MUSHMANS Leahter "ADVENTURER/アドヴェンチュラー"9th 限定モデルのリリースです!

 皆様こんにちは、MUSHMANS代表の藤田です!
 

 

先日はMUSHMANS"9周年"という事で、多くの皆様に祝っていただきました。

前々日から始まり、前日、そして9月5日当日は定休日でございましたが、私の自宅まで皆様お越しいただきまして深夜まで大騒ぎ(笑)
 

本当に多くの方々に支えられ、MUSHMANSという集合体となって成立しているのだなぁ、、と感謝の気持ちしかございません。
皆様、これからも何卒よろしくお願い申し上げます。

 
そして、この9周年という若干中途半端な周年ではございますが、シングル周年最終の特別モデルをリリースする事になりました。
9周年記念モデルという事で、9着限定という稀にみる少量生産です!

 
DSC_6701-630.jpg

男たるもの、確実に熱狂する映画。

インディージョーンズで、インディが着用していたレザージャケット。

1930年代がストーリーの設定となっており

その時代背景の中で、本当に冒険家が愛したジャケットとはどのような物であったのか?

それは劇中の仕様を再現するではなく、あのシチュエーションが現実であったとして

本当に求められたクオリティはどのような物であったのか?

それを追求するという事が、今シーズン我々が企てた"冒険"なのである。

実際劇中で使用されたジャケットに用いられたマテリアルは

"ラムスキン"若しくは"カウハイド"であったとされている。

初期のモデルはスミソニアンにも収蔵されており、ラムスキンを使用したモデル。

これを再現するというのは少々テンションが上がりきらないというのが現実で

ならば、彼が本当に実在していたら、彼がどんな物を着るべきだったのか

それを再現しようという事である。

※オフィシャルではありませんので、予めご了承下さい※

 

MUSHMANS Leather のフラッグシップモデルとして、3シーズン目となるこちらの"Adventurer/アドヴェンチュラー"。
毎回大変好評いただき、多くの皆様にご愛用いただいております。
 
こちらのモデルというのは、もともとTHE FEWのニュージーランド工場が閉鎖となりTHE FEWの人気モデルであったインディー・ジョーンズジャケット"CRUSADERS"を引き継ぐ形で企画が始まったモデル。
THE FEW側とも、ブランド復活の際にはラインナップから外すという約束で始めたモデルでありました。
 
そして、来期からTHE FEW復活の兆しが見えてきた現在、今シーズンでMUSHMANS Leather"Adventurer"を終了する事になると思われます。
 
こちらのモデルはTHE FEWのパターンを完全再現している訳ではなく、MUSHMANS的アレンジを施し若干タイトに仕上げている専用パターンでございます。
3年に渡り生産し成熟の域に達したモデルではございますが、9周年特別企画として今回のファイナルエディションをリリースいたします!
 
DSC_6665-630.jpg
今回の9th Limited Modelに使用するマテリアルは、昨シーズンからAdventurerに使用し始めたDeer Skin(鹿革)です。
昨シーズンのDeer Skinも相当に拘り抜き仕上げたレザーマテリアルでございましたが、今作で使用するマテリアルは さらにその上を行くこれ以上無い特別仕様のマテリアル。
 
今期ADJUSTABLE COSTUMEとの連携でリリースした"Deer Skin Norfolk Jacket"にも用いた、スペシャルなDeer Skinを纏ってのリリースです。
 
DSC_6671-630.jpg
以下、今回のモデルに使用しているマテリアルの解説です。↓
【マテリアル(革)】
鹿革の老舗タンナーであり日本最古の鹿革専門タンナーである"藤岡勇吉本店"のDeer Skinを使用。

藤岡勇吉本店のDeer Skinの中でも、最も厚みのある原皮を選定して鞣しを行うという贅沢なものである。

その革厚レンジは1.7mm〜2.2mmという、エルク(ヘラジカ)にも匹敵するような厚みだ。

だからこそ、表皮はDeer Skinらしい落ち着いたキメの細かい表情でありながら、重厚な厚みを感じられるという事になるのである。

勿論、植物タンニン鞣し100%(フルベジタブルタンニン鞣し)の為、その経年変化たるや昨年のADVENTURERを愛用していただいているオーナーには実感いただけているとは思うが、それは素晴らしい経年変化を達成する。

新品時のマットな仕上がりからは大凡想像できない程の艶を発し、美しい皺が刻まれる。

着用と共に発色は濃く変化し、さらに深い色合いへと進化を遂げるのである。

 

重厚でありながらも、その重さを感じさせないというのもDeer Skinならではの利点である。

絶対的な重量を計測すると、このジャケットは重い部類に属するのかもしれない。ただ着用者は現在所有のレザージャケットの中で最も軽量に感じる事であろう。

それは、この優しく包み込まれる着用感からくるもので、新品状態から違和感を感じる事なく着用できる。
 

 

 

【カラーリング/染色】

革本来の風合いを存分に体感いただく為に、染料のみを使用したアニリン仕上げによって着色する、これによってDeer Skin特有の肌触りを体感できる事であろう。

さらには特性でもある通気性の良さの妨げにならない仕上げとなっていて、経年変化に関してもより実感いただけるものとなった。

 

今回のカラー"OLIVE DRAB/オリーブ ドラブ"(OD色) は茶色味の強いオリーブ色である。

このOD色を達成する為に、幾度と無くトライ&エラーを実施し完成した。

厚手の原皮を植物タンニン鞣しによって革へ変化させた後に、グリーン系の染料によって芯まで染め上げる。

その後、ブラウン色の染料で表面を染め、さらにその上からオリーブ色を入れて行く。

その工程を繰り返し、最後に手仕事による仕上げ(ハンドフィニッシュ)をかける事で完成させる。

これによって、複雑な発色を達成している事を画像でも御確認いただけるのではないだろうか?

 

この総合的な手法を藤岡勇吉本店では"素上げ(すあげ)"と呼び、どうしても鹿革にはつきものである傷などを隠す事なく、革本来の表情を存分に楽しんでいただける手法。

古来より武具等に用いられてきた、日本の歴史に最も密接なレザーマテリアル。

日本人としてのアイデンティティーに刺さるものがあるのではないか?

 

 

DSC_6666-630.jpg

 

解説文の冒頭で厚みについて触れておりますが、昨シーズンのAdventurerで使用したDeer Skinもリリース時は多くのお客様より、その重厚さに対して驚きのお声をいただきました。

が、今回のマテリアルはそれをも超える仕上がりとなっておりまして、昨年モデルと今回の9th Limited Modelを持ち比べてみると、全く同様のディテールながらその重量感の差を感じていただける事でしょう。
 

 

それでいてしなやか、そして複雑に入り組んだ発色。

今までに見た事の無いDeer Skin、今までに感じた事の無い着心地の良さを実感いただける事でしょう。

 

9th Limited Modelに相応しいマテリアル、ファイナルエディションを飾るに相応しいマテリアルです。
 

 

DSC_6669-630.jpg

 

DSC_6672-630.jpg

 

DSC_6667-630.jpg

往年の男が憧れるIndiana Jonesスタイルのスポーツジャケットは、様々な着こなしに対応できるデザインが魅力です。

やや大ぶりな襟は、存在感を演出しインナーに着用するアイテムをさらに引き立ててくれることでしょう。

A-2に似たスタイルのパッチポケットですが、ハンドウォーマー仕様になるのも使い勝手が良く魅力のひとつ。

 

時にカジュアル、時にドレッシーな雰囲気を纏う、その両局面をカバーする事のできる懐の広いモデルなのです。

さらに、このマテリアルだからこそ醸せるオーラというのもございます。
 

 

DSC_6674-630.jpg

 

DSC_6679-630.jpg

 

DSC_6685-630.jpg

 

DSC_6691-630.jpg

 

DSC_6686-630.jpg

この3年間で、かなり熟成されました。

そのディテールと複雑な縫製仕様は、始めてMUSHMANS Leatherのアイテムを手にする方にも直感的に拘りを感じ取っていただける事と思います。

一切の妥協を許さず、様々な改善点を工場と協議して進めてきた企画であるからこその仕上がりなのです。
 

 

DSC_6638.jpg

それでは実際に着用してみましょう。

今回のOlive Drabカラーは、ミリタリーテイストを感じる発色であるものの

こういったディテールのスポーツジャケット型に落とし込むと気品漂う仕上がりとなります。

画像のようにDENIM PANTSとコーディネートしていただきますと

その発色の相性は抜群です。

ここから着用年数を重ねる毎にダークトーンに変色

さらに光沢感が増していきますと、さらに上質なオーラを纏います。
画像の人物はサイズ38を着用。

 

 

DSC_6642.jpg

背面パネルが特徴的なこのモデル。

ウエストベルトで腰周りのシェイプを変化させられるのも魅力です。

インナーに着用する厚みによって、このベルトを調整していただく事が可能。

さらにアクションプリーツにもなっている為、動き易さも魅力です。


 

 

さて、こちらの9th Limited Modelでございますが
9周年にちなんで
 
9着限定

という事を冒頭で申し上げましたが・・・
ご予約の際のサイズ配分によっては上記限定着数が製作できない可能性がございます。
現在手配中のマテリアルで9着製作する場合は以下の配分で算出しております↓
Size 36・・2着
Size 38・・3着
Size 40・・2着
Size 42・・2着
Total・・・9着

勿論、予定通り進む訳はございません。
大き目のサイズに集中した場合は、早期で終了となる可能性がございます。
毎度の事なのですが、布生地とは違ってその時の原皮の状態によっても
生産できる着数が変わってくるものです。
言うまでもありませんが、妥協して裁断する事はいたしません。
使いたくない部位を無理矢理裁断してしまうようなことは一切しないのです。

ですので、よくお問い合わせをいただくのですが
いつまでにオーダーすれば良いか?とか、あと何着ですか?
というご質問には、上記のような関係があって明確に返答できないのです。。
 
もったいぶってお知らせしていないとか、そういった事ではございません。
ご予約をいただきますと、随時我々は工場へ報告を入れ
このサイズ配分だと、あと36が一着と38が一着しか裁断できない。
とか、そんな感じでリアルタイムに状況判断をしているのです。
どうかご理解下さいませ。m(__)m



 
DSC_6648.jpg

 

 







粗野でありながらも上質。

重厚でありながらも軽快。

男達の求める極限の要求を満たす。

極限の素材と作り込み。

俺達が歩む軌跡が生んだ、奇跡のような逸品。

貴方の歩む、人生という冒険に

是非このAdventurerを。









本日よりご予約の受付をスタートいたします。
サンプルはMUSHMANS店頭に展示してございます。
遠方のお客様でサンプルの貸し出しをご希望のお客様はご連絡ください。
 

DSC_6701-630.jpg
↑上記をClickいただきますとONLINE SHOPへジャンプしますので
そちらよりお手続きをお願いいたします。





 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    MUSHMANS Fujita (07/09)
  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    長坂誠 (07/06)
  • 予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (03/23)
  • 予約受付を開始いたします!!
    星野 (03/21)
  • Making Mushmans 【最終章】 〜TAKE OFF !〜
    ショウジ (01/25)
  • 今期別注レザー 【BUSTED SHRINK HORSEHIDE DARK SEAL "VOLCANO"】のメンテナンス方法に関しまして。
    BeOS (10/28)
  • 毎年恒例のCOLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country コラボアイテムの予約受付開始です!
    BeOS (10/15)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (05/18)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    ナナス (05/16)
  • 3/4 SLEEVE SHIRT 第2弾!
    toss (05/14)

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode