COLIMBOよりOBSERVER PARKA[ZT-0128]と、カスタムモデル"Kodiac Fire Dept"[ZT-0129]が入荷しました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!

 

中々気温が下がってきませんが、そろそろ一気に冬に突入するのでしょうか?

それでも、日中は比較的暖かいですが日が落ちると冷え込んできております。

バイクなんかに乗ろうものなら、夜は冬の装束でないと厳しい感じになっておりますね。

 

ご来店いただく皆様も、そろそろ冬の装束をという事で現時点では必要の無いヘヴィーアウターを前もって購入されるパターンが増えて参りました。

そして、今シーズンも前評判の高いアイテムが揃いました。

 

前評判と言いましても、メーカー側からは展示会時の画像を入荷前にネット上に掲載するのが規制されているのですが、何故か何が出るかご存知の方が多い・・・?(笑)

今シーズン何が発売されるか知っていてお問い合わせいただくケースが多く、お問い合わせいただくこちらがビックリしてしまう程なのですが、まあインターネットが普及した現代そういった規制も難しいのでしょう。

メーカー側も何が出るのか解らないワクワク感を提供したいという意図なのかと思っておりますので、我々は賛同しますけどね(笑)

 

という経緯がある中での、前評判の高いアイテムが出揃いましたよ!!

 

zt0128-2-630.jpg

COLIMBO/コリンボ

OBSERVER PARKA PLANE

[ZT-0128]

 

 大戦末期、増加する将兵に対し兵站(へいたん)が間に合わない事態が米軍にもみられるようになっておりました。

兵站とは軍の後方支援をする機関や施設等を総称して言うのですが、ここでは軍装備の生産背景を指しております。

そういった事から、米国軍は装備品の納入規定に規制緩和措置をもって対応しておりました。

特に海軍のデッキジャケット等はその他のミリタリークロージングよりも圧倒的に交換サイクルが短かった為、積極的に民間製品を導入しておりました。

 

zt0128-1-630.jpg

ここで御紹介する"OBSERVER PARKA "もそういった背景から生まれたコマーシャルモデルをベースに、COLIMBOならではのアレンジを加えてリリースされているアイテムです。

 

zt0128-10-630.jpg

zt0128-11-630.jpg

堅牢なアウターシェルに、高密度のアルパカモヘアウールパイル。

DEMOTEX-ED仕様の為ラベルが装着され、アルパカもブラウンの仕様になっております。

 

zt0128-3-630.jpg

zt0128-8-630.jpg

アジャスター付きのフードは、勿論フード内部までをアルパカモヘアウールパイルで覆っております。

フードを被ったら勿論暖かいのですが、フードを被らずとも首廻りの保温力を高めております。

 

zt0128-7-630.jpg

N-1 初期のNAVYの仕様と同様の、袖裏までアルパカが装着されている仕様です。

 

zt0128-5-630.jpg

レザー補強パッチがパッチポケット縁に取り付けられており、N-1 PARKAのゴージャス版といったところです。

 

zt0128-4-630.jpg

ボタン等の付属品もナット釦となっていたり、意匠にも拘って作り込まれております!

 

DSC_9599.jpg

着用感はこのようになります↑

COLIMBOらしいサイズ感となっておりまして、デッキジャケットのディテールながらスタイリッシュな仕上がりとなっております。

全体的にはタイト目なシルエットとなっておりますので、ある程度インナーに厚手の物を着用される事を想定するのであれば、ワンサイズ上をご購入いただいても良いかもしれません。

ただ、関東の冬程度であれば薄手のインナーでも対応できてしまう程の品質ですので、スタイリッシュなサイズ感をお求めでしたら画像の人物程度の体型であればサイズ38でも良いかもしれません。

この辺は好みになってくるかな?と思われます。

 

 

そして↓

 

zt0129-2-630.jpg

COLIMBO/コリンボ

OBSERVER PARKA CUSTOM

"Kodiac Fire Dept"

[ZT-0129]

 

zt0129-1-630.jpg

 

zt0129-5-630.jpg

 

zt0129-8-630.jpg

 

zt0129-9-630.jpg

ベースは同様ながらカスタムを施したモデルも存在します。

こちらカスタムモデルの背景はアラスカ。通常のデッキジャケット(N-1等)に比べて高い防寒性能を誇るPARKAタイプはアラスカをはじめとする極寒の基地で重宝されておりました。

カスタムモデルでは、エアステーション隷下(れいか)であったファイアー&レスキュー隊のカスタムを再現しております。

かつてコーディアック基地はエアベースとそのシップヤード、さらにコーストガードのエアステーションが共同利用しておりました。

胸に取り付けられているパッチはそれを示すアラスカンモチーフが刺繍されております。

また、背中にはKODIAC FIRE DEPTを意味する"KDF"の文字がリフレクティブファブリック(反射生地)を用いて装着されているという、かなり凝った仕様となっております。

 

こういったカスタムモデルも、上手に仕上げるのがCOLIMBOらしさですよね!

 

DSC_9602.jpg

着用いただくと、こういった感じです。

ベースモデルは先に御紹介したOBSERVER PARKA PLANEと同様ですので、サイズ感は同じですがカスタムモデルとなると雰囲気も一変します。

たまにはこういった選択肢があっても良いですね。

人物はサイズ38を着用しております。

 

 

昨年(NAVYモデル)もあっという間にSOLD OUTとなりましたので、今シーズンは昨年以上に仕入れております。

にも関わらず、既に在庫僅少。。

今年こそはというお客様、お早めにどうぞ!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    MUSHMANS Fujita (07/09)
  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    長坂誠 (07/06)
  • 予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (03/23)
  • 予約受付を開始いたします!!
    星野 (03/21)
  • Making Mushmans 【最終章】 〜TAKE OFF !〜
    ショウジ (01/25)
  • 今期別注レザー 【BUSTED SHRINK HORSEHIDE DARK SEAL "VOLCANO"】のメンテナンス方法に関しまして。
    BeOS (10/28)
  • 毎年恒例のCOLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country コラボアイテムの予約受付開始です!
    BeOS (10/15)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (05/18)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    ナナス (05/16)
  • 3/4 SLEEVE SHIRT 第2弾!
    toss (05/14)

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode