Y'2 Leather×MUSHMANS Leather ダブルネームアイテムのリリースです!!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

朝晩肌寒く、気持ちの良い季節が到来しましたね。

この時季はクルマもバイクもエンジンに優しい季節ですので、しっかりと回し切ってあげたいところです。が、なかなかそういった時間が作れないのも事実。

様々な案件で、最近打ち合わせが多いので、なるべく自分が動くようにしております。

そういった移動の時間位しかバイクもクルマも走らせてやれないので、なるべく夜遅い時間に打ち合わせを入れて、しっかりと走らせるようにしてます(笑)

打ち合わせよりも移動する事を楽しんでいるようにも思えますが。。

やはり、運転中は脳の回転も良くなりますから、様々な発想が浮かんできたりします。

難点はメモが取れないといったところなのですが、気分転換は重要ですね!

 

さて、こういった気候になりましたから、ファッションに対する情熱も湧きあがってくる季節。

こんな季節にピッタリのダブルネームアイテムが入荷しました!

 

 

DR1-630.jpg

MUSHMANS Leather×MUSHMANS Leather

Leather Drizzler Jacket

Steer Suede

Camel

 

とうとう入荷して参りました!

今シーズンのY'2 Leatherとのコラボレザーの登場です!!

Y'2 Leather 受注会時にも掲載しましたが、こちらの"Leather Drizzler Jacket"は我々MUSHMANSが企画にひと噛みしているモデル。

確か2年前位のY'2 Leather展示会時に、この企画を提案させていただいた記憶がございます。

ディーラー向け展示会の夜に、Y'2 Leather梁本氏と飲みに行った席で話していた企画(誰かのせいで大量に焼き鳥が出て来た記憶の方が強いですが。。)が 遂に実現いたしました。

 

オーセンティックなドックイヤージャケット(Drizzler Jacket)を、粗野な本革スエードで表現したい。

そんな願望から始まった今回の企画。

この企画は、MUSHMANS限定の企画ではなく、Y'2 Leatherでもレギュラーモデルとして採用されております。

ただ、使用するレザーに関してのみMUSHMANS限定となっており、我々がこのジャケットに求めた『粗野』なオーラは、このステアハイドのスエードによって実現いたしました。(Y'2 Leatherでは、よりドレッシーな雰囲気のレザーをレギュラーで使用しております。)

 

DR2-630.jpg

オイルがしっかりと含まれた、銀付きスエードでございますから、堅牢さは間違いありません。

日本ではスイングトップとも呼ばれるこのジャケットは、古くから様々なシーンで使用されてきたユーティリティージャケット。

ただ、今回のモデルではオールレザーで製作するにあたって、ディテールは独自の仕様としております。

 

DR9-630.jpg

通常ドリズラージャケットにはレインショルダー仕様となりますが、今回オールレザーで製作するにあたり、レインショルダー仕様は向いていないと判断。

その為、肩ヨーク切替仕様で構成されております。

 

 

DR4-630.jpg

特徴的なドッグイヤーカラー(襟)の形状は踏襲し、首廻りに触れる部分にはウールニットを貼り付けました。

これは着用感以外にも、配色のコントラストが美しく、引き締まった印象になる算段がございます。

 

 

DR7-630.jpg

勿論、寒冷時にはスタンドアップしていただけるディテールは踏襲しております。

古くから愛されるスポーツジャケットの使い勝手は、レザーになろうと必要不可欠なものです。

 

 

DR6-630.jpg

フラップ付きポケットは、乗馬やゴルフに愛用されてきた機能の名残です。

ハンドウォーマーポケットとして使用したい時は、フラップボタンを開けていただければ機能します。

 

 

DR8-630.jpg

袖口はカフスにした事で、インナーに着用いただくShirts等との干渉を防ぎます。

 

 

DR5-630.jpg

フロントZipperにはTALONを仕様し、細部にも拘りを感じていただける事でしょう。

 

 

DR10-630.jpg

インナーポケット(内ポケ)も抜かり無く作っておきましたので、使い勝手も充分です。

 

 

 

DR11-630.jpg

ライニングは、通常Y'2 Leatherでは使用されていないファブリックを使用しました。

クラシカルな印象をより一層お楽しみいただけるでしょう。

このジャケットは薄着の時季にも使いますので、ウールファブリックですと使い勝手に影響が出る事を懸念して、コットン100%のライニングとなっております。

また、袖裏はキュプラを使用し、着用時の滑りが良く、軽快な着心地を実現しました。

 

 

DR3-630.jpg

シンプルだからこそ、長く愛されるデザイン。

全天候、オールマイティーに着用いただくなら、スエードスプレーでメンテナンスいただきますと、そこらへんのスポーツウエアなんかよりも防水性が高まり、例え豪雨の中でも気兼ね無く使っていただけます。

Drizzle(小雨・霧雨)を超えたPouring Jacketと呼んでも良いかもしれませんね(笑)

 

 

DSC_7403.jpg

それでは着用感とコーディネート例を御覧いただきましょう。

まずは、アメリカンオーセンティックカジュアルの王道、5ポケットデニムパンツとのコーデ。

奇を衒う必要はありません。いつものデニムにチェックのシャツ。

それほどタイトなシルエットにはしておりませんので、インナーに厚手の物を着用していただけます。

着用した際の皺によってスエード面の毛並みが変化します、その際の色ムラ感が非常に良く、狙い通りの仕上がりとなりました。

 

 

DSC_7411.jpg

続いては、よりラフにコーディネートしてみました。

シルエットが最強に良いSugar Caneの[MOUNTAIN CLOTH WORK PANTS]との相性も良いですね。

インナーにはMUSHMANS Athletic Wear の Reverse Weave Parkaを合わせて、よりカジュアルダウンしてみました。

こういったラフな着こなしにも対応できるのがポイントです。

 

 

DSC_7407.jpg

このジャケットの懐の深さを感じられるスマートカジュアルコーディネート。

タイドアップしたShirtsにトラウザースサービスブーツの合わせが似合うところも、このジャケットの魅力を一層引き立てます。

オイル感を感じる、しっとりとしたスエードの表情は、こういったコーディネートでもしっくり来てしまうひとつのファクター。

職種によっては、ビジネスシーンでも活用出来るかと思いますよ!

どうしてもスムース面を使用したレザージャケットですと、良くも悪くもギラついた印象を与えます。

その点レザージャケットであろうとも、スエード面を使用する事で、レザー特有の重厚感は持ちつつも、落ち着いた印象になるのが面白いですね。

 

 

DR1-630.jpg

MUSHMANS Leather×MUSHMANS Leather

Leather Drizzler Jacket

Steer Suede

Camel

 

レザージャケット入門の方から、レザージャケット愛好家まで幅広く対応できるアイテムです。

プライスに関しましても、大変お求め易いプライスを実現しました。

初めての一着にも嬉しい価格設定ですし、レザー愛好家のセカンドジャケットとしても手が出し易い設定であると思います。

Y'2 Leatherならではのプライス設定は、様々な意味で魅力がございます。

 

 

 

 

 

男らしく

大人らしく

主張し過ぎないところに

圧倒的な主張を感じる。

そんなジャケットが完成した。

 

本日より販売開始!

 

※限定発売アイテムの為、売り切れ次第終了となります。

増産の予定はございませんので、予めご了承下さいませ。※

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode