MUSHMANS Athletic Wear より 新作 Sweatアイテムのリリースです!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!

 

昨日、、といっても日が変わってしまいましたので一昨日となりますが、年内最後の新作紹介と申しましてPIKE BROTHERSの新作アイテムを御紹介いたしました。

が、、間に合わないと思っていた"MUSHMANS Athletic Wear"の新作アイテムが急遽入荷いたしましたのでお知らせさせていただきます!!これが本当に年内入荷アイテムの最後となります!

 

工場さんも、年末年始に間に合うよう頑張ってくれました。。 ありがとうございます。

 

という事で、このご好意を無駄にしない為に、深夜までかかってしまいましたが何とか御紹介ブログの掲載に至りました。

 

昨年大変好評いただきましたシリーズにマイナーチェンジを加え、さらに新色を追加してのリリースです!!

実は同じように見えて、かなり色々な箇所をカスタムしております。

是非最後までお付き合い下さいませ。

 

 

まずはSweat Shirtsから御紹介いたします。↓

 

Crew1-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

 "REVERSE WEAVE SWEAT SHIRTS"

[MSC-006]

 

大変長らくお待たせいたしました。

昨シーズンご購入いただきましたお客様や、昨シーズン惜しくも買い逃してしまったお客様から、再販の要望が相次いでおりましたMUSHMANS Athletic WearのSweatシリーズ。

今シーズンは昨年のモデルをさらにブラッシュアップしてリニューアルを実施。

好評だったマテリアル"Lyocell/リヨセル"混であることは引継ぎつつも、要所要所でディテールに変更を施し、さらに新色も追加いたしました。

 

往年のアスレチックウエアブランドである米C社のREVERSE WEAVE SWEAT SHIRTSのディテールを踏襲しつつ、スッキリとしたシルエットで構築した一着でございます。

スッキリとしたシルエットと言いましても、単純にタイトなサイズ設定とした訳では無く、無駄と感じる部分を削ぎ落としたのみの洗練されたシルエットをお楽しみいただけます。

 

定番的なREVERSE WEAVE/リバースウィーブの作り込み。

縦縮みを軽減させるべくボディーの生地方向が横方向になるようにしております。

さらに、横縮みをも防止するべく脇位置にリブを使用。これによって、動き易さも確保し耐久性にも富むという理にかなったディテールとなっているのです。

物としての使い勝手に着目したディテールでありながら、サイドリブや横方向の生地使いがデザイン性にも繋がっているという全てにおいて完成度の高いモデルでございます。

各パーツをフラットシーマで接合した、ヴィンテージテイスト溢れるディテールをお楽しみ下さい。

Crew2-630.jpg
Crew3-630.jpg
昨年からの変更点といたしましては、襟ぐりの前下がりを若干強めにしております。
首廻りが若干苦しいというお声を反映させての変更です。
さらに裾リブを少々内側に傾斜させて取り付けるよう変更をかけておりまして、より腰周りのフィット感を向上させております。
こういった皆様からのご意見や要望をうかがい、より良いアイテムへ進化させる事は大変重要な事だと思っておりますし、こういった機動力が我々の強みであるとも思っております。
今後も是非様々なご意見をお願いいたします。
CrewPP-630.jpg
CrewOL-630.jpg
CrewSG-630.jpg
CrewBK-630.jpg
カラーリングも一新いたしました。
ただし、Blackだけは昨年からの継続カラーです。
編地屋さんに新色(発色感の良いカラー)を要望しておりましたところ、今年実現してくれました。
実は使い勝手のよいPurple(パープル)や、レザーアイテムのインナーに重宝するOlive(オリーブ)。
粗い杢感が楽しめるごま塩カラーStone Gray(ストーングレー)も表情豊かで面白いですよね。
昨年同様のLyocell(リヨセル)混なのですが、初めての方もいらっしゃいますので再度ご説明させていただきますね↓

コットン85%/リヨセル15%。

実物を触っていただきますと、今まで感じた事のないしっとりとしたシルクのような触感を感じ取っていただける事でしょう。

これらは、このマテリアルに含まれる[リヨセル]が影響しております。

 

比較的新しい素材であるこのリヨセルは、レーヨンの代替素材として生まれた繊維です。

もともとレーヨンもシルクの代替繊維でありますが、木材パルプを原料に作られるレーヨンは頗る水に弱い性質を持ちます。

この弱点を克服したリヨセルは、レーヨンと同じようにシルクのような手触りと光沢感を持ちます。

原料に関してもポリエステル等のような化学繊維とは異なり、ユーカリの木材を原料に作られる繊維。

水にも強く、吸湿性にも富んだ素材です。吸湿性に富んでいる事でレーヨンやポリエステルのように静電気が発生しないというのも嬉しいポイントです。

また、繊維強度も強く、ウォッシュ→乾燥を繰り返しても強度が落ち難いのも特徴のひとつです。

 

という事になっておりますが、昨年と異なる部分もございます。↓

DSC_0640.jpg

御覧いただくとお解かりかと思いますが、今年のモデルは裏起毛にせず裏毛仕様にしております。

これは、より長いシーズンに渡って着用いただきたいという事から。

起毛してしまうとどうしても冬物の感が出てしまうもので、それならば裏毛で作れば春先にも着用いただけるよねって事でそうしました。

裏毛だからって、あのリヨセル特有の優しい着心地は変わりませんのでご安心を!

 

さらに、今期は製品を未洗いでご納品いたします。

サイズ感がもう少しルーズな方が良いってお声もありましたし、逆にこのフィット感が好きっていうお声もいただいておりました。

サイズの好みは人それぞれ。

昨年までは製品洗い後タンブラーで仕上げておりましたので、極限まで縮んだ状態でお渡ししておりました。

今期は未洗いでお渡しする事で、あまりタイトに着たくないという方は"天日干し"を。

逆にタイトなフィット感を好む方は"タンブラー乾燥"をといった感じに、お客様ご自身で好きな仕上げができるようにしてあります。

 

DSC_0616.jpg

それでは気になる着用感をご覧いただきましょう。

画像の人物はサイズ38/Mを着用しておりますが、こちらは製品洗い後に天日干しで仕上げた物を着用。

普通にハンガーがけで干してしまったが為に、若干着丈が伸びてしまっております(笑)

洗い上がり後は、Sweat自体が結構な重さになってしまいますので、ハンガーにかけて時間をかけて乾燥させますと、その自重で着丈が伸びてしまう傾向にあります。

天日干しの際は、ボディの中心を物干し竿にかけるような感じに干していただくと自重で伸びてしまうような事がございませんので、参考にしてみて下さいね。

 

さて、カラーに関してはこのパープルが個人的に最もお気に入り。

ステッチカラーも薄紫カラーで若干飛ばしておりますので、ステッチワークがボディーの印象を引き締めます。

Lyocell混ならではのソフトで温かみのある着心地と相まって、リラックスした気持ちになるアイテムです。

 

DSC_0607.jpg

続きまして、Oliveの着用です。

サイズは先のカラーと同様の38/Mを着用。

こちらに使用している縫製糸も、ボディー色から若干離れたベージュ系にしております。

メリハリが効いていて引き締まる印象になっております。

この時季のマストカラーとも言えるオリーブは、レザージャケット等のインナーにも適しておりますね!

 

DSC_0613.jpg

こちらも個人的にかなりお気に入りの”Stone Gray" 極めて粗い”粗杢”といった感じのカラーです。

リバースウィーブの場合、ボディーは横方向に編み地を使用しますので、この霜降りが縦に入るのがまた良い。

スリーブと逆方向に霜降るので、製品のコントラストが効きますね!

サイズは先にご紹介したカラー同様の38/Mを着用しております。

 

DSC_0609.jpg

最後に昨年から継続のブラックです。

ただしディテールの変更を行っておりますのでこれもまた新鮮。

サイズは38/Mを着用しております。

 

 

といった感じで、Sweat Shirtsのご紹介でした。

 

そして今期は立て続けにSweat Parkaもリリースします!↓

 

PARKA1-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

 "REVERSE WEAVE SWEAT PARKA"

[MSC-007]

 

昨シーズンは時間差でリリースしておりましたが、今シーズンは一気にリリースいたします。

先にご紹介いたしましたSweat Shirtsと同様のディテールとファブリックを使用したParkaタイプです。

今年はカンガルーポケットを廃しましての登場で、昨年モデルはフードが小さ過ぎるとのお声を頂いたので大型化しました。

個人的にフードはあまり被らないだろうから小さめで良いかな?と思っていたのですが、結構活用されている方が多いようでここはモディファイ。

逆にカンガルーポケットは必要無いという意見も多かったですし、個人的にも一度も使わなかったのでちょっと邪魔だなぁ・・と思っていたので排除しました。

 

PARKA2-630.jpg

 

PARKA3-630.jpg

 

カラーリング、ディテール共にSweat Shirtsと共通です。

基本的にサイズ感も共通しているので、サイズもSweat Shirtsと同様のサイズをお選び下さい。

 

DSC_0635.jpg

Parkaになると、また雰囲気も全然異なりますのでコーディネートによって切り替えてみて下さい。

フードが装着されている事によって、首回りの暖かさも増します。

画像の人物はサイズ38/Mを着用。

 

DSC_0618.jpg

フードが大型化されているので、首回りにボリュームが出てアクセントになりますね!

 

DSC_0624.jpg

この時期最も重宝するインナーはParkaですよね!?

春先のアウター的使用も可能ですし、この時期一着ご用意いただくと良いかと思います。

 

DSC_0622.jpg

カンガルーポケットがなくなると、非常にスッキリしますし、インナーとしても使い勝手が良くなりました。

 

 

そして、Sweat Pantsも同時リリース!

 

Pants1-630.jpg

MUSHMANS Athletic Wear

 "TRADITIONAL SWEAT PANTS"

[MSC-008]

 

勿論Sweat Pantsも同時にリリース!

お正月の部屋着としても最高のパフォーマンスをみせますし、そのまま外出したってカッコイイシルエットとなっております。

 

Pants2sg-630.jpg

 

Pants2bk-630.jpg

昨シーズンのモデルなヴィンテージテイストを踏襲するべく、ウエストはゴムを入れずドローコードのみ。

しかも薄めの平紐を使用して、ヴィンテージを完全に再現しておりました。

が、しかし。

確かにヴィンテージ感があってカッコイイものの、使い勝手の面で言うと・・ちょっと使い辛い。

という事で今期モデルはウエストゴム仕様で、ドローコードも太めの物に変更しました。

 

カラー展開は、Stone GrayとBlackの二色展開。

パープルのパンツを穿きこなす自信がありませんでした(笑)

 

Pants4-630.jpg

勿論サイドポケットが付いてますので、外出時にも困りません。

 

DSC_0637.jpg

シルエットはスッキリとしたものとなっており、ダサいヤンキー兄ちゃんシルエットにはなりませんのでご安心を。

洗練されていて非常に良い印象を与えるシルエットですよ。

画像の人物はサイズMを着用しております。

 

DSC_0639.jpg

ブラックはよりスポーティーな印象になります。

ブーツでコーディネートしていただいても良い感じですよね!

 

 

 

 

 

 

 

ああ、やっと終わった。

と思ったらこんな時間。。

新聞配達バイクのサウンドが響いております。

 

やはり年末。

時間が足りない。。

 

という事で、MUSHMANSは年内休まず営業しております!!

是非、2018年の締めくくりをしにいらして下さいね!!

 

 

 

 


コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode