIMBO/コリンボ

TRAPPER'S CARRYALL

Small

BROWN/CAMEL

 

 

10.jpg

COLIMBO/コリンボ

TRAPPER'S CARRYALL

Medium

BROWN/CAMEL

 

かつてバードシューターがトラップツールや※デコイ(decoy)を収納する為に使用していたバッグをデザインソースに、現代のシーンで使い易いBAGに仕上げたのがこちらのモデル。

COLIMBOの代表的なBAGデザインとなっておりまして、コリンボさんとの取引をスタートした時に最初に入荷させたのもこちらのモデルだったと思います。

時は流れまして、COLIMBOもブランド創設十周年を迎え、しばらくお休みしていたこちらのモデルを復活させてくれたのです。

 

※デコイとは 狩猟で囮に使う鳥の模型の事。

 

2.jpg

Small 内部画像

 

3.jpg

Small 内部画像 逆サイド

 

12.jpg

Medium 内部画像

 

11.jpg

Medium内部画像 逆サイド

 

COLIMBOらしい質実剛健な作り込みが男心をくすぐります。

インナーは前面にライニングを装着し、小分け出来るようにポケットを配置しております。

この手のBAGはどうしても大味なディテールとなりがちですが、ここもCOLIMBOらしい使い勝手に対する配慮を欠かしません。

 

 

5.jpg

メタルパーツ Small Medium共通

 

Small/Medium共にかなりの収納力を誇りますので、付随して使用されるメタルパーツも強靭である必要があります。

非常に重厚なメタルパーツは、一見いただくだけで充分なスペックを感じていただける事でしょう。

 

6.jpg

BAGストラップ Small Medium共通

 

こちらのストラップで使用されている素材は、デッドストックのミリタリー綿テープ(航空母艦で、着艦に失敗した航空機を受け止めるネットバリケード用)を使用。

航空機を受け止める事ができるスペックのストラップですので、そりゃもう安心感をしっかりと感じていただける事でしょう。

 

 

8.jpg

補強用リベット Small Medium共通

 

力の掛かるポイントは随所にリベット補強が成されております。

こういった配慮は強度の面でもデザインの面でも嬉しいですね。

 

7.jpg

ハンドル縫製、BAG開口部の縫製 Small Medium共通

 

ワークブーツ等に見られるような、堅牢な縫製仕様が目を惹きます。

何の説明も不用な程に、オーバークオリティなのでは?と思ってしまう程の仕様になっております。

 

4.jpg

レザーマテリアル Small Medium共通 Camel

 

9.jpg

レザーマテリアル Small Medium共通 Brown

 

堅牢な仕様のBAGに適したヘヴィーデューティーなレザーマテリアル。

厚みや繊維的な部分でも頗る堅牢でありますが、極めて多くのオイルを加脂しているオイルドレザーである為、乾燥にも強く水濡れにも強いマテリアルです。

さらに、ルックスからしても強固なオーラが発せられているのが嬉しいですね。

 

銀面をバフ処理しており、新品時は比較的マットな仕上がり。 ただ、こういったマテリアルは使い込むと素晴らしい光沢を持つのが楽しいのです。

色々な意味で、このBAGに最適なマテリアルであると言えますね。

 

DSC_1051.jpg

 

DSC_1055.jpg

Smallの使用時を御覧下さい。

画像の人物は身長175cmですが、少しコンパクト目なBAGといった印象になります。

収納量はA-4用紙等が余裕をもって収まるサイズ。

デイリーユースには最適です。

 

DSC_1047.jpg

 

DSC_1049.jpg

こちらMediumの使用時です。

個人的にはこのサイズ感が好みです。このBAGの本来のサイズ感とも言えるでしょうか?

ただ、荷物が少ない方の通勤等には大きすぎるのかな?

お好みでお選び下さいませ!

 

1.jpg

COLIMBO/コリンボ

TRAPPER'S CARRYALL

Small

BROWN/CAMEL

 

 

 

10.jpg

COLIMBO/コリンボ

TRAPPER'S CARRYALL

Medium

BROWN/CAMEL

 

 

 

もしかしたら、これが最後のリリースになるかもしれません!

是非この機会をお見逃し無く!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


CHURCHILL GLOVE ようやく入荷です!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

ここまで冷え込むとバイクに乗るのは苦痛ですね。。

年末に一度MUSHMANS MCの夜走りがありましたので走りましたが、結構フラストレーションが溜まったまま終わってしまったので、そろそろ一発走りたいところなのですが・・・。 やめておきましょう(笑)

 

さて、本日は米ワシントン州セントラリアより届きました!!

 

JAMES CHURCHILL GLOVE/チャーチル

 

12月中旬には入荷するかな?と思っておりましたが

大幅に納期遅れまして・・・

まあ、そういう事もございます、仕方ないです。。

 

CHURCHILLの工場潜入記事は→コチラを御覧下さい。

 

 

今回ほぼ全てのモデル、欠品していたサイズやカラーを補充いたしました。

が、しかし、ご予約いただいていたモデルやカラー、サイズもございまして、既に欠品も出始めてしまっております。

あまりにも納期遅れたので、こういった結果になりました。

申し訳ないです。

 

そして今回は↓

CHURCHILL/チャーチル

Maverick [CSA]

Classic Short Wrist Vented Deerskin Leather Glove

BLACK

 

ちょっと季節は先のアイテムになるのですが、モーターサイクル・シティバイクの春夏向けアイテムが新入荷いたしました。

ショートカフモデルの[CS]がベースとなっており、甲側にベンチレーション穴が開いたモデル。

 

ベースとなっている[CS]は"Sons of Anarchy/サンズ オブ アナーキー"でも、全シーズンに渡って使用されている事で有名なモデルです。

高温多湿な日本の夏はカリフォルニアと異なり、このVENTEDじゃないと乗り切れないですよね。

日本の"Sons of Anarchy"にはこちらの[CSA]をお勧めさせていただきます。

 

"Sons of Anarchy/サンズ オブ アナーキー"

については→コチラで御確認下さい。

 

 

 

他モデル同様、最上級のDEER SKINを用いて作られるCHURCHILLのグローブは最高のフィット感を生み出します。

 

 

CHURCHILL GLOVEはバイクに乗る方だけでなく、通常使用の防寒グローブとしても最高のパフォーマンスをみせてくれます(このVENTEDは冬用じゃないよ。)

是非一度ご使用いただきたいグローブです。

 

その他モデルに関しては→コチラで詳しくご説明しておりますので、ご覧くださいませ。

 

 

 


いよいよ年の瀬でございますね! 今年最後の新作入荷状況をお知らせします!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

 

いよいよ年の瀬となっておりまして、既に本日からお休みに入られている方も多い模様ですね。
 

MUSHMANSの年末年始営業は後日改めてお知らせいたしますが、大凡は以下の通りとなりますので御確認下さい。

 

本日〜2018年12月30日(日)・・・通常営業

2018年12月31日(大晦日)・・・11:00〜18:00 短縮営業

2019年1月1日(元旦)・・お正月休業

2019年1月2日(水)・・・新年初売りスタート! 13:00〜18:00 短縮営業

2019年1月3日(木)・・・新年初売り2日目! 13:00〜18:00 短縮営業

2019年1月4日(金)以降・・・通常営業

といった感じとなっております。

年内は休まず営業し、元旦のみお休みをいただきます。
2日からは全開でスタートし、以降は通常通りの営業となります。
是非年末年始もMUSHMANSをよろしくお願い申し上げます。

 
さて、本日はおそらく年内最後の入荷案内となるかと思われます↓
 
独PIKE BROTHERSより新着アイテムの御紹介!!↓
PK-BK1-630.jpg
PK-BK7-630.jpg
US NAVY(米国海軍)の将校用に作られたCPO Shirtは、長年に渡ってミリタリーファッションのアイコンとして君臨し続けるアイテムです。
様々な着こなしに対応できる懐の深さと、そのシンプルさから各ブランドから渾身の一着が毎年リリースされるアイテムでもございます。
今回御紹介するのはMUSHMANSでも大変人気のあるブランド"PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ"がリリースするCPO Shirt。
ドイツブランドならではの視点から、大変ユニーク且つ堅牢なCPO Shirtが仕上がって参りました!

 
PK-BK6-630.jpg
使用されるファブリックは13oz のセルビッジデニム。
CPO Shirtらしい極厚のファブリックを用いて作られております。
硫化染料によって発色されているこのPITCH BLACKは、色落ち堅牢度が低くエイジングしやすいのが特徴です。
着込むほどに程好い退色となり、唯一無二の存在感を味わっていただける事でしょう。

 
PK-BK2-630.jpg
CPO Shirtらしい大きめな襟が特徴で、Shirt on Shirt をしていただいた時にインナーに着用されるShirtの襟座りが非常に落ち着いた美しいものとなるのが特徴です。

 
PK-BK3-630.jpg
大型チェストポケットも使い勝手が良く、実際にヘヴィーなシーンで使用いただいても活躍する事でしょう。

 
PK-BK4-630.jpg
使用される釦は、全てボタンホール仕様ではなくホックタイプとなっているところがPIKE BROTHERSらしいところです。
PIKE BROTHERSオリジナルネームのホック釦は、アメリカ服のそれらしく「バチッ!!」と力強い素材を使用しております。

 
PK-BK5-630.jpg
カフスも通常のShirtの裾廻りよりも若干広めに設計されておりますので、Shirt上に羽織っていただいても苦になりません。

 
DSC_0443.jpg
それでは着用です。
画像の人物は同ブランドの"1959 Button-Down Shirt treves Green"をインナーとして、その上から当アイテムを着用しております。
サイズはSサイズを着用しており、基本的にはインナーに着用されるPIKE BROTHERS製Shirtと同サイズをお選びいただきます。
そう着用いただきますと、着丈もジャストとなりまさに"ツライチ"な感じに仕上がりますね。
これからの時季は、この上からプリマロフトVESTなんかを着用いただきますと快適に過ごしていただける事でしょう。




続きまして↓
PK-BLBK1-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1943 CPO Shirt

Blue Black
 

 

PK-BLBK7-630.jpg

先に御紹介いたしましたCPO Shirtと同型ながらファブリックを変更したのがこちらのモデルです。

色違いと思っていただければ良いかと思います。

 

 

PK-BLBK6-630.jpg

PIKE BROTHERSをご愛用いただいているお客様なら既にお気付きかもしれませんが・・。

"14oz Blue Black" 限定モデルでもある "1937 Roamer Pant 14oz Blue Black"と同様のファブリックを使用しております。

そう、セットアップで着用いただけるという訳なんです!



 

 

PK-BLBK-2-630.jpg

ディテール等は先に御紹介したモデルと同様ですが、ファブリックが変わりますとここまで違います。

 

 

PK-BLBK3-630.jpg
 

 

PK-BLBK4-630.jpg
 

 

PK-BLBK5-630.jpg
 

 

DSC_0452.jpg

それでは着用です。

あえてボトムにも同ファブリックの"1937 Roamer Pant 14oz Blue Black"を着用してみました。

既にボトムは数回Washされておりますので、若干発色感が異なりますが ある程度Shirtも着用していただければ馴染むかと思います。

限りなくブラックに近い発色のブルーデニムですので、経年変化もお楽しみいただける事は間違いございません!

 

 






最後はコチラ↓

PK-OC1-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1947 Salesman Shirt

Ocean Blue
 

 

PK-OC7-630.jpg

1940年代に見られる古典的且つシンプルなShirtをPIKE BROTHERSがセールスマンシャツとして製作いたしました。

 

 

PK-OC6-630.jpg

大変ライトなオックスフォードファブリックは年間を通して使用しやすく、様々なシーンにおいて活躍する事は間違いありません。

 

 

PK-OC2-630.jpg

ショートポイントの襟は、ジャケットやベストのインナーに合わせ易くビジネスシーンでのスマートカジュアルにも活躍しそうですね。

 

 

PK-OC4-630.jpg

小柄なシェルボタンも好印象です。

 

 

DSC_0462.jpg

それでは着用してみましょう。

チェストポケットの装着されていないディテールの為、身体に馴染み易くスッキリとした印象を醸します。

今回は一枚で着用しておりますが、インナーとしても大いに活躍を期待できる代物です。

画像の人物はサイズSを着用しております。

着丈は比較的長めの設定なのですが、アウトしていただいても良いですし、タックインしていただいても良いと思います。





 

 

 

こちらの3アイテムが新作として入荷!

さらには、大変好評いただき長期欠品となっておりました↓

 

C2-1-630.jpg


こちら、何とか数着仕入れる事ができました!
これからの時季に絶対に必要となるアイテムです。
この機会をお見逃しなく!!




30日頃には年始の企画を発表します!!
お楽しみに!

Two Moonよりサーマル第2弾入荷しております!

皆様、こんにちは!

世間では3連休ですが、いかがお過ごしですか?

 

先日Two Moonのクルーネックタイプのサーマルの御紹介をさせていただきましたが、ヘンリータイプも入荷してまいりましたので、ご紹介させていただきます。

色の展開が豊富ということもありまして、クルータイプのサーマルをお手に取ったお客様が、

「色も迷うけど、この後ヘンリーも入ってくるしますます迷うなあ…」 と、毎年のことですが、悩まれている方が多いアイテムです。

 

今回入荷してまいりましたヘンリーも4色展開と豊富ですので、たくさんお悩み下さい!!!

 

26507-blog.jpg

Two Moon

L/S サーマルヘンリーTee[26507]

オートミール/杢グレー/チャコール/アサギ

 

杢グレーと同じように、すっかり定着いたしましたオートミールに加えて、

今季はチャコールとアサギの4色の展開です。

 

26507-oat2-630.jpg

オートミール

 

26507-gry2-630.jpg
杢グレー

 

26507-char2-630.jpg

チャコール

 

26507-asagi2-630.jpg

アサギ


Two Moonのサーマルはしっかりとしていて耐久性があり、

伸縮目的とした編み目がそのまま表情を作っています。
ハニカム構造のサーマル生地は伸縮性に富み、堅牢さを持ち合わせます。


また、生地自体に凹凸があり、部分的に身体に接触する部分とそうでない部分が出来ます。
これによって身体と衣服の間に暖かい空気の層を作り出し、冬季の体温低下を防ぐ事となります。
コットン100%で編みたてられたハニカムサーマルは、肌触りの優しさと安心感を得る事が出来ます。
襟周り以外の縫製はフラットシームで仕上げ、ジャストフィットでも肌に余分にストレスがかかりません。

 

先日のクルータイプのブログでもご紹介いたしましたが、

サーマルのゴム編みのような構造は伸縮性と復元性に富み、

ストレスの無いフィット感と『洗濯するともとに戻る』耐久性が特徴です。

タイトな身幅ですが、丈は長めに作られています。

 

 

Two Moonといえばこの仕様を忘れてはならない!!的な

脇下のフライスのガゼットも引き続き採用されています。
これによってベンチレーション性を良くして、重ね着した時のムレを防ぎます。

 

26507-blog3.jpg

 

チャコールとオートミールは赤、杢グレーはオレンジ、アサギはワインとステッチの色を変えております。
ステッチ配色や、Two Moonでお馴染みの襟リブのカットオフ&ロック始末、
前立て裏の布使いは別生地で補強され、アイテムの個性を作っています。

 

26507-blog2.jpg

 

アクセントに左サイドに閂止めとして

赤ステッチで補強しています。

 

 

もうすぐクリスマスですし、プレゼントにいかがでしょうか?

今年お世話になった方へのちょっとしたプレゼントにも最適です!

 

Two Moon

L/S サーマルヘンリーTee[26507]

オートミール/杢グレー/チャコール/アサギ

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/96PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 大ヒットの予感! PIKE BROTHERS新作Pantsの入荷です!!
    MUSHMANS Fujita (04/18)
  • 大ヒットの予感! PIKE BROTHERS新作Pantsの入荷です!!
    滝内俊昭 (04/17)
  • THE FEW×MUSHMANS Made in JAPAN Trial Model "Type A-1"のご予約受付に関しまして。
    LISA (12/20)
  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    MUSHMANS Fujita (07/09)
  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    長坂誠 (07/06)
  • 予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (03/23)
  • 予約受付を開始いたします!!
    星野 (03/21)
  • Making Mushmans 【最終章】 〜TAKE OFF !〜
    ショウジ (01/25)
  • 今期別注レザー 【BUSTED SHRINK HORSEHIDE DARK SEAL "VOLCANO"】のメンテナンス方法に関しまして。
    BeOS (10/28)
  • 毎年恒例のCOLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country コラボアイテムの予約受付開始です!
    BeOS (10/15)

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode