Rainbow Country×MUSHMANS 2019-20別注モデルの御紹介です!!【第一章 マテリアル】

  皆様こんにちは!!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

6月とは思えない忙しさによって、なかなかブログを更新できずにおりました。

いつも楽しみにしていただいている皆様、申し訳ありません。

ようやく時間が作れましたので、本日は皆様お待ちかね 今年の"Rainbow Countryとの別注モデル"を御紹介させていただこうと思います!!

 

早いもので、今週末に迫ったRainbow Country2019-20 Model Collection Exhibition(内見会)→詳しくはコチラ

別注モデルのサンプルが間に合うのか??ギリギリセーフで本日御紹介できる状態になりました。

 

それでは、今年も拘りに拘り抜いた一着の御紹介、これができる事に感謝しつつ御紹介させていただきます。

 

Rainbow Country×MUSHMANS

2019-20 別注レザーマテリアル

 

RED CORE HORSE HIDE

Dark Seal Black

"MARS" (マーズ)

 

 

本年9月で10周年を向かえるMUSHMANSですが、毎年毎年 様々な方向からのアプローチで、様々な別注アイテムをRainbow Countryと作り出してきました。

全てのモデルを自己保有しておりますが、どれも愛おしく 素晴らしいアイテム達でございます。

10周年という節目の一年である事から、気分は"原点回帰"となっており、レザージャケットとしての原点を模索し続けている昨今。

結局のところ"原点回帰"というところを考えて行きますと、定番的な物という事に考えは纏まるところのなのかもしれません。

しかしながら今回の別注レザー、全く定番的ではございません。

 

ちょうど今から9年前、MUSHMANS 1st Aniversary Modelの開発に際し、Rainbow Countryの事務所にて打ち合わせを行いました。

まだ出店して間も無い駆け出しの私は、こんなレザーを作って欲しい、というサンプルになる画像データを持って打ち合わせに臨みました。

ヴィンテージのレザージャケットだったか?ブーツだったのかな? それを忘れてしまいましたが、当時の私は"赤黒い"発色のレザーを求めておりました。

ブラックの中にボヤっと赤味が垣間見える、そんな発色のレザー。

そのサンプル画像をRainbow Countryの事務所で三好さんと社長に見せた時、、、

「これ本当は黒くしたくて黒の染料入れすぎたんだよ、だから赤くなっちゃってんの。」と。。

それでもイイからやってくれ、と要望しましたが・・「こんな素人が作ったような革は作りたくないね!」と一蹴。

 

しかしながら、口は悪いが面倒見の良い三好さんは、その後あーでもない こーでもないの打ち合わせに付き合ってくれ、今でも再販の要望が多い「California Brown」が完成しました。

 

 

これが、その時の別注レザー『California Brown』

MUSHMANS初の別注モデルです。

いや〜、懐かしいなぁ。

 

始めて別注を組む時の、あのドキドキした気持ち、それは簡単に忘れられるものではありません。

"原点回帰"それを思った時、まさにあの時の光景が甦ってきたのです。

 

赤黒い革を作ろう。

 

それが今回、節目となる10周年に企画したレザーマテリアル

 

RED CORE HORSE HIDE

Dark Seal Black

"MARS" (マーズ)

 

 

当然、黒色染料を入れすぎて赤くなってしまうような「素人が作ったような革」を作る訳にはいきません。

さらには革としての経年変化を、充分に楽しんでいただける素材を開発しなければならない。

ならば、下地を真っ赤に染め上げて欲しい。そう要望して始まった今回のマテリアル。

※画像は赤色に仕上がった下地のホースハイドを検品する三好さん。※

 

 

勿論、ベジタブルタンニン鞣し、従来のRainbow Countryホースハイドのスペックはそのままに真紅に染め上げたマテリアルが完成いたしました。

美しい発色、そのまま使ってしまった方が良いんではないか?と思ってしまう程の出来栄えでございましたが、ここから私が求める発色へと変化させて行きます。

 

 

染色一回目はレシピもございませんので、様子を見ながらダークシール系の染料を入れていきます。

 

 

だいぶ理想に近くなってきましたが、染色ブースで見るのと太陽光で見るのでは異なった発色になります。

「お!いいんじゃない!?」というところで染色を止めて、太陽光の下に持っていくと「いや〜、これじゃちょっと赤すぎるんだよなぁ。」とか、何枚も染色を続ける事数時間。

 

 

ようやく理想通りとなった発色が出来上がり、今回のマテリアル用のレシピも完成。

 

 

 

こういった経緯で完成した↓

Rainbow Country×MUSHMANS

2019-20 別注レザーマテリアル

 

RED CORE HORSE HIDE

Dark Seal Black

"MARS" (マーズ)

※画像サムネイルをクリックいただきますと大きな画像で御覧いただけます。※

 

ベジタブルタンニン100%鞣しのホースハイドを、芯まで赤く染め上げました。

それによって長年着用いただいても、この赤黒さは保たれるという仕組みになっております。

上記画像で向かって左側に置いてあるレザーハギレは、このレザーが完成した直後から私のポケットに入れておき、時間がある時にデニムに擦りつけたり、机の角でイジメたりと、5年程しっかりと着用した程度のエイジングを加えております。

うっすらとベース色の赤が浮き出してきているのをご確認いただけることでしょう。

さらに、今回 革厚を1.1mmに漉いております。 通常は1.2mmを使用しますが、若干着用感を軽快にする為に加工を施しております。

是非、素晴らしい経年変化を是非お楽しみ下さい。

 

 

 

 

 

今回のブログは一連で掲載してしまいますと大変長くなってしまいますので、三分割でお送りしようと思います。

連投で掲載いたしますので、是非全て御覧下さいね!!

 

 

【第一章 マテリアル】終

【第二章 BEAR LAKE】へ

 

 

 

 

 

 

Rainbow Country

2019-20 FW Collection

Exhibition

in

MUSHMANS

 

開催日程:6月14(金)・15()・16()・17(月) 4Days

全日程 11:00 open  20:00 close

 

開催場所:MUSHMANS店舗

 

詳しくは→コチラをClick

 


コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode