Two Moon V-gusset sleeve sweat

皆様、こんにちは!

昨日はクリスマスでしたが、楽しいひと時を過ごされましたでしょうか?

いよいよ2020年まで、あと5日!!!

年内休まず営業しておりますので、皆様のご来店お待ちしております!(年内の営業時間に関して→コチラ)

 

さて!! 今年も入荷してまいりましたTwo Moon Sweat。

 

 

92022-blog.jpg

Two Moon

両V丸同スウェット

92022

(セージ/オールドレッド)

 

今回はEarly Spring Colorと題しておりまして、いままでになかなかなかった色合いなのでは?

冬モノはどうしても暗めな色になりがちなので、こういった色味が一枚あると大活躍しますよね。

 

92022-s2-630.jpg

セージ

 

92022-rd2-630.jpg

オールドレッド

 

普遍的なモノ。

その代名詞的なアイテムとして、圧倒的な存在感を持つ

Two Moon Sweat。

 

両Vの丸胴ボディーは、ゆっくりと時間をかけて編みたてられた良質なマテリアルです。

編み立てられた丸胴の生地は空気を含んでいるため 柔らかいのが特徴で、身体を優しく包み込んでくれます。

 

92022-rd3-630.jpg

ネックは2本針バインダー仕様で、耐久性があり、

Vガセットははめ込んで縫製されています。

 

 

92022-rd4-630.jpg

脇下にはガセットがついておりますので、汗をかいても安心ですね。

 

92022-rd5-630.jpg

袖リブはヴィンテージを意識したロングスリーブで、しっかりとしたホールド感。

 

 

 

 

 

DSC_8408.jpg

それでは早速、着せてみましょう!

トラディショナルなディテールのSWEATですから、やっぱりコーディネートはデニムパンツになりますよね。

人物はサイズ40/42(M)を着用、この場合スタンダードなシルエットのボトムに合わせていただくと良いです。

退色したようなレッドが大変魅力的で、良い具合に気が抜けております。

 

DSC_8411.jpg

こういった発色は、ダークな印象を持つレザージャケットとの相性が良いですね。

MUSHMANS Leather "RACING JACKET"のインナーにしてみました。

このオールドレッドは、ブラックレザーとの相性が抜群。

発色が良すぎても、雰囲気を損なってしまうところなのですが、絶妙な色褪せ感を持っているのですんなりと馴染みますね。

 

 

 

DSC_8414.jpg

続いてセージを着せてみました。

人物はどうしても38/40(S)も着たいらしく、こちらのカラーではワンサイズ下げての着用。

この場合は細めのシルエットのボトムを合わせます。

人物曰く、丸胴SWEATは身体馴染みが良いので出来るだけピッタリ着るんだよ!という事なのですが・・・。着丈が短すぎるような気がします。

そのように指摘したところ、着丈は引っ張れば伸びるでしょ。という事で・・。

少々スパルタなSWEAT着用術が好みの方は、こういったサイズでも良いのかもしれませんね。

こればかりは好みのという事になるかと思います。

ちなみに人物は身長175cmです。

 

DSC_8422.jpg

このセージ、オールドレッド同様に良い感じにフェードした発色です。

グリーンのSWEATを30年位着続けたような発色。

その為、このようなコーディネートも雰囲気良く纏まります。

Buzz Rickson'sのDECK VESTのアルパカ面の良く言えば優しい発色、悪く言えば中途半端な発色と絶妙なコントラストを生み出します。

何気に暖かいこちらのVESTと、ふんわりと編み立てられた丸胴ボディーのSWEATの組み合わせ。

想像するだけで気持ちも温かくなりますね。

 

 

 

92022-blog.jpg

 

カジュアルスタイルの王道アイテム!

Two Moon

両V丸同スウェット

92022

(セージ/オールドレッド)

 

あなたは、どちらのカラーを選ばれますか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode