COLIMBOの春アイテムを御紹介!

 皆様こんにちは楽しい MUSHMANS代表の藤田ですグッド

 

GWも最終日となりまして、ちょっと寂しい感もございますね。

期間中開催しておりましたGW Special Eventも最終日となっておりまして、圧巻のラインアップもこれにて終了。

明日からは平常営業に戻ります。

 

2018 GW Special Event

本日最終日ですびっくり

想い残す事の無きよう、是非ご来店下さいませ男

 

 さて、本日御紹介させていただきますのはCOLIMBOからの春アイテム。

他社ブランドよりも入荷時季が遅いにも関わらず、あっという間にSOLD OUTとなるのは、それだけ根強いファンが多いという事に他なりません。

今シーズンも"COLIMBOらしさ"全開のアイテムが入荷してきておりますので、是非ご覧くださいませ↓

 

先ずはこちらから始めましょう見る

DSC_2820.jpg

COLIMBO/コリンボ

CHANCE VOUGHT LONG ISLAND

[ZT-0217]

 

DSC_2821.jpg

COLIMBOオリジナルの14oz DENIMファブリックを用い、N-1 デッキパンツ(N-1デッキジャケットのセットアップボトム)のディテールで再構築したCOLIMBOらしいビブ・オーバーオールです。

もともとこのN-1デッキパンツは、極寒のデッキで作業をするクルーの為に作られた防寒具ですので実物はアウターシェルにコットングログランを使用し、ライニングにはウールが使用されます。

が、、今回のモデルはデニム一枚仕立てですので、防寒性能は一切持ち合わせていないという代物です。

 

DSC_2822.jpg

DSC_2823.jpg

DSC_2825.jpg

という事で、これからの時季に活用できる、N-1デッキの形をした"オーバーオール"としてお楽しみ下さいませ。

 

DSC_2828.jpg

今回のペンキステンシル"CHANCE VOUGHT"はNY州ロングアイランドに実在した名門航空機メーカー。

この航空機メーカーは米海軍をメインの顧客とし、数多くの名戦闘機を生産しておりました。
大戦中のレシプロ戦闘機コルセアや、ベトナム戦争時のコルセア2は特に有名な機体です。

そのメカニックが着用していたというイメージで今回のアイテムは企画されております。

 

DSC_2807.jpg

実際の着用感はこのような雰囲気です。

N-1 デッキパンツならではのシルエットを存分にお楽しみいただけます。

もともとオーバーパンツであった物のシルエットの為

これだけ極太になるのですね!

画像の人物はサイズMを着用。

この感じは夏に最適ですね。

 

 

続いてはこちら↓

DSC_2834.jpg

画像右

COLIMBO/コリンボ

MINNEWASKA ANORAK

[ZT-0107]

TAN

 

画像左

MINNEWASKA ANORAK

[ZT-0119]

T-PATTERRN URBAN CAMO

 

古典的ともアノラックのデザインはマウンテニアリングスポーツに於いて

今もなおマストであり、もともと完成度の高かったことの証左であると言えます。
黄金比率ともいうべきハーフジップのフロントと着脱を助けるサイドファスナー。

保温性というよりは防風性を持っており、春の嵐が吹き荒れる夜間の体温低下を防ぎます。

 

DSC_2840.jpg

DSC_2841.jpg

DSC_2844.jpg

随所に見られる登山装束としてのディテールは、普段の生活にも活用できます。

 

カラーラインアップは↓

DSC_2836.jpg

TAN

こちらはコットン/ナイロン(90%/10%)のギャバリップを使用。

洗いの入ったこのファブリックは、独特のウネリを感じます。

肌触りも良く、べた付かないのでこの時季に最適です。

 

DSC_2844.jpg

T-PATTERRN URBAN CAMO

コチラに関してはコットン(100%)の軽量リップストップを使用。

市街地・廃墟・集落など建物が存在する複雑な地域での戦闘用に

アメリカ海兵隊が短期間だけ採用していたといわれるマニアックな迷彩柄です。

と、、言われなければ服飾デザインとして通用してしまいそうな

洒落たパターンデザインですよね!?

実物はこのような感じな訳で、装備から見ると比較的近代的なので

90年代終盤〜2000年代初頭のカモパターンなのかと思われます。

 

 

DSC_2811.jpg

実際に着用いたしますとこのようになります。

画像の人物はサイズMを着用。

プルオーバーならではのサイズ感ですので、良い具合に抜けた印象になりますね。

少し肌寒い日中や夜間に活用できる事間違いナシなアイテムです。

 

DSC_2814.jpg

そしてT-PATTERRN URBAN CAMOも着用です。

比較的大柄なデザインでして、迷彩服を着ている感じはありません。

このアノラックスタイルに良くマッチした柄であると言えますね。

この夏のフェス用衣装として、さらに春のバイク乗りにも最適なアイテムです。

 

最後にコチラ↓

DSC_2845.jpg

COLIMBO/コリンボ

MASLAND SPORTSMAN'S PRODUCTS

CREEK VEST

[CHL-005]

OLIVE/BLACK

 

C.H.MASLAND社は数あるハンティングアパレルメーカーの中でも際立った存在で、その明快なコンセプトを愚直とも言える程のストレートな方法で仕立てた製品群は半世紀を超えた現在でも新鮮で、異彩を放ち続けております。

The Vintage Showroon より。MASLANDヴィンテージ※

 

DSC_2849.jpg

同社のハンティングガーメントが他メーカーと乖離しているポイントは、厚手のダックなどを使用せずしなやかで且つホツレに強いプレアプルーフ(耐いばらの意)と呼ばれるハイカウントファブリックを使用していた事で、これにより狭隘(キョウアイ)なブッシュ等でも難なく射撃体勢に移行できる、最新のミリタリーBDUにも類似した性能をオーソドックスなマテリアルで達成していた事であります。

 

しかし、皮肉にもその細かい縫製仕様や綿素材への執着が後に台頭してくる化繊主体の安価なルーズフィットアパレルの潮流に飲まれる事となり、元来のコンセプシャルを徐々に手放し、遂にはこの種の業務を他社に委譲しブランド名を変えながら消える事になるのは1970年代初頭の事でありました。

 

DSC_2846.jpgDSC_2847.jpgDSC_2848.jpgDSC_2851.jpg

今回COLIMBOからリリースされる"CREEK VEST"は『1950年代後半に同モデルをラインアップしていたら』という"if"に基いた一着。

サルファダイズドジャーマンクロスにより、ワードローブに容易く溶け込むアビアランスを確保しております。

ケースに収納した細かいフィッシングツールに対応したアングラー向けのポケット配置と背面のマップポケットは他のスポーツに興じるファンにも大いに受け入れられた。

胸の二連アイレットは革紐等を通して仕掛けや、その他の長尺物を一時的に掛けておくなどのユーティリティーパーツ。

様々なディテールが盛り込まれたスポーツベスト。

 

ジャーマンクロスはOLIVEとBLACKの2色がございます。

どちらも良い具合に馴染んだ生地感となっておりますが、ここからさらに素晴らしい経年変化をお約束いたします。

 

DSC_2795.jpg

着用いたしますとこのような感じです。

この時季はT-Shirtsにセットしていただくのもイイ感じですね。

実用性もあり、スタイリッシュでもある、嬉しいアイテムです。

画像の人物はサイズMを着用。

 

DSC_2799.jpg

こちらはレザージャケットの上に。

A-2に対するC-3Vestのような感じでいかがでしょうか?

MUSHMANSオリジナルパターンのADVENTURERとセットしてみました。

スポーツジャケットに対しての組み合わせはマッチします。

サイズも変える事なく着用いただけますので、是非お試し下さいませ。

 

 

 

DSC_2820.jpg

COLIMBO/コリンボ

CHANCE VOUGHT LONG ISLAND

[ZT-0217]

 

DSC_2834.jpg

画像右

COLIMBO/コリンボ

MINNEWASKA ANORAK

[ZT-0107]

TAN

 

画像左

MINNEWASKA ANORAK

[ZT-0119]

T-PATTERRN URBAN CAMO

 

DSC_2845.jpg

COLIMBO/コリンボ

MASLAND SPORTSMAN'S PRODUCTS

CREEK VEST

[CHL-005]

OLIVE/BLACK

 

 

 

 

 


コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode