今シーズンのMister Freedomが揃いました! Part.3(Leather Jacket編)

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

今シーズンのMister Freedomアイテムの情報も、今回で3回目となりました。

当ブログを御覧になってご来店いただく皆様、オンラインショップでご購入いただきます皆様、本当にありがとうございます。

 

さて、本日はLeather Jacket編という事で、コレクション中今期最も話題となっているアイテムのご紹介です!!

 

 

MF1-630.jpg

長い事Mister Freedom"Sortsman"コレクションにラインアップされている、こちらのCAMPUS JACKETでございますが、今年非常に面白いマテリアルを纏い、かなりシブい一着が仕上がりました!
1930年代のコサックジャケットがベースとなっているこちらのCAMPUS JACKETは、アメリカ製レザージャケットならではの荒々しいディテールを楽しむ事ができるジャケットです。
最も面白いポイントとしては、日本の物作りでは中々に実行に移すのが難しい、ライニングを取り付けないレザー一重の構造。
ライニングが付いていないレザージャケットなんて普通に着られるの?
そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際に着用してみると意外と普通の着用感だったりします。
これは、レザーマテリアルが比較的しなやかである事で、袖裏のライニング滑りに依存しなくとも動けるという所があるのかと思われます。
さらに、ライニングが装着されていない事の恩恵すら感じてしまうから面白く、いつもよりジャストサイズで着用いただいてもライニングがパンクしてしまう事を想定しなくても良いという利点がございます。
このデザインこのディテールですので、出来るだけジャストに、シャツ感覚で羽織っていただけるとカッコイイと思っております。
どちらにせよ着丈が短い設定でございますので、インナーに厚手の物を着る事も無いかと思います。
新品時 半袖T-Shirtsをインナーに着用し、フロントボタンが閉まればギリギリでも良いんじゃないか?と感じます。
このライニングの付いていないジャケット、ジャストサイズが欲しくなる一着です。
MF2-630.jpg
さて、今回特筆すべきポイントであるマテリアルでございますが、ただのブラックではございません。
ナチュラルカウハイドの表面にブラックコーティングされております。
MUSHMANS LeatherのCYCLE CHAMP等でも同様の手法で着色をいたしますが、今回のCAMPUS JACKETのように完全ナチュラルの下地を使用した事はありません。
色が剥げてきた時に、全く異なる発色のレザーが顔を出すという事になりますので、ここまで大胆になれないという所もあるのです。
こういったチャレンジングな着色を行うのも、Mister Freedomの面白いところで、この大胆さに惹かれるお客様も多いかと思います。
MF3-630.jpg
大振りなナットボタンが、デザインとして非常に効いておりますね。
MF4-630.jpg
MF5-630.jpg
カフス裏にはコーデュロイが貼られており、袖口からチラッと見える異素材が雰囲気を盛り上げます。
また、こうなっている事は実用的でもあり、頻繁に接触するパーツだからこそ、こういった配慮が嬉しいですね。
MF6-630.jpg
スラッシュポケットの両サイドには三角レザーパッチで補強。
個人的に、このデザイン構成は定番的であり安心感もございます。
MF8-630.jpg
MF7-630.jpg
基本的に、見える部分のボタンはナットボタンを使用しておりますが、ボタン裏の力ボタンにはアンティークのガラスボタンが使用されており、これもまた雰囲気良し!
MF9-630.jpg
サイドベルトのバックルにはNOS(New Old Stock)のパーツが奢られるのもMFらしさ。
MF10-630.jpg
襟裏にもコーデュロイを使用し、スタンドアップさせた時のコントラストが非常に良いです。
DSC_7554.jpg
最も重要である着用感を御覧いただきましょう。
まずはサイズ38を着用している画像です。
しなやかなカウハイドのマテリアルが着心地良し、ただ基本的にいつも38を着用する私ですが、インナーに薄手の物を着用しておりますと、少々余裕を感じる程でございます。
この辺は好みとなりますから、強制はいたしませんがワンサイズ下を頑張って伸ばす!的な着方もアリなんじゃないかな?と思う訳です。
折角ライニングが付いていないディテールですしね。
という事でワンサイズ小さい方を着用してみましょう↓
DSC_7560.jpg
という事でワンサイズ下げて着用してみました。
画像の人物はサイズ36を着用しております。
ちょっと画像だと判別しにくいですが、背面のフィット感が出て、アーム廻りもスッキリしました、さらに着丈が短くなっておりますのが御覧いただけるかと思います。
着用感も、それほど大幅にタイトでキツくなったという印象も受けません、これはしなやかなカウハイドによるものも影響しているのかと思います。
こういったレザージャケットですので、特にブラックという事もあり、インナーにそれほど多くの物を着ない方がカッコイイとも思えます。
是非、いつものサイズのワインサイズ下もご試着いただく等をしていただきまして、お客様にとって最適なサイズをお選び下さいませ。
MF1-630.jpg
大変希少な一着です。
是非現物を御覧下さいませ。

コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode