MUSHMANS Athletic WearからNewマテリアルを使用したSweatをリリースします!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

 

ロングディスタンスでの開催となりました、SANDALMANカスタムオーダー会も盛況のうちに終了となりまして、激動の10月も月末を迎えました。
 

この時季はバイクに乗るのも良い気候なのですが、結局のところ全く走りに行けずにシーズンオフを迎えてしまいそうです。

まあ、今年はアメリカを思う存分走りましたから、贅沢は言えません。
 

これから本格的な繁忙期を迎える訳ですので、それらの準備に取りかかろうかと思っております。
 

 

さて、本日は既にオンラインショップ上で掲載しておりましたものの、詳細のPRが出来ていなかったアイテムの紹介をさせていただこうと思います。

 

 

MUSHMANS Athletic Wear

2019-20 FW Collection

新たなマテリアルを使用した新作モデルのご紹介。

 

まずはコチラから↓

 

SH-1-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

"REVERSE WEAVE SWEAT SHIRTS"

Open End Yarn

[MSC-009]

Gray/Oatmeal

 

 

2シーズンに渡って、大変好評いただいているMUSHMANS Athletic WearのSWEATでございますが、今年は新たなマテリアルを追加いたしました!

昨シーズンまで使用しておりました[コットン×リヨセル]の優しい着用感も大変魅力的ではありますが、今年はトラディショナルな仕様のマテリアルを採用。

昨年までのマテリアルとは、対極とも言えるものといたしました。

 

まずは、ディテールに関してご説明させていただきまして、マテリアルに関しては最後に記述いたします。


 

 

 

SH-2-630.jpg

Gray
 

 

SH-3-630.jpg

Oatmeal

 

 

ディテールに関しては、昨年までの仕様と同様の[REVERSE WEAVE Type]となります。

往年のアスレチックウエアブランドである米C社のREVERSE WEAVE SWEAT SHIRTSのディテールを踏襲しつつ、スッキリとしたシルエットで構築した一着でございます。

スッキリとしたシルエットと言いましても、単純にタイトなサイズ設定とした訳では無く、無駄と感じる部分を削ぎ落としたのみの洗練されたシルエットをお楽しみいただけます。

 

 

 

SH-5-630.jpg

 

SH-6-630.jpg

定番的なREVERSE WEAVE/リバースウィーブの作り込み。

縦縮みを軽減させるべくボディーの生地方向が横方向になるようにしております。

さらに、横縮みをも防止するべく脇位置にリブを使用。これによって、動き易さも確保し耐久性にも富むという理にかなったディテールとなっているのです。
 

物としての使い勝手に着目したディテールでありながら、サイドリブや横方向の生地使いがデザイン性にも繋がっているという全てにおいて完成度の高いモデルでございます。

各パーツをフラットシーマで接合した、ヴィンテージテイスト溢れるディテールをお楽しみ下さい。

ここまでの構成は昨年までと同様ながら、若干のサイズ感の変更を実施いたしました。
今作は、よりヴィンテージを意識したマテリアルを使用しておりますので、その雰囲気に合わせて 着丈を若干短くしております。
とは言っても、パターン上で1cm程度でございますので、それほど変化に違いを感じないという方もいらっしゃるぐらいの小変更ではございます。


 
SH-4-630.jpg
SH-8-630.jpg
首廻りの天巾に関しても、窮屈過ぎない設定となっておりますので、様々なインナーに対応します。
サーマルやT-Shirts等は勿論の事、薄手のShirtsをインサートして襟を出していただく事も容易な設定となっており、その着こなしの幅は無限大と言えるでしょう。
 
カラーリングに関しても、定番的な杢グレーとオートミールの二色設定となっております。


 
DSC_7088.jpg
着用感を御覧下さいませ。
まずGrayでございますが、我々がご提案するようなカジュアルスタイルを志した方であれば、既に数着持っていても不思議ではない圧倒的定番カラーでございます。
定番カラーであるからこそ、使用頻度が高い為 様々なバリエーションが欲しくなるアイテムでもございますね。
今回仕様しているマテリアルは、昨年までのモデルに比べ重厚感と存在感がございます。
着皺の入り方がそれを物語っており、着応えのある一着です。
画像の人物はサイズ38(M)を着用しております。 往年の定番的コーディネートもそつなくこなせる、絶対に一着は持っておきたいアイテムですね。


 
DSC_7083.jpg
次にオートミールの着用です。
このカラーは土臭さを感じて良いですね。使い込む程に味わい深く変化して行くのが楽しみな一着です。
デニム等との相性も良く、Gray同様定番的なカラーでもありますね。
シルエットを御覧いただきますと解りますが、比較的短めな着丈がトラディショナルな雰囲気を持っており、こちらも長く愛せる物となっております。
画像の人物は38(M)を着用。




 
そして、クルーネックがあれば、やはりコチラも↓
PA1-630.jpg
上記で先にご紹介いたしました、クルーネック同様のREVERSE WEAVE型のパーカも同時リリース!
今作では、フードを後付け仕様、さらにカンガルーポケットも後付け仕様となっております。
個人的に着用時のフードの座りは、後付け仕様の方が好みなのですが、使用するマテリアルによって向き不向きもございます。
今回のマテリアルには後付けがマッチすると考えて、こちらのディテールを採用しました。


 
PA2-630.jpg
Gray

 
PA3-630.jpg
Oatmeal

 
PA4-630.jpg
PA5-630.jpg
比較的しっかりとしたサイズにフードにしておりますので、実際にご使用いただく事が可能です。


 
PA6-630.jpg
PA7-630.jpg
カンガルーポケットは、ポケットセンターを縫製しておりますので、左右貫通ではなく独立しております。
これによって、着用時にポケットがプクっと浮き出してしまわないようになっておりますので、シルエットに影響を与える事なくハンドウォーマーとしてご使用いただけます。


 
PA8-630.jpg
PA9-630.jpg
袖リブと裾リブも、かなりしっかりとした物となっております。
これはクルーネックも同様で、長期間気兼ねなく使えるように配慮しております。


 
DSC_7097.jpg
それでは着用してみましょう。
先ず始めに、レザージャケットのインナーとしてのコーディネートを御覧下さい。
着丈を調整した事によって、ショート丈のレザージャケットを着用いただきましても裾末端の位置が絶妙です。
さらに、後付け仕様のフードは自然に広がりますので、レザージャケットの襟との相性も良いですね。
これからの時季には、フードが付いていると首廻りの冷気も遮断してくれます。
画像の人物はサイズ38(M)を着用。


 
DSC_7090.jpg
良い感じに肩肘張らない感じが好印象なオートミール。
単品で着用いただきますと解り易いのですが、後付け仕様のフードは着用時に一旦肩方向へ広がる感じが好きです。
まさに今時季最高の一枚ですね。
画像の人物はサイズ38(M)を着用しております。



 
そして、今回のマテリアルについてご説明しましょう。
 
商品名にも記載がありますので、洋服に対しての造詣が深い方には一発で解ってしまうのかもしれませんが。。
Open End Yarn(オープン エンド ヤーン)=空紡糸
今回の使用しているマテリアルは、オープンエンド紡績の糸を編み立てたSweat地を使用いたしました。
 
前作のマテリアルはコットン×リヨセルをリング紡績した糸を使用して編み立てられていましたので、その素材感は全く異なるものとなっております。
 
古くからアメリカのカットソーには、基本的にオープンエンドヤーンが使用されてきました。
ヴィンテージで見られる、カラっと乾いたムラ感のある素材感こそオープンエンドヤーンのそれです。
 
一般的にオープンエンド糸とリング糸とでは、リング糸の方が生産コストが高く、糸自体の強度も上であると言われます。
それは紡績方法によるものですが、現在ではオープンエンド紡績機も進化を遂げ、オープンエンド糸=安価な糸という図式ではなくなってきているとも言われております。
 
特にカジュアル界では、オープンエンド糸が醸す豊かな表情が脚光を浴び、様々な新型紡績機も導入されているようです。
このページで紡績方法を詳しく説明するのは、文字ベースとなりますのでちょっと難しいですから、もしもっと掘り下げたいという方がいらっしゃいましたら、ご来店時に分かりやすくご説明しますのでお声がけ下さい(笑)
という事で、オープンエンド糸とリング糸を使用した際の、素材の違いを纏めると以下のようになります。
 
素材の滑らかさ。
オープンエンド糸<リング糸

素材の存在感
オープンエンド糸>リング糸

素材のボリューム感
オープンエンド糸>リング糸

素材のアメリカ感(粗野感)
オープンエンド糸>リング糸

素材の高級感
オープンエンド糸<リング糸

素材の暖かさ
オープンエンド糸>リング糸
※糸に膨らみがあるので、空気の層が作られやすい※

素材のコスト
オープンエンド糸=リング糸
※糸単体で言えばオープンエンド糸<リング糸とも言えますが、編み立てによってはそれに限らず。※


 
という事で、どちらが良いか悪いかという事では無く、製品のコンセプトや求める雰囲気によって使い分けるのが良いと言えるでしょう。
 
今回のアイテムに関しては、アメリカントラディショナルなカットソーを目指して作っておりますので、このオープンエンドヤーンが適していると考えられます。


 
SH-7-630.jpg
さらに、裏起毛をしっかりと施しておりますので、非常に優しく温かい肌触りも魅力なマテリアルです。





 
今回の新素材 オープンエンドヤーンを使用したモデル↓
SH-1-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

"REVERSE WEAVE SWEAT SHIRTS"

Open End Yarn

[MSC-009]

Gray/Oatmeal


 

 

 

 

PA1-630.jpg

 

 

 

そして従来までのリング糸を使用しているモデル↓

Crew1-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

 "REVERSE WEAVE SWEAT SHIRTS"

[MSC-006]


 

 

 

PARKA1-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

 "REVERSE WEAVE SWEAT PARKA"

[MSC-007]


 

 

現在、両方のモデルをストックしております。

オープンエンド糸

リング糸

両方の質感を体感いただける状態です。

 

是非、一度その両方を味わってみて下さい。




 

 

 

 

 

 

 

 

 


ADJUSTABLE COSTUME×MUSHMANS 別注 "Strawberry Thief Black Edition" 今回はキャスケットのリリースです!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

ここ越谷は、夕方物凄い雨となっておりましたが、立て続けに台風によって被害を受けている地域にお住まいの方が心配になります。

どうか何事も無く過ぎ去っていただきたい。

自然の力に対する人間の無力さを改めて実感する、今日この頃でございます。

 

明日からの週末は、SANDALMANカスタムオーダー会の最終週末となります!

まだオーダーされていないお客様、是非この機会をお見逃し無く!!

 

 

さて、本日は別注アイテムのご紹介をさせていただきます。↓

 

5-630.jpg

ADJUTSTABLE COSTUME×MUSHMANS

20's Style Casquette

"Strawberry Thief Black Edition"

 

 大変好評いただいているシリーズのファブリックを用いたキャスケットを製作いたしました!

Over Allからスタートし、3B JacketShort Baggy Pantsとさらにシャツ用生地で同柄のBD Shirtsの製作と、大変好評いただいております。

 

今回、この苺泥棒(Strawberry Thief)柄では二度目の製作となるのですが、前作は本当に一瞬でSOLD OUTとなりました。

さらには、私も敬愛する世界三大ギタリストと呼ばれる、偉大な方からもオーダーをいただいたりと(これは本当にビックリしました)、日本だけに留まらず世界中にお届けさせていただいましたモデルの第二弾です。

 

1-630.jpg

 

前作と異なるのは、クラウンのボリューム。 今回は前作よりもクラウン(帽体)のボリュームが若干小ぶりなシェイプとなっております。通常ADJUSTABLE COSTUMEではAタイプと呼んでいるモデルです。

よりすんなりと着用いただける仕様になっていると言えるでしょう。

 

 

2-630.jpg

3-630.jpg

 

 

 

既に何度もご説明しておりますので、必要無いかもしれませんが、初めて御覧いただく方もいらっしゃいますので、再度ウィリアム・モリスについてご説明させていただきます。↓

 

William Morris/ウィリアム・モリス

 

19世紀の英国で多方面で精力的に活動し、またそれぞれの分野において大きな業績を収めた「モダンデザインの父」と評される人物。

このウィリアム・モリスの遺したアートデザインは現代でも多くのファンを魅了し続けております。

そのモリスデザインの中でも最も高度な技術を要し、最も有名なデザインと言っても過言では無い"Strawberry Thief/いちご泥棒"のプリントを施したファブリックを使用するジャケットとパンツ。

 

いちご泥棒のデザインは、園芸家たちの日常の暮らしの中にある小さな悩みからインスピレーションを得ています。モリスはケルムスコット・マナーでいちごを育てようとしましたが、食いしん坊の鳥たちに食べられてしまいます。モリスの手記にも記述されていますが、本当は種類の異なる鳥だったのですが、ツグミに替えてデザインされました。

この色数の多いプリント、現代でも技術を要するプリントですが驚く事に1883年にリリースされたものなのです。

私が生まれる100年も前にこのようなファブリックが生まれていたという、驚愕の事実があるのです。

日本はその頃明治16年、そう考えると中々に感慨深いものがございますね。

 

 

8-630.jpg

アジャスターベルト付きとなっており、オリジナルスモールバックルが装着されたタイプです。

まあ、結局着用中は見えないところなのですが、細部まで20年代を再現する拘りを感じて下さい。

また、ツバ部分にスナップボタンが付いているモデルです。

Aタイプの場合、このスナップが付いていた方が使い勝手が良いので、今作ではボタン有となっております。

 

 

7-630.jpg

ビン革(スベリ)はコットン、ライニングは無くパイピング仕様となっております。

その為シーズン関係無く、全ての季節で活用いただけます。

 

2-630.jpg

天辺から御覧いただくとこのような感じになっておりますが、こういった総柄のファブリックですので、それぞれが異なる部位から裁断する為、同じサイズであっても使われているデザインの箇所が異なります。
基本的には左右は対象となるように裁断しておりますので、メチャクチャな事にはなっておりませんのでご安心下さい。

また、来店いただくお客様は在庫の状況によっては柄をお選びいただけますが、通販をご希望のお客様は届いた時のお楽しみという事でお願いいたします。

画像を送って欲しいという要望には、今回も極少量の為対応する事ができません。

予めご了承下さいませ。

 

 

DSC_6550.jpg

着用感はこのような感じになります。

レザージャケットとの相性も良かったりで、かなり活用いただけるアイテムだと思います。

特に先行してBD Shirtsをご購入いただいているお客様にもお勧めで、画像のようにインナーにShirtsを着用している時に、このキャスケットを着用いただくと最高にお洒落です。

 

サイズに関して。

各サイズの現状サイズは以下となります。

 

58(M)---59cm程度

60(L)---61cm程度

62(XL)---63cm程度

 

という寸法になっておりますが、こちらは未洗いですのでワンウォッシュしていただくと縮みが発生いたします。

大凡3%程度の縮みですので、ほぼサイズ表記の寸法となる見込みです。

 

 

5-630.jpg

ADJUTSTABLE COSTUME×MUSHMANS

20's Style Casquette

"Strawberry Thief Black Edition"

 

 

よろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

 

 

10月27日が最終日!↓

こちらも併せてよろしくお願いいたします!

SANDALMAN(サンダルマン)カスタムオーダー会

開催日程

2019年10月19日(土)〜10月27日(日) 全8日間

 

 

 

 

 


MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE All Leather Sneakers ご予約分の納品がスタートしました!

 皆様こんばんは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

表題の通り、MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE All Leather Sneakers 、ご予約をいただいておりましたモデルの納品がスタートしました!

今回は新作のModel-2 Biancoに加えて、Model-1 Biancoの再生産も実施した為、ご予約数も多く、二回に分けての納品となります。

既に今回のLotで仕上がってきたお客様へは、お電話やメールをさせていただいております。

未だご連絡の行っていないお客様、申し訳ありませんが今しばらくお待ち下さい。 予定では今週末にもう一便ございますので、それで全て揃うかと思われます。

 

MSS2-A-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

All Leather Sneakers

Model-2

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

 こちらのModel-2は、新作という事もございまして、店頭在庫分も余裕を持って仕込んでおりました。

が、、本当に有難い事に、予約受付終了後も多くのお問い合わせをいただきまして、その在庫分も殆ど無くなってしまいました。

本日(10/22)現在で販売可能なサイズは→【25.5cm/US7.5in】【26.0cm/US8in】こちらが各一足ずつとなっております。

Model-1同様に好評いただけまして、本当に嬉しい限りです!

 

MSS2-A-2-630.jpg

定評のある、スニーカーLast(木型)はそのままに、新たなパターンを作成し作りこまれる"All Leather Sneakers"の第二弾。

グッドイヤーウェルテッド製法とオールレザーに最適なデザインは? それを模索した二つ目のデザインがこちらです。

レザースニーカーの往年の定番的デザインと、その存在感はウェルト形状とも相性が良く、スニーカーとしての軽快感を持ちながらも、所有者の満足度を引き上げる重厚さをも持ち合わせました。

これからは、こちらのモデルとの二本立てでレザースニーカーを展開して行こうと画策しております。

 

新型モデルの初陣という事で、まずは定番のホワイトを採用いたしました。

このマテリアルはModel-1でも採用いたしましたBADALASSI Carlo s.r.l(バダラッシ カルロ社)のミネルバリスシオ"Bianco/ビアンコ"を使用しております。

BADALASSI社では珍しいホワイトのレザーは、MUSHMANS LeatherのLeather Giletで大変好評いただいたカラーと同様です。

後ほどご説明をいたしますが、このホワイトカラーのレザーマテリアルの経年変化は大変味わい深いものでございまして、ホワイトカラーと言えどもBADALASSIらしい素晴らしい経年変化をお楽しみいただけます。

 

 

MSS2-A-4-630.jpg

 

MSS2-A-3-630.jpg

基本的な装着感やサイズ感はModel-1と同様になるよう作られておりますが、若干ディテールが変わりますので その分の違いを感じていただく事は出来るかと思います。

もともとバスケットシューズとして認知されたモデルのLowカットヴァージョンをベースとして作られている為、くるぶし周りのホールド感を高いものにしております。

その為Model-1よりも若干ハイトが高くなっており、また違った装着感をお楽しみいただけます。

 

 

MSS2-A-5-630.jpg

このModel-2で使用しているLast(木型)は、Model-1で使用しているスニーカー専用Lastと同様の物を使用しております。

という事ですので、基本的なサイズ感はModel-1と変わりません。既にModel-1をお持ちのお客様はコチラのモデルも同様のサイズをお選びいただけます。

 

ワイズの設定としては"D〜E"といった感じで、DワイズとEワイズの丁度中間といった雰囲気となっております。

 

サイズの選び方としては、いつもMUSHMANS Footwearの製品をご利用いただいている方はハーフサイズ上を選ぶ傾向にあります。スニーカーですので、若干余裕のあるサイズで履いていただき 羽根がある程度ビシッと閉まるようにして着用いただくのが良い雰囲気なのかと思います。

私も普段MUSHMANS FootwearのアイテムはUS8.5(26.5cm)を履いておりますが、こちらに関してはUS9(27.0cm)をガッチリ閉めて履いております。

これは好みもございますので一概には何とも言えませんが、サイズ選びの参考にされて下さい。

※あくまでMUSHMANS Footwearのサイズ感と比較した場合の事です。基本的に広く知られているRED WING等サイズ感とは同等とお考えいただいて良いかと思います。※

 

MSS2-A-8-630.jpgMSS2-A-9-630.jpgMSS2-A-7-630.jpg

スニーカーと言えども、このスニーカーはMUSHMANS Footwearの生産を一貫してお願いしている工場さんの自社ファクトリーブランドとして立ち上げた"RESPECTABLE"とのコラボレーションで生まれたものです。

その為、スニーカーであるにもかかわらずグッドイヤーウェルテッド製法にて作り出されるスニーカー。

即ちオールソール交換を繰り返し行う事ができる、さらにはToeの先芯やヒール芯材、中底の全てにおいてリペアする事が可能な設計となっております、言わば一生物のスニーカーなのです。

 

勿論、アッパー(甲)部分だけに留まらず、インナーライニングや中底といった全てのパーツにレザーを使用しておりますので、最早スニーカーの域を超えそうになっているアイテムです(笑) ※超えそうなだけで、スニーカーである事に間違いはありません。※

アウトソールとシューレース以外は全てレザーマテリアルを使用した、最上級グレードのスニーカーであります。

 

 

MSS2-A10-630.jpg

アウトソールに関しては、Model-1同様の"Vibram #9105"を使用。

 

Vibram #9105 は #2021にスリットを入れたようなソールです。

新素材のVibram® Vi-Liteを使用して設計されたこのソール、Vibram® Vi-Liteは、軽さを追求したVibramの新素材で、軽量でありながら耐久性に優れた発泡素材。

スニーカーに最適なアウトソールですね。

 

私自身もModel-1のリリースから、これまでの約8ヵ月間、かなりの頻度でこのスニーカーを履いております。

普通の#2021ですと、これだけの頻度で8ヵ月間履き込みますと目に見えてアウトソールの消耗を感じる頃合です。

しかし、この#9105は#2021程の摩耗を感じません。

この#9105に使用される新素材【Vi-Lite®】の恩恵なのかと思われます。

通常の#2021等のクッションソールに使用されるEVA素材よりも、#9105の素材は硬質なのかと思います。

その硬質が故に耐磨耗性は高いのですが、デメリットとして硬い為ソールの返りが悪いという事になります。

それを解決する為に、屈曲して欲しい部分をめがけて合計7本のスリットを入れ、ソールの返りを良くしております。

このアウトソールは性能的には申し分ありませんが、どうしてもトラディショナルなBootsにはデザイン的に合いません、やはりこのスニーカーに最適なソールであると言えますね。

 

 

 

 

さて、ここまで御覧いただきまして、ご予約いただいたお客様の中にはお気付きになられた方もいらっしゃったかもしれません。

実は、毎日のように履いていたサンプルに不満点が発生した為、急遽量産では改善施しております。

改善点は以下の画像となります。↓

DSC_7055.jpg

1. 履き口のクッション厚を変更

こちらのモデルはModel-1に比べ若干ハイトを高く設定しております、その為Model-1よりも履き口が狭くなる傾向にあり、サンプルに使用したクッション厚ですと装着感が窮屈に感じられました。 これは新品時だけに感じられるものかと思っておりましたが、履き込んで革が柔らかくなっても、その圧迫感が続いた為、量産製品ではクッション材を薄くする事で、履き口の窮屈感を軽減いたしました。

 

2.サイドパターン変更

切替デザインのパターンを変更いたしました。 サンプルでは後方側の切替デザインをステッチのみで行っておりましたが、製品としての立体感の演出にはパーツで切替た方が有意義であるとの結論に達しました為、パーツ点数を増やし実際に切替といたしました。

 

DSC_7057.jpg

3.ヒールカウンターパターン変更

こちらも上記の項目と同様にパーツ点数を増やし切替を増やしております。

デザイン性もさることながら、ヒールの耐久性も向上する事も狙っており、よりグレードの高い仕上がりとなっております。

 

 

と、工場さんへは申し訳無かったのですが、抜き型(金型)を作る直前でパターンの変更をお願いし、柔軟に対応いただきました。

グレーディングは済んでいたのに、受け入れていただけた事、本当に感謝いたしております。

 

 

MSS2-A-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

All Leather Sneakers

Model-2

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

 

製品版のアップグレードもされ

素晴らしい仕上がりとなりました!!

 

これから御納品のお客様

お楽しみに!!!

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS Athletic Wear 新作アイテムの入荷です!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

SANDALMAN カスタムオーダー会 絶賛開催中のMUSHMANSですが、以前より要望の多かった[MUSHMANS Athletic Wear]の新作アイテムが入荷いたしましたので、ちょっと遅い時間になってしまいましたが早急にUPしなければ!!との思いでPCに向かっている次第でございます。

 

本日から店頭に並べておりましたので、既に完売してしまったサイズやカラーもございます。

工場に少量だけ生地があった為に実現した、希少限定モデルですので、是非お早めに!!

 

それでは御覧下さいませ↓↓

 

CRew Bracelet Length1-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

"REVERSE WEAVE SWEAT SHIRTS"

Bracelet Length Sleeve

[MSC-006C]

 

 昨年末にリリースし、その着心地で大変好評いただいておりますライトウェイトSWEAT Shirts。

この軽快な着用感から、季節の中間に着用できるスリーブレングスも作って欲しい!との御要望が多数上がっておりました。

今回、工場さんへ残布のストック状況を確認したところ、少量ではございますが生産が可能との事でしたので、試しに作ってみた少量限定モデル!

 

構成は基本的に踏襲しておりまして、定番的なREVERSE WEAVE/リバースウィーブの作り込み。

縦縮みを軽減させるべくボディーの生地方向が横方向になるようにしております。

さらに、横縮みをも防止するべく脇位置にリブを使用。これによって、動き易さも確保し耐久性にも富むという理にかなったディテールとなっているのです。

物としての使い勝手に着目したディテールでありながら、サイドリブや横方向の生地使いがデザイン性にも繋がっているという全てにおいて完成度の高いモデルでございます。

各パーツをフラットシーマで接合した、ヴィンテージテイスト溢れるディテールをお楽しみいただけます。

 

こちらのアイテム、裏起毛をせずに裏毛仕様で作っている為、かなり長いシーズンでご使用いただけるようになっております。

そうなってきますと、袖丈がフルレングスではない物も欲しくなる。 これは個人的にもよく解ります。

という事で。↓

 

BK-630.jpg

BLACK

 

OLV-630.jpg

OLIVE

 

PP-630.jpg

PURPLE

 

GY-630.jpg

STONE GRAY

 

今回はBracelet Length Sleeveという事で、8分丈に袖丈を設定しております。

粗野な雰囲気で、よりカジュアルにご使用いただきたい為、袖の始末はロック仕上げにいたしました。

 

時計やブレスレットを付ける方や、この時期からA-2やライダース等のレザージャケットのインナーに使用される方には、フルレングスのリブが少々邪魔に感じるシチュエーションがあったりしますよね。

そういった煩わしさを払拭できるのが、Bracelet Length Sleeve(8分袖)な訳でございます。

 

これは本当に、この時季重宝するディテールです!

 

カラー展開は↓

CRew Bracelet Length2-630.jpg

 

Crew Bracelet Length3-630.jpg

なんとか前回リリースしたカラーを全色ご用意できました!

 

 

 

それでは着用感を御覧いただきましょう↓↓

 

DSC_7017.jpg

まずは、こちらBLACKでございます。

Bracelet Length Sleeve(8分袖)になるだけで、肩の力が抜けると言いますか、なんとも軽快な印象になりますね。

御覧の通り、時計やバングルとの干渉も無く、少し肌寒くなるこの季節の着こなしにベストマッチしますね!

画像の人物はサイズ38(M)を着用しておりまして、こちらは未洗いの状態です。

レザージャケットのインナー等に使用されたりと、もう少しタイトに着こなしたいという方は、タンブラー乾燥していただく事でシュリンクフィットするようになっております。

 

 

DSC_7025.jpg

粗挽きな杢感が印象的なSTONE GRAY、最も着心地が優しいのがこのカラーです。

もともとコットン×リヨセルを使用した編み地ですから、着心地がソフトで気持ちの良いSWEATなのですが、その中でもより柔らかくふんわりとしております。

 

既にこの編み地を使用して3シーズン目になりますが、念のためリヨセルについてご説明しておきますね。↓

リヨセルとは

比較的新しい素材であるこのリヨセルは、レーヨンの代替素材として生まれた繊維です。

もともとレーヨンもシルクの代替繊維でありますが、木材パルプを原料に作られるレーヨンは頗る水に弱い性質を持ちます。

この弱点を克服したリヨセルは、レーヨンと同じようにシルクのような手触りと光沢感を持ちます。

原料に関してもポリエステル等のような化学繊維とは異なり、ユーカリの木材を原料に作られる繊維。

水にも強く、吸湿性にも富んだ素材です。吸湿性に富んでいる事でレーヨンやポリエステルのように静電気が発生しないというのも嬉しいポイントです。

また、繊維強度も強く、ウォッシュ→乾燥を繰り返しても強度が落ち難いのも特徴のひとつです。

 

 

DSC_7028.jpg

こちらはOLIVEです。OLIVE DRABと表記しても良いかもしれない、少々ブラウン色が強めなオリーブ色です。

レザージャケットとの相性が良く、ブラックからブラウン系のレザーまで幅広くコーディネートいただける心強い味方です。

Bracelet Length Sleeve(8分袖)の袖末端の始末をロック仕様にしている事で、カットオフ感が出て粗野なコーデをお楽しみいただけるのも嬉しいですね。

 

 

DSC_7022.jpg

最後にPURPLEの着用です。

こちらはサイズ40(L)を着用してみました。

この若干オーバーサイズ感も、Bracelet Length Sleeve(8分袖)だからこそカッコよく仕上がりますね。

あえてこういったサイズをお選びいただくのもよろしいかと思います。

 

 

 

 

 

CRew Bracelet Length1-630.jpg

 

MUSHMANS Athletic Wear

"REVERSE WEAVE SWEAT SHIRTS"

Bracelet Length Sleeve

[MSC-006C]

 

 

少量、限定生産です!

まさに今時季にピッタリのアイテム!!

 

お早めに。

 

 

 

 

 

SANDALMANカスタムオーダー会開催中!!

SANDALMAN(サンダルマン)カスタムオーダー会

開催日程

2019年10月19日(土)〜10月27日(日) 全8日間

※10月23日(水)は定休日の為、日程には組み込まれておりません。※

 

 

こちらも併せてよろしくお願い申し上げます!

 

 

 

 


ADJUSTABLE COSTUME×MUSHMANS 別注 "Strawberry Thief Black Edition" BD Shirtsのリリースです!!

 皆様こんにちは!!MUSHMANS代表の藤田です!!!

 

秋冬新作モデルがガンガン入荷している今日この頃でございます。

なかなかブログの方では掲載できておりませんが、ONLINE SHOPにはしっかり載っておりますので、是非Checkして下さいネ!!

 

さて、本日は待ちに待った別注アイテムをご紹介いたします!

 

BD1-630.jpg

ADJUSTABLE COSTUME×MUSHMANS

BD Shirts

"Strawberry Thief Black Edition" 

 

 

BD9-630.jpg

BD8-630.jpg

 実は前々から計画しておりまして、ご来店いただくお客様へは、こちらの別注モデルの発売を予告しておりましたので、結構ご存知の方も多いかと思います。

Over Allからスタートし、3B JacketShort Baggy Pantsと絶大な人気を誇るコチラのファブリック。

今回は、以前まで発売していたファブリックとは異なり、Shirts用のファブリックを用いて製作する別注モデル。

 

8月31日から9月1日に渡って開催いたしました"ADJUSTABLE COSTUME内見会"時に先行予約受付を実施いたしました、オープンカラーシャツと同様のファブリックを使用しているBD Shirtsでございます!!

 

 

William Morris/ウィリアム モリス

19世紀の英国で多方面で精力的に活動し、またそれぞれの分野において大きな業績を収めた「モダンデザインの父」と評される人物。

このウィリアム・モリスの遺したアートデザインは現代でも多くのファンを魅了し続けております。

そのモリスデザインの中でも最も高度な技術を要し、最も有名なデザインと言っても過言では無い"Strawberry Thief/いちご泥棒"のプリントを施したファブリックを使用するBD Shirts。

 

いちご泥棒のデザインは、園芸家たちの日常の暮らしの中にある小さな悩みからインスピレーションを得ています。モリスはケルムスコット・マナーでいちごを育てようとしましたが、食いしん坊の鳥たちに食べられてしまいます。モリスの手記にも記述されていますが、本当は種類の異なる鳥だったのですが、ツグミに替えてデザインされました。

この色数の多いプリント、現代でも技術を要するプリントですが驚く事に1883年にリリースされたものなのです。

私が生まれる100年も前にこのようなファブリックが生まれていたという、驚愕の事実があるのです。

日本はその頃明治16年、そう考えると中々に感慨深いものがございますね。

 

 

BD7-630.jpg

今回のアイテムに使用されている"Strawberry Thief/いちご泥棒"のカラーは、当時モリス氏がデザインした柄はそのままに、配色を落ち着いたモノトーンに変更した限定ファブリック。

この複雑なデザインがモノトーンで表現され、その存在感も圧倒的なものを感じずにはいられません。

 

 

BD2-630.jpg

Shirtsのディテールとしては、とてもスタンダードなButton Down Shirts(BD Shirts)でございまして、ドレッシーなコーディネートから、ハードボイルドな着こなしまで幅広く対応できる事でしょう。

今回のファブリックは、今までのジャケットやパンツに使用したファブリックとは異なり比較的ライトなものとなっております。

その為、着心地は軽快で、少々残暑の残る今時季に一枚で着用いただくのに調度良いオンスです。

さらには、これから先のシーズンに、レザージャケットのインナーに使用したりと、長いシーズンを網羅できるのも嬉しいポイントでございます。

 

 

BD4-630.jpg

 

BD6-630.jpg

Button Down Shirtsという事で、使用するボタンは全てシェル(貝)ボタン、さらに手縫いつけのみでしか取り付けが出来ない【3ホール】ボタンとなっており、細かい部分への拘りも感じていただけるかと思います。

 

 

BD3-630.jpg

よーく御覧いただかないと解らないかもしれませんが、左胸(向かって右)にはパッチポケットが取り付けられております。

これ、しっかりと柄合わせされている事で、全体をサラッと見ただけですとポケットが付いていないように見えます。

これも高い技術力と手間のかかる仕様です。

特別なファブリックであるからこそ、特別な配慮が必要となるわけで、素晴らしい仕上がりになったと思います。

 

 

 

DSC_6519.jpg

それでは早速着用してみましょう。

まず手始めに、一般的なデニムパンツでのコーディネートです。

すっきりとしたスタンダードなシルエットの5ポケットデニムは、間違い無くマッチするアイテムです。

やはりこのカラーリングですと、それほど派手な印象は受けませんので、総柄のロングスリーブシャツが初めてという方でも、すんなりと受け入れていただける事と思います。

画像の人物はサイズ38(M)を着用しております。

 

コーディネートアイテム

ボトム・・・PIKE BROTHERS 1963 Roamer Pant 11oz Metal

シューズ・・・MUSHMANS Footwear Norwegian Front Shoes Dark Brown

 

 

DSC_6514.jpg

続いては、かなりカジュアルに落としこんでみましょう。

ミリタリー系のアイテムとも、このカラーはマッチしますね。粗野や雰囲気に対して調度品的な風合いを掛け合わせる事で、通り一遍等のカジュアルスタイルとは一線を画すコーディネートが完成します。

 

コーディネートアイテム

ボトム・・・Buzz Rickson's HERRIGBONE U.S.M.C PANTS[BR41594]

ブーツ・・・MUSHMANS Footwear Norwegian Front Service Boots T.moro

 

 

DSC_6523.jpg

続いて、こちら。

大変好評いただきましたMUSHMANS Original トラウザースとのコーディネート何かも良いですね。

少しキレイ目なボトムと、このBDシャツのシルエットもマッチしますし、このStrawberry Thief柄もマッチします。

スッキリとコーディネートしていただきますと纏まりますね。

短すぎない着丈ですので、このようにシャツインしていただいても問題無く着用いただけます。

 

コーディネートアイテム

ボトム・・・MUSHMANS Original Spec "CLASSIC TROUSERS" Cavalry Twill Beige [MSP-001]

ベルト・・・MUSHMANS Original Narrow Belt BLACK

ブーツ・・・MUSHMANS×Rios of Mercedes Devil Spider

 

 

DSC_6528.jpg

そして、レザージャケットのインナーとしてご使用いただくのも最高です。

襟元から覗くStrawberry Thief柄は、レザージャケットの存在感をより強固に表現してくれることでしょう。

ファブリックも調度良いオンスである為、インナーとして着用いただいた際も着心地良いです。

 

コーディネートアイテム

ジャケット・・・MUSHMANS Leather Frivolous

ボトム・・・MUSHMANS Original Spec "CLASSIC TROUSERS" Cavalry Twill Beige [MSP-001]

ベルト・・・MUSHMANS Original Narrow Belt BLACK

ブーツ・・・MUSHMANS×Rios of Mercedes Devil Spider

 

 

 

 

さて、こちらの限定アイテム

限定25着でのリリースです。

 

25着ですが、サイズ34〜42までの設定がございます。

ワンサイズあたりで考えると。。。

そうです、極少量と言って良いでしょう。

 

是非、この機会に!!!

 

 

BD1-630.jpg

 

ADJUSTABLE COSTUME×MUSHMANS

BD Shirts

"Strawberry Thief Black Edition" 

 

 

 


記念すべき日に、素晴らしいアイテムが入荷いたしました!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

本日9月5日をもちまして MUSHMANSは10周年を迎えました。

後ほど、この10周年に対する皆様への感謝や心境を改めて掲載させていただこうと思っております。

 

この記念すべき日に、とうとう入荷いたしましたアイテム。

企画立案、発注から一年以上を経過して、ようやく本日入荷となりました。

まさか創立記念にあたる本日に入荷する事になろうとは思っておりませんでしたが、大変喜ばしく一点一点を検品しておりました。

 

さあ、こちらのアイテム!

本日より販売を開始いたします!!

 

 

DSC_5735-630.jpg

Rios of Mercedes×MUSHMANS

Roper Boots

Devil Spider-2

 

SM・OST(スムースオーストリッチ)レザーのパッチワークをヴァンプに採用し、好評を得たDevil Spiderシリーズの第二弾!

ファーストモデルではBlackのオーストリッチに、Redステッチでのパッチワークという事で、極めて攻撃的な作品に仕上がりましたが、今回のモデルは構成は同様でながらも、落ち着いた優しい印象を醸す作品となっております。

攻撃的な構成ながらも、どこか落ち着いた印象に上手く纏まったスペシャルモデル。

その全容を解説いたします!

 

DSC_5736-630.jpg

 

DSC_5738-630.jpg

 

 

まずはこちらのモデルに使用するマテリアルのご説明と、その意図に関して。↓

DSC_5739-630.jpg

ヴァンプ

Dark Navy色のSM・OST(スムースオーストリッチ)を、ワントーン薄色のブルー色ステッチでパッチワーク(継ぎ接ぎ)したマテリアルを使用しております。

前作のDevil Spiderに比べて、パッチワークステッチが目立たないものの、その存在感はしっかりと維持されたバランスの良い仕上がりとなりました。

 

続いてヴァンプに使用しているSM・OST(スムース・オーストリッチ)についてご説明いたします。

名称の【SM=スムース】【OST=オーストリッチ】という事です。

オーストリッチレザーと聞きますと、最初に連想するのが『ボツボツの柄』だと思います。

オーストリッチ=駝鳥は羽毛を抜いた部位の丸い突起"クイルマーク"と呼ばれる部分が『ボツボツの柄』であり、これが印象深いものであります。

今回のモデルに使用しているのは、このクイルマークの部分を極力使用しないように裁断したオーストリッチ革をパッチワークで縫合しているマテリアル。

ですのでスムース(滑らか)オーストリッチという事になります。

 

オーストリッチレザーは、高級財布や高級ハンドバッグのイメージが強く、ブーツに使用した場合に耐久性は担保できるのか?

という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。 どうぞご安心くださいませ。 オーストリッチレザーは軽く柔らかい特性を持っているものの、その繊維構造は密で同等の厚みの牛革や馬革とその強度を比較すると十数倍の強度を持っております。

濡れたタオルを絞るようなテンションをオーストリッチレザーにかけたとしても、全く問題の無いレベルの強度を持っております。

 

軽量且つ柔軟、しかも強い。

ワークブーツであるローパーブーツに使用するには最適な革であるとも言えるでしょう。

 

DSC_5740-630.jpg

上記画像をよくよく御覧いただきますと、ワンパネル毎にレザーの表情が異なっているのが見て取れます。

一枚のレザーにステッチを入れているだけと思われている方も多いのですが、それですとパッチワークと名乗る事はできません。

一枚一枚を裁断し、且つそれを繋ぎ合わせる事がパッチワーク。

ワンパネル毎にレザーの表情が異なるのは、そういった途方も無く手間のかかる手法で構成されているからに他なりません。

確かにサラッと画像だけ見ていただくと、その継ぎ接ぎ感を感じられないかもしれません。

この豊かな表情は、新品時よりも履き込んだ先に、さらに現れてくるものでもございます。

所有者だけに見せる表情。

これがSM・OST(スムース オーストリッチ)でありパッチワークレザーの醍醐味と言えるでしょう。

 

 

DSC_5742-630.jpg

 

DSC_5743-630.jpg

シャフト

今回のDevil Spider-2のシャフトには、柔らかい印象を与えるべくラフアウトレザーを用いました。

そのマテリアルはステアハイドを使用し、しなやか且つ長年の使用にも耐えられる堅牢さを付加しております。

Luscious White(ラシャス ホワイト)と呼ばれるステアハイドは、その名の通り甘美で官能的な絶妙な白さを持ち合わせており、新品状態から白過ぎず、だからと言ってベージュに寄り過ぎない絶妙な発色をお楽しみいただけます。

どちらかと言えば、ライトグレーといった発色に近いのかもしれません。

汚れを気にする事無く、ガンガン使えるのもこのレザーの魅力とも言えるでしょう。

また、そのラフアウト(革の裏側)面の毛足の長さも絶妙で、自然素材ならではの躍動感をお楽しみいただける事でしょう。

 

このマテリアルに対してSpiderステッチを施しました。

ステッチカラーはヴァンプのカラーに合わせて、ダークネイビー色を用いております。

ラフアウト面の柔らかな印象と、エッジの効いたデザインのコラボレートがバランス良く仕上がりました。

 

ボトムにデニムパンツを愛用される方は、インディゴ色の色移りが想定されます。

その色移りをもデザインのひとつとして計算しております。

白色レザーと濃紺ステッチの配色、さらに履きジワの凸部にインディゴ色が移る事で、より美しいコントラストを生む事となるでしょう。

 

DSC_5737-630.jpg

シングルミッドソールはナチュラルクリア仕上げ。

 

DSC_5744-630.jpg

履き心地が極めて良いクッションソールにはオフホワイト色を採用。

アウトソールにはブラック色のソールセーバーを貼り付けております。

Toe形状はRoperを採用し、結局この仕様が日常履き込むにマストであると判断。

 

 

DSC_5780.jpg

さて、実際のところの着用感を御覧いただきましょう。

Roperモデルは様々なコーディネートに対応してくれ、さらに最高の履き心地を実現いたします。

まずはワイドシルエットなデニムファブリックのボトムでコーディネート。

広幅にロールアップしていただき、少し短めなレングス設定にしていただくと、座ったり脚を組んだりした時にシャフトがチラッと見えて尚良し。

落ち着いた印象の中にも、Rios of Mercedesらしさが垣間見られて印象深いものとなります。

 

コーディネートアイテム

PIKE BROTHERS 1937 Roamer Shirt Dugway Blue---シャツ

WEAR MASTERS Painter Pants[Lot.181] Indigo---ボトム

 

 

DSC_5789.jpg

さらに、レザージャケットとのコーディネートもお楽しみいただけます。

重厚なレザージャケットに重厚なブーツという組み合わせは王道のコーデですが、このRiosを使用すると、その通り一遍等なコーデから一味も二味も印象を変える事が可能となるのです。

こういった味わい深いコーディネートもお楽しみ下さいませ。

 

コーディネートアイテム

Trujillo's×MUSHMANS Rio Grande Leather Jacket・・・ジャケット

PIKE BROTHERS 1963 Saw Tooth Shirt Mojave Blue・・・シャツ

MUSHMANS Original Spec "CLASSIC TROUSERS" Cavalry Twill Beige [MSP-001]・・・ボトム

 

 

 

※ストックに関しまして※

オンラインショップにて表記されているサイズが全てとなっておりまして

御納品に関しましては、即納が可能です。

但し、完売のサイズは再生産の予定はございません、予めご了承下さいませ。

 

※サイズに関しまして※

リオスは通常のサイズ感よりも小さいサイズ感になっております。
・リオス 5.5 D → 通常 4.5〜 5(22.5cm〜23.0cm) の方にマッチします。

・リオス 7 D → 通常 6〜 6.5(24.0cm〜24.5cm)の方にマッチします。

・リオス 7.5 D → 通常 6.5〜 7(24.5〜25.0cm)の方にマッチします。

・リオス 8 D → 通常 7〜 7.5 (25.0cm〜25.5cm)の方にマッチします。

・リオス 8.5 D → 通常 7.5〜 8(25.5cm〜26.0cm) の方にマッチします。

・リオス 9 D → 通常 8〜 8.5(26.0cm〜26.5cm)の方にマッチします。

・リオス 9.5 D → 通常 8.5〜 9(26.5cm〜27.0cm)の方にマッチします。

・リオス 10 D → 通常 9〜 9.5(27.0cm〜27.5cm) の方にマッチします。

・リオス 10.5 D → 通常 9.5〜 10(27.5cm〜28.0cm) の方にマッチします。

・リオス 11 D → 通常 10〜 10.5(28cm〜28.5cm) の方にマッチします。

サイズに関しまして、ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

 

本日より販売を開始いたします!!

再生産の予定はございませんので、この機会をお見逃し無く!!

 

 

DSC_5773.jpg

 

DSC_5735-630.jpg

Rios of Mercedes×MUSHMANS

Roper Boots

Devil Spider-2

 

 

 

 


イベントへのご来場、有難うございました!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

先週末より開催いたしました"ADJUSTABLE COSTUME 2020SS Exhibition"大変盛況のうちに無事終了いたしました!

いや〜、楽しい二日間でした。

 

御来店いただいた皆様が楽しそうに思案されている姿。

これこそが我々スタッフとADJUSTABLE COSTUME小高氏の狙っていたポイント。

コレクションの内見会と併催して、オーダージャケットの受注会を実施する意味がここにありました。

内見会というのはメーカーが新たに企画したサンプルを並べて、先行予約していただく機会な訳であり、全てのコレクションから取捨選択できるというこれも有意義な機会。

これを一歩踏み込んだ所にあるのがカスタムオーダーという事になりまして、ベースとなる製品サンプルはあるのだけれども、生地や付属を自分好みに選ぶという事は、ゴールイメージを脳内で想像していただく事が必要となる訳です。

視覚的にゴールが見えている安心感というのは無く、深く思案していただきゴールイメージをお客様ご自身の脳内で構築していただく必要がある。

これは、メーカーさんや私共がいつもやっている事なのですが、それが本当に辛いが面白い。

何故か?と申しますと、イメージ通りに完成する事というのは普通なのですが、想像以上に素晴らしい仕上がりになる事や新しい発見に繋がる事も多い。

そういう事が起きると「俺、最高じゃん!」って、それだけで何日かモチベーションが保たれてしまったりするんですよね。

 

こういった楽しさを皆様にも感じて欲しい。

その一心で小高氏と進めている企画がコレなのです。

ただ闇雲にどんな生地でも使えるようにするのではなく「俺、最高じゃん!」という結果が生まれ易い生地や付属を予めご用意しているのも実はポイントです。(これ、かなり大変なんです(笑) 実は地道な下準備のもと、この企画が成立しているのです。)

 

我々はプロフェッショナルとして、オーダーされるお客様の限りなく全員が「俺(私)、最高じゃん!」と感じていただけるように仕組む責任があると思っております。

丸投げで、お客様の責任のもとで受注を受付けるのではなく、その先にあるコーディネートを見据えて、満足いただくという事に責任を背負って提案させていただいております。

 

それであっても、今回のように総柄を使用したサマージャケット等は大いに不安を感じられた事でしょう。

そんな中、予想を上回る数のお客様にオーダーをいただきました。

これというのは、私共や小高氏とお客様方との信頼関係があっての事なのだと思っております。

これから先、オーダーいただいた製品の生産準備に入って行きますが、我々といたしましても身が引き締まる思いでございます。

 

オーダーいただきました皆様、期待していて下さいね。

きっと皆様が想像していた以上の、素晴らしい仕上がりになりますから。

 

そして、本当に有難うございます。

 

 

ここからは、当日の様子を少しだけ↓

 

2.jpg

 

3.jpg

いや〜、今までにご購入いただいたMorris ファブリックアイテムを着て

来店いただく方が多かった。

嬉しい限りです。

ちょっとガラガラしていましたけどね(笑)

 

8.jpg

生地を選ぶお父さんに付き合いきれなくて、お絵描き。

 

5.jpg

皆様真剣に思案いただきました。

 

1.jpg

前回の受注会でオーダーいただいたスーツも仕上がりました!

これで卒業式に出る大学生!

 

9.jpg

 

10.jpg

 

11.jpg

ジャケット初挑戦でモリス柄!

シルエットも慎重に確認します。

 

6.jpg

我慢しきれず試着!!

ヴィンテージ WAIN SHIELLのシルクシャンタンを使用したスーツ。

3Pでお値段なんと714,000円也!!

カッコイイ、本当に欲しいと思いました。

確かにこのファブリックを使用して、このプライスなら良心的。

でも、ね。

シルクのスーツを着る男になるには、、、まだまだ長い道のりが。。。

頑張らないとね、俺。

 

7.jpg

最高の笑顔、最高の悩み顔に出会えた二日感。

 

御来店いただきました皆様。

ありがとうございました!!!!!

 

 

 

そして↓

2-630.jpg

ADJUTABLE COSTUME×MUSHMANS

William Morris

Open Collar Shirts
MUSHMANS Limited
Strawberry Thief
Black Edition

MUSHMANS限定カラーとしてリリースいたしますオープンカラーシャツ。

落ち着いた発色に複雑な図柄で大変好評いただいております!!

こちらのモデルに関しては、来シーズンの春夏モデルという事で2020年4月頃の御納品予定のアイテム。

まずはMUSHMANS店頭のみでご予約受付を実施しまして、10月1日からオンラインショップでもご予約の受付をスタートいたします。

 

 

1-630.jpg

 

3-630.jpg

 

4-630.jpg

 

5-630.jpg

 

6-630.jpg

 

 

 

 

DSC_5700.jpg

こちらも併せて、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

ADJUSTABLE COSTUME

2020 Spring-Summer Exhibition

&

Order Jacket+Order Suits

in MUSHMANS

 

 

当イベントにご来場いただきましたお客様方

全面的にバックアップいただきました小高さん

楽しい二日間をありがとうございました!!

 

Fin

 

 

 

 


NEW ERA×MUSHMANS 別注CAPが再入荷いたしました!今シーズン最終入荷です!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

大変ご好評いただきまして、欠品カラーが相次いでおりましたコチラのアイテム↓↓

 

NEW ERA×MUSHMANS

9FIFTY SNAPBACK

Diamond Era 9FIFTY SNAPBACK

9FORTY TRUCKER CAP

"MUSHMANS MC Logo"

 

 

BK-a-630.jpg

NEW ERA×MUSHMANS

9FIFTY SNAPBACK "MUSHMANS MC Logo"

全7カラー

 

 

BK-b-630.jpg

NEW ERA×MUSHMANS

Diamond Era 9FIFTY SNAPBACK

"MUSHMANS MC Logo"

全4カラー

 

 

BK-C-630.jpg

NEW ERA×MUSHMANS

9FORTY TRUCKER CAP SNAPBACK

"MUSHMANS MC Logo"

 

 

お待たせいたしました!

こちらのアイテムが各色再入荷いたしました!!

 

今なら全色ございます。

 

このアイテムに関する詳細は→コチラをClick

 

 

 

かなり早い段階で"SOLD OUT"となったカラーが多かったので

買い逃されてしまったお客様も多かったです。

今回少量ながら増産いたしましたので、是非この機会に!!

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに再入荷と言えば↓

 

bw1-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1936 CHOPPER PANT

Black Wabash

 

 

こちらも相当なストックでございましたが、既に32インチが1本のみとなりました。

 

このアイテムに関する詳細は→コチラをClick!

 

メーカーストックを確認したところ、それほど多くはありませんがフォローできるという状況。

直ちに発注いたしましたので、既に昨日発送されております。

通関の関係で変動しますが、来週中にはMUSHMANSに届くかな?

 

ご予約の受付も可能ですので、是非この機会に!

入荷数量は決まっておりますので、お早めに!!

 

 

DSC_5392.jpg

 

 

 

 


待望の新型リリース!! MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE "All Leather Sneakers-Model 2" の詳細をお知らせします!

 皆様こんにちは!!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

本年の年始より販売をスタートさせましたMUSHMANS Footwear×RESPECTABLE "All Leather Sneakers"でございますが、大変嬉しい事に多くの皆様へ浸透してきた感がございます。

中にはオールカラーコンプリートしていただけている御客様もいらっしゃいまして、そのディテールやデザインのみならず、履き心地の良さに関しても高い評価をいただけているのが嬉しいです。

 

そして、この度"All Leather Sneakers"の新型モデルを発表させていただく事となりまして、本日はその詳細をPRさせていただきます。

 

MSS2-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

All Leather Sneakers

Model-2

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

定評のある、スニーカーLast(木型)はそのままに、新たなパターンを作成し作りこまれる"All Leather Sneakers"の第二弾。

グッドイヤーウェルテッド製法とオールレザーに最適なデザインは? それを模索した二つ目のデザインがこちらです。

レザースニーカーの往年の定番的デザインと、その存在感はウェルト形状とも相性が良く、スニーカーとしての軽快感を持ちながらも、所有者の満足度を引き上げる重厚さをも持ち合わせました。

これからは、こちらのモデルとの二本立てでレザースニーカーを展開して行こうと画策しております。

 

 

MSS2-2-630.jpg

新型モデルの初陣という事で、まずは定番のホワイトを採用いたしました。

このマテリアルはModel-1でも採用いたしましたBADALASSI Carlo s.r.l(バダラッシ カルロ社)のミネルバリスシオ"Bianco/ビアンコ"を使用しております。

BADALASSI社では珍しいホワイトのレザーは、MUSHMANS LeatherのLeather Giletで大変好評いただいたカラーと同様です。

後ほどご説明をいたしますが、このホワイトカラーのレザーマテリアルの経年変化は大変味わい深いものでございまして、ホワイトカラーと言えどもBADALASSIらしい素晴らしい経年変化をお楽しみいただけます。

 

 

MSS2-4-630.jpg

 

MSS2-3-630.jpg

基本的な装着感やサイズ感はModel-1と同様になるよう作られておりますが、若干ディテールが変わりますので その分の違いを感じていただく事は出来るかと思います。

もともとバスケットシューズとして認知されたモデルのLowカットヴァージョンをベースとして作られている為、くるぶし周りのホールド感とクッション感を高いものにしております。

その為Model-1よりも若干ハイトが高くなっており、また違った装着感をお楽しみいただけます。

 

 

MSS2-5-630.jpg

 

このModel-2で使用しているLast(木型)は、Model-1で使用しているスニーカー専用Lastと同様の物を使用しております。

という事ですので、基本的なサイズ感はModel-1と変わりません。既にModel-1をお持ちのお客様はコチラのモデルも同様のサイズをお選びいただけます。

 

ワイズの設定としては"D〜E"といった感じで、DワイズとEワイズの丁度中間といった雰囲気となっております。

 

サイズの選び方としては、いつもMUSHMANS Footwearの製品をご利用いただいている方はハーフサイズ上を選ぶ傾向にあります。スニーカーですので、若干余裕のあるサイズで履いていただき 羽根がある程度ビシッと閉まるようにして着用いただくのが良い雰囲気なのかと思います。

私も普段MUSHMANS FootwearのアイテムはUS8.5(26.5cm)を履いておりますが、こちらに関してはUS9(27.0cm)をガッチリ閉めて履いております。

これは好みもございますので一概には何とも言えませんが、サイズ選びの参考にされて下さい。

※あくまでMUSHMANS Footwearのサイズ感と比較した場合の事です。基本的に広く知られているRED WING等サイズ感とは同等とお考えいただいて良いかと思います。※

 

 

MSS2-8-630.jpg

 

MSS2-9-630.jpg

 

MSS2-7-630.jpg

 

スニーカーと言えども、このスニーカーはMUSHMANS Footwearの生産を一貫してお願いしている工場さんの自社ファクトリーブランドとして立ち上げた"RESPECTABLE"とのコラボレーションで生まれたものです。

その為、スニーカーであるにもかかわらずグッドイヤーウェルテッド製法にて作り出されるスニーカー。

即ちオールソール交換を繰り返し行う事ができる、さらにはToeの先芯やヒール芯材、中底の全てにおいてリペアする事が可能な設計となっております、言わば一生物のスニーカーなのです。

 

勿論、アッパー(甲)部分だけに留まらず、インナーライニングや中底といった全てのパーツにレザーを使用しておりますので、最早スニーカーの域を超えそうになっているアイテムです(笑) ※超えそうなだけで、スニーカーである事に間違いはありません。※

アウトソールとシューレース以外は全てレザーマテリアルを使用した、最上級グレードのスニーカーであります。

 

 

MSS2-10-630.jpg

アウトソールに関しては、Model-1同様の"Vibram #9105"を使用。

 

Vibram #9105 は #2021にスリットを入れたようなソールです。

新素材のVibram® Vi-Liteを使用して設計されたこのソール、Vibram® Vi-Liteは、軽さを追求したVibramの新素材で、軽量でありながら耐久性に優れた発泡素材。

スニーカーに最適なアウトソールですね。

 

私自身もModel-1のリリースから、これまでの約8ヵ月間、かなりの頻度でこのスニーカーを履いております。

普通の#2021ですと、これだけの頻度で8ヵ月間履き込みますと目に見えてアウトソールの消耗を感じる頃合です。

しかし、この#9105は#2021程の摩耗を感じません。

この#9105に使用される新素材【Vi-Lite®】の恩恵なのかと思われます。

通常の#2021等のクッションソールに使用されるEVA素材よりも、#9105の素材は硬質なのかと思います。

その硬質が故に耐磨耗性は高いのですが、デメリットとして硬い為ソールの返りが悪いという事になります。

それを解決する為に、屈曲して欲しい部分をめがけて合計7本のスリットを入れ、ソールの返りを良くしております。

このアウトソールは性能的には申し分ありませんが、どうしてもトラディショナルなBootsにはデザイン的に合いません、やはりこのスニーカーに最適なソールであると言えますね。

 

 

コーディネートを御覧いただきましょう。

まずは定番のデニムスタイルです、Bootsと同様の製法にて作り出されるハイブリットなスニーカーとは言えども、デザインとディテールは定番的なものとなっておりますので、コーディネートもすんなりと収まり良くキマリます。

Model-1よりも若干スポーティな雰囲気を持っておりますので、アクティブな印象のコーディネートが完成します。

今回のコーディネート画像では、細めシルエットのデニムを合わせておりますが、かなり太めなシルエットのワークパンツを合わせていただいても、このスニーカーはボリュームがございますのでシルエット負けする事はありません。

シンプルな無地T-shirtsも相性良しです!

 

 

短パンとの相性も抜群です。

画像ではSweat Shortsでコーデしております。

一年間を通して活躍する事間違いナシのスニーカーです!!

 

 

 

 

さて、このスニーカーに使用されているマテリアル"BADALASSI Carlo s.r.l  BIANCO"の経年変化に関して御覧いただきましょう↓

 

DSC_5354.jpg

言わずもがなですが、画像左が本日御紹介している新作Model-2、画像右が従来のModel-1です。

新作Model-2は一ヶ月程履き込んでおりますので若干経年変化が始まった頃合ですが、右のModel-1は8ヵ月程が経過しております。

双方ともに同じマテリアル【BADALASSI Carlo s.r.l  BIANCO/ビアンコ】を使用しており、その経年変化の進行具合が手に取るように解ります。

 

DSC_5357.jpg

 

DSC_5356.jpg

新品時は純白に近い白色からスタートし、一ヶ月程度でオフホワイト系の発色に変化します。

その後6ヵ月程度でアイボリー色に変色し、それ以降は変色の進行が若干遅くなる傾向にございます。

画像を御覧いただきますと、Model-1のToe部分に若干の傷がついているものの、汚れという汚れは付着しておりません。

かなりアイボリー色になってきているのは、汚れではなく植物(ベジタブル)タンニンによる渋が影響してこういった変色となっているのです。

クローム鞣し、顔料吹き付けでの発色される合皮のようなホワイト色とは一線を画し、天然皮革である事を実感いただける経年変化を実現しております。

 

新品時は確かに汚れる事に気を遣う色かもしれませんが、数ヵ月が経過しますとそういった事が気にならなくなるのが、このマテリアルの嬉しいポイントです。

 

DSC_5361.jpg

マテリアルの経年変化とは別の話しになりますが、後方からの画像を御覧いただきますとソールの消耗具合を見ていただけます。

この手のクッションソールを8ヶ月間ガッツリ履き込みますと、私の場合ヒール外側が大きく消耗し始めます。

画像左が8ヵ月経過時点での消耗具合ですが、通常のクッションソールと比べて消耗スピードが半分程度と感じます。

これなら気兼ねなく使えます。とはいえこのスニーカーはオールソール交換が可能なスニーカーですから、もともと気兼ねなく使えるんですけどね(笑)

 

そうそう、シューズのハイトもこの画像で比較していただけます。

Model-1と比べると、Model-2は1インチ弱ハイトが高くなってますね。

さらに履き口にクッション材が多く仕込んでありますので、ホールド感と履き易さもかなり良好です。

 

 

 

MSS2-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

All Leather Sneakers

Model-2

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

 

プライスもModel-1と同様のプライスとなっております。

是非、素晴らしい履き心地と重厚なディテールをお楽しみ下さい。

 

 

さらに↓

Bianco-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

同様のマテリアルを使用する関係で、こちらのModel-1も再生産が可能です。

前回の生産時に買い逃した!という方、これが最後のチャンスかもしれません?

是非この機会にご予約下さいませ!

 

 

 

 

本日よりご予約の受付を開始いたします!

 

新作Model-2 Bianco、従来型Model-1 Bianco 共にご予約受付期間は2019年8月31日(土)20:00までとさせていただきます。
レザーマテリアル調達の関係で、ある程度生産足数が限られております。

状況によっては早期にご予約受付を終了する場合もありますので、予めご了承下さいませ。

今回のアイテムは10月末〜11月中旬の御納品となる予定です。

 

※以下、必ずお読みいただいたうえで御注文をお願いいたします※

MUSHMANSオンラインショップを新規でご利用いただくお客様で御予約いただく場合は、クレジットカード決済をいただくか銀行振込にて全額決済後に正式に御注文受付となります。

いつも御利用いただいているお客様に関しましては、特に御予約時の決済は必要ございませんが、ご都合にお任せさせていただきます。

店頭での御予約受付時も同様に、新規のお客様は全額のお支払いをいただいてから正式に御注文受付とさせていただいております。

いつも御利用いただいているお客様は、その限りではございません。

予めご了承下さいませ。

また、オンラインショップでの御予約、店頭での御予約共にキャンセルに関してはいかなる理由でもお受け致しかねますので、御理解のうえご注文いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 


NEW ERA×MUSHMANS 2019別注モデル新作が仕上がりました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

ここ最近、期限が迫る仕事に追われ頭がボーっとしてきそうな日々が続いております(笑)

 

そうそう、明日から皆様お盆休みに入られる事と存じますが、そのお盆期間中の営業に関してお知らせです!↓

 

お盆期間中の営業に関して

 

2019年8月10日()〜8月18日()

 

この期間中に関しては、お休みする事無く営業いたします。

※14日は定休日にあたる水曜日ですが、この日も営業します!※

振り替え休日等もございませんので、ご安心下さいませ。

 

 

今週の定休日は展示会の為、都内をバイクで廻っておりましたが、このクソ暑い中をバイクでぶっ飛ばすのはやはり気持ち良いですね!

そんな中、誤って首都高で山手トンネルに突入してしまいましたが、あのトンネルの中の殺人的な暑さはMojave砂漠の思い出を甦らせてくれました。この時季バイクで山手トンネルは危険です(笑) 特に道路交通法を遵守される方々は渋滞でも車列に並ばれると思いますので、そうなりますと確実にマシンも身体もお釈迦になります。

法令遵守を重んじる方ほど、立ち入るべからず! 気を付けて下さいネ!!

 

 

さて、本日は再販の要望を多数いただいておりましたアイテムが入荷して参りましたので、お知らせさせていただきます!

 

NEW ERA×MUSHMANS

9FIFTY SNAPBACK

Diamond Era 9FIFTY SNAPBACK

9FORTY TRUCKER CAP

"MUSHMANS MC Logo"

 

昨シーズン、個人的に欲しいという理由から、比較的軽いノリで作り始めたこちらのシリーズ。

発売当初は「何でMUSHMANSでNEW ERAなんだよ!?」ってお声も多かったのですが、皆様嫌いじゃないようで(笑)

気が付けば完全に愛用されている方が多くなっており、さらには相当なストックがあったものの、ほぼ99%が完売という事になっておりました。

 

そして、時季も時季になってきまして「あの時のNEW ERAは何処にあるの?」とのお問い合わせを多数いただくようになりまして、実はあんなにあったのに完売したんです・・。とのお話が多くなって参りました。

昨年は11月頃のリリースでしたので、若干季節を外しての発売でしたので、ならば最高のシーズンにリリースしよう!という事になり急遽製作に入った次第でございます。

 

今回のモデルは、昨シーズンとは異なるアプローチとしながらも、小変更に留め、新たな型と新たな素材をご用意いたしました。

これで、この夏を乗り切っていただく事が出来るでしょう。

 

NEW ERA(ニューエラ)とは

1920年代に米国で創業したNEW ERA、その歴史100年に及ぼうとしている老舗のカジュアル帽子ブランド。

1930年代にプロ用ベースボールキャップの生産が開始され「品質第一、量は後からついてくる。」という企業理念をもって競合ひしめく領域に足を踏み入れる。

それから10年の時が経ち、NEW ERAの顧客には多くのメジャー・マイナーリーグのチームが付いていた。

しかしそれはベースになる無地の帽子を生産しスポーツ用品ブランドに卸すという状態、下請けの生産時代であった。

1950年代に入るとNEW ERAはメジャースポーツや製品供給する唯一の帽子メーカーとなる。

 

54年にはNEW ERAのフィッテド・キャップが創業者の息子であるハロルドによって、改良、変更を加えられ、59FIFTY®と名付けられた。59FIFTY®はブルックリン・スタイルとも呼ばれた。

 

ハロルドはNEW ERAのトップでいた間に多くの進化・革新をもたらした。

帽子メーカーとして輝かしい功績を築くNEW ERAは、数々の歴史的瞬間にも立ち会ったのだ。

例えば1969年のアポロ11号プロジェクトの際の帰還クルーの回収チームだったUSSホーネットの乗組員用キャップを提供、以降のアポロプロジェクトでも継続して提供した。

1974年、この時点でメジャーリーグ・ベースボール24チーム中の20チームがニューエラと契約していた。地方から全国規模まで、様々なスポーツで毎年順調に事業拡大し続けてた。

 

今日でもNEW ERAのCAPはメジャーリーグを筆頭に、スポーツシーンに留まらず、ファッションアイテムとしても変わらず世界中で愛されている。着用感とその堅牢さは他の追従を許さない品質であると言えるだろう。

 

 

 

まずは定番のコチラから御紹介いたします↓

 

BK-a-630.jpg

NEW ERA×MUSHMANS

9FIFTY SNAPBACK "MUSHMANS MC Logo"

全7カラー

 

 

DSC_5287.jpg

 

 

NEW ERAを代表するモデル59FIFTY®と同形状ながら、後方にスナップが付くことでアジャスタブルサイズとなっているのがこちらの【9FIFTY】です。

59FIFTY®はアジャスタブルでは無い為、着用シチュエーションによってサイズ感を変える事ができませんでしたが、このモデルはアジャストして着用していただけます。

帽体はしっかりとしていて、バイザーもヘヴィーに仕上がっている為、ちょっとした事では型崩れしないのが嬉しいところです。

 

上記BLACK(Gold Logo)の他に、6色のカラーラインアップをご用意いたしました。

 

 

 

BK-BL-BL-a-630.jpg

BLACK/ROYAL(Blue Logo)

 

DSC_5289.jpg

BLACK/ROYAL(Blue Logo)着用

 

 

 

BK-RD-RD-a-630.jpg

BLACK/SCARLET(Red Logo)

 

DSC_5286.jpg

BLACK/SCARLET(Red Logo)着用

 

 

 

GY-NV-NV-a-630.jpg

CHARCOAL/NAVY(Navy Logo)

 

DSC_5284.jpg

CHARCOAL/NAVY(Navy Logo)着用

 

 

 

Camo-a-630.jpg

Camo(Beige Logo)

 

DSC_5285.jpg

Camo(Beige Logo)着用

 

 

 

CHA-a-630.jpg

CHARCOAL(Silver Logo)

 

DSC_5291.jpg

CHARCOAL(Silver Logo)着用

 

 

 

GY-a-630.jpg

GRAY(Silver Logo)

 

DSC_5288.jpg

GRAY(Silver Logo)着用

 

上記7カラーとなっております。 今シーズンはTwo Toneカラーが設定されたりと、さらにコーディネートの幅が広がる構成となっております!!

 

 

 

 

 

続いてはコチラのモデル↓

RD-b-630.jpg

NEW ERA×MUSHMANS

Diamond Era 9FIFTY SNAPBACK

"MUSHMANS MC Logo"

全4カラー

 

DSC_5278.jpg

SCARLET(White Logo)

 

 

D-era scar.jpg

先に御紹介いたしました9FIFTYと同型ながら、その素材にハイテク素材を用いたのがこちらのモデル。

吸湿発散、速乾性、UVプロテクト、高強度の機能性ファブリック【NE TECH】を使用したDIAMOND ERAシリーズです。

独特のダイアモンド構造となっているファブリックは、着用感も軽快な為 スポーツのシーンや今時季のような夏季シーズンにもご活用いただけるアイテム。

私もゴルフ等にはこのDIAMOND ERAシリーズを使っておりますが、一日中快適に過ごせる素晴らしい素材です。

こちらのモデルは全4カラーのラインアップとなります!

 

 

 

BK-b-630.jpg

BLACK(Gold Logo)

 

DSC_5290.jpg

BLACK(Gold Logo)着用

 

 

 

 

 

LGY-b-630.jpg

GRAY(Orange Logo)

 

DSC_5280.jpg

GRAY(Orange Logo)着用

 

 

 

 

NV-b-630.jpg

NAVY(Silver Logo)

 

DSC_5279.jpg

NAVY(Silver Logo)着用

 

 

上記全4カラーとなります。

MUSHMANSでは今シーズンから採用したニューマテリアルです!

この快適さを是非体感してみて下さいね!

 

 

 

 

そして、最後はコチラ↓

NV-c-630.jpg

NEW ERA×MUSHMANS

9FORTY TRUCKER CAP SNAPBACK

"MUSHMANS MC Logo"

 

DSC_5283.jpg

NAVY(Yellow Logo)着用

 

こちらの9FORTYもNEW ERAの定番的モデルと言える品番です。

フロントパネルを一枚として、センター上部でツマミを入れる事で独特のシルエットを生んでおります。

バイザーも先に御紹介した9FIFTYと異なり、ラウンド形状となっており、シチュエーションによって使い分けて使っていただけます。

9FIFTYよりも若干シャープな印象になるのが特徴です。

こちらはメッシュタイプとなっております。

 

 

 

BK-C-630.jpg

BLACK(Gold Logo)

 

DSC_5281.jpg

BLACK(Gold Logo)着用

 

 

 

LGY-c-630.jpg

GRAY(Silver Logo)

 

DSC_5282.jpg

GRAY(Silver Logo)着用

 

 

という事で、今シーズンのNEW ERA×MUSHMANS別注モデルの全貌を御覧いただきました。

昨年からヘヴィーに使うようになりましたが、やはりこういったCAPの類ではNEW ERAがアタマひとつ抜きに出ている感があります。

被った際の安心感と、少々手荒に扱っても型が崩れないのが特に嬉しいです。

バイクに乗る際は必ずと言っていい程、このCAPの何れかのカラーを持って行きますしね。

 

選択肢も増えました!

是非この機会に!!!

 

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/27PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode