STETSON より入荷です!

 皆様こんにちは、MUSHMANS代表の藤田です。

 

まず始めに。こちらのブログですが、従来の絵文字機能が終了したようです。

まあ、無いなら無いで全く困らないのですが、文章中に絵文字が無いとちょっと不機嫌な印象も受けられるかもしれませんし、全く気にならないかもしれません。

今まで使用しておりましたので、先にお断りをと思いましてのご挨拶です。

文章中の喜怒哀楽やニュアンスを絵文字に頼ってしまうのは文章力の低下に繋がるものもございますので、個人的には良い機会かと思います。無くなってくれれば使えないわけですからね。

 

それでは、本日はアメリカより入荷しましたアイテムの御紹介です。

 

DSC_3704-630.jpg

STETSON/ステットソン

Retro Genuine Panama Hat

 

MUSHMANSでも定番のハットブランドとして定着しました米"STETSON/ステットソン"社のパナマフェドラハットが入荷して参りました。ただ、こちらはMade in MEXICOとなりますので比較的お買い求め易い価格帯のアイテムです。

Made in MEXICOながらハットブランドの老舗らしくその作り込みはしっかりとしておりますので、手にしていただきますと良質さを感じていただける事と思います。

 

 

STETSONとは。

1830年、「John B. Stetson(ジョン・ビー・ステットソン)」は、ニュージャージー州でハット作りを営む家系に生まれ、ハット作りの基礎を自然に学んでいきます。南北戦争の軍に志願するも健康上の問題で参加できず、フロンティアを目指し西へ向かうことが、彼の人生に大きな切欠を生み出します。雨風の過酷な環境の中での旅を実体験することで、如何に快適に過ごせるかを考え、撥水性のあるハットを作り出します。そのハットをカウボーイが高価な値段で購入したことが、全ての始まりになりました。1865年、東へ戻り、ハットメーカーがひしめくフィラデルフィアでJohn B. Stetson Company(1865−1970)を設立。南北戦争も終焉を向かえ、西へと広がる大きなビジネスのうねりをいち早く察知したステットソンは、丈夫で長持ちするウエスタンハットを西へ送り込み、瞬く間にアメリカン・ウエストのアイコンとして認知されていきます。現在でもウエスタンハットの代名詞的ブランドとしてカウボーイ達から絶大なる支持を得ているステットソン・ハットは、テキサス州を拠点にMade In U.S.Aのクオリティーハットを製作し続けています。

 

DSC_3705-630.jpg

DSC_3709-630.jpg

シンプルなCenter Dentのフェドラハットですので、様々な夏のコーディネートにマッチします。

 

DSC_3706-630.jpg

DSC_3708-630.jpg

細幅のリボンとなっており、かなりカジュアルな装いにもマッチするのが嬉しいところですね。

マテリアルにはトキヤ草を使用した本格的なパナマハットですので、麦わらのハットとは一線を画す風格を感じていただける事でしょう。

この肌触りの良さはトキヤ草で編まれている事から生まれるもので、密度が高く繊細な印象を受けつつも充分な強度を持っている為耐久性にも優れております。

外観の高級感も満足度が高く、長くご愛用いただくに相応しいものとなっておりますね。

是非、この夏の相棒にひとつご用意くださいませ。

 

DSC_3597-630.jpg

着用感はこのようになります。

画像の人物はサイズLを着用しております。

スタンダードなワークスタイルでもマッチしますし、サマージャケット等のコーデにも

活用出来るトラディショナルなアイテムでございます。

 

サイズ

M・・・56.5cm

L・・・58cm

XL・・・61cm

※若干の個体差がございますので、予めご了承下さいませ。※

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode