最強のT-shirts。

皆さんこんにちは!

新年度を迎えたものの連日暗いニュースばかり。こんな時こそ、落ち込まずに日々の生活を営んでいきたいですね。

MUSHMANSは変わらず元気に営業しています!!

そして、本日代表が打ち出したキャンペーン。↓↓
Destruction COVID-19 campaign.jpg

Destruction COVID-19 campaign.

※本日より2020年5月6日までの期間限定※

 

MUSHMANS ONLINE SHOPご利用時の送料

一律無料

 

こちらもご利用いただきまして、来る春夏シーズンに彩りを与えて行きましょう!!!

 

 

 

 

 

 

さて今日は先のブログでアナウンスした、デラックスウエアの商品をご紹介します!


DSC_0927.jpg

DELUXEWARE COVER-NECK Tee[DLT-PB]

(WHITE/BLACK/US.YELLOW/NAVY)

 

dlt-pb-b2-630.jpg

BLACK

 

 

dlt-pb-w2-630.jpg

WHITE

 

 

dlt-pb-n2-630.jpg

NAVY

 

 

US.YELLOW

 

新ブランド初の商品紹介ブログでT-shirts? と思った方もいらっしゃるかもしれません。

しかしこちらのT-shirsこそDELUXEWAREの製品に対する拘りが詰まっているとも感じられたので、まずはこのT-Shirtsからご紹介すべきと判断いたしました。

 

 

DELUXEWAREが目指したT-shirsは極めて堅牢なT-shirts。

 

 

生地は旧式吊編機で編んでいます。昨今のアメリカンカジュアル業界では、よく使用されている旧式吊編機やユニオンスペシャル。当然旧式である以上現在新しいマシンは生産されていません。

それゆえパーツが壊れた際、換えのパーツも存在しないため専門業者に特注で用意してもらい、日々メンテナンスをしながらマシンを稼働させています。

これによってコスト高になろうとも、それでしか表現できない、譲れない要素(風合い、耐久性)があるために、こういった拘りぬかれたアイテムを生産する際にこぞって各メーカーが採用するという事になるのです。

 

そんな吊編機をDELUXEWAREでは繊維密度を極限まで詰め込み、生地強度を限界まで高めました。

通常の生地だと1時間で20着程度分の生地が生産されますが、このT-shirtsの生地だと8着程度しか生産できないとの事。

生産効率を求めず自分が納得し、欲しいものを生産する。そう言った気概に我々は同調したくなるものです。(工場さんが大変なのは重々承知です。)

 

dlt-pb-y3-630.jpg

ネック部分はユニオンスペシャル3本針を使用したバインダーネック。

バインダーネックとは身頃生地を挟む(バインド)ようにして襟を取り付けることからきています。

衿の下端は平縫製で縫い付けられるためロック付け衿の首元よりも縫い目が気になることもなく頑丈です。

 

 

dlt-pb-y5-630.jpg

 

ボディは丸胴仕様。

肩部分の縫製には立体形状を施し着用感を向上させます、さらに生地へ無駄なテンションがかからない為に耐久性も向上します。

 

 

 

続いて着用画像です!

DSC_0938.jpg

画像の人物はMサイズを着用。MUSHMANSで取り扱いのあるT-shirtsの中では若干タイト目。

昨今は服をルーズ目に着用するのが流行っているようですが・・・。往年のジェームズ・ディーンやマーロン・ブランドのようなジャストで着こなすサイズ感が個人的には好みです。

 

 

DSC_0941.jpg

こちらはLサイズです。ワンサイズアップで着用しても何ら違和感はありません。

T-shirtsは毎日のように着るものなので同色でも色違いでもサイズ違いで所有しておくのもアリですね。

 

 

 

こちらは同様の素材、ディテールで作り込まれたL/S(Long Sleeve)仕様↓

dll-bk2-630.jpg

BLACK

 

 

dll-nat2-630.jpg

NATURAL

 

 

dll-yel2-630.jpg

US.YELLOW

 

S/Sより早めの入荷だったためサイズ欠けしているものもありますが、あわせてご検討ください。

 

 

 

 

DELUXEWAREを語る上でこのT-shirtsを所持することはマストではないか?

そう思える商品です。

毎日使うものだから求められるもの。

それは耐久性。

このT-shirsはあなたのワードローブ中で必ず活躍する事になるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode