MUSHMANS Original Work Shirts [Short Sleeve] のリリースです!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

 

このところズーっとなのですが、、多忙の極みとなっておりまして・・。

ブログの更新も一週間ぶりといった有様でございまして、本当に申し訳ありません。
 

 

前回のブログで御紹介いたしました、ADJUSTABLE COSTUMEとのコラボアイテムである苺泥棒のキャスケットも、大変嬉しい事に完売となりまして、ご購入いただきました皆様には心より御礼を申し上げます。
これ御購入いただいた皆様、本当の意味でお洒落だと思うんです。製作側の意図を汲み取っていただけて本当に嬉しいし、個人的に物凄く気に入っているアイテムです。
本当に有難うございます!!


 

 

さて、本日もスペシャルな限定アイテムの御紹介となりまして、毎週毎週申し訳ありません(笑)

 

 

 

SS8-630.jpg

MUSHMANS Original

Work Shirts S/S

"New Over Valley Guard"

Super Heavy Oz HBT Black
 

 

4月の一発目でリリースし、瞬く間にSOLD OUTとなったスーパーヘヴィーオンスHBTファブリックを使用したワークシャツ。

その、ショートスリーブ(半袖)バージョンのリリースです!!

このアイテムで使用しているオリジナルスペックのスーパーヘヴィーオンスHBTファブリックは、シャツ生地としては超ヘヴィーオンスなファブリックであるが故に、一発目に生産したシャツ工場様から「もう二度とこの生地では縫製しない!」と断られてしまいまして・・・。
 

多くのお客様から再生産の要望をいただいておりましたので、生産に協力いただいている小高氏(ADJUSTABLE COSTUME代表)に、どうにか縫製してもらえる工場を探していただいておりました。

 

この度、縫製を任せられる工場様が見つかりまして、前回同様Super Heavy Oz HBTを使用したワークシャツが完成しました。


因みに、シャツ工場では手に負えない生地であるという事で、この製品はジャケット工場で縫製されております。

その為、若干の工賃上昇は避けて通れず、販売価格にも少々影響してしまいました。

 

今回はショートスリーブが仕上がり、この後ロングスリーブが仕上がってくる予定でございます。


 

 

 

SS9-630.jpg

前回のロングスリーブ発売時のブログで「Shirtsとして縫製できる限界のヘヴィーオンスファブリック」と表現しておりましたが、結局のところ限界を超えていたという事になりますね(笑) 工場様には御迷惑をおかけしてしまいました。。

新品時の風体はまさに"板"と形容しても良いのかもしれません。
工場出荷時にワンウォッシュと仕上げが成されておりますので、現段階ではある程度こなれてはおりますものの、恐らく未洗い時はSHIRTS自体が自立する程であった筈です。
画像だけではなかなか伝わらない部分ではございますが、こちらの製品サンプルを御覧いただいたお客様からは「やり過ぎだ(笑)」とのお声もいただいたほどです。


 
SS13-630.jpg
MUSHMANSオリジナルスペックのHBT(ヘリンボーンツイル)ファブリックは、硫化染料にて黒色を発色させております。
この硫化染である事で、素晴らしい経年変化が期待できます。
硫化染めは藍染等と同様に、染め上がった後に空気に触れる事で酸化し発色する性質を持っております。
作業に時間を要する為に、近年では反応染などのもっと効率の良い染色方法を採用するケースが増えておりますが、硫化染の"摩擦に若干弱い"という特性を生かして硫化染ならではの経年変化を楽しみたいという場合に採用する染色方法です。
 
またHBT(ヘリンボーンツイル)組織も表情豊かな経年変化をもたらす一つの要因です。
ヘリンボーン=ニシンの骨に似ているという事で名付けられた組織で、日本では杉綾織と呼ばれたりもしております。
タテ糸がヨコ糸の上を2本(3本)、ヨコ糸の下を1本、交差させて織られる織組織。これによってバイアス方向への引っ張り強度と引き裂き強度を高めております。
ミリタリーアイテムにも度々採用されているのを御覧いただくケースが多いと思いますが、そういった堅牢さ故に採用されるわけです。
この綾の切り替わりは、経年変化(色落ち)が進みますとよりハッキリと組織が見えてきます。
新品時よりも豊かな表情をお楽しみいただけるわけです。


 
全作のロングスリーブと基本的なディテールは共通しており、袖部のみ異なる今回のショートスリーブ(半袖)バージョン。
L/Sと重複する内容もございますが、各部のディテールをご説明させていただきます。↓
SS10-630.jpg
襟形状は、大き過ぎず、かといって小さすぎない絶妙なバランスを目指しました。
剣先に向かって独特のR(曲がり)を持たせたデザインとなっております。
また、チンストラップが無い構造となっておりますのでスッキリと着用いただけます。


 
SS11-630.jpg
左右ポケットに関してはペンポケット等を採用せず、左右対称の至極シンプルな構造といたしました。


 
SS14-630.jpg
袖末端はダブル仕上げとなっておりまして、シャツ自体の立体感を演出しております。


 
通常のSHIRTSボタンよりも一回り大きいサイズの15mm尿素ボタンを採用し、長年の使用でも割れるということは無いかと思います。
また縫製糸とボタンをチャコール色で仕上げましたが、これはファブリックの経年変化と共に全てがバランスされる計算です。
まだ結果が出ていないので何とも言えませんが、新品時でも違和感無い仕上がりになったと思います。


 
SS16-630.jpg
巻縫いチェーンステッチの裏糸にはレインボーステッチを採用しました。
基本的に着用時には見えない部分なのですが、ちょっとした遊び心です。


 
SS12-630.jpg
左胸ポケット上には"New Over Valley Guard"パッチが装着されます。
昨年夏に好評いただきましたプリントT-Shirts用に、スペインのアーティスト"MANEL LAVEY"によってデザインされた図柄を刺繍ワッペン化したパッチです。
三色使いながら同トーンで構成されており、大変収まりの良い仕上がりとなっております。
 
また、こちらの製品のパターン製作や資材調達、生産管理はADJUSTABLE COSTUME 小高企画にて監修いただきました。
様々な人間関係によって可能となる物作り、心よりの感謝を申し上げます。





 
DSC_3617.jpg
それでは着用感を御覧下さい。
画像の人物はサイズ38(M)を着用しております。
サイズ感としての方向性はワークシャツらしさを踏襲しておりますので、タイトシルエットではございません。
かと言って闇雲にワイドなシルエットを追いかけている訳でもなく、絶妙なサイズバランスになったと思います。
確かに生地感は新品時バッキバキですので、心して立ち向かっていただく事にはなりますが、5回程着用いただきますと一気に身体に馴染む事を肌で感じていただけるでしょう。
このファブリックはレザージャケットのように身体に馴染み易いので、着込む程にフィット感の高まりを感じてください。
今回のショートスリーブの特徴的な部分は袖丈にございます。通常の半袖シャツよりも袖丈を短めに設定し男らしい雰囲気を出しました。
ダブル仕上げの袖末端も狙い通りの見え方となっております。
この夏使い倒せる一着が完成しました。




 
そして、今回から新たな挑戦を!!
↓↓
SS1-630.jpg

 
SS2-630.jpg

 
SS3-630.jpg

 
SS5-630.jpg
今回から上記画像のように、デコレーション仕様をご用意いたしました。
と、言いましても、こちらのステンシルデコレーションは、私が一着一着ステンシルペイントを施します。
企画当初はデコレーションをプリントでと考えておりましたが、プリントでペイント感を演出するのは難しい・・・。
このスペシャルなファブリックに対し、粗野な雰囲気とペンキならではの味わい深さ、さらに不安定感を演出したいとの考えから、大変手間の掛かる作業ではございますが、一着一着ステンシルペイントを施す事にいたしました。
 
一着あたりに相当な時間を要しますが、仕上がりの雰囲気や経年変化を一番に考えると、この手法が最も良いと思っております。


 
SS6-630.jpg
ステンシルペイントの位置
着用時右胸ポケット上・・・【NOVG】※New Over Valley Guard の頭文字。
背面・・・巨大な【NOVG】
襟裏・・・【GUARD】
上記3箇所となります。
こちらのステンシルペイントは、御希望のお客様のみに施します。
料金は4,000円+tax のアップチャージとなります。
全て手作業によるものですので、画像のような滲みや若干の歪みが出ます。
スプレーによるペイントでは無く、ペンキによるペイントですので、かなり新品時はバリっとした仕上がりです。
勿論、洗濯とともにペイントの剥がれが発生し経年変化もお楽しみいただけます。
※オンラインショップをご利用されるお客様は、カートに入れる際に【デコレーション】の項目を"あり"にしていただく事でオーダーできます。※


 

SS7-630.jpg

↑ こちらの画像は、ペイント後 7回〜8回程洗濯をしたペイントの状態です。

ある一定まで行くと色落ちも落ち着いてくる印象ですが、使い込む程に剥離して行くのがペンキの面白いところです。

ヴィンテージミリタリーシャツのような、本当の経年変化をお約束します。


 

 

 

DSC_3622.jpg

ペイントが入ると、また違った印象をお楽しみいただけますね。

プリントでは出せないオーラを感じていただける筈です。


 

 

DSC_3624.jpg

襟をスタンドアップしていただくと【GUARD】の文字が見える仕組みとなっております。

こういった箇所はプリントでは不可能ですので、ステンシルペイントならではの遊び心を発揮できますね。


 

 

DSC_3626.jpg

パッチとステンシルペイント。

さらにスペシャルなファブリック。

全てにおいて究極を目指した、一つの答えです。

 

こちらのデコレーション希望の場合、御納品までに一週間ほどのお時間をいただきます。

デコレーション無しの場合は、店頭では即日お渡し出来ますし、オンラインショップを御利用の場合も通常通り即日若しくは翌日に発送できます。


 

 

 

 

 

SS8-630.jpg

MUSHMANS Original

Work Shirts S/S

"New Over Valley Guard"

Super Heavy Oz HBT Black


 

 

 

 

本日リリース!!
 

毎度の事でございますが、今回も極少量です。


是非お見逃し無く!!!





 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 大ヒットの予感! PIKE BROTHERS新作Pantsの入荷です!!
    MUSHMANS Fujita (04/18)
  • 大ヒットの予感! PIKE BROTHERS新作Pantsの入荷です!!
    滝内俊昭 (04/17)
  • THE FEW×MUSHMANS Made in JAPAN Trial Model "Type A-1"のご予約受付に関しまして。
    LISA (12/20)
  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    MUSHMANS Fujita (07/09)
  • NICKS BOOTS の取り扱いが始まりました。 ※NICKS 価格表※
    長坂誠 (07/06)
  • 予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (03/23)
  • 予約受付を開始いたします!!
    星野 (03/21)
  • Making Mushmans 【最終章】 〜TAKE OFF !〜
    ショウジ (01/25)
  • 今期別注レザー 【BUSTED SHRINK HORSEHIDE DARK SEAL "VOLCANO"】のメンテナンス方法に関しまして。
    BeOS (10/28)
  • 毎年恒例のCOLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country コラボアイテムの予約受付開始です!
    BeOS (10/15)

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode